KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 排煙脱硫
  • 令和
  • 建設
  • 工事
  • 記者
  • 稼働
  • 排出
  • ヘリ
  • 三菱石油水島製油所
  • 位置

「脱硫」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
58
( 1 58 件を表示)
  • 1
58
( 1 58 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Model of a Mobil Oil AG refinery at Wilhelmshaven, North Germany. Museum of Science and Technology. Munich. Germany.

    Model of a Mobil Oil AG refinery at Wilhelmshaven, North Germany. Museum of Science and Technology. Munich. Germany.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020051503160

  • -
    Model of a Mobil Oil AG refinery at Wilhelmshaven, North Germany. Museum of Science and Technology. Munich. Germany.

    Model of a Mobil Oil AG refinery at Wilhelmshaven, North Germany. Museum of Science and Technology. Munich. Germany.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020051503164

  • 1974年12月19日
    三菱水島精油所で重油流出

    流出した重油で真っ黒になった水島港。18日夜、岡山県水島コンビナートにある三菱石油水島製油所の重油脱硫装置の5万キロリットル入り大型タンクに亀裂ができ、重油が流出した。流出量は、19日朝までに約2万キロリットル(ドラム缶10万本相当)にのぼり、うち約200キロリットルが水島湾にあふれ出した=1974(昭和49)年12月19日午前11時30分ごろ、岡山県倉敷市水島海岸通で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2012062100088

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1974年12月19日
    水島湾にあふれ出した重油 三菱水島製油所で重油流出

    流出した重油が広がる水島港。18日夜、岡山県水島コンビナートにある三菱石油水島製油所の重油脱硫装置の大型タンクに亀裂ができ、重油が流出した。流出量は、19日朝までに約2万キロリットル(ドラム缶10万本相当)にのぼり、うち約200キロリットルが水島湾にあふれ出した=1974(昭和49)年12月19日午前11時30分、岡山県倉敷市水島海岸通で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1974121950002

  • 1974年12月19日
    重油を回収する作業員 三菱水島製油所で重油流出

    水島港内に流れ出た重油をヒシャクを使ってドラム缶に回収する作業員。18日夜、岡山県水島コンビナートにある三菱石油水島製油所の重油脱硫装置の大型タンクに亀裂ができ、重油が流出した。流出量は、19日朝までに約2万キロリットル(ドラム缶10万本相当)にのぼり、うち約200キロリットルが水島湾にあふれ出した=1974(昭和49)年12月19日、岡山県倉敷市

    商品コード: 1974121950003

  • 1974年12月19日
    三菱水島精油所で重油流出

    流出事故が起こった270番タンク(右)近くで行われる流出防止用の土のう運搬作業。18日夜、岡山県水島コンビナートにある三菱石油水島製油所の重油脱硫装置の5万キロリットル入り大型タンクに亀裂ができ、重油が流出した。流出量は、19日朝までに約2万キロリットル(ドラム缶10万本相当)にのぼり、うち約200キロリットルが水島湾にあふれ出した=1974(昭和49)年12月19日、岡山県倉敷市水島海岸通

    商品コード: 2012062100087

  • 1974年12月19日
    三菱水島精油所で重油流出

    “人海戦術”を駆使して行われる流出防止用土のう手渡し搬送作業。後方が流出事故を起こした270番タンク。18日夜、岡山県水島コンビナートにある三菱石油水島製油所の重油脱硫装置の5万キロリットル入り大型タンクに亀裂ができ、重油が流出した。流出量は、19日朝までに約2万キロリットル(ドラム缶10万本相当)にのぼり、うち約200キロリットルが水島湾にあふれ出した=1974(昭和49)年12月19日午前10時20分、岡山県倉敷市水島海岸通

