KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 埋葬
  • 墓園
  • がく
  • ヘクター
  • 北側
  • 天下第一
  • 岳飛
  • 戦い
  • 戦死

「臨潁県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
70
( 1 70 件を表示)
  • 1
70
( 1 70 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 南街村に立つ毛沢東像 「毛思想の村」に競争の波
    2004年02月07日
    南街村に立つ毛沢東像 「毛思想の村」に競争の波

    中国河南省臨潁県南街村の中心部「東方紅広場」の毛沢東像の前で記念撮影する村民(共同)

    商品コード: 2004020700099

  •  (6)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (6)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    楊再興墓内に立つ宋統制楊将軍祠堂記碑など東三連碑。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607315

  •  (9)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (9)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    楊再興墓の享堂内にある「宋統制楊将軍之墓」碑。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607391

  •  (2)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (2)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    楊再興墓の墓門から見た享堂。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607317

  •  (19)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (19)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    楊再興記念園の入り口。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607657

  •  (22)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (22)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    楊再興記念園にある英烈堂内の展示。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607711

  •  (21)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (21)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    楊再興記念園にある英烈堂の内部。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607701

  •  (3)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (3)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    宋金人物・武器展示ホールに展示されている宋代の武器。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607285

  •  (20)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (20)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    楊再興記念園の英烈堂内に展示された小商河出土の矢尻。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607703

  •  (24)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (24)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    小商橋のたもとにある岳飛詩詞碑刻。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607714

  •  (18)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (18)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    楊再興紀念園前のエノキの古木。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607614

  •  (1)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (1)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    楊再興墓の墓門裏側から見た門前の神道(参道)。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607191

  •  (13)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (13)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    小商橋のたもとにある楊再興像。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607530

  •  (15)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (15)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    楊再興墓の墓門の題額。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607531

  •  (11)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (11)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    小商橋。(2021年7月23日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607388

  •  (16)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (16)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    小商橋風景区にある百名将軍題詞碑廊。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607610

  •  (17)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (17)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    楊再興墓の享堂と墓碑、墳墓。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607658

  •  (5)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (5)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    宋金人物・武器展示ホールの内部。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607289

  •  (4)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (4)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    宋金人物・武器展示ホール。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607291

  •  (8)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (8)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    楊再興墓の享堂内の壁画。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607335

  •  (10)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (10)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    小商橋。(2021年7月23日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607337

  •  (12)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (12)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    小商橋風景区の入り口。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607390

  •  (7)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (7)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    楊再興墓内に立つ宋統制楊将軍祠堂記碑など東三連碑。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607316

  •  (14)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (14)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    楊再興墓の墓門前。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607609

  •  (23)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県
    2022年05月26日
    (23)宋金の古戦場「小商橋」と楊再興墓河南省臨潁県

    楊再興記念園にある英烈堂の外観。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県の県城(中心市街地)の南にある黄帝廟郷に「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。隋の開皇4(584)年に小商河(穎河故道)に建造された。南宋時代に名将・岳飛(がく・ひ)が軍を率いて金と戦い、郾城(えんじょう)の大勝利を収めた古戦場としても知られる。橋を中心とした小商橋風景区には、岳飛軍の武将、楊再興(よう・さいこう)の墓があり、地元で「楊爺(楊さま)の墓」として親しまれている。楊再興は、江西吉水(現在の江西省吉安市吉水県)の生まれ。紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬したという。墓園の広さは20ムー(約1・3ヘクタール)余りで、現存する寺廟は清代に建てられた。墓前には清代の石碑が数基あり、うち「宋統制楊将軍之墓」碑と「宋統制楊将軍墓」碑は、いずれも清代の賢吏、沈近思(しん・きんし)が碑文を撰した。廟の裏手には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「再興墳墓」の4文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052607715

  •  (17)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (17)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の石橋と享堂。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805825

  •  (1)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (1)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の碑廊。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805387

  •  (21)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (21)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館台北歴史文化展示室の展示品。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805985

  •  (8)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (8)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館に展示されている陳星聚氏の職印。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805487

  •  (13)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (13)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の生涯陳列室。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805579

  •  (16)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (16)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の聖旨石刻。陳星聚の死後、朝廷は聖旨(皇帝の命令)を出し、「三品道台(道の長官)」を追贈した。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805604

  •  (7)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (7)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館に展示されている順昌知県時代の扁額。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805484

  •  (11)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (11)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の中庭。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805565

  •  (2)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (2)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の碑廊。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805587

  •  (18)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (18)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    台北府城北門に掲げられていた「厳疆鎖鑰(げんきょうさやく)」扁額の複製品。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805826

  •  (23)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (23)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の享堂内部。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805963

  •  (9)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (9)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館に展示されている台北城建設に関する公文書。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805514

  •  (14)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (14)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の生涯陳列室。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805586

  •  (15)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (15)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の生涯陳列室。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805659

  •  (25)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (25)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の享堂内部。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805984

  •  (4)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (4)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館前の広場。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805434

  •  (10)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (10)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の牌坊(はいぼう)。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805539

