KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • エキストラ
  • サポート
  • 人生
  • 令和
  • 借金
  • 出演
  • 南昌
  • 夫婦
  • 廃棄

「肺結核」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
57
( 1 57 件を表示)
  • 1
57
( 1 57 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1952年12月05日
    肺結核患者に福音

    輸入される休肺器=出稿1952(昭和27)年12月5日(27年内地3181)

    商品コード: 2013020800339

  • 1952年12月05日
    肺結核患者に福音

    ドクター・バラックの肺結核患者休肺器療法について語る遠藤繁清先生=出稿1952(昭和27)年12月5日(27年内地3182)

    商品コード: 2013020800341

  • 2003年04月22日
    WHO専門家 中国の新型肺炎死者97人に

    22日、調査に訪れた上海市第六人民医院で、看護婦から説明を受けるWHO駐中国・モンゴル肺結核病顧問のダニエル・チン氏(共同)

    商品コード: 2003042200198

  • 2003年04月22日
    説明聞くダニエル・チン氏 WHOが上海で本格調査

    22日、上海市第六人民医院へ調査に訪れ、関係者から説明を聞くWHO駐中国・モンゴル肺結核病顧問のダニエル・チン氏(中央)(共同)

    商品コード: 2003042200226

  • 2010年10月20日
    記者会見する病院長 看護師が結核、千人接触か

    女性看護師の肺結核発症について、記者会見する仙台徳洲会病院の福地満正院長=20日夕、仙台市泉区

    商品コード: 2010102000529

  • 2014年07月31日
    多剤耐性結核の新薬承認

    肺結核患者に対する薬剤感受性検査の実施状況

    商品コード: 2014073100564

  • 2014年07月31日
    多剤耐性結核の新薬承認

    肺結核患者に対する薬剤感受性検査の実施状況

    商品コード: 2014073100565

  • 2019年05月29日
    宇野千代さん 私が断髪にしなければ

    「あれは私がべっぴんさんの頃」と昔の写真を見せる宇野千代さん。その美貌と才能ゆえに、若き今東光、肺結核で亡くなる前の梶井基次郎らの作家も宇野さんを慕っていた=1987年6月3日、南青山の自宅

    商品コード: 2019052903733

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月03日
    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市

    鉱山旅行観光区の劇場で、演劇のリハーサルに参加する妻の唐玉春さん。(6月3日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809268

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月03日
    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市

    鉱山観光区の劇場の外で休憩する欧陽羅発生さんと妻の唐玉春さん。(6月3日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809288

  • 2020年06月03日
    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市

    上:瑞金市の昌隆採石場のかつての様子。(2018年10月10日撮影)下:瑞金市の昌隆採石場が観光地に変わった現在の様子。(6月3日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2018(平成30)年10月10日、2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809323

  • 2020年06月03日
    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市

    演劇のリハーサルに参加するため、潔源村をバイクに乗って通り抜け、鉱山旅行観光区の劇場に向かう欧陽さん夫妻。(6月3日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809342

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市

    自身が請け負った養魚池のそばで、魚の飼料用の草を用意する欧陽羅発生さん。(6月4日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809284

  • 2020年06月04日
    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市

    2019年に完成した新築の家の前で記念撮影をする欧陽さん夫妻。(6月4日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809292

  • 2020年06月04日
    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市

    鉱山労働者として働いていた20年以上前にかぶっていたヘルメットを記者に見せる欧陽羅発生さん。(6月4日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809297

  • 2020年06月04日
    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市

    欧陽羅発生さんのたこだらけの両手にハンドクリームを塗る妻の唐玉春さん。(6月4日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061809348

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801188

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801215

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801246

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View over the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. (Aerial photograph with a threat) Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801258

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801266

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801273

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View over the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. (Aerial photograph with a threat) Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801321

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801339

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View over the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. (Aerial photograph with a threat) Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801380

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801009

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View over the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. (Aerial photograph with a threat) Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801019

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801035

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View over the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. (Aerial photograph with a threat) Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801055

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801132

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View of the main path on the grounds of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801014

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View over the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. (Aerial photograph with a threat) Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801098

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801211

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801221

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801260

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View over the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. (Aerial photograph with a threat) Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801262

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. (Aerial photograph with a threat) Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801021

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801044

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801092

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801146

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View of the main path on the grounds of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801167

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801290

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View of the director‘s villa on the site of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801118

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View of houses on the site of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801185

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View over the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. (Aerial photograph with a threat) Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801226

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801276

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801334

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801356

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View of the main path on the grounds of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801191

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View over the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. (Aerial photograph with a threat) Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801317

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801020

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801176

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801338

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801365

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View over the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. (Aerial photograph with a threat) Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801032

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801114

  • 2020年06月23日
    The former lung sanatorium at Grabowsee

    23 June 2020, Brandenburg, Oranienburg: View into a house on the area of the former lung sanatorium at Grabowsee. It was the first sanatorium for pulmonary tuberculosis in Northern Germany and was founded in 1896 by the German Red Cross. After the Second World War it was used as a Soviet military hospital from 1945 to 1995. Today the grounds are a popular backdrop for films and photographs. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062801156

  • 1