KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 大阪脳神経外科病院
  • 脳神経外科学
  • 令和
  • 院内感染
  • 昭和
  • 会見
  • 医師
  • セラチア菌
  • 入院患者
  • 同型

「脳神経」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
160
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
160
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1948年09月24日
    脳神経病院、死体遺棄事件

    大阪脳神経病院の死体遺棄事件で、同病院西北隅のニラ畑から頭蓋骨を掘り出す作業員=1948(昭和23)年9月24日、大阪府豊中市

    商品コード: 2014070900551

  • 1952年10月14日
    葬り去られた原爆の訴え

    東大医学部清水外科教室脳神経科で第1回国際医師会議日本代表の塩月正雄氏と夫人の弥栄子さん=1952(昭和27)年10月14日(27年内地2569)

    商品コード: 2013020800157

  • 1968年12月19日
    (たけうち・かずお) 竹内一夫

    医学博士、杏林大教授、虎ノ門病院脳神経外科、杏林大医学部長=1968(昭和43)年10月18日撮影

    商品コード: 1968121900006

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1969年04月04日
    病院長らが会見 高圧酸素治療タンク爆発

    高圧酸素治療タンクの爆発事故について説明する(左から)佐野圭司脳神経外科教授、山村麻酔科教授、大島病院長、中井医学部長=1969(昭和44)年4月4日、東京・本郷の東大医学部付属病院(東大病院)

    商品コード: 2011020700170

  • 1975年08月29日
    “脳診断”に新兵器が登場

    コンピューターと連結した断層エクス線撮影装置(CAT)EMIスキャナー。英国EMI社が英保健省と共同開発しEMIスキャナーの名で知られており、エクス線発見以来の画期的発明と評価されている。CATはエクス線走査装置とミニコンピューターの組み合わせ。走査装置は、エクス線発生器と検出器が対向したユニットの中に頭部を入れ検査する=1975(昭和50)年8月29日、東京・新宿の東京女子医大脳神経センター(50年内地 5951)

    商品コード: 2013030400457

  • 1978年05月23日
    脳梗塞患者に“朗報”

    高圧酸素療法装置と脳神経外科の杉山弘行医博。高圧酸素療法は、普通気圧を2倍に高めた高圧室で65分間、マスクで100%の酸素を吸わせる治療法。発症した患部の脳細胞が死滅していない限り、この療法で脳細胞がかなりよみがえるという=1978(昭和53)年5月18日、東京都大田区東雪谷の都立荏原病院

    商品コード: 2015062900606

  • 1978年07月24日
    Young Georgian scientists

    8148529 23.07.1978 Georgian SSR. Tbilisi Medical Institute (now Tbilisi State Medical University). Young scientists participate in a neurosurgery experiment. Boris Babanov、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040211664

  • 1978年07月24日
    Young Georgian scientists

    8148532 23.07.1978 Georgian SSR. Employees of the National Research Institute of Tea and Subtropical Crops on the tea plantations of the Makharadzevsky District. Boris Babanov、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040211917

  • 1979年03月02日
    半田肇(はんだ・はじめ)

    半田肇・京都大学医学部教授(脳神経外科)=出稿1979(昭和54)年3月2日

    商品コード: 2014120200306

  • 1981年01月24日
    鈴木二郎(スズキ・ジロウ)

    鈴木二郎東北大教授(脳神経外科学者)=1981(昭和56)年1月24日、仙台市の東北大脳疾患研究施設(内地番号なし)

    商品コード: 2020041402328

  • 1983年11月18日
    (たけうち・かずお) 竹内一夫

    医学博士、杏林大教授、虎ノ門病院脳神経外科、杏林大医学部長=1983(昭和58)年9月10日撮影

    商品コード: 2004050700132

  • 1984年01月18日
    児玉誉士夫被告の通夜

    ロッキード事件の被告、児玉誉士夫氏の通夜に続々と訪れる弔問客=1984(昭和59)年1月18日、東京都世田谷区等々力の児玉邸(1984年1月17日、東京女子医大脳神経科センターで死去)