    商品コード: 2012062100089

  • 1974年12月19日
    三菱水島精油所で重油流出

    一面油浸しになった三菱石油水島製油所構内。18日夜、水島コンビナートにある同製油所の重油脱硫装置の5万キロリットル入り大型タンクに亀裂ができ、重油が流出した。流出量は、19日朝までに約2万キロリットル(ドラム缶10万本相当)にのぼり、うち約200キロリットルが水島湾にあふれ出した=1974(昭和49)年12月19日午前10時20分、岡山県倉敷市水島海岸通

    商品コード: 2012062100090

  • 1974年12月19日
    三菱水島精油所で重油流出

    亀裂ができ、重油が流出した三菱石油水島製油所の重油脱硫装置5万キロリットル入り270号タンク(手前左)。事故原因は、タンクの溶接が不完全だったためとみられる。流出量は、19日朝までに約2万キロリットル(ドラム缶10万本相当)にのぼり、うち約200キロリットルが水島湾にあふれ出した=1974(昭和49)年12月19日午後4時20分、岡山県倉敷市水島海岸通で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2012062100091

  • 1974年12月19日
    三菱水島精油所で重油流出

    日没を前に海上に流出した重油の回収をする作業船。18日夜、岡山県水島コンビナートにある三菱石油水島製油所の重油脱硫装置の5万キロリットル入り大型タンクに亀裂ができ、重油が流出した。流出量は、19日朝までに約2万キロリットル(ドラム缶10万本相当)にのぼり、うち約200キロリットルが水島湾にあふれ出した=1974(昭和49)年12月19日午後4時40分、岡山県倉敷市水島海岸通で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2012062100092

  • 1989年03月06日
    第2重油間接脱硫装置 水島の製油所で爆発、炎上

    炎上する日本鉱業水島製油所の第2重油間接脱硫装置=1989(平成元)年3月6日午前5時すぎ、岡山県倉敷市潮通

    商品コード: 2019100102479

  • 1989年03月06日
    炎上する第2重油間接脱硫装置 水島の製油所で爆発、炎上

    懸命な消火活動にもかかわらず炎上する日本鉱業水島製油所の第2重油間接脱硫装置=1989(平成元)年3月6日午前8時20分、岡山県倉敷市潮通(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2019100102480

  • 1989年03月06日
    爆発炎上する第2重油間接脱硫装置 水島の製油所で爆発、炎上

    爆発炎上する日本鉱業水島製油所の第2重油間接脱硫装置=1989(平成元)年3月6日午前8時20分、岡山県倉敷市潮通(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2019100102481

  • 1989年03月06日
    爆発炎上した第2重油間接脱硫装置 水島の製油所で爆発、炎上

    爆発炎上した日本鉱業水島製油所の第2重油間接脱硫装置(手前)。対岸は昭和49年に重油流失事故を起こした三菱石油水島製油所=1989(平成元)年3月6日午前8時すぎ、岡山県倉敷市潮通(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2019100102485

  • 1989年03月06日
    検証する岡山県警と倉敷消防局 高圧分離槽中心に検証

    爆発、炎上した第2重油脱硫装置周辺を検証する岡山県警と倉敷消防局の関係者=1989(平成元)年3月6日午後、岡山県倉敷市潮通の日本鉱業水島製油所

    商品コード: 2019100102490

  • 1990年02月10日
    地球を守るゴミ博士

    (2)「北電江別発電所」 石炭灰で作った脱硫剤を使用し、硫黄酸化物の除去率90%以上を達成した性能実証用脱硫プラント=北海道江別市の北電江別発電所

    商品コード: 2020083100303

  • 1990年02月10日
    地球を守るゴミ博士

    (4)「脱硫剤」 北電が石炭火力発電所の排気対策に採用する脱硫剤。石炭灰、石灰などで作られており内部の細かい空間は一粒で畳8畳分もの表面積がある=札幌市の北電総合研究所

