KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 西日本豪雨
  • 平成
  • 山陽新聞
  • 屋外
  • 建物
  • 令和
  • 倉敷美観地区
  • ヘリ
  • 決壊
  • 堤防

「船穂町」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
3,660
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
3,660
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  倉敷の街並み
    -
    倉敷の街並み

    キーワード:屋外、町並み、建物、川、倉敷、日本、風景、無人、落ち着いた、テーマメイン写真=撮影日不明、岡山県倉敷市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000542

  •  倉敷美観地区
    -
    倉敷美観地区

    キーワード:映る、屋外、町並み、建物、水辺、水面、倉敷美観地区、日本、風景、無人、テーマメイン写真=撮影日不明、岡山県倉敷市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122901570

  •  瓦屋根
    -
    瓦屋根

    キーワード:屋外、家、家並み、瓦屋根、建物、日本、和風、風景、無人、テーマメイン写真=撮影日不明、岡山県倉敷市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122901489

  •  倉敷の町並み
    -
    倉敷の町並み

    キーワード:2本、屋外、町並み、建物、日本、風景、無人、木、テーマメイン写真=撮影日不明、岡山県倉敷市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122901532

  •  倉敷美観地区
    -
    倉敷美観地区

    キーワード:屋外、街灯、町並み、観光名所、古い、倉敷、倉敷市、倉敷美観地区、土蔵、日本、白壁、美観地区、無人、旅、史跡、女子旅、風景メイン写真、人気スポット=撮影日不明、岡山県重要伝統的建造物群保存地区、クレジット:A_Murakawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122904711

  •  サワラ
    -
    サワラ

    サワラ。日本近海に生息する回遊魚。4月から5月にかけて、産卵で太平洋から瀬戸内海に入ってくるため、岡山県民には春を告げる魚として親しまれてきた。岡山県内では岡山市東区宝伝や倉敷市下津井地区で6月上旬まで水揚げされる=撮影日場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011581

  •  ハリイカ
    -
    ハリイカ

    ハリイカ。胴体の背中側に石灰質の板(甲)を持つコウイカ類の一種。西日本では甲の先端が針のようにとがっていることから「ハリイカ」の名で知られる。産卵のため浅瀬に寄ってくる春先から初夏が漁の最盛期で、岡山県内では倉敷市下津井地区や瀬戸内市牛窓地区などで水揚げされる=撮影日場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052505343

  •  マダコ
    -
    マダコ

    マダコ。タコを食べる文化のない国が多い中、日本では古くから食用にしてきた。高い血圧を下げたり、肝臓の働きを助けたりするアミノ酸の一種・タウリンが豊富。夏ばて防止に効果があるとされる。沿岸の岩場や砂泥地に生息し、産卵に向けて身が太る6~8月が旬。餌が豊富な瀬戸内海は好漁場とされ、岡山県内各地で水揚げされる。特に潮流の速い倉敷市下津井産は足が太く、身が締まり、甘みも強いという=撮影日場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072104679

  •  ハモ
    -
    ハモ

    ハモ。ウナギやアナゴのように細長い白身魚。全長2メートルを超す大物もいる。岡山県内では瀬戸内市牛窓地区や倉敷市下津井地区など全域で水揚げされ、産卵期の6~8月に漁獲量が増える。さっぱりとした味わいが夏にぴったりで、身を熱湯にさっとくぐらせて氷水で締め、梅肉を添えて食べるのが定番。皮には皮膚の老化防止に役立つとされるコンドロイチンが豊富だ。小骨が多いため、調理にはミリ単位で細かく包丁を入れる「骨切り」が必要になる=撮影日場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070711684

  •  Kurashiki
    -
    Kurashiki

    Kurashiki is the home of Japan‘s first museum for Western art, the Ohara Museum of Art (1930).、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100610386

  •  Kurashiki
    -
    Kurashiki

    Kurashiki´s old merchant quarter contains fine examples of 17th century wooden warehouses (kura).、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100610715

  •  Kurashiki
    -
    Kurashiki

    Kurashiki´s Ohara Spinning Mill, which still stands as the nostalgic tourist attraction Ivy Square .、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100610703

  •  Kurashiki
    -
    Kurashiki

    Kurashiki´s Ohara Spinning Mill, which still stands as the nostalgic tourist attraction Ivy Square .、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100700656

  •  倉敷の町並み
    -
    倉敷の町並み

    キーワード:屋外、町並み、橋、建物、日本、風景、無人、テーマメイン写真=撮影日不明、岡山県倉敷市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000824

  •  小島湾の日の出
    -
    小島湾の日の出

    キーワード:2隻、オレンジ色、屋外、海、乗り物、船、朝、日の出、日本、風景、無人、児島湾、風景メイン写真=撮影日不明、岡山県倉敷市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122302076

  •  Kurashiki
    -
    Kurashiki

    Wedding couple on the canal of Takahashi River.、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100610519

