KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 脳科学者
  • 記者
  • 中国
  • 令和
  • 茂木健一郎
  • 開発
  • 動作
  • 解読
  • インターフェース
  • コマンド

「脳科学」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
44
( 1 44 件を表示)
  • 1
44
( 1 44 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  利根川進
    1983年11月04日
    利根川進

    利根川進、学者・研究者、とねがわ・すすむ、分子生物学者、マサチューセッツ工科大教授、理化学研究所脳科学総合研究センター長、朝日賞受賞、文化勲章受章、文化功労者、ノーベル生理学・医学賞受賞=1983(昭和58)年11月4日

    商品コード: 1983112000024

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年05月10日
    質問に答える伊藤所長 “遺伝子産業スパイ”

    米オハイオ州の病院からDNAなどを違法に持ち出したとする問題の記者会見後も、質問に答える理化学研究所の伊藤正男・脳科学総合研究センター所長(右)=10日午後、文部科学省

    商品コード: 2001051000117

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年05月10日
    会見する伊藤所長 産業スパイで2邦人起訴

    記者会見する理化学研究所の伊藤正男・脳科学総合研究センター所長=10日午後0時10分、文部科学省

    商品コード: 2001051000088

  • 磁気共鳴画像装置の実験 「好き」は直観的
    2003年11月17日
    磁気共鳴画像装置の実験 「好き」は直観的

    好き嫌いの感情など脳の活動をファンクショナルMRI(磁気共鳴画像装置)を使って調べる実験=03年11月4日、仙台市青葉区の東北大

    商品コード: 2003111700148

  • 伊藤正男特別顧問 「好き」は直観的
    2003年11月17日
    伊藤正男特別顧問 「好き」は直観的

    伊藤正男・理化学研究所脳科学総合研究センター特別顧問

    商品コード: 2003111700152

  • 2006年09月12日

    「カラー」「人物通信」【】 ◎茂木健一郎(もぎ・けんいちろう) 顔 脳科学者、撮影日 2006.05.31、出稿日 2006.09.22

    商品コード: 2006091200033

  • 手締めをする茂木氏ら 東証で大納会
    2007年12月28日
    手締めをする茂木氏ら 東証で大納会

    東京証券取引所の大納会で手締めをする脳科学者の茂木健一郎氏(左から4人目)ら=28日午前、東京・日本橋兜町

    商品コード: 2007122800049

  • 鐘を打つ茂木健一郎さん 「前向きに明るい経済を」
    2007年12月28日
    鐘を打つ茂木健一郎さん 「前向きに明るい経済を」

    東京証券取引所の大納会で鐘を打つ脳科学者の茂木健一郎さん=28日午前、東京・日本橋兜町(代表撮影)

