KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 脳内出血
  • 会見
  • 記者
  • 正体
  • 眠気
  • アルツハイマー病
  • タンパク質
  • 手術
  • 掃除
  • 死亡

「脳内」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
54
( 1 54 件を表示)
  • 1
54
( 1 54 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Franz Joseph Gall (1758 -1828).

    Franz Joseph Gall (1758 -1828). Neuroanatomist, physiologist, and pioneer in the study of the localization of mental functions in the brain. Engraving.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020051307464

  • -
    Franz Joseph Gall (1758 -1828).

    Franz Joseph Gall (1758 -1828). Neuroanatomist, physiologist, and pioneer in the study of the localization of mental functions in the brain. Colored engraving.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020051308911

  • -
    Brain.

    Brain. Nerve fibers in the brain that are involved in the analysis of the memory‘s sensations and thinking. Drawing. Color.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020052203615

  • 1996年06月13日
    サルの脳細胞の活動の画像 脳の活動部位も接近

    サルがマネキン人形の画像(上段)を見た時の脳内活動部位の変化を表す光計測装置画像(下段、黒い円形の部分)。顔の角度が変わると活動部位が左上から右下に移動する

    商品コード: 1996061300107

  • 1996年11月23日
    ウサギの脳の断層写真 ベロ毒素が脳内に浮腫

    病原性大腸菌の出すベロ毒素に犯されたウサギの脳の断層写真。上が正常な脳、下の矢印の白い部分がベロ毒素によってできた浮腫(ふしゅ)

    商品コード: 1996112300050

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年11月15日
    関係者が記者会見 死因は脳内出血での病死

    小林晨一さんの司法解剖などについて記者会見するライフスペース関係者=15日、成田市役所

    商品コード: 1999111500114

  • 2003年11月28日
    記者会見する院長ら 動脈瘤手術中に脳内出血

    動脈瘤手術中に脳内出血が起きた事故について記者会見する聖路加国際病院の桜井健司院長(中央)ら=28日夜、東京都中央区の聖路加国際病院

    商品コード: 2003112800243

  • 2004年04月28日
    「世界」は脳内の質感から

    クオリアに科学の大転換を予感する茂木健一郎(コラージュ・山根輝也)

