KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 平成
  • 山陽新聞
  • 記者
  • コンクリート
  • トーチカ
  • 内部
  • 印刷
  • 宝山区
  • 全長

「茶褐色」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
39
( 1 39 件を表示)
  • 1
39
( 1 39 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1973年05月31日
    小笠原付近で海底火山噴火

    西之島の南東500メートルにわたって茶褐色に変色した海面(手前)。白い泡の部分が噴煙のあった現場。後方は西之島=1973(昭和48)年5月31日午前10時30分(海上自衛隊提供)

    商品コード: 2010110800277

  • 1976年08月25日
    ナガタチカマス “お化け魚”がドッと入荷

    和歌山県・串本港に水揚げされた“お化け魚”ナガタチカマス。全身茶褐色、体長1~1・5メートル、重さ7~8キロもあり、カマスの6~7倍。潮岬沖で巻き網に一度に約600匹も入った=1976(昭和51)年8月25日、和歌山県・串本港

    商品コード: 2014020600214

  • 1979年08月24日
    香妃の墓 シルクロード見聞録(14)

    清朝第6代皇帝・乾隆帝の側室となった「香妃の墓」。青い美しいタイルで飾られ、茶褐色と緑、赤の縞(しま)やウロコ模様の布に覆われている(共同)

    商品コード: 2015110400247

  • 1991年05月20日
    茶褐色になった水無川河口 土石流の避難勧告は解除

    火山灰を含んだ土石流が流れ込み、茶褐色になった水無川河口=1991(平成3)年5月20日午後4時20分、長崎県・島原湾で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2018090518462

  • 1991年06月19日
    雲仙・普賢岳地獄跡火口 空から見た雲仙岳

    活発な活動を続ける雲仙・普賢岳地獄跡火口。東側斜面からは溶岩の崩落が続き、茶褐色の煙が立ち上る=1991(平成3)年6月19日午前8時18分

    商品コード: 2018090718378

  • 1999年01月24日
    手がいっぱい

    色とりどりの腕飾りとともに、ずらりと並んだ手、手、手。イスラム教の断食月明けを祝う大祭に伴い、パキスタン東部の都市ムルタンで開かれた美人コンテストならぬ「手のひら」コンテストには、茶褐色の染料で複雑な模様を描いた「手美人」が集まった。(ロイター=共同)

    商品コード: 1999012400027

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年11月09日
    変色した作物 作物変色、山林は壊滅的

    火山ガスのため茶褐色に変色したビニールハウスの作物=10月28日、東京都三宅村神着地区(東京都提供)

    商品コード: 2000110900125

  • 2001年07月03日
    水辺の風車群 崩れた堤防神話

    )、企画70S、11日付朝刊以降使用、解禁厳守  キンデルダイクの風車群に沿って広がる排水路を通って、カヌーを運ぶ人たち。水の色は茶褐色だがきれいで、淡水魚や水鳥たちの格好のすみかになっている。オランダ人にとって、水は永遠の宿敵であるとともに、生活の友でもあるようだ(撮影・菅谷洋司)

    商品コード: 2001070300090

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年11月22日
    液体がかけられた外壁 醍醐寺塔頭の壁が汚損

    茶褐色の液体がかけられた醍醐寺の塔頭「理性院」の外壁=22日午後、京都市伏見区

    商品コード: 2010112200414

  • 2014年11月11日
    カメラ探訪 ヒドリガモ

    カモ科。全長48・5センチ。メスは低い声で「ガアー、ガアー」と鳴く。メスは全体が茶褐色だが、オスは額から頭頂部にかけて帯状にクリーム色をしているのが特徴。=2014(平成26)年11月11日、岡山県内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052200711

  • 2015年05月19日
    カメラ探訪 オオヨシキリ

    ウグイス科(ヨシキリ科とも)。全長18・5センチ。河口、川岸などのアシ原に飛来する。姿はあまり目立たない茶褐色だが、特徴的な大きな声で夜間でも鳴き続けることもある。=2015(平成27)年5月19日、岡山県内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052200727

  • 2015年12月24日
    カメラ探訪 ルリビタキ

    ヒタキ科。全長14センチ。雑食で、昆虫から木の実まで食べる。警戒心はあまりない。「瑠璃(るり)」とは青い宝石のことで、青い鳥の和名として使われている。夏鳥として渡って来るオオルリ、コルリも青い鳥だが、中でもルリビタキは美しい。センスのいい配色をしている。しかし、これはオスに限った話。メスはルリビタキなど3種とも茶褐色で、オスに比べると地味な色合いだ。=2015(平成27)年12月24日、岡山県内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052200710