    商品コード: 2005120500031

  • 1984年01月19日
    児玉誉士夫被告密葬

    雪の中、ひっそりと自宅を出る児玉誉士夫被告(ロッキード事件)のひつぎ=1984(昭和59)年1月19日、東京都世田谷区等々力の児玉邸(1984年1月17日、東京女子医大脳神経科センターで死去)

    商品コード: 2005120500032

  • 1986年01月30日
    (たけうち・かずお) 竹内一夫

    医学博士、杏林大教授、虎ノ門病院脳神経外科、杏林大医学部長=1985(昭和60)年12月6日撮影

    商品コード: 2003120900113

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1989年07月19日
    同型の高圧酸素カプセル 酸素カプセルが爆発し死亡

    あづま脳神経外科病院で爆発したものと同型の高圧酸素カプセル

    商品コード: 2008100800249

  • 1989年09月25日
    2ミリの脳神経が見えた

    MRIで撮影した頭の断層写真(頭を下から見たもの)。四角の中の真ん中下部、白い部分が早期に発見された脳神経腫瘍

    商品コード: 2009012900481

  • 1990年12月31日
    The Plates from the Fourth Book of the De Humani Corporis Fabrica by Andreas Vesalius

    The Plates from the Fourth Book of the De Humani Corporis Fabrica by Andreas Vesalius, (1514-1564) Plate 48 - The first of the two figures common to the nine chapters which follow represent the base of the entire brain and cerebellum freed from the surrounding membranes so that the origin of the cerebral nerves may be suitable exposed to view.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020041403038

  • 1994年06月17日
    主治医が腎提供を説明 「ぎりぎりの選択」

    脳死腎提供の経緯を説明する横浜総合病院の平元周・脳神経外科副部長=横浜県民ホール(マイクあり)(臓器移植)

    商品コード: 1994061700095

  • 1995年05月11日

    人物通信 30878 ◎水上公宏(みずかみ・まさひろ)・千葉脳神経外科病院院長・半・正・撮(94.12.02)(カラーネガ)・インタビューあり

    商品コード: 1998042700029

  • 1995年05月31日

    人物 80727 ◎渡辺孝男、脳神経外科医、新、新進党、平成7年(95年)参院選比例区立候補、半・正・撮・カラーあり

    商品コード: 1998092500038

  • 1995年06月01日
    機能回復治療の紙屋さん 看護婦から筑波大教授へ

    社会医学系教授の辞令を受ける紙屋克子さん=1日午後、筑波大(かみや・かつこ=札幌麻生脳神経外科病院看護婦が筑波大社会医学系教授に就任)

    商品コード: 1995060100077

  • 1996年12月25日
    神経回路網情報測定装置 脳の機能解明に新兵器

    )、社始576S、5日付朝刊用、解禁厳守  松下電器研究本部が開発した「マルチチャンネル神経回路網情報測定システム」(脳が活動するときに脳神経細胞(ニューロン)が発する微弱な電気信号を、数多くの計測点で長時間測定できる新しいシステムを松下電器研究本部(京都府精華町)の竹谷誠首席研究員(40)らのチームが開発した)

    商品コード: 1996122500069

  • 1997年01月30日
    利根川進教授 脳神経再生の遺伝子発見

    利根川進マサチューセッツ工科大教授(63年国内3204)

    商品コード: 1997013000012

  • 1998年04月28日

    「カラー」◎板倉徹(いたくら・とおる) 和歌山県立医大教授 脳神経外科=94(平成6)年11月24日撮影、顔

    商品コード: 1998042800117

  • 1998年10月05日
    神野哲夫教授 脳出血を高圧酸素で診断

    藤田保健衛生大学脳神経外科の神野哲夫教授

    商品コード: 1998100500071

  • 1999年03月16日
    名大の吉田純教授 院内のベクター安全性承認

    名古屋大学医学部脳神経外科の吉田純教授

    商品コード: 1999031600051

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年03月20日
    公立八女総合病院 輸血、脳神経損傷ミス続発

