KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 通過
  • 乗客
  • 記者
  • 切符
  • 対応
  • 投入
  • 旧正月
  • 春運
  • 流れ
  • そろばん

「自動改札機」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
63
( 1 63 件を表示)
  • 1
63
( 1 63 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1959年12月31日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    1950年代に撮影された北京駅の乗車券販売窓口の作業風景。(資料写真)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社配信/北京駅提供)=1950年代、クレジット:北京駅/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019020519558

  • 1959年12月31日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    1950年代に撮影された北京駅の乗車券販売窓口で乗車券を買い求める人々。(資料写真)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社配信/北京駅提供)=1950年代、クレジット:北京駅/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019020519365

  • 1966年01月10日
    改札を通過する乗客たち 近鉄が自動改札機を開発

    近鉄が開発した自動改札機に定期券を差し込み、数歩先で抜き取って改札口を通過する乗客たち=1966(昭和41)年1月10日

    商品コード: 1966011050002

  • 1989年10月13日
    JRが首都圏自動改札化へ

    JR京葉線舞浜駅に導入されている自動改札機

    商品コード: 2020051904188

  • 1994年06月27日
    「経済ウィークリー」 1分間に70枚を処理

    全国で1万4千台が稼働する自動改札機

    商品コード: 1994062700034

  • 1995年05月06日
    自動改札機 「キセル乗車」はお断り

    不正乗車防止のため改良される阪急電鉄の自動改札機=阪急・梅田駅(カラーネガ)

    商品コード: 1995050600008

  • 1995年09月19日
    テスト始めた自動改札機 新幹線用の自動改札機開発

    JR東日本がテスト使用を始めた新幹線用の自動改札機

    商品コード: 1995091900043

  • 1997年01月31日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    ウルムチ駅では30年余り続いた手作業で乗車情報を加えた乗車券の販売を終え、コンピューターで印字された乗車券の販売が始まった。(1997年1月撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/艾尼瓦爾)=1997(平成9)年1月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518110

  • 1998年01月07日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    昼休みを利用して河北化工学校(現在の河北化工医薬職業技術学院)を訪れ、千人近い学生に乗車券を届ける石家荘駅の職員。(1998年1月7日撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるのかもしれない。(北京=新華社記者/周文広)=1998(平成10)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518349

  • 1998年10月06日
    設置される自動改札機 新幹線全駅に自動改札機

    JR東日本が管内の新幹線全駅に設置する自動改札機

    商品コード: 1998100600108

  • 2000年12月04日
    近鉄も共通カードを導入

    近畿日本鉄道が導入を発表した「スルッとKANSAIカード」と、自動改札機で利用可能となる「近鉄回数券カード」

    商品コード: 2000120400091

  • 2001年01月12日
    公開された新改札機 ICカードで改札すいすい

    ICを内蔵したカードを上から軽く触れるだけで通れる自動改札機=12日午後、東京都渋谷区代々木のJR東日本本社

    商品コード: 2001011200093

  • 2001年04月08日
    ICカード出改札機 カード軽く触れ改札OK

    IC内蔵のカードを触れるだけで通れる自動改札機=8日午前、JR赤羽駅

    商品コード: 2001040800027

  • 2001年11月18日
    IC定期と自動改札機 触れるだけで「スイスイ」

    自動改札機に触れるだけで通れるIC内蔵カードの定期券「スイカ」=18日午前、JR新宿駅

    商品コード: 2001111800006

  • 2002年07月17日
    携帯電話で通れる改札機 オムロンが新型自動改札機

    オムロンが開発した、携帯電話やPHSを定期券代わりに使える次世代型の自動改札機=17日、東京都江東区の展示会場

    商品コード: 2002071700173

  • 2003年01月22日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    広東省東莞市の三和塑膠製品有限公司で、南昌鉄路局「春運」(中国で旧正月の前後に生じる大規模な帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)サービスグループから届けられた春節後の復路乗車券を手に笑顔を見せる江西省上饒市出身の張雲英(ちょう・うんえい)さん(手前左)。(2003年1月22日撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/陳春園)=2003(平成15)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518348

