KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 指定
  • シンボル
  • ネパール
  • 一般的
  • 修復
  • 全国重点文物保護単位
  • 再建
  • 創建
  • 南北

「至元」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
52
( 1 52 件を表示)
  • 1
52
( 1 52 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 質問に答える岡田元市場長 東ガスと交渉「問題ない」
    2017年03月18日
    質問に答える岡田元市場長 東ガスと交渉「問題ない」

    豊洲市場の移転問題を検証する東京都議会の百条委員会で、質問に答える岡田至元市場長=18日午後

    商品コード: 2017031800677

  • 質問聞く岡田元市場長 東ガスと交渉「問題ない」
    2017年03月18日
    質問聞く岡田元市場長 東ガスと交渉「問題ない」

    豊洲市場の移転問題を検証する東京都議会の百条委員会で質問を聞く岡田至元市場長(中央)=18日午後

    商品コード: 2017031800681

  •  陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて
    2018年11月05日
    陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて

    陝西省延安市延川県の甄家湾村。(2018年11月5日撮影、小型無人機から)中国陝西省延安市延川県関荘鎮の甄家湾(けんかわん)村は、元の至元2(1265)年に建設された古い村で、755年の歴史を持つ。同村には、陝西省北部に現存する最も規模が大きく、保存状態の良い洞穴式住居「窰洞(ヤオドン)」の古建築群がある。今でも97世帯の住宅に258の洞穴が残る。(西安=新華社配信)=2018(平成30)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100307

  •  陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて
    2018年11月05日
    陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて

    陝西省延安市延川県の甄家湾村。(2018年11月5日撮影、小型無人機から)中国陝西省延安市延川県関荘鎮の甄家湾(けんかわん)村は、元の至元2(1265)年に建設された古い村で、755年の歴史を持つ。同村には、陝西省北部に現存する最も規模が大きく、保存状態の良い洞穴式住居「窰洞(ヤオドン)」の古建築群がある。今でも97世帯の住宅に258の洞穴が残る。(西安=新華社配信)=2018(平成30)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100358

  •  元代のれんが彫刻を施した壁画墓を発見山東省済南市
    2019年07月09日
    元代のれんが彫刻を施した壁画墓を発見山東省済南市

    9日、墓の内部にある壁画。「大元国至元二十二年」と書かれている。中国山東省済南市長清区でこのほど、レンガ彫刻が施された元代の壁画墓が見つかった。済南市考古研究所によると、墓は比較的良い状態で保存されており、壁画は精緻で美しく内容も豊富で、かなり格式の高い墓と見られる。同研究所考古科の郭俊峰(かく・しゅんほう)科長によると、この墓の地下にある古代建築物は円形構造で、ドーム天井にはハスの花の形をした浮き彫りが施され、壁には祥雲(吉祥の雲)のような美しい壁画が描かれ、「大元国至元二十二年」(1285年)と書かれている。全体的な形状はモンゴルの包(パオ)によく似ており、南に向かって墓道に通じる扉があるようだ。(済南=新華社配信/郭俊峰)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019071202489

  •  元代のれんが彫刻を施した壁画墓を発見山東省済南市
    2019年07月09日
    元代のれんが彫刻を施した壁画墓を発見山東省済南市

    9日、墓のドーム天井にあるハスの花の浮き彫り。中国山東省済南市長清区でこのほど、レンガ彫刻が施された元代の壁画墓が見つかった。済南市考古研究所によると、墓は比較的良い状態で保存されており、壁画は精緻で美しく内容も豊富で、かなり格式の高い墓と見られる。同研究所考古科の郭俊峰(かく・しゅんほう)科長によると、この墓の地下にある古代建築物は円形構造で、ドーム天井にはハスの花の形をした浮き彫りが施され、壁には祥雲(吉祥の雲)のような美しい壁画が描かれ、「大元国至元二十二年」(1285年)と書かれている。全体的な形状はモンゴルの包(パオ)によく似ており、南に向かって墓道に通じる扉があるようだ。(済南=新華社配信/郭俊峰)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019071202529