    医療ミスが続発した公立八女総合病院=20日午前11時55分、福岡県八女市高塚

    商品コード: 1999032000034

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年06月24日
    柏葉脳神経外科病院 人工呼吸器外れ女性死亡

    筋委縮性側索硬化症で入院中の女性が死亡した柏葉脳神経外科病院=24日午前10時30分、札幌市豊平区

    商品コード: 1999062400025

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年06月24日
    会見する柏葉武院長ら 人工呼吸器外れ女性死亡

    入院中に死亡した女性に装着されていたものと同型の人工呼吸器を手に記者会見する村松弘康弁護士(右)と柏葉武院長=24日午前10時15分、札幌市豊平区の柏葉脳神経外科病院

    商品コード: 1999062400026

  • 2000年06月05日
    国産遺伝子治療で名古屋大 「脳腫瘍の60%が壊死」

    脳腫瘍(しゅよう)の遺伝子治療について記者会見する名古屋大医学部脳神経外科の吉田純教授(右端)ら=5日、名古屋大医学部

    商品コード: 2000060500152

  • 2000年06月07日
    藤田保健衛生大病院が会見 60代女性を脳死と判定

    脳死判定について記者会見する藤田保健衛生大病院の船曳孝彦院長(右)と脳神経外科学の庄田基助教授=7日午後6時50分、愛知県豊明市

    商品コード: 2000060700158

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年11月17日
    会見する小林院長 ヘルニア手術で失血死

    女性患者の失血死について説明する石岡脳神経外科病院の小林博雄院長(右)ら=17日午後、茨城県玉里村

    商品コード: 2000111700159

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月18日
    質問に答える院長ら 院内感染の疑いで7人死亡

    院内感染の疑いで入院患者7人が死亡し、記者会見で質問に答える伊藤脳神経外科病院の伊藤誠康院長。左は長谷川鐘大副院長=18日午後3時40分、東京都世田谷区北沢

    商品コード: 2002011800146

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月18日
    病院の入り口に張り紙 院内感染か、7人死亡

    院内感染の疑いで7人が死亡した伊藤脳神経外科病院の入り口に張り出された張り紙=18日午後1時10分、東京都世田谷区北沢

    商品コード: 2002011800056

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月18日
    夜の伊藤脳神経外科病院 院内感染の疑いで7人死亡

    院内感染の疑いで7人が死亡した伊藤脳神経外科病院=18日午後6時50分、東京都世田谷区北沢

    商品コード: 2002011800159

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月18日
    記者会見する伊藤院長 二度の大事故、教訓生きず

    院内感染の疑いで入院患者7人が死亡し、記者会見する伊藤脳神経外科病院の伊藤誠康院長=18日午後3時10分、東京都世田谷区北沢

    商品コード: 2002011800177

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月18日
    病院前の報道陣 二度の大事故、教訓生きず

    院内感染の疑いで入院患者が死亡し、大勢の報道陣が詰め掛けた伊藤脳神経外科病院=18日午後、東京都世田谷区北沢

    商品コード: 2002011800179

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月18日
    報道陣と伊藤病院 院内感染か、7人死亡

    報道陣が集まった、院内感染の疑いで7人死亡した伊藤脳神経外科病院=18日午後1時10分、東京都世田谷区北沢

    商品コード: 2002011800055

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月18日
    伊藤脳神経外科病院 院内感染か、7人死亡

    院内感染の疑いで7人が死亡した伊藤脳神経外科病院=18日午後1時10分、東京都世田谷区北沢

    商品コード: 2002011800053

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月18日
    伊藤外科病院の航空写真 院内感染か、7人死亡

