KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 医療施設
  • 新型肺炎
  • 湖北省武漢
  • 中国湖北省
  • 方艙医院
  • スタッフ
  • 軽症患者
  • 受け入れ
  • 感染予防
  • コーナー

「臨時医療」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
198
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
198
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年11月24日
    団結してコロナに立ち向かう香港社会

    24日、香港のアジアワールド・エキスポ(亜洲国際博覧館)に開設された臨時医療施設「方艙(ほうそう)医院」のモニターに映し出された院内の様子。中国香港特別行政区では、新型コロナウイルスの感染拡大の波が繰り返し起きており、今回の新たな波も猛威を振るっている。重要な時期に際し、特区政府は多くの感染予防措置を迅速に打ち出し、社会各界も積極的に協力している。市民も続々と検査に参加するなど、社会全体が一丸となって新たな感染の波に立ち向かっている。(香港=新華社記者/呉暁初)=2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    団結してコロナに立ち向かう香港社会

    24日、香港のアジアワールド・エキスポ(亜洲国際博覧館)に開設された臨時医療施設「方艙(ほうそう)医院」の受付窓口。中国香港特別行政区では、新型コロナウイルスの感染拡大の波が繰り返し起きており、今回の新たな波も猛威を振るっている。重要な時期に際し、特区政府は多くの感染予防措置を迅速に打ち出し、社会各界も積極的に協力している。市民も続々と検査に参加するなど、社会全体が一丸となって新たな感染の波に立ち向かっている。(香港=新華社記者/呉暁初)=2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    団結してコロナに立ち向かう香港社会

    24日、香港のアジアワールド・エキスポ(亜洲国際博覧館)に開設された臨時医療施設「方艙(ほうそう)医院」。中国香港特別行政区では、新型コロナウイルスの感染拡大の波が繰り返し起きており、今回の新たな波も猛威を振るっている。重要な時期に際し、特区政府は多くの感染予防措置を迅速に打ち出し、社会各界も積極的に協力している。市民も続々と検査に参加するなど、社会全体が一丸となって新たな感染の波に立ち向かっている。(香港=新華社記者/呉暁初)=2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    団結してコロナに立ち向かう香港社会

    24日、香港のアジアワールド・エキスポ(亜洲国際博覧館)に開設された臨時医療施設「方艙(ほうそう)医院」。中国香港特別行政区では、新型コロナウイルスの感染拡大の波が繰り返し起きており、今回の新たな波も猛威を振るっている。重要な時期に際し、特区政府は多くの感染予防措置を迅速に打ち出し、社会各界も積極的に協力している。市民も続々と検査に参加するなど、社会全体が一丸となって新たな感染の波に立ち向かっている。(香港=新華社記者/呉暁初)=2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    団結してコロナに立ち向かう香港社会

    24日、香港のアジアワールド・エキスポ(亜洲国際博覧館)に開設された臨時医療施設「方艙(ほうそう)医院」の病床。中国香港特別行政区では、新型コロナウイルスの感染拡大の波が繰り返し起きており、今回の新たな波も猛威を振るっている。重要な時期に際し、特区政府は多くの感染予防措置を迅速に打ち出し、社会各界も積極的に協力している。市民も続々と検査に参加するなど、社会全体が一丸となって新たな感染の波に立ち向かっている。(香港=新華社記者/呉暁初)=2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    団結してコロナに立ち向かう香港社会

    24日、香港のアジアワールド・エキスポ(亜洲国際博覧館)に開設された臨時医療施設「方艙(ほうそう)医院」の医療設備。中国香港特別行政区では、新型コロナウイルスの感染拡大の波が繰り返し起きており、今回の新たな波も猛威を振るっている。重要な時期に際し、特区政府は多くの感染予防措置を迅速に打ち出し、社会各界も積極的に協力している。市民も続々と検査に参加するなど、社会全体が一丸となって新たな感染の波に立ち向かっている。(香港=新華社記者/呉暁初)=2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    団結してコロナに立ち向かう香港社会

    24日、香港のアジアワールド・エキスポ(亜洲国際博覧館)に開設された臨時医療施設「方艙(ほうそう)医院」のナースステーション。中国香港特別行政区では、新型コロナウイルスの感染拡大の波が繰り返し起きており、今回の新たな波も猛威を振るっている。重要な時期に際し、特区政府は多くの感染予防措置を迅速に打ち出し、社会各界も積極的に協力している。市民も続々と検査に参加するなど、社会全体が一丸となって新たな感染の波に立ち向かっている。(香港=新華社記者/呉暁初)=2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月04日
    武漢体育センターでバスケの慈善試合開催湖北省

    上:最後の患者を送り出し、正式に閉鎖した臨時医療施設「方艙医院」で、消毒作業を行うボランティアスタッフ。(3月8日撮影)下:4日、臨時医療施設「方艙医院」の撤去後初めて開催された大型イベント「2020年姚基金バスケットボール慈善試合」の様子。(組み合わせ写真)中国で新型コロナウイルスの流行期間中、臨時医療施設「方艙医院」として稼働していた湖北省武漢市の武漢体育センターで4日、撤去後初の公開イベントとして、中国バスケットボール協会(CBA)の会長、姚明(ヤオ・ミン)氏が創設した姚基金主催の慈善試合が行われた。同センターは全施設が予約で埋まっており、かつての日常が戻りつつある。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月04日
    武漢体育センターでバスケの慈善試合開催湖北省

    上:武漢体育センターを改造した臨時医療施設「方艙医院」で療養する患者。(2月17日撮影)下:4日、臨時医療施設「方艙医院」の撤去後初めて開催された大型イベント「2020年姚基金バスケットボール慈善試合」の様子。(組み合わせ写真)中国で新型コロナウイルスの流行期間中、臨時医療施設「方艙医院」として稼働していた湖北省武漢市の武漢体育センターで4日、撤去後初の公開イベントとして、中国バスケットボール協会(CBA)の会長、姚明(ヤオ・ミン)氏が創設した姚基金主催の慈善試合が行われた。同センターは全施設が予約で埋まっており、かつての日常が戻りつつある。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月04日
    武漢体育センターでバスケの慈善試合開催湖北省

