KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国福建省
  • 文化交流
  • 遼寧省瀋陽市
  • 伝統文化
  • 福建省武夷山
  • 香江茗苑
  • 国際交流
  • 国際茶文化
  • 工業展覧
  • 製造技術

「茶芸」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
198
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
198
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月10日
    (3)自宅付近での無料職業訓練で就業を後押し湖南省長沙県

    9日、長沙市長沙県の友乾職業培訓学校で、授業をする講師。中国湖南省長沙市長沙県は、職業技能の向上と就業を望む住民のために、職業技能訓練を無料で実施している。職業訓練学校と提携し、住民がベビーシッターや保育士、茶芸師、マッサージ師などの養成コースを社区(コミュニティー)で無料で受けられるようにすることで、彼らが自宅付近で技能を磨き、就業機会を広げられるよう後押ししている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (2)自宅付近での無料職業訓練で就業を後押し湖南省長沙県

    9日、長沙市長沙県の友乾職業培訓学校で、授業をする講師。中国湖南省長沙市長沙県は、職業技能の向上と就業を望む住民のために、職業技能訓練を無料で実施している。職業訓練学校と提携し、住民がベビーシッターや保育士、茶芸師、マッサージ師などの養成コースを社区(コミュニティー)で無料で受けられるようにすることで、彼らが自宅付近で技能を磨き、就業機会を広げられるよう後押ししている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (1)自宅付近での無料職業訓練で就業を後押し湖南省長沙県

    9日、長沙市長沙県の友乾職業培訓学校で、ベビーシッター養成コースの授業を受ける人たち。中国湖南省長沙市長沙県は、職業技能の向上と就業を望む住民のために、職業技能訓練を無料で実施している。職業訓練学校と提携し、住民がベビーシッターや保育士、茶芸師、マッサージ師などの養成コースを社区(コミュニティー)で無料で受けられるようにすることで、彼らが自宅付近で技能を磨き、就業機会を広げられるよう後押ししている。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (11)山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で茶芸を体験する来館者。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。中国文化の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月28日
    (10)知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    宋代の青白釉碗。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月28日
    (3)知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    唐代の緑彩単耳杯(たんじはい)。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月28日
    (5)知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    清代の天藍地四開光青花山水人物泡菜壇(漬物壺)。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月28日
    (1)知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    清代の木彫食器。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月28日
    (13)知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    清代の鉄甲将軍の黄緑釉箸立て。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月28日
    (7)知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    成都川菜博物館の正面入り口。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月28日
    (11)知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    漢代の庖厨俑(ほうちゅうよう)。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月28日
    (12)知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    清代の青花(染付)、粉彩(上絵付け)の磁器のさじ。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月28日
    (9)知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    宋代の青銅觚(こ、儀礼用の酒器)。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月28日
    (8)知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    東晋の徳清窯の黒釉鶏首壺。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月28日
    (2)知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    清代・光緒年間の臙脂(えんじ)紅竜紋の碗、大皿、さじ。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月28日
    (6)知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    民国時期の粉彩(上絵付け)侍女酒壺、酒杯。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    清代の青花(染付)の杯。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    清代の藍釉の磁器製火鍋。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    【輸入博】注目を集めた三菱電機の茶道ロボット

    10日、三菱電機の展示ブースで、茶芸師と同じ動きをする茶道ロボット。中国上海市で開かれた第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)で、三菱電機の茶道ロボットが来場者の注目を集めた。精度や信頼性、安定性に優れたこのロボットは、音楽に合わせて正確で流れるような動作を披露し、工業技術の高さを示した。(上海=新華社記者/李任滋)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    瀋陽市で東北国際茶文化博覧会が開幕遼寧省

    5日、東北国際茶文化博覧会の会場で茶器を眺める来場者。中国遼寧省瀋陽市の遼寧工業展覧館で5日、2020第11回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会が開幕した。5日間の会期中、茶業界の有名企業による新製品発表や茶芸の実演、茶文化に関する講演などが行われる。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    瀋陽市で東北国際茶文化博覧会が開幕遼寧省