  •  元代のれんが彫刻を施した壁画墓を発見山東省済南市
    2019年07月09日
    元代のれんが彫刻を施した壁画墓を発見山東省済南市

    9日、墓の内部にある壁画。中国山東省済南市長清区でこのほど、レンガ彫刻が施された元代の壁画墓が見つかった。済南市考古研究所によると、墓は比較的良い状態で保存されており、壁画は精緻で美しく内容も豊富で、かなり格式の高い墓と見られる。同研究所考古科の郭俊峰(かく・しゅんほう)科長によると、この墓の地下にある古代建築物は円形構造で、ドーム天井にはハスの花の形をした浮き彫りが施され、壁には祥雲(吉祥の雲)のような美しい壁画が描かれ、「大元国至元二十二年」(1285年)と書かれている。全体的な形状はモンゴルの包(パオ)によく似ており、南に向かって墓道に通じる扉があるようだ。(済南=新華社配信/郭俊峰)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019071202533

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月29日
    冬至元陸軍将校の獄中日記 戦犯の葛藤、家族への思い

    巣鴨プリズンでの生活が記された故冬至堅太郎元陸軍将校の獄中日記

    商品コード: 2019082901990

  •  陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて
    2020年08月10日
    陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて

    10日、甄家湾村の洞穴式住居内に置かれた網杓子。春雨の製造に使われた。中国陝西省延安市延川県関荘鎮の甄家湾(けんかわん)村は、元の至元2(1265)年に建設された古い村で、755年の歴史を持つ。同村には、陝西省北部に現存する最も規模が大きく、保存状態の良い洞穴式住居「窰洞(ヤオドン)」の古建築群がある。今でも97世帯の住宅に258の洞穴が残る。(西安=新華社記者/梁愛平)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100340

  •  陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて
    2020年08月10日
    陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて

    10日、甄家湾村の一角。中国陝西省延安市延川県関荘鎮の甄家湾(けんかわん)村は、元の至元2(1265)年に建設された古い村で、755年の歴史を持つ。同村には、陝西省北部に現存する最も規模が大きく、保存状態の良い洞穴式住居「窰洞(ヤオドン)」の古建築群がある。今でも97世帯の住宅に258の洞穴が残る。(西安=新華社記者/梁愛平)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100425

  •  陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて
    2020年08月10日
    陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて

    10日、甄家湾村の一角。中国陝西省延安市延川県関荘鎮の甄家湾(けんかわん)村は、元の至元2(1265)年に建設された古い村で、755年の歴史を持つ。同村には、陝西省北部に現存する最も規模が大きく、保存状態の良い洞穴式住居「窰洞(ヤオドン)」の古建築群がある。今でも97世帯の住宅に258の洞穴が残る。(西安=新華社記者/梁愛平)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100396

  •  陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて
    2020年08月10日
    陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて

    10日、甄家湾村の一角。中国陝西省延安市延川県関荘鎮の甄家湾(けんかわん)村は、元の至元2(1265)年に建設された古い村で、755年の歴史を持つ。同村には、陝西省北部に現存する最も規模が大きく、保存状態の良い洞穴式住居「窰洞(ヤオドン)」の古建築群がある。今でも97世帯の住宅に258の洞穴が残る。(西安=新華社記者/梁愛平)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100332

  •  陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて
    2020年08月10日
    陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて

    10日、甄家湾村の洞穴式住居内に置かれた各種の枡。中国陝西省延安市延川県関荘鎮の甄家湾(けんかわん)村は、元の至元2(1265)年に建設された古い村で、755年の歴史を持つ。同村には、陝西省北部に現存する最も規模が大きく、保存状態の良い洞穴式住居「窰洞(ヤオドン)」の古建築群がある。今でも97世帯の住宅に258の洞穴が残る。(西安=新華社記者/梁愛平)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100361

  •  陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて
    2020年08月10日
    陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて

    10日、甄家湾村の住宅の庭に置かれた石うすローラー。中国陝西省延安市延川県関荘鎮の甄家湾(けんかわん)村は、元の至元2(1265)年に建設された古い村で、755年の歴史を持つ。同村には、陝西省北部に現存する最も規模が大きく、保存状態の良い洞穴式住居「窰洞(ヤオドン)」の古建築群がある。今でも97世帯の住宅に258の洞穴が残る。(西安=新華社記者/梁愛平)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100466

  •  陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて
    2020年08月10日
    陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて

    10日、甄家湾村の住宅の庭に置かれた石うす。中国陝西省延安市延川県関荘鎮の甄家湾(けんかわん)村は、元の至元2(1265)年に建設された古い村で、755年の歴史を持つ。同村には、陝西省北部に現存する最も規模が大きく、保存状態の良い洞穴式住居「窰洞(ヤオドン)」の古建築群がある。今でも97世帯の住宅に258の洞穴が残る。(西安=新華社記者/梁愛平)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100476

  •  陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて
    2020年08月10日
    陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて

    10日、甄家湾村の一角。中国陝西省延安市延川県関荘鎮の甄家湾(けんかわん)村は、元の至元2(1265)年に建設された古い村で、755年の歴史を持つ。同村には、陝西省北部に現存する最も規模が大きく、保存状態の良い洞穴式住居「窰洞(ヤオドン)」の古建築群がある。今でも97世帯の住宅に258の洞穴が残る。(西安=新華社記者/梁愛平)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100516

  •  「新華社」中国版ゴルフ?900年前の人気スポーツ「捶丸」とは
    00:30.39
    2021年08月13日
    「新華社」中国版ゴルフ?900年前の人気スポーツ「捶丸」とは

    ゴルフは世界の人気スポーツだが、中国では約900年前の宋代に中国版ゴルフともいえる「捶丸(すいがん)」が一世を風靡し、皇帝から庶民までが親しんだ。江西省博物館の収蔵品に、同省吉安市の吉州窯跡から出土した宋代褐彩磁器の捶丸がある。素地はベージュ色で、表面には顔料で褐色の渦巻き模様が描かれている。同館で陶磁器を管理する陳之川(ちん・しせん)さんは、中が詰まっており、大きさはゴルフボールとほぼ同じだと説明。「宋代吉州窯の生産規模や商業化の程度を考え合わせると、捶丸は当時の人気商品だったと推測できる」と語った。陳さんによると、捶丸の起源は唐代の「歩打球」で、宋から金、元にかけて成熟して広まり、盛んとなった。元の世祖フビライの至元19(1282)年には捶丸に関する専門書「丸経」も編さんされた。同書の記載によると、捶丸は杖で球を打つとあり、競技場所の選定やホールの設置など驚くほどゴルフに似ているという。丸経には「宋の徽宗と金の章宗が捶丸を好んだ」と書かれており、捶丸が当時既に普及していたことが分かる。宋~元代の壁画や宮廷画、磁器枕にも捶丸に関する絵を多く目にすることができる。(記者/袁慧晶) =配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304708

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (6)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    白塔寺歴史文化展で展示された元代の詩文罐。(6月23日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101002225

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (3)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    白塔寺付近の路地でスケッチする市民。(6月21日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100906253

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (9)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    白塔寺の山門。(6月21日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101002223

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (12)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    大覚宝殿の前に設置された元代の石獅子。(6月23日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100907828

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (20)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    鐘楼と白塔。(6月21日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100907902

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (18)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    西配殿で開かれている白塔寺歴史文化展で展示された文化財。(6月23日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100907886

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (7)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    白塔寺歴史文化展で展示されたチャンキャ・ホトクト(チベット仏教の高僧)の銅像。(6月23日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100906508

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (15)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    山門から見た白塔。(6月23日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100907868

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (16)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    塔院の外から見た白塔。(6月23日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産であり、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しでもある。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100907884

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (17)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    天王殿(中央)、鐘楼(右)、鼓楼と白塔。(6月23日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100907885