    上:最後の患者を送り出し、正式に閉鎖した臨時医療施設「方艙医院」で、消毒作業を行うボランティアスタッフ。(3月8日撮影)下:4日、臨時医療施設「方艙医院」の撤去後初めて開催された大型イベント「2020年姚基金バスケットボール慈善試合」の様子。(組み合わせ写真)中国で新型コロナウイルスの流行期間中、臨時医療施設「方艙医院」として稼働していた湖北省武漢市の武漢体育センターで4日、撤去後初の公開イベントとして、中国バスケットボール協会(CBA)の会長、姚明(ヤオ・ミン)氏が創設した姚基金主催の慈善試合が行われた。同センターは全施設が予約で埋まっており、かつての日常が戻りつつある。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月04日
    武漢体育センターでバスケの慈善試合開催湖北省

    上:最後の患者を送り出し、正式に閉鎖した臨時医療施設「方艙医院」で、消毒作業を行うボランティアスタッフ。(3月8日撮影)下:4日、臨時医療施設「方艙医院」の撤去後初めて開催された大型イベント「2020年姚基金バスケットボール慈善試合」の様子。(組み合わせ写真)中国で新型コロナウイルスの流行期間中、臨時医療施設「方艙医院」として稼働していた湖北省武漢市の武漢体育センターで4日、撤去後初の公開イベントとして、中国バスケットボール協会(CBA)の会長、姚明(ヤオ・ミン)氏が創設した姚基金主催の慈善試合が行われた。同センターは全施設が予約で埋まっており、かつての日常が戻りつつある。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月04日
    武漢体育センターでバスケの慈善試合開催湖北省

    上:武漢体育センターを改造した臨時医療施設「方艙医院」で療養する患者。(2月17日撮影)下:4日、臨時医療施設「方艙医院」の撤去後初めて開催された大型イベント「2020年姚基金バスケットボール慈善試合」の様子。(組み合わせ写真)中国で新型コロナウイルスの流行期間中、臨時医療施設「方艙医院」として稼働していた湖北省武漢市の武漢体育センターで4日、撤去後初の公開イベントとして、中国バスケットボール協会(CBA)の会長、姚明(ヤオ・ミン)氏が創設した姚基金主催の慈善試合が行われた。同センターは全施設が予約で埋まっており、かつての日常が戻りつつある。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    海上での緊急医療救援活動を合同訓練上海市

    18日、救助艇に設置された移動式方艙医院(臨時医療施設)内で、負傷者へ手術を行う訓練中の医療救助スタッフ。中国海上捜索救助センター、中国国家衛生健康委員会衛生応急弁公室、上海海上捜索救助センターの合同による2020年海上緊急医療救援特別訓練が18日、上海市呉淞口国際クルーズ港沖で行われた。救助艇10隻、ヘリコプター3機、各分野を担当する救助スタッフ500人以上が訓練に参加した。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    海上での緊急医療救援活動を合同訓練上海市

    18日、救助艇に設置された移動式方艙医院(臨時医療施設)内で、負傷者へ手術を行う訓練中の医療救助スタッフ。中国海上捜索救助センター、中国国家衛生健康委員会衛生応急弁公室、上海海上捜索救助センターの合同による2020年海上緊急医療救援特別訓練が18日、上海市呉淞口国際クルーズ港沖で行われた。救助艇10隻、ヘリコプター3機、各分野を担当する救助スタッフ500人以上が訓練に参加した。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.36
    2020年08月14日
    「新華社」「中国カンフー」、新型コロナ患者のリハビリに一役

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市内の病院でこのほど、新型コロナウイルス感染症患者が医療従事者の指導の下、音楽に合わせて「中国功夫(カンフー)」の一種、八段錦を練習する様子が見られた。12~13世紀の南宋時代に起源を持つ八段錦は、時を経て、民族の伝統に根差したスポーツ種目へと変化した。世界中で流行している「太極拳」と同様、強靭な肉体づくりにつながると考えられており、今ではその練習が新型コロナ患者のリハビリにも組み込まれている。湖北省武漢市の臨時医療施設「江夏方艙医院」では今年初め、新型コロナ患者564人に対し、中国医学の煎じ薬の服用に按摩(あんま)や鍼灸(しんきゅう)、太極拳、八段錦などを組み合わせることで「重症化ゼロ、再陽性ゼロ、感染ゼロ」を実現、患者にも高く評価された。このリハビリの成功体験が広く普及し、現在、ウルムチ市の患者のケアにも応用されている。(記者/張嘯誠)<映像内容>新型コロナ感染患者が中国カンフーを練習する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:11.36
    2020年07月29日
    「新華社」臨時医療施設「武漢客庁方艙医院」の撤去作業実施

    中国湖北省武漢市で7月29日、新型コロナウイルス感染症患者向けの臨時医療施設「武漢客庁方艙医院」の撤去作業が始まった。同市の新型コロナウイルス感染予防抑制指揮部(対策本部)医療救治・疾病予防抑制グループが7月16日発表した「一部臨時医療施設の元の使用機能回復に関する通知」に基づいて作業が実施され、完了後は元の総合文化施設に戻る。同医院は市内で最初にできた臨時医療施設の一つで、地元の複合企業、卓爾発展が開発した「武漢客庁コンベンション・アンド・エキシビションセンター」を改修して作られた。感染の拡大期には、軽症患者を中心に受け入れた。国務院合同予防抑制メカニズムが5月14日に開いた記者会見によると、武漢市内に建設された16カ所の臨時医療施設は、2月5日に患者の受け入れを開始してから、3月10日に最後の施設を閉鎖するまで、計1万2千人余りの患者を治療し、「院内感染ゼロ、死亡ゼロ、再入院ゼロ」を実現した。(記者/方亜東、肖芸九)<映像内容>武漢市の臨時医療施設撤去の様子、撮影日:2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    臨時医療施設「武漢客庁方艙医院」の撤去作業実施

    7月29日、武漢客庁方艙医院の撤去作業を行うスタッフ。中国湖北省武漢市で7月29日、新型コロナウイルス感染症患者向けの臨時医療施設「武漢客庁方艙医院」の撤去作業が始まった。同市の新型コロナウイルス感染予防抑制指揮部(対策本部)医療救治・疾病予防抑制グループが7月16日発表した「一部臨時医療施設の元の使用機能回復に関する通知」に基づいて作業が実施され、完了後は元の総合文化施設に戻る。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    臨時医療施設「武漢客庁方艙医院」の撤去作業実施