    5日、東北国際茶文化博覧会の会場で茶葉を買い求める来場者。中国遼寧省瀋陽市の遼寧工業展覧館で5日、2020第11回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会が開幕した。5日間の会期中、茶業界の有名企業による新製品発表や茶芸の実演、茶文化に関する講演などが行われる。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    瀋陽市で東北国際茶文化博覧会が開幕遼寧省

    5日、東北国際茶文化博覧会の会場に並べられた急須。中国遼寧省瀋陽市の遼寧工業展覧館で5日、2020第11回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会が開幕した。5日間の会期中、茶業界の有名企業による新製品発表や茶芸の実演、茶文化に関する講演などが行われる。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    瀋陽市で東北国際茶文化博覧会が開幕遼寧省

    5日、東北国際茶文化博覧会の会場で茶器を眺める来場者。中国遼寧省瀋陽市の遼寧工業展覧館で5日、2020第11回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会が開幕した。5日間の会期中、茶業界の有名企業による新製品発表や茶芸の実演、茶文化に関する講演などが行われる。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    瀋陽市で東北国際茶文化博覧会が開幕遼寧省

    5日、東北国際茶文化博覧会で展示された茶葉。中国遼寧省瀋陽市の遼寧工業展覧館で5日、2020第11回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会が開幕した。5日間の会期中、茶業界の有名企業による新製品発表や茶芸の実演、茶文化に関する講演などが行われる。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    瀋陽市で東北国際茶文化博覧会が開幕遼寧省

    5日、東北国際茶文化博覧会で展示された茶葉。中国遼寧省瀋陽市の遼寧工業展覧館で5日、2020第11回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会が開幕した。5日間の会期中、茶業界の有名企業による新製品発表や茶芸の実演、茶文化に関する講演などが行われる。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    瀋陽市で東北国際茶文化博覧会が開幕遼寧省

    5日、東北国際茶文化博覧会で展示された茶葉。中国遼寧省瀋陽市の遼寧工業展覧館で5日、2020第11回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会が開幕した。5日間の会期中、茶業界の有名企業による新製品発表や茶芸の実演、茶文化に関する講演などが行われる。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    瀋陽市で東北国際茶文化博覧会が開幕遼寧省

    5日、東北国際茶文化博覧会で行われた茶芸の実演。中国遼寧省瀋陽市の遼寧工業展覧館で5日、2020第11回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会が開幕した。5日間の会期中、茶業界の有名企業による新製品発表や茶芸の実演、茶文化に関する講演などが行われる。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    瀋陽市で東北国際茶文化博覧会が開幕遼寧省

    5日、東北国際茶文化博覧会の会場で鉄瓶を選ぶ来場者。中国遼寧省瀋陽市の遼寧工業展覧館で5日、2020第11回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会が開幕した。5日間の会期中、茶業界の有名企業による新製品発表や茶芸の実演、茶文化に関する講演などが行われる。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    瀋陽市で東北国際茶文化博覧会が開幕遼寧省

    5日、東北国際茶文化博覧会の会場で茶を味わう来場者。中国遼寧省瀋陽市の遼寧工業展覧館で5日、2020第11回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会が開幕した。5日間の会期中、茶業界の有名企業による新製品発表や茶芸の実演、茶文化に関する講演などが行われる。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月09日
    山村の学校、茶芸クラス開設で放課後の生活を豊かに湖南省寧郷市

    9日、茶畑で茶摘みの練習をする潙山九年制学校の児童たち。中国湖南省寧郷市潙山(いさん)郷にある小中一貫校、潙山九年制学校は2012年から3~6年生を対象に茶芸クラスを設けており、毎年30人余りの児童が参加している。茶芸クラスの参加者は現在27人で、うち約85%が出稼ぎ中の親と離れて暮らす「留守児童」だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月09日
    山村の学校、茶芸クラス開設で放課後の生活を豊かに湖南省寧郷市

    9日、茶芸クラスでお茶の入れ方を練習をする潙山九年制学校の児童たち。中国湖南省寧郷市潙山(いさん)郷にある小中一貫校、潙山九年制学校は2012年から3~6年生を対象に茶芸クラスを設けており、毎年30人余りの児童が参加している。茶芸クラスの参加者は現在27人で、うち約85%が出稼ぎ中の親と離れて暮らす「留守児童」だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月09日
    山村の学校、茶芸クラス開設で放課後の生活を豊かに湖南省寧郷市