    院内感染の疑いで入院患者7人が死亡した伊藤脳神経外科病院=18日午後1時、東京都世田谷区北沢で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2002011800054

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月18日
    院内に張られたおしらせ 院内感染の疑いで7人死亡

    院内感染の疑いで7人が死亡した伊藤脳神経外科病院内に張られた「おしらせ」=18日午後、東京都世田谷区北沢

    商品コード: 2002011800057

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月18日
    頭を下げる伊藤院長ら 院内感染の疑いで7人死亡

    セラチア菌による院内感染の疑いで記者会見し、頭を下げる伊藤脳神経外科病院の伊藤誠康院長(手前)ら=18日午後3時30分、東京都世田谷区北沢

    商品コード: 2002011800110

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月18日
    陳謝する伊藤院長ら 院内感染の疑いで7人死亡

    セラチア菌の院内感染の疑いで記者会見し、頭を下げる伊藤脳神経外科病院の伊藤誠康院長(右)と長谷川鐘大副院長=18日午後3時、東京都世田谷区北沢

    商品コード: 2002011800126

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月18日
    報道陣と陳謝する伊藤院長 院内感染の疑いで7人死亡

    記者会見終了後、大勢の報道陣の前で深々と頭を下げる伊藤脳神経外科病院の伊藤誠康院長(手前)ら=18日午後4時、東京都世田谷区北沢

    商品コード: 2002011800129

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月20日
    病院に入る東京都の職員 都が2回目の立ち入り検査

    立ち入り検査のため伊藤脳神経外科病院に入る東京都の職員=20日午後3時35分、東京都世田谷区北沢

    商品コード: 2002012000073

  • 2002年01月21日
    輸液の調合に細心の注意を

    セラチア菌の院内感染が原因とみられる患者死亡事故で、記者団の質問に懸命に答える伊藤脳神経外科病院の伊藤誠康院長(手前)。奥は長谷川鐘大副院長=東京都世田谷区

    商品コード: 2002012100050

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月24日
    伊藤脳神経外科病院 ずさんな衛生管理浮き彫り

    ずさんな衛生管理が明らかになった伊藤脳神経外科病院=18日、東京都世田谷区北沢

    商品コード: 2002012400232

  • 2002年03月24日
    高橋義男医長 「犯罪に加担」と悩む医師

    患者の子供たちから贈られた絵や写真を前に話す北海道立小児総合保健センターの高橋義男・小児脳神経外科医長=1月12日、北海道小樽市

    商品コード: 2002032400071

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年08月29日
    質問に応える伊藤院長 院内感染で院長ら書類送検

    セラチア菌による患者死亡事故の発生当時、記者団の質問に答える伊藤脳神経外科病院の伊藤誠康院長(右手前)=02年1月、東京都世田谷区

    商品コード: 2003082900082

  • 2003年08月29日
    伊藤脳神経外科病院 院内感染で院長ら書類送検

    セラチア菌院内感染による患者死亡事故で、院長らが書類送検された医療法人社団彰誠会「伊藤脳神経外科病院」=29日午前、東京都世田谷区

    商品コード: 2003082900090

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年06月08日
    大阪脳神経外科病院 人工呼吸器チューブに穴

    大阪脳神経外科病院=8日、大阪府豊中市

    商品コード: 2010060800308

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年06月08日
    同型のチューブ 人工呼吸器チューブに穴

    穴が開いていた酸素用チューブの同型=8日午後、大阪府豊中市の大阪脳神経外科病院

    商品コード: 2010060800361

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年06月08日
    同型のチューブ 人工呼吸器チューブに穴

    穴が開いていた酸素用チューブの同型=8日午後、大阪府豊中市の大阪脳神経外科病院

    商品コード: 2010060800517

  • 2010年06月08日
    大阪脳神経外科病院 人工呼吸器チューブに穴

    大阪脳神経外科病院=8日午後、大阪府豊中市

    商品コード: 2010060800523

  • 2010年07月29日
    北原脳神経外科病院

    北原脳神経外科病院、7月27日撮影、八王子市大和田町1-7-23、042-645-1110

    商品コード: 2010072900010

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年08月28日
    脳死判定の演習をする医師 「3歳児脳死」想定し訓練

