KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • お茶屋
  • 三軒茶屋駅
  • にし茶屋街
  • 情報
  • 画像
  • 可能性
  • 委託
  • 研究
  • 記載
  • 説明文

「茶屋」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
753
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
753
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    国府津停車場前茶屋

    キーワード:東海道、神奈川、国府津停車場前茶屋、西洋料理、料理屋、食、東華軒、国府津駅、鉄道、「キリンビール」の文字=撮影年月日不明、神奈川、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017112400937

  • -
    横浜本牧

    キーワード:横浜、本牧、海岸、茶屋、内田九一 =明治初期、横浜、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020062508670

  • -
    The Nicolai Church, Potsdam.

    The Nicolai Church, Potsdam. Building began under Karl Friedrich Schinkel, who used motifs from the Pantheon, Paris, and St. Paul‘s Cathedral, London. Begun in 1828, it was continued by Ludwig Persius after Schinkel‘s death in 1841 and finished by August St_hler in 1845. Author: KARL FRIEDRICH SCHINKEL. Location: Townscape, Potsdam, Germany.、クレジット:Erich Lessing/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020062601706

  • -
    Sanssouci Palace, Potsdam.

    Sanssouci Palace, Potsdam. King Frederic II of Prussia ordered the building of a country seat near his residence in Potsdam. The small palace was built 1745-1748 atop sheltered terraces for vine and fig trees. Fassade, outside staircase and terraces. Author: G. W. von Knobelsdorff. Location: Sanssouci, Potsdam, Germany.、クレジット:Erich Lessing/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020062601743

  • -
    Sanssouci Palace, country residence of King Frederic II of Prussia.

    Sanssouci Palace, country residence of King Frederic II of Prussia. Above the double doors of the anteroom, putti and nymphs playing different musical instruments. Author: G. W. von Knobelsdorff. Location: Sanssouci, Potsdam, Germany.、クレジット:Erich Lessing/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020062601774

  • -
    金沢八景

    瀬戸の料亭。平潟湾の眺望にすぐれ、明治以降、多くの文人や政治家たちが利用した。写真は瀬戸橋から撮影したもの。三棟のうち一番左が千代本楼(ちよもとろう)。正面に写る茶屋は扇屋(おうぎや)か村田屋か。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐6‐0]

    商品コード: 2017082400673

  • -
    本牧十二天の茶屋

    元治元年(1864)外国人遊歩道が開かれた。沿道には茶屋が設けられた。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐47‐0]

    商品コード: 2017080201469

  • -
    諏訪公園月見茶屋

    諏訪神社境内にある月見茶屋の昔の建物。現在の建物にも写真の茶屋の趣が残っている。=明治中期、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号21‐16‐0]

    商品コード: 2017080201854

  • -
    根岸の茶屋

    キーワード:遊女、横浜、根岸の茶屋=明治中期、横浜、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017111300687

  • -
    茶屋

    キーワード:店先、茶屋、休憩=明治中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017111300688

  • -
    茶屋

    キーワード:店先、茶屋、休憩、団扇、和装、女性=明治後期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017111300810

  • -
    吉原

    遊郭入口にあった大門(おおもん)を背にして、メインストリートの仲之町(なかのちょう)を見る。春になると桜を主に安行(あんぎょう)から運んで植えたという。通りの左右に引手茶屋が並ぶ。右側奥に写る塔は、明治17年(1884)頃造られた角海老楼(かどえびろう)の時計塔。角海老楼は老舗ではなく、明治になってから勃興した振興の大見世だったので、楼上に大時計を乗せて名物とした。明治中期。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐26‐0]

    商品コード: 2017081002632

  • -
    Sanssouci Palace, country seat of King Frederic II of Prussia.

    Sanssouci Palace, country seat of King Frederic II of Prussia. The fourth guestroom where the French philosopher Voltaire lived during his stay with the king. Ornamental woodwork on the bright-yellow walls: a monkey and fruit. Author: G. W. von Knobelsdorff. Location: Sanssouci, Potsdam, Germany.、クレジット:Erich Lessing/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020061103146

  • -
    中禅寺道馬返し

    キーワード:中禅寺道馬返し、店、茶屋、明治後期絵葉書(写真版)=明治後期、栃木・日光、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019112704754