    商品コード: 2007122800075

  • 手締めする茂木氏ら 東証で大納会
    2007年12月28日
    手締めする茂木氏ら 東証で大納会

    東京証券取引所の大納会で手締めをする脳科学者の茂木健一郎氏(左から3人目)ら=28日午前、東京・日本橋兜町

    商品コード: 2007122800041

  • 対談する青木長官と茂木氏 霞が関から「文化力」PR
    2008年03月12日
    対談する青木長官と茂木氏 霞が関から「文化力」PR

    「霞が関から文化力プロジェクト」の第一弾として文化庁で開かれた、青木保長官(左)と脳科学者・茂木健一郎氏の公開対談=12日夜

    商品コード: 2008031200279

  • 2008年03月16日

    「カラー」【】 ◎茂木健一郎(もぎ・けんいちろう)、脳科学者、理学博士、顔=2008年3月12日撮影、東京・霞が関

    商品コード: 2008031600032

  • (もぎ・けんいちろう) 茂木健一郎
    2008年08月11日
    (もぎ・けんいちろう) 茂木健一郎

    脳科学者、撮影日 2008.03.12、出稿日 2008.08.22

    商品コード: 2008081100524

  • 研究結果を発表する茂木氏 化粧で女性は自分を客観視
    2008年10月14日
    研究結果を発表する茂木氏 化粧で女性は自分を客観視

    化粧をした人の脳の活動について、カネボウ化粧品との共同研究結果を発表する脳科学者の茂木健一郎氏=14日、東京都中央区

    商品コード: 2008101400165

  • 茂木健一郎氏 茂木氏、約4億円申告漏れ
    2009年11月10日
    茂木健一郎氏 茂木氏、約4億円申告漏れ

    脳科学者の茂木健一郎氏

    商品コード: 2009111000043

  • 茂木健一郎氏 茂木氏、申告漏れ約4億円
    2009年11月10日
    茂木健一郎氏 茂木氏、申告漏れ約4億円

    脳科学者の茂木健一郎氏

    商品コード: 2009111000137

  • 「ベビラボ」シリーズ 脳科学に基づいた乳児玩具
    2009年12月01日
    「ベビラボ」シリーズ 脳科学に基づいた乳児玩具

    バンダイが日立製作所と開発した乳児用玩具「ベビラボ」シリーズの商品

    商品コード: 2009120100315

  • (とねがわ・すすむ) 利根川進
    2010年12月03日
    (とねがわ・すすむ) 利根川進

    ノーベル医学生理学賞受賞者、脳科学総合研究センター長=2010年12月3日撮影、東京都港区

    商品コード: 2011102700430

  • (もぎ・けんいちろう) 茂木健一郎
    2012年09月15日
    (もぎ・けんいちろう) 茂木健一郎

    脳科学者、2012年8月1日撮影

    商品コード: 2012091500181

  • (もぎ・けんいちろう) 茂木健一郎
    2013年02月16日
    (もぎ・けんいちろう) 茂木健一郎

    脳科学者、撮影日 2012.08.01、出稿日 2013.02.22

    商品コード: 2013021600173

  • (みこしば・かつひこ) 御子柴克彦
    2014年07月30日
    (みこしば・かつひこ) 御子柴克彦

    理化学研究所脳科学総合研究センターのシニアチームリーダー、2014年7月30日撮影

    商品コード: 2015091500402

  • 会見する利根川進氏 楽しい記憶でうつ改善
    2015年06月17日
    会見する利根川進氏 楽しい記憶でうつ改善

    英科学誌ネイチャーに発表した研究成果について説明する理研の脳科学総合研究センターの利根川進センター長=17日、文科省

    商品コード: 2015061700742

  • 茂木健一郎さん 抗議のコール、多彩に
    2015年09月04日
    茂木健一郎さん 抗議のコール、多彩に

    国会前のシールズの抗議集会に飛び入り参加した脳科学者の茂木健一郎さん=4日夜

    商品コード: 2015090401198

  • (もぎ・けんいちろう) 茂木健一郎
    2016年04月15日
    (もぎ・けんいちろう) 茂木健一郎

    脳科学者、2015年6月1日撮影、東京都文京区

    商品コード: 2016032200487

  • (とねがわ・すすむ) 利根川進
    2017年03月24日
    (とねがわ・すすむ) 利根川進

    ノーベル医学生理学賞受賞者、理化学研究所脳科学総合研究センター長、2017年2月26日、東京都千代田区で撮影

    商品コード: 2017031100910

  • (もぎ・けんいちろう) 茂木健一郎
    2018年05月25日
    (もぎ・けんいちろう) 茂木健一郎

    脳科学者、2018年2月28日撮影、東京・中央区の時事通信ホール

    商品コード: 2018022800522

  •  最新の脳科学の知見基に
    2019年03月08日
    最新の脳科学の知見基に

    「情動学シリーズ」

    商品コード: 2019030800704

  • 脳科学のプレイマット 商品ニュース
    2019年09月05日
    脳科学のプレイマット 商品ニュース

    バンダイの「脳科学メロディ あそんではぐくむプレイマットDX」

    商品コード: 2019090501346

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:38.27
    2020年01月22日
    「新華社」浙江省のまひ患者、「意識制御」で運動能力を取り戻す

    中国の浙江大学はこのほど、脳科学と人工知能(AI)を融合させた「双脳計画」の研究成果として、72歳の男性まひ患者が埋め込み型ブレーン・マシン・インタフェース(BMI)を通じて「意識」することでロボットアームとロボットハンドを正確に制御して3次元空間での動きを実現、握手する、水を飲む、食事をするといった複雑な動作をこなしたと発表した。研究は、浙江大学求是高等研究院のBMIチームと同大学医学院付属第二医院の神経外科が共同で完成させた。治験ボランティアの男性は2年前、交通事故で脊髄損傷を負い、四肢が完全にまひしてしまった。つかむ、握る、移動させるといった動作には、脳が信号を発し、伝達し、解読するなど一連の複雑なプロセスがある。このプロセスは、脊髄損傷や運動機能を喪失した障害者にとって、本来なら達成不可能な作業となる。研究者は最新の成果について、四肢まひの患者が運動機能を取り戻すのに役立ち、生活の質の向上につながるとし、将来的には運動補助や機能の再獲得、高齢者の機能強化など、より多くの分野にプラスの影響を与えると説明している。(記者/朱涵、李濤)<映像内容>まひ患者の意識制御で動くロボット、食事や握手などの動作、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322543

