KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記載
  • 可能性
  • 委託
  • 情報
  • 画像
  • 発見
  • 説明文
  • 令和
  • 場所
  • 女性

「腰帯」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    花売姿の女性

    写真館にて花売姿の女性を撮影する。女性は白い頭巾をかぶり、着物姿で花を入れた籠を肩から背負っている。着物は絣入り縞物の振袖である。腰帯の中から白い布は携帯品を入れるための袋と想像される。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号72‐115‐0]

    商品コード: 2017082400451

  • -
    頭で荷物を運ぶ女たち

    大原女姿の五人の女性が頭を手ぬぐいで覆い、その上に荷物を載せ、街道を歩いている。脚絆を巻き、草鞋姿で、腰帯の結び方から見て、かなりの距離を歩く様子のように見える。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号85‐47‐0]

    商品コード: 2017081400695

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    出陣の装束

    標題はこのようになっているが、江戸時代に火事場に出動して消火、警備する武士が着用した火事装束姿である。右手には恐らく一閃張(いっかんばり)で作ったと思われる紙製の兜頭巾(かぶとずきん)を持ち、火事羽織、腰帯、野袴、前掛を着用し、足には皮足袋を履いている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号50‐21‐0]

    商品コード: 2017080903290

  • 2016年08月17日
    中国最大規模の金器展、成都で開催9月21日から一般公開

    金沙遺跡博物館で展示予定の「金腰帯飾」(西周・河南博物院蔵):布製や革製の腰帯の上につけた黄金の飾り。黄金の仮面が出土したことから「金面王国」と呼ばれる中国四川省成都市の金沙遺跡博物館は8月30日、9月21日から「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」を開催すると発表した。中国古代の巧みな金器製造技術を展示する。同展覧会は11月20日まで開催される。(成都=新華社配信/金沙遺跡博物館提供)=2016(平成28)年8月17日、クレジット:金沙遺跡博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090316383

  • 2020年12月02日
    前漢墓地から咸陽の名称変遷を示す実物資料が出土陝西省

    大堡子墓地から出土した玉璏(ぎょくえい、腰帯に剣を固定するための装具)。(資料写真)中国陝西省の考古学者が前漢時代初期の大型墓地で発見した陶罐(とうかん、みずがめ)が、文献のみに記載されていた都市の改名の歴史を証明する物的証拠となった。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120303747

  • 2021年03月01日
    (5)四川羅家壩遺跡で新たに東周墓が出土古代巴国解明の鍵に

    羅家壩遺跡で新たに見つかった東周墓で出土した青銅腰帯。(資料写真)中国四川省の文物考古研究院は2月26日、同省達州市の羅家壩(らかは)遺跡で東周時代(紀元前770年~同256年)の墓群が新たに見つかったと発表した。神秘に包まれた古代巴国の研究を進める上で貴重な実物資料になるという。今回の発見が2020年度「全国十大考古新発見」の予備選考に選ばれたことも明らかにした。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041600360

  • 2021年03月01日
    (1)四川羅家壩遺跡で新たに東周墓が出土古代巴国解明の鍵に

    羅家壩遺跡で新たに見つかった東周墓で出土した青銅腰帯。(資料写真)中国四川省の文物考古研究院は2月26日、同省達州市の羅家壩(らかは)遺跡で東周時代(紀元前770年~同256年)の墓群が新たに見つかったと発表した。神秘に包まれた古代巴国の研究を進める上で貴重な実物資料になるという。今回の発見が2020年度「全国十大考古新発見」の予備選考に選ばれたことも明らかにした。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041600365

  • 1