KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 訴訟
  • 内容
  • 和解
  • 場所
  • 外観
  • 損害賠償
  • 映像
  • 歴史
  • 父親
  • 請求

「花岡鉱山」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1994年03月22日
    秋田製錬飯島製錬所 技術は世界に向けて

    高度な精錬技術を誇る秋田製錬飯島製錬所(手前)=秋田市飯島

    商品コード: 1994032200038

  • 1994年03月22日
    花岡鉱山の事務所 円高とコスト競争の荒波

    3月31日、約80年の歴史に幕を閉じる花岡鉱山の事務所=秋田県大館市花岡

    商品コード: 1994032200034

  • 1994年03月29日
    閉坑式 花岡鉱山80年の歴史に幕

    坑道入り口前で行われた閉坑式=29日朝、秋田県大館市・花岡鉱山深沢鉱

    商品コード: 1994032900014

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年05月30日
    花岡鉱山落盤で慰霊祭 朝鮮人ら22人のめい福祈る

    父親に伴われ、祭壇に黄色いキクを献花する女の子たち=30日午前11時半、秋田県大館市花岡町

    商品コード: 1998053000116

  • 2000年12月03日
    和解を犠牲者に報告 花岡鉱山跡で慰霊の集い

    花岡事件犠牲者の慰霊碑前で手を合わせ、訴訟の和解を報告する市民団体のメンバーら=3日午後、秋田県大館市

    商品コード: 2000120300054

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:30.62
    2019年01月29日
    中国人強制連行、国賠棄却 秋田・花岡鉱山の労働者ら

    第2次大戦中に秋田県の花岡鉱山や大阪の造船所などに強制連行され、過酷な労働を強いられたとして、中国人労働者と遺族ら計19人が国に計8250万円の損害賠償と謝罪を求めた訴訟の判決で、大阪地裁(酒井良介裁判長)は29日、請求を棄却した。訴状によると、原告は1943~45年に中国の華北地方から強制連行された労働者と遺族ら。当初は3人いた労働者の原告のうち、既に2人が死亡。唯一の生存原告李鉄垂さん(95)は、花岡鉱山で過酷な労働や虐待に抵抗して蜂起し、多くの死者を出した45年の「花岡事件」にも主導的に関わった。花岡事件では、生存者が雇用主の鹿島(旧鹿島組)に損害賠償を求めた訴訟で、被害者救済基金の設立などを条件にした和解が2000年に成立した。〈映像内容〉大阪地裁の外観、原告団の入り、旗出し、原告らによる記者会見など、※記者会見の参加者は5人で着席順に右から、父親が花岡鉱山に強制連行された高新安さん、父親が大阪の造船所に強制連行された王開臣さん、丹羽雅雄弁護団長。残る2人は中国側支援者(右から4番目)と日本側支援者(右から5番目)です、撮影日:2019(平成31)年1月29日、撮影場所:大阪府大阪市北区

    商品コード: 2019013011739

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:39.73
    2020年02月04日
    中国人強制連行二審も敗訴 秋田・花岡鉱山の労働者ら

    太平洋戦争中に秋田県の花岡鉱山や大阪の造船所などに強制連行され、過酷な労働を強いられたとして、中国人労働者と遺族ら計21人が国に計8250万円の損害賠償と謝罪を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は4日、請求を棄却した一審大阪地裁判決を支持し、原告側控訴を退けた。<映像内容>原告側の入り、旗出し、原告側の会見、大阪高裁の外観、撮影日:2020(令和2)年2月4日、撮影場所:大阪府大阪市

    商品コード: 2020020609588

  • 1