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (2)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    パスパ文字が彫られた印章。(6月23日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100905231

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (13)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    大覚宝殿の前庭。(6月23日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100907827

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (11)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    大覚宝殿の前庭。(6月23日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101002247

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (1)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    ネパールの工匠、アニゴの塑像と白塔。(6月23日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100905232

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (4)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    白塔寺の修復工事の様子を写した写真パネル。(6月23日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100906251

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (10)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    境内にそびえる白塔。(6月23日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101002239

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (19)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    西配殿で開かれている白塔寺歴史文化展で展示された文化財。(6月23日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100907889

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月09日
    (14)中国とネパールの文化交流の証、白塔寺を訪ねて北京市

    東配殿から見た白塔。(6月23日撮影)中国北京市西城区阜成門内大街にある妙応寺は、境内に白塔がそびえることから、一般的に白塔寺と呼ばれている。遼の寿昌2(1096)年の創建で、永安寺と呼ばれていた。金代末期、当時の塔は戦火により破壊された。元の至元8(1271)年、元の初代皇帝フビライが自ら塔の場所を視察・選定し、ネパールの工匠、アニゴに白塔の設計と建立を命じた。完成後、フビライは白塔を中心とした、総面積約16万平方メートルに及ぶ「大聖寿万安寺」を建立した。元の至正28(1368)年、寺院は落雷による火災で焼失したが、塔だけは焼け残った。寺院は明の天順元(1457)年に再建され、主要建造物が南北に通る中軸線に沿って東西対称に配置された。白塔はかつて元の首都・大都にそびえるシンボルだったが、今では北京で唯一、完全な形で残る元代の文化遺産、中国とネパールの長い文化交流を物語る歴史の証しとなっている。妙応寺白塔は1961年3月4日、国務院により第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100907860

  •  (13)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (13)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    正気広場に立つ文天祥の像。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711252

  •  (14)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (14)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    「正気浩然」と刻まれた牌坊。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711253

  •  (15)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (15)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    忠烈坊。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711255

  •  (16)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (16)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    状元坊(科挙の首席及第者「状元」に合格した地元出身者を記念して建てた碑)。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711257

  •  (8)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (8)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    文天祥墓墓道。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711229

  •  (9)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (9)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    文天祥墓墓道。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711232

  •  (10)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (10)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    文天祥の墓にある「仁至義尽」と刻まれた牌坊。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711226

  •  (6)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (6)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    文丞相祠堂。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711231

  •  (12)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (12)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    義坊。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711256

  •  (4)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (4)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    文丞相祠堂。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711219

  •  (5)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (5)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    文丞相祠堂。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711230

  •  (3)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (3)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    富田古鎮の様子。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711218

  •  (17)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (17)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    文天祥の墓の概要が刻まれた石碑。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711259

  •  (1)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (1)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    富水河の景色。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711220

  •  (2)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (2)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    富田古鎮の様子。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711222

  •  (7)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (7)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    文氏宗祠。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711228

  •  (11)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市
    2022年02月17日
    (11)文天祥の故郷、富田古鎮を訪ねて江西省吉安市

    正気広場に立つ文天祥の像。(2021年6月10日撮影)中国江西省吉安市中心部の南東40キロ、富水河のほとりに位置する富田古鎮は1800年以上の歴史を持ち、国家4A級観光地(上から2番目のランク)に指定されている。南宋時代の名臣、文天祥(ぶん・てんしょう)の故郷で、廬陵(ろりょう)文化の重要な発祥地とされ、現在も文丞相祠や正気書院、文天祥陵園などの歴史的遺跡が残されている。文天祥陵園は村の背後にある虎形山の上にある。元の至元21(1284)年に造営され、明・清代以降に複数回の修復を経て今日まで保存されてきた。園内には陵墓や「仁至義尽」と刻まれた牌坊(はいぼう)のほか、明の景泰帝の勅令により建造された忠烈坊、正気広場などがある。(南昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021711234

  • 1