KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • カトリック
  • ゴシック様式
  • ペンニャ
  • マカオ教区
  • マカオ文物
  • 中国マカオ
  • 主教山小
  • 教区司教
  • 文物リスト
  • 西山望洋

「芸術的価値」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
74
( 1 74 件を表示)
  • 1
74
( 1 74 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年12月20日
    (2)上海で中国印章文化展、貴重な名品560点を展示

    18日、中国印章文化展で展示された明代の白芙蓉石獅子鈕印。中国の印章は殷商時代に出現して以降、3千年以上にわたり受け継がれ、実用価値以外にも極めて高い歴史的、芸術的価値を持つ。上海市嘉定区の韓天衡美術館で18日、「心心相印-中国印章文化展」が開幕した。同美術館のほか西泠印社や河南印社、国内外の収集家が収蔵する印章に関する名品560点を展示し、中国印章文化の悠久の歴史を紹介している。中国の印章芸術は、印章や印譜(印影を掲載した書籍)、印材など多岐にわたる。今回展示された古印章は、先秦時代の官璽(かんじ)・私璽(しじ)から明清時代以降の各流派の篆刻まで、2千年以上の年代にまたがり、三国時代の「関中侯印」金印など珍しい印章も含まれる。古印譜は明清時代の名人の印影を集めたものが中心。青田石や昌化石、寿山石、巴林石など各地の石印材も展示され、清代から伝わる名品もあれば、近現代の印鈕(印章のつまみ部分)彫刻作品もある。会期は2021年3月30日まで。(上海=新華社記者/王婧媛)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (1)上海で中国印章文化展、貴重な名品560点を展示

    18日、中国印章文化展の体験コーナーで名人の篆刻作品を模写する来場者。中国の印章は殷商時代に出現して以降、3千年以上にわたり受け継がれ、実用価値以外にも極めて高い歴史的、芸術的価値を持つ。上海市嘉定区の韓天衡美術館で18日、「心心相印-中国印章文化展」が開幕した。同美術館のほか西泠印社や河南印社、国内外の収集家が収蔵する印章に関する名品560点を展示し、中国印章文化の悠久の歴史を紹介している。中国の印章芸術は、印章や印譜(印影を掲載した書籍)、印材など多岐にわたる。今回展示された古印章は、先秦時代の官璽(かんじ)・私璽(しじ)から明清時代以降の各流派の篆刻まで、2千年以上の年代にまたがり、三国時代の「関中侯印」金印など珍しい印章も含まれる。古印譜は明清時代の名人の印影を集めたものが中心。青田石や昌化石、寿山石、巴林石など各地の石印材も展示され、清代から伝わる名品もあれば、近現代の印鈕(印章のつまみ部分)彫刻作品もある。会期は2021年3月30日まで。(上海=新華社記者/王婧媛)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (4)上海で中国印章文化展、貴重な名品560点を展示

    18日、中国印章文化展で展示された寿山石の印章。中国の印章は殷商時代に出現して以降、3千年以上にわたり受け継がれ、実用価値以外にも極めて高い歴史的、芸術的価値を持つ。上海市嘉定区の韓天衡美術館で18日、「心心相印-中国印章文化展」が開幕した。同美術館のほか西泠印社や河南印社、国内外の収集家が収蔵する印章に関する名品560点を展示し、中国印章文化の悠久の歴史を紹介している。中国の印章芸術は、印章や印譜(印影を掲載した書籍)、印材など多岐にわたる。今回展示された古印章は、先秦時代の官璽(かんじ)・私璽(しじ)から明清時代以降の各流派の篆刻まで、2千年以上の年代にまたがり、三国時代の「関中侯印」金印など珍しい印章も含まれる。古印譜は明清時代の名人の印影を集めたものが中心。青田石や昌化石、寿山石、巴林石など各地の石印材も展示され、清代から伝わる名品もあれば、近現代の印鈕(印章のつまみ部分)彫刻作品もある。会期は2021年3月30日まで。(上海=新華社記者/王婧媛)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (5)上海で中国印章文化展、貴重な名品560点を展示

