KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • ムー
  • 昭和
  • 実現
  • 植物保護
  • 展開
  • 自動運転
  • 蔣巷鎮
  • 日本農業新聞

「耕運機」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
109
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
109
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年08月13日
    拓北農兵隊

    応援出動の馬曳き耕運機の活躍=整理1945(昭和20)年8月13日、北海道

    商品コード: 2014081900301

  • 1947年01月01日
    復興生産・農地を耕す

    耕運機で農地を耕す(場所不明)=1947(昭和22)年1月1日掲載用 新年原稿

    商品コード: 2014101700067

  • 1951年05月01日
    新式の動力耕運機

    従来の動力耕運機に改良を加えたロータリー式の動力耕運機。水力両用が特徴で、平均毎時10アール。大阪杉山産業株式会社が一手に販売する。=1951(昭和26)年5月1日、大阪府内(推定)、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ ※画像内に作画した箇所があります

    商品コード: 2020110302430

  • 04:18.04
    1958年11月21日
    「中日映画社」土に生きる

    沖縄から就学旅行を兼ねて農業技術の勉強に高校生が静岡に。滋賀県長浜農高では農村合宿が行われた。<映像内容> 沖縄から静岡に農業技術の勉強と修学旅行を兼ねて来た高校生たち、滋賀県で農村生活実習の合宿生活風景などみかん農業、琉球政府派遣の第一陣、みかんを食べる学生、修学旅行先から母へ手紙を書く様子、長浜で耕運機の実習をする女子生徒、スケジュール表、カレーライスを食べる学生、信州のウチシロさん宅では障害児5人を引き取り、世話をしている、様々な農作業の手伝い、撮影日不明・公開日:1958(昭和33)年11月21日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

    商品コード: 2018042400697

  • 1959年05月17日
    耕運機 交通(耕運機)

    農道を行く耕運機=1959(昭和34)年5月17日、岡山県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [420-30]

    商品コード: 2017110200775

  • 1959年05月17日
    耕運機 交通(耕運機)

    農道を行く耕運機=1959(昭和34)年5月17日、岡山県、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [420-33]

    商品コード: 2017110200741

  • 1959年06月17日
    耕運機 交通(耕運機)

    荷を運ぶ耕運機=1959(昭和34)年6月17日、愛知県安城市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [490-1] ※ピントが甘い画像です。

    商品コード: 2017110200777

  • 01:12.64
    1961年11月01日
    「福島民報」「民報ニュース」賑わった福島県農業共進会 郡山

    福島県の農業共進会は、郡山市内の7会場で開かれた。中でも農機具の展示場が一番人気を集めた。全国140の農機具メーカーが集まり、最新機種を農家の人たちに売り込んでいる。今年の豊作を反映したのか、農機具の売れ行きも上々だった。撮影日:1961(昭和36)年11月1~5日、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103006458

  • 1961年11月30日
    耕運機 稲作(耕運機)

    水田の耕運=1961(昭和36)年11月30日、静岡県磐田市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [1890-14]

    商品コード: 2017081501389

  • 1961年11月30日
    耕運機 稲作(耕運機)

    水田の耕運=1961(昭和36)年11月30日、静岡県磐田市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [1890-12]

    商品コード: 2017081501256

  • 1964年05月12日
    水稲 稲作(水稲)

    小型耕運機による代かき=1964(昭和39)年5月12日、長野県諏訪市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [4804-14]

    商品コード: 2017081500996

  • 1964年05月12日
    水稲 稲作(水稲)

    小型耕運機による代かき=1964(昭和39)年5月12日、長野県諏訪市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [1060940]

    商品コード: 2017081501410

  • 1966年02月19日
    耕運機で行商

    住宅ラッシュの岡南地帯だが、近くに八百屋がないのが悩み。その不便さを知った岡山市浜野の尾崎さんが考えついたのが巡回食料品店。前日の注文品、季節の野菜、果物を積んだリヤカーを耕運機で引っ張るという近代的?な商法。いつも時間通りにやってくる尾崎さんに主婦の人気は上々だった。=1966(昭和41)年2月19日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112623520

  • 1966年06月25日
    農機具 農村風景(農機具)

    水田のあぜ道に耕運機=1966(昭和41)年6月25日、神奈川県厚木市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [66-555-11]

    商品コード: 2017101000559

  • 02:32.18
    1967年06月30日
    農業研修センター

    キーワード:国際協力事業団、JICA、茨城国際農業研修会館、外国人研修生、農業実習、田起こし、耕運機、田植え=製作年:1967(昭和42)年6月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020103004661

  • 1973年05月10日
    成田空港立ち入り調査始まる

    成田市十余三地区の農家前で、立ち入り調査開始を通告する横断幕を掲げる空港公団側(手前)と耕運機などで調査を阻止する反対派農民=1973(昭和48)年5月10日

    商品コード: 2010110800079

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1976年04月27日
    事件・社会現象関連

    米インディアナ州ペルーで行われたインターナショナル・ハーベスター社の新型耕運機のデモンストレーション。一人で一日に110エーカーを耕すことが出来る=1976年4月27日(UPI=共同)