    商品コード: 2020083100305

  • 1993年09月30日
    杉岡正敏教授 沸石が脱硫に威力

    杉岡正敏・室蘭工大教授

    商品コード: 1993093000001

  • 1994年01月28日
    屋根がバラバラの製油所 コスモ坂出製油所で爆発

    間接脱硫装置のコンプレッサーが爆発したコスモ石油坂出製油所=28日午前11時、香川県坂出市番の州緑町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1994012800028

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年01月06日
    炎上する製油所 東北石油仙台製油所で火災

    炎上する東北石油仙台製油所の直接脱硫装置付近=6日午後4時5分、仙台市宮城野区港で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1997010600065

  • 1997年11月25日
    石炭火力発電所 もやに浮かぶ汚染都市重慶

    重慶市郊外にある中国ではまだ数少ない脱硫装置を備えた華能珞〓・石炭火力発電所。近くの別の工場からは黒煙が排出されていた(共同)☆王ヘンに黄

    商品コード: 1997112500065

  • 1998年06月15日
    運転中の簡易脱硫装置 環境対策に自助努力を

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のモデル事業として中国・山東省で実証運転中の簡易脱硫装置(共同)

    商品コード: 1998061500111

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年02月10日
    現場航空写真 苫小牧港の製油所で火災

    火災が発生した「出光興産北海道製油所」の重油脱硫装置=10日午後4時25分、北海道苫小牧市真砂町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2000021000092

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年04月15日
    炎上続ける製油所 北海道の製油所で火災

    重油脱硫装置から出火、炎上を続ける出光興産北海道製油所=15日午後10時15分、北海道苫小牧市真砂町

    商品コード: 2002041500263

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年04月23日
    鎮火した加熱炉 製油所火災53時間ぶり鎮火

    53時間ぶりに鎮火した鹿島製油所の重油脱硫装置の加熱炉=23日午後、茨城県神栖町

    商品コード: 2004042300246

  • 2004年09月04日
    部屋に設置された脱硫装置 作業員6百人、民宿再開

    ガス濃度上昇時に避難する部屋に設けた脱硫装置の説明をする民宿の経営者=2日、東京都三宅村

    商品コード: 2004090400092

  • 2004年12月06日
    改修状況説明する関係者 村営住宅、急ピッチで建設

    三宅中学校の改修状況について説明する工事関係者。天井に脱硫装置のダクトを埋め込む=6日午前、東京都三宅村

    商品コード: 2004120600052

  • 2004年12月06日
    夜間訓練する人たち ガスマスク着け避難訓練

    夜間訓練で、ガスマスクを着け脱硫装置のある施設に避難する人たち=6日午後6時45分、東京都三宅村

    商品コード: 2004120600173

  • 2005年04月05日
    保育園で入園式 三宅島に園児の歌声

    脱硫装置(後方)が設置されたみやけ保育園で行われた入園式=5日午前、東京都三宅村

    商品コード: 2005040500069

  • 2005年04月08日
    校内を見学する児童 三宅島で学校再開へ説明会

    週明けの再開を前に、火山ガスを防ぐ脱硫装置につながるパイプが設置された校内を見学する三宅小学校の児童と保護者ら=7日午前、東京都三宅村

    商品コード: 2005040800054

  • 2009年07月10日
    検証する捜査員と局員ら 水島製油所で爆発火災

    日本鉱業水島製油所内で発生したプラント爆発火災で、重油脱硫装置周辺を中心に現場検証する岡山県警の捜査員と倉敷消防局員ら=1989(平成元)年3月6日午後、岡山県倉敷市

    商品コード: 2009071000149

  • 2014年07月08日
    Petrochemical plant construction site

    Daqing Petrochemical Company power plant desulfurization and ammonia removal flue installation, July 6, 2014, Daqing, Heilongjiang Province, China.=2014(平成26)年7月8日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408847

  • 2014年09月12日
    Petrochemical plant construction site

    Daqing Petrochemical Company power plant desulfurization and ammonia removal flue installation, July 6, 2014, Daqing, Heilongjiang Province, China.=2014(平成26)年9月12日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408834