  • -
    箱根茶屋からの芦ノ湖

    箱根宿壬生屋あたりから、芦ノ湖を眺めた図で、ほぼ同じ構図がThe Far Eastの2巻14号に載る。当時の新聞は直に写真を張りつけたので、新聞によって写真が微妙に異なることがよくある。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号19‐42‐0]

    商品コード: 2017080201871

  • -
    藤と娘たち

    本コレクション中に「東京亀戸の藤」(整理番号53-4)がある。本写真も同一場所と思われる。しかしここでは3人の若い女性の姿態に撮影者の意図は集中している。茶屋風の建物や堀川などに江戸の風情を残している。=撮影年月日不明、東京、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号10‐50‐0]

    商品コード: 2017080201275

  • -
    浜離宮

    汐入の池北岸にあった燕の茶屋である。十一代将軍家斉の時代に造られたもので、釘隠しが燕の形であったからとも燕子花の形であったから名付けられたともいう。家斉の時代は浜御殿が最も整備された時代で、この茶屋の他にも松の茶屋・鷹の茶屋などが建てられている。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐31‐0]

    商品コード: 2017081401142

  • -
    中禅寺湖

    中禅寺湖の南東の湖畔にある歌ヶ浜から、北岸の男体山や、その麓の二荒山中宮祠と六軒茶屋の家並みを写したもの。夕景色の美しい歌ケ浜は埋め立てられ、現在は大駐車場となっている。画面奥の対岸に広がる建物の様子から、明治35(1902)年以前に撮影されたものである。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号93‐23‐0]

    商品コード: 2017081401033

  • -
    江ノ島神社の鳥居

    撮影者未詳。‘141,ENOSHIMA.'のタイトルがある。明治時代の江ノ島宿屋街「茶屋町」の景。左端の立て札には「金亀楼(きんきろう)」、青銅鳥居の後方左側の看板に「ゑびすや茂八」、道を隔てた反対側の看板に「ゑとや忠五郎」(江戸屋)と書かれている。なお、金亀楼と江戸屋は現存しない。=撮影年月日不明、江ノ島、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号89‐4‐0]

    商品コード: 2017081400882

  • -
    向島の茶店と娘たち

    英文タイトルには「道端の休憩所」とある。向島堤上の掛茶屋の縁台であろう。着飾った3人の娘たちは、その着こなしから藝妓と思われる。縁台に置かれているのは饅頭であろうか。花見に付物の桜餅は、元禄期に向島長命寺門番の山本新六が発案したという。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号85‐35‐0]

    商品コード: 2017081401488

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    中禅寺湖

    中禅寺湖北岸の二荒山神社中宮祠(画面右奥の高台)と行者小屋(画面中央)、六軒茶屋(画面手前)の一部を撮影したもの。右手画面の外側に男体山がそびえている。明治35(1902)年の台風で男体山に土石流が発生し、大被害を被る以前の風景を写したもの。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号89‐1‐0]

    商品コード: 2017081400800

  • -
    王子の茶屋

    右が料亭の扇屋で音無川を挟んで左手が庭。扇屋は慶安元年(1648)初代弥左衛門が掛茶屋を出したのが始まりとのこと(扇屋パンフレットによる)。三代将軍徳川家光の時代である。当代早船武彦氏は十四代目とのこと。現在は鉄筋コンクリート5階建てのビルとなり、2階が扇屋である。1階入口に門構えだけ残している。明治中期。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号91‐3‐0]

    商品コード: 2017081400907

  • -
    嵐山の三軒茶屋

    嵐山渡月橋北岸西側の三軒茶屋「旗亭」を保津川南岸から北に望む。三軒茶屋は中央部が3層、東部と西部が2層となり、東部と中央部は棟続きとなっている。三軒茶屋の東西両側の保津川岸には、長い屋根付きの床が設けられ、嵐山を鑑賞する構造となっている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号88‐9‐0]

    商品コード: 2017081400722

  • -
    伊勢佐木町の劇場街

    伊勢佐木町から賑町にかけては、明治10年代から芝居小屋や茶屋・料理屋が集中する繁華街として発展した。写真は明治32年(1899)の大火で焼失する以前の賑わいを写したもの。賑町(現伊勢佐木町3丁目)の賑座、もしくは両国座付近と思われる。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号88‐38‐0]