    商品コード: 2014020100133

  • 1978年05月10日
    農作業手伝う支援者 「特集」成田の団結小屋 姿を消すか反対派の拠点

    耕運機を使い農作業を手伝う支援者。“よそ者”が現地農民と深く結びついたのは農作業を通じてだった。闘争のヤマ場には姿を見せていた支援学生が農家に泊まり込むようになり、朝早くから野良仕事に参加した=千葉県山武郡芝山町の坂志岡

    商品コード: 2015061900189

  • 1978年10月13日
    ホンダF950 本田、耕運機に3機種追加

    本田技研工業から追加発売されるホンダ耕運機「ホンダF950」(10馬力)。水田や畑の耕作のほか農作業の広い分野で使える。標準小売価格は、26万5千円(F950−Cタイプ)

    商品コード: 2015080700458

  • 1985年12月31日
    祝島、選挙

    「原発が来た」祝島、神舞、伊方原発ツアー=撮影日不明、山口県上関町、ネガ番号:17-40A、キーワード:耕運機、ヤンマー、YC750D、クレジット:福島菊次郎/共同通信イメージズ、●本作品は特別料金が適用されます。ご注文の際は弊社営業部までお問い合わせください。電話:03-6252-6224●

    商品コード: 2021020402400

  • 1985年12月31日
    祝島

    「原発が来た」祝島、神舞、伊方原発ツアー=撮影日不明、山口県上関町、ネガ番号:18-27A、キーワード:耕運機、町、クレジット:福島菊次郎/共同通信イメージズ、●本作品は特別料金が適用されます。ご注文の際は弊社営業部までお問い合わせください。電話:03-6252-6224●

    商品コード: 2021020402593

  • 1989年06月01日
    Auktsion TV show

    8162775 01.06.1989 The shooting of the Auktsion TV show, a follow-up on the You Can Do It program dedicated to science and technology initiatives. A motor tiller for gardens is put out to tender. Alexei Boitsov、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042410496

  • 2001年11月27日
    家庭菜園用ミニ耕運機

    クボタの家庭菜園用ミニ耕運機「ミディ菜ning」(標準仕様)

    商品コード: 2001112700065

  • 2002年03月06日
    耕運 稲作(耕運)

    耕運作業=2002(平成14)年3月6日、滋賀県野洲町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D支17-203-021230-140]

    商品コード: 2018031300681

  • 2003年03月04日
    家庭菜園向け耕運機

    ホンダが発売した家庭菜園向け小型耕運機「サ・ラ・ダ」

    商品コード: 2003030400073

  • 2004年07月12日
    家庭菜園向け耕運機 商品ニュース

    クボタの家庭菜園向け耕運機「菜ビ(なび)」

    商品コード: 2004071200087

  • 2004年07月15日
    扱いやすいミニ耕運機 商品ニュース

    ヤンマー農機のミニ耕運機「FP35」

    商品コード: 2004071500097

  • 2005年04月14日
    稲 稲作(稲)

    耕運=2005(平成17)年4月14日、京都府美山町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D05-116-0414-68]

    商品コード: 2018031300464

  • 2005年04月14日
    稲 稲作(稲)

    耕運=2005(平成17)年4月14日、京都府美山町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D05-116-0414-42]

    商品コード: 2018031300466

  • 2007年03月19日
    春の耕運作業 稲作(春の耕運作業)

    春の耕運作業=2007(平成19)年3月19日、広島県安芸高田市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [460270b2-DSC_0650]

    商品コード: 2018031300804

  • 2007年07月19日
    家庭菜園向け耕運機 商品ニュース

    クボタが発売した家庭菜園用の小型耕運機「ニュー陽菜(はるな)シリーズ」のTR6000

    商品コード: 2007071900125

  • 2008年02月14日
    操作簡単なミニ耕運機 商品ニュース

    ヤンマーの家庭菜園用ミニ耕運機「QT30」

    商品コード: 2008021400128

  • 2008年07月03日
    家庭菜園用のミニ耕運機 商品ニュース

    クボタの家庭菜園用のミニ耕運機「菜園〓(☆人ベンに貝の目が組のツクリ)楽部 ニューミディ TMA350」

    商品コード: 2008070300240

  • 2009年03月19日
    カセットこんろの耕運機 商品ニュース

    ホンダの小型耕運機「ピアンタFV200」

    商品コード: 2009031900217

  • 2009年05月01日
    春耕 稲作(春耕)

    春耕=2009(平成21)年5月1日、北海道旭川市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20090501DN0008-01]

    商品コード: 2018031300806

  • 2010年07月07日
    カセットガスの耕運機 商品ニュース

    クボタのミニ耕運機「ニュー菜ビカチット TR3500―C」

    商品コード: 2010070700176

  • 2011年03月22日
    35年春/生活向上/庶民の豊かさ開花 「昭和」戦後の記憶 レンズが見た栃木の世相

    機械化/耕運機を総動員し苗代作りに励む農家。大型乗用トラクターも共同で導入されるようになり、機械化が着実に進んだ(宇都宮市内)[下野新聞掲載日:1960(昭和35)年/2011(平成23)年3月22日]=1960(昭和35)年、栃木県宇都宮市、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081905206