  •  倉敷アイビースクエア
    -
    倉敷アイビースクエア

    キーワード:ツタ、ホテル、レンガ、屋外、夏、観光名所、建物、倉敷、倉敷アイビースクエア、中庭、日本、無人、レストラン、観光スポット、風景メイン写真、倉敷紡績=撮影日不明、岡山県倉敷市、クレジット:A_Murakawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122905233

  •  倉敷の街並み
    -
    倉敷の街並み

    キーワード:1本、屋外、町並み、建物、傘、日本、風景、無人、落ち着いた、和傘、テーマメイン写真=撮影日不明、岡山県倉敷市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122901992

  •  レンコン
    -
    レンコン

    レンコン。輪切りにしたときの穴から「先を見通せる」といわれ、縁起物としておせち料理に欠かせない。免疫力アップに効果があるとされるビタミンCや、腸内環境を整える食物繊維を多く含んでいる。岡山県内では倉敷市連島地区や岡山市南区藤田地区などで栽培が盛んで、8月上旬から収穫がスタート。他県産も合わせて年中出回る=撮影日場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011110197

  •  Kurashiki
    -
    Kurashiki

    Kurashiki is the home of Japan‘s first museum for Western art, the Ohara Museum of Art (1930).、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100611139

  •  Kurashiki
    -
    Kurashiki

    Wedding couple on the canal of Takahashi River.、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100611330

  •  Kurashiki
    -
    Kurashiki

    Wedding couple on the canal of Takahashi River.、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100611305

  •  Kurashiki
    -
    Kurashiki

    Kurashiki is the home of Japan‘s first museum for Western art, the Ohara Museum of Art (1930).、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100611838

  •  Kurashiki
    -
    Kurashiki

    The old merchant quarter contains fine examples of 17th century wooden warehouses (kura).、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100612133

  •  Kurashiki
    -
    Kurashiki

    The old merchant quarter contains fine examples of 17th century wooden warehouses (kura).、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100700417

  •  秋の倉敷の町
    -
    秋の倉敷の町

    キーワード:2本、屋外、町並み、建物、秋、日本、風景、無人、木、テーマメイン写真=撮影日不明、岡山県倉敷市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122901505

  •  蔵造りの町並み
    -
    蔵造りの町並み

    キーワード:屋外、家、家並み、町並み、建物、蔵造り、道、日本、和風、風景、無人、路地、テーマメイン写真=撮影日不明、岡山県倉敷市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000756

  •  民芸館 倉敷館
    -
    民芸館 倉敷館

    キーワード:映る、屋外、町並み、建物、水辺、水面、倉敷館、日本、和風、風景、民芸館、無人、テーマメイン写真=撮影日不明、岡山県倉敷市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122901442

  •  Kurashiki
    -
    Kurashiki

    The old merchant quarter contains fine examples of 17th century wooden warehouses (kura).、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100610262

  •  Kurashiki
    -
    Kurashiki

    Kurashiki´s old merchant quarter contains fine examples of 17th century wooden warehouses (kura).、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100610667

  •  Kurashiki
    -
    Kurashiki

    Historic city located in western Okayama Prefecture, sitting on the Takahashi River.、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100611877

  •  Kurashiki
    1930年12月31日
    Kurashiki

    Kurashiki is the home of Japan‘s first museum for Western art, the Ohara Museum of Art (1930).、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100612146

  •  Kurashiki
    1930年12月31日
    Kurashiki

    Kurashiki is the home of Japan‘s first museum for Western art, the Ohara Museum of Art (1930).、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100610997

  •  Kurashiki
    1930年12月31日
    Kurashiki

    Kurashiki is the home of Japan‘s first museum for Western art, the Ohara Museum of Art (1930).、クレジット:Hartmut Pohling/Japan Stock Photo/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100700128

  •  戦後3回目のメーデー
    1948年05月01日
    戦後3回目のメーデー

    岡山県での戦後、働く者の祭典・メーデーが始まったのは昭和21年の岡山、津山両市から。3回目には倉敷市、玉野市、児島市に拡大、ブラスバンド行進やのど自慢など多彩な催しが…。岡山市の会場には70団体、1万5千人が参加。「勤労所得税撤廃」「農民に飯米を確保せよ」などを決意宣言したあと、市内をデモ行進。プラカードや花束を抱えた女性組、機関車の模型や花自動車で盛り上げた。=1948(昭和23)年5月1日、岡山市 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061501321

  •  倉敷市
    1948年09月21日
    倉敷市

    倉敷紡績万寿工場正門=1948(昭和23)年9月、岡山県倉敷市(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016021700334

  •  倉敷市
    1948年09月21日
    倉敷市

    倉敷紡績万寿工場正門=1948(昭和23)年9月、岡山県倉敷市(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016021700335

  •  倉敷市
    1948年09月21日
    倉敷市

    倉敷中央病院=1948(昭和23)年9月、岡山県倉敷市(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016021700337

  •  倉敷市
    1948年09月21日
    倉敷市

    大原美術館=1948(昭和23)年9月、岡山県倉敷市(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016021700338

