KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • しゅう
  • とうき
  • ベース
  • 戻し交配
  • 江西農業大学
  • 組み換え
  • 遺伝子
  • 開発
  • 南昌
  • 令和

「自家受粉」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
19
( 1 19 件を表示)
  • 1
19
( 1 19 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2010年07月14日
    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認

    ショウガ科の「距薬姜」の花序。(2010年7月14日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2010(平成22)年7月14日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400630

  • 2012年10月29日
    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認

    乾燥している時の距薬姜の花の内部。写真から、花の柱頭やおしべの葯(やく)の位置、顆粒状の花粉が確認できる。(2012年10月29日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2012(平成24)年10月29日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400573

  • 2012年10月29日
    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認

    雨に濡れた後の距薬姜の花の内部。花粉がおしべの葯で発芽した後の糸状の構造が確認できる。(2012年10月29日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2012(平成24)年10月29日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400572

  • 2013年11月15日
    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認

    無数の花粉管が花柱に入り、最終的に胚珠に到達して受精する様子。(2013年11月15日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2013(平成25)年11月15日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400636

  • 2019年03月27日
    黄色だけじゃない、38色の菜の花が彩る春江西省

    付東輝教授率いるチームが開発した、色彩豊かな菜の花。(2019年3月27日撮影)中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームが開発した菜の花には、鮮やかな黄色だけでなくピンクや紫、深紅、黄褐色など38種類もの色がある。色とりどりの菜の花は、美しい春にさらに彩りを添えている。付教授によると、これらの色彩豊かな菜の花は四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースとしている。花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、色数を増やしている。(南昌=新華社配信)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702435

  • 2019年03月27日
    黄色だけじゃない、38色の菜の花が彩る春江西省

    付東輝教授率いるチームが開発した、色彩豊かな菜の花。(2019年3月27日撮影)中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームが開発した菜の花には、鮮やかな黄色だけでなくピンクや紫、深紅、黄褐色など38種類もの色がある。色とりどりの菜の花は、美しい春にさらに彩りを添えている。付教授によると、これらの色彩豊かな菜の花は四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースとしている。花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、色数を増やしている。(南昌=新華社配信)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702434

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月11日
    岡山県総社市福谷 希望の花咲く 夢白桃 岡山・総社

    西日本豪雨の浸水被害を乗り越え、開花した桃畑で人工授粉の作業に励む剣持さん=総社市福谷。西日本豪雨で浸水被害に遭った総社市福谷の畑で、桃の花が咲き誇っている。被災後も諦めず手入れをしてきた生産者は喜びつつ、甘い桃をたくさん実らせようと、人工授粉の作業に汗を流している。剣持雅さん(43)=同所=は昨年7月の豪雨で高梁川沿いの桃畑約60アールが浸水。桃の木が流されたり、実が水に漬かったりして収穫を間近に控えた桃の多くが出荷できなかった。その後、桃畑には肥料を与えるなどしてきたが、水に漬かった影響は分からず、祈るような気持ちで春を迎えた。4月に入って濃いピンクの花が次々と咲き始めた時には「本当にほっとした」と話す。11日には、花粉を持たず自家受粉できない「おかやま夢白桃」の花に、他品種から採取した花粉を散布機で吹き付けていった。剣持さんは「今のところ、生育は順調。丹精した桃を消費者に届けたい」と意気込む。夢白桃は7月下旬ごろに収穫期を迎える。=2019(平成31)年4月11日、岡山県総社市福谷、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041508101

  • 2020年02月27日
    黄色だけじゃない、38色の菜の花が彩る春江西省

    付東輝教授率いるチームが開発した、色彩豊かな菜の花。(2月27日撮影)中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームが開発した菜の花には、鮮やかな黄色だけでなくピンクや紫、深紅、黄褐色など38種類もの色がある。色とりどりの菜の花は、美しい春にさらに彩りを添えている。付教授によると、これらの色彩豊かな菜の花は四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースとしている。花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、色数を増やしている。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702458

  • 2020年03月02日
    黄色だけじゃない、38色の菜の花が彩る春江西省

    2日、付東輝教授率いるチームが開発した、色彩豊かな菜の花。中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームが開発した菜の花には、鮮やかな黄色だけでなくピンクや紫、深紅、黄褐色など38種類もの色がある。色とりどりの菜の花は、美しい春にさらに彩りを添えている。付教授によると、これらの色彩豊かな菜の花は四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースとしている。花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、色数を増やしている。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702431

  • 2020年03月02日
    黄色だけじゃない、38色の菜の花が彩る春江西省

    2日、付東輝教授率いるチームが開発した、色彩豊かな菜の花。中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームが開発した菜の花には、鮮やかな黄色だけでなくピンクや紫、深紅、黄褐色など38種類もの色がある。色とりどりの菜の花は、美しい春にさらに彩りを添えている。付教授によると、これらの色彩豊かな菜の花は四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースとしている。花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、色数を増やしている。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702433