  • 2011年04月14日
    深く耕せるミニ耕運機 商品ニュース

    ヤンマーのミニ耕運機「FP300」

    商品コード: 2011041400352

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年05月09日
    来年の田植え準備する男性 被災地の表情

    津波をかぶり塩害のおそれのある田んぼの表土を捨てる鈴木孝音(すずき・こうおん)さん(70)。「今年の田植えはできません」。重いがれきや流木の片付けにはボランティアの助けを借りながら1カ月。今は独り、残った運搬用機器と耕運機を頼りに来年の田植えを目指し汗を流していた=9日午前、岩手県陸前高田市竹駒町

    商品コード: 2011050900039

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年09月19日
    車の荷物と汗を拭う女性 マイカーで耕運機搬出も

    福島第1原発から20キロ圏内に一時帰宅し、冬物の衣類や暖房器具を満載した車の横で汗を拭う女性=19日午前、福島県川内村

    商品コード: 2011091900171

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年09月19日
    雑草を集める女性 マイカーで耕運機搬出も

    福島第1原発から20キロ圏内に一時帰宅し、庭で刈り取った雑草を集める女性=19日午後、福島県川内村

    商品コード: 2011091900217

  • 2012年03月23日
    家庭用ミニ耕運機 商品ニュース

    ブラック・アンド・デッカーが発売した「ミニ耕運機LGC120」

    商品コード: 2012032300265

  • 2012年11月22日
    クボタのミニ耕運機 家庭菜園向けの耕運機

    クボタのミニ耕運機「ミディStyle(スタイル)TMS30」

    商品コード: 2012112200316

  • 2013年02月25日
    カセットガスで動く耕運機 商品ニュース

    ホンダの小型耕運機「サ・ラ・ダCG FFV300」

    商品コード: 2013022500649

  • 2013年03月25日
    家庭菜園向け電気耕運機 商品ニュース

    リョービが発売した「電気カルチベータ ACV―1500」

    商品コード: 2013032500510

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年04月22日
    耕運機を動かす受講者ら 「大人の棚田塾」が開講

    「大人の棚田塾」で耕運機を動かす受講者ら=22日、大阪府千早赤阪村

    商品コード: 2013042200574

  • 2014年07月21日
    麦の刈り取り

    キーワード:さわやか、のどかな、ムギ、屋外、夏、家、丘、空知郡、建物、耕運機、産業、収穫、小屋、朝、日本、農業、麦畑、畑、風景、無人、21日、上富良野、風景メイン写真=2014(平成26)年7月21日、北海道上富良野町、クレジット:Hajime Ishizeki/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051304025

  • 2014年07月21日
    麦の刈り取り

    キーワード:さわやか、のどかな、ムギ、屋外、夏、丘、空、空知郡、午前中、耕運機、産業、収穫、青空、日本、農業、麦畑、風景、無人、21日、上富良野、風景メイン写真=2014(平成26)年7月21日、北海道上富良野町、クレジット:Hajime Ishizeki/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051304180

  • 2015年07月14日
    洗練デザインの耕運機 商品ニュース

    ヤンマーの洗練されたデザインの小型耕運機「YK―MRシリーズ」の1機種

    商品コード: 2015071400375

  • 2016年02月10日
    家庭菜園用の小型耕運機 商品ニュース

    ホンダの小型耕運機「プチな」の改良型

    商品コード: 2016021000529

  • 2016年12月28日
    ヤンマーの最新機 家庭向けミニ耕運機が人気

    ヤンマーの「YK―QTシリーズ」

    商品コード: 2016122800517

  • 2018年03月25日
    河北省安平春の耕作と種まきの時期が到来

    25日、耕運機で畑を耕す河北省安平県楊屯村の農家の人。気温が上がるにつれて、中国河北省安平県の農家では、種まき前に畑を耕す作業を引き続き行っている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032700558

  • 2018年09月19日
    Water shortage in agriculture

    19 September 2018, Brandenburg, Alt Zeschdorf: A farmer works the dry soil in a field with a tractor and cultivator, raising a lot of dust. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092019452

  • 2018年09月19日
    Water shortage in agriculture

    19 September 2018, Brandenburg, Alt Zeschdorf: A farmer works the dry soil in a field with a tractor and cultivator, raising a lot of dust. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092019373

  • 2018年09月19日
    Water shortage in agriculture

    19 September 2018, Brandenburg, Alt Zeschdorf: A farmer works the dry soil in a field with a tractor and cultivator, raising a lot of dust. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092019372

  • 2018年09月19日
    Water shortage in agriculture

    19 September 2018, Brandenburg, Alt Zeschdorf: A farmer works the dry soil in a field with a tractor and cultivator, raising a lot of dust. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092019369