  •  倉敷市
    1948年09月21日
    倉敷市

    大原美術館=1948(昭和23)年9月、岡山県倉敷市(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016021700339

  •  倉敷市
    1948年09月21日
    倉敷市

    大原家別邸の有隣荘=1948(昭和23)年9月、岡山県倉敷市(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016021700340

  •  倉敷市
    1948年09月21日
    倉敷市

    倉敷市役所=1948(昭和23)年9月、岡山県倉敷市(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016021700341

  •  倉敷市
    1948年09月21日
    倉敷市

    倉敷市全景=1948(昭和23)年9月、岡山県(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016021700342

  •  倉敷市
    1948年09月21日
    倉敷市

    倉敷駅=1948(昭和23)年9月、岡山県倉敷市(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016021700343

  • スケッチ1648 黒い卵
    1950年05月31日
    スケッチ1648 黒い卵

    黒い卵=1950(昭和25)年5月、岡山県倉敷市

    商品コード: 2016102100425

  •  シャンシャン馬の花嫁道中
    1951年10月02日
    シャンシャン馬の花嫁道中

    華やかに飾りつけた馬に乗った花嫁が、沿道の大きな拍手を浴びながら進む。倉敷市の中心部で行われた「シャンシャン馬の花嫁道中」。宮崎県に伝わる風習だが、同市で開かれた専門店会中国地区大会の余興として行われたもの。花嫁にふんしたのはミス宮崎だった。=1951(昭和26)年10月2日、倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061501304

  •  児島競艇場の開場
    1952年11月22日
    児島競艇場の開場

    〝金の卵を生むニワトリ〞として期待を込めた児島競艇場が誕生。それまでの波静かな瀬戸の海は勇壮なボートの爆音と一獲千金を求める熱い人たちで、一変した。当時の児島市が投じた事業費は4000万円。昭和42年2月の倉敷、児島、玉島の3市合併では、競艇場を巡って賛成、反対の論議が沸いた。その後も順調に金の卵を産み続けたが、平成12年度に赤字に転落。「不況に強いギャンブル」の神通力に陰り?=1952(昭和27)年11月22日、倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061501326

  •  「スズメのお宿」急襲
    1953年09月03日
    「スズメのお宿」急襲

    米を食べるスズメは農家の嫌われもの。岡山県猟友会員ら約50人は、玉島市堀貫(現倉敷市)の竹やぶの「スズメのお宿」を襲い多数のスズメを捕獲した。夜を待ち、「追い子」が竹やぶに入って竹をゆすると、寝込みを襲われたスズメはあわてて飛び立つが、結局準備された三角すい型の大網に追い込まれ、一網打尽というわけ。この日は合計7千羽が捕まり、阪神方面に送られヤキトリに。いまはこの捕獲法は禁止されている。=1953(昭和28)年9月3日、倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062700355

  •  ゴルフの練習場
    1953年09月13日
    ゴルフの練習場

    「新時代の紳士はゴルフぐらい知らなくちゃ」と戦後復興とともにゴルフブームが広がった。このころ岡山県内でも倉敷市にゴルフコースがオープンしたほか、会社の屋上などに練習場が出現した。写真は岡山市内のすし屋に登場した練習場。クラブを振ればビールとすしが進み「打ちねえ、食いねえ」という計算。ゴルフそのものはまだ庶民には遠い存在だった。=1953(昭和28)年9月13日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062700354

  •  水島灘で潮止め工事
    1953年11月22日
    水島灘で潮止め工事

    電灯に照らされた未明の水島灘。笛の合図で作業員約200人が一斉に海に入り、次々に石を投げ込む。高梁川河口左岸の水島灘で、国が手がけた高梁川干拓事業。潮止め工事は干潮に合わせて行われ48カ所をせき止める難工事だった。この干拓で420ヘクタールの農地が誕生したが、後の水島開発で工業用地に転用され、今は川鉄水島製鉄所の敷地に。まさに水島の「夜明け前」を伝える写真。=1953(昭和28)年11月22日、倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062700317

  •  連島のノリ干し
    1954年02月07日
    連島のノリ干し

    磯の香をただよわせ、碁盤目模様を描くのは、巻きずしなどに使われるノリ。高梁川河口に近い倉敷市連島地区は当時、ノリ産地として知られた。シーズンともなると日の当たる堤防の斜面で、木枠に入ったノリの天日干しが繰り広げられた。撮影場所は、現在の川崎製鉄水島製鉄所の北付近。前年には農業干拓として水島灘の埋め立てがスタート。後に計画の変更で同製鉄所が立地する。やがて、連島のノリ生産は終わりを迎える。=1954(昭和29)年2月7日、倉敷市連島町鶴新田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091220666