    子どもの人形を使って脳死判定の演習をする脳神経外科(左)と小児科の医師=28日午前、兵庫県西宮市の兵庫医大病院

    商品コード: 2010082800033

  • 2012年04月09日
    排卵と脳神経の関係解明

    排卵と脳神経の関係

    商品コード: 2012040900472

  • 2012年04月09日
    排卵と脳神経の関係解明

    排卵と脳神経の関係

    商品コード: 2012040900473

  • 2012年09月08日
    松山大の古川美子教授ら ミカン皮が脳神経守る

    ミカンの皮と有機化合物の粉を手にする松山大の古川美子教授(右)ら=松山市

    商品コード: 2012090800261

  • 2013年02月21日
    脳神経細胞内に毒性物質

    iPS細胞を使った神経細胞内のベータアミロイド蓄積の確認

    商品コード: 2013022100524

  • 2013年02月21日
    脳神経細胞内に毒性物質

    iPS細胞を使った神経細胞内のベータアミロイド蓄積の確認

    商品コード: 2013022100526

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年09月29日
    手術を受けた高松一志さん 命救った緊急手術

    新世紀脳神経外科で緊急手術を受けた高松一志さん=8日、埼玉県越谷市

    商品コード: 2013092900106

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年09月29日
    手術を行った坂口新院長 命救った緊急手術

    停電の中、高松一志さんの緊急手術を行った新世紀脳神経外科の坂口新院長=9日、埼玉県越谷市

    商品コード: 2013092900107

  • 2013年10月14日
    出生で脳神経発達

    セロトニンと脳神経回路の関係

    商品コード: 2013101400101

  • 2013年10月14日
    出生で脳神経発達

    セロトニンと脳神経回路の関係

    商品コード: 2013101400102

  • 2015年06月09日
    講演する林基弘講師 「最後まで自分らしく」

    「第1回がん撲滅サミット」で講演する東京女子医大脳神経外科の林基弘講師=9日午後、横浜市

    商品コード: 2015060900587

  • 2015年07月31日
    脳神経死滅の仕組み解明

    アルツハイマー病の神経細胞死のイメージ

    商品コード: 2015073100799

  • 2015年07月31日
    脳神経死滅の仕組み解明

    アルツハイマー病の神経細胞死のイメージ

    商品コード: 2015073100800

  • 2017年12月21日
    脳神経再生の仕組み発見

    脳神経再生のイメージ

    商品コード: 2017122101180

  • 2017年12月21日
    脳神経再生の仕組み発見

    脳神経再生のイメージ

    商品コード: 2017122101181

  • 2018年02月01日
    New surgery centre next to river Isar

    An interior view of a patient room during the inaugural press conference at the clinic right of the river Isar in Munich, 1 February 2018. Neurosurgeons, vascular surgeons and urologists are going to have eight new surgery rooms to work in. Photo: Lino Mirgeler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018021600780

  • 2018年02月01日
    New surgery centre next to river Isar

    Rubber ducks are dressed as surgeons during the inaugural press conference at the clinic right of the river Isar in Munich, 1 February 2018. Neurosurgeons, vascular surgeons and urologists are going to have eight new surgery rooms to work in. Photo: Lino Mirgeler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018021600777

  • 2018年02月01日
    New surgery centre next to river Isar

    Juergen Gschwend, director of the clinic for urology, stands in a new surgery room next to an angiographic C-arm system during the inaugural press conference at the clinic right of the river Isar in Munich, 1 February 2018. Neurosurgeons, vascular surgeons and urologists are going to have eight new surgery rooms to work in. Photo: Lino Mirgeler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018021600748