  • 2018年09月19日
    Water shortage in agriculture

    19 September 2018, Brandenburg, Alt Zeschdorf: A farmer works the dry soil in a field with a tractor and cultivator, raising a lot of dust. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092019481

  • 2019年05月08日
    中国、2019年農作業完全無人化実験始動

    8日、作業中の無人耕運機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402905

  • 2019年05月08日
    中国、2019年農作業完全無人化実験始動

    8日、作業中の無人耕運機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402999

  • 2019年05月08日
    中国、2019年農作業完全無人化実験始動

    8日、作業中の無人運転田植え機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402860

  • 2019年05月08日
    中国、2019年農作業完全無人化実験始動

    8日、作業中の無人耕運機と植物保護機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402877

  • 2019年05月08日
    中国、2019年農作業完全無人化実験始動

    8日、作業中の無人運転田植え機。運転が不要なため、苗補給要員1人で済む。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402883

  • 2019年05月08日
    中国、2019年農作業完全無人化実験始動

    8日、作業中の無人運転農業機械。(小型無人機から)中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402889

  • 2019年05月08日
    中国、2019年農作業完全無人化実験始動

    8日、作業中の無人耕運機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402915

  • 2019年05月08日
    中国、2019年農作業完全無人化実験始動

    8日、作業中の無人運転田植え機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402900

  • 2019年05月08日
    中国、2019年農作業完全無人化実験始動

    8日、作業中の無人運転田植え機。運転が不要なため、苗補給要員1人で済む。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402976

  • 2019年07月16日
    野菜栽培が導く豊かさへの道甘粛省定西市

    16日、村民が購入した耕運機などの農業機械。中国甘粛省定西市安定区高峰郷はここ数年、高地の冷涼な気候や適切な湿度と日照、病虫害の少なさなどの自然条件の優位性を利用し、キャベツなど野菜栽培産業の発展に力を入れてきた。野菜産業は地元農民の貧困脱却を促す「加速器」となり、効果的に人々の収入増につながる道を開いた。高峰郷の野菜栽培面積は現在、1万ムー(1ムー=約667平方メートル)以上に達している。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202415

  • 2019年10月31日
    耕運機を動かす高橋綾さん 女性目線で農業に新風を

    農機具講習で耕運機を動かす高橋綾さん(左)=8月、山形市

    商品コード: 2019103100013

  • 2020年03月04日
    農業技術を農地に「特別派遣」福建省福清市

    4日、国家級福清台湾農民創業パークの三華エリアで、野菜の収穫が終わった畑を耕運機で耕す農民。中国福建省の華僑の里、福清市では春の耕作を控え、新型コロナウイルスによる肺炎対策を徹底しながら農作業を進めるため、各級機関の幹部、農業技術員らが農村部を訪れ、農地状況の確認や現場実演などさまざまな形式で農作物の収量を増やす方法や農地の管理技術を伝え、農民らが耕作時に直面する問題を解決している。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031004510

  • 2020年04月17日
    Drought in agriculture

    17 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Jürgenshagen: A tractor pulls a cultivator over a field and prepares the field for sowing. (Aerial view with a drone) The dry and sunny weather is used by the farmers to cultivate the fields in spring. The extraordinarily beautiful spring weather worries farmers and foresters. Because useful plants and trees lack rain. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042300977

  • 2020年04月17日
    Drought in agriculture

    17 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Jürgenshagen: A tractor pulls a cultivator over a field and prepares the field for sowing. (Aerial view with a drone) The dry and sunny weather is used by the farmers to cultivate the fields in spring. The extraordinarily beautiful spring weather worries farmers and foresters. Because useful plants and trees lack rain. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042300660

  • 2020年04月17日
    Drought in agriculture

    17 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Jürgenshagen: A tractor pulls a cultivator over a field and prepares the field for sowing. (Aerial view with a drone) The dry and sunny weather is used by the farmers to cultivate the fields in spring. The extraordinarily beautiful spring weather worries farmers and foresters. Because useful plants and trees lack rain. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042300628

  • 2020年04月17日
    Drought in agriculture

    17 April 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Jürgenshagen: A tractor pulls a cultivator over a field and prepares the field for sowing. (Aerial view with a drone) The dry and sunny weather is used by the farmers to cultivate the fields in spring. The extraordinarily beautiful spring weather worries farmers and foresters. Because useful plants and trees lack rain. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042300985

  • 2020年06月02日
    Sage blossom harvest

    02 June 2020, Saxony, Freital: Cindy Richter, field worker, harvests sage in a sage field of Bombastus-Werke AG. The manufacturer of natural remedies is considered one of the largest cultivators of perennial sage in Europe. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401208

  • 2020年06月02日
    Sage blossom harvest

    02 June 2020, Saxony, Freital: Cindy Richter, field worker, harvests sage in a sage field of Bombastus-Werke AG. The manufacturer of natural remedies is considered one of the largest cultivators of perennial sage in Europe. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401306