    商品コード: 2004042800242

  • 2006年10月03日
    観察する両陛下 両陛下、理研を見学

    「理化学研究所」を訪れ、顕微鏡で脳内神経細胞を観察する天皇、皇后両陛下=3日正午ごろ、埼玉県和光市

    商品コード: 2006100300071

  • 2006年12月27日
    春山茂雄氏 「脳内革命」著者が破産

    春山茂雄氏

    商品コード: 2006122700026

  • 2008年10月22日
    記者会見する都幹部ら 当初、脳内出血と分からず

    都内の妊婦が出産後、脳内出血の手術を受け死亡した問題で記者会見する東京都幹部ら=22日午後、東京都庁

    商品コード: 2008102200314

  • 2008年10月22日
    冥福祈り頭下げる都幹部 当初、脳内出血と分からず

    妊婦が出産後に脳内出血の手術を受け死亡した問題で、記者会見の冒頭、頭を下げる東京都幹部=22日午後、東京都庁

    商品コード: 2008102200315

  • 2008年10月22日
    会見する墨東病院産科部長 当初、脳内出血と分からず

    記者会見する都立墨東病院の林瑞成周産期センター産科部長=22日午後、東京都庁

    商品コード: 2008102200316

  • 2008年10月22日
    都立墨東病院 崩れた「最後のとりで」

    搬送された妊婦が出産後、脳内出血の手術を受け死亡した都立墨東病院=22日午後、東京都墨田区

    商品コード: 2008102200350

  • 2008年10月22日
    五の橋産婦人科が会見 当初、脳内出血と分からず

    記者会見する五の橋産婦人科の川嶋一成院長(右)と塩野結子医師=22日夜、東京都江東区

    商品コード: 2008102200391

  • 2008年10月22日
    会見する医師ら 当初、脳内出血と分からず

    記者会見する(左から)五の橋産婦人科の塩野結子医師、川嶋一成院長=22日夜、東京都江東区

    商品コード: 2008102200392

  • 2008年10月22日
    当初、脳内出血と分からず

    妊婦受け入れ要請があった病院

    商品コード: 2008102200446

  • 2008年10月22日
    当初、脳内出血と分からず

    妊婦受け入れ要請があった病院

    商品コード: 2008102200448

  • 2008年11月03日
    都立墨東病院 問われるERとの連携

    搬送された妊婦が出産後、脳内出血の手術を受け死亡した都立墨東病院=10月22日、東京都墨田区

    商品コード: 2008110300185

  • 2010年05月08日
    実験を見学する原口総務相 脳研究など先端技術を視察

    被験者の脳内の血流を計測する実験を見学する原口総務相(手前)=8日午後、京都府精華町の国際電気通信基礎技術研究所

    商品コード: 2010050800246

  • 2010年09月16日
    はり減量治療受ける小学生 経済もおなかも成長します

    中国天津市の肥満治療専門病院「愛眠減脂医院」で、食事を前におなかにはりを打つ小学生。脳内に働きかけ、食欲を抑える効果があるとか。中国衛生省によると、同国では推定2億人以上が標準値を超える「太り気味」とされ、都市部では子ども5人に1人が肥満児とも。経済成長を続ける中国はいまや肥満大国に?(撮影・京極恒太、共同)

    商品コード: 2010091600304

  • 2012年05月05日
    故盧武鉉前大統領 「盧大統領が脳内出血」

    韓国の故盧武鉉前大統領

    商品コード: 2012050500062

  • 2013年12月06日
    中村福助さん 福助さん脳内出血で休演

    中村福助さん

    商品コード: 2013120600581

  • 2015年02月02日
    脳内「掃除役」の構造解明

    アルツハイマー病の原因物質を掃除するsorLAの構造

    商品コード: 2015020200565

  • 2015年02月02日
    脳内「掃除役」の構造解明

    アルツハイマー病の原因物質を掃除するsorLAの構造

    商品コード: 2015020200564

  • 2015年02月02日
    脳内「掃除役」の構造解明

    アルツハイマー病の原因物質を掃除するsorLAの構造

    商品コード: 2015020200566

  • 2015年02月02日
    脳内「掃除役」の構造解明

    アルツハイマー病の原因物質を掃除するsorLAの構造

    商品コード: 2015020200567

  • 2015年03月30日
    脳内でピンポイント結合

    脳のトレーニング効果のイメージ

    商品コード: 2015033001039

  • 2015年03月30日
    脳内でピンポイント結合

    脳のトレーニング効果のイメージ

    商品コード: 2015033001041

  • 2015年04月02日
    脳内で二つの記憶を合成

    マウスの記憶を組み合わせる実験

    商品コード: 2015040200792

  • 2015年04月02日
    脳内で二つの記憶を合成

    マウスの記憶を組み合わせる実験

    商品コード: 2015040200793

  • 2015年10月19日
    記者会見する金桶教授 脳内で神経の特定物質低下

    記者会見する和歌山県立医科大の金桶吉起教授=19日午前、和歌山市

    商品コード: 2015101900176

  • 2016年04月12日
    脳内回路再編で慢性痛

    慢性痛の仕組み

    商品コード: 2016041200557

  • 2016年04月12日
    脳内回路再編で慢性痛

    慢性痛の仕組み

    商品コード: 2016041200558

  • 2017年10月02日
    Opioid crisis in the United States

    A petrol station where drugs are sold according to police in Ashtabula, USA, 2 October 2017. The substance blocks opioid receptors in the brain and can be used to save people from overdoses. An unprecedented opioid addiction epidemic is wreaking havoc throughout the US. President Trump has stated that he will declare the crisis a public health emergency. Photo: Maren Hennemuth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062802743

  • 2018年06月13日
    柳沢正史教授 眠気の正体は脳内タンパク

    筑波大の柳沢正史教授

    商品コード: 2018061300585

  • 2018年06月13日
    会見する柳沢教授 眠気の正体は脳内タンパク

    12日、文科省で記者会見する筑波大の柳沢正史教授

    商品コード: 2018061300592

  • 2018年06月13日
    眠気の正体は脳内タンパク

    眠気とタンパク質の関係

    商品コード: 2018061300612

  • 2018年06月13日
    眠気の正体は脳内タンパク

    眠気とタンパク質の関係

    商品コード: 2018061300610

  • 2018年06月13日
    眠気の正体は脳内タンパク

    眠気とタンパク質の関係

    商品コード: 2018061300611

  • 2018年06月13日
    眠気の正体は脳内タンパク

    眠気とタンパク質の関係

    商品コード: 2018061300614

  • 02:34.92
    2018年07月30日
    iPS治験8月から パーキンソン病に世界初 京大

    人のiPS細胞から神経のもとになる細胞を作り、パーキンソン病患者の脳内に移植する治験を8月1日から実施することを、京都大学の高橋淳教授のチームが記者会見して発表した。パーキンソン病でのiPS細胞を利用した治験は世界初。〈映像内容〉治験が行われる京大病院の外観、高橋淳・京都大iPS細胞研究所教授と治験の責任医師となる高橋良輔・京大病院脳神経内科長らの記者会見、撮影日:2018(平成30)年7月30日、撮影場所:京都市左京区 京都大学