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1954年09月26日
    台風15号の来襲

    青函連絡船洞爺丸沈没など大きな被害をもたらした台風15号。九州南部に上陸して広島・岡山県境から日本海に抜けたが、瞬間風速30~35メートル、時速80キロという猛スピードに岡山県内に大きな被害をもたらした。写真は乙島坂田新開の堤防が20メートルに渡って決壊、30ヘクタールの新開地と民家80戸が軒下近くまでつかった。高台に避難した子供たちは一見〝高みの見物〞だが、胸中は複雑だったろう。=1954(昭和29)年9月26日、倉敷市玉島乙島、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082320990

  •  児島の学生服工場
    1954年12月10日
    児島の学生服工場

    学生服の町・児島地区が全盛時を迎えようとしていたころの縫製工場内。女性職員らが整然と並び、動力ミシンをフル稼働させていた。人形の顔のついたハンガーに完成した学生服がつられている。合成繊維ビニロンが登場、次々に合成繊維へ転換していった時期。同地区の学生服の最盛期は昭和37年で、年間約1100万着を出荷した。写真の当時は約800万着。=1954(昭和29)年12月10日、倉敷市・児島、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091220667

  •  酒津の花見
    1955年04月30日
    酒津の花見

    酒津公園は桜シーズン中の日曜日には約5万人が訪れる岡山県内屈指の桜の名所だった。写真の当時は、樹勢も盛んで、用水ぞいに植えられた桜並木は、風情たっぷり。着物姿の女性が乗った屋形船が彩りを添えている=1955(昭和30)年4月ごろ=1955(昭和30)年4月30日、岡山県倉敷市酒津、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100119822

  •  梅原画伯ら一堂に
    1955年11月06日
    梅原画伯ら一堂に

    昭和5年に開館した大原美術館ではこの日、25周年の記念式典が開かれた。式典参加者はそうそうたる顔ぶれ。20世紀の日本洋画壇を代表する巨匠、梅原龍三郎氏をはじめ、安井曾太郎、石井鶴三、柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄司、富永惣一、黛敏郎の各氏ら多彩な分野の芸術家、文化人が一堂に集った。写真手前中央に座るのが梅原氏で当時67歳。氏は同館で開かれた公開座談会で聴衆席から発言し、座を盛り上げた。=1955(昭和30)年11月6日、大原美術館=岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100119826

  •  卵の出荷
    1955年12月06日
    卵の出荷

    「岡山県経済連」のラベルが張られた木の箱に、一つ一つ丁寧に卵が詰められていく。農家から集められた卵の共同出荷だ。今では安い食べ物の代表格だが、当時は貴重食品。卵焼きも遠足など特別の行事でもないとなかなか子供たちの口に入らなかった。プラスチックパックなどはまだなく、モミ殻の上に大切に置かれ、店頭で1個売りされていた。=1955(昭和30)年12月6日、岡山県真備町=現岡山県倉敷市真備町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100119801

  •  闘犬
    1956年02月08日
    闘犬

    激しくぶつかり、猛烈な噛(か)み合い。愛犬家には少々酷な光景だが、岡山市で開かれた珍しい土佐犬の闘技会の様子。岡山市や倉敷市児島などから8頭の土佐犬が参加。「横綱」「小結」の血統を受け継いだものもおり、闘犬の本場・南国土佐さながらの熱戦を繰り広げた。犬たちは柵の上に陣取った飼い主からの声援を受け、日ごろの鍛錬の成果を発揮。めったに見られない迫力に、集まった見物客も息をのんで見守った。=1956(昭和31)年2月8日、岡山市 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818083

  •  三吉鉱山の開発始業式
    1956年10月20日
    三吉鉱山の開発始業式

    鉱脈型ウラン鉱山として日本で初めて発見された「三吉鉱山」の開発始業式が行われた。正力国務相がスイッチを入れ、ダイナマイトに点火。国産第1号のウランを目指した。精査の結果、埋蔵量などで企業的価値が期待できなくなり、採掘は休止された。=1956(昭和31)年10月20日、倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100119864

  •  鉱区出願すでに500件
    1956年11月22日
    鉱区出願すでに500件

    三吉鉱山事務所(上)と同坑道入り口=出稿1956(昭和31)年11月22日、岡山県倉敷市(31年内地5103)

    商品コード: 2012080600779

  •  倉敷の「旭商店街」
    1957年01月22日
    倉敷の「旭商店街」

    魚屋、洋服店、日用雑貨店…。小さな店が軒を連ねる通りを、買い物の主婦や子供が行き交い、市場のような雰囲気。四十数年前の倉敷市・旭町通りだ。昭和初期は露店の集まる通りだった。その後、徐々に商店街が形成され、庶民の買い物所としてにぎわった。同商店街は形を変えて今も同市鶴形の路地に残っている。 蔵屋敷や木立が見える一角は当時旅館で、今は駐車場に。中央のビルは百貨店つるやで現在の天満屋倉敷店の場所。=1957(昭和32)年1月22日、岡山県倉敷市 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818143