  • 2020年06月02日
    Sage blossom harvest

    02 June 2020, Saxony, Freital: Cindy Richter, field worker, harvests sage in a sage field of Bombastus-Werke AG. The manufacturer of natural remedies is considered one of the largest cultivators of perennial sage in Europe. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401629

  • 2020年06月02日
    Sage blossom harvest

    ILLUSTRATION - 02 June 2020, Saxony, Freital: Cindy Richter, a field worker, harvests sage in a sage field belonging to Bombastus-Werke AG and keeps some of the plants. The manufacturer of natural remedies is considered one of the largest cultivators of perennial sage in Europe. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401570

  • 2020年06月02日
    Sage blossom harvest

    ILLUSTRATION - 02 June 2020, Saxony, Freital: Cindy Richter, a field worker, harvests sage in a sage field belonging to Bombastus-Werke AG and keeps some of the plants. The manufacturer of natural remedies is considered one of the largest cultivators of perennial sage in Europe. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401364

  • 2020年06月02日
    Sage blossom harvest

    02 June 2020, Saxony, Freital: Cindy Richter, field worker, harvests sage in a sage field of Bombastus-Werke AG. The manufacturer of natural remedies is considered one of the largest cultivators of perennial sage in Europe. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401203

  • 2020年08月20日
    農作業機付きトラクターに大型特殊免許

    後部に耕運機を取り付けたトラクター。公道を走行するには大型特殊免許が必要になった。「トラクターに耕運機や田植え機といった農作業機を取り付けて公道を走るには、大型特殊免許が必要になったと言われて困っている」。岡山県内の農家からこんな戸惑いの声が本紙に届いた。これまで取り締まられることのなかった「農作業機付きでの走行」が、無免許運転として摘発の対象になったという。=2020(令和2)年8月20日、岡山県内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090906846

  • 2020年09月16日
    Drought in Brandenburg

    16 September 2020, Brandenburg, Schöneiche: A farmer drives over a field with a tractor and trailed cultivator and kicks up a lot of dust from the dry soil. At the edge of the field there are trees and bushes. In the middle is an old dead tree. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091806234

  • 2021年03月12日
    農業の無人化をアピール「スマート春耕」江西省南昌県

    12日、江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の大田農社の農場で、自動運転の農機を操作してアブラナの手入れをする従業員。中国江西省南昌市南昌県蔣巷鎮にある総合農業サービス企業、大田農社の農場で12日、春の農作業が行われた。自動運転の耕運機や肥料散布などを行う植物保護車などが次々と登場し、現代の「無人化農業」の魅力をアピールした。同社の農場は、省内で初めての1万ムー(約667ヘクタール)を超える規模で展開するスマート農場で、江西省の現代農業の重点モデル事業にもなっている。大規模化経営と機械化生産、デジタル化管理を取り入れることで、1万ムーの農場を26人で管理できるようになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=配信日:2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031704524

  • 2021年03月16日
    (6)農業の無人化をアピール「スマート春耕」江西省南昌県

    12日、江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の大田農社にある、スマート春耕の「ブレーン」となる農業生産デジタル化管理システム。中国江西省南昌市南昌県蔣巷鎮にある総合農業サービス企業、大田農社の農場で12日、春の農作業が行われた。自動運転の耕運機や肥料散布などを行う植物保護車などが次々と登場し、現代の「無人化農業」の魅力をアピールした。同社の農場は、省内で初めての1万ムー(約667ヘクタール)を超える規模で展開するスマート農場で、江西省の現代農業の重点モデル事業にもなっている。大規模化経営と機械化生産、デジタル化管理を取り入れることで、1万ムーの農場を26人で管理できるようになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031609484

  • 2021年03月16日
    (3)農業の無人化をアピール「スマート春耕」江西省南昌県

    12日、江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の大田農社の農場でアブラナの手入れをする自動運転農機。中国江西省南昌市南昌県蔣巷鎮にある総合農業サービス企業、大田農社の農場で12日、春の農作業が行われた。自動運転の耕運機や肥料散布などを行う植物保護車などが次々と登場し、現代の「無人化農業」の魅力をアピールした。同社の農場は、省内で初めての1万ムー(約667ヘクタール)を超える規模で展開するスマート農場で、江西省の現代農業の重点モデル事業にもなっている。大規模化経営と機械化生産、デジタル化管理を取り入れることで、1万ムーの農場を26人で管理できるようになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031609466

  • 2021年03月16日
    (2)農業の無人化をアピール「スマート春耕」江西省南昌県

    12日、江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の大田農社の農場で、自動運転の農機を操作してアブラナの手入れをする従業員。中国江西省南昌市南昌県蔣巷鎮にある総合農業サービス企業、大田農社の農場で12日、春の農作業が行われた。自動運転の耕運機や肥料散布などを行う植物保護車などが次々と登場し、現代の「無人化農業」の魅力をアピールした。同社の農場は、省内で初めての1万ムー(約667ヘクタール)を超える規模で展開するスマート農場で、江西省の現代農業の重点モデル事業にもなっている。大規模化経営と機械化生産、デジタル化管理を取り入れることで、1万ムーの農場を26人で管理できるようになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031609765