    商品コード: 2017081400791

  • -
    江ノ島神社の鳥居

    撮影者未詳。‘EYONZIMA'とある。明治時代の「茶屋町」の景で、鳥居後方には「ゑびすや茂八」の看板のほか、その右には「さぬきや八右衛門」と書かれた看板がある。なお、「さぬきや…」は、明治29年(1896)刊の銅版刷『相模国鎌倉名所及江之嶋全図』にある「旅舎讃岐屋」にあたるが、現存しない。=撮影年月日不明、江ノ島、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号90‐6‐0]

    商品コード: 2017081400865

  • -
    諏訪公園月見茶屋

    諏訪公園月見茶屋=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐83‐0]

    商品コード: 2017081401616

  • -
    亀戸天神の山門と藤棚

    左手の茶屋は心字池の上にせり出していて、 そこで花見をしながら憩うことができた。 本堂に向かう道の先には太鼓橋。=撮影年月日不明、東京、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐17‐0]

    商品コード: 2017080200977

  • -
    東京の庭

    写っている人々は皆綿入れ半纏のような上着を羽織り、建物の二階にいる人物は手拭のようなものを持っている。茶屋ではなく温泉宿ではなかろうか。池泉回遊式の庭園のようで石組みも立派である。右手奥にシュロかヤシのような南洋系の植物が見える。場所は不明である。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐5‐0]

    商品コード: 2017081600844

  • -
    本牧十二天の茶屋

    元治元年(1864)、本牧および根岸を廻る外国人遊歩新道が開設された。翌年には馬車も通行できるようになり、風光明媚で知られる本牧十二天へは山手の山裾に沿った道が通じた。沿道には茶屋が設けられ、また海水浴や潮干狩りでも賑わった。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐88‐0]

    商品コード: 2017080903189

  • -
    不忍池弁財天参道

    中島へ渡る参道の両側には明治10年(1877)代前半まで出会茶屋が並んでいた。不忍池は明治初年に周囲が埋め立てられているが、まだ埋め立てが行われていないことからそれ以前に写されたものとわかる。正面奥は東照宮の鳥居である。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号55‐24‐0]

    商品コード: 2017081002751

  • -
    王子の茶屋

    王子の茶屋は王子稲荷の参道にあった。王子稲荷は関八州の稲荷の総司(そうじ)で稲荷大明神を祀る。大晦日には関東中の狐が集まる。狐は近くの装束稲荷で女官の装束に改めて参拝するとの伝説がある。江戸期や明治期には上野の山から道灌山、飛鳥山とトレッキングして、王子稲荷に参拝し、扇屋などの料亭や茶屋で一杯やるのが流行ったそうだ。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐19‐0]

    商品コード: 2017081002619

  • -
    伊勢佐木町の劇場街

    伊勢佐木町から賑町にかけては、明治10年代から芝居小屋や茶屋・料理屋が集中する繁華街として発展した。写真は明治32年(1899)の大火で焼失する以前の賑わいを写したもの。賑町(現伊勢佐木町3丁目)の賑座、もしくは両国座付近と思われる。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号55‐51‐0]

    商品コード: 2017081002791

  • -
    茶屋の庭園

    茶屋の縁側、日だまりに休む数人の人物。庭には鉢植えや盆栽が並べてある。陽光のもと、右手の樹木が地面に影を落としている。整理番号5-36、53-25と同一=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐35‐0]

    商品コード: 2017080400618

  • -
    本牧十二天の茶屋

    英語で「本牧海水浴場の景色、横浜の近く」と印刷されているが、これは、保養地である本牧海岸の十二天にあった茶屋と、海水浴に供せられていた海岸である。海に突き出した木橋は船着き場兼海水浴のためか。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号3‐13‐0]

    商品コード: 2017080200839

  • -
    東海道岩淵からの富士山

    旅人の疲れを癒やす茶屋は、街道筋の至る所で見られた。当初は茶屋での食事や宿泊は禁じられていたが、力餅などの名物と一緒に酒や肴を供するようになり、次第に女性に給仕させる店も出てきた。天秤棒を担ぐ行商人、荷車を押す車力が見える。=撮影年月日不明、静岡、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号5‐31‐0]

    商品コード: 2017080200867

  • -
    本牧十二天の茶屋

    ドイツ語で「横浜近くのお茶と庭園の邸宅」と題されている。横浜郊外の十二天にあった海に面した茶屋である。人力車には子供が乗せられ、客と思われる御高祖頭巾の女性が海岸沿いの街道を帰路についている。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐46‐0]

    商品コード: 2017080200719

  • -
    Fukuroi, Andō, Hiroshige

    Fukuroi, Andō, Hiroshige, 1797-1858, artist, [between 1833 and 1836, printed later], 1 print : woodcut, color., Print shows travelers resting at a rest stop, two are tending to a large teapot, and a porter may be asleep, at the Fukuroi station on the Tōkaidō Road.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019111302648

  • -
    The gardens of Sanssouci Palace.