  • 2014年09月12日
    Petrochemical plant construction site

    Daqing Petrochemical Company power plant desulfurization and ammonia removal flue installation, July 6, 2014, Daqing, Heilongjiang Province, China.=2014(平成26)年9月12日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408751

  • 2014年09月22日
    Petrochemical plant construction site

    Daqing Petrochemical Company power plant desulfurization and ammonia removal flue installation, July 6, 2014, Daqing, Heilongjiang Province, China.=2014(平成26)年9月22日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408805

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月18日
    広州税関、密輸薬物312キロを一括廃棄処分

    18日、一括廃棄する薬物を車に積み込む係員。中国広州税関は18日、これまでに押収した密輸薬物計312キロの無害化廃棄処分を実施した。今回廃棄されたのは貨物輸送や旅客検査、郵便の各ルートでここ数年に押収したヘロインやコカイン、覚せい剤、大麻、カート。最も多かったのはカートで、201・62キロを処分した。廃棄処分の現場では、防護服を着た専門スタッフが大型ロボットハンドを操作し、各種薬物を順番に焼却炉に投入。1200度を超える高温で2度にわたり焼却した。排気ガスは、冷却や集じん、脱硫などの処置で環境基準に適合させた後に排出された。(広州=新華社配信/池兆恩)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092500797

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月18日
    広州税関、密輸薬物312キロを一括廃棄処分

    18日、一括廃棄する薬物を検査する広州税関密輸取締警察の警察官。中国広州税関は18日、これまでに押収した密輸薬物計312キロの無害化廃棄処分を実施した。今回廃棄されたのは貨物輸送や旅客検査、郵便の各ルートでここ数年に押収したヘロインやコカイン、覚せい剤、大麻、カート。最も多かったのはカートで、201・62キロを処分した。廃棄処分の現場では、防護服を着た専門スタッフが大型ロボットハンドを操作し、各種薬物を順番に焼却炉に投入。1200度を超える高温で2度にわたり焼却した。排気ガスは、冷却や集じん、脱硫などの処置で環境基準に適合させた後に排出された。(広州=新華社配信/池兆恩)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092500801

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月18日
    広州税関、密輸薬物312キロを一括廃棄処分

    18日、広州税関が実施した薬物廃棄の現場。中国広州税関は18日、これまでに押収した密輸薬物計312キロの無害化廃棄処分を実施した。今回廃棄されたのは貨物輸送や旅客検査、郵便の各ルートでここ数年に押収したヘロインやコカイン、覚せい剤、大麻、カート。最も多かったのはカートで、201・62キロを処分した。廃棄処分の現場では、防護服を着た専門スタッフが大型ロボットハンドを操作し、各種薬物を順番に焼却炉に投入。1200度を超える高温で2度にわたり焼却した。排気ガスは、冷却や集じん、脱硫などの処置で環境基準に適合させた後に排出された。(広州=新華社配信/池兆恩)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092501009

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月18日
    広州税関、密輸薬物312キロを一括廃棄処分

    18日、体内に隠して密輸された薬物を見せる広州税関密輸取締警察の警察官。中国広州税関は18日、これまでに押収した密輸薬物計312キロの無害化廃棄処分を実施した。今回廃棄されたのは貨物輸送や旅客検査、郵便の各ルートでここ数年に押収したヘロインやコカイン、覚せい剤、大麻、カート。最も多かったのはカートで、201・62キロを処分した。廃棄処分の現場では、防護服を着た専門スタッフが大型ロボットハンドを操作し、各種薬物を順番に焼却炉に投入。1200度を超える高温で2度にわたり焼却した。排気ガスは、冷却や集じん、脱硫などの処置で環境基準に適合させた後に排出された。(広州=新華社配信/池兆恩)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092500917