  •  テレビ開局記念パレード
    1957年12月21日
    テレビ開局記念パレード

    NHK岡山放送局開局を2日後に控えたこの日、自動車、オートバイ約50台を連ねた記念パレードが行われた。NHKの車を先頭にメーカーの宣伝カー、県内のテレビ卸、小売商のオートバイなどが岡山、倉敷市内を回り、テレビ時代の到来をPRした。=1957(昭和32)年12月21日、岡山市 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818071

  •  漁港で遊ぶ子どもたち
    1957年12月27日
    漁港で遊ぶ子どもたち

    「じゃんけんぽん!」「あいこでしょ!」―。元気な子どもたちの声が、画面から聞こえてきそうだ。たこつぼが積み上げられ、木造船が浮かび、冬の日差しが輝いている。漁港は子どもたちの格好の遊び場だった。テレビゲームに熱中する現代の子どもたちの世界とは隔世の感があるが。 高齢化の進む現在、日本の農山村から、このような子どもたちの姿が消えて久しいのかもしれない。=1957(昭和32)年12月27日、岡山県倉敷市下津井 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818076

  •  花ござの生産
    1958年09月20日
    花ござの生産

    イグサ産地・岡山県の特産品、花ござ(花えん)。夏になると、色鮮やかな花鳥図や幾何学模様で涼しさを演出する。写真はござに染料で図柄を刷り込む「捺染(なっせん)花えん」の生産風景。本式の織込花えんより値段が安く、当時は注文に生産が追いつかない状態だった。=1958(昭和33)年9月20日、倉敷市西阿知 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818107

  •  イカナゴの水揚げ
    1960年02月24日
    イカナゴの水揚げ

    酢じょうゆで食べるイカナゴは酒のさかなとしても格別。備讃瀬戸に春を呼ぶ魚といわれ、2月の漁解禁とともに食卓にのぼってきた。このイカナゴ漁も海砂利の採取とともにめっきり減ってきているといわれる。丸亀行きフェリー乗り場(現在は廃止)がつくられる前の岸壁で、イカナゴを選別し、かまゆで処理する女性の姿が写っている。=1960(昭和35)年2月24日、岡山県倉敷市下津井 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818141

  •  前倉敷市庁舎の完成
    1960年06月11日
    前倉敷市庁舎の完成

    現在の東京都庁などの設計で著名な建築家丹下健三氏が東京大助教授時代に手掛けた倉敷市の新庁舎。白壁に象徴される倉敷のイメージを表す外観は、当時新名所として注目された。昭和3年の市制施行以来、着実に発展。昭和39年、国の新産業都市指定、さらに同42年2月の児島、玉島との3市合併で30万人の大倉敷市が誕生。昭和55年6月、西中新田に現庁舎が完成後は市立美術館となった。=1960(昭和35)年6月11日、岡山県倉敷市 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818137

  •  原油第一船
    1961年04月17日
    原油第一船

    国際石油資本に交じって、日本のアラビア石油が中東で採掘権を得たカフジ油田。この原油2万3千キロリットルを積んだ日本への第一船「鵜戸丸」が水島港に入港した。三木岡山県知事、高橋倉敷市長らに迎えられ、日本鉱業水島製油所のタンクに給油された。=1961(昭和36)年4月17日、岡山県倉敷市水島、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111304077

  •  倉敷の空撮 1962(昭和37)年
    1962年09月16日
    倉敷の空撮 1962(昭和37)年

    岡山国体が開かれた年、倉敷市街地中心部を倉敷駅の北上空から南へ向け航空撮影した。このころ人口は約14万人。倉敷、児島、玉島3市合併の5年前。ほぼ中央の駅前広場周辺は、昭和50年代の都市再開発事業で一変した。手前左下は倉敷紡績(現クラボウ)の建物で、この駅北一帯は倉敷チボリ公園に生まれ変わった。=1962(昭和37)年9月16日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111304047

  •  石油コンビナート
    1962年10月21日
    石油コンビナート

    通産省が1955年に「石油化学工業の育成対策」を省議決定し推進した。写真の岡山県倉敷市水島工業地帯など全国各地に巨大石油コンビナートの建設が進んだ=1962(昭和37)年10月21日出稿

    商品コード: 2003020500088

  •  倉敷市全景
    1962年10月21日
    倉敷市全景

    倉敷市全景。手前は国鉄倉敷駅=1962(昭和37)年10月21日、岡山市(内地番号なし)

    商品コード: 2012012600043

  •  倉敷市全景
    1962年10月21日
    倉敷市全景

    倉敷市全景。手前は国鉄倉敷駅=1962(昭和37)年10月21日、岡山市(内地番号なし)

    商品コード: 2012012600044

  •  水上自転車の実演
    1963年07月03日
    水上自転車の実演

    水の上を優雅に―。岡山市京橋上手の旭川で、水上自転車の実演が行われた。倉敷市の会社が試作品を披露したもの。浮力が非常に強い合成樹脂の板の上にハンドルやペダルを付けており、時速5~6キロ。スピードより〝水上散歩〞を楽しむ感じ。=1963(昭和38)年7月3日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111304068