  • 2003年12月19日
    「モバイルSuica」 携帯電話で自動改札通過

    自動改札機にかざされる「モバイルSuica」の携帯電話=19日午後、東京・芝浦

    商品コード: 2003121900213

  • 2004年02月23日
    出社するJR東日本社員 “改札”通って出社

    自動改札機そっくりの入館ゲートを通り出社するJR東日本の社員=23日午前、東京・代々木

    商品コード: 2004022300037

  • 2004年04月03日
    自動改札機の体験コーナー 科学館で駅の自動改札体験

    名古屋市科学館に設置された自動改札機を通る体験コーナー=3日午後、名古屋市中区

    商品コード: 2004040300217

  • 2004年08月26日
    まほうの道具で生活変わる

    電車の自動改札機だってけい帯電話でOK=東京・霞が関の「INFORIUM」

    商品コード: 2004082600199

  • 2005年02月22日
    モバイルSuica 携帯電話で改札通り抜け

    駅の自動改札機に携帯電話をかざして通る「モバイルSuica(スイカ)」

    商品コード: 2005022200215

  • 2005年07月11日
    KDDIの新サービス 携帯電話を定期代わりに

    携帯電話をかざすと自動改札機を通り抜けることができるKDDIの新サービスのデモンストレーション=11日、東京都千代田区のホテル

    商品コード: 2005071100266

  • 2007年01月05日
    自動改札通る子供 台湾新幹線が開業

    台湾高速鉄道の一番列車に乗るため、自動改札機を通る子供=5日午前、台北県の板橋駅(共同)

    商品コード: 2007010500022

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年02月06日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    出稼ぎ労働者の団体予約を受け、済南高新区の建設現場で乗車券を手渡す済南駅の職員(右端)。(2007年2月6日)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/徐速絵)=2007(平成19)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518108

  • 2007年02月18日
    パスモで改札を通る実験 パスモ利用の実験を公開

    公開された、ICカード乗車券「PASMO(パスモ)」でJRの自動改札機を通る実験=18日午後、さいたま市のJR大宮駅

    商品コード: 2007021800055

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年02月28日
    切符を回収する駅員 JR大阪駅で大規模停電

    JR大阪駅構内の停電で自動改札機が使えず、バケツできっぷを回収する駅員(左端)=28日午後1時50分

    商品コード: 2007022800212

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年10月12日
    素通りする乗客 首都圏で自動改札故障

    自動改札機にトラブルが発生し、改札口を素通りする乗客=12日午前7時31分、JR東京駅

    商品コード: 2007101200006

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年10月12日
    頭を下げる柏倉常務 首都圏で自動改札ストップ

    自動改札機のトラブルで記者会見し、頭を下げる日本信号の柏倉光行常務執行役員=12日午後、東京・丸の内

    商品コード: 2007101200247

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年10月12日
    故障中の自動改札機 首都圏で自動改札故障

    トラブルが発生した都営三田線大手町駅の自動改札機=12日午前7時

    商品コード: 2007101200004

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年10月12日
    改札を通過する乗客 首都圏で自動改札トラブル

    自動改札機にトラブルが発生し、開放された改札を通過する乗客=12日午前7時35分、JR渋谷駅

    商品コード: 2007101200020

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年10月12日
    夜のJR新橋駅 首都圏各駅におわびを掲示

    トラブルは復旧したものの、東京・JR新橋駅では自動改札機を通らず職員のいる改札口を使う乗客も見られた=12日夜

    商品コード: 2007101200253

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年10月12日
    改札を素通りする乗客 首都圏で自動改札トラブル

    自動改札機にトラブルが発生し、駅員の案内で改札を素通りする乗客=12日午前8時11分、JR渋谷駅

    商品コード: 2007101200011

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年10月12日
    フリー入場の案内板 首都圏で自動改札故障