    18日、中国印章文化展を鑑賞する来場者。中国の印章は殷商時代に出現して以降、3千年以上にわたり受け継がれ、実用価値以外にも極めて高い歴史的、芸術的価値を持つ。上海市嘉定区の韓天衡美術館で18日、「心心相印-中国印章文化展」が開幕した。同美術館のほか西泠印社や河南印社、国内外の収集家が収蔵する印章に関する名品560点を展示し、中国印章文化の悠久の歴史を紹介している。中国の印章芸術は、印章や印譜(印影を掲載した書籍)、印材など多岐にわたる。今回展示された古印章は、先秦時代の官璽(かんじ)・私璽(しじ)から明清時代以降の各流派の篆刻まで、2千年以上の年代にまたがり、三国時代の「関中侯印」金印など珍しい印章も含まれる。古印譜は明清時代の名人の印影を集めたものが中心。青田石や昌化石、寿山石、巴林石など各地の石印材も展示され、清代から伝わる名品もあれば、近現代の印鈕(印章のつまみ部分)彫刻作品もある。会期は2021年3月30日まで。(上海=新華社記者/王婧媛)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (6)上海で中国印章文化展、貴重な名品560点を展示

    18日、中国印章文化展で展示された清代の「西泠四家印譜附後四家」。中国の印章は殷商時代に出現して以降、3千年以上にわたり受け継がれ、実用価値以外にも極めて高い歴史的、芸術的価値を持つ。上海市嘉定区の韓天衡美術館で18日、「心心相印-中国印章文化展」が開幕した。同美術館のほか西泠印社や河南印社、国内外の収集家が収蔵する印章に関する名品560点を展示し、中国印章文化の悠久の歴史を紹介している。中国の印章芸術は、印章や印譜(印影を掲載した書籍)、印材など多岐にわたる。今回展示された古印章は、先秦時代の官璽(かんじ)・私璽(しじ)から明清時代以降の各流派の篆刻まで、2千年以上の年代にまたがり、三国時代の「関中侯印」金印など珍しい印章も含まれる。古印譜は明清時代の名人の印影を集めたものが中心。青田石や昌化石、寿山石、巴林石など各地の石印材も展示され、清代から伝わる名品もあれば、近現代の印鈕(印章のつまみ部分)彫刻作品もある。会期は2021年3月30日まで。(上海=新華社記者/王婧媛)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (3)上海で中国印章文化展、貴重な名品560点を展示

    18日、中国印章文化展で展示された三国時代の「関中侯印」金印。中国の印章は殷商時代に出現して以降、3千年以上にわたり受け継がれ、実用価値以外にも極めて高い歴史的、芸術的価値を持つ。上海市嘉定区の韓天衡美術館で18日、「心心相印-中国印章文化展」が開幕した。同美術館のほか西泠印社や河南印社、国内外の収集家が収蔵する印章に関する名品560点を展示し、中国印章文化の悠久の歴史を紹介している。中国の印章芸術は、印章や印譜(印影を掲載した書籍)、印材など多岐にわたる。今回展示された古印章は、先秦時代の官璽(かんじ)・私璽(しじ)から明清時代以降の各流派の篆刻まで、2千年以上の年代にまたがり、三国時代の「関中侯印」金印など珍しい印章も含まれる。古印譜は明清時代の名人の印影を集めたものが中心。青田石や昌化石、寿山石、巴林石など各地の石印材も展示され、清代から伝わる名品もあれば、近現代の印鈕(印章のつまみ部分)彫刻作品もある。会期は2021年3月30日まで。(上海=新華社記者/王婧媛)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.10
    2020年09月13日
    「新華社」華麗な装飾が美しい広恵寺の華塔を訪ねて河北省石家荘市