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月18日
    広州税関、密輸薬物312キロを一括廃棄処分

    18日、薬物の廃棄準備をする係員。中国広州税関は18日、これまでに押収した密輸薬物計312キロの無害化廃棄処分を実施した。今回廃棄されたのは貨物輸送や旅客検査、郵便の各ルートでここ数年に押収したヘロインやコカイン、覚せい剤、大麻、カート。最も多かったのはカートで、201・62キロを処分した。廃棄処分の現場では、防護服を着た専門スタッフが大型ロボットハンドを操作し、各種薬物を順番に焼却炉に投入。1200度を超える高温で2度にわたり焼却した。排気ガスは、冷却や集じん、脱硫などの処置で環境基準に適合させた後に排出された。(広州=新華社配信/池兆恩)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092500829

  • 2019年09月22日
    トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大

    22日、プロジェクトのコンクリート打設現場。中国の上海電力股份有限公司(上海電力)が投資・建設するHunutlu発電所の工事が22日、トルコ南部アダナ県で正式に始まった。Hunutlu発電プロジェクトは、中国「一帯一路」構想とトルコ「中間回廊」計画とを結び付ける重点プロジェクトであり、投資額は約17億ドル(1ドル=約108円)、トルコにおける中国企業最大の直接投資プロジェクトとなる。同プロジェクトは火力発電所と専用石炭埠頭の建設を中核にしており、発電所の設備容量は1320メガワット、排煙脱硫・脱硝装置を設置し、稼働後の年間送電量は90億キロワット時、トルコ年間発電量の約3%を占めることになる。(アダナ=新華社記者/鄭思遠)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504677

  • 2019年09月22日
    トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大

    22日、Hunutlu発電所プロジェクトの起工式。中国の上海電力股份有限公司(上海電力)が投資・建設するHunutlu発電所の工事が22日、トルコ南部アダナ県で正式に始まった。Hunutlu発電プロジェクトは、中国「一帯一路」構想とトルコ「中間回廊」計画とを結び付ける重点プロジェクトであり、投資額は約17億ドル(1ドル=約108円)、トルコにおける中国企業最大の直接投資プロジェクトとなる。同プロジェクトは火力発電所と専用石炭埠頭の建設を中核にしており、発電所の設備容量は1320メガワット、排煙脱硫・脱硝装置を設置し、稼働後の年間送電量は90億キロワット時、トルコ年間発電量の約3%を占めることになる。(アダナ=新華社記者/鄭思遠)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504623

  • 2019年09月22日
    トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大

    22日、地中海に面したプロジェクトの建設現場。中国の上海電力股份有限公司(上海電力)が投資・建設するHunutlu発電所の工事が22日、トルコ南部アダナ県で正式に始まった。Hunutlu発電プロジェクトは、中国「一帯一路」構想とトルコ「中間回廊」計画とを結び付ける重点プロジェクトであり、投資額は約17億ドル(1ドル=約108円)、トルコにおける中国企業最大の直接投資プロジェクトとなる。同プロジェクトは火力発電所と専用石炭埠頭の建設を中核にしており、発電所の設備容量は1320メガワット、排煙脱硫・脱硝装置を設置し、稼働後の年間送電量は90億キロワット時、トルコ年間発電量の約3%を占めることになる。(アダナ=新華社記者/鄭思遠)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504629

  • 2019年09月22日
    トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大

    22日、地中海上にあるプロジェクトの建設現場。中国の上海電力股份有限公司(上海電力)が投資・建設するHunutlu発電所の工事が22日、トルコ南部アダナ県で正式に始まった。Hunutlu発電プロジェクトは、中国「一帯一路」構想とトルコ「中間回廊」計画とを結び付ける重点プロジェクトであり、投資額は約17億ドル(1ドル=約108円)、トルコにおける中国企業最大の直接投資プロジェクトとなる。同プロジェクトは火力発電所と専用石炭埠頭の建設を中核にしており、発電所の設備容量は1320メガワット、排煙脱硫・脱硝装置を設置し、稼働後の年間送電量は90億キロワット時、トルコ年間発電量の約3%を占めることになる。(アダナ=新華社記者/鄭思遠)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504662