    自動改札機にトラブルが発生し、改札口付近に設置された「フリー入場中です」と書かれた案内板=12日午前7時5分、都営三田線大手町駅

    商品コード: 2007101200005

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年10月12日
    改札通る乗客 首都圏で自動改札トラブル

    自動改札機のトラブルで、開放された改札を通過する乗客=12日午前、JR横浜駅

    商品コード: 2007101200024

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年10月12日
    柏倉光行常務執行役員 「私どもに責任」と謝罪

    自動改札機のトラブルについて、記者の質問に答える日本信号の柏倉光行常務執行役員=12日午前9時40分ごろ、東京・丸の内

    商品コード: 2007101200060

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年10月12日
    おわびの張り紙 首都圏各駅におわびを掲示

    自動改札機が始発から起動しなくなったトラブルで、東京・JR新橋駅の改札口付近に掲示されたおわびの張り紙=12日午後

    商品コード: 2007101200213

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年10月12日
    おわびの張り紙 首都圏各駅におわびを掲示

    自動改札機が始発から起動しなかったトラブルで、改札口付近に掲示されたおわびの張り紙=12日午後、東京・JR新橋駅

    商品コード: 2007101200218

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年10月12日
    記者会見する柏倉常務 首都圏で自動改札ストップ

    自動改札機のトラブルで記者会見する日本信号の柏倉光行常務執行役員=12日午後、東京・丸の内

    商品コード: 2007101200248

  • 2007年10月29日
    故障した改札機 新大阪駅の改札機故障

    故障したJR新大阪駅の新幹線中央入り口の自動改札機=29日午前9時6分

    商品コード: 2007102900025

  • 2008年02月25日
    改札機正面のペーパー広告 自動改札に電子ペーパー

    自動改札機の正面に設置された電子ペーパー広告(中央下)=東京・JR恵比寿駅

    商品コード: 2008022500226

  • 2011年01月06日
    当初は定期専用 自動改札機が登場

    1966(昭和41)年1月10日、近鉄と立石電機(現オムロン)が定期券の自動改札機の開発を発表(写真)。世界でも例を見ない装置は、連絡定期券が多かった国鉄の同意を得られずに断念。代わって翌年、阪急が北千里駅を皮切りに本格的に設置した。定期券専用なのに誤って切符を投入する客が続出した。

    商品コード: 2011010600133

  • 2011年01月09日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    2011年1月9日、上海駅北広場の「春運」(中国で旧正月の前後に生じる大規模な帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)乗車券の「大規模売り場」が130カ所の販売窓口を開設。春節輸送体制初日の乗車券発売を開始した。「大規模売り場」で乗車券を買う乗客。新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/裵鑫)=2011(平成23)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518287

  • 2011年01月17日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    乗客が合肥駅の自動販売機で乗車券を取る様子。(2011年1月17日撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/李健)=2011(平成23)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518283

  • 2011年01月19日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    広州南駅の改札を通る乗客(2011年1月19日撮影)。新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/陳曄華)=2011(平成23)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518277

  • 2012年01月07日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    重慶北駅の乗車券販売窓口で「春運」(中国で旧正月の前後に生じる大規模な帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)乗車券を購入する乗客(2012年1月7日撮影)。新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/李健)=2012(平成24)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518022

  • 2012年12月20日
    上野・浅草間を約5分 日本最初の地下鉄開業

    1927(昭和2)年12月30日、日本で最初の地下鉄、東京地下鉄道が営業する上野―浅草間(2・2キロ)が開業した。現在の東京メトロ銀座線。運賃の10銭貨を入れると回転する自動改札機もあった。アジアでも初めてで皇族や鉄道大臣、各界名士が前日に試乗。物珍しさから初日は4万人の乗客で混み合った。

    商品コード: 2012122000190

  • 2014年12月24日
    改札を通過するひとたち 立石電機が自動改札機開発

    立石電機(現オムロン)が近鉄と共同開発し、この年の3月から実証実験されることになった定期券専用自動改札機。定期券を差し込み、数歩先で抜き取って改札口を通過する仕組みだったが、国鉄の連絡定期券との調整がうまくいかず、結果的に導入が見送られた=1966(昭和41)年1月10日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第5巻使用画像(P78)