    The gardens of Sanssouci Palace. View from the Roman Baths across the park towards Schloss Charlottenhof, built by Karl Friedrich Schinkel after 1826. Gardens by Peter Joseph Lenne. Location: Charlottenhof Palace, Potsdam, Germany.、クレジット:Erich Lessing/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020052300170

  • -
    神戸 諏訪山の茶屋

    キーワード:神戸、諏訪山の茶屋、和装=明治中期、神戸、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020061702929

  • -
    東海道の茶屋

    東海道の茶屋=幕末、撮影場所不明、撮影者:フェリーチェ・ベアト、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。★特別価格対象商品★

    商品コード: 2018122023059

  • -
    Ukie wakoku no keiseki shin-yoshiwara nakanochō no zu

    Ukie wakoku no keiseki shin-yoshiwara nakanochō no zu, Perspective picture of famous places of Japan: Nakanocho in Shin-Yoshiwara., Utagawa, Toyoharu, 1735-1814, artist, [1775, printed later], 1 print : woodcut, color., Print shows many people on the Nakanocho Boulevard at night near the gate to the Shin-Yoshiwara pleasure district of Tokyo, possibly during the lantern festival, with teahouses and shops lining the street.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020021705080

  • -
    皇居吹上御苑

    かつては江戸城の西の備えとして大名屋敷があったが、明暦の大火(1657)以後庭園化された。庭園内には木石の配置まで人工の妙を尽くしていた。滝は中央大池の南岸と瀧見御茶屋の近くに2ヶ所あったらしい。本写真は樹木が生い茂っているので瀧見御茶屋近くの滝ではないかと推察される。明治10年代か。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号77‐12‐0]

    商品コード: 2017082400640

  • -
    東海道沿の松並木と茶店

    F.ベアト(Felice Beato)が保土ヶ谷・藤沢間で撮影した写真の1枚。松並木で名高い戸塚宿の近くか。右手の茶屋に「一せんめし」「御ちやつけ」の看板が見える。ベアトから原版を継承したスティルフリート(Raimund von Stillfried)が販売した写真であろう。=撮影年月日不明、藤沢、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐9‐0]

    商品コード: 2017082400714

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    不忍池の蓮と茶屋

    中島へ渡る参道の途中、目録番号4665とほぼ同じ地点から撮影されているが、松の枝の長さから判断してこちらの写真の方がやや新しい時期と思われる。この茶屋は中島から張り出す形で建てられていたが、東京大空襲で焼失後、この場所は池に戻されている。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐5‐0]

    商品コード: 2017081501766

  • -
    芝増上寺三門

    増上寺の山門。隣に茶屋が見え、障子に「武蔵屋」と屋号が書かれている。縁台の下にはローマ字と漢字で「芝」と書かれた看板が見られるが、おそらく記念撮影用だろう。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐69‐0]

    商品コード: 2017080902522

  • -
    茶屋の庭園

    小さな池にかかった小さな橋の上に日傘をさした女性が立ち、その向こうの、池に突き出した茶屋の一室の欄干に腰を乗せた女性が見詰めている。いかにもこじんまりした日本的庭と女性たちの姿が調和している。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:鈴木真一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号41‐23‐0]

    商品コード: 2017080902540

  • -
    不忍池

    キーワード:不忍池、上野、お茶屋=明治後期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018041300904

  • -
    茶屋

    キーワード:遊女、箱根、塔ノ沢、茶屋、団扇、和装、女性、くつろぐ=撮影年月日不明、箱根、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019020712829

  • -
    茶屋の庭園

    キーワード:王子、茶屋の庭園=明治中期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018070901001

  • -
    洲崎の仏像

    キーワード:茶屋、和装、丁髷、ウィルヘルム・バーガー(Wilhelm Burger)撮影=明治初期、東京、撮影者:ウィルヘルム・バーガー、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018101722581

  • -
    江東梅園

    キーワード:東京、江東梅園、茶屋=撮影年月日不明、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018101722583

  • -
    向島の茶屋

    キーワード:東京、向島、茶屋、茶店、「恵比寿ビール」の文字、女性=撮影年月日不明、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018101722551

