KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 秋吉台国際芸術村
  • ニトリ小樽芸術村
  • 記者
  • 平成
  • 交流
  • 女性
  • 若者
  • きっかけ
  • そば
  • りょう

「芸術村」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
32
( 1 32 件を表示)
  • 1
32
( 1 32 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    ARTE IBERICO.

    ARTE IBERICO. ESPAÑA. POBLADO IBERICO DEL “MOLI D‘ESPIGOL“. Su construcción se inició en el año 400 a. C. Vista general de los restos. TORNABOUS. Comarca de l‘Urgell. Provincia de Lleida. Cataluña.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020042306416

  • 1995年01月25日
    「どんこや」の販売店 障害者芸術村が好スタート

    宮崎障害者芸術村「どんこや」の販売店とメンバー=19日、宮崎市内

    商品コード: 1995012500002

  • 1996年10月04日
    オープンする市民芸術村 若者の創作活動の場誕生

    レンガ造りの倉庫群を改修、若者文化の拠点として利用される「金沢市民芸術村」=金沢市大和町

    商品コード: 1996100400003

  • 1997年07月28日
    移設される「鹿の窓」 松江にティファニー美術館

    松江市の「湖北芸術村(仮称)」に移設されるルイス・C・ティファニー美術館のステンドグラス「鹿の窓」=28日午後、名古屋市瑞穂区

    商品コード: 1997072800080

  • 1998年08月11日
    テープカット 秋吉台から芸術文化を発信

    秋吉台国際芸術村が完成し、テープカットする二井関成・山口県知事(中央)ら=11日午前10時45分、山口県秋芳町

    商品コード: 1998081100063

  • 1998年09月04日
    来村正志さん

    秋吉台国際芸術村の初代村長になった来村正志(きむら・まさし)さん

    商品コード: 1998090400069

  • 1998年10月10日
    秋吉台国際芸術村 プロと一緒に創作活動

    「アーティスト・イン・レジデンス」のプログラムが始まる秋吉台国際芸術村=山口県秋芳町

    商品コード: 1998101000033

  • 1999年06月07日
    渡辺和子さん いつか自分の芸術村を

    「舞台でいろいろな実験をやりたい」と話す渡辺和子さん

    商品コード: 1999060700052

  • 2000年01月14日
    おばあさんの遺産

    南アフリカのニューベセスダという活気がない保守的な村が、画家や作家たちが集まる「芸術村」に変身したのは、二十四年前まで村に住んでいたヘレン・マーチンスさんのおかげ。七十六歳で、身寄りもなく、人知れず自ら命を絶ったヘレンばあさんは、たくさんの彫像を残した。今では、こうした彫刻や「フクロウの家」と名付けられた自宅を一目見ようとたくさんの観光客が訪れている。(ロイター=共同)

    商品コード: 2000011400053

  • 2001年03月22日
    けいこする若手演劇人 日韓若手が演劇を共同制作

    公演を前に合同けいこに励む日韓の若手演劇人=17日午後、山口県秋芳町の秋吉台国際芸術村

    商品コード: 2001032200102

  • 2002年03月20日
    けいこする韓国の劇団員ら 「薮の中」日韓で競演へ

    芥川竜之介の「薮の中」を原作にした演劇のけいこをする韓国の劇団員ら=山口県の秋吉台国際芸術村

    商品コード: 2002032000003

  • 2002年03月21日
    韓国劇団のメンバー 日韓若手が芥川を競演

    芥川竜之介原作の「薮の中」を演じる韓国・ソウル市の劇団のメンバー=21日夜、山口県秋芳町の秋吉台国際芸術村

    商品コード: 2002032100169

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年02月22日
    負傷したアーティスト 芸術村で邦人ら負傷

    北京市郊外の芸術村で立ち退きをめぐり暴行され、負傷した中国人アーティストの男性=22日(共同)

    商品コード: 2010022200563

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年02月22日
    中国人アーティストら 芸術村で邦人ら負傷

    暴行を受け、北京市内の長安街で抗議デモを行う芸術村の中国人アーティストたち=22日(共同)

    商品コード: 2010022200606

  • 2011年07月21日
    深〓(☆土ヘンに川)の油絵村 油絵でも「世界の工場」

    中国広東省深〓(☆土ヘンに川)市の芸術村「大芬油絵村」(共同)

    商品コード: 2011072100440

  • 2012年05月18日
    気付いて!

    北京にある芸術村の巨大な彫像の前を通り過ぎる女性。こんなにも奇妙な見た目なのに、気にも留めていない様子。(UPI=共同)

    商品コード: 2012051800184

  • 2016年07月23日
    似鳥昭雄会長ら ニトリが小樽に芸術村

    「ニトリ小樽芸術村」でステンドグラスを見学する似鳥昭雄会長(左から2人目)ら=23日午前、北海道小樽市

    商品コード: 2016072300128

  • 2016年07月23日
    展示品と似鳥会長ら ニトリが小樽に芸術村

    「ニトリ小樽芸術村」で展示されるステンドグラスと似鳥昭雄会長(中央左)、高橋はるみ北海道知事(同右)ら=23日午前、北海道小樽市

    商品コード: 2016072300129

  • 2017年02月21日
    目録受け取る森井市長 「トイレ洋式に」と1億円

    ニトリ小樽芸術村の支配人(左)から目録を受け取る北海道小樽市の森井秀明市長=21日、小樽市役所

    商品コード: 2017022100907

  • 2018年02月02日
    中国河北省黄驊市、無形文化財の切り紙で春節を迎える

    2日、中国河北省黄驊市東常荘の切り紙芸術村で、無形文化財「渤海漁村切り紙」の代表的な伝承者である韓宝菊氏と村民が共に切り絵作品を展示する様子。【新華社河北滄州】戌年の新年を控え、河北省黄驊市東常荘の切り紙芸術村では、人々が様々な切り紙の作品を作り、年越しの準備をする。河北省黄驊市の切り紙は、長い歴史を持ち、テーマも山・木・花・鳥・虫・魚、生活シーンなど大変豊富だ。黄驊市の「渤海漁村切り紙」は河北省の第4回省級無形文化財遺産に登録された。(新華社記者/牟宇) =2018(平成30)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600835