    商品コード: 2014122400266

  • 2016年04月21日
    改札機の仕組み見る子ども GWに出発進行

    「切符って、どこ通るん?」。透明のカバーで、内部の仕組みが分かる自動改札機に子どもたちは興味津々

    商品コード: 2016042100514

  • 2018年05月08日
    中国高速鉄道、世界に持続可能な発展のソリューションを提供

    8日、世界高速鉄道会議で中国の自動改札機を体験する来場者。国際鉄道連合(UIC)とトルコ国家鉄道局(TCDD)が共催する第10回UIC世界高速鉄道会議・貿易展が8日、トルコのアンカラで始まった。同会議のテーマは「競争力の共有と持続可能な発展」で、世界各地から千人以上の出展企業関係者や業界関係者、来場者が訪れた。その中で、中国中鉄や中国鉄建、中車などの中国大手企業のブースがひときわ高い注目を集めた。(アンカラ=新華社記者/秦彦洋)=2018(平成30)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051000398

  • 2019年01月21日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    鄭州駅で「顔認証」で駅に入る乗客(2019年1月21日撮影)。新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/李安)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518241

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:52.47
    2019年01月25日
    「新華社」スマートサービスで「ハイテク」春運を体験内モンゴル自治区

    顔認証による入場システム、自動改札機、セルフサービスの無人券売機、微信(ウィーチャット)や支付宝(アリペイ)によるオンライン決済、無人スーパーなど、今年の「春運」(旧正月の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送態勢)はいたるところにテクノロジーが導入されている中国内モンゴル自治区中西部地区の各鉄道駅では、スマート化した利用者視点に立った取り組みが随所に見られる。今年の「春運」に備え、同自治区では各主要駅に実名制本人確認自動改札機を設置、乗客は身分証を持って「顔認証システム」を通り駅構内に入ることができる。各駅ではスマートロボットによる案内サービスも導入されており、いかなる問い合わせにも対応できるスマートガイドとして、かわいいロボットが広報・案内、旅行情報の提供を行っている。フフホトや包頭など12の主要バスターミナルでは、発券所や待合室など人の流れが集中するエリアに、黄色い帽子とベストを着用した「ミツバチ」と呼ばれるボランティアの姿が見られる。彼らは待合室や発券所、ホーム上で、高齢者や妊婦の代わりに重い荷物を持ったり子どもを抱いたりするほか、農民工(出稼ぎ農民)の切符購入や乗り換え案内の手助けも行っている。(記者/張晟)<映像内容>スマート化された中国の鉄道駅の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500884

  • 2019年01月25日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    山東省青島市の鉄道ファン、陳天豪(ちん・てんごう)さんが所蔵する1979年の乗車券。(2019年1月25日撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/李紫恒)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518280

  • 2019年01月30日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    G1206号高速列車で、列車長の張悦(ちょう・えつ)さん(左)が乗客の精算手続きをしている。(2019年1月30日撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/王松)=2019(平成31)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518258

  • 2019年09月05日
    京雄都市間鉄道の北京区間、試験運行開始

    5日、京雄都市間鉄道の顔認証機能付き自動改札機。中国のスマート高速鉄道の代表的プロジェクトの一つ、北京と河北省雄安新区を結ぶ京雄(けいゆう)都市間鉄道の北京区間が5日、27日間の調整検査を終え、開業前の最後の準備となる試験運行の段階に入った。同鉄道の設計時速は250キロで、北京西駅と大興空港駅を最短20分余りで結ぶ。(北京=新華社配信/孫立君)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900446