  • -
    東京 祭日の茶屋 東日本橋 玉尾稲荷

    東京、祭日の茶屋、東日本橋 玉尾稲荷=明治初期、東京、撮影者:ミヒャエル・モーザー、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019010401951

  • -
    中島川一の瀬橋

    中島川上流の蛍茶屋に架かる石橋、一の瀬橋をベアトが撮影したものである。左手の建物は茶屋。旅人はこの茶屋で休憩したのち後、日見峠に向けて左折して長崎街道へと向かった。この橋の写真としては最古のものである。=1864年、長崎、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号28‐24‐0]

    商品コード: 2017080902062

  • -
    上野公園の茶店

    上野公園の茶屋。桜の花見の季節。この茶屋は不忍池の畔にあり、文人墨客が集まった。右端に、当時としては最先端の自転車に洋装の男が見える。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐68‐0]

    商品コード: 2017080902236

  • -
    木賀温泉

    見晴らし茶屋(現在の清寂苑辺り)から見た木賀温泉。宮の下と宮城野を結ぶ道(現在の国道138号線)と須沢川の橋が明確に見え、旅館数も多く、明治25年(1892)の大火前の木賀が最も繁栄していた頃の写真であろう。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐23‐0]

    商品コード: 2017080902160

  • -
    浜離宮

    キーワード:浜離宮、茶屋、庭、池、ライムント・フォン・スティルフリード(Raimund Von Stillfried)撮影=明治初期、東京、撮影者:ライムント・フォン・スティルフリード、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018111419705

  • -
    王子の茶屋

    川の左は扇屋の庭園である。長時間の露出なのではっきりしないが岩の間を水が流れ落ちているようだ。ベアトも明治初年に同じ構図でここを撮っているが、その解説シートに「こんこんと湧き出る小川がある」と書かれている。また明治5年(1872)発行の『ファーイースト』添付の同様の写真は「茶屋の庭園より見る王子の滝」(Waterfall at O-jee from the Tea-House Garden)となっている。明治10年代か。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐34‐0]

    商品コード: 2017081401239

  • -
    諏訪神社の鳥居

    明治中期(1887)頃の手彩色の写真。参道の大鳥居を過ぎた、二の鳥居の前から、諏訪神社方面を見た写真。右側にドンコ茶屋の建物が見える。神社の中腹に、洋風建築が建てられているのは、明治中期の洋風化の情勢が伝わる写真。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号81‐34‐0]

    商品コード: 2017081401347

  • -
    九覧亭からの平潟湾

    平潟湾の風景で、九覧亭からの眺め。中央は琵琶島弁天、その先に瀬戸神社が見える。写真の説明には、「金沢の茶屋」とある。F.ベアトの撮影である。No.916(19-32)と同じ写真である。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号36‐17‐0]

    商品コード: 2017080902332

  • -
    中山道茶店の藤棚

    中山道を旅する人々の憩いの場。茶屋から眺める見事な藤棚は評判で、多くの客がここを訪れた。左下にアルバム業者の手になるだろうと思われる英語のキャプションが入っているが、正しくは Blossoms で日本人特有のスペルミスがほほえましい。=撮影年月日不明、東京、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐73‐0]

    商品コード: 2017080400646

  • -
    Hikitejaya mae no yuki usagi

    Hikitejaya mae no yuki usagi, Presenting a snow bunny on a tray in front of a tea shop., Katsushika, Hokusai, 1760-1849, artist, [1798 or 1799], 1 print : woodcut, color ; 14 x 18.7 cm., Print shows a person walking to the left, mostly hidden by a snow-covered umbrella, a woman walking to the right, holding a snow bunny on a tray, and a woman sitting on a bench at a tearoom.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019122403499

  • -
    Hiroshige - 53 Stations of the Tokaido - Print 28

    28 Fukuroi - Coolies resting by a wayside shelter, while a large kettle, hung from the branch of a tree, is boiling; a woman stirs the fire, while a coolie lights his pipe at it. Close against the tree stands a road direction post, and on the right is a bird perched upon a wayside noticeboard; behind are rice fields, at the edge of which stands the village. In this vicinity the highway passed through desolate fields and it was uncomfortable to journey along during the summer months. However, this district was renowned for its strong winds in winter when kite flying was a popular local pastime. Utagawa Hiroshige (1797 - 1858). The Fifty-Three Stations of the Tokaido - Hoeido edition (1831-4) Date: 1831 - 1834、クレジット:Mary Evans Picture Library/ROBERT GILLMOR/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019080210994

