KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国船級協会
  • 令和
  • 記者
  • 全長
  • 搭載
  • エンジン
  • 出発
  • 型幅
  • アジア
  • モンスター

「船級」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年10月25日
    Sail training ship “Greif“ in the shipyard

    25 October 2018, Mecklenburg-Western Pomerania, Wolgast: The sailing training ship “Greif“ lies at the Peene shipyard. The shipyard stay used for the classification and certification by Germanischer Lloyd. The ship, built in the Warnow shipyard in Rostock-Warnemünde, was put into service in 1951 as the GDR sailing training ship “Wilhelm Pieck“. After a conversion in 1991, the sailing training ship now operates under the name “Greif“. The owner is the Hanseatic city of Greifswald. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110133265

  • 2018年10月25日
    Sail training ship “Greif“ in the shipyard

    25 October 2018, Mecklenburg-Western Pomerania, Wolgast: The sailing training ship “Greif“ lies at the Peene shipyard. The shipyard stay used for the classification and certification by Germanischer Lloyd. The ship, built in the Warnow shipyard in Rostock-Warnemünde, was put into service in 1951 as the GDR sailing training ship “Wilhelm Pieck“. After a conversion in 1991, the sailing training ship now operates under the name “Greif“. The owner is the Hanseatic city of Greifswald. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110133186

  • 2018年10月25日
    Sail training ship “Greif“ in the shipyard

    25 October 2018, Mecklenburg-Western Pomerania, Wolgast: The sailing training ship “Greif“ lies at the Peene shipyard. The shipyard stay used for the classification and certification by Germanischer Lloyd. The ship, built in the Warnow shipyard in Rostock-Warnemünde, was put into service in 1951 as the GDR sailing training ship “Wilhelm Pieck“. After a conversion in 1991, the sailing training ship now operates under the name “Greif“. The owner is the Hanseatic city of Greifswald. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110133287

  • 2018年10月25日
    Sail training ship “Greif“ in the shipyard

    25 October 2018, Mecklenburg-Western Pomerania, Wolgast: The sailing training ship “Greif“ lies at the Peene shipyard. The shipyard stay used for the classification and certification by Germanischer Lloyd. The ship, built in the Warnow shipyard in Rostock-Warnemünde, was put into service in 1951 as the GDR sailing training ship “Wilhelm Pieck“. After a conversion in 1991, the sailing training ship now operates under the name “Greif“. The owner is the Hanseatic city of Greifswald. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110133175

  • 2018年10月25日
    Sail training ship “Greif“ in the shipyard

    25 October 2018, Mecklenburg-Western Pomerania, Wolgast: The sailing training ship “Greif“ lies at the Peene shipyard. The shipyard stay used for the classification and certification by Germanischer Lloyd. The ship, built in the Warnow shipyard in Rostock-Warnemünde, was put into service in 1951 as the GDR sailing training ship “Wilhelm Pieck“. After a conversion in 1991, the sailing training ship now operates under the name “Greif“. The owner is the Hanseatic city of Greifswald. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110133266

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:12.70
    2019年12月15日
    「新華社」中国の自律航行貨物船「筋斗雲0号」、珠海で初の試験航海

    中国の企業が開発した自律航行貨物船「筋斗雲0号」が15日、広東省珠海市の東澳島で初めての試験航海を行った。島の特産品を搭載した同船は汽笛を鳴らした後、港珠澳大橋1号ふ頭に向け出港し、貨物運搬テストを実施した。同船は中国船級社、武漢理工大学、珠海市政府と珠海雲洲智能科技有限公司などが共同で2017年末に着手した「筋斗雲」号小型無人貨物船プロジェクトの初代試験船かつモデル運行プラットフォームで、今年進水し、引き渡された。船体は全長12・86メートル、型幅3・8メートル、喫水1メートルで、設計上の航行速度は8ノットとなっている。プロジェクトチームによると、今後、他船舶との衝突回避や自動着港・出港の試験を行い、内陸河川での自律航行を実現させるという。(記者/荊淮僑、黄国保、鄧華)<映像内容>自律航行貨物船「筋斗雲0号」の貨物運搬テスト、撮影日:2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702469

  • 01:19.64
    2020年06月23日
    「新華社」中国初の千トン級電気推進客船が就航、武漢市の観光業を後押し

    中国初の千トン級完全電気推進客船「君旅号」が23日午後8時、湖北省武漢市の武漢関埠頭(ふとう)を出発、長江流域での観光ツアーサービスを正式に開始した。「君旅号」は、武漢旅遊発展投資集団が投資し、中国船舶重工集団公司第七一二研究所が研究開発・製造した。全長約53メートル、全幅約14メートルの客船で、乗客定員は300人。全動力源をリチウムイオン電池とする推進システムを採用し、中国船級社の「完全電気推進船舶検査ガイド」の要件を満たし、関連認証を取得した中国初の完全電気推進大型客船となる。中国船舶重工集団公司第七一二研究所の桂文彬(けい・ぶんひん)所長によると、最高時速18・5キロで、フル充電で8時間の航行が可能だという。汚染物質や廃棄物を出さない航行を実現し、全体的な騒音もより抑えられている。(記者/馮国棟)<映像内容>長江流域での観光ツアーの様子、撮影日:2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804971

