KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 演目
  • かまど
  • くし
  • シルクロード
  • ソラマメ
  • 人々
  • 令和
  • 伝統文化
  • 伝説
  • 千年

「能の演目」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2016年09月15日
    能の演目「土蜘」 能の舞、伊の観客魅了

    ローマのアルジェンティーナ劇場で上演された能の演目「土蜘」=14日(共同)

    商品コード: 2016091500266

  • 2016年09月15日
    上演された能の「土蜘」 能の舞、伊の観客魅了

    ローマのアルジェンティーナ劇場で上演された能の演目「土蜘」=14日(共同)

    商品コード: 2016091500296

  • 2019年12月22日
    千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県

    22日、祁店村郷村大舞台で民俗芸能の演目を演じる地元の人々。中国漢代の有名な将軍、霍去病が軍馬の牧場を設けたことから「千年の軍馬場」として知られる甘粛省張掖(ちょうえき)市山丹県で22日、第5回冬至民俗文化フェスティバルが開幕した。同県祁店(きてん)村で数十人の料理人が長さ約100メートルのかまど上で、68口の大きな鉄鍋を使って香り高くピリ辛の「牛娃子飯」(小麦粉の生地を粒状にして煮た後、肉や野菜と混ぜて炒めた料理)5万食余りを調理した。これらの「牛娃子飯」には5トンの小麦粉と1トンの豚肉が使用された。冬至に「牛娃子飯」を食べるのは、山丹県特有の伝統的民俗。地元には、霍去病がこの地を訪れた時に料理を伝えたという伝説が残っている。毎年冬至の時期になると、山丹県の各農家は進んで小麦粉を持ち寄る。料理人はその小麦粉をこねてソラマメほどのちょうど良い大きさに握り、専用のくしで溝を切ってから鍋で煮込み、出来上がった料理は村全体の老人から子供まで一緒に味わう。この日はまた、地方の特色ある出し物や「シルクロード再遊」の体験活動も行われた。(山丹=新華社記者/黄沢民)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603165

  • 2019年12月22日
    千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県

    22日、祁店村郷村大舞台で民俗芸能の演目を演じる地元の人々。中国漢代の有名な将軍、霍去病が軍馬の牧場を設けたことから「千年の軍馬場」として知られる甘粛省張掖(ちょうえき)市山丹県で22日、第5回冬至民俗文化フェスティバルが開幕した。同県祁店(きてん)村で数十人の料理人が長さ約100メートルのかまど上で、68口の大きな鉄鍋を使って香り高くピリ辛の「牛娃子飯」(小麦粉の生地を粒状にして煮た後、肉や野菜と混ぜて炒めた料理)5万食余りを調理した。これらの「牛娃子飯」には5トンの小麦粉と1トンの豚肉が使用された。冬至に「牛娃子飯」を食べるのは、山丹県特有の伝統的民俗。地元には、霍去病がこの地を訪れた時に料理を伝えたという伝説が残っている。毎年冬至の時期になると、山丹県の各農家は進んで小麦粉を持ち寄る。料理人はその小麦粉をこねてソラマメほどのちょうど良い大きさに握り、専用のくしで溝を切ってから鍋で煮込み、出来上がった料理は村全体の老人から子供まで一緒に味わう。この日はまた、地方の特色ある出し物や「シルクロード再遊」の体験活動も行われた。(山丹=新華社記者/黄沢民)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603121

  • 2019年12月22日
    千年の軍馬場に伝わる昔ながらの「冬至の宴」甘粛省山丹県

    22日、祁店村郷村大舞台で民俗芸能の演目を演じる地元の人々。中国漢代の有名な将軍、霍去病が軍馬の牧場を設けたことから「千年の軍馬場」として知られる甘粛省張掖(ちょうえき)市山丹県で22日、第5回冬至民俗文化フェスティバルが開幕した。同県祁店(きてん)村で数十人の料理人が長さ約100メートルのかまど上で、68口の大きな鉄鍋を使って香り高くピリ辛の「牛娃子飯」(小麦粉の生地を粒状にして煮た後、肉や野菜と混ぜて炒めた料理)5万食余りを調理した。これらの「牛娃子飯」には5トンの小麦粉と1トンの豚肉が使用された。冬至に「牛娃子飯」を食べるのは、山丹県特有の伝統的民俗。地元には、霍去病がこの地を訪れた時に料理を伝えたという伝説が残っている。毎年冬至の時期になると、山丹県の各農家は進んで小麦粉を持ち寄る。料理人はその小麦粉をこねてソラマメほどのちょうど良い大きさに握り、専用のくしで溝を切ってから鍋で煮込み、出来上がった料理は村全体の老人から子供まで一緒に味わう。この日はまた、地方の特色ある出し物や「シルクロード再遊」の体験活動も行われた。(山丹=新華社記者/黄沢民)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603107

  • 1