  • -
    Kyoto Shirakawa-minami-dori

    Shirakawa-minami-dori, One of the most beautiful and at the same time the most typical Japanese places is located in Kyoto, in the district of Gion, best known for its geishas (or better geiko, in the local dialect). Ochaya - tea houses, are located in wooden houses looking exactly like in the old times….、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100701158

  • -
    Kyoto

    Portrait of a tourist at Shirakawa-minami-dori, One of the most beautiful and at the same time the most typical Japanese places is located in Kyoto, in the district of Gion, best known for its geishas (or better geiko, in the local dialect). Ochaya - tea houses, are located in wooden houses looking exactly like in the old times….、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100611890

  • -
    Sanssouci Palace, King Frederic II of Prussia‘s country seat.

    Sanssouci Palace, King Frederic II of Prussia‘s country seat. The ceiling of the library with an ornamental sun in the centre, ornaments on pale green ground which repeat the design of the intarsia floor. Author: G. W. von Knobelsdorff. Location: Sanssouci, Potsdam, Germany.、クレジット:Erich Lessing/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021101601360

  • -
    難波屋おきた, Okita of the Naniwa-ya Tea-house, Edo period (1615–1868), 1790s, Japan, Polychrome woodblock print;

    難波屋おきた, Okita of the Naniwa-ya Tea-house, Edo period (1615–1868), 1790s, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, H. 14 5/16 in. (36.4 cm); W. 9 1/2 in. (24.1 cm), Prints, Kitagawa Utamaro (Japanese, 1753?–1806).、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091405552

  • -
    Naniwaya Okita, Teahouse Waitress, Edo period (1615–1868), ca. 1793, Japan, Polychrome woodblock print;

    Naniwaya Okita, Teahouse Waitress, Edo period (1615–1868), ca. 1793, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, 14 1/8 x 9 7/8 in. (35.9 x 25.1 cm), Prints, Kitagawa Utamaro (Japanese, 1753?–1806), The poem on this print is signed Katsura no Mayuzumi. It leaves implicit the charms of the waitress: Naniwacho chaya ni yasuraide, Naniwazu no na ni ou mono wa yuki kai ni ashi no tomaranu hito mo araji na.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091405572

  • -
    Night View of the Yamato Tea-house in Nawate Dori Seen from Shijo Bridge, Edo period (1615–1868), Japan,

    Night View of the Yamato Tea-house in Nawate Dori Seen from Shijo Bridge, Edo period (1615–1868), Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, H. 5 7/8 in. (14.9 cm); W. 8 3/4 in. (22.2 cm), Prints, Hasegawa Sadanobu (Japanese, active mid–19th century).、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071613251

  • -
    Scene in the Yoshiwara, Edo period (1615–1868), ca. 1680, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper,

    Scene in the Yoshiwara, Edo period (1615–1868), ca. 1680, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, 11 1/4 x 17 31/32 in. (28.6 x 45.7 cm), Prints, Hishikawa Moronobu (Japanese, died 1694), Courtesans are seen from the street through a wooden barred window at a teahouse called Takashimaya, identified by the three characters on a short curtain (noren) at the entrance. Next to the teahouse, a woman in a curtained doorway might be making arrangements with a man outside.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071613403

  • -
    中禅寺湖畔

    二荒山神社中宮祠の境内から中禅寺湖岸を眺めたもの。手前の二つの建物は行者小屋である。行者小屋は男体山に登る信者たちの宿舎だった。画面の中央に六軒茶屋が建ち並び、その左奥にも行者小屋が見える。画面右端の建物は英国人カークードの別荘と思われる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐46‐0]

    商品コード: 2017081002735

  • -
    王子の茶屋

    扇屋の内外に仲居さんや賄さんなどが出て撮影に協力をしている。下岡蓮杖の弟子であった臼井秀三郎の撮影と思われるひと工夫ある写真である。扇屋も料理を工夫したことで知られる。特に玉子の釜焼き折り詰めを開発し評判となった。これは今も続いて釜焼き玉子は名物料理になっている。明治10年代の撮影か。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐33‐0]