  • 2021年03月16日
    (4)農業の無人化をアピール「スマート春耕」江西省南昌県

    12日、江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の大田農社の農場で、種まきを行う小型無人機を操作する従業員。中国江西省南昌市南昌県蔣巷鎮にある総合農業サービス企業、大田農社の農場で12日、春の農作業が行われた。自動運転の耕運機や肥料散布などを行う植物保護車などが次々と登場し、現代の「無人化農業」の魅力をアピールした。同社の農場は、省内で初めての1万ムー(約667ヘクタール)を超える規模で展開するスマート農場で、江西省の現代農業の重点モデル事業にもなっている。大規模化経営と機械化生産、デジタル化管理を取り入れることで、1万ムーの農場を26人で管理できるようになっている。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031609670

  • 2021年03月16日
    (8)農業の無人化をアピール「スマート春耕」江西省南昌県

    12日、江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の大田農社の農場で、土を耕す自動運転の耕運機。中国江西省南昌市南昌県蔣巷鎮にある総合農業サービス企業、大田農社の農場で12日、春の農作業が行われた。自動運転の耕運機や肥料散布などを行う植物保護車などが次々と登場し、現代の「無人化農業」の魅力をアピールした。同社の農場は、省内で初めての1万ムー(約667ヘクタール)を超える規模で展開するスマート農場で、江西省の現代農業の重点モデル事業にもなっている。大規模化経営と機械化生産、デジタル化管理を取り入れることで、1万ムーの農場を26人で管理できるようになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031609790

  • 2021年03月16日
    (7)農業の無人化をアピール「スマート春耕」江西省南昌県

    12日、江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の大田農社の農場で、播種を行う農地の面積を確認する従業員。中国江西省南昌市南昌県蔣巷鎮にある総合農業サービス企業、大田農社の農場で12日、春の農作業が行われた。自動運転の耕運機や肥料散布などを行う植物保護車などが次々と登場し、現代の「無人化農業」の魅力をアピールした。同社の農場は、省内で初めての1万ムー(約667ヘクタール)を超える規模で展開するスマート農場で、江西省の現代農業の重点モデル事業にもなっている。大規模化経営と機械化生産、デジタル化管理を取り入れることで、1万ムーの農場を26人で管理できるようになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031609792

  • 2021年03月16日
    (5)農業の無人化をアピール「スマート春耕」江西省南昌県

    12日、江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の大田農社の農場で、早稲の種もみを小型無人機に投入し、空から種をまく準備をする従業員。中国江西省南昌市南昌県蔣巷鎮にある総合農業サービス企業、大田農社の農場で12日、春の農作業が行われた。自動運転の耕運機や肥料散布などを行う植物保護車などが次々と登場し、現代の「無人化農業」の魅力をアピールした。同社の農場は、省内で初めての1万ムー(約667ヘクタール)を超える規模で展開するスマート農場で、江西省の現代農業の重点モデル事業にもなっている。大規模化経営と機械化生産、デジタル化管理を取り入れることで、1万ムーの農場を26人で管理できるようになっている。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031609502

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:09.68
    2021年04月09日
    「新華社」千年の墓守、李白の墓を見守り続ける一族安徽省馬鞍山市

    長江からの風が大地を湿らす早朝6時、谷常新(こく・じょうしん)さん(54)の新たな1日の仕事が始まる。掃除、修繕、設備の点検を終わらせ、中国の「詩仙」、唐代の大詩人・李白(り・はく)の墓を参拝する人々を受け入れる。「李白墓園」は安徽省馬鞍山市当塗県にある。李白永眠の地であり、谷氏一族が代々守り続けてきた「聖地」でもある。李白は762年、当塗県の青山の麓にある谷家村で死去した。最後を看取ったのは、谷蘭馨(らんけい)という地元の若者だった。言い伝えによると、若者は詩人に向かい、村に所有する良田を墓地として提供し、一族が代々墓所を守ると約束したという。月日が流れても、谷氏一族は墓を守り続けた。抗日戦争の時には日本軍の砲火も恐れず、硝煙が晴れれば村人総出で墓の修復にあたったという。常新さんは49代目の墓守に当たる。1985年に当塗県が墓園の修復と拡張を行った際、谷さんの家も農地の半分を提供した。当時18歳だった谷さんは、これを機に墓園で働くようになった。結婚し、子どもができた後は、住居も墓園内に移した。「当時は仕事の環境も厳しく、経費も限られていた。叔父や兄、妹らと共に耕運機で地ならしをし、弁当を持って草木や奇石を捜しに行った。墓園らしく体裁を整えたかった」と谷さんは振り返る。彼らは長年かけて、1万株以上の竹や木、切り株を植え、800トンの石で斜面を覆い、1万メートル余りの遊歩道と1万平方メートル余りの芝生を整備した。大規模な盆栽園も建設した。墓守の仕事は単調で、生活も貧しかったが、精神的には大きな成長をもたらした。敬虔(けいけん)な参拝者に感化されたのか、一族の血がそうさせたのかは分からないが、仕事を続ける中で、内に秘めた李白の詩に対する熱情が呼び覚まされたという。詩を読み、歴史をひもとき、碑文を研究するうちに、少しずつ詩人・李白の精神世界に近づいていった。谷さんは、長年李白の詩歌に親しんだだけでなく、「李白と青山」「李白と谷氏家族」などの著作もある。墓園では特別解説員として30年以上にわたり、1万回近くのボランティア解説を行ってきた。「話し始めると止まらなくなる。李白の詩からその生涯、墓園の建物や碑文、聞き手が夢中になってくれるのが楽しくてたまらない。いつも1、2時間は話している」とさわやかな笑顔を見せる。墓守を始めた頃には、地元を離れたことのない普通の農民が詩 =配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレ...