  • 2019年09月22日
    トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大

    22日、Hunutlu発電所プロジェクトで建設が始まった発電所の建物に打設された最初のコンクリート。中国の上海電力股份有限公司(上海電力)が投資・建設するHunutlu発電所の工事が22日、トルコ南部アダナ県で正式に始まった。Hunutlu発電プロジェクトは、中国「一帯一路」構想とトルコ「中間回廊」計画とを結び付ける重点プロジェクトであり、投資額は約17億ドル(1ドル=約108円)、トルコにおける中国企業最大の直接投資プロジェクトとなる。同プロジェクトは火力発電所と専用石炭埠頭の建設を中核にしており、発電所の設備容量は1320メガワット、排煙脱硫・脱硝装置を設置し、稼働後の年間送電量は90億キロワット時、トルコ年間発電量の約3%を占めることになる。(アダナ=新華社記者/鄭思遠)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504670

  • 2019年09月22日
    トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大

    22日、プロジェクトのコンクリート打設現場。中国の上海電力股份有限公司(上海電力)が投資・建設するHunutlu発電所の工事が22日、トルコ南部アダナ県で正式に始まった。Hunutlu発電プロジェクトは、中国「一帯一路」構想とトルコ「中間回廊」計画とを結び付ける重点プロジェクトであり、投資額は約17億ドル(1ドル=約108円)、トルコにおける中国企業最大の直接投資プロジェクトとなる。同プロジェクトは火力発電所と専用石炭埠頭の建設を中核にしており、発電所の設備容量は1320メガワット、排煙脱硫・脱硝装置を設置し、稼働後の年間送電量は90億キロワット時、トルコ年間発電量の約3%を占めることになる。(アダナ=新華社記者/鄭思遠)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504678

  • 2019年09月22日
    トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大

    22日、地中海に面したプロジェクトの建設現場。中国の上海電力股份有限公司(上海電力)が投資・建設するHunutlu発電所の工事が22日、トルコ南部アダナ県で正式に始まった。Hunutlu発電プロジェクトは、中国「一帯一路」構想とトルコ「中間回廊」計画とを結び付ける重点プロジェクトであり、投資額は約17億ドル(1ドル=約108円)、トルコにおける中国企業最大の直接投資プロジェクトとなる。同プロジェクトは火力発電所と専用石炭埠頭の建設を中核にしており、発電所の設備容量は1320メガワット、排煙脱硫・脱硝装置を設置し、稼働後の年間送電量は90億キロワット時、トルコ年間発電量の約3%を占めることになる。(アダナ=新華社記者/鄭思遠)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504679

  • 2019年09月22日
    トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大

    22日、Hunutlu発電所プロジェクトで建設が始まった発電所の建物に打設された最初のコンクリート。中国の上海電力股份有限公司(上海電力)が投資・建設するHunutlu発電所の工事が22日、トルコ南部アダナ県で正式に始まった。Hunutlu発電プロジェクトは、中国「一帯一路」構想とトルコ「中間回廊」計画とを結び付ける重点プロジェクトであり、投資額は約17億ドル(1ドル=約108円)、トルコにおける中国企業最大の直接投資プロジェクトとなる。同プロジェクトは火力発電所と専用石炭埠頭の建設を中核にしており、発電所の設備容量は1320メガワット、排煙脱硫・脱硝装置を設置し、稼働後の年間送電量は90億キロワット時、トルコ年間発電量の約3%を占めることになる。(アダナ=新華社記者/鄭思遠)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504676