    商品コード: 2017081002645

  • -
    伊勢佐木町の劇場街

    伊勢佐木町から賑町にかけては、明治10年代から芝居小屋や茶屋・料理屋が集中する繁華街として発展した。写真は明治32年(1899)の大火で焼失する以前の賑わいを写したもの。賑町(現伊勢佐木町3丁目)の賑座、もしくは両国座付近と思われる。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号55‐29‐0]

    商品コード: 2017081002780

  • -
    皇居吹上御苑

    明治11年(1878)に内務省測量の「吹上苑実測図」には、諏訪・紅葉・瀧見・並木の4つの茶屋が描かれている。これは吹上御苑の東北の隅、西桔橋(にしはねばし)の近く、御成門から入った所にあった瀧見御茶屋であろう。宝永8年(1711)完成の古い御茶屋である。明治10年代か。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号59‐55‐0]

    商品コード: 2017081400609

  • -
    道頓堀川沿いの旅館

    画面左端に見えるのは明治11年(1878)に鉄橋となった戎橋。戎橋の右側は宗右衛門町である。宗右衛門町は、南地五花街の一つで芸妓や置屋・貸座敷・茶屋・旅館などが立ち並んでいた。明治10年(1877)代以降の撮影と思われる。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号57‐10‐0]

    商品コード: 2017081002560

  • -
    湯本からの二子山

    湯本茶屋付近から眺めた双子山と旧東海道。左の松の木の左手には、明治6年(1873)に東京・長崎間に敷設された電信線と電信柱が見えるので、それ以降の撮影である。石畳は文久年間(1861-64)に大改修されたものが残っている。職人風の男とやせ馬を背負った女性の後姿が見える。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号86‐10‐0]

    商品コード: 2017081400767

  • -
    山道と茶屋

    撮影者未詳。‘Kamakura.'のタイトルがある。海に面した谷あいに、茶店と思える小屋が建つ。なお、この場所は明治29年(1896)刊銅版刷『相模国鎌倉名所及江之嶋全図』等から、江島神社中津宮(なかつみや)と奥津宮(おきつみや)の間にある名所のひとつ、「山二ツ」辺りと考えられる。=撮影年月日不明、江ノ島、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号92‐14‐0]

    商品コード: 2017081400960

  • -
    横浜本牧

    キーワード:横浜、本牧、海岸、茶屋=撮影年月日不明、横浜、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020062508671

  • -
    Sanssouci Palace, country residence of King Frederic II of Prussia.

    Sanssouci Palace, country residence of King Frederic II of Prussia. Above the doors of the anteroom putti and nymphs playing different musical instruments. Author: G. W. von Knobelsdorff. Location: Sanssouci, Potsdam, Germany.、クレジット:Erich Lessing/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020062601744

  • -
    Sanssouci Palace, country seat of King Frederic II of Prussia. His study and bedroom. A settee.

    Sanssouci Palace, country seat of King Frederic II of Prussia. His study and bedroom. A settee. Author: G. W. von Knobelsdorff. Location: Sanssouci, Potsdam, Germany.、クレジット:Erich Lessing/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020062601755

  • -
    伊勢佐木町通り

    伊勢佐木町から賑町にかけては、明治10年代から芝居小屋や茶屋・料理屋が集中する繁華街として発展した。写真は明治32(1899)年の大火で焼失する以前の賑わいを写したもの。左にみえる建物は松ヶ枝町(現伊勢佐木町2丁目)の勇座か。=明治中期、横浜、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号81‐5‐0]

    商品コード: 2017081401273

  • -
    蒲田梅園

    広重の「江戸名所百景」にも描かれた梅の名所。十二代将軍家慶、十四代将軍家茂も訪れたといわれる。中央にぽっくりを履いた少女が2人、奥の茶屋にも何人かの人物が見える。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐17‐0]

    商品コード: 2017080902279

  • -
    上野公園

    上野公園の茶屋。花を眺めながら憩う女性たち。「桜もち」ののぼりが見える。=撮影年月日不明、東京、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号40‐4‐0]

    商品コード: 2017080902448

  • -
    嵐山の三軒茶屋

    嵐山の三軒茶屋=撮影年月日不明、京都、撮影者:鈴木真一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号41‐20‐0]

    商品コード: 2017080902563

  • -
    不忍池

    不忍池は寛永寺を建立したおり(寛永2年)、天海僧正が池を琵琶湖に見立て、竹生島に弁天堂を築いたもの。清水坂あたりからの俯瞰。参道に茶屋が建ち並んでいる。その先、中央に弁天堂、右手前に生地院、明治6年上野山が公園に指定される前の撮影。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐31‐0]

