KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ビニールハウス
  • プレート
  • マカオ
  • ムー
  • 予定
  • 人々
  • 位置
  • 供給
  • 安全性
  • 時点

「耕野」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
32
( 1 32 件を表示)
  • 1
32
( 1 32 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月17日
    陥没地点に立つ白倉校長 学校再開、課題は安全確保

    台風19号による大規模水害で、学校敷地内の地面が大きく陥没した場所に立つ宮城県丸森町立耕野小の白倉彩枝子校長=16日午後

    商品コード: 2019101706122

  • 2019年10月17日
    土砂を取り除く卒業生 学校再開、課題は安全確保

    宮城県丸森町立耕野小学校のプールサイドで、土砂を取り除く卒業生のボランティアら=17日

    商品コード: 2019101706229

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月23日
    校庭を歩く児童 台風19号、各地で被害

    再開した耕野小学校に登校し、台風19号による土砂が流入した跡が残る校庭を歩く児童=23日午前7時36分、宮城県丸森町

    商品コード: 2019102300058

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月23日
    黙とうする児童 台風19号、各地で被害

    再開された耕野小学校で、台風19号の犠牲者を悼んで黙とうする児童=23日午前、宮城県丸森町

    商品コード: 2019102300208

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月23日
    ハンドベルを練習する児童 台風19号、各地で被害

    再開した耕野小学校で、ハンドベルの練習をする児童ら=23日午前、宮城県丸森町

    商品コード: 2019102300617

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月23日
    耕野小学校 台風19号、各地で被害

    校庭に土砂崩れの跡が残る耕野小学校=23日午前、宮城県丸森町(小型無人機から)

    商品コード: 2019102300619

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月23日
    教員と話す児童 台風19号、各地で被害

    再開した耕野小学校の教室で、教員(右)と話す児童。窓の外には土砂崩れの跡が見える=23日午前、宮城県丸森町

    商品コード: 2019102300629

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月20日
    始まった「ころ柿」作り 被災地にオレンジ色の輝き

    台風19号で被害を受けた宮城県丸森町耕野地区で始まった特産の干し柿「ころ柿」作りで、寒風にさらすためつり下げられた柿=20日午後

    商品コード: 2019112007521

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月20日
    つり下げられた柿 被災地にオレンジ色の輝き

    台風19号で被害を受けた宮城県丸森町耕野地区で始まった特産の干し柿「ころ柿」作りで、寒風にさらすためつり下げられた柿=20日午後

    商品コード: 2019112007526

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月03日
    視察するザンビアの大使 ザンビア大使が丸森町訪問

    台風19号の爪痕が残る宮城県丸森町耕野地区を視察するザンビアのムティティ大使(手前)=3日午後

    商品コード: 2019120301033

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月03日
    視察するザンビア大使 ザンビア大使が丸森町訪問

    台風19号の爪痕が残る宮城県丸森町耕野地区を視察するザンビアのムティティ大使(左から2人目)=3日午後

    商品コード: 2019120301041

  • 2019年12月12日
    広東省珠海市にマカオ向け水耕野菜栽培基地日本の技術導入

    12日、完全閉鎖型育苗システムを操作する従業員。中国広東省珠海市の拱北(こうほく)口岸から約10キロの位置にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地は、最もマカオに近い中国内地(本土)の「野菜畑」だ。敷地面積は約4ムー(約0・3ヘクタール)、ビニールハウス内の白いプレートで10種類以上の野菜を栽培している。基地では日本の水耕栽培技術を導入し、環境と安全性に配慮しながら年間100トン近い野菜を生産。主にマカオや珠江デルタ地域などへ供給している。増え続ける需要に応えるため、今後さらなる規模拡大を予定している。広東省内には今年10月時点でマカオ向け野菜栽培場が計79カ所あり、全国の約30%を占める。質の高い栽培場は、年間を通じてさまざまな種類の野菜を滞りなく供給し、マカオの人々の食生活を豊かにしている。(珠海=新華社記者/丁楽)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900265