    7月29日、武漢客庁方艙医院の撤去作業を行うスタッフ。中国湖北省武漢市で7月29日、新型コロナウイルス感染症患者向けの臨時医療施設「武漢客庁方艙医院」の撤去作業が始まった。同市の新型コロナウイルス感染予防抑制指揮部(対策本部)医療救治・疾病予防抑制グループが7月16日発表した「一部臨時医療施設の元の使用機能回復に関する通知」に基づいて作業が実施され、完了後は元の総合文化施設に戻る。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    臨時医療施設「武漢客庁方艙医院」の撤去作業実施

    7月29日、武漢客庁方艙医院の撤去作業を行うスタッフ。中国湖北省武漢市で7月29日、新型コロナウイルス感染症患者向けの臨時医療施設「武漢客庁方艙医院」の撤去作業が始まった。同市の新型コロナウイルス感染予防抑制指揮部(対策本部)医療救治・疾病予防抑制グループが7月16日発表した「一部臨時医療施設の元の使用機能回復に関する通知」に基づいて作業が実施され、完了後は元の総合文化施設に戻る。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    臨時医療施設「武漢客庁方艙医院」の撤去作業実施

    7月29日、武漢客庁方艙医院の撤去作業を行うスタッフ。中国湖北省武漢市で7月29日、新型コロナウイルス感染症患者向けの臨時医療施設「武漢客庁方艙医院」の撤去作業が始まった。同市の新型コロナウイルス感染予防抑制指揮部(対策本部)医療救治・疾病予防抑制グループが7月16日発表した「一部臨時医療施設の元の使用機能回復に関する通知」に基づいて作業が実施され、完了後は元の総合文化施設に戻る。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    臨時医療施設「武漢客庁方艙医院」の撤去作業実施

    7月29日、武漢客庁方艙医院の撤去作業を行うスタッフ。中国湖北省武漢市で7月29日、新型コロナウイルス感染症患者向けの臨時医療施設「武漢客庁方艙医院」の撤去作業が始まった。同市の新型コロナウイルス感染予防抑制指揮部(対策本部)医療救治・疾病予防抑制グループが7月16日発表した「一部臨時医療施設の元の使用機能回復に関する通知」に基づいて作業が実施され、完了後は元の総合文化施設に戻る。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    臨時医療施設「武漢客庁方艙医院」の撤去作業実施

    7月29日、武漢客庁方艙医院の撤去作業を行うスタッフ。中国湖北省武漢市で7月29日、新型コロナウイルス感染症患者向けの臨時医療施設「武漢客庁方艙医院」の撤去作業が始まった。同市の新型コロナウイルス感染予防抑制指揮部(対策本部)医療救治・疾病予防抑制グループが7月16日発表した「一部臨時医療施設の元の使用機能回復に関する通知」に基づいて作業が実施され、完了後は元の総合文化施設に戻る。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    臨時医療施設「武漢客庁方艙医院」の撤去作業実施

    7月29日、武漢客庁方艙医院の撤去作業を行うスタッフ。中国湖北省武漢市で7月29日、新型コロナウイルス感染症患者向けの臨時医療施設「武漢客庁方艙医院」の撤去作業が始まった。同市の新型コロナウイルス感染予防抑制指揮部(対策本部)医療救治・疾病予防抑制グループが7月16日発表した「一部臨時医療施設の元の使用機能回復に関する通知」に基づいて作業が実施され、完了後は元の総合文化施設に戻る。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.50
    2020年07月06日
    「新華社」大学入試「高考」の試験会場を訪ねて浙江省

    中国の全国統一大学入試「全国普通高等学校招生入学考試(高考)」実施日前日の6日、浙江省杭州市長河高級中学(高校)の試験会場では、試験場の準備作業や受験生の準備が進んでいた。保護者委員会は子どもたちが無事合格するよう願い、赤いじゅうたんと縁起物の伝統菓子「定勝糕」を用意した。学校の食堂も受験生たちに心尽くしの食事を食べさせ、栄養補給と共に祝福を届けた。同省では7日から、32万人余りの受験生が省内70カ所余りの試験区、300カ所余りの試験会場にある1万1千カ所余りの試験場で「高考」に臨む。今年の試験は4日間にわたり、合計10科目の試験を実施する。史上最長の試験期間と最多の試験科目の「高考」となる。各試験会場には、臨時医療予防・治療ステーションが設置され、会場入口には赤外線体温測定器を導入、試験場内の受験生の座席間隔はできるだけ広く取られている。全ての試験会場には、防護隔離措置が施された特殊な通路と専用の隔離試験教室が設置されている。(記者/崔力、兪菀)<映像内容>高考の試験会場の様子、撮影日:2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月22日
    イラク、新型コロナ専用臨時医療施設の整備急ぐ

    22日、バグダッド国際見本市会場を臨時医療施設に改築するために施工する従業員。イラクではこのところ、新型コロナウイルス感染症の流行が拡大しており、同国保健省は病床確保のため、バグダッド国際見本市会場や体育館を臨時医療施設に改造する工事を進めている。同省のデータによると、同国では22日、新たに1808人の感染が確認され、累計で3万2676人となった。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月22日
    イラク、新型コロナ専用臨時医療施設の整備急ぐ

    22日、臨時医療施設の改築を完了したバグダッド国際見本市会場のホール。イラクではこのところ、新型コロナウイルス感染症の流行が拡大しており、同国保健省は病床確保のため、バグダッド国際見本市会場や体育館を臨時医療施設に改造する工事を進めている。同省のデータによると、同国では22日、新たに1808人の感染が確認され、累計で3万2676人となった。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月22日
    イラク、新型コロナ専用臨時医療施設の整備急ぐ

    22日、バグダッド国際見本市会場を臨時医療施設に改築するために施工する従業員。イラクではこのところ、新型コロナウイルス感染症の流行が拡大しており、同国保健省は病床確保のため、バグダッド国際見本市会場や体育館を臨時医療施設に改造する工事を進めている。同省のデータによると、同国では22日、新たに1808人の感染が確認され、累計で3万2676人となった。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月22日
    イラク、新型コロナ専用臨時医療施設の整備急ぐ

    22日、バグダッド国際見本市会場を臨時医療施設に改築するために施工する従業員。イラクではこのところ、新型コロナウイルス感染症の流行が拡大しており、同国保健省は病床確保のため、バグダッド国際見本市会場や体育館を臨時医療施設に改造する工事を進めている。同省のデータによると、同国では22日、新たに1808人の感染が確認され、累計で3万2676人となった。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    中国のバングラ支援医療チームが現地視察コロナ対策の経験を共有