    中国河北省石家荘市正定県にある広恵寺は、唐の貞元年間(785~805年)に建造された。最盛期の寺域は東西196メートル、南北239メートルの規模で、南から北に向かって天王殿、前殿、華塔などの建物が並んでいた。しかし、寺院の建物はとうの昔に失われ、今では華塔のみが丘の上にそびえている。記録によると、現存する華塔は金の大定年間(1161~1189年)に再建された重要な遺跡であり、後に明・清代にも修復が行われたという。塔の高さは33・35メートルで、塔の上半分にさまざまな装飾が施されているのが主な特徴となっている。この種の塔の形式は宋・遼・金代に形成されたが、元代以降はほとんど見られず、国内に現存する華塔の総数も十数基に過ぎない。同塔の芸術的価値と中国建築史における重要性は、古建築界でも広く認められており、1961年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(記者/李継偉)<映像内容>広恵寺の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:22.30
    2020年05月28日
    「新華社」河南省の黄河河畔で大型古墓群見つかる出土品は2千点以上

    中国河南省の三門峡市文物考古研究所はこのほど、同市湖浜区の黄河河畔で大型古墓群を発見したと明らかにした。各時代の墓葬600基余りを発掘し、遺物2千点余りが出土した。同研究所の鄭立超(てい・りつちょう)所長によると、古墓群は黄河南岸から500メートルの後川村にある。同地で2017年10月から始まったバラック地区の改造事業に合わせて実施した3度の探査発掘で3万7600平方メートルを調査。各時代の墓葬600基余りを発見した。時代は主に秦漢時代(紀元前3世紀~3世紀)、唐宋時代(7世紀~13世紀)、明清時代(14世紀~20世紀)に分かれており、中でも秦漢時代の墓が多く、300基近く見つかった。これまでに発掘を終えた墓葬602基からは、土器や銅器、鉄器、金銀器、玉器、磁器、石器、骨器・蚌器(大型の貝殻から作られた道具)などの器物2千点余りが出土した。首を曲げたハクチョウの頭部をかたどった青銅製のつぼ「鵝首曲頚青銅壺(がしゅけいじんせいどうこ)」や玉の剣具、玉を象眼した銅製の帯鈎(たいこう)、銘文のある銅器など、独特な造型を持ち精巧に作られた器物も多く見つかった。いずれも高い歴史的、芸術的価値を持つ希少な副葬品だという。秦漢時代の墓葬から「陝亭」「陝市」と刻印された副葬品が見つかったほか、唐~元代の墓誌には陝州に関する直接的な記述があった。専門家は、墓が秩序正しく並び、同時代の墓葬ではエリアの重なりが見られないことや旧陝州城の近くにあることから、陝州城の人々が代々使用した集団墓地だった可能性を指摘。しかも計画に基づき整備されたものだとの見方を示した。専門家はまた、今回の大型古墓群の発見と発掘により、三門峡地区が政治的中心の移転に伴い次第に隆盛から衰退へ向かった過程が明らかになったと説明。中でも大量に見つかった秦墓と前漢墓は、同地区の墓葬の変化を知る上で貴重な資料になると述べた。(記者/楊金鑫、李麗静)<映像内容>河南省の黄河河畔大型古墓群を発見、発掘作業の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県

    25日、スイ族の女性に馬尾繍を指導する伝承者。中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県

    25日、スイ族の女性に馬尾繍を指導する伝承者。中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡の内部。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡の外観。(小型無人機から)中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡を散策する観光客。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡の門の敷居に座り遊ぶ子どもたち。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡を散策する観光客。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡の外観。(小型無人機から)中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡の外観。(小型無人機から)中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡前の練兵場で地元の出し物「打黒獅」を披露する村民。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡前の練兵場で地元の出し物「打黒獅」と「安貞旌鼓」を披露する村民。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡の内観。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月28日
    大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省

    28日、安貞堡前の練兵場で地元の出し物「安貞旌鼓」を披露する村民。中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県

    スイ族の馬尾繍。(2019年12月24日撮影)中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県

    スイ族の馬尾繍。(2019年12月24日撮影)中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県

    馬尾繍を刺繍するスイ族の女性。(2019年12月24日撮影)中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月18日
    漢代の簡牘「漢簡」が出版甘粛省蘭州市

