KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ざん
  • しゅく
  • ちんこう
  • 令和
  • 出身
  • 埋葬
  • 大学山
  • 太史慈
  • 存在
  • 政治家

「臨淮郡」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年07月05日
    三国志の呉の名将、魯粛の墓を訪ねて江蘇省鎮江市

    5日、江蘇省鎮江市北固山の魯粛墓。魯粛(ろ・しゅく)は中国三国時代の呉の武将・政治家で、徐州臨淮郡東城県(現在の安徽省定遠県)の出身。その墓は清代まで存在し、江蘇省鎮江(ちんこう)の詩人らが度々訪れ往時をしのんだが、後の戦乱で所在がわからなくなっていた。ただ、鎮江の東の郊外にある大学山の旧「鎮江一中」(現在の鎮江市外国語学校)の校庭に魯粛の衣冠を埋葬した「衣冠墓」があったことから、1993年になってその墓を市内長江河畔の北固山(ほっこざん)に移し魯粛墓とした。呉の猛将、太史慈(たいし・じ)の墓も隣にある。(鎮江=新華社配信/周嫄)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070902511

  • 2019年07月05日
    三国志の呉の名将、魯粛の墓を訪ねて江蘇省鎮江市

    5日、江蘇省鎮江市北固山の魯粛墓。魯粛(ろ・しゅく)は中国三国時代の呉の武将・政治家で、徐州臨淮郡東城県(現在の安徽省定遠県)の出身。その墓は清代まで存在し、江蘇省鎮江(ちんこう)の詩人らが度々訪れ往時をしのんだが、後の戦乱で所在がわからなくなっていた。ただ、鎮江の東の郊外にある大学山の旧「鎮江一中」(現在の鎮江市外国語学校)の校庭に魯粛の衣冠を埋葬した「衣冠墓」があったことから、1993年にその墓を市内長江河畔の北固山(ほっこざん)に移し魯粛墓とした。呉の猛将、太史慈(たいし・じ)の墓も隣にある。(鎮江=新華社配信/周嫄)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070902524

  • 2019年07月05日
    三国志の呉の名将、魯粛の墓を訪ねて江蘇省鎮江市

    5日、江蘇省鎮江市北固山の魯粛墓。魯粛(ろ・しゅく)は中国三国時代の呉の武将・政治家で、徐州臨淮郡東城県(現在の安徽省定遠県)の出身。その墓は清代まで存在し、江蘇省鎮江(ちんこう)の詩人らが度々訪れ往時をしのんだが、後の戦乱で所在がわからなくなっていた。ただ、鎮江の東の郊外にある大学山の旧「鎮江一中」(現在の鎮江市外国語学校)の校庭に魯粛の衣冠を埋葬した「衣冠墓」があったことから、1993年にその墓を市内長江河畔の北固山(ほっこざん)に移し魯粛墓とした。呉の猛将、太史慈(たいし・じ)の墓も隣にある。(鎮江=新華社配信/周嫄)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070902553

  • 1