KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 伝統
  • 歴史
  • ムー
  • ラサ
  • 人々
  • 収入
  • 同地
  • 村民

「自家醸造」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1994年01月25日
    地ビール解禁派が推進集会

    自家醸造の解禁を求め開かれた地ビールを実現させる会=25日午後、東京・九段南の九段会館

    商品コード: 1994012500081

  • 1995年08月07日
    広がる酒の手作り

    ビールを手作りする都内の主婦。家庭での自家醸造が広がっている

    商品コード: 1995080700114

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年06月29日
    「酒税法守り楽しんで」

    自家醸造の主な注意点

    商品コード: 2017062900022

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年06月29日
    「酒税法守り楽しんで」

    自家醸造の主な注意点

    商品コード: 2017062900021

  • 02:03.99
    2018年10月17日
    「新華社」新酒を醸し豊作を祝う莪山ショオ郷の「開酒式典」

    中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県莪山(がざん)ショオ族郷で17日、第2回紅麹酒開酒式典が開催された。まず、一隊の村民がささげ物にする牛・羊・豚を担ぎ、もち米で作った菓子、線香やろうそくなど運んで来る。また一隊の村民はのぼりや先祖の肖像を担ぎ、銅鑼や太鼓の演奏、祝砲が鳴り響くのに合わせて、進行係の道案内の下、厳粛に祭壇へと向かう。赤麹ともち米を原料とした紅麹酒はショオ族の伝統的な飲料で、その製法にはすでに500年以上の歴史がある。毎年秋冬の季節になると、ショオ族の家々では紅麹酒の自家醸造を始める。招待客を接待するのに使うためだ。今日に至るまで、紅麹酒はショオ族の生活の各方面に溶け込んでおり、莪山ショオ族郷に表情豊かな酒どころの風情をもたらしている。(記者/王懌文)<映像内容>第2回紅麹酒開酒式典の様子、撮影日:2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102214477

  • 2019年06月03日
    赤ワインの里チベット自治区ナシ民族郷を訪ねて

    3日、ワインを自家醸造するチベット自治区チャムド市マルカム県ナシ民族郷の住民。中国チベット自治区チャムド(昌都)市マルカム(芒康)県ナシ(納西)民族郷では、伝統的な自然発酵による赤ワイン造りが盛んだ。同地の赤ワイン造りの歴史は、19世紀にさかのぼることができる。マルカム県はワイン造りを重点産業として支援し、1万ムー(約666ヘクタール)以上のブドウ栽培拠点を建設してきた。支援により地元住民のブドウ栽培に対する積極性が高まり、人々の収入増につながっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205552

  • 2019年06月03日
    赤ワインの里チベット自治区ナシ民族郷を訪ねて

    3日、自家醸造したワインを見せるチベット自治区チャムド市マルカム県ナシ民族郷の住民。中国チベット自治区チャムド(昌都)市マルカム(芒康)県ナシ(納西)民族郷では、伝統的な自然発酵による赤ワイン造りが盛んだ。同地の赤ワイン造りの歴史は、19世紀にさかのぼることができる。マルカム県はワイン造りを重点産業として支援し、1万ムー(約666ヘクタール)以上のブドウ栽培拠点を建設してきた。支援により地元住民のブドウ栽培に対する積極性が高まり、人々の収入増につながっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205581

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月25日
    (10)「空洞村」が人気観光スポットに変身江蘇省

    18日、自家醸造のサツマイモ酒を紹介する溧陽市上興鎮牛馬塘村の村民。中国江蘇省溧陽(りつよう)市上興鎮の牛馬塘村はかつて、多くの若い世代が出稼ぎに行ったため、高齢者だけが残った典型的な「空洞村」となっていた。同村は2017年、同省初の特色ある省級田園農村建設のモデル村となり、良好な生態環境を最大限に活用して村を科学的に計画、整備し、農村観光と特徴的な産業開発を組み合わせた農業と観光の融合的発展への道を歩み始めた。現在では活力あふれる村に生まれ変わり、人気の観光スポットとなっている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052505092

  • 1