  •  思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市
    2021年02月02日
    思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、ディスプレイに表示された漢字の筆画を最初から最後まで凝視する研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)=配信日:2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004669

  •  思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市
    2021年02月02日
    思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、「思考」によりロボットアームを操作し「牛」の字を書く研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)=配信日:2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004670

  •  (9)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市
    2021年02月09日
    (9)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、操作員に脳電極キャップを装着する研究員。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902843

  •  (8)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市
    2021年02月09日
    (8)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学医学工程・転化医学研究院の事務室のドアに張られた「思考」で書いた「福」の字。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902647

  •  (4)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市
    2021年02月09日
    (4)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、脳電極キャップをかぶり画面を見つめる研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902957

  •  (10)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市
    2021年02月09日
    (10)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で春聯作成の準備をする研究員。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902960

  •  (1)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市
    2021年02月09日
    (1)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、「思考」によりロボットアームを操作し「牛」の字を書く研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902835

  •  (7)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市
    2021年02月09日
    (7)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、操作員に導電性ゲルを注射する研究員。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902652

  •  (3)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市
    2021年02月09日
    (3)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、「思考」によりロボットアームを操作して書いた「福」と「牛」の字を掲げる研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902975

  •  (2)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市
    2021年02月09日
    (2)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、「思考」によりロボットアームを操作し「福」の字を書く研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902901

  •  (11)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市
    2021年02月09日
    (11)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学神経工学実験室で、「思考」によりロボットアームを操作し「福」の字を書く研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902807

  •  (6)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市
    2021年02月09日
    (6)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、独自開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯を書く研究チームのメンバー。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902837

  •  (12)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市
    2021年02月09日
    (12)思考で「福」を書く先端技術で年越し準備天津市

    2日、天津大学医学工程・転化医学研究院の事務室内に張られた「思考」で書いた「牛」の字。中国の天津脳科学センター主任補佐で、天津大学医学工程・転化医学研究院の教員、許敏鵬(きょ・びんほう)氏が率いるチームは、春節(旧正月)を間近に控え、独自に開発したマルチブレイン協調制御ロボットアームシステム「哪吒(なた)」で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を作成した。人の脳と外界をつなぐ「情報スーパーハイウェイ」と呼ばれるブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)技術は、脳とコンピューターなどの電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。許氏は「コンピューター画面には領域ごとに意図するコマンドがある。操作する人が選択したい領域を凝視すると、その領域の視覚刺激シーケンスが対応する脳波を誘導する。『ナタ』システムは、人が意図するコマンドを解読すると、リアルタイムでロボットアームを制御し、それに対応した動作を実行する」と解説した。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902797

  •  (3)習近平氏、清華大学を視察
    2021年04月20日
    (3)習近平氏、清華大学を視察

    19日、清華大学のイメージング・スマート技術実験室でパネルと電光スクリーンを見て、実験室が展開している光学計算、脳科学と人工知能の交差科学実験研究と新科学技術の応用シーンの開発状況を把握し、実験室の理論研究や技術の難関攻略、成果の実用化などの説明を聴取する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は19日、間もなく創立110周年を迎える清華大学を視察した。(北京=新華社記者/鞠鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042009499

  •  (2)世界の科学者、フォーラムで国際イノベーション協力を強調
    2021年06月04日
    (2)世界の科学者、フォーラムで国際イノベーション協力を強調

    3日、フォーラムで基調講演を行う、中国科学院脳科学・インテリジェンステクノロジー卓越革新センター学術主任の蒲慕明(ほ・ぼめい)氏。中国上海市で3日、浦江イノベーションフォーラムの全体大会が開催され、米マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏がビデオメッセージを寄せたほか、多くの国の科学者が相次いでメッセージを寄せ、基調講演を行った。その多くが「最先端の科学技術イノベーションにおける国際協力」という同一のテーマに注目していた。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060409306

  •  脳と世界を直接つなぐ
    2021年08月25日
    脳と世界を直接つなぐ

    「脳科学を応用した新たな芸術表現も登場しつつある」と話す神谷之康さん

    商品コード: 2021082510903

  • 1