  • 2020年04月23日
    ガラス工場の大気汚染対策を推進河北省沙河市

    23日、河北省沙河市のガラスメーカー河北鑫利玻璃の工場に建設中の排煙脱硫塔。「中国のガラスの町」と呼ばれる河北省沙河市は2019年、工場から排出されるガス中の有害物質を除去する「煙羽消白」プロジェクトを始動。これまでに20億元(1元=約15円)を投じて市内のガラス生産ラインを「超低排出」と呼ばれる排ガス基準に適合するよう改造してきた。工場の環境整備や生産能力向上などにも取り組みながら、粉じんや二酸化硫黄、窒素酸化物などの汚染物質の排出量を削減し、大気汚染対策に力を入れている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709519

  • 2021年11月06日
    (3)湖南省初の100万キロワット級発電ユニットが稼動

    3日、国家能源集団の湖南省永州発電所の一角。中国エネルギー大手、国家能源(エネルギー)集団の湖南省永州発電所1号ユニットがこのほど、正式に稼働した。湖南省永州市東安県に位置する同発電所は、省内初の100万キロワット級発電ユニットとなる。プロジェクト第1期工事の総投資額は74億8千万元(1元=約18円)、100万キロワットの石炭火力発電ユニットを2基建設し、ほこりや硫黄、窒素の超低排出、脱硫排水やその他の排水ゼロを実現する。2基がフル稼働した場合、年間80億キロワット時(kWh)の電力供給量が見込まれる。(永州=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110701053

  • 2021年11月06日
    (6)湖南省初の100万キロワット級発電ユニットが稼動

    3日、国家能源集団の湖南省永州発電所にある中央制御室で、設備の状態を確認する職員。中国エネルギー大手、国家能源(エネルギー)集団の湖南省永州発電所1号ユニットがこのほど、正式に稼働した。湖南省永州市東安県に位置する同発電所は、省内初の100万キロワット級発電ユニットとなる。プロジェクト第1期工事の総投資額は74億8千万元(1元=約18円)、100万キロワットの石炭火力発電ユニットを2基建設し、ほこりや硫黄、窒素の超低排出、脱硫排水やその他の排水ゼロを実現する。2基がフル稼働した場合、年間80億キロワット時(kWh)の電力供給量が見込まれる。(永州=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110701058

  • 2021年11月06日
    (5)湖南省初の100万キロワット級発電ユニットが稼動

    3日、国家能源集団の湖南省永州発電所で、1号ユニットの設備を検査する作業員。中国エネルギー大手、国家能源(エネルギー)集団の湖南省永州発電所1号ユニットがこのほど、正式に稼働した。湖南省永州市東安県に位置する同発電所は、省内初の100万キロワット級発電ユニットとなる。プロジェクト第1期工事の総投資額は74億8千万元(1元=約18円)、100万キロワットの石炭火力発電ユニットを2基建設し、ほこりや硫黄、窒素の超低排出、脱硫排水やその他の排水ゼロを実現する。2基がフル稼働した場合、年間80億キロワット時(kWh)の電力供給量が見込まれる。(永州=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110701060

  • 2021年11月06日
    (8)湖南省初の100万キロワット級発電ユニットが稼動

    3日、国家能源集団の湖南省永州発電所の一角。中国エネルギー大手、国家能源(エネルギー)集団の湖南省永州発電所1号ユニットがこのほど、正式に稼働した。湖南省永州市東安県に位置する同発電所は、省内初の100万キロワット級発電ユニットとなる。プロジェクト第1期工事の総投資額は74億8千万元(1元=約18円)、100万キロワットの石炭火力発電ユニットを2基建設し、ほこりや硫黄、窒素の超低排出、脱硫排水やその他の排水ゼロを実現する。2基がフル稼働した場合、年間80億キロワット時(kWh)の電力供給量が見込まれる。(永州=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110701062

