KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • はく
  • キンシコウ
  • 不足
  • 乱獲
  • 人間
  • 区域
  • 危機
  • 原因
  • 常緑広葉樹林
  • 成功

「胚発生」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  “Fertility Clinic“ at the University Hospital
    2020年01月28日
    “Fertility Clinic“ at the University Hospital

    28 January 2020, Rhineland-Palatinate, Mainz: The monitor of the Timelaps Imaging System shows images of embryos. The Time-lapse Imaging System (T-lIS) allows an assessment of embryonic development from the time of fertilization of the egg to the development into a blastocyst. At the University Hospital in Mainz there is a Centre for Preimplantation Genetic Diagnostics (PID), the only one in Rhineland-Palatinate and Hesse. In PGD, an embryo created in a test tube is used to check whether embryos show possible gene variations that could lead to diseases, disabilities or miscarriages, or are the reason for a lack of pregnancy. (to dpa KORR “Preimplantation diagnostics - what genes reveal about life to come“ by Christian Schultz) Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020500958

  •  “Fertility Clinic“ at the University Hospital
    2020年01月28日
    “Fertility Clinic“ at the University Hospital

    28 January 2020, Rhineland-Palatinate, Mainz: Verena Holze, reproduction biologist, sits in front of the monitor of the Timelaps Imaging System and looks at images of embryos. The Time-lapse Imaging System (T-lIS) allows an assessment of embryonic development from the time of fertilization of the egg to the development into a blastocyst. At the University Hospital in Mainz there is a Centre for Preimplantation Genetic Diagnostics (PID), the only one in Rhineland-Palatinate and Hesse. In PGD, an embryo created in a test tube is used to check whether embryos show possible gene variations that could lead to diseases, disabilities or miscarriages, or are the reason for a lack of pregnancy. (to dpa KORR “Preimplantation diagnostics - what genes reveal about life to come“ by Christian Schultz) Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020500662

  •  ラン科の希少植物を研究室で育成江西省
    2020年08月06日
    ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    6日、楊柏雲教授のチームが構築した無菌培養と共生培養の繁殖システムにより、実験室で行われているキエビネの育苗。キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(南昌=新華社配信/呉亜芬)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705485

  •  ラン科の希少植物を研究室で育成江西省
    2020年08月06日
    ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    6日、温室でキエビネの苗の生育状況を確認する楊柏雲教授(中央)と学生。キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(南昌=新華社配信/呉亜芬)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705491

  •  ラン科の希少植物を研究室で育成江西省
    2020年08月06日
    ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    6日、温室でキエビネの苗の生育状況を観察する楊柏雲教授(左から2人目)と学生。キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(南昌=新華社配信/呉亜芬)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705384

  •  ラン科の希少植物を研究室で育成江西省
    2020年08月06日
    ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    6日、実験室で育てられたキエビネの苗。キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(南昌=新華社配信/呉亜芬)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705385

  •  ラン科の希少植物を研究室で育成江西省
    2020年08月26日
    ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    江西省内で森林保護員が発見したキエビネ。(資料写真)キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705372

  •  「新華社」ラン科の希少植物を研究室で育成江西省
    00:34.92
    2020年08月26日
    「新華社」ラン科の希少植物を研究室で育成江西省

    キエビネ(CalanthesieboldiiDecne.)はラン科エビネ属の陸生植物で、鮮黄色の大きな花を咲かせ、非常に観賞価値が高い。常緑広葉樹林で生育し、生態環境や水源に対する条件が比較的厳しいため、野生の資源は希少で、植物界の「キンシコウ」と呼ばれている。中国江西省にある南昌大学生命科学学院の楊柏雲(よう・はくうん)教授率いる研究チームは詳細な研究の結果、キエビネが絶滅の危機に瀕している主な原因について、生存を依拠している生態環境の破壊や、人間による乱獲、種子胚発生率の極端な低さ、自然界で有効な送粉者となる昆虫の不足により、生育に適した区域の縮小と断片化が急激に進行したためと突き止めた。楊氏のチームは現在、無菌培養と共生培養の繁殖システムを確立し、研究室でのキエビネの大規模な育苗に成功した。(記者/熊家林)<映像内容>ラン科の希少植物の育成の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705313

  •  Israeli researchers grow human embryo models from stem cells to study human embryonic development
    02:45.48
    2023年09月09日
    Israeli researchers grow human embryo models from stem cells to study human embryonic development

    STORY: Israeli researchers grow human embryo models from stem cells to study human embryonic developmentDATELINE: Sept. 9, 2023LENGTH: 00:02:45LOCATION: JerusalemCATEGORY: TECHNOLOGYSHOTLIST:1. various of researchers working at a lab of the Weizmann Institute of ScienceSTORYLINE:Stem cell researchers created artificial models of human embryos and successfully grew them outside the womb up to day 14, the Weizmann Institute of Science (WIS) in central Israel said in a statement on Wednesday.In a new study published in the journal Science, the researchers created artificial stem cell embryo models that accurately mimic all the essential features and components of this developmental stage, including the placenta, yolk sac, chorionic sac, and assorted external tissues essential for facilitating dynamic and healthy growth...= 配信日: 2023(令和5)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090911684

  •  Bedbugs Study - Lyon
    2023年10月05日
    Bedbugs Study - Lyon

    Sample of bedbugs at different stages of embryonic development until adulthood, study on bedbugs, at the biometrics and evolutionary biology laboratory, Lyon, France on October 5, 2023. The French environment ministry said bedbugs have made a resurgence since disappearing in the 1950s due to international travel and increased resistance to pesticides. Photo by Thibaut Durand/ABACAPRESS.COM、クレジット:Durand Thibaut/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101009282

  • 1