    9日、茶畑で茶摘みの練習をする潙山九年制学校の児童たち。(小型無人機から)中国湖南省寧郷市潙山(いさん)郷にある小中一貫校、潙山九年制学校は2012年から3~6年生を対象に茶芸クラスを設けており、毎年30人余りの児童が参加している。茶芸クラスの参加者は現在27人で、うち約85%が出稼ぎ中の親と離れて暮らす「留守児童」だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月09日
    山村の学校、茶芸クラス開設で放課後の生活を豊かに湖南省寧郷市

    9日、茶畑で茶摘みの練習をする潙山九年制学校の児童たち。中国湖南省寧郷市潙山(いさん)郷にある小中一貫校、潙山九年制学校は2012年から3~6年生を対象に茶芸クラスを設けており、毎年30人余りの児童が参加している。茶芸クラスの参加者は現在27人で、うち約85%が出稼ぎ中の親と離れて暮らす「留守児童」だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月09日
    山村の学校、茶芸クラス開設で放課後の生活を豊かに湖南省寧郷市

    9日、茶畑で茶摘みの練習をする潙山九年制学校の児童たち。(小型無人機から)中国湖南省寧郷市潙山(いさん)郷にある小中一貫校、潙山九年制学校は2012年から3~6年生を対象に茶芸クラスを設けており、毎年30人余りの児童が参加している。茶芸クラスの参加者は現在27人で、うち約85%が出稼ぎ中の親と離れて暮らす「留守児童」だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月09日
    山村の学校、茶芸クラス開設で放課後の生活を豊かに湖南省寧郷市

    9日、茶芸クラスでお茶の入れ方を練習をする潙山九年制学校の児童。中国湖南省寧郷市潙山(いさん)郷にある小中一貫校、潙山九年制学校は2012年から3~6年生を対象に茶芸クラスを設けており、毎年30人余りの児童が参加している。茶芸クラスの参加者は現在27人で、うち約85%が出稼ぎ中の親と離れて暮らす「留守児童」だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月09日
    山村の学校、茶芸クラス開設で放課後の生活を豊かに湖南省寧郷市

    9日、茶芸クラスで茶芸を教える龔娜(きょう・な)さん(手前右)。中国湖南省寧郷市潙山(いさん)郷にある小中一貫校、潙山九年制学校は2012年から3~6年生を対象に茶芸クラスを設けており、毎年30人余りの児童が参加している。茶芸クラスの参加者は現在27人で、うち約85%が出稼ぎ中の親と離れて暮らす「留守児童」だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月09日
    山村の学校、茶芸クラス開設で放課後の生活を豊かに湖南省寧郷市

    9日、茶芸クラスでお茶の入れ方を練習をする潙山九年制学校の児童たち。中国湖南省寧郷市潙山(いさん)郷にある小中一貫校、潙山九年制学校は2012年から3~6年生を対象に茶芸クラスを設けており、毎年30人余りの児童が参加している。茶芸クラスの参加者は現在27人で、うち約85%が出稼ぎ中の親と離れて暮らす「留守児童」だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、茶の表面にできた泡に文字を書く茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺の曲橋。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺の山門。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、杭州市余杭区径山鎮に広がる茶畑。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶を入れる際に必要な道具を紹介する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、自身の茶園を紹介する周方林(しゅう・ほうりん)さん。周さんは省級無形文化遺産に指定されている径山茶の釜炒り技術の伝承者。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山寺で写真を撮る観光客。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:11.75
    2020年06月23日
    「新華社」800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。径山寺の定賢(ていけん)法師によると、同寺は中日の仏教および文化交流の歴史において重要な地位を占めており、日本の仏教宗派の一つ臨済宗は、同寺を祖庭としている。また、多くの学者や関係者が日本の茶道の起源は「径山茶宴」にあると考えている。定賢法師は「日本の僧侶や観光客が毎年、径山寺を訪れ、仏法や茶道などについて交流している。径山寺と径山茶は中日友好交流の長い歴史の証人となっている」と語った。(記者/商意盈、許舜達、翁忻暘)<映像内容>点茶と呼ばれるお茶の作法、杭州市の街並みなど風景、撮影日:2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省

