KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 自動
  • チンマイ
  • 一括
  • 世界初
  • 中山市
  • 定位
  • 投下
  • 配信
  • 全長

「自動船位保持」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  世界初の沈埋トンネル建設専用船が引き渡し広東省広州市
    2019年09月26日
    世界初の沈埋トンネル建設専用船が引き渡し広東省広州市

    26日、広州市南沙区の竜穴島に停泊する「一航津安1」号。中国広東省交通集団は28日、同省深圳市と中山市を橋やトンネルで結ぶ「深中通道」の建設で中核的な役割を担う作業船「一航津安1」号の引き渡しが広州市で行われたことを明らかにした。同船は、沈埋函(ちんまいかん)と呼ばれる事前に地上で作ったトンネル構造体の浮上移動や定位、投下、埋設などを一括で行える世界初の専用船で、自動船位保持システム(DPS)やルートトラッキング機能を備えている。(広州=新華社配信/広東省交通集団提供)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:広東省交通集団/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101896

  •  世界初の沈埋トンネル建設専用船が引き渡し広東省広州市
    2019年09月26日
    世界初の沈埋トンネル建設専用船が引き渡し広東省広州市

    26日、広州市南沙区の竜穴島に停泊する「一航津安1」号。中国広東省交通集団は28日、同省深圳市と中山市を橋やトンネルで結ぶ「深中通道」の建設で中核的な役割を担う作業船「一航津安1」号の引き渡しが広州市で行われたことを明らかにした。同船は、沈埋函(ちんまいかん)と呼ばれる事前に地上で作ったトンネル構造体の浮上移動や定位、投下、埋設などを一括で行える世界初の専用船で、自動船位保持システム(DPS)やルートトラッキング機能を備えている。(広州=新華社配信/広東省交通集団提供)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:広東省交通集団/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101867

  •  世界初の沈埋トンネル建設専用船が引き渡し広東省広州市
    2019年09月26日
    世界初の沈埋トンネル建設専用船が引き渡し広東省広州市

    26日、広州市南沙区の竜穴島に停泊する「一航津安1」号。中国広東省交通集団は28日、同省深圳市と中山市を橋やトンネルで結ぶ「深中通道」の建設で中核的な役割を担う作業船「一航津安1」号の引き渡しが広州市で行われたことを明らかにした。同船は、沈埋函(ちんまいかん)と呼ばれる事前に地上で作ったトンネル構造体の浮上移動や定位、投下、埋設などを一括で行える世界初の専用船で、自動船位保持システム(DPS)やルートトラッキング機能を備えている。(広州=新華社配信/広東省交通集団提供)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:広東省交通集団/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101868

  •  「新華社」世界初の沈埋トンネル建設専用船が引き渡し広東省広州市
    00:51.62
    2019年09月28日
    「新華社」世界初の沈埋トンネル建設専用船が引き渡し広東省広州市

    中国広東省交通集団は28日、同省深圳市と中山市を橋やトンネルで結ぶ「深中通道」の建設で中心的役割を担う作業船「一航津安1」号の引き渡しが広州市で行われたことを明らかにした。同船は、沈埋函(ちんまいかん)と呼ばれる事前に地上で作ったトンネル構造体の浮上移動や定位、投下、埋設などを一括で行える世界初の専用船で、自動船位保持システム(DPS)やルートトラッキング機能を備えている。「深中通道」は粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)で建設中の海峡横断道路で、長さ約24キロメートル、2024年の竣工・開通を見込む。沈埋トンネルの全長は6・8キロで、世界で初めて8車線(片側4車線)の「超広幅員」鋼殻コンクリート製沈埋函を使用する。超大型サイズの各沈埋函の正確な設置は、海底トンネル建設で最も重要かつ困難な部分とされており、同船は沈埋函の輸送と設置に不可欠な中核設備となる。同船の開発は、深中通道管理センターが主体となり、中交第一航務工程局が企画、上海振華重工(集団)が設計、中船黄埔文沖船舶が施工をそれぞれ担当した。完全な独自知的財産権を持ち、既に中国国内の特許を取得し、国際特許の出願も行っている。(記者/田建川)<映像内容>世界初の沈埋トンネル建設専用船の様子、撮影日:2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206557

  •  「新華社」測位システム「北斗」搭載の設標船、南中国海航海保障センターに配備
    00:50.02
    2020年07月22日
    「新華社」測位システム「北斗」搭載の設標船、南中国海航海保障センターに配備

    中国の設標船「海巡173」号が22日、交通運輸部南中国海航海保障センター広州航標処に正式配備された。同船は排水量2228トンと大型で、中国の交通運輸システムのうち南中国海海区で最も先進的な装備を備えた船となっており、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)および南中国海海区におけるブイの設置と保守・整備に充てられる。全長73・3メートル、幅14メートル、設計速度15ノット、航続距離5千カイリで、自動船位保持機能「DP-1」を備えている。衛星測位システム「北斗」を搭載し、北斗地上強化システムから送信される差動補正信号を受信することで、測位精度を1メートル以内に抑えることが可能。「北斗」ショートメッセージ通信機能もサポートしており、船舶の静的・動的データを船舶管理プラットフォームに伝送することもできる。同船はまた、中国の西沙・南沙群島水域の灯台や灯浮標(照明機能を備えたブイ)、ブイなどの航路標識を重点的に巡回検査・整備することで、南中国海における航行への保障能力を向上させる。(記者/田建川)<映像内容>中国の設標船が南中国海航海保障センターに配備、撮影日:2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072905539

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2024年01月31日
    中国、救助船「南海救103」を配備

    救助船「南海救103」。(資料写真)中国交通運輸部で海難救助を担当する救助打撈局は30日、南海救助局所属の満載排水量1万9千トンの総合救助船「南海救103」を配備したと明らかにした。救助打撈局の担当者によると、中国が独自に設計、建造した高出力・多機能の深海・遠洋総合救助船で、全長136・9メートル、型幅26・7メートル、型深さ11メートル、設計喫水6・5メートル、ポラードプル(曳航力)350トン、航続力1万6千カイリ。自給能力は90日に上る。海上での遭難者の捜索・救助や深海・遠洋で航行不能になった船のえい航・救助、海と空からの立体的な捜索・救助支援、消防・消火、緊急救助、情報伝送・緊急指揮、油流出汚染モニタリングなどの機能を備えるほか、自動船位保持システム(DPS)を装備し、大・中型救助ヘリの搭載が可能。6千メートル級自律型無索潜水機と深海えい航システムを持つ。(北京=新華社配信)= 配信日: 2024(令和6)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024013113342

  • 1