  • 2020年03月05日
    黄色だけじゃない、38色の菜の花が彩る春江西省

    5日、付東輝教授率いるチームが開発した、色彩豊かな菜の花。中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームが開発した菜の花には、鮮やかな黄色だけでなくピンクや紫、深紅、黄褐色など38種類もの色がある。色とりどりの菜の花は、美しい春にさらに彩りを添えている。付教授によると、これらの色彩豊かな菜の花は四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースとしている。花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、色数を増やしている。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702388

  • 2020年03月16日
    黄色だけじゃない、38色の菜の花が彩る春江西省

    付東輝教授率いるチームが開発した、色彩豊かな菜の花。(資料写真)中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームが開発した菜の花には、鮮やかな黄色だけでなくピンクや紫、深紅、黄褐色など38種類もの色がある。色とりどりの菜の花は、美しい春にさらに彩りを添えている。付教授によると、これらの色彩豊かな菜の花は四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースとしている。花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、色数を増やしている。(南昌=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702413

  • 01:10.06
    2020年03月16日
    「新華社」黄色だけじゃない、38色の菜の花が彩る春江西省

    菜の花と聞くと、たいていの人が黄色の花を思い浮かべるだろう。しかし、中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームが開発した菜の花には、鮮やかな黄色だけでなくピンクや紫、深紅、黄褐色など38種類もの色がある。色とりどりの菜の花は、美しい春にさらに彩りを添えている。付教授によると、これらの色彩豊かな菜の花は四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースとしている。花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、色数を増やしている。(記者/彭菁)<映像内容>色鮮やかな菜の花の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032303309

  • 2021年03月03日
    春の畑を彩る45色の菜の花江西省

    3日、江西農業大学の敷地内に咲き誇る色鮮やかな菜の花。中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームはこのほど、四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースに、花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、赤や紫、パステルイエロー、クリームなど45種類の色を持つ菜の花を開発した。観賞価値が高い菜の花は、各地に経済効果をもたらすとともに、油や料理、ビスケット、化粧品などの原料としても、幅広く利用されている。(南昌=新華社記者/余剛)=配信日:2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030807626

  • 2021年03月05日
    (3)春の畑を彩る45色の菜の花江西省

    江西省安義県鼎湖(ていこ)鎮の試験畑を彩る菜の花。(資料写真)中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームはこのほど、四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースに、花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、赤や紫、パステルイエロー、クリームなど45種類の色を持つ菜の花を開発した。観賞価値が高い菜の花は、各地に経済効果をもたらすとともに、油や料理、ビスケット、化粧品などの原料としても、幅広く利用されている。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030512445

  • 2021年03月05日
    (4)春の畑を彩る45色の菜の花江西省

    2日、菜の花畑で学生を指導する付東輝教授。中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームはこのほど、四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースに、花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、赤や紫、パステルイエロー、クリームなど45種類の色を持つ菜の花を開発した。観賞価値が高い菜の花は、各地に経済効果をもたらすとともに、油や料理、ビスケット、化粧品などの原料としても、幅広く利用されている。(南昌=新華社記者/余剛)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030512457

  • 2021年03月05日
    (1)春の畑を彩る45色の菜の花江西省

    付東輝教授率いるチームが開発したカラフルな菜の花。(資料写真、組み合わせ写真)中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームはこのほど、四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースに、花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、赤や紫、パステルイエロー、クリームなど45種類の色を持つ菜の花を開発した。観賞価値が高い菜の花は、各地に経済効果をもたらすとともに、油や料理、ビスケット、化粧品などの原料としても、幅広く利用されている。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030512460

  • 00:50.75
    2021年03月05日
    「新華社」春の畑を彩る45色の菜の花江西省

    中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームはこのほど、四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースに、花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、赤や紫、パステルイエロー、クリームなど45種類の色を持つ菜の花を開発した。観賞価値が高い菜の花は、各地に経済効果をもたらすとともに、油や料理、ビスケット、化粧品などの原料としても、幅広く利用されている。(記者/余剛)=配信日:2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030807644

  • 2021年03月05日
    (5)春の畑を彩る45色の菜の花江西省

    付東輝教授率いるチームが開発したカラフルな菜の花。(資料写真)中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームはこのほど、四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースに、花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、赤や紫、パステルイエロー、クリームなど45種類の色を持つ菜の花を開発した。観賞価値が高い菜の花は、各地に経済効果をもたらすとともに、油や料理、ビスケット、化粧品などの原料としても、幅広く利用されている。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030512455

  • 1