  • 2016年08月24日
    カメラ探訪 ゴイサギ

    サギ科。全長57・5センチ。夕方から池や川で魚類、水生昆虫などを捕食する。俳句では、夏の季語になっている。成鳥は頭部から背中にかけて、青みを帯びた暗灰色。腹部は白い。一方、幼鳥は全体が茶褐色で白い斑点がたくさんあり、星模様のように見えることから、「ホシゴイ」と呼ばれている。夜行性で、日中は水辺の樹上などにいることが多い。=2016(平成28)年8月24日、岡山県内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052200741

  • 2017年02月24日
    カメラ探訪 カワアイサ

    カモ科。全長65センチ。雌は雄より小さく、頭部が茶褐色。警戒心は強い。くちばしと足が赤いカワアイサ。和名を漢字で書くと「川秋沙」。川などに、秋早く渡って来ることから「秋早(アキサ)」とも、生まれ故郷では秋に去るので「秋去(アキサ)」ともいわれ、転じてアイサになったという説がある。万葉集にも詠まれ、古くから親しまれている鳥である。=2017(平成29)年2月24日、岡山県内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052200718

  • 00:57.65
    2017年04月13日
    「東奥日報」大蛇小児童が海岸でフノリ採り体験

    青森県階上町大蛇小学校(種市成克校長)の全校児童35人が13日、同小近くの海岸でフノリ採りを体験した。子どもたちはあいにくの荒天にもめげず、磯にびっしりと生えた茶褐色のフノリを採り、元気いっぱいに海の豊かさに触れた。<映像内容>児童がフノリ採りの体験する様子、開始の掛け声、岩場でフノリを採る姿、収穫したフノリを囲んで再び掛け声をあげる児童達、撮影日:2017年4月13日、撮影場所:階上町 クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2017120500491

  • 2018年01月18日
    カメラ探訪 ウミアイサ

    カモ科。全長55センチ。雌の頭部は茶褐色で冠羽は短い。他の水鳥より少し胴長で、特徴である頭部は寝起きのようなぼさぼさの冠羽に、目とくちばしが赤い。=2018(平成30)年1月18日、岡山県内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052200735

  • 01:02.22
    2018年04月18日
    「東奥日報」階上で児童がフノリ採り体験

    青森県階上町大蛇小学校(小田桐幸春校長)の児童39人が18日、同校近くの海岸でフノリ採りを体験した。児童たちは磯にびっしり張り付いた茶褐色のフノリを元気いっぱい摘み取った。<映像内容>フノリ採り体験をする小学生たち、収穫したフノリの重さを量る様子など、撮影日:2018(平成30)年4月18日、撮影場所:青森県階上町の海岸、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018042600363

  • 2018年04月19日
    岡山県内 カメラ探訪 キジ

    日本の国鳥「キジ」。本州、四国、九州に留鳥として生息し、岡山県鳥でもある。キジ科。全長は雄80センチ、雌60センチ。雌は茶褐色で尾は短い。一万円札の絵柄にも使われていた。=2018(平成30)年4月19日、岡山県内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062509999

  • 2018年10月10日
    ムクロジの実

    キーワード:ムクロジ、むくろじ科、屋外、実、秋、植物、日本、無人、茶褐色、動植物メイン写真=2018(平成30)年10月10日、埼玉県さいたま市、クレジット:MASAHIRO_NAKANO/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061107739

  • 2019年06月14日
    広島県府中市 羽化したばかりのオオムラサキ

    羽化したばかりのオオムラサキ。国蝶(こくちょう)オオムラサキの羽化が広島県府中市僧殿町の保護施設「オオムラサキの里」で本格化している。今年は幼虫やサナギがサルに食べられたとみられる被害に見舞われたが、残ったサナギが今月上旬から次々と羽化。〝森の宝石〞とも称される青紫色の雄が、茶褐色の雌とともに優雅に舞っている。=2019(令和元)年6月14日、広島県府中市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ=2019(令和元)年6月14日、広島県府中市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070201578

  • 2019年06月14日
    広島県府中市 美しい青紫色の羽を持つ雄のオオムラサキ

    美しい青紫色の羽を持つ雄。国蝶(こくちょう)オオムラサキの羽化が、広島県府中市僧殿町の保護施設「オオムラサキの里」で本格化している。今年は幼虫やサナギがサルに食べられたとみられる被害に見舞われたが、残ったサナギが今月上旬から次々と羽化。〝森の宝石〞とも称される青紫色の雄が、茶褐色の雌とともに優雅に舞っている。=2019(令和元)年6月14日、広島県府中市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ=2019(令和元)年6月14日、広島県府中市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070201569