    18日、研究成果発表会の会場で「懸泉漢簡」と「玉門関漢簡」を閲覧する専門家ら。中国甘粛省蘭州市の簡牘(かんどく)博物館は18日、同市で「懸泉漢簡」「玉門関漢簡」研究成果発表会を行った。同省で出土した漢代の簡牘である「懸泉漢簡」と「玉門関漢簡」が20年余りの整理と研究を経て出版された。これは学術界が「両漢(前漢と後漢)」「西北」「シルクロード」などのテーマで研究を行う際の、レベルの高い一次資料となる。同省で出土した簡牘は、中国の中古時代(魏・晋・南北朝・隋・唐の時期)の百科全書であると同時に、古代シルクロードが開かれ隆盛した証しとして、極めて高い歴史的、科学的、芸術的価値を持つ。簡牘とは、竹の札に書かれた文書、竹簡(ちくかん)と木の札に書かれた文書、木牘(もくとく)を合わせた呼称。(蘭州=新華社配信/郎兵兵)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月18日
    漢代の簡牘「漢簡」が出版甘粛省蘭州市

    18日、甘粛簡牘博物館の最新の研究成果として出版された「懸泉漢簡」。中国甘粛省蘭州市の簡牘(かんどく)博物館は18日、同市で「懸泉漢簡」「玉門関漢簡」研究成果発表会を行った。同省で出土した漢代の簡牘である「懸泉漢簡」と「玉門関漢簡」が20年余りの整理と研究を経て出版された。これは学術界が「両漢(前漢と後漢)」「西北」「シルクロード」などのテーマで研究を行う際の、レベルの高い一次資料となる。同省で出土した簡牘は、中国の中古時代(魏・晋・南北朝・隋・唐の時期)の百科全書であると同時に、古代シルクロードが開かれ隆盛した証しとして、極めて高い歴史的、科学的、芸術的価値を持つ。簡牘とは、竹の札に書かれた文書、竹簡(ちくかん)と木の札に書かれた文書、木牘(もくとく)を合わせた呼称。(蘭州=新華社配信/郎兵兵)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月18日
    漢代の簡牘「漢簡」が出版甘粛省蘭州市

    18日、甘粛簡牘博物館の最新の研究成果として出版された「懸泉漢簡」。中国甘粛省蘭州市の簡牘(かんどく)博物館は18日、同市で「懸泉漢簡」「玉門関漢簡」研究成果発表会を行った。同省で出土した漢代の簡牘である「懸泉漢簡」と「玉門関漢簡」が20年余りの整理と研究を経て出版された。これは学術界が「両漢(前漢と後漢)」「西北」「シルクロード」などのテーマで研究を行う際の、レベルの高い一次資料となる。同省で出土した簡牘は、中国の中古時代(魏・晋・南北朝・隋・唐の時期)の百科全書であると同時に、古代シルクロードが開かれ隆盛した証しとして、極めて高い歴史的、科学的、芸術的価値を持つ。簡牘とは、竹の札に書かれた文書、竹簡(ちくかん)と木の札に書かれた文書、木牘(もくとく)を合わせた呼称。(蘭州=新華社配信/郎兵兵)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月17日
    金と玉の結合から生まれた気品ある逸品北京玉彫

    17日、北京工業職業技術学院で、金の糸を玉の指輪「玉扳指」に埋め込む郭衛軍さん。玉雕(ぎょくちょう)と呼ばれる玉の彫刻は、「燕京八絶(北京の8大工芸)」の一つ。2008年に第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。玉彫の技法をもとに編み出された「玉彫金銀錯(きんぎんさく)」は、金や銀などを玉に象眼(象嵌)する技法で、高い技術力と芸術的価値を持つ。2017年に「中国玉彫大師」に選ばれた郭衛軍(かく・えいぐん)さんは、中国の「玉彫金銀錯」技法を受け継ぐ代表的な青年職人として名高い。(北京=新華社配信/彭子洋)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月17日
    金と玉の結合から生まれた気品ある逸品北京玉彫