  •  第30回総選挙開票終了
    1963年11月22日
    第30回総選挙開票終了

    全国最年少の26歳で当選、祝福される橋本龍太郎氏(右)。岡山2区で当選、故橋本龍伍元厚生、文部大臣の長男=1963(昭和38)年11月22日、岡山県倉敷市の選挙事務所

    商品コード: 2011081700148

  •  山陽高校駅伝
    1963年11月24日
    山陽高校駅伝

    第12回山陽高校駅伝競走大会が、倉敷市住吉町の倉敷市役所前―福山市間の7区間43.095キロのコースで行われた。すっかり山陽路の名物になった大会に岡山県5チーム、広島県5チームが参加。スタート地点には熱心なファン約500人が詰めかけ、選手たちに大きな声援を送った。レースは盈進が圧倒的な強さで優勝。興譲館、世羅、関西、広島工と続いた。=1963(昭和38)年11月24日、岡山県倉敷市 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111304039

  •  高梁川のシラウオ漁
    1964年02月28日
    高梁川のシラウオ漁

    岡山県の高梁川、旭川、吉井川河口では、古くからシラウオ漁が盛んだった。船に取り付けた四つ手網で、産卵に来たところをつかまえる。透明で美しい魚体は食べてもおいしく、珍重されてきた。後方に見えるのは建設中の川崎製鉄水島製鉄所。水島コンビナートの造成でノリ養殖をシラウオ漁に切り替えた漁業者らの船が当時は日に20隻前後も出漁した。しかし、高度成長とともに水の汚れが進み、シラウオの姿は激減。今では過去の光景となった。=1964(昭和39)年2月28日、岡山県倉敷市の高梁川河口、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112108544

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1964年03月18日
    集団就職で児島へ

    繊維の町・倉敷市児島地区には、九州など西日本各地から、学生服などの縫製に従事するため毎年多くの新卒者が〃織り姫〃として就職していた。写真はこの年、第一陣として大分県から到着した集団就職者。バスから降りる学卒者を非番の先輩らが拍手で迎えた。希望に胸をふくらませる少女、新生活への不安を抱きながらも気丈にふるまう少女。それぞれの思いを秘め実社会へのスタートを切った。=1964(昭和39)年3月18日、岡山県倉敷市児島田の口、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111304104

  •  行商の人々
    1964年12月11日
    行商の人々

    倉敷駅の伯備線下りホーム。大きな荷物を背負った男女が列車に乗り込んでいる。昆布やスルメ、衣類や靴など正月用品を担いだ行商の人たちだ。年の瀬には「少しでも売り上げを」と定められた重量や大きさを超える人もいたとか。当時、岡山県内には伯備、津山線などを利用する行商人が約千人。地方の住民には生活物資を運んでくれるありがたい存在だった。=1964(昭和39)年12月11日、倉敷駅=岡山県倉敷市 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111304075

  •  テレビ供養
    1966年04月11日
    テレビ供養

    使い古したテレビを焼いて供養。「家庭の一員として茶の間をにぎわした長年の功をたたえよう」と、倉敷市内のテレビメーカーの販売店が企画した。ブラウン管やシャーシを外したテレビ60台が酒津の広場に山と積まれ、読経の中、火が付けられた。テレビはカラー化などで買い替え需要が増加していた。=1966(昭和41)年4月11日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112623492

  •  観光客でにぎわう鷲羽山
    1967年03月07日
    観光客でにぎわう鷲羽山

    岡山県内でもいよいよ春の観光シーズンがスタートした。ここ瀬戸内海国立公園の鷲羽山では、今月に入ってから観光客が目立って増えた。訪れた観光客は、多島美を見渡せる場に大喜び。うららかな陽光とさわやかな潮風をからだいっぱいに受けて〝海の銀座〞の景観を堪能していた。=1967(昭和42)年3月7日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112623596

  •  国道2号「霞橋」の架け替え工事
    1967年03月14日
    国道2号「霞橋」の架け替え工事

    水島臨海工業地帯を控え、高梁川に架かる国道2号(当時)の「霞橋」の架け替え工事が始まった。新しい橋は現在の100メートル下流の所。倉敷市倉敷地区と同市玉島地区を直線で結ぶほか、幅員も2メートル広い8メートルで、昭和43年に完成予定。奥が現在の霞橋で、完成後はいっそうの地域振興に期待がかかる。=1967(昭和42)年3月14日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112623577

  •  川鉄水島の火入れ式
    1967年04月18日
    川鉄水島の火入れ式

    川崎製鉄水島製鉄所は第一溶鉱炉に火入れをし、鉄鋼一貫生産のスタートを切った。火入れ式では神事の後、藤本川鉄社長、加藤県知事、大山倉敷市長ら5人がたいまつに点火、溶鉱炉の羽口から一斉に差し込んで〝鉄の火〞を燃え上がらせた。=1967(昭和42)年4月18日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120622423