  • 00:57.60
    2020年04月24日
    「新華社」独自の特徴を持つ陝西省秦嶺地区のジャイアントパンダ

    ジャイアントパンダは中国の四川、陝西、甘粛3省にまたがる秦嶺、岷山(みんざん)、邛崍山(きょうらいさん)、凉山、大相嶺、小相嶺の6つの山脈に分布している。これらの山脈は互いに離れた山系に属するが、中でも陝西省の秦嶺山系に分布するパンダは、他の5山系のパンダと違っている。2015年の第4次ジャイアントパンダ調査の結果によると、秦嶺地区には中国全体の18・5%を占める345頭の野生のパンダが生息している。生息地面積は3606平方キロで、100平方キロにつき平均10頭のパンダが生息していることになる。秦嶺のパンダは頭が小さく、大きな歯を持ち、胸と腹の毛色が茶褐色に近いことから「国宝の中の美人」と呼ばれている。秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターには、世界で唯一人工飼育されている茶色のパンダ「七仔(チーザイ)」がいる。(記者/孫正好)<映像内容>陝西省秦嶺地区のパンダ、赤ちゃんパンダの様子、食事をするパンダ、茶色のパンダの様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042803237

  • 00:51.84
    2020年08月09日
    「新華社」黄金の海原、ヒマワリ畑が満開に内モンゴル自治区バヤンノール市

    「中国のヒマワリの故郷」と呼ばれている内モンゴル自治区バヤンノール市五原県にあるヒマワリ博覧園で現在、300ムー(約20ヘクタール)に広がるヒマワリ畑が満開となっている。同園では観賞用ヒマワリ20品種以上が栽培されており、丈の高い品種は2・4メートル、低い品種は30~50センチほどに成長する。色は定番の黄色の他に赤や紫、白、茶褐色などさまざまで、開花期間は平均45~55日となっている。中国の河套平原の奥に位置する同県は毎年、国内における食用ヒマワリ総栽培面積の約7分の1に当たる約120万ムー(約8万ヘクタール)を栽培している。食用ヒマワリ栽培において、国内で最も栽培規模の大きい県であり産業基地でもある。(記者/李雲平)<映像内容>満開のヒマワリ畑の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081401919

  • 2021年01月08日
    (1)重慶市で国家2級保護野生動物のカンムリオオタカを保護

    負傷したカンムリオオタカを抱える救護スタッフ。(資料写真)中国重慶市南川区の不動産会社で働く警備員の鄒洪(すう・こう)さんがこのほど、パトロール中にフクロウによく似た茶褐色の羽を持つ大きな鳥を発見した。発見場所のすぐ近くに生態峡谷があることから、鄒さんはこの鳥が峡谷に生息する野生動物である可能性が高いと判断。直ちに野生動物救助ステーションに連絡し、保護を求めた。同市薬物種植研究所・陸生野生動物収容救護ステーションの専門家、張承露(ちょう・しょうろ)氏は、この鳥が鋭い爪とくちばしを持ち、頭頂部に鳳凰形の冠のような模様があることから、国家2級保護野生動物の中型猛禽類、カンムリオオタカだと判定した。この鳥は発見場所で応急処置が取られた後、同ステーションに運ばれ、保護された。(重慶=新華社配信/李彬)= 配信日: 2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010807021

  • 00:42.96
    2021年01月08日
    「新華社」重慶市で国家2級保護野生動物のカンムリオオタカを保護

    中国重慶市南川区の不動産会社で働く警備員の鄒洪(すう・こう)さんがこのほど、パトロール中にフクロウによく似た茶褐色の羽を持つ大きな鳥を発見した。発見場所のすぐ近くに生態峡谷があることから、鄒さんはこの鳥が峡谷に生息する野生動物である可能性が高いと判断。直ちに野生動物救助ステーションに連絡し、保護を求めた。同市薬物種植研究所・陸生野生動物収容救護ステーションの専門家、張承露(ちょう・しょうろ)氏は、この鳥が鋭い爪とくちばしを持ち、頭頂部に鳳凰形の冠のような模様があることから、国家2級保護野生動物の中型猛禽類、カンムリオオタカだと判定した。この鳥は発見場所で応急処置が取られた後、同ステーションに運ばれ、保護された。(記者/周文衝) =配信日: 2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010807161

