KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • けい
  • のれん
  • コスト
  • デザイン
  • 人々
  • 令和
  • 伝承
  • 工程
  • 建築装飾
  • 復活

「茂林鎮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年08月15日
    土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県

    15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、焼成した花磚の水磨き作業を行う作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001809

  • 2019年08月15日
    土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県

    15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、製造した半製品を並べる作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001805

  • 2019年08月15日
    土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県

    15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、成型作業を行う作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001802

  • 2019年08月15日
    土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県

    15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、成型作業を行う作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001861

  • 2019年08月15日
    土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県

    15日、花磚で装飾された涇県茂林鎮の民家の壁。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001804

  • 2019年08月15日
    土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県

    15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、焼成した花磚の水磨き作業を行う作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001754

  • 2019年08月15日
    土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県

    15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、2種類の泥を混ぜる作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001843

  • 2019年08月15日
    土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県

    15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、成型作業を行う作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001844

  • 2019年08月15日
    土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県

    15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、焼成した花磚の水磨き作業を行う作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001756

  • 2019年08月15日
    土から生まれる無形文化遺産-花磚安徽省涇県

    15日、涇県茂林鎮の花磚工場で、2種類の泥を混ぜる作業員。花磚(かせん、模様入りのれんが)は中国安徽省涇(けい)県茂林鎮独特の古建築装飾材で、主に門、壁、窓の装飾に使用される。高級な花磚は青白色をしており、模様がはっきりし、デザインが優雅であるだけでなく、手触りが柔らかく、汚れにくいという特長を持つ。明・清代に、同鎮の民家で使用され始めた。しかし、製作工芸が複雑で、コストが高く、さらに職人が戦乱を避けるために故郷を離れたことにより、技術の伝承が途絶えてしまった。1990年代、同鎮の人々は花磚の復活に取り組み、生産を徐々に回復させた。復活した製作工芸には採土、成型、焼成、水磨きなど12の工程が含まれる。2014年、花磚製作技術は同省の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001750

  • 1