    商品コード: 2021040908035

  • 2022年02月16日
    (2)中国の経験、ギニアビサウの農業技術者育成に貢献

    ギニアビサウのバファタ州にあるモデル農場の教室で、中国の専門家から研修を受ける地元農家の人たち。(1月16日撮影)大西洋に面したギニアビサウは人口約190万人で、経済は農業と漁業を中心とし、水稲が主要な食糧作物となっている。中国農業技術専門家グループは昨年、コンバインハーベスター(複式収穫機)や大型揚水ポンプ、耕運機、小型農機具などの設備とイネの種もみや肥料を同国に寄贈した。中国のギニアビサウに対する農業技術支援は20年ほど前から行われている。中国の専門家グループはこの20年間に、水稲30品種以上を導入・選定したほか、延べ2万2千人以上に技術研修を実施、化学肥料や農業機械などを無償援助してきた。これにより、水稲の1シーズン当たりの作付面積を6万ヘクタールから10万ヘクタールに広げ、現地の水稲生産を大きく向上させた。(バファタ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021705709

  • 2022年02月16日
    (1)中国の経験、ギニアビサウの農業技術者育成に貢献

    ギニアビサウのバファタ州にあるモデル農場の教室で、中国の専門家から研修を受ける地元農家の人たち。(1月16日撮影)大西洋に面したギニアビサウは人口約190万人で、経済は農業と漁業を中心とし、水稲が主要な食糧作物となっている。中国農業技術専門家グループは昨年、コンバインハーベスター(複式収穫機)や大型揚水ポンプ、耕運機、小型農機具などの設備とイネの種もみや肥料を同国に寄贈した。中国のギニアビサウに対する農業技術支援は20年ほど前から行われている。中国の専門家グループはこの20年間に、水稲30品種以上を導入・選定したほか、延べ2万2千人以上に技術研修を実施、化学肥料や農業機械などを無償援助してきた。これにより、水稲の1シーズン当たりの作付面積を6万ヘクタールから10万ヘクタールに広げ、現地の水稲生産を大きく向上させた。(バファタ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021705710

  • 2022年03月04日
    (2)春の耕作シーズン迎えた烏蒙山地雲南省会沢県

    2日、会沢県娜姑鎮の野菜栽培拠点で、耕運機を使って畑を耕す農家の人。烏蒙山脈の奥地に位置する中国雲南省曲靖市会沢県は現在、春の耕作シーズンを迎えている。農家の人々は時季を逃さず、畑仕事に精を出している。(会沢=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030412152

  • 2022年03月04日
    Early voting for S. Korean presidential election

    Early voting for S. Korean presidential election Voters ride a cultivator on their way to a polling station in the southwestern city of Gwangju on March 4, 2022, the first day of two-day early voting for the March 9 presidential election. (Pool photo) (Yonhap)/2022-03-04 11:48:42/<Copyright ⓒ 1980-2022 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>、クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030406783

  • 00:38.78
    2022年03月08日
    「新華社」農家の親子、希望の畑で農作業に励む江西省南昌県

    春の耕作シーズンを迎えた中国江西省南昌県岡上鎮晋安村の農地では、農家の辜道朋(こ・どうほう)さん(47)が耕運機を操作し、耕作の準備に取り組んでいる。農業に従事して30年になる道朋さんは、今年大学を卒業したばかりの息子の秉発(へいはつ)さんが農業に携わることになったのを、ことのほか喜んでいる。1992年に農業を始めた道朋さんは、数ムー(1ムー=0・067ヘクタール)の痩せた耕地を耕す農民から、数十台の農業機械と2700ムー(180ヘクタール)余りの農地を持つ農業合作社(協同組合)の責任者となった。道朋さんは「息子が故郷に戻って農業をしてくれて嬉しい」と語る。数十年前まで、農業はとても辛い仕事だったため、息子を都会で生活させようと、その教育に情熱を注いできた。今では農業の機械化が進んだことから、専業合作社(協同組合)を作り、レジャー農場を建設し、特色ある観光農業を発展させるには、秉発さんのような技術を習得した若者が必要になる。秉発さんは「国が農村振興を全面的に進めている今、私のような若者にとって、農村、つまり故郷が仕事の場所になる」と述べている。秉発さんは今、父の今春の耕作準備を手伝いながら、自身が学んだ環境設計の専門知識を生かして、レジャー農場に関するプロジェクトの計画を進めている。父と子は、希望に満ちた畑で農作業に励んでいる。(記者/彭昭之) =配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030807542