  • 2019年12月12日
    広東省珠海市にマカオ向け水耕野菜栽培基地日本の技術導入

    12日、水耕野菜栽培基地で成長する野菜。中国広東省珠海市の拱北(こうほく)口岸から約10キロの位置にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地は、最もマカオに近い中国内地(本土)の「野菜畑」だ。敷地面積は約4ムー(約0・3ヘクタール)、ビニールハウス内の白いプレートで10種類以上の野菜を栽培している。基地では日本の水耕栽培技術を導入し、環境と安全性に配慮しながら年間100トン近い野菜を生産。主にマカオや珠江デルタ地域などへ供給している。増え続ける需要に応えるため、今後さらなる規模拡大を予定している。広東省内には今年10月時点でマカオ向け野菜栽培場が計79カ所あり、全国の約30%を占める。質の高い栽培場は、年間を通じてさまざまな種類の野菜を滞りなく供給し、マカオの人々の食生活を豊かにしている。(珠海=新華社記者/丁楽)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900295

  • 2019年12月12日
    広東省珠海市にマカオ向け水耕野菜栽培基地日本の技術導入

    12日、包装された野菜。中国広東省珠海市の拱北(こうほく)口岸から約10キロの位置にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地は、最もマカオに近い中国内地(本土)の「野菜畑」だ。敷地面積は約4ムー(約0・3ヘクタール)、ビニールハウス内の白いプレートで10種類以上の野菜を栽培している。基地では日本の水耕栽培技術を導入し、環境と安全性に配慮しながら年間100トン近い野菜を生産。主にマカオや珠江デルタ地域などへ供給している。増え続ける需要に応えるため、今後さらなる規模拡大を予定している。広東省内には今年10月時点でマカオ向け野菜栽培場が計79カ所あり、全国の約30%を占める。質の高い栽培場は、年間を通じてさまざまな種類の野菜を滞りなく供給し、マカオの人々の食生活を豊かにしている。(珠海=新華社記者/丁楽)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900344

  • 2019年12月12日
    広東省珠海市にマカオ向け水耕野菜栽培基地日本の技術導入

    12日、珠海市にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地の完全閉鎖型育苗室。中国広東省珠海市の拱北(こうほく)口岸から約10キロの位置にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地は、最もマカオに近い中国内地(本土)の「野菜畑」だ。敷地面積は約4ムー(約0・3ヘクタール)、ビニールハウス内の白いプレートで10種類以上の野菜を栽培している。基地では日本の水耕栽培技術を導入し、環境と安全性に配慮しながら年間100トン近い野菜を生産。主にマカオや珠江デルタ地域などへ供給している。増え続ける需要に応えるため、今後さらなる規模拡大を予定している。広東省内には今年10月時点でマカオ向け野菜栽培場が計79カ所あり、全国の約30%を占める。質の高い栽培場は、年間を通じてさまざまな種類の野菜を滞りなく供給し、マカオの人々の食生活を豊かにしている。(珠海=新華社記者/丁楽)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900346

  • 2019年12月12日
    広東省珠海市にマカオ向け水耕野菜栽培基地日本の技術導入

    12日、プレート上で液肥を吸収する野菜。中国広東省珠海市の拱北(こうほく)口岸から約10キロの位置にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地は、最もマカオに近い中国内地(本土)の「野菜畑」だ。敷地面積は約4ムー(約0・3ヘクタール)、ビニールハウス内の白いプレートで10種類以上の野菜を栽培している。基地では日本の水耕栽培技術を導入し、環境と安全性に配慮しながら年間100トン近い野菜を生産。主にマカオや珠江デルタ地域などへ供給している。増え続ける需要に応えるため、今後さらなる規模拡大を予定している。広東省内には今年10月時点でマカオ向け野菜栽培場が計79カ所あり、全国の約30%を占める。質の高い栽培場は、年間を通じてさまざまな種類の野菜を滞りなく供給し、マカオの人々の食生活を豊かにしている。(珠海=新華社記者/丁楽)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900357