    13日、ダッカ国際空港を視察する中国の医療専門家チーム。中国がバングラデシュの新型コロナウイルス感染対策を支援するために派遣した医療専門家チームは13日、現地の医療機関や感染者を収容する臨時医療施設、空港などを訪れ、感染状況を把握し、感染症対策の経験を共有した。(ダッカ=新華社配信)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    中国のバングラ支援医療チームが現地視察コロナ対策の経験を共有

    13日、現地の臨時医療施設を視察し、バングラデシュの医療従事者らと交流する中国の医療専門家チーム。中国がバングラデシュの新型コロナウイルス感染対策を支援するために派遣した医療専門家チームは13日、現地の医療機関や感染者を収容する臨時医療施設、空港などを訪れ、感染状況を把握し、感染症対策の経験を共有した。(ダッカ=新華社配信)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    中国のバングラ支援医療チームが現地視察コロナ対策の経験を共有

    13日、現地でコロナ対策について説明する中国の医療専門家チームのメンバー。中国がバングラデシュの新型コロナウイルス感染対策を支援するために派遣した医療専門家チームは13日、現地の医療機関や感染者を収容する臨時医療施設、空港などを訪れ、感染状況を把握し、感染症対策の経験を共有した。(ダッカ=新華社配信)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    中国のバングラ支援医療チームが現地視察コロナ対策の経験を共有

    13日、現地でコロナ対策について説明する中国の医療専門家チームのメンバー。中国がバングラデシュの新型コロナウイルス感染対策を支援するために派遣した医療専門家チームは13日、現地の医療機関や感染者を収容する臨時医療施設、空港などを訪れ、感染状況を把握し、感染症対策の経験を共有した。(ダッカ=新華社配信)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    中国のバングラ支援医療チームが現地視察コロナ対策の経験を共有

    13日、ダッカ国際空港を視察する中国の医療専門家チーム。中国がバングラデシュの新型コロナウイルス感染対策を支援するために派遣した医療専門家チームは13日、現地の医療機関や感染者を収容する臨時医療施設、空港などを訪れ、感染状況を把握し、感染症対策の経験を共有した。(ダッカ=新華社配信)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    中国のバングラ支援医療チームが現地視察コロナ対策の経験を共有

    13日、現地の臨時医療施設を視察する中国の医療専門家チーム。中国がバングラデシュの新型コロナウイルス感染対策を支援するために派遣した医療専門家チームは13日、現地の医療機関や感染者を収容する臨時医療施設、空港などを訪れ、感染状況を把握し、感染症対策の経験を共有した。(ダッカ=新華社配信)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月23日
    武漢の感染対策経験を世界と共有臨時医療施設運営マニュアルの中国語・英語版を発表

    臨時医療施設運営マニュアルの表紙。(資料写真)新型コロナウイルスの感染対策で中国湖北省武漢市に建設された臨時医療施設「方艙医院」に関する経験をまとめた「方艙庇護医院建設運営マニュアル」の中国語版と英語版がこのほど、発表された。卓爾公益基金会の20日の報告によると、マニュアルは現在、アリババの「新型コロナウイルス感染症と闘うグローバル医療交流サイト(GMCC)」で公開されており、世界各国での臨時医療施設建設や感染予防・抑制業務の参考となるよう、無料でダウンロードできるようになっている。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月18日
    武漢市の卓爾書店が営業再開

    18日、卓爾書店の入り口で、健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)を提示し、入店前登録を行う客。中国湖北省武漢市の卓爾書店がこのほど、政府の承認を得て営業を再開した。同市で新型コロナウイルスの感染が拡大していた間、卓爾書店は臨時医療施設やリハビリ施設などに読書コーナーを6カ所設置した。また、読書感想や旅行経験などを分かち合うオンラインイベントを9回実施して、読者に心の糧を与えてきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月18日
    武漢市の卓爾書店が営業再開

    18日、卓爾書店で読書を楽しむ客。中国湖北省武漢市の卓爾書店がこのほど、政府の承認を得て営業を再開した。同市で新型コロナウイルスの感染が拡大していた間、卓爾書店は臨時医療施設やリハビリ施設などに読書コーナーを6カ所設置した。また、読書感想や旅行経験などを分かち合うオンラインイベントを9回実施して、読者に心の糧を与えてきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月18日
    武漢市の卓爾書店が営業再開

    18日、卓爾書店で本を選ぶ客。中国湖北省武漢市の卓爾書店がこのほど、政府の承認を得て営業を再開した。同市で新型コロナウイルスの感染が拡大していた間、卓爾書店は臨時医療施設やリハビリ施設などに読書コーナーを6カ所設置した。また、読書感想や旅行経験などを分かち合うオンラインイベントを9回実施して、読者に心の糧を与えてきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:57.31
    2020年04月18日
    「新華社」ハルビン税関、国境通関地の新型コロナ対策を厳格化黒竜江省

    中国黒竜江省ハルビン税関は18日、新型コロナウイルスの国外からの感染輸入が拡大していることを受け、通関地での感染防止策を見直し、衛生検疫をさらに強化したと明らかにした。同省綏芬河(すいふんが)市の通関地エリアでは、旅客検査場の外に検体採取のための臨時医療施設を開設。検体採取にかかる時間を短縮することで、人の密集を防ぎ、交差感染を減少させている。全ての入国車両や人員に検疫検査を実施し、入国地点での集中隔離を行うことで、入国から出国までの一貫した管理を徹底している。(記者/馬知遥、斉泓鑫)<映像内容>ハルビン税関の新型コロナウイルス対策、検疫検査の様子など、撮影日:2020(令和2)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月18日
    武漢市の卓爾書店が営業再開

    18日、卓爾書店で読書を楽しむ客。中国湖北省武漢市の卓爾書店がこのほど、政府の承認を得て営業を再開した。同市で新型コロナウイルスの感染が拡大していた間、卓爾書店は臨時医療施設やリハビリ施設などに読書コーナーを6カ所設置した。また、読書感想や旅行経験などを分かち合うオンラインイベントを9回実施して、読者に心の糧を与えてきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月18日
    武漢市の卓爾書店が営業再開

    18日、卓爾書店の入り口付近を消毒する店員。中国湖北省武漢市の卓爾書店がこのほど、政府の承認を得て営業を再開した。同市で新型コロナウイルスの感染が拡大していた間、卓爾書店は臨時医療施設やリハビリ施設などに読書コーナーを6カ所設置した。また、読書感想や旅行経験などを分かち合うオンラインイベントを9回実施して、読者に心の糧を与えてきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月18日
    武漢市の卓爾書店が営業再開