  •  自走草刈り機活躍
    1967年05月15日
    自走草刈り機活躍

    菜種梅雨で伸びた道端の草刈りに自走草刈り機が登場。建設省中国地建岡山工事事務所が岡山県庄村(現倉敷市庄)など国道2号の路肩に茂った雑草退治に使っている。草刈り機に設置された大きなノコギリで1日8キロの道のりをごしごし散髪しながら走っており、草刈り機が通過した後は、きれいさっぱり。走りやすい道路になっていた。=1967(昭和42)年5月15日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112623599

  •  高梁川の川原放牧
    1967年05月17日
    高梁川の川原放牧

    川面や中州をバックにホルスタイン乳牛が放牧されている。ここは倉敷市西阿知の高梁川河川敷。早朝から世話人が農家の牛を集めて放牧し、面倒をみていた。後方に山陽線の鉄橋を走る列車が見える。のどかな風景は、高梁川の風物詩だった。=1967(昭和42)年5月17日、岡山県倉敷市西阿知、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120622309

  •  船でアスファルトの舗装道路に出発
    1967年05月18日
    船でアスファルトの舗装道路に出発

    岡山市内の中学校の修学旅行第1陣が出発した。中学生は列車と船のコースに分かれ、陸路は岡山駅から、航路は倉敷市水島港から北九州方面へ3泊4日の旅路に就いた。往復コースの片便を列車と船の利用で〝旅を一層楽しくしよう〞と行っており、今年で4回目。船旅は初めての生徒も多く、中学生は期待に胸膨らませながら修学旅行船「ふたば丸」に乗船していた。=1967(昭和42)年5月18日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112623610

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1967年05月22日
    岡山市 ゴリラの着ぐるみ

    春の交通安全運動が始まり、岡山、倉敷市では交通安全を訴える数々の行事が繰り広げられた。岡山市の表町では、岡山大のアルバイト生がシュロの皮でつくったゴリラの着ぐるみを着て、明治時代の警察官の仮装をしたお巡りさんと並んで「交通事故をなくしましょう」と呼び掛けながら歩き、道行く人たちの注目を集めていた。 =1967(昭和42)年5月22日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112623604

  •  左官さん技能競技大会
    1967年06月21日
    左官さん技能競技大会

    ずらり並んだ即席の壁にゼッケンを背に器用な手つきで壁塗りが行われていく。倉敷職業訓練所が行った左官さんの「技能競技大会」。岡山県内から一級技能士35人が集まった。変形の粗壁に下塗り、上塗りを行い、その出来上がりと作業態度を審査するもので、参加者は真剣そのものだった。=1967(昭和42)年6月21日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112623572

  •  天然プール
    1967年07月22日
    天然プール

    岡山県旧船穂町教委が、高梁川の取水口からコンクリート造り用水路の下流200メートルを区切って〝プール〞に仕立てた。見張り所・脱衣場・休憩所のほか、水面まで降りる鉄製はしごまで完備。水深も樋門の調整で自由になるという「アイデアプール」。高梁川から流れ込む清流の中で、子どもたちが水しぶきを上げながらはしゃいでいた。=1967(昭和42)年7月22日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112623541

  •  畳表のふるさと
    1967年08月31日
    畳表のふるさと

    織り上げたばかりのカラフルなイござが庭先に並ぶ。イ草の青くさいにおいがぷんと鼻をつく。都窪郡庄村栗坂(倉敷市庄地区)は、県内有数のイ草生産地で「畳表のふるさと」とも呼ばれた。稲田の上を渡る風が秋の気配を感じさせるころ。農家の納屋では自動織機の音が一斉に響きだす。=1967(昭和42)年8月ごろ=1967(昭和42)年8月31日、岡山県倉敷市 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120622351

  •  倉敷に巨大エア・ドーム
    1967年10月12日
    倉敷に巨大エア・ドーム

    白壁の街の真ん中に、エア・ドームが出現! これは倉敷市でこの月開催された国際ロータリークラブ中国地区年次大会の主会場として建設されたもの。南北78メートル、東西47メートル、高さは隣の市庁舎(現・市立美術館)より2メートル高い20メートル。赤、白、青でファンタジックに染め分けられ、まるで巨大な繭のよう。ドーム右手に倉敷国際ホテル、大原美術館など美観地区が見える。古い街並みとの鮮やかな対照が話題となった。=1967(昭和42)年10月12日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120622330

  •  真冬のカッター訓練
    1968年01月24日
    真冬のカッター訓練

    教官の号令で12本のオールが一斉に濃緑色の海水をとらえ、カッターは滑るように冬の海を突っ走る。白い帽子のあごひもが印象的な児島海員学校の生徒たちが取り組むカッター訓練。身を刺すような冷たい水しぶきを顔や手に浴びながら、見事なチームワークでこぎ進む。七つの海を夢見る生徒にとって〝忍耐〞と〝共同〞の心を養うのに、またとない実地訓練だ。=1968(昭和43)年1月24日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121801387