  • 2019年12月12日
    広東省珠海市にマカオ向け水耕野菜栽培基地日本の技術導入

    12日、野菜を仕分けして包装する従業員。中国広東省珠海市の拱北(こうほく)口岸から約10キロの位置にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地は、最もマカオに近い中国内地(本土)の「野菜畑」だ。敷地面積は約4ムー(約0・3ヘクタール)、ビニールハウス内の白いプレートで10種類以上の野菜を栽培している。基地では日本の水耕栽培技術を導入し、環境と安全性に配慮しながら年間100トン近い野菜を生産。主にマカオや珠江デルタ地域などへ供給している。増え続ける需要に応えるため、今後さらなる規模拡大を予定している。広東省内には今年10月時点でマカオ向け野菜栽培場が計79カ所あり、全国の約30%を占める。質の高い栽培場は、年間を通じてさまざまな種類の野菜を滞りなく供給し、マカオの人々の食生活を豊かにしている。(珠海=新華社記者/丁楽)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900214

  • 2019年12月12日
    広東省珠海市にマカオ向け水耕野菜栽培基地日本の技術導入

    12日、水耕栽培システムの液肥貯蔵タンク。中国広東省珠海市の拱北(こうほく)口岸から約10キロの位置にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地は、最もマカオに近い中国内地(本土)の「野菜畑」だ。敷地面積は約4ムー(約0・3ヘクタール)、ビニールハウス内の白いプレートで10種類以上の野菜を栽培している。基地では日本の水耕栽培技術を導入し、環境と安全性に配慮しながら年間100トン近い野菜を生産。主にマカオや珠江デルタ地域などへ供給している。増え続ける需要に応えるため、今後さらなる規模拡大を予定している。広東省内には今年10月時点でマカオ向け野菜栽培場が計79カ所あり、全国の約30%を占める。質の高い栽培場は、年間を通じてさまざまな種類の野菜を滞りなく供給し、マカオの人々の食生活を豊かにしている。(珠海=新華社記者/丁楽)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900244

  • 2019年12月12日
    広東省珠海市にマカオ向け水耕野菜栽培基地日本の技術導入

    12日、プレートに移植された野菜の苗。中国広東省珠海市の拱北(こうほく)口岸から約10キロの位置にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地は、最もマカオに近い中国内地(本土)の「野菜畑」だ。敷地面積は約4ムー(約0・3ヘクタール)、ビニールハウス内の白いプレートで10種類以上の野菜を栽培している。基地では日本の水耕栽培技術を導入し、環境と安全性に配慮しながら年間100トン近い野菜を生産。主にマカオや珠江デルタ地域などへ供給している。増え続ける需要に応えるため、今後さらなる規模拡大を予定している。広東省内には今年10月時点でマカオ向け野菜栽培場が計79カ所あり、全国の約30%を占める。質の高い栽培場は、年間を通じてさまざまな種類の野菜を滞りなく供給し、マカオの人々の食生活を豊かにしている。(珠海=新華社記者/丁楽)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900275

  • 2019年12月12日
    広東省珠海市にマカオ向け水耕野菜栽培基地日本の技術導入

    12日、ビニールハウス内で栽培されている10種類以上の野菜。中国広東省珠海市の拱北(こうほく)口岸から約10キロの位置にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地は、最もマカオに近い中国内地(本土)の「野菜畑」だ。敷地面積は約4ムー(約0・3ヘクタール)、ビニールハウス内の白いプレートで10種類以上の野菜を栽培している。基地では日本の水耕栽培技術を導入し、環境と安全性に配慮しながら年間100トン近い野菜を生産。主にマカオや珠江デルタ地域などへ供給している。増え続ける需要に応えるため、今後さらなる規模拡大を予定している。広東省内には今年10月時点でマカオ向け野菜栽培場が計79カ所あり、全国の約30%を占める。質の高い栽培場は、年間を通じてさまざまな種類の野菜を滞りなく供給し、マカオの人々の食生活を豊かにしている。(珠海=新華社記者/丁楽)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900293