  •  (12)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (12)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の青史林。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805577

  •  (22)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (22)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の享堂。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805897

  •  (5)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (5)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館周辺の様子。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805448

  •  (3)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (3)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の入口。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805433

  •  (6)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (6)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚の墓。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805459

  •  (26)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (26)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の享堂。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805986

  •  (27)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (27)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の享堂から見た牌坊(はいぼう)。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805991

  •  (19)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (19)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の台北歴史文化展示室。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805809

  •  (24)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (24)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の享堂内部。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀年館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805966

  •  (20)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市
    2022年06月08日
    (20)陳星聚紀念館を訪ねて河南省漯河市

    陳星聚紀念館の台北歴史文化展示室。(3月18日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁県台陳鎮に、清朝後期の官僚で、台湾における都市整備や中法戦争(清仏戦争)時の防衛戦に貢献した陳星聚(ちん・せいじゅ、1817~1885年)の記念館(中国語は紀念館)がある。陳星聚は台陳鎮台陳村の出身。福建省の順昌、建安、閩、仙遊、古田各県で知県(県の長官)を歴任した後、同治10(1871)年に台湾へ赴任し、淡水、漉港で同知(宋・明・清の官職の一つで、時の台湾では主に地域の内政を担当)を務めた。光緒元(1875)年に清政府が台北府を設置すると、1878年に台北知府(府の長官)になった。台湾の史料には、陳星聚が人々を率い、何もない農地の上に台北城(台北市街地)を築いたと記されている。1883~85年の中法戦争では、台湾北部の防衛に貢献した。1885年、中法戦争の講和成立からほどなくして、台北知府の任期を終えることなく69歳で死去した。遺体は故郷の臨潁県陳村に運ばれ埋葬された。地元の人々は台湾での彼の功績をたたえ、村の名前を陳村から台陳村に改めた。陳星聚紀念館は、陳星聚の墓園を拡張する形で2009年に建設された。敷地面積は1万7360平方メートルで、南北248メートル、東西70メートル。享堂(きょうどう)や石碑坊、正門、掖門(えきもん)、生涯陳列室などからなる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060805881

  •  (15)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (15)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、小商橋の全景。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309786

  •  (6)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (6)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、小商橋風景区にある楊再興記念園広場。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309838

  •  (9)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (9)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、小商橋のアーチに施された彫刻。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309810

  •  (13)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (13)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、小商橋の欄干柱に鎮座する石獅子。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309767

  •  (7)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (7)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、小商橋の欄干板に施された彫刻。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309839

  •  (1)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (1)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、小商橋の全景。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309817

  •  (12)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (12)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、小商橋のアーチに施された彫刻。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309915

  •  (4)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (4)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、小商橋のたもとに立つ「天下第一橋」の石刻。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309789

  •  (18)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (18)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、楊再興墓。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309948

  •  (5)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (5)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、小商橋のたもとにある楊再興像。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309765

  •  (2)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (2)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、小商橋の全景。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309782

  •  (16)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (16)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、楊再興記念園を散策する人たち。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309793

  •  (17)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (17)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、楊再興墓。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309936

  •  (11)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (11)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、小商橋のアーチ。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309774

  •  (3)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (3)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、小商橋の全景。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309781

  •  (10)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (10)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、小商橋の橋面。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309804

  •  (8)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (8)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、小商橋のアーチに施された彫刻。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309913

  •  (14)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県
    2023年02月03日
    (14)天下第一橋「小商橋」と宋代英雄「楊再興」河南省臨潁県

    1月23日、小商橋の欄干柱に鎮座する石獅子。中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県を流れる小商河に、「天下第一橋」と呼ばれる小商橋がある。創建は隋の開皇4(584)年で、その後も清代に至るまで幾度も修繕されてきた。全長は21・3メートルで、橋面幅は6・45メートル。中央のアーチの長さは12・14メートルで、両端に2・83メートルの小さなアーチがある。橋の主体は赤砂岩製で、中央のアーチには20個のブロックを用いている。基礎やアーチ、欄干などには歴代の精美な石細工が残る。単孔扁平アーチ空腹橋と呼ばれる構造では、世界で最も古いとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。橋を中心とした小商橋風景区には、南宋時代の将軍、岳飛(がく・ひ)配下の武将で、抗金英雄とされる楊再興(よう・さいこう)の墓がある。楊再興は紹興2(1132)年に岳飛の軍に加わり、金との戦いに身を投じたが、小商河の戦い(1140年)で無数の矢を受け戦死した。その後、小商河に軍を進めた岳飛は、腹心の死をいたみ、遺灰を小商河の北側に埋葬した。小商河の戦いは、物語や演劇となって後世に伝わり、京劇でも「小商河」は伝統演目になっている。墓園の広さは約1・3ヘクタールで、現存する寺廟は清代の建築。廟の裏には高さ6・6メートルの墳墓があり、墓前の壊れた碑には、岳飛がやりの先で刻んだと伝えられる「楊再興墳墓」の5文字がかすかに見て取れる。(漯河=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020309893

  • 1