  •  川鉄団地の入居風景
    1968年03月31日
    川鉄団地の入居風景

    引っ越し荷物を満載したトラックやオート三輪が続々到着。倉敷市連島町鶴新田の川鉄(現・JFEスチール)団地の一角。4階建て1棟40戸(各戸3DK、ガス風呂付き)の新築25棟での入居風景。やがて人口約1万1000人のマンモス団地となる活力ある時代だった。=1968(昭和43)年3月ごろ=1968(昭和43)年3月31日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121801439

  •  土曜夜市にぎやかに
    1968年07月27日
    土曜夜市にぎやかに

    岡山県内各地で、恒例の土曜夜市が開かれていた。納涼を兼ねて訪れる買い物客の足を引き留めようと、どこも出し物に趣向を凝らす。岡山市中央商店会でも、倉敷市の下津井踊り連を招いた。メンバーらは通りの中央でにぎやかに踊りを披露。見物客らは、踊りの魅力に浸りながら夏の夜を楽しんでいた。=1968(昭和43)年7月27日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120622389

  •  紙芝居
    1968年09月26日
    紙芝居

    倉敷市の大原美術館に近い路地裏。夫婦の紙芝居に、子どもたちが目を輝かせながら見入っている。2人が紙芝居を始めて20年。教育的な題材やクイズを取り入れ、全盛期には1カ所に150人も。テレビの普及で集まる子どもの数は激減したが、2人はいつも全力投球。=1968(昭和43)年9月26日、倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121801410

  •  活気のある鴨方駅
    1969年01月01日
    活気のある鴨方駅

    山陽線鴨方駅は明治24年に営業開始した。昭和44年当時の駅舎は、大正13年に建てられ、その後一部改修された。倉敷市の水島工業地帯や笠岡市などの工場へ勤める人が増えたため、従来の貨物駅から乗客駅へ変わった。朝夕は大勢の通勤・通学客で活気を見せていた。=1969(昭和44)年ごろ=1969(昭和44)年1月1日、岡山県鴨方町(現岡山県浅口市)、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121801496

  •  若き日の星野投手
    1969年01月03日
    若き日の星野投手

    倉敷市出身の星野仙一氏。明大のエースとして活躍、ドラフト1位で中日入団が決まった星野投手はこの日、母校の倉敷商高を訪れた。当時21歳。グラウンドで屈伸運動をしたり跳び上がったり、カメラマンの注文にあれこれ応じながらも堂々と振る舞い、大器の片りんを見せた。=1969(昭和44)年1月3日、倉敷商業高校=岡山県倉敷市白楽町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121821524

  •  すだれづくり
    1969年02月22日
    すだれづくり

    〝すだれどころ〞の連島地区で、ビニール製すだれのフル生産に入った。一般家庭のクーラーなどの普及により、これまでの「日よけ」から、見た目が涼を呼ぶ「カーテン」としての用途が多くなった。青、緑、白色のストライプ模様のすだれが自動織機でどんどんつくられ、国内をはじめ米国へも輸出されている。=1969(昭和44)年2月22日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121801455

  •  シクチ釣り
    1969年06月21日
    シクチ釣り

    「かかったぞ、これは大けえ」―シクチ釣りシーズンを迎えた倉敷市玉島の高梁川の霞橋イゼキの下流。シクチはボラに似た魚で80センチ級が釣れることもあるという。川面をゆうゆうと泳ぐシクチ目掛け、鉛のついたかけ針が風を切って飛ぶ。ぐいと引き込まれるような手応え。大物を手元まで引き寄せるリールさばきに周りから歓声が上がっていた。=1969(昭和44)年6月21日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121801423

  •  企画「70年代への鼓動」
    1969年11月04日
    企画「70年代への鼓動」

    時代の花形石油化学で発展を続ける水島コンビナート=1969(昭和44)年11月4日、岡山県倉敷市水島(44年内地 5619)

    商品コード: 2011051700194

  •  川崎医科大開学式
    1970年06月01日
    川崎医科大開学式

    川崎医科大学(岡山県庄村=現倉敷市)の開学式が1日、同大講堂で行われた。式には川崎祐宣・川崎学園理事長はじめ病院、大学関係者ら約150人が出席。赤木五郎学長が「新しい医学、大学づくりのため教職員が一丸となってまい進したい。皆さんの協力を得て医療福祉の向上のために役立ちたい」とあいさつした。=1970(昭和45)年6月1日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121821526

  • スケッチ企画6011A−3 塩田風景
    1971年03月25日
    スケッチ企画6011A−3 塩田風景

    倉敷市児島に広がる流下式(枝条架式)の塩田風景。=1971(昭和46)年3月25日、倉敷市

    商品コード: 2018040100325

  • スケッチ企画6011B−38 倉敷紡績の工場跡
    1971年03月25日
    スケッチ企画6011B−38 倉敷紡績の工場跡

    倉敷紡績が明治22年に建てた工場=1971(昭和46)年3月25日、倉敷市内

    商品コード: 2018040100327

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...