  • 2019年12月12日
    広東省珠海市にマカオ向け水耕野菜栽培基地日本の技術導入

    12日、完全閉鎖型育苗室内の幼苗。中国広東省珠海市の拱北(こうほく)口岸から約10キロの位置にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地は、最もマカオに近い中国内地(本土)の「野菜畑」だ。敷地面積は約4ムー(約0・3ヘクタール)、ビニールハウス内の白いプレートで10種類以上の野菜を栽培している。基地では日本の水耕栽培技術を導入し、環境と安全性に配慮しながら年間100トン近い野菜を生産。主にマカオや珠江デルタ地域などへ供給している。増え続ける需要に応えるため、今後さらなる規模拡大を予定している。広東省内には今年10月時点でマカオ向け野菜栽培場が計79カ所あり、全国の約30%を占める。質の高い栽培場は、年間を通じてさまざまな種類の野菜を滞りなく供給し、マカオの人々の食生活を豊かにしている。(珠海=新華社記者/丁楽)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900306

  • 2019年12月12日
    広東省珠海市にマカオ向け水耕野菜栽培基地日本の技術導入

    12日、水耕栽培した野菜を収穫する従業員。中国広東省珠海市の拱北(こうほく)口岸から約10キロの位置にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地は、最もマカオに近い中国内地(本土)の「野菜畑」だ。敷地面積は約4ムー(約0・3ヘクタール)、ビニールハウス内の白いプレートで10種類以上の野菜を栽培している。基地では日本の水耕栽培技術を導入し、環境と安全性に配慮しながら年間100トン近い野菜を生産。主にマカオや珠江デルタ地域などへ供給している。増え続ける需要に応えるため、今後さらなる規模拡大を予定している。広東省内には今年10月時点でマカオ向け野菜栽培場が計79カ所あり、全国の約30%を占める。質の高い栽培場は、年間を通じてさまざまな種類の野菜を滞りなく供給し、マカオの人々の食生活を豊かにしている。(珠海=新華社記者/丁楽)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900297

  • 2019年12月12日
    広東省珠海市にマカオ向け水耕野菜栽培基地日本の技術導入

    12日、水耕栽培野菜の収穫を終えた従業員。中国広東省珠海市の拱北(こうほく)口岸から約10キロの位置にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地は、最もマカオに近い中国内地(本土)の「野菜畑」だ。敷地面積は約4ムー(約0・3ヘクタール)、ビニールハウス内の白いプレートで10種類以上の野菜を栽培している。基地では日本の水耕栽培技術を導入し、環境と安全性に配慮しながら年間100トン近い野菜を生産。主にマカオや珠江デルタ地域などへ供給している。増え続ける需要に応えるため、今後さらなる規模拡大を予定している。広東省内には今年10月時点でマカオ向け野菜栽培場が計79カ所あり、全国の約30%を占める。質の高い栽培場は、年間を通じてさまざまな種類の野菜を滞りなく供給し、マカオの人々の食生活を豊かにしている。(珠海=新華社記者/丁楽)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900340

  • 2019年12月12日
    広東省珠海市にマカオ向け水耕野菜栽培基地日本の技術導入

    12日、完全閉鎖型育苗室の中で成長する苗。中国広東省珠海市の拱北(こうほく)口岸から約10キロの位置にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地は、最もマカオに近い中国内地(本土)の「野菜畑」だ。敷地面積は約4ムー(約0・3ヘクタール)、ビニールハウス内の白いプレートで10種類以上の野菜を栽培している。基地では日本の水耕栽培技術を導入し、環境と安全性に配慮しながら年間100トン近い野菜を生産。主にマカオや珠江デルタ地域などへ供給している。増え続ける需要に応えるため、今後さらなる規模拡大を予定している。広東省内には今年10月時点でマカオ向け野菜栽培場が計79カ所あり、全国の約30%を占める。質の高い栽培場は、年間を通じてさまざまな種類の野菜を滞りなく供給し、マカオの人々の食生活を豊かにしている。(珠海=新華社記者/丁楽)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900319