    18日、卓爾書店で働く店員。中国湖北省武漢市の卓爾書店がこのほど、政府の承認を得て営業を再開した。同市で新型コロナウイルスの感染が拡大していた間、卓爾書店は臨時医療施設やリハビリ施設などに読書コーナーを6カ所設置した。また、読書感想や旅行経験などを分かち合うオンラインイベントを9回実施して、読者に心の糧を与えてきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月18日
    武漢市の卓爾書店が営業再開

    18日、卓爾書店で本を点検する店員。中国湖北省武漢市の卓爾書店がこのほど、政府の承認を得て営業を再開した。同市で新型コロナウイルスの感染が拡大していた間、卓爾書店は臨時医療施設やリハビリ施設などに読書コーナーを6カ所設置した。また、読書感想や旅行経験などを分かち合うオンラインイベントを9回実施して、読者に心の糧を与えてきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月18日
    武漢市の卓爾書店が営業再開

    18日、卓爾書店で本を購入する客。中国湖北省武漢市の卓爾書店がこのほど、政府の承認を得て営業を再開した。同市で新型コロナウイルスの感染が拡大していた間、卓爾書店は臨時医療施設やリハビリ施設などに読書コーナーを6カ所設置した。また、読書感想や旅行経験などを分かち合うオンラインイベントを9回実施して、読者に心の糧を与えてきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月18日
    武漢市の卓爾書店が営業再開

    18日、卓爾書店で読書を楽しむ客。中国湖北省武漢市の卓爾書店がこのほど、政府の承認を得て営業を再開した。同市で新型コロナウイルスの感染が拡大していた間、卓爾書店は臨時医療施設やリハビリ施設などに読書コーナーを6カ所設置した。また、読書感想や旅行経験などを分かち合うオンラインイベントを9回実施して、読者に心の糧を与えてきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月18日
    武漢市の卓爾書店が営業再開

    18日、卓爾書店で本を選ぶ客。中国湖北省武漢市の卓爾書店がこのほど、政府の承認を得て営業を再開した。同市で新型コロナウイルスの感染が拡大していた間、卓爾書店は臨時医療施設やリハビリ施設などに読書コーナーを6カ所設置した。また、読書感想や旅行経験などを分かち合うオンラインイベントを9回実施して、読者に心の糧を与えてきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月18日
    武漢市の卓爾書店が営業再開

    18日、卓爾書店で店内を消毒する店員。中国湖北省武漢市の卓爾書店がこのほど、政府の承認を得て営業を再開した。同市で新型コロナウイルスの感染が拡大していた間、卓爾書店は臨時医療施設やリハビリ施設などに読書コーナーを6カ所設置した。また、読書感想や旅行経験などを分かち合うオンラインイベントを9回実施して、読者に心の糧を与えてきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月18日
    武漢市の卓爾書店が営業再開

    18日、卓爾書店で本を選ぶ客。中国湖北省武漢市の卓爾書店がこのほど、政府の承認を得て営業を再開した。同市で新型コロナウイルスの感染が拡大していた間、卓爾書店は臨時医療施設やリハビリ施設などに読書コーナーを6カ所設置した。また、読書感想や旅行経験などを分かち合うオンラインイベントを9回実施して、読者に心の糧を与えてきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月18日
    武漢市の卓爾書店が営業再開

    18日、卓爾書店で本を選ぶ客。中国湖北省武漢市の卓爾書店がこのほど、政府の承認を得て営業を再開した。同市で新型コロナウイルスの感染が拡大していた間、卓爾書店は臨時医療施設やリハビリ施設などに読書コーナーを6カ所設置した。また、読書感想や旅行経験などを分かち合うオンラインイベントを9回実施して、読者に心の糧を与えてきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月18日
    武漢市の卓爾書店が営業再開

    18日、卓爾書店で本を選ぶ客。中国湖北省武漢市の卓爾書店がこのほど、政府の承認を得て営業を再開した。同市で新型コロナウイルスの感染が拡大していた間、卓爾書店は臨時医療施設やリハビリ施設などに読書コーナーを6カ所設置した。また、読書感想や旅行経験などを分かち合うオンラインイベントを9回実施して、読者に心の糧を与えてきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月11日
    綏芬河市で新型コロナ輸入症例が増加黒竜江省

    11日、綏芬河市のオフィスビルを改造した臨時医療施設「方艙医院」の病室。ロシアと国境を接する中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市で、海外からの新型コロナウイルス輸入症例が増加している。3月27日から4月9日の統計では、ロシア国境を通じた輸入症例が累計151人、無症状感染者が148人報告されている。同省は現在、最新の政策に基づき、入国する車両の立ち入り検疫や入国者の体温検査、健康申告カードの確認、核酸サンプル検査、疫学調査、集中隔離を完全実施している。(ハルビン=新華社記者/王建)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    団結と科学で新型コロナと闘う中ロ国境の小都市黒竜江省綏芬河市

    10日、綏芬河市の臨時医療施設「方艙医院」。中ロ国境に位置する黒竜江省綏芬河(すいふんが)市は、3月27日から4月9日にロシアから入国した人から新型コロナウイルスの感染者が累計151人、無症状感染者数が148人確認されたと発表した。同市では「国外からの感染輸入と国内での感染拡散の防止」に対する圧力が高まっている。市民にとっては、国内の感染が落ち着き、正常な日常生活が戻った矢先に、再び感染防止措置が引き上げられる形となった。同市は8日午前6時から全ての居住区で封鎖式管理が実施。職場復帰した人は通行証の提示で出勤できるが、それ以外は各世帯で3日に1回、生活物資の買い物に1人が外出することのみ許可される。(綏芬河=新華社記者/董宝森)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    綏芬河市の新型コロナ臨時医療施設、間もなく供用開始黒竜江省

    10日、綏芬河市の臨時医療施設「方艙医院」の建設現場で材料を運ぶ作業員。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市で既存施設を利用して6日から改修工事が進められている新型コロナウイルス感染者用の臨時医療施設「方艙医院」は、室内の改修と内装がほぼ完了した。工事請負側によると、現在は残りの工事を急ピッチで進めるとともに、医療機器の搬入を準備している。(ハルビン=新華社記者/斉泓鑫)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    綏芬河市の新型コロナ臨時医療施設、間もなく供用開始黒竜江省

