KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 闘茶
  • 再現
  • 天目茶碗
  • 技法
  • 日本
  • 曜変天目
  • 現象
  • 芸術
  • 茶器

「茶の味」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
32
( 1 32 件を表示)
  • 1
32
( 1 32 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2004年01月01日
    TADANOBU ASANO in THE TASTE OF TEA (2004) -Original title: CHA NO AJI-, directed by KATSUHITO ISHII.

    TADANOBU ASANO in THE TASTE OF TEA (2004) -Original title: CHA NO AJI-, directed by KATSUHITO ISHII.、クレジット:GRASSHOPPA/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021052613455

  • 2004年01月01日
    THE TASTE OF TEA (2004) -Original title: CHA NO AJI-, directed by KATSUHITO ISHII.

    THE TASTE OF TEA (2004) -Original title: CHA NO AJI-, directed by KATSUHITO ISHII.、クレジット:GRASSHOPPA/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021052614538

  • 2004年01月01日
    THE TASTE OF TEA (2004) -Original title: CHA NO AJI-, directed by KATSUHITO ISHII.

    THE TASTE OF TEA (2004) -Original title: CHA NO AJI-, directed by KATSUHITO ISHII.、クレジット:GRASSHOPPA/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021052614265

  • 2004年01月01日
    THE TASTE OF TEA (2004) -Original title: CHA NO AJI-, directed by KATSUHITO ISHII.

    THE TASTE OF TEA (2004) -Original title: CHA NO AJI-, directed by KATSUHITO ISHII.、クレジット:GRASSHOPPA/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021052614394

  • 2004年08月02日
    温泉ぽい感じで家族を描く

    「『茶の味』というタイトルは、お茶を飲むシーンも多いし、これでいいかと思って決めました」と話す石井克人監督=東京・恵比寿の事務所

    商品コード: 2004080200213

  • 2005年09月16日
    ロカルノのお茶専門店 「緑茶の味わい広めたい」

    スイス南部のロカルノで、お得意さんの注文に応じるブロセラードさん(右)(共同)

    商品コード: 2005091600253

  • 2013年03月13日
    爽健美茶すっきりブレンド 投票で爽健美茶の味決定

    4月から販売されるブレンド茶飲料「爽健美茶 すっきりブレンド」

    商品コード: 2013031300690

  • 2013年03月13日
    投票呼び掛ける綾瀬さんら 投票で爽健美茶の味決定

    「爽健美茶」の味を決める投票を呼び掛ける綾瀬はるかさん(中央)=13日午後、東京都港区

    商品コード: 2013031300710

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月17日
    茶葉を積み替える女性 薄れるアッサム茶の味わい

    インド北東部アッサム州の茶農園で、摘んだ茶葉を積み替える女性=10月(共同)

    商品コード: 2013111700109

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月17日
    茶葉を摘む女性 薄れるアッサム茶の味わい

    インド北東部アッサム州ジョルハートで、茶葉を摘む女性=10月(共同)

    商品コード: 2013111700110

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月17日
    茶摘み 薄れるアッサム茶の味わい

    インド北東部アッサム州ジョルハート近郊で、アッサム茶の葉を摘む女性=10月(共同)

    商品コード: 2013111700111

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月17日
    薄れるアッサム茶の味わい

    インド・アッサム州ジョルハート、ブラマプトラ川、コルカタ

    商品コード: 2013111700141

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月17日
    薄れるアッサム茶の味わい

    インド・アッサム州ジョルハート、ブラマプトラ川、コルカタ

    商品コード: 2013111700142

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月17日
    薄れるアッサム茶の味わい

    インド・アッサム州ジョルハート、ブラマプトラ川、コルカタ

    商品コード: 2013111700143

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月17日
    薄れるアッサム茶の味わい

    インド・アッサム州ジョルハート、ブラマプトラ川、コルカタ

    商品コード: 2013111700144

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、電気炉から取り出したばかりの曜変建盞を見せる呉立主さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200391

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、ろくろで建盞の生素地を作る呉立主さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200322

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、呉立主さんが再現した曜変建盞。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200374

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、自ら焼き上げた曜変建盞の自信作を見せる呉立主さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200320

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、建盞の生素地に釉薬をかける呉立主さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/安希雅)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200329

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、傷もの作品を廃棄する呉立主さん。少しでも問題があれば市場に出さないと語る。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200380

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、呉立主さんの自信作、曜変建盞。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/安希雅)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200392

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、生素地を修復する廖設生さんの甥、陳玉鋒(ちん・ぎょくほう)さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/安希雅)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200360

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、建盞の生素地を並べる呉立主さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/安希雅)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200323

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、自ら焼き上げた建盞作品「金糸万縷」を見せる呉周福さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200354

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、電気と薪の併用窯する方法で曜変建盞を焼く廖設生さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200335

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、ろくろを回す呉立主さん(右)。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社配信/耿馨寧)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200382

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、生素地を修復する廖設生さんの甥、陳玉鋒(ちん・ぎょくほう)さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社配信/耿馨寧)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200344

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、焼成中の窯の様子を確認する呉周福さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200324

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、焼き上がった建盞を入念に選ぶ呉周福さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200348

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、会場で茶の味などを審査する専門家。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100815

  • 2019年07月01日
    Brecht-grandson leads chocolate business in New York

    01 July 2019, US, New York: Sebastian Brecht‘s chocolate scorpions with raspberry and Matcha tea taste, designed by Sebastian Brecht, are offered for sale in the chocolate shop “Obessive Chocolate Disorder“ by Sebastian Brecht. (to dpa “Brecht‘s New York Chocolate Pieces“). Photo: Marie Weigl/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112008578

  • 1