    21日、会場で来場者に雨花茶を入れる茶芸師。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露

    21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省

    21日、会場で雨花茶を入れる茶芸師。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露

    21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露

    21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露

    21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露

    21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露

    21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露

    21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストで、大紅袍を入れる茶芸師。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストで、「工夫式」と呼ばれる作法でお茶を入れるカプセル式スマート抽出機と茶芸師。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストの様子。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストで審査をする専門家ら。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストで、カプセル式スマート抽出機の特徴とコンテストのルールを紹介する抽出機の開発者、葉揚生(よう・ようせい)さん(右から1人目)。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストで、「工夫式」と呼ばれる作法でお茶を入れる茶芸師。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストでお茶を入れるカプセル式スマート抽出機。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストの様子。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストの様子。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストで、茶芸師と抽出機が入れたお茶。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストで採点する、南平市無形文化遺産・大紅袍製作技能継承者で中国国家一級茶芸師の劉安興(りゅう・あんこう)さん(左から1人目)。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、競技者の名前を伏せた状態で審査する専門家。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、立て終わった抹茶の泡を茶さじを使い建盞に入れる点茶愛好家。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、南平市の建陽区文化館で開かれた講習会で宋代の点茶技法を学ぶ点茶愛好家。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、茶に熱湯を注ぐ点茶愛好家。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、建盞で立てた茶を見せる点茶愛好家。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、古装束姿で茶席を設け「茶百戯」を楽しむ点茶愛好家。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、茶せんを使って茶を立てる点茶愛好家。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に後世の日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、南平市の建陽区文化館で開かれた講習会で宋代の点茶技法を再現する点茶講師。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に後世の日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、南平市の建陽区文化館で開かれた講習会で宋代の点茶技法を学ぶ点茶愛好家。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に後世の日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    茶と茶碗で継承する宋代の茶文化福建省南平市

    10日、南平市の建陽区文化館で開かれた講習会で宋代の点茶技法を学ぶ点茶愛好家。中国福建省南平市建陽区は、同区の建窯が発祥とされる茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」文化の潜在力を重点的に発掘している。宋代の点茶技法の復興を通じて茶文化愛好家を育成し、点茶による文化・観光業の融合発展に力を入れる。中国では宋代に日本の茶道のような湯を入れた粉茶をかき立てる喫茶法が確立した。また「茶百戯」と呼ばれる現代のラテアートのような「茶芸」も流行したという。(南平=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.04
    2020年04月03日
    「新華社」茶畑でライブ配信春茶のオンライン販売を後押し江西省銅鼓県

    中国江西省宜春市銅鼓県大塅(たいだん)鎮公益村の茶畑でこのほど、春茶のライブ配信が行われた。村に駐在する第一書記の李長春(り・ちょうしゅん)さん、茶芸師の鍾雅婷(しょう・がてい)さん、地元インフルエンサーの呉琴(ご・きん)さんらが、村内の貧困脱却産業基地で栽培されている春茶をカメラの前で売り込んだ。銅鼓茶の成長や茶摘み、製造の全過程を紹介するため、ライブ配信チームは機材や道具を山の上にある茶畑に運び、屋外での撮影を決行した。これにより視聴者は、銅鼓茶が生産される自然環境や客家の茶に関する習慣などの魅力を身近に体験できる。4時間にわたるライブ配信では、累計延べ1万人近くのネットユーザーがオンライン視聴し、50キロ以上の春茶が販売された。一部のブランド茶は、500グラム当たり1500元(1元=約15円)で取引された。(記者/閔尊濤、孫楠)<映像内容>春茶のライブ配信の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月29日
    「中国白茶の里」で第9回白茶開茶節開催福建省福鼎市

    29日、「第9回福鼎白茶開茶節」の開幕式で茶芸を披露する女性。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省福鼎(ふくてい)市の点頭鎮大坪村にある六妙白茶荘園広場で29日、「第9回福鼎白茶開茶節(祭)」の開幕式が開かれた。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占める。また、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月27日
    春本番新茶の製造に追われる茶職人湖南省湘西