  • 2019年12月12日
    広東省珠海市にマカオ向け水耕野菜栽培基地日本の技術導入

    12日、水耕野菜栽培基地内を巡回検査する拱北税関の職員。中国広東省珠海市の拱北(こうほく)口岸から約10キロの位置にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地は、最もマカオに近い中国内地(本土)の「野菜畑」だ。敷地面積は約4ムー(約0・3ヘクタール)、ビニールハウス内の白いプレートで10種類以上の野菜を栽培している。基地では日本の水耕栽培技術を導入し、環境と安全性に配慮しながら年間100トン近い野菜を生産。主にマカオや珠江デルタ地域などへ供給している。増え続ける需要に応えるため、今後さらなる規模拡大を予定している。広東省内には今年10月時点でマカオ向け野菜栽培場が計79カ所あり、全国の約30%を占める。質の高い栽培場は、年間を通じてさまざまな種類の野菜を滞りなく供給し、マカオの人々の食生活を豊かにしている。(珠海=新華社記者/丁楽)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900345

  • 03:17.12
    2019年12月19日
    「新華社」広東省珠海市にマカオ向け水耕野菜栽培基地日本の技術導入

    中国広東省珠海市の拱北(こうほく)口岸から約10キロの位置にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地は、最もマカオに近い中国内地(本土)の「野菜畑」だ。敷地面積は約4ムー(約0・3ヘクタール)、ビニールハウス内の白いプレートで10種類以上の野菜を栽培している。基地では日本の水耕栽培技術を導入し、環境と安全性に配慮しながら年間100トン近い野菜を生産。主にマカオや珠江デルタなどへ供給している。増え続ける需要に応えるため、今後さらなる拡張を予定している。広東省内には今年10月時点でマカオ向け野菜栽培場が計79カ所あり、中国全体の約30%を占める。質の高い栽培場は、年間を通じてさまざまな種類の野菜を滞りなく供給し、マカオの人々の食生活を豊かにしている。(記者/丁楽)<映像内容>マカオ向け水耕野菜栽培基地の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122001028

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月28日
    竹林の被害と八島さん 出荷制限克服も竹林崩壊

    台風19号の豪雨で竹林が被害を受けたタケノコ農家の八島哲郎さん=2月10日、宮城県丸森町耕野地区

    商品コード: 2020022809477

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月28日
    被害を受けた八島さん 出荷制限克服も竹林崩壊

    台風19号の豪雨で竹林が被害を受けたタケノコ農家の八島哲郎さん。作業小屋(左奥)も流された=2月10日、宮城県丸森町耕野地区

    商品コード: 2020022809482

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月28日
    崩れた竹林と八島さん 出荷制限克服も竹林崩壊

    台風19号の豪雨で竹林が崩落する被害を受けた、タケノコ農家の八島哲郎さん=2月10日、宮城県丸森町耕野地区

    商品コード: 2020022809484

  • 2021年08月15日
    追悼式であいさつする住職 B29墜落の寺、米兵ら供養

    追悼式であいさつする、地蔵院青蓮寺住職の耕野一仁さん=15日午前、三重県名張市

    商品コード: 2021081505900

  • 2022年03月18日
    Blooming mustard fields in Srinagar, India - 18 Mar 2022

    March 18, 2022, Srinagar, Jammu & Kashmir, India: Kashmiri residents walk along the blooming mustard fields during spring season on the outskirts of Srinagar. According to the Directorate of Agriculture, the Kashmir valley comprising of six districts has an estimated area of 65 thousand hectares of paddy land under mustard cultivation, which is about 40 percent of the total area under paddy. (Credit Image: © Saqib Majeed/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Saqib Majeed/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032402927

  • 2022年03月18日
    Blooming mustard fields in Srinagar, India - 18 Mar 2022

    March 18, 2022, Srinagar, Jammu & Kashmir, India: A man walks along the blooming mustard fields during spring season on the outskirts of Srinagar. According to the Directorate of Agriculture, the Kashmir valley comprising of six districts has an estimated area of 65 thousand hectares of paddy land under mustard cultivation, which is about 40 percent of the total area under paddy. (Credit Image: © Saqib Majeed/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Saqib Majeed/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032402858

  • 1