KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • ラバ
  • 動物
  • 役割
  • 生き物
  • 記者
  • 玉林
  • 荷物
  • 南昌
  • 山道

「興国県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
23
( 1 23 件を表示)
  • 1
23
( 1 23 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月16日
    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県

    16日、荷馬隊を率いて進むリーダーの余玉林さん。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100754

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月16日
    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県

    16日、輸送の途中でラバをいたわる余玉林さん。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100772

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月16日
    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県

    16日、帰途につく荷馬隊。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100777

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月16日
    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県

    16日、荷馬隊を率いて進むリーダーの余玉林さん(手前)。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100756

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月16日
    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県

    16日、けがをしたラバに薬を塗る余玉林さん。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100720

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月16日
    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県

    16日、石を下ろして帰途につく荷馬隊。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100679

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月16日
    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県

    16日、餌を用意する余玉林さん(左)と荷馬隊のメンバー。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100681

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月16日
    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県

    16日、帰途につく荷馬隊。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100760

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月16日
    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県

    16日、餌を食べるラバ。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100774

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月16日
    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県

    16日、ラバの背中に石を乗せる荷馬隊のメンバー。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100766

  • 2020年04月17日
    江西省の植林面積、5年で42万ヘクタール超に

    江西省贛州市興国県のアブラツバキ栽培拠点。(4月17日撮影)中国江西省林業局によると、同省は「十三五」(第13次5カ年計画、2016~20年)期間中、計画の106%に相当する636万1千ムー(約42万4千ヘクタール)分の植林を終え、5年連続で年間植林任務を達成し、植林の合格率が95%以上となった。同省は自然環境保護を全面的に推進する「エコ文明」の建設を進め、植林規模を拡大するとともに、質の向上も重視してきた。今年は植林を92万1100ムー(約6万1千ヘクタール)分、低生産・低効率林の改造を176万8千ムー(約11万8千ヘクタール)分、「封山育林(開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる)」を108万5千ムー(約7万2千ヘクタール)分、森林の保護・育成を317万1千ムー(約21万1千ヘクタール)分実施する。また、省内5都市が「国家森林都市」、430の行政村が「国家森林村」として今年新たに承認された。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704849

  • 2020年04月17日
    江西省の植林面積、5年で42万ヘクタール超に

    江西省贛州市興国県のアブラツバキ栽培拠点で剪定する作業員。(4月17日撮影)中国江西省林業局によると、同省は「十三五」(第13次5カ年計画、2016~20年)期間中、計画の106%に相当する636万1千ムー(約42万4千ヘクタール)分の植林を終え、5年連続で年間植林任務を達成し、植林の合格率が95%以上となった。同省は自然環境保護を全面的に推進する「エコ文明」の建設を進め、植林規模を拡大するとともに、質の向上も重視してきた。今年は植林を92万1100ムー(約6万1千ヘクタール)分、低生産・低効率林の改造を176万8千ムー(約11万8千ヘクタール)分、「封山育林(開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる)」を108万5千ムー(約7万2千ヘクタール)分、森林の保護・育成を317万1千ムー(約21万1千ヘクタール)分実施する。また、省内5都市が「国家森林都市」、430の行政村が「国家森林村」として今年新たに承認された。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704649

  • 2020年04月17日
    江西省の植林面積、5年で42万ヘクタール超に

    江西省贛州市興国県のアブラツバキ栽培拠点。(4月17日撮影)中国江西省林業局によると、同省は「十三五」(第13次5カ年計画、2016~20年)期間中、計画の106%に相当する636万1千ムー(約42万4千ヘクタール)分の植林を終え、5年連続で年間植林任務を達成し、植林の合格率が95%以上となった。同省は自然環境保護を全面的に推進する「エコ文明」の建設を進め、植林規模を拡大するとともに、質の向上も重視してきた。今年は植林を92万1100ムー(約6万1千ヘクタール)分、低生産・低効率林の改造を176万8千ムー(約11万8千ヘクタール)分、「封山育林(開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる)」を108万5千ムー(約7万2千ヘクタール)分、森林の保護・育成を317万1千ムー(約21万1千ヘクタール)分実施する。また、省内5都市が「国家森林都市」、430の行政村が「国家森林村」として今年新たに承認された。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704473

  • 2020年04月21日
    ラバで切り開く貧困脱却への道江西省興国県

    ラバを落ち着かせる余玉林さん。(4月21日撮影)中国の西南、西北地域には古くから、ラバを利用した輸送手段がある。交通事情の改善につれ、次第に車両輸送に取って代わられるようになったが、ここ数年は貧困脱却の深化に伴い、江西省南部の貧困集中地域で同輸送手段が貧困脱却堅塁攻略で重要な役割を果たしている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051301027