  • 2021年11月06日
    (1)湖南省初の100万キロワット級発電ユニットが稼動

    3日、国家能源集団の湖南省永州発電所1号ユニットのタービンと発電機。中国エネルギー大手、国家能源(エネルギー)集団の湖南省永州発電所1号ユニットがこのほど、正式に稼働した。湖南省永州市東安県に位置する同発電所は、省内初の100万キロワット級発電ユニットとなる。プロジェクト第1期工事の総投資額は74億8千万元(1元=約18円)、100万キロワットの石炭火力発電ユニットを2基建設し、ほこりや硫黄、窒素の超低排出、脱硫排水やその他の排水ゼロを実現する。2基がフル稼働した場合、年間80億キロワット時(kWh)の電力供給量が見込まれる。(永州=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110701047

  • 2021年11月06日
    (4)湖南省初の100万キロワット級発電ユニットが稼動

    3日、国家能源集団の湖南省永州発電所で、2号ユニットを建設する作業員。中国エネルギー大手、国家能源(エネルギー)集団の湖南省永州発電所1号ユニットがこのほど、正式に稼働した。湖南省永州市東安県に位置する同発電所は、省内初の100万キロワット級発電ユニットとなる。プロジェクト第1期工事の総投資額は74億8千万元(1元=約18円)、100万キロワットの石炭火力発電ユニットを2基建設し、ほこりや硫黄、窒素の超低排出、脱硫排水やその他の排水ゼロを実現する。2基がフル稼働した場合、年間80億キロワット時(kWh)の電力供給量が見込まれる。(永州=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110701054

  • 2021年11月06日
    (10)湖南省初の100万キロワット級発電ユニットが稼動

    3日、国家能源集団の湖南省永州発電所。(小型無人機から)中国エネルギー大手、国家能源(エネルギー)集団の湖南省永州発電所1号ユニットがこのほど、正式に稼働した。湖南省永州市東安県に位置する同発電所は、省内初の100万キロワット級発電ユニットとなる。プロジェクト第1期工事の総投資額は74億8千万元(1元=約18円)、100万キロワットの石炭火力発電ユニットを2基建設し、ほこりや硫黄、窒素の超低排出、脱硫排水やその他の排水ゼロを実現する。2基がフル稼働した場合、年間80億キロワット時(kWh)の電力供給量が見込まれる。(永州=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110701085

  • 2021年11月06日
    (2)湖南省初の100万キロワット級発電ユニットが稼動

    3日、国家能源集団の湖南省永州発電所で、1号ユニットの高圧給水加熱器のそばを通る作業員。中国エネルギー大手、国家能源(エネルギー)集団の湖南省永州発電所1号ユニットがこのほど、正式に稼働した。湖南省永州市東安県に位置する同発電所は、省内初の100万キロワット級発電ユニットとなる。プロジェクト第1期工事の総投資額は74億8千万元(1元=約18円)、100万キロワットの石炭火力発電ユニットを2基建設し、ほこりや硫黄、窒素の超低排出、脱硫排水やその他の排水ゼロを実現する。2基がフル稼働した場合、年間80億キロワット時(kWh)の電力供給量が見込まれる。(永州=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110701055

  • 2021年11月06日
    (9)湖南省初の100万キロワット級発電ユニットが稼動

    3日、国家能源集団の湖南省永州発電所にある中央制御室で、設備の状態を確認する職員。中国エネルギー大手、国家能源(エネルギー)集団の湖南省永州発電所1号ユニットがこのほど、正式に稼働した。湖南省永州市東安県に位置する同発電所は、省内初の100万キロワット級発電ユニットとなる。プロジェクト第1期工事の総投資額は74億8千万元(1元=約18円)、100万キロワットの石炭火力発電ユニットを2基建設し、ほこりや硫黄、窒素の超低排出、脱硫排水やその他の排水ゼロを実現する。2基がフル稼働した場合、年間80億キロワット時(kWh)の電力供給量が見込まれる。(永州=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110701087

  • 1