    27日、湘西トゥチャ族ミャオ族自治州古丈県の青竹山茶園で、「明前古丈毛尖」を入れる茶芸師。気温が上がり、暖かくなってきた中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州古丈県でこのほど、春の茶摘みが始まった。摘み取られた茶葉は、茶職人の手によって現地の特産品「明前古丈毛尖」に加工される。(湘西=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月27日
    春本番新茶の製造に追われる茶職人湖南省湘西

    27日、湘西トゥチャ族ミャオ族自治州古丈県の青竹山茶園で、茶芸師が「明前古丈毛尖」を入れている。気温が上がり、暖かくなってきた中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州古丈県でこのほど、春の茶摘みが始まった。摘み取られた茶葉は、茶職人の手によって現地の特産品「明前古丈毛尖」に加工される。(湘西=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    春の茶摘み始まる陝西省紫陽県

    3月25日、紫陽県の茶葉メーカー直売店で茶芸を習う女性。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    春の茶摘み始まる陝西省紫陽県

    3月25日、紫陽県の茶葉メーカー直売店で茶芸を教える同県職業教育センターの王琳(おう・りん)さん(右)。中国陝西省紫陽県では24万ムー(160平方キロ)の富硒茶園が茶摘みの季節を迎えている。同県は国の重点茶葉生産県とされており、2019年の茶葉総生産量は7538トン、総合生産高は43億4千万元(1元=約15円)だった。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    茶摘みの季節到来福建省福州市

    25日、春の新茶摘み行事で技を披露する茶芸師。中国福建省福州市の鼓嶺山脈にある晋安春倫生態旅游観光茶園で25日、福州春茶祭りが開催された。祭りでは茶や山に感謝をささげる儀式、茶摘み踊りなどが行われ、人々は茶摘みや製茶を体験し、茶を味わい、春を迎えた茶どころの景色と趣を満喫した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月21日
    儒学者・朱熹を育んだ歴史文化の街福建省五夫鎮をゆく

    21日、五夫鎮の民俗文化博物館を訪れた観光客に茶を淹れる茶芸師。中国福建省武夷山(ぶいさん)市五夫鎮は、1700年以上の歴史を持ち、朱子学(程朱理学)の集大成者である南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き1130~1200年)の故郷として知られる。朱熹は同鎮で40年以上にわたり師について学んだ。興賢書院や朱子巷、紫陽楼などの古跡が残り、武夷山に育まれた「武夷文化遺産」の重要な構成要素となっている同鎮は、2010年に「中国歴史文化名鎮」に登録された。(武夷山=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月02日
    田園生活への憧れ強める都市住民浙江省寧波市大堰鎮

    2日、浙江省寧波市奉化区大堰(だいえん)鎮の民宿で行われた茶芸のデモンストレーション。山間での田園生活を愛する1980年代生まれの女性、李華(り・か)さんは江蘇省常州市の出身。集落の民家を借り、民宿を開業した。李さんらの存在がこの片田舎の小さな集落に活力と人のにぎわいをもたらした。中国で農村観光の人気が高まるにつれ、険しい山道を越えてこの集落を訪れ、余暇を楽しむ人が増えてきた。民宿の数も30軒を超える。(寧波=新華社記者/李亜彪)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月07日
    日本の煎茶道・黄檗売茶流が里帰り福州市で縁を繋ぐ

    7日、福清市の松泓号茶文化館で茶芸の交流を行う日本の煎茶道・黄檗売茶流の先代の家元、中澤弘幸さん(左)。日本の煎茶道・黄檗売茶流(おうばくばいさりゅう)の2代の家元が、5日から8日まで門下の弟子を連れて発祥地にあたる中国福建省福清市(ふくせいし、福州市の管轄下にある県級市)に里帰りし、ルーツの探求、先祖参り、文化交流といった一連の活動を行った。これにより、365年前に日本に渡った福清の黄檗山萬福寺の住職、隠元禅師が伝えた煎茶道の流派のひとつ、黄檗売茶流が初めて故郷の土を踏んだことになる。訪問団の今回の訪問は、福清黄檗文化促進会の招きによるもの。1956年に設立された全日本煎茶道連盟は、毎年5月の第三周末に隠元禅師が創建した日本黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山、京都府宇治市にある黄檗山萬福寺で、盛大な全日本煎茶道大会を開催している。(福清=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月07日
    農村の活力を高め水郷の魅力を発信江蘇省南京市