    商品コード: 2018073100325

  • 03:09.95
    2018年11月09日
    パーキンソンにiPS 世界初、脳に神経移植 京大

    京都大は9日、人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経細胞を作り、パーキンソン病患者の脳内に移植する治験の1例目を50代の男性患者に実施したと発表した。iPS細胞を使った再生医療はさまざまな疾患で計画され、京大によると、パーキンソン病での治験は世界初。iPS細胞の患者への利用は、目の難病患者の網膜を再生する理化学研究所の世界初のケースに次ぐ。治験は京大病院が京大iPS細胞研究所と連携して実施。現場の医師が主体となって安全性や有効性を検証する医師主導治験として進めている。計画では、京大が備蓄する、拒絶反応が起きにくい型の他人のiPS細胞から作った神経細胞を脳に移植し、ドーパミンを出す神経細胞を補う。観察期間は2年間を想定。拒絶反応を抑えるため免疫抑制剤も投与する。〈映像内容〉京大病院の外観、京大病院の高橋良輔脳神経内科長、京大iPS細胞研究所の高橋淳教授らによる記者会見の様子、撮影日:2018(平成30)年11月9日、撮影場所:京都大学病院

    商品コード: 2018111213984

  • 2018年11月09日
    会見する高橋教授 京大「がん化リスク課題」

    iPS細胞から作った神経細胞をパーキンソン病患者の脳内に移植する世界初の治験を実施し、記者会見する京都大チーム。右は高橋淳教授=9日午後、京都市

    商品コード: 2018110925172

  • 2019年02月13日
    世界で増える認知症

    製薬会社エーザイの研究所でアルツハイマー病の原因となる脳内のタンパク質を調べる様子

    商品コード: 2019021304615

  • 2019年10月12日
    空腹で甘み感じ苦味鈍く

    空腹時の脳内神経ネットワーク

    商品コード: 2019101202044

  • 2019年10月12日
    空腹で甘み感じ苦味鈍く

    空腹時の脳内神経ネットワーク

    商品コード: 2019101202045

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月17日
    ライルが開発、販売する障がい者も履ける靴「マナオラナ」

    ライル(さいたま市中央区)が開発、販売する障がい者も履ける靴「マナオラナ」が好評だ。従来製品にはない、おしゃれさが売り。2018年の販売開始から約20足を売り上げた。「脳内出血などが原因で左半身が不自由になった」と話す布施田社長。歩行を補助する下肢装具を付けたまま履くことができる靴の少なさに気付き、開発を始めたという。靴先や横幅を広めに設計し、下肢装具が干渉しないように工夫した。さらに、半身に障がいがある人も履けるように片手での着脱を可能にした。現在、ビジネスシューズやパンプスを取りそろえる。価格は消費税抜きで3万4000―4万9800円。就職活動や式典で使いたい要望があり、20年度中のレンタル開始を視野に入れる。=2020(令和2)年3月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051101238

  • 2021年04月22日
    New Coffee study Shows it Helps Your Brain Study

    April 22, 2021, Braga, Portugal: A glass jar of Nescafe Gold coffee by Nestle is seen in front of the word profit, abstract presentation of line chart and numbers on screen. Swiss food giant Nestle said Thursday that coffee was the largest contributor to its first quarter sales growth, fueled by strong demand for Nespresso, Nescafe and Starbucks products. Fits in with a new study in Portugal. Itâs no secret that shot of caffeine from a morning coffee can give many people a quick boost. Now, a new study finds going for that second and third cup may be good for your brain. Researchers in Portugal say people who regularly drink coffee are not only more alert, but see more activity in their brains as well. According to the European Food Safety Authority, moderate coffee consumption is typically three to five cups per day. In the new study, researchers from the University of Minho reveal consuming this much caffeine each day can make coffee drinkers more focused while also displaying greater memory and learning...

