KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • アレンジ
  • アンケート調査
  • ショート
  • スポット
  • ティックトック
  • ファイルサイズ
  • ブーム若者
  • ランタンフェスティバル
  • 伝統文化
  • 伝統衣装

「若者世代」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2019年09月30日
    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気

    成都市内にある漢服体験店で顧客にメイクを施す店長(左)。(9月30日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社記者/盧宥伊)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2019年09月30日
    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気

    成都市内にある漢服体験店の店内。(9月30日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社記者/盧宥伊)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年09月12日
    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気

    成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」で、雨の中、漢服を着て会場を練り歩く漢服愛好家たち。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年09月12日
    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気

    成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」で、漢服を着て会場を練り歩く漢服愛好家たち。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年09月12日
    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気

    成都市の錦里古街で漢服姿を披露する米国人留学生。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年09月12日
    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気

    成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」で、雨の中、漢服を着て街を練り歩く漢服愛好家たち。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年09月12日
    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気

    成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」で、漢服を披露する愛好家たち。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年09月12日
    伝統衣装「漢服」がブーム若者世代に人気

    成都市の錦里古街で行われた「ランタンフェスティバル」の様子。(9月12日撮影)中国ではこのところ、「漢服」の人気が高まっている。ショート動画共有アプリ「TiKToK(ティックトック)」の検索でヒットした「漢服」の関連動画は70万本、再生回数は192億6千万回に上る。また、「漢服」に関するアンケート調査によると、漢服愛好家の平均年齢は21歳。「95後(1995~1999年生まれ)」が中心となっており、洗練された着こなしに加え、かんざしやメイクにもこだわりがあるという。四川省成都市では近頃、「太古里」や「寛窄巷子(かんさくこうし)」といった地元の若者が集まる人気スポットで、漢服を着て中国の祝日、国慶節を祝う若者たちの姿があちこちで見られた。今年の「中秋節」(旧暦8月15日)には、同市にある古い町並みを現代風にアレンジした観光スポット「錦里古街」で「ランタンフェスティバル」が行われ、漢服愛好家4千人余りが提灯を手に会場を練り歩き、イベントの雰囲気を盛り上げた。(成都=新華社配信/成都錦里古街管理委員会提供)=2019(令和元)年9月12日、クレジット:成都錦里古街管理委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 03:20.40
    2018年10月28日
    志位氏がピアノ披露 共産サポーターまつり開催

    共産党は28日、初めての「JCP(日本共産党)サポーターまつり」を東京都内の青山公園で開いた。通常、インターネット上でつながるサポーターと交流を深め、若者世代への浸透を図る狙いがある。サポーターの要望に応え、志位氏が趣味のピアノの腕前を披露。ショパンのワルツを演奏した。〈映像内容〉志位氏が壇上でショパンのピアノ曲を演奏する様子、撮影日:2018年10月28日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2018年10月28日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:51.50
    2017年08月05日
    原爆の日前に平和祈念 エジプトで追悼イベント

    広島や長崎の原爆投下から72年となる原爆の日を前に、エジプト首都カイロ近郊ギザの日本人学校で5日、広島大主催の追悼式が開かれた。カイロ大やエジプト日本科学技術大学(E-JUST)の学生や職員らも合唱し、世界平和を祈念した。広島大はカイロ大と交流協定を結び、2016年3月、カイロ大内に共同研究などを行うカイロセンターを設置した。E-JUSTが9月に開設する新学部の授業「平和学」にも協力し、過激派思想が広がる若者世代に対し、平和への取り組みを支援する。〈映像内容〉日本人学校入り口外観、追悼イベントの模様など。

  • 2017年03月04日
    がんでも恋を諦めないで

    思春期・若者世代のがん患者の悩み

  • 2017年03月04日
    がんでも恋を諦めないで

    思春期・若者世代のがん患者の悩み

  • 1