  • 2022年03月09日
    (7)春めく農地で耕作進む

    8日、山東省青州市黄楼街道西侯廟村の畑を耕す耕運機。中国各地では気温上昇に伴い、農家の人々が春の耕作を本格化させている。(青州=新華社配信/王継林)= 配信日: 2022(令和4)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030911805

  • 2022年03月10日
    (3)農作業の効率アップを実現する「スマート春耕」江西省南昌県

    8日、南昌県蔣巷鎮の大田農社の農場で、小型無人機に種を投入する従業員。中国の贛鄱(かんは)平原にある江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の総合農業サービス企業、大田農社の農場では、春の農作業の時期を迎え、「スマート春耕」が行われている。自動運転の耕運機が1ムー(約0・067ヘクタール)を7分で耕し、育苗はライン作業を実現、小型無人機が毎日500ムー(約33・3ヘクタール)に種をまき、肥料散布などを行う植物保護車が従来の人手による作業の11~21倍の効率で菜の花畑での作業を進める。こうした機器の使用により、農業生産効率が大幅に向上し、労働コストが削減された。同農場は、省内で初めて1万ムー(約667ヘクタール)規模で展開するスマート農場で、同省の現代農業の重点モデル事業にもなっている。大規模化経営と機械化生産、デジタル化管理を取り入れたことで、1万3千ムー(約867ヘクタール)を26人で管理できるようになった。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2022(令和4)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031009275

  • 2022年03月10日
    (2)農作業の効率アップを実現する「スマート春耕」江西省南昌県

    8日、南昌県蔣巷鎮の大田農社の農場で、小型無人機を操縦して種をまく従業員。中国の贛鄱(かんは)平原にある江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の総合農業サービス企業、大田農社の農場では、春の農作業の時期を迎え、「スマート春耕」が行われている。自動運転の耕運機が1ムー(約0・067ヘクタール)を7分で耕し、育苗はライン作業を実現、小型無人機が毎日500ムー(約33・3ヘクタール)に種をまき、肥料散布などを行う植物保護車が従来の人手による作業の11~21倍の効率で菜の花畑での作業を進める。こうした機器の使用により、農業生産効率が大幅に向上し、労働コストが削減された。同農場は、省内で初めて1万ムー(約667ヘクタール)規模で展開するスマート農場で、同省の現代農業の重点モデル事業にもなっている。大規模化経営と機械化生産、デジタル化管理を取り入れたことで、1万3千ムー(約867ヘクタール)を26人で管理できるようになった。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2022(令和4)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031009278

  • 2022年03月10日
    (6)農作業の効率アップを実現する「スマート春耕」江西省南昌県

    8日、南昌県蔣巷鎮の大田農社の農場で、土を耕す自動運転の耕運機。中国の贛鄱(かんは)平原にある江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の総合農業サービス企業、大田農社の農場では、春の農作業の時期を迎え、「スマート春耕」が行われている。自動運転の耕運機が1ムー(約0・067ヘクタール)を7分で耕し、育苗はライン作業を実現、小型無人機が毎日500ムー(約33・3ヘクタール)に種をまき、肥料散布などを行う植物保護車が従来の人手による作業の11~21倍の効率で菜の花畑での作業を進める。こうした機器の使用により、農業生産効率が大幅に向上し、労働コストが削減された。同農場は、省内で初めて1万ムー(約667ヘクタール)規模で展開するスマート農場で、同省の現代農業の重点モデル事業にもなっている。大規模化経営と機械化生産、デジタル化管理を取り入れたことで、1万3千ムー(約867ヘクタール)を26人で管理できるようになった。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2022(令和4)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031009283

  • 2022年03月10日
    (4)農作業の効率アップを実現する「スマート春耕」江西省南昌県

    8日、南昌県蔣巷鎮の大田農社の農場で、種をまく小型無人機。中国の贛鄱(かんは)平原にある江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の総合農業サービス企業、大田農社の農場では、春の農作業の時期を迎え、「スマート春耕」が行われている。自動運転の耕運機が1ムー(約0・067ヘクタール)を7分で耕し、育苗はライン作業を実現、小型無人機が毎日500ムー(約33・3ヘクタール)に種をまき、肥料散布などを行う植物保護車が従来の人手による作業の11~21倍の効率で菜の花畑での作業を進める。こうした機器の使用により、農業生産効率が大幅に向上し、労働コストが削減された。同農場は、省内で初めて1万ムー(約667ヘクタール)規模で展開するスマート農場で、同省の現代農業の重点モデル事業にもなっている。大規模化経営と機械化生産、デジタル化管理を取り入れたことで、1万3千ムー(約867ヘクタール)を26人で管理できるようになった。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2022(令和4)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031009071

  • 1
  • 2