    商品コード: 2021042305505

  • 2021年04月22日
    New Coffee study Shows it Helps Your Brain Study

    April 22, 2021, Braga, Portugal: A glass jar of Nescafe Gold coffee by Nestle is seen in front of the word profit, abstract presentation of line chart and numbers on screen. Swiss food giant Nestle said Thursday that coffee was the largest contributor to its first quarter sales growth, fueled by strong demand for Nespresso, Nescafe and Starbucks products. Fits in with a new study in Portugal. Itâs no secret that shot of caffeine from a morning coffee can give many people a quick boost. Now, a new study finds going for that second and third cup may be good for your brain. Researchers in Portugal say people who regularly drink coffee are not only more alert, but see more activity in their brains as well. According to the European Food Safety Authority, moderate coffee consumption is typically three to five cups per day. In the new study, researchers from the University of Minho reveal consuming this much caffeine each day can make coffee drinkers more focused while also displaying greater memory and learning...

    商品コード: 2021042309079

  • 2021年04月22日
    New Coffee study Shows it Helps Your Brain Study

    April 22, 2021, Braga, Portugal: A glass jar of Nescafe Gold coffee by Nestle is seen in front of the word profit, abstract presentation of line chart and numbers on screen. Swiss food giant Nestle said Thursday that coffee was the largest contributor to its first quarter sales growth, fueled by strong demand for Nespresso, Nescafe and Starbucks products. Fits in with a new study in Portugal. Itâs no secret that shot of caffeine from a morning coffee can give many people a quick boost. Now, a new study finds going for that second and third cup may be good for your brain. Researchers in Portugal say people who regularly drink coffee are not only more alert, but see more activity in their brains as well. According to the European Food Safety Authority, moderate coffee consumption is typically three to five cups per day. In the new study, researchers from the University of Minho reveal consuming this much caffeine each day can make coffee drinkers more focused while also displaying greater memory and learning...

    商品コード: 2021042309090

  • 2021年06月13日
    The neuroscience of Methamphetamine

    June 13, 2021, San Diego, California, USA: The neuroscience of meth or Methamphetamine, from pleasure to paranoia, drug‘s effects explained through brain chemistry in this graphic diagram. Dopamine is a chemical that acts as a neurotransmitter, which relays nerve impulses to muscles, glands or other nerves. It also is called the brain‘s primary pleasure chemical because of its role in the reward center, a part of the brain that awards pleasant feelings for certain behaviors, such as eating or sex, which are necessary for survival and procreation. Meth triggers a huge release of dopamine in the brain, magnifying about 10 times the pleasure it would normally deliver. (Credit Image: © The San Diego Union-Tribune)、クレジット:©The San Diego Union-Tribune/共同通信イメージズ ※U.S. Tabloids Rights OUT

    商品コード: 2021061810603

  • 2021年10月06日
    Researchers Developing Cap That Monitors How Brain Is Flushed Clean During Sleep

    October 6, 2021, Houston, Texas, United States: PICTURE SHOWS: Diagram illustrating what the new sleep-tracking cap could look like..FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..A cap that monitors how the brain is flushed and made fresh during sleep is being developed. ..Researchers at Rice University, in Houston, Texas, are researching how the sleeping brain prepares you for a new day. ..Backed by the U.S. Army Military Operational Medicine Research Program (MOMRP), the study will look at how the glymphatic system pumps cerebrospinal fluid into the brain during sleep, flushing misfolded proteins and other biochemical waste, a process first described only within the past decade. ..The current gold standard to view fluid flow in the brain is magnetic resonance imaging, said Paul Cherukuri, executive director of the IBB. ..ââ¬ÅSince an MRI canââ¬â¢t be easily transported, the Department of Defense asked if we can design a small, portable cap that can measure and modulate the brain health of warfighters during slee...

    商品コード: 2021100714162

  • 2021年10月06日
    Researchers Developing Cap That Monitors How Brain Is Flushed Clean During Sleep

    October 6, 2021, Houston, Texas, United States: PICTURE SHOWS: Diagram illustrating what the new sleep-tracking cap could look like..FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..A cap that monitors how the brain is flushed and made fresh during sleep is being developed. ..Researchers at Rice University, in Houston, Texas, are researching how the sleeping brain prepares you for a new day. ..Backed by the U.S. Army Military Operational Medicine Research Program (MOMRP), the study will look at how the glymphatic system pumps cerebrospinal fluid into the brain during sleep, flushing misfolded proteins and other biochemical waste, a process first described only within the past decade. ..The current gold standard to view fluid flow in the brain is magnetic resonance imaging, said Paul Cherukuri, executive director of the IBB. ..ââ¬ÅSince an MRI canââ¬â¢t be easily transported, the Department of Defense asked if we can design a small, portable cap that can measure and modulate the brain health of warfighters during slee...

    商品コード: 2021100713800

  • 1