  • 2019年11月08日
    カード改札機にかざす女性 社員証で鉄道乗れます

    システムの実証実験で電子マネーカードを福井鉄道清明駅の簡易自動改札機にかざす女性=8日午後、福井市

    商品コード: 2019110803447

  • 02:18.13
    2019年12月09日
    顔認証の改札機導入へ 大阪メトロ2024年度目指す

    大阪メトロが顔認証技術を用いた次世代改札機を報道各社に公開した。事前に顔写真を登録すれば、ICカードや磁気券を使わないチケットレスで利用が可能。実証実験を経て2024年度の全駅導入を目指す。<映像内容>顔認証の次世代改札機の物撮り、実験が公開された大阪メトロのドーム前千代崎駅雑観、従来の自動改札機の物撮り、大阪メトロ社員による顔認証の改札機の通過実験の様子、大阪メトロ電気ネットワーク課駅務システム計画担当の井手貴大(いで・たかひろ)さんのインタビュー、両手に荷物を持ったままゲートを通過できる様子、マスクを付けたままでは顔が認識できずゲートが開かない様子など、撮影日:2019(令和元)年12月9日、撮影場所:大阪市西区

    商品コード: 2019121003502

  • 02:14.60
    2020年03月09日
    高輪ゲートウェイ駅公開 「未来の駅」間もなく誕生

    JR東日本は9日、山手線で30番目の新駅として、品川―田町間に14日開業する高輪ゲートウェイ駅の内部を報道関係者に公開した。構内は最新技術を活用した設備がめじろ押しで、同社は「未来の駅」を体感してほしいとアピールしている。駅には、周辺施設や路線の乗り換えを人工知能(AI)で案内できるロボットや、店員がおらずカメラが商品を認識して決済できる無人店舗が登場。車いすの人や子どもがICカードをタッチしやすいよう読み取り部が斜めで、QRコードでも通過できる新型の自動改札機も試験導入し、実用性を検証する。<映像内容>外観や内部の雑観、無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」、サービスロボットや新型の自動改札機、JR東日本事業創造本部の三輪美恵部長インタビュー、撮影日:2020(令和2)年3月9日、撮影場所:東京都港区の高輪ゲートウェイ駅

    商品コード: 2020031000014

  • 2020年06月19日
    消毒する駅員 移動解禁、にぎわい回復へ

    自動改札機を消毒する駅員=19日午前、JR東京駅

    商品コード: 2020061902707

  • 2020年09月09日
    自動改札機の実証試験 スイカなくてもすいすい?

    JR新宿駅で行われたQRコードをかざすと通過できる新しい自動改札機の実証試験=9日午前(画像の一部を加工しています)

    商品コード: 2020090903765

  • 2020年09月09日
    自動改札機の実証試験 スイカなくてもすいすい?

    JR新宿駅で行われたQRコードをかざすと通過できる新しい自動改札機の実証試験=9日午前

    商品コード: 2020090903778

  • 2020年10月26日
    パキスタン初の地下鉄「オレンジライン」が運営開始

    26日、乗客に自動改札機の使い方を教える駅員。パキスタン・パンジャブ州の州都ラホールで25日、同国初の地下鉄路線「オレンジライン」が開通し、公共交通機関の新たな幕が上がった。中国国家鉄路集団と中国北方工業が共同で建設を請け負った同プロジェクトは、中国・パキスタン経済回廊(CPEC)のアーリーハーベスト(早期収穫)プロジェクトの一つ。(ラホール=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020103005773

  • 2020年10月26日
    パキスタン初の地下鉄「オレンジライン」が運営開始

    26日、地下鉄「オレンジライン」の自動改札機を通過する学生。パキスタン・パンジャブ州の州都ラホールで25日、同国初の地下鉄路線「オレンジライン」が開通し、公共交通機関の新たな幕が上がった。中国国家鉄路集団と中国北方工業が共同で建設を請け負った同プロジェクトは、中国・パキスタン経済回廊(CPEC)のアーリーハーベスト(早期収穫)プロジェクトの一つ。(ラホール=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020103005752

  • 2021年11月04日
    新自動改札機の実証実験 自動改札機、どう変わる?

    QRコードをかざすと通過できる新しい自動改札機の実証実験=2020年9月、JR新宿駅(画像の一部を加工しています)

    商品コード: 2021110407846

  • 1