    17日、北京工業職業技術学院の教室で、玉壺(ぎょっこ)のつや出し作業のやり方を弟子に教える郭衛軍さん(左)。玉雕(ぎょくちょう)と呼ばれる玉の彫刻は、「燕京八絶(北京の8大工芸)」の一つ。2008年に第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。玉彫の技法をもとに編み出された「玉彫金銀錯(きんぎんさく)」は、金や銀などを玉に象眼(象嵌)する技法で、高い技術力と芸術的価値を持つ。2017年に「中国玉彫大師」に選ばれた郭衛軍(かく・えいぐん)さんは、中国の「玉彫金銀錯」技法を受け継ぐ代表的な青年職人として名高い。(北京=新華社配信/彭子洋)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月17日
    金と玉の結合から生まれた気品ある逸品北京玉彫

    17日、北京工業職業技術学院で、郭衛軍さんが玉に溝を彫っている。玉雕(ぎょくちょう)と呼ばれる玉の彫刻は、「燕京八絶(北京の8大工芸)」の一つ。2008年に第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。玉彫の技法をもとに編み出された「玉彫金銀錯(きんぎんさく)」は、金や銀などを玉に象眼(象嵌)する技法で、高い技術力と芸術的価値を持つ。2017年に「中国玉彫大師」に選ばれた郭衛軍(かく・えいぐん)さんは、中国の「玉彫金銀錯」技法を受け継ぐ代表的な青年職人として名高い。(北京=新華社配信/彭子洋)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月17日
    金と玉の結合から生まれた気品ある逸品北京玉彫

    17日、北京工業職業技術学院で、郭衛軍さんが金の糸を玉の指輪「玉扳指」に埋め込んでいる。玉雕(ぎょくちょう)と呼ばれる玉の彫刻は、「燕京八絶(北京の8大工芸)」の一つ。2008年に第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。玉彫の技法をもとに編み出された「玉彫金銀錯(きんぎんさく)」は、金や銀などを玉に象眼(象嵌)する技法で、高い技術力と芸術的価値を持つ。2017年に「中国玉彫大師」に選ばれた郭衛軍(かく・えいぐん)さんは、中国の「玉彫金銀錯」技法を受け継ぐ代表的な青年職人として名高い。(北京=新華社配信/彭子洋)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月17日
    金と玉の結合から生まれた気品ある逸品北京玉彫

    17日、北京工業職業技術学院の教室で撮影に応じる郭衛軍さん。郭さんは毎週、同校で玉雕の授業を行っている。玉雕(ぎょくちょう)と呼ばれる玉の彫刻は、「燕京八絶(北京の8大工芸)」の一つ。2008年に第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。玉彫の技法をもとに編み出された「玉彫金銀錯(きんぎんさく)」は、金や銀などを玉に象眼(象嵌)する技法で、高い技術力と芸術的価値を持つ。2017年に「中国玉彫大師」に選ばれた郭衛軍(かく・えいぐん)さんは、中国の「玉彫金銀錯」技法を受け継ぐ代表的な青年職人として名高い。(北京=新華社配信/彭子洋)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月17日
    金と玉の結合から生まれた気品ある逸品北京玉彫