  • 2021年01月08日
    (2)重慶市で国家2級保護野生動物のカンムリオオタカを保護

    負傷したカンムリオオタカを抱える救護スタッフ。(資料写真)中国重慶市南川区の不動産会社で働く警備員の鄒洪(すう・こう)さんがこのほど、パトロール中にフクロウによく似た茶褐色の羽を持つ大きな鳥を発見した。発見場所のすぐ近くに生態峡谷があることから、鄒さんはこの鳥が峡谷に生息する野生動物である可能性が高いと判断。直ちに野生動物救助ステーションに連絡し、保護を求めた。同市薬物種植研究所・陸生野生動物収容救護ステーションの専門家、張承露(ちょう・しょうろ)氏は、この鳥が鋭い爪とくちばしを持ち、頭頂部に鳳凰形の冠のような模様があることから、国家2級保護野生動物の中型猛禽類、カンムリオオタカだと判定した。この鳥は発見場所で応急処置が取られた後、同ステーションに運ばれ、保護された。(重慶=新華社配信/李彬)= 配信日: 2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010807012

  • 2021年02月02日
    (6)無錫市で呉越王末裔墓の出土品展江蘇省

    1月28日、「大元処士-呉越王の末裔・銭裕の物語展」で展示されたの茶褐色の尖頭靴(元代)。中国江蘇省の無錫博物院で、五代十国時代の呉越(907~978年)王の末裔の墓から出土した文化財を展示する「大元処士-呉越王の末裔・銭裕(せん・ゆう)の物語展」が開かれている。墓の主の銭裕は元代を生きた江南の資産家で、呉越の創建者、銭鏐(せん・りゅう)の末裔とされる。南宋時代の1247年に生まれ、元代の1320年に没した。1960年に発見された銭裕墓からは金銀器、玉器、絹服飾、漆木器、紙幣、銅鏡などの遺物154点(組)が出土した。元代の経済制度や手工芸の発展水準を知る上で貴重な資料となっている。(無錫=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802709

  • 01:18.41
    2021年06月02日
    北方領土周辺でコンブ漁 貝殻島、231隻出漁

    北方領土・歯舞群島の貝殻島周辺で2日、ロシア側に入漁料を払って行うコンブ漁が始まり、北海道根室市内の漁協に所属する漁船231隻が一斉に出漁した。初日の漁は約3時間半で終わり、茶褐色のコンブが次々と根室市内の港に水揚げされた。北海道水産会によると、漁期は9月末まで。<映像内容>出港する漁船、出漁を見守る漁協関係者ら、水揚げ作業の様子など、撮影日:2021(令和3)年6月2日、撮影場所:北海道根室市

    商品コード: 2021060309563

  • 2021年06月12日
    通常のオコゼと金のオコゼ 輝くオコゼ、全身「金色」

    水産物直売所「お魚センターみくりや」のいけすの中で泳ぐ、全身が金色のように見えるオコゼ(右)と通常の茶褐色のオコゼ=4日、鳥取県大山町

    商品コード: 2021061205027

  • 2021年08月15日
    (6)3D印刷で作ったコンクリート製書院上海市

    3D印刷で造形中のコンクリート製書院。(資料写真)中国上海市宝山区でこのほど、3D印刷で作られた同市初のコンクリート製書院を取材した。外壁表面は独特の質感があり、茶褐色のトーチカ型をしている。図書展示会や学術討論会、新書発表会などのイベントに使われるという。内部は30平方メートルに満たないが、15人を収容できる。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081603480

  • 2021年08月15日
    (2)3D印刷で作ったコンクリート製書院上海市

    3D印刷で作ったコンクリート製書院の内部。(資料写真)中国上海市宝山区でこのほど、3D印刷で作られた同市初のコンクリート製書院を取材した。外壁表面は独特の質感があり、茶褐色のトーチカ型をしている。図書展示会や学術討論会、新書発表会などのイベントに使われるという。内部は30平方メートルに満たないが、15人を収容できる。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081603489

  • 00:23.06
    2021年08月15日
    「新華社」3D印刷で作ったコンクリート製書院上海市

    中国上海市宝山区でこのほど、3D印刷で作られた同市初のコンクリート製書院を取材した。外壁表面は独特の質感があり、茶褐色のトーチカ型をしている。図書展示会や学術討論会、新書発表会などのイベントに使われるという。内部は30平方メートルに満たないが、15人を収容できる。印刷材料には独自に開発した繊維補強コンクリートを用いた。鉄筋はなく、型枠も使われていない。2台のロボットアーム3Dプリントシステムで「印刷」した。外壁は中空で、中に断熱モルタルを充填してある。内部は円形空間となっており、内壁は白く塗られ、天井はドーム状になっている。入口のスイッチで円形の天窓が開き、換気もできるという。(記者/賈遠琨、王翔、黄安琪) =配信日: 2021(令和3)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081603492