  • 2018年02月02日
    中国河北省黄驊市、無形文化財の切り紙で春節を迎える

    2日、河北省黄驊市東常荘切り紙風情芸術町で、切り紙の作品を展示している村民。 【新華社河北滄州】戌年の新年を控え、河北省黄驊市東常荘の切り紙芸術村では、人々が様々な切り紙の作品を作り、年越しの準備をする。河北省黄驊市の切り紙は、長い歴史を持ち、テーマも山・木・花・鳥・虫・魚、生活シーンなど大変豊富だ。黄驊市の「渤海漁村切り紙」は河北省の第4回省級無形文化財遺産に登録された。(新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600842

  • 2018年02月02日
    中国河北省黄驊市、無形文化財の切り紙で春節を迎える

    2日、中国河北省黄驊市東常荘の切り紙芸術村で、無形文化財「渤海漁村切り紙」の代表的な伝承者である韓宝菊氏が作品「金犬旺春(金の犬が吠えて春節を迎える)」を展示している。【新華社河北滄州】戌年の新年を控え、河北省黄驊市東常荘の切り紙芸術村では、人々が様々な切り紙の作品を作り、年越しの準備をする。河北省黄驊市の切り紙は、長い歴史を持ち、テーマも山・木・花・鳥・虫・魚、生活シーンなど大変豊富だ。黄驊市の「渤海漁村切り紙」は河北省の第4回省級無形文化財遺産に登録された。(新華社記者/牟宇) =2018(平成30)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600828

  • 2018年02月02日
    中国河北省黄驊市、無形文化財の切り紙で春節を迎える

    2日、中国河北省黄驊市東常荘の切り紙芸術村で、無形文化財「渤海漁村切り紙」の代表的な伝承者である韓宝菊氏(右二)が村民に切り紙を教える様子。【新華社河北滄州】戌年の新年を控え、河北省黄驊市東常荘の切り紙芸術村では、人々が様々な切り紙の作品を作り、年越しの準備をする。河北省黄驊市の切り紙は、長い歴史を持ち、テーマも山・木・花・鳥・虫・魚、生活シーンなど大変豊富だ。黄驊市の「渤海漁村切り紙」は河北省の第4回省級無形文化財遺産に登録された。(新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600826

  • 2018年09月06日
    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者

    「石は歌う」芸術村で、観光客の子供に、ハンマーで「歌える」石を叩くやり方を紹介する林宜臻さん(右から2番目)。(9月6日撮影)中国福建省平潭総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924958

  • 2018年09月07日
    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者

    北港村の民宿「石頭厝」(せきとうさく)で客室を整える林宜臻さんとパートナ。(9月7日撮影)中国福建平潭総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924944

  • 2018年09月07日
    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者

    「石は歌う」芸術村カフェの入り口を開け、開店準備をする林宜臻さん。(9月7日撮影)中国福建省平潭総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924942

  • 2018年09月07日
    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者

    福建省福州市平潭県流水鎮北港村中国福建省福州市平潭県総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924842

  • 2018年09月07日
    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者

    北港村の民宿「石頭厝」(せきとうさく)で話をする林宜臻さんと、彼氏の廖哲緯さん。(9月7日撮影)中国福建省平潭総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924954

  • 2018年09月07日
    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者

    「石は歌う」芸術村カフェーでマレーシアから来た客を接待する林宜臻さん。(9月7日撮影)。中国福建省平潭総合実験区総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924923

  • 2018年09月07日
    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者

    平潭県北港村「石は歌う」芸術村で見物する観光客。(9月7日撮影)中国福建省平潭総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924905

  • 02:46.72
    2019年11月18日
    「新華社」芸術が山村に光を灯す浙江省寧海県

    中国人民大学芸術学院の芸術家が2019年上半期、中国浙江省寧海(ねいかい)県葛家(かつか)村で、「村の芸術家」試験を実施した。郷土の農民との交流、相互の活動、融合を行い、農村芸術家100人以上が誕生し、葛家村は芸術村となった。村民らは、芸術家の指導の下、現地で材料を集め、現地の竹や古布などを使い、味わい深い山村の風景を描き出した。(記者/宋立峰)<映像内容>芸術村となった山村の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112003850

  • 02:54.24
    2022年04月29日
    Bangladesh village houses shine bright with colorful folk arts

    STORY: Bangladesh village houses shine bright with colorful folk artsDATELINE: April 29, 2022LENGTH: 00:02:54LOCATION: CHAPAINAWABGANJ, BangladeshCATEGORY: CULTURESHOTLIST:1. various of women painting2. various of motifs3. SOUNDBITE (Bengali): DAYKHON BARMAN, Local artistSTORYLINE:Almost all the houses in a village in Bangladesh‘s Chapainawabganj district, some 302 km northwest of the capital Dhaka, are adorned with traditional art called Alpona.In the village, every mud house wall is a canvas, while their inhabitants are artisans.The colorful motifs on the exterior walls of the houses have won the village the fame of “Alpona Gram (art village)“ of the country.Motifs on as many as 50 houses in the Tikoil village are drawn by women.Daykhon Barman is one of the elderly village ladies who said she got married between the ages of 12 and 13...= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051003989

  • 1