    17日、北京工業職業技術学院で、郭衛軍さんが金の糸を玉の指輪「玉扳指」に埋め込んでいる。玉雕(ぎょくちょう)と呼ばれる玉の彫刻は、「燕京八絶(北京の8大工芸)」の一つ。2008年に第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。玉彫の技法をもとに編み出された「玉彫金銀錯(きんぎんさく)」は、金や銀などを玉に象眼(象嵌)する技法で、高い技術力と芸術的価値を持つ。2017年に「中国玉彫大師」に選ばれた郭衛軍(かく・えいぐん)さんは、中国の「玉彫金銀錯」技法を受け継ぐ代表的な青年職人として名高い。(北京=新華社配信/彭子洋)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、三国志の故事「絶纓(ぜつえい)の会」をモチーフに清代に描かれた天津楊柳青年画の「誅斗椒絶纓大会」。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、展示を見学する来賓。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、スマートフォンで展示品を撮影する来場者。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、清代に描かれた制作地不詳の年画。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、展示品を見学する来賓。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、展示を見学する来賓。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、中華民国時期に描かれた上海の石版画のスケッチ「闔家歓(幸せな家族)」。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、清代に描かれた天津楊柳青年画の「吸煙美人(きせるを吸う美人)」。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、馮驥才氏(右)に大型の古版年画を贈呈する山東芸術学院の王力克(おう・りきこく)院長(左)。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月16日
    中国木版年画国際会議、天津大学で開催

    16日、展示された年画を貼り付けた紙箱。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.95
    2019年10月15日
    「新華社」長江の水中深く、1200年の水文史を刻む博物館重慶市涪陵区

    三峡ダムの水位が175メートルまで上昇するのに伴って史跡の白鶴梁題刻が長江の底に水没してしまうのを防ぐため、中国は2003年から白鶴梁題刻保護事業をスタートさせた。そして2009年、水深40メートルの水中に白鶴梁水下博物館が建設された。この「世界初の潜水せずに行ける水中遺跡博物館」は今年開館10周年を迎えた。白鶴梁題刻は本来、重慶市涪陵区を流れる長江の中ほどにそびえ立つ、全長が約1・6キロ、幅は平均で約15メートルの天然の石梁だった。伝説によると、北魏時代(386~534年)この付近の長江の岸辺には一面の林が広がり、石の上に白い鶴が無数に群がっていたことから、「白鶴梁」の名がついたという。石梁には西暦763年~1963年の間に刻まれた165段にわたる文字が残る。それらは長江の涪陵区間を流れる1200年余りに及ぶ渇水水文の記録であり、その極めて高い水文科学的価値から、この石梁は「世界最古の水文観測所」と称えられている。石梁の表面には清代康熙年間に刻まれた一対の魚の彫刻もある。この魚の目が並ぶラインがちょうど長江涪陵区間の水位標の零点高(水位を測る基準面の標高)に当たることから、「長江標準眼」とも呼ばれる。また、ここの石梁には歴代の文人墨客が刻んだ3万字に上る碑文が残されていることから「水中の碑林」の異名も持つ。これらの際立った歴史的、科学的、芸術的価値に鑑み、1988年に白鶴梁題刻は中国の重点文物保護単位に指定された。白鶴梁題刻保護事業は、これまで世界で行われた河川の水中文化財保護事業の中でも、関連する工学技術分野が最も多岐にわたり、最も難易度の高いプロジェクトだった。10年にわたる事前検証と7年間の建設工事を経て、2009年に元々ある場所に「世界初の潜水せずに行ける水中遺跡博物館」が完成し、水中文化遺跡を本来の場所で科学的に保護する試みが成功した。現在、人々は長さ90メートルのエスカレーターに乗ってこの全長68メートル、外径約3・8メートルの見学通路へ下降し、23ある鑑賞用の窓から、保護カバーに覆われて水中で静かに横たわる白鶴梁をはっきりと見ることができる。(記者/黎華玲、楊仕彦)<映像内容>潜水せずに行ける水中遺跡博物館の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、「ペンニャ教会」の前に立つマリア像。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、「ペンニャ教会」の敷地内にたたずむ獅子の石像。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、「ペンニャ教会」の敷地内に立つ十字架。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」の屋根部分。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、「ペンニャ教会」の前に立つマリア像。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」の内部。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」の外観。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」からの眺めを楽しむ観光客。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、「ペンニャ教会」の屋根頂部に立つ石像。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂から望むマカオ・タワー。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日に撮影した「ペンニャ教会」を囲む外壁。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に立つマリア像と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月06日
    針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡

    6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡の作品を仕立てる韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月06日
    針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡

    6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡の作品を見せる韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月06日
    針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡

    6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡の完成品を確認する、馬尾繡の無形文化遺産伝承者、韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月06日
    針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡

    6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡の図案の下書きをする韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月06日
    針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡

    6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡の展示品を整える韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月06日
    針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡

    6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡に使う馬の尻尾の毛を選ぶ韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月06日
    針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡

    6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬尾繡を制作する韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月06日
    針の先の「生きた化石」シュイ族で受け継がれる馬尾繡

    6日、貴州省三都シュイ族自治県の工房で馬の尻尾の毛に絹糸を巻き付ける韋桃花(い・とうか)さん。中国貴州省三都(さんと)シュイ族自治県に主に暮らす少数民族、シュイ族に伝わる馬尾繡(馬の尻尾の毛を使った刺しゅう)は、絹糸を巻き付けた馬の尻尾の毛を、下書きした模様の輪郭に沿って刺しゅうし、その後輪郭に沿ってさまざまな図案を刺しゅうで浮き上がらせたもの。技法は複雑で、芸術的価値が非常に高く、中国の国家級無形文化遺産に指定されている。馬尾繡はシュイ族の女性が代々受け継ぐ特別な刺しゅう技法で、中国刺しゅうの「生きた化石」と呼ばれている。(三都=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月03日
    「国宝を再び-書画の精華特別展」台北故宮博物院で開催

    3日、東晋の書家王羲之(おう・ぎし)の代表的な3通の手紙(平安帖、何如帖、奉橘帖)から成る作品「平安何如奉橘三帖」(へいあん・かじょ・ほうきつさんじょう)を紹介する担当者。中国台湾地区台北市にある故宮博物院で4日、「国宝を再び-書画の精華特別展」が始まった。特別展では高い歴史的、文化的、芸術的価値を兼ね備えた東晋(317~420年)から元代(1271~1368年)の国宝級書画26点が展示されている。(台北=新華社記者/金良快)=2018(平成30)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月03日
    「国宝を再び-書画の精華特別展」台北故宮博物院で開催

    3日、台北にある故宮博物院に展示された「宋仁宗皇后像」(そうじんそうこうごうぞう)。中国台湾地区台北市にある故宮博物院で4日、「国宝を再び-書画の精華特別展」が始まった。特別展では高い歴史的、文化的、芸術的価値を兼ね備えた東晋(317~420年)から元代(1271~1368年)の国宝級書画26点が展示されている。(台北=新華社記者/金良快)=2018(平成30)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月03日
    「国宝を再び-書画の精華特別展」台北故宮博物院で開催

    3日、元代に活躍した文人、趙孟頫(ちょう・もうふ)の「鵲華秋色図」(じゃくかしゅうしょくず)を紹介する企画者。中国台湾地区台北市にある故宮博物院で4日、「国宝を再び-書画の精華特別展」が始まった。特別展では高い歴史的、文化的、芸術的価値を兼ね備えた東晋(317~420年)から元代(1271~1368年)の国宝級書画26点が展示されている。(台北=新華社記者/金良快)=2018(平成30)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月03日
    「国宝を再び-書画の精華特別展」台北故宮博物院で開催

    3日、南宋(1127~1279年)の画家、夏珪(か・けい)による「渓山清遠図」(けいざんせいえんず)を鑑賞する記者。中国台湾地区台北市にある故宮博物院で4日、「国宝を再び-書画の精華特別展」が始まった。特別展では高い歴史的、文化的、芸術的価値を兼ね備えた東晋(317~420年)から元代(1271~1368年)の国宝級書画26点が展示されている。(台北=新華社記者/金良快)=2018(平成30)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年09月22日
    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県

    スイ族の家庭博物館に展示されている馬尾繍。(2017年9月22日撮影)中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/陳明珠)=2017(平成29)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年09月22日
    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県

    家庭博物館で馬尾繍を刺繍するスイ族の女性。(2017年9月22日撮影)中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/陳明珠)=2017(平成29)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1