  • 2021年05月26日
    中国建造の環境配慮型メガコンテナ船引き渡し上海市

    26日、上海で引き渡しが行われたメガコンテナ船「CMACGMTROCADERO」。中国上海市で26日、最大積載量2万3千TEU(20フィートコンテナ換算)級のデュアルフューエル(二元燃料)エンジンを搭載したメガコンテナ船「CMACGMTROCADERO」の命名と、仏の海運・コンテナ運送会社CMACGMへの引き渡しが行われた。同船は仏の船級協会ビューローベリタスに船級登録され、全長399・9メートル、型幅61・3メートル、設計速力22ノット、載貨重量約22万トンで、まさに「海のモンスター」といえる。北欧に向けて29日に中国を出発し、CMACGMのアジアと欧州を結ぶ航路「FAL1」に投入される。(上海=新華社記者/丁汀)=2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053108322

  • 2021年05月27日
    (1)中国建造の環境配慮型メガコンテナ船引き渡し上海市

    26日、上海で引き渡しが行われたメガコンテナ船「CMACGMTROCADERO」。中国上海市で26日、最大積載量2万3千TEU(20フィートコンテナ換算)級のデュアルフューエル(二元燃料)エンジンを搭載したメガコンテナ船「CMACGMTROCADERO」の命名と、仏の海運・コンテナ運送会社CMACGMへの引き渡しが行われた。同船は仏の船級協会ビューローベリタスに船級登録され、全長399・9メートル、型幅61・3メートル、設計速力22ノット、載貨重量約22万トンで、まさに「海のモンスター」といえる。北欧に向けて29日に中国を出発し、CMACGMのアジアと欧州を結ぶ航路「FAL1」に投入される。(上海=新華社記者/丁汀)= 配信日: 2021(令和3)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052800112

  • 2021年05月27日
    (4)中国建造の環境配慮型メガコンテナ船引き渡し上海市

    26日、上海で引き渡しが行われたメガコンテナ船「CMACGMTROCADERO」。中国上海市で26日、最大積載量2万3千TEU(20フィートコンテナ換算)級のデュアルフューエル(二元燃料)エンジンを搭載したメガコンテナ船「CMACGMTROCADERO」の命名と、仏の海運・コンテナ運送会社CMACGMへの引き渡しが行われた。同船は仏の船級協会ビューローベリタスに船級登録され、全長399・9メートル、型幅61・3メートル、設計速力22ノット、載貨重量約22万トンで、まさに「海のモンスター」といえる。北欧に向けて29日に中国を出発し、CMACGMのアジアと欧州を結ぶ航路「FAL1」に投入される。(上海=新華社記者/丁汀)= 配信日: 2021(令和3)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052800127

  • 2021年05月27日
    (2)中国建造の環境配慮型メガコンテナ船引き渡し上海市

    26日、上海で引き渡しが行われたメガコンテナ船「CMACGMTROCADERO」。中国上海市で26日、最大積載量2万3千TEU(20フィートコンテナ換算)級のデュアルフューエル(二元燃料)エンジンを搭載したメガコンテナ船「CMACGMTROCADERO」の命名と、仏の海運・コンテナ運送会社CMACGMへの引き渡しが行われた。同船は仏の船級協会ビューローベリタスに船級登録され、全長399・9メートル、型幅61・3メートル、設計速力22ノット、載貨重量約22万トンで、まさに「海のモンスター」といえる。北欧に向けて29日に中国を出発し、CMACGMのアジアと欧州を結ぶ航路「FAL1」に投入される。(上海=新華社記者/丁汀)= 配信日: 2021(令和3)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052800428

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:53.82
    2021年09月15日
    「新華社」天津港、中国曳船業界初の「スマート船舶」認証取得

    中国の天津港を運営する天津港集団所属のタグボートがこのほど、中国曳船業界初となる「スマート船舶」の認証を取得した。認証を受けたのは「津港輪31」と「津港輪32」の2隻で、船舶の格付けを行う中国船級協会(CCS)から「スマート船舶(スマートキャビン、スマートエネルギー効率、スマート統合プラットフォーム)」と「船舶ネットワークセキュリティー」のマークが付いた船舶入級証明書の交付を受けた。これにより、同集団はCCSの「スマート船舶規範」に基づいて建造され、認可を得た、国内初の全旋回式推進装置を備えたタグボートを所有することとなった。タグボートは、港に入出港する大型船舶の離着岸作業や曳航作業などを補助する高馬力エンジンを備えた船舶で、港湾作業に欠かせない役割を担う。スマートタグボートは盗難防止警報システムを初めて搭載。作業区域を自動で識別できる。また、設置されたセンサー9961個とモニタリングポイントにより、主要な電気機械設備のデータを収集・分析するほか、故障を未然に防ぐ警報機能や傾向分析機能も搭載している。(記者/李帥) =配信日: 2021(令和3)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091506544

  • 1