    10日、病床の設置が完了した綏芬河市の臨時医療施設「方艙医院」。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市で既存施設を利用して6日から改修工事が進められている新型コロナウイルス感染者用の臨時医療施設「方艙医院」は、室内の改修と内装がほぼ完了した。工事請負側によると、現在は残りの工事を急ピッチで進めるとともに、医療機器の搬入を準備している。(ハルビン=新華社記者/董宝森)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    綏芬河市の新型コロナ臨時医療施設、間もなく供用開始黒竜江省

    10日、綏芬河市の臨時医療施設「方艙医院」。(小型無人機から)中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市で既存施設を利用して6日から改修工事が進められている新型コロナウイルス感染者用の臨時医療施設「方艙医院」は、室内の改修と内装がほぼ完了した。工事請負側によると、現在は残りの工事を急ピッチで進めるとともに、医療機器の搬入を準備している。(ハルビン=新華社記者/斉泓鑫)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    綏芬河市の新型コロナ臨時医療施設、間もなく供用開始黒竜江省

    10日、綏芬河市の臨時医療施設「方艙医院」の廊下に設置された紫外線消毒灯。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市で既存施設を利用して6日から改修工事が進められている新型コロナウイルス感染者用の臨時医療施設「方艙医院」は、室内の改修と内装がほぼ完了した。工事請負側によると、現在は残りの工事を急ピッチで進めるとともに、医療機器の搬入を準備している。(ハルビン=新華社記者/董宝森)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    綏芬河市の新型コロナ臨時医療施設、間もなく供用開始黒竜江省

    10日、綏芬河市の臨時医療施設「方艙医院」の建設現場で材料を運ぶ作業員。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市で既存施設を利用して6日から改修工事が進められている新型コロナウイルス感染者用の臨時医療施設「方艙医院」は、室内の改修と内装がほぼ完了した。工事請負側によると、現在は残りの工事を急ピッチで進めるとともに、医療機器の搬入を準備している。(ハルビン=新華社記者/董宝森)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    綏芬河市で新型コロナ輸入症例が増加黒竜江省

    10日、綏芬河市の臨時医療施設「方艙医院」。ロシアと国境を接する中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市で、海外からの新型コロナウイルス輸入症例が増加している。3月27日から4月9日の統計では、ロシア国境を通じた輸入症例が累計151人、無症状感染者が148人報告されている。同省は現在、最新の政策に基づき、入国する車両の立ち入り検疫や入国者の体温検査、健康申告カードの確認、核酸サンプル検査、疫学調査、集中隔離を完全実施している。(ハルビン=新華社記者/斉泓鑫)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    綏芬河市の新型コロナ臨時医療施設、間もなく供用開始黒竜江省

    10日、施設に搬入された医療廃棄物処理用のゴミ箱。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市で既存施設を利用して6日から改修工事が進められている新型コロナウイルス感染者用の臨時医療施設「方艙医院」は、室内の改修と内装がほぼ完了した。工事請負側によると、現在は残りの工事を急ピッチで進めるとともに、医療機器の搬入を準備している。(ハルビン=新華社記者/董宝森)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    綏芬河市の新型コロナ臨時医療施設、間もなく供用開始黒竜江省

    10日、施設の通信設備を調整する通信会社の作業車。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市で既存施設を利用して6日から改修工事が進められている新型コロナウイルス感染者用の臨時医療施設「方艙医院」は、室内の改修と内装がほぼ完了した。工事請負側によると、現在は残りの工事を急ピッチで進めるとともに、医療機器の搬入を準備している。(ハルビン=新華社記者/董宝森)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月08日
    上海で新型コロナとの闘いテーマに美術展作品が伝える「勇気」

    8日、ウイルスとの闘いの渦中にある医師や看護師、臨時医療施設の建設作業員らを描いた絵画。中国上海市で8日、新型コロナウイルスとの闘いをテーマとした大型美術展が開幕した。中国の芸術家らがそれぞれの視点から、14億人がウイルスに立ち向かった闘いの日々を描写した。中国で同テーマを掲げた大型芸術展が開かれるのは、オフラインでは今回が初めて。800点余りの展示作品は、上海市を中心に第一線で闘った勇士や文化芸術従事者、各界の人々が自発的に制作したビジュアルアート1万3千点余りの中から選ばれた。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月10日
    臨時医療施設だった体育館で就職フェア湖北省武漢市

    上:臨時医療施設「武昌方艙医院」の閉鎖当日、最後の退院患者49人を見送ってリラックスした様子の医療スタッフ。(3月10日撮影)下:2日、来年卒業予定の大学生向けに開かれた合同企業説明会。(組み合わせ写真)中国湖北省武漢市で新型コロナウイルス軽症患者向けの臨時医療施設として使われていた武漢洪山体育館で2日、来年卒業予定の大学生向けに合同企業説明会が開かれた。2枚の写真を比べると「武昌方艙医院」と呼ばれていた当時と違い、活気を取り戻していることがよく分かる。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月10日
    臨時医療施設だった体育館で就職フェア湖北省武漢市

    上:臨時医療施設「武昌方艙医院」が閉鎖された当時の様子。(3月10日撮影)下:2日、来年卒業予定の大学生向けに開かれた合同企業説明会。(組み合わせ写真)中国湖北省武漢市で新型コロナウイルス軽症患者向けの臨時医療施設として使われていた武漢洪山体育館で2日、来年卒業予定の大学生向けに合同企業説明会が開かれた。2枚の写真を比べると「武昌方艙医院」と呼ばれていた当時と違い、活気を取り戻していることがよく分かる。(武漢=新華社記者/費茂華、肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    武漢市の臨時医療施設「方艙医院」、全て閉鎖

    10日、武昌方艙医院の前で喜ぶ医療従事者。(小型無人機から)中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設「方艙医院」が、10日までに全て閉鎖された。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    武漢市の臨時医療施設「方艙医院」、全て閉鎖

    10日、武昌方艙医院が役割を終えて閉鎖されたことを喜ぶ医療従事者。中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設「方艙医院」が、10日までに全て閉鎖された。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    武漢市の臨時医療施設「方艙医院」、全て閉鎖

    10日、武昌方艙医院の前で喜ぶ医療従事者。中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設「方艙医院」が、10日までに全て閉鎖された。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    武漢市の臨時医療施設「武昌方艙医院」、全ての患者が退院