  • 02:34.92
    2018年07月30日
    iPS治験8月から パーキンソン病に世界初 京大

    人のiPS細胞から神経のもとになる細胞を作り、パーキンソン病患者の脳内に移植する治験を8月1日から実施することを、京都大学の高橋淳教授のチームが記者会見して発表した。パーキンソン病でのiPS細胞を利用した治験は世界初。〈映像内容〉治験が行われる京大病院の外観、高橋淳・京都大iPS細胞研究所教授と治験の責任医師となる高橋良輔・京大病院脳神経内科長らの記者会見、撮影日:2018(平成30)年7月30日、撮影場所:京都市左京区 京都大学

    商品コード: 2018073100325

  • 03:09.95
    2018年11月09日
    パーキンソンにiPS 世界初、脳に神経移植 京大

    京都大は9日、人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経細胞を作り、パーキンソン病患者の脳内に移植する治験の1例目を50代の男性患者に実施したと発表した。iPS細胞を使った再生医療はさまざまな疾患で計画され、京大によると、パーキンソン病での治験は世界初。iPS細胞の患者への利用は、目の難病患者の網膜を再生する理化学研究所の世界初のケースに次ぐ。治験は京大病院が京大iPS細胞研究所と連携して実施。現場の医師が主体となって安全性や有効性を検証する医師主導治験として進めている。計画では、京大が備蓄する、拒絶反応が起きにくい型の他人のiPS細胞から作った神経細胞を脳に移植し、ドーパミンを出す神経細胞を補う。観察期間は2年間を想定。拒絶反応を抑えるため免疫抑制剤も投与する。〈映像内容〉京大病院の外観、京大病院の高橋良輔脳神経内科長、京大iPS細胞研究所の高橋淳教授らによる記者会見の様子、撮影日:2018(平成30)年11月9日、撮影場所:京都大学病院

    商品コード: 2018111213984

  • 2018年11月09日
    会見する高橋脳神経内科長 パーキンソンにiPS治験

    記者会見する京都大病院の高橋良輔脳神経内科長=9日午後、京都市

    商品コード: 2018110908589

  • 2018年12月17日
    研究を紹介する猪原匡史 「血管の健康」注目を

    血管と認知症をめぐる研究を紹介する国立循環器病研究センター脳神経内科部長の猪原匡史=大阪府吹田市(敬称略)

    商品コード: 2018121421113

  • 2019年02月19日
    Brainlab.

    Brainlab is a provider of software-controlled medical technology in neurosurgery, orthopedics and oncology. Located in Muenchen Riem, Central, Tower of the old airport, | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022101028

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: A doctor operates on the open skull of a patient during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013000752

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: A doctor operates on the open skull of a patient during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013000746

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: Surgical instruments are placed on a table during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013002210

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: Surgical instruments are placed on a table during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013002147

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: A surgical team operates on a patient‘s open skull during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013001766

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: Surgical instruments are placed on a table during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013002033

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: A doctor operates on the open skull of a patient during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013000816

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: Surgical instruments are placed on a table during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013001743

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: Surgical instruments are placed on a table during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013001789

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: Surgical instruments are placed on a table during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013002131

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: Surgical instruments are placed on a table during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013001707

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: Blood flows through tubes during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013000475

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: Surgical instruments are placed on a table during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013002042

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: A doctor operates on the open skull of a patient during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013000603

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: A surgical team operates on a patient‘s open skull during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013000633

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: Blood flows through tubes during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013000649

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: Surgical instruments are placed on a table during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013000615

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: A doctor operates on the open skull of a patient during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013002173

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: Surgical instruments are placed on a table during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013002058

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: Surgical instruments are placed on a table during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013000642

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: A surgical team operates on a patient‘s open skull during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013000799

  • 2020年01月20日
    Hospital

    20 January 2020, Baden-Wuerttemberg, ---: Surgical instruments are placed on a table during an operation in neurosurgery. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013002133

  • 1
  • 2