  • 2020年04月21日
    ラバで切り開く貧困脱却への道江西省興国県

    興奮するラバを落ち着かせる余玉林さん。(4月21日撮影)中国の西南、西北地域には古くから、ラバを利用した輸送手段がある。交通事情の改善につれ、次第に車両輸送に取って代わられるようになったが、ここ数年は貧困脱却の深化に伴い、江西省南部の貧困集中地域で同輸送手段が貧困脱却堅塁攻略で重要な役割を果たしている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051301065

  • 2020年04月22日
    ラバで切り開く貧困脱却への道江西省興国県

    ラバの傷口に薬を塗る余玉林さん。いつも重い荷物を輸送しているため、ラバの背中にはさまざまな傷が付いている。(4月22日撮影)中国の西南、西北地域には古くから、ラバを利用した輸送手段がある。交通事情の改善につれ、次第に車両輸送に取って代わられるようになったが、ここ数年は貧困脱却の深化に伴い、江西省南部の貧困集中地域で同輸送手段が貧困脱却堅塁攻略で重要な役割を果たしている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051301046

  • 2020年04月22日
    ラバで切り開く貧困脱却への道江西省興国県

    ラバを引っ張って荷物を輸送する余玉林さん。(4月22日撮影)中国の西南、西北地域には古くから、ラバを利用した輸送手段がある。交通事情の改善につれ、次第に車両輸送に取って代わられるようになったが、ここ数年は貧困脱却の深化に伴い、江西省南部の貧困集中地域で同輸送手段が貧困脱却堅塁攻略で重要な役割を果たしている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051301060

  • 2020年04月22日
    ラバで切り開く貧困脱却への道江西省興国県

    ラバを引っ張って荷物を輸送する余玉林さん。(4月22日撮影)中国の西南、西北地域には古くから、ラバを利用した輸送手段がある。交通事情の改善につれ、次第に車両輸送に取って代わられるようになったが、ここ数年は貧困脱却の深化に伴い、江西省南部の貧困集中地域で同輸送手段が貧困脱却堅塁攻略で重要な役割を果たしている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051301094

  • 2020年04月22日
    ラバで切り開く貧困脱却への道江西省興国県

    山道で荷物を輸送するラバ。(4月22日撮影)中国の西南、西北地域には古くから、ラバを利用した輸送手段がある。交通事情の改善につれ、次第に車両輸送に取って代わられるようになったが、ここ数年は貧困脱却の深化に伴い、江西省南部の貧困集中地域で同輸送手段が貧困脱却堅塁攻略で重要な役割を果たしている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051301059

  • 2020年04月22日
    ラバで切り開く貧困脱却への道江西省興国県

    ラバに載せられた薪の荷下ろしをする余玉林さん夫婦。(4月22日撮影)中国の西南、西北地域には古くから、ラバを利用した輸送手段がある。交通事情の改善につれ、次第に車両輸送に取って代わられるようになったが、ここ数年は貧困脱却の深化に伴い、江西省南部の貧困集中地域で同輸送手段が貧困脱却堅塁攻略で重要な役割を果たしている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051301026

  • 2020年04月22日
    ラバで切り開く貧困脱却への道江西省興国県

    ラバに餌をやる余玉林さん。(4月22日撮影)中国の西南、西北地域には古くから、ラバを利用した輸送手段がある。交通事情の改善につれ、次第に車両輸送に取って代わられるようになったが、ここ数年は貧困脱却の深化に伴い、江西省南部の貧困集中地域で同輸送手段が貧困脱却堅塁攻略で重要な役割を果たしている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051301052

  • 2020年04月22日
    ラバで切り開く貧困脱却への道江西省興国県

    ラバを引っ張って荷物を輸送する余玉林さん。(4月22日撮影)中国の西南、西北地域には古くから、ラバを利用した輸送手段がある。交通事情の改善につれ、次第に車両輸送に取って代わられるようになったが、ここ数年は貧困脱却の深化に伴い、江西省南部の貧困集中地域で同輸送手段が貧困脱却堅塁攻略で重要な役割を果たしている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051301025

  • 2020年04月22日
    ラバで切り開く貧困脱却への道江西省興国県

    ラバのひづめの手入れをする余玉林さん。(4月22日撮影)中国の西南、西北地域には古くから、ラバを利用した輸送手段がある。交通事情の改善につれ、次第に車両輸送に取って代わられるようになったが、ここ数年は貧困脱却の深化に伴い、江西省南部の貧困集中地域で同輸送手段が貧困脱却堅塁攻略で重要な役割を果たしている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051301042

  • 1