    10日、退院患者を見送る医療従事者。中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設「武昌方艙医院」が10日に閉鎖され、医療従事者が治療を終えた最後の患者49人を見送った。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    武漢市の臨時医療施設「武昌方艙医院」、全ての患者が退院

    10日、退院患者を見送る医療従事者。中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設「武昌方艙医院」が10日に閉鎖され、医療従事者が治療を終えた最後の患者49人を見送った。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    武漢市の臨時医療施設「武昌方艙医院」、全ての患者が退院

    10日、退院患者を見送る医療従事者。中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設「武昌方艙医院」が10日に閉鎖され、医療従事者が治療を終えた最後の患者49人を見送った。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    武漢市の臨時医療施設「方艙医院」、全て閉鎖

    10日、武昌方艙医院から手渡された記念証明書を示す医療従事者。中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設「方艙医院」が、10日までに全て閉鎖された。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    武漢市の臨時医療施設「武昌方艙医院」、全ての患者が退院

    10日、退院患者を見送る医療従事者。中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設「武昌方艙医院」が10日に閉鎖され、医療従事者が治療を終えた最後の患者49人を見送った。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    武漢市の臨時医療施設「武昌方艙医院」、全ての患者が退院

    10日、医療従事者に手を振る退院患者。中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設「武昌方艙医院」が10日に閉鎖され、医療従事者が治療を終えた最後の患者49人を見送った。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月10日
    臨時医療施設だった体育館で就職フェア湖北省武漢市

    上:臨時医療施設「武昌方艙医院」の閉鎖当日、最後の退院患者を出口まで誘導する医療スタッフ。(3月10日撮影)下:2日、来年卒業予定の大学生向けに開かれた合同企業説明会。(組み合わせ写真)中国湖北省武漢市で新型コロナウイルス軽症患者向けの臨時医療施設として使われていた武漢洪山体育館で2日、来年卒業予定の大学生向けに合同企業説明会が開かれた。2枚の写真を比べると「武昌方艙医院」と呼ばれていた当時と違い、活気を取り戻していることがよく分かる。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月10日
    臨時医療施設だった体育館で就職フェア湖北省武漢市

    上:臨時医療施設「武昌方艙医院」の閉鎖当日、最後の退院患者49人を見送って一休みする医療スタッフ。(3月10日撮影)下:2日、来年卒業予定の大学生向けに開かれた合同企業説明会。(組み合わせ写真)中国湖北省武漢市で新型コロナウイルス軽症患者向けの臨時医療施設として使われていた武漢洪山体育館で2日、来年卒業予定の大学生向けに合同企業説明会が開かれた。2枚の写真を比べると「武昌方艙医院」と呼ばれていた当時と違い、活気を取り戻していることがよく分かる。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月10日
    臨時医療施設だった体育館で就職フェア湖北省武漢市

    上:臨時医療施設「武昌方艙医院」の閉鎖当日、最後の退院患者49人を見送って一休みする医療スタッフ。(3月10日撮影)下:2日、来年卒業予定の大学生向けに開かれた合同企業説明会。(組み合わせ写真)中国湖北省武漢市で新型コロナウイルス軽症患者向けの臨時医療施設として使われていた武漢洪山体育館で2日、来年卒業予定の大学生向けに合同企業説明会が開かれた。2枚の写真を比べると「武昌方艙医院」と呼ばれていた当時と違い、活気を取り戻していることがよく分かる。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    武漢市の臨時医療施設「方艙医院」、全て閉鎖

    10日、武昌方艙医院から記念証明書を手渡される医療従事者。中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設「方艙医院」が、10日までに全て閉鎖された。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    武漢市の臨時医療施設「方艙医院」、全て閉鎖

    10日、武昌方艙医院の前で喜ぶ医療従事者。(小型無人機から)中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設「方艙医院」が、10日までに全て閉鎖された。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    武漢市の臨時医療施設「方艙医院」、全て閉鎖

    10日、武昌方艙医院の前で喜ぶ医療従事者。中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設「方艙医院」が、10日までに全て閉鎖された。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    武漢市の臨時医療施設「方艙医院」、全て閉鎖

    10日、武昌方艙医院の前で手を振る医療従事者。中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設「方艙医院」が、10日までに全て閉鎖された。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    武漢市の臨時医療施設「方艙医院」、全て閉鎖

    10日、武昌方艙医院が役割を終えて閉鎖されたことを喜ぶ医療従事者。中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設「方艙医院」が、10日までに全て閉鎖された。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    武漢市の臨時医療施設「武昌方艙医院」、全ての患者が退院

    10日、退院患者を見送る医療従事者。中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設「武昌方艙医院」が10日に閉鎖され、医療従事者が治療を終えた最後の患者49人を見送った。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月10日
    臨時医療施設だった体育館で就職フェア湖北省武漢市

    上:臨時医療施設「武昌方艙医院」の閉鎖当日、最後の退院患者49人を見送って一休みする医療スタッフ。(3月10日撮影)下:2日、来年卒業予定の大学生向けに開かれた合同企業説明会。(組み合わせ写真)中国湖北省武漢市で新型コロナウイルス軽症患者向けの臨時医療施設として使われていた武漢洪山体育館で2日、来年卒業予定の大学生向けに合同企業説明会が開かれた。2枚の写真を比べると「武昌方艙医院」と呼ばれていた当時と違い、活気を取り戻していることがよく分かる。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    武漢市の臨時医療施設「方艙医院」、全て閉鎖

    10日、武昌方艙医院の前で喜ぶ医療従事者。(小型無人機から)中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れていた臨時医療施設「方艙医院」が、10日までに全て閉鎖された。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.64
    2020年03月09日
    「新華社」11カ所の臨時医療施設が閉鎖湖北省武漢市

    中国湖北省武漢市の臨時医療施設「方艙医院」は2月5日に第1陣の患者を受け入れ、今日までの34日間に、新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者1万2千人余り受け入れた。「方艙医院」14カ所のうち、8日午後までに11カ所が閉鎖された。(記者/余国慶、潘志偉)<映像内容>新型肺炎の軽症患者を受け入れる施設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.26
    2020年03月09日
    「新華社」武漢で累計受け入れ患者数最多の臨時医療施設が閉鎖