    商品コード: 2017080901997

  • -
    石灯篭と茶屋

    茶屋の意味するところは多である。単に茶葉を売る店から、茶を飲ませる茶店、劇場近くの芝居茶屋、相撲茶屋、遊里の引手茶屋、料理茶屋、そして庭園内の茶室という具合である。写真は、建物の作り、規模からして、どこかの料理茶屋を庭から見たものであろう。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐50‐0]

    商品コード: 2017080201598

  • -
    上野公園

    キーワード:東京、上野公園、桜、茶屋、初期自転車、乗り物、花見=明治中期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017111300670

  • -
    中禅寺湖畔中宮祠の鳥居と男体山

    中禅寺湖の南東の湖畔にある歌ケ浜から、北側の男体山と、その麓の二荒山中宮祠と六軒茶屋の家並みを写したもの。夕景色の美しい歌ケ浜は、近年になってから護岸工事で埋め立てられ、大駐車場となってしまった。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐96‐0]

    商品コード: 2017081401680

  • -
    中山道桜沢の茶店

    中山道の宿駅(詳細不明)の茶屋の様子であろう。道の両側に沿って多くの店が軒を並べている。右手には、休息中の旅人の姿も見える。=撮影年月日不明、長野、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号38‐30‐0]

    商品コード: 2017082200868

  • -
    横浜 金沢の茶屋

    横浜、金沢の茶屋=明治初期、横浜、撮影者:ライムント・フォン・スティルフリード、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。★特別価格対象商品★

    商品コード: 2018122023128

  • -
    茶屋の庭園

    茶屋の縁側で休む6人の人物。あるものは腰掛け、あるものは座しながらこちらを見ている。右手前、庭には鉢植え盆栽の類が、地面あるいは棚上に数多く並べてある。陽光の下、右端の樹木が庭に影を落としている。場所不明。整理番号25-35、53-25と同じ写真。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号5‐36‐0]

    商品コード: 2017080200938

  • -
    本牧十二天の茶屋

    元治元年(1864)、本牧および根岸を廻る外国人遊歩新道が開設された。翌年には馬車も通行できるようになり、風光明媚で知られる本牧十二天へは山手の山裾に沿った道が通じた。沿道には茶屋が設けられ、また海水浴や潮干狩りでも賑わった。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号64‐28‐0]

    商品コード: 2017082301004

  • -
    諏訪神社境内の茶屋

    諏訪神社境内の茶屋=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号101‐1‐0]

    商品コード: 2017081501496

  • -
    茶屋

    キーワード:店、茶屋、屋台、煙管、団扇=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017111300781

  • -
    国府津停車場前茶屋

    キーワード:東海道、神奈川、国府津停車場前茶屋、国府津駅、鉄道、「ういろう」の文字、犬=撮影年月日不明、神奈川、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017112400866

  • -
    向島の茶屋

    キーワード:向島の茶屋、桜、和装、春=明治初期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019022000381

  • -
    向島堤

    向島堤が桜の名所となったのは、享保2年(1717)に吉宗が100本植えて以後である。明治16年(1883)には大倉喜八郎によって1000本の桜が植えられ、堤は満開の桜並木となった。堤上には画面右手のような掛茶屋が数多く置かれ、花見客の休み所となっていた。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号47‐8‐0]

    商品コード: 2021042112129

  • -
    伊勢佐木町の劇場街

    伊勢佐木町から賑町にかけては、明治10年代から芝居小屋や茶屋・料理屋が集中する繁華街として発展した。写真は明治32(1899)年の大火で焼失する以前の賑わいを写したもの。明治20年代の松ヶ枝町(現伊勢佐木町2丁目)界隈、勇座の前辺り。=明治20年代、横浜、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号55‐52‐0]

    商品コード: 2017081002793

  • -
    長崎・本籠町

    キーワード:本籠町、本籠通り、宇治茶の看板、お茶屋、食器屋、賑わう通り、大八車、街並み=明治後期、長崎、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018011900867

  • -
    Mariko, Andō, Hiroshige

    Mariko, Andō, Hiroshige, 1797-1858, artist, [between 1833 and 1836, printed later], 1 print : woodcut, color., Print shows travelers resting at a teahouse or inn at the Mariko station on the Tōkaidō Road.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019111302555

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...