  • 2021年08月15日
    (1)3D印刷で作ったコンクリート製書院上海市

    3D印刷で作ったコンクリート製書院。(資料写真)中国上海市宝山区でこのほど、3D印刷で作られた同市初のコンクリート製書院を取材した。外壁表面は独特の質感があり、茶褐色のトーチカ型をしている。図書展示会や学術討論会、新書発表会などのイベントに使われるという。内部は30平方メートルに満たないが、15人を収容できる。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081607429

  • 2021年08月15日
    (4)3D印刷で作ったコンクリート製書院上海市

    10日、3D印刷で作ったコンクリート製書院。中国上海市宝山区でこのほど、3D印刷で作られた同市初のコンクリート製書院を取材した。外壁表面は独特の質感があり、茶褐色のトーチカ型をしている。図書展示会や学術討論会、新書発表会などのイベントに使われるという。内部は30平方メートルに満たないが、15人を収容できる。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081603495

  • 2021年08月15日
    (7)3D印刷で作ったコンクリート製書院上海市

    10日、3D印刷で作ったコンクリート製書院。中国上海市宝山区でこのほど、3D印刷で作られた同市初のコンクリート製書院を取材した。外壁表面は独特の質感があり、茶褐色のトーチカ型をしている。図書展示会や学術討論会、新書発表会などのイベントに使われるという。内部は30平方メートルに満たないが、15人を収容できる。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081603490

  • 2021年08月15日
    (3)3D印刷で作ったコンクリート製書院上海市

    10日、3D印刷で作ったコンクリート製書院の内部。中国上海市宝山区でこのほど、3D印刷で作られた同市初のコンクリート製書院を取材した。外壁表面は独特の質感があり、茶褐色のトーチカ型をしている。図書展示会や学術討論会、新書発表会などのイベントに使われるという。内部は30平方メートルに満たないが、15人を収容できる。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081603457

  • 2021年08月15日
    (5)3D印刷で作ったコンクリート製書院上海市

    3D印刷で造形中のコンクリート製書院。(資料写真)中国上海市宝山区でこのほど、3D印刷で作られた同市初のコンクリート製書院を取材した。外壁表面は独特の質感があり、茶褐色のトーチカ型をしている。図書展示会や学術討論会、新書発表会などのイベントに使われるという。内部は30平方メートルに満たないが、15人を収容できる。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081603488

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年08月22日
    (2)ⅰ-VISTA自動運転「最強自動車頭脳チャレンジ」、重慶市で開催

    20日、自動運転「最強自動車頭脳チャレンジ」のコースで、実際の道路を一緒に走行する参加車両(茶褐色)と審判車両(赤)。(小型無人機から)自動運転車の競技イベント「インテリジェント自動車統合システム試験区(ⅰ-VISTA)グランドチャレンジ」の第2種目「最強自動車頭脳チャレンジ」が20日、中国重慶市の両江協同イノベーション区の公道で行われた。国内の大学や研究機関、自動車メーカーなどのプロチームが多数参加した。試合のコースには、車両の合流、S字型道路の走行など、複雑で変化に富んだ都市交通を想定したシーンが含まれる。この種目では主に、自動運転車が実際の道路の複雑な構造に適応する能力や、都市の典型的な道路状況を感知して処理する能力、交通事故などの緊急事態に対応する能力が試される。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082308684

  • 01:08.33
    2022年04月07日
    「新華社」国家2級保護動物キンケイの求愛シーン湖南省

    中国湖南省にある八大公山国家級自然保護区の赤外線カメラチームのスタッフがこのほど、収集した撮影データを整理した際、キンケイの求愛行動を収めた貴重な映像を発見した。映像には、メスを追いかけてしきりに「愛情表現」をする4羽のオスと、それに動じず、周囲の動きを注意深く観察する1羽のメスの姿が写っていた。専門家の分析によると、メスの年齢は2歳ぐらいだという。キンケイは中国の国家2級保護動物で、個体数が非常に少なく、主に山地の森林や郊外の低木地に生息する。オスは派手な色彩をしており、頭頂部には毛髪状の金色の冠羽がある。メスは頭頂から後頸にかけて黒褐色で、他の部分は茶褐色をしている。(記者/阮周囲) =配信日: 2022(令和4)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040706309

  • 1