    中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れる臨時医療施設のうち、病床数や累計の受け入れ患者数と退院者数がいずれも最多だった「江漢方艙医院」が9日、最終となった34人の退院に伴い、34日間にわたる稼働を終え、正式に閉鎖された。同医療施設は2月3日午後に改修を開始、5日午後に武漢協和医院に引き渡され、同日夜から患者を受け入れ始めた。34日間に累計1848人の患者を受け入れ、うち521人が転院、1327人が退院した。(記者/余国慶、饒饒、王斯班)<映像内容>武漢の臨時医療施設が閉鎖、撮影日:2020(令和2)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    武漢市、患者退院でスポーツセンターの臨時医療施設閉鎖

    8日、閉鎖された武漢スポーツセンターの臨時医療施設「方艙医院」で消毒・殺菌作業を行う河南省安陽市のボランティア、柴暁偉(さい・ぎょうい)さん。中国湖北省武漢市のスポーツセンターに設置された臨時医療施設「方艙医院」は最後の患者が回復し、退院したため、8日に閉鎖された。その後、同施設で大規模な消毒作業が行われた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    武漢市、患者退院でスポーツセンターの臨時医療施設閉鎖

    8日、閉鎖された武漢スポーツセンターの臨時医療施設「方艙医院」を清掃する作業員。中国湖北省武漢市のスポーツセンターに設置された臨時医療施設「方艙医院」は最後の患者が回復し、退院したため、8日に閉鎖された。その後、同施設で大規模な消毒作業が行われた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    武漢市、患者退院でスポーツセンターの臨時医療施設閉鎖

    8日、閉鎖された武漢スポーツセンターの臨時医療施設「方艙医院」の様子。中国湖北省武漢市のスポーツセンターに設置された臨時医療施設「方艙医院」は最後の患者が回復し、退院したため、8日に閉鎖された。その後、同施設で大規模な消毒作業が行われた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    武漢市、患者退院でスポーツセンターの臨時医療施設閉鎖

    8日、閉鎖された武漢スポーツセンターの臨時医療施設「方艙医院」を清掃する作業員。中国湖北省武漢市のスポーツセンターに設置された臨時医療施設「方艙医院」は最後の患者が回復し、退院したため、8日に閉鎖された。その後、同施設で大規模な消毒作業が行われた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    武漢市、患者退院でスポーツセンターの臨時医療施設閉鎖

    8日、閉鎖された武漢スポーツセンターの臨時医療施設「方艙医院」を清掃する作業員。中国湖北省武漢市のスポーツセンターに設置された臨時医療施設「方艙医院」は最後の患者が回復し、退院したため、8日に閉鎖された。その後、同施設で大規模な消毒作業が行われた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    武漢市、患者退院でスポーツセンターの臨時医療施設閉鎖

    8日、閉鎖された武漢スポーツセンターの臨時医療施設「方艙医院」を清掃する作業員。中国湖北省武漢市のスポーツセンターに設置された臨時医療施設「方艙医院」は最後の患者が回復し、退院したため、8日に閉鎖された。その後、同施設で大規模な消毒作業が行われた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    武漢市、患者退院でスポーツセンターの臨時医療施設閉鎖

    8日、閉鎖された武漢スポーツセンターの臨時医療施設「方艙医院」を清掃する作業員。中国湖北省武漢市のスポーツセンターに設置された臨時医療施設「方艙医院」は最後の患者が回復し、退院したため、8日に閉鎖された。その後、同施設で大規模な消毒作業が行われた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    武漢市、患者退院でスポーツセンターの臨時医療施設閉鎖

    8日、閉鎖された武漢スポーツセンターの臨時医療施設「方艙医院」を清掃する作業員。中国湖北省武漢市のスポーツセンターに設置された臨時医療施設「方艙医院」は最後の患者が回復し、退院したため、8日に閉鎖された。その後、同施設で大規模な消毒作業が行われた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    武漢市、患者退院でスポーツセンターの臨時医療施設閉鎖

    8日、閉鎖された武漢スポーツセンターの臨時医療施設「方艙医院」を清掃する作業員。中国湖北省武漢市のスポーツセンターに設置された臨時医療施設「方艙医院」は最後の患者が回復し、退院したため、8日に閉鎖された。その後、同施設で大規模な消毒作業が行われた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    武漢市、患者退院でスポーツセンターの臨時医療施設閉鎖

    8日、閉鎖された武漢スポーツセンターの臨時医療施設「方艙医院」を清掃する作業員。中国湖北省武漢市のスポーツセンターに設置された臨時医療施設「方艙医院」は最後の患者が回復し、退院したため、8日に閉鎖された。その後、同施設で大規模な消毒作業が行われた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    臨時医療施設の「セントラルキッチン」を訪ねて武漢市

    6日、検食を冷蔵庫に保存する従業員。記者は6日、臨時医療施設「方艙医院」に食事を提供する中国湖北省武漢市の外食企業を訪れ、同医院の「セントラルキッチン」で働く人々の姿をカメラで記録した。(武漢=新華社記者/程敏)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    臨時医療施設の「セントラルキッチン」を訪ねて武漢市

    6日、武漢市東西湖区の臨時医療施設に提供される料理。記者は6日、臨時医療施設「方艙医院」に食事を提供する中国湖北省武漢市の外食企業を訪れ、同医院の「セントラルキッチン」で働く人々の姿をカメラで記録した。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    臨時医療施設の「セントラルキッチン」を訪ねて武漢市

    6日、梱包した弁当を配膳車に載せる従業員。記者は6日、臨時医療施設「方艙医院」に食事を提供する中国湖北省武漢市の外食企業を訪れ、同医院の「セントラルキッチン」で働く人々の姿をカメラで記録した。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    武漢市の臨時医療施設1棟が閉鎖を発表

    6日、光谷科技会議展覧センターのロビーで、「光谷方艙医院」の患者と医師の代表らとビデオ通話で「明日はもっと良くなる」を歌う医療スタッフたち。中国湖北省武漢市の臨時医療施設の一つ「光谷方艙医院」の閉鎖が6日、発表された。同市の光谷科技会議展覧センターに設けられた同医院は、2月17日から正式に患者を受け入れ、治療していた。(武漢=新華社記者/陳曄華)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    武漢市の臨時医療施設1棟が閉鎖を発表

    6日、「光谷方艙医院」の患者代表がビデオ通話で医療スタッフに感謝の言葉を述べている。中国湖北省武漢市の臨時医療施設の一つ「光谷方艙医院」の閉鎖が6日、発表された。同市の光谷科技会議展覧センターに設けられた同医院は、2月17日から正式に患者を受け入れ、治療していた。(武漢=新華社記者/陳曄華)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2