    7日、金陵水郷銭家渡で茶芸を披露する茶芸師。中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、特色ある田園郷村建設を手本とけん引力とし、モデル村での計画と建設を次々と進めている。農村の整備や産業発展の強化、地域文化の向上が図られ、インフラも絶えず整備が進み、優れた景観を持つ田園風景へと変貌を遂げている。中でも同区に位置する金陵水郷銭家渡は、地域の農村の美しさを示す代名詞となっている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.64
    2019年08月21日
    「新華社」これぞカンフーと茶芸の融合!注ぎ口が驚くほど長い急須

    カンフーと茶芸が出会い誕生したのは、注ぎ口が驚くほど長い急須。自由自在に操る見事なパフォーマンスをお楽しみください。(新華社配信)<映像内容>カンフーと茶芸が融合したパフォーマンス、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月17日
    伝統的観光地が「ニューメディア」で大人気に安徽省黄山

    黄山風景区にある「網紅」(ネットインフルエンサー)バルコニーで披露される茶芸の様子。中国安徽省南部に位置する黄山(こうざん)風景区は、世界複合遺産(文化・自然)と世界ジオパークに登録され、奇松・怪石・雲海・温泉・冬雪の「五大絶景」で広く知られている。中国のショート動画共有アプリ抖音(TikTok)や快手(KWAI)、口コミアプリの小紅書(RED)などの登場に伴い、歴史ある観光地はニューメディアと融合して新たな化学反応を起こし、生気と活力にあふれた姿を見せている。(黄山=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月03日
    杭州市文化観光プロモーションイベント、ベトナムで開催

    3日、杭州市のプロモーションイベントで茶芸を披露する女性。中国浙江省杭州市政府が主催した文化観光プロモーションイベント「シルクロードの記憶-最憶杭州(最も憶うは杭州)」が3日、ベトナムの首都ハノイで開かれた。(ハノイ=新華社配信/法鑫)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、開幕式会場で行われた茶芸の実演。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月16日
    国際茶文化博覧会で黄茶の試飲会遼寧省瀋陽市

    16日、黄茶の点前を披露するプロの茶芸師。中国遼寧省瀋陽市の瀋陽工業展覧館で開催されている第10回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会で16日、6大中国茶の一つ、黄茶の新境地を開く試飲会「あなたに一杯の黄茶を」が行われた。茶葉の若さや大きさで分けられた「黄芽茶」「黄小茶」「黄大茶」と茶葉を圧縮した「緊圧茶」の4種類が提供され、プロの茶芸師が黄茶の点前を披露した。(瀋陽=新華社配信/鄭磊)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月16日
    国際茶文化博覧会で黄茶の試飲会遼寧省瀋陽市

    16日、試飲会で展示された黄茶の見本。中国遼寧省瀋陽市の瀋陽工業展覧館で開催されている第10回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会で16日、6大中国茶の一つ、黄茶の新境地を開く試飲会「あなたに一杯の黄茶を」が行われた。茶葉の若さや大きさで分けられた「黄芽茶」「黄小茶」「黄大茶」と茶葉を圧縮した「緊圧茶」の4種類が提供され、プロの茶芸師が黄茶の点前を披露した。(瀋陽=新華社配信/鄭磊)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月16日
    国際茶文化博覧会で黄茶の試飲会遼寧省瀋陽市

    16日、黄茶の品質鑑定法を紹介する茶葉品質検査員。中国遼寧省瀋陽市の瀋陽工業展覧館で開催されている第10回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会で16日、6大中国茶の一つ、黄茶の新境地を開く試飲会「あなたに一杯の黄茶を」が行われた。茶葉の若さや大きさで分けられた「黄芽茶」「黄小茶」「黄大茶」と茶葉を圧縮した「緊圧茶」の4種類が提供され、プロの茶芸師が黄茶の点前を披露した。(瀋陽=新華社配信/鄭磊)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2