KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 風景
  • 建設
  • 活用
  • 景観
  • 収入
  • 生態
  • 面積
  • モデル

「荒れ地」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
682
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
682
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    El páramo de Saint-Guenole.

    El páramo de Saint-Guenole. Museum: MUSEE TOULOUSE-LAUTREC / ALBI / FRANCIA. Author: J. LEFRANC.、クレジット:Album/Joseph Martin/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019081607789

  • -
    Hedge Mustard (Sisymbrium officinale) a weed of arable and wasteland

    Hedge Mustard (Sisymbrium officinale) a weed of arable and wasteland, native to Europe and North Africa. In folk medicine it has been used as an expectorant, a diuretic, a laxative, and a tonic. The Ancient Greeks believed it to be an antidote for all poisons. From Amedee Masclef ‘Atlas des Plantes de France‘, Paris, 1893.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019100400418

  • 1916年07月01日
    World War 1

    World War 1 - French soldiers shelter before the battle continues in the wasteland of forests during the Battle of the Somme, 1916.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071809295

  • 1916年07月01日
    World War 1

    World War 1 - French soldiers shelter before the battle continues in the wasteland of forests during the Battle of the Somme, 1916.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071809297

  • 1936年12月31日
    WINDS OF THE WASTELAND

    WINDS OF THE WASTELAND LANE CHANDLER, JOHN WAYNE, ? Date: 1936、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019052702256

  • 1936年12月31日
    WINDS OF THE WASTELAND

    WINDS OF THE WASTELAND LANE CHANDLER, JOHN WAYNE Date: 1936、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019052702259

  • 1936年12月31日
    WINDS OF THE WASTELAND

    WINDS OF THE WASTELAND JOHN WAYNE, centre Date: 1936、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019052702084

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1941年11月25日
    リビア アフリカ戦線

    トブルク付近のドイツ軍陣地。荒れ地に作られた擬装した砲台に駆け寄るドイツ軍砲兵=1941年11月(ACME)

    商品コード: 2014033100435

  • 1945年04月11日
    農耕義勇隊

    荒れ地で2段式開墾法をする隊員たち=出稿1945(昭和20)年4月11日、場所不明

    商品コード: 2014081900164

  • 1949年08月09日
    広島市

    かつての軍都広島のシンボルであった西練兵場も原爆一閃荒れ地と化したが今は市営住宅、競技場へ平和祭でマッカーサー杯が行われたテニスコート=整理1949(昭和24)年8月、 広島市(24年内地5349)

    商品コード: 2016092100583

  • 1961年12月31日
    Cleared land in Manchester, 1961

    An area of wasteland in Manchester created by the clearance of slum housing, the tighly-packed rows of Victorian terraces with their back-to-back alignment, close rear alleyways and cellar dwellings. Photograph by Shirley Baker Date: 1961、クレジット:© Estate of Shirley Baker/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020033001718

  • 1965年12月31日
    Bonfire waiting to be lit - Wasteland, Salford

    A fine bonfire, constructed from pieces of scrap wood, old gates, chairs, random furniture and planks in an area of wasteland created by the clearance of terraced housing in Salford, Manchester. In the distance the cranes and high rise tower blocks of flats show the new communities being built to replace the old. Photograph by Shirley Baker Date: 1965、クレジット:© Estate of Shirley Baker/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020033001628

  • 1968年12月31日
    Boy with huge toy gun - Manchester 1968

    A young black teenager showing off with his brand new toy - a massive plastic gun. Other children are playing in this area of wasteland, the result of housing clearances , with more conventional toys, a tricycle, some plastic rubbish and a football. Photograph by Shirley Baker Date: 1968、クレジット:© Estate of Shirley Baker/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020033001478

  • 1991年06月09日
    無人と化した島原市親和町 緑の田園が灰色の荒れ地に

    シャッターを下ろし店じまい、無人と化した島原市親和町=1991(平成3)年6月9日午後2時

    商品コード: 2018112917592

  • 1991年06月09日
    マスク姿で検問する警察官 緑の田園が灰色の荒れ地に

    「これから先は通行止めです」マスク姿で検問する警察官=1991(平成3)年6月9日午後0時40分長崎県島原市雲仙東登山口

    商品コード: 2018112917616

  • 1991年06月09日
    引っ越しの準備をする住民 緑の田園が灰色の荒れ地に

    熊本市内の親類宅へ引っ越しの準備をする住民=1991(平成3)年6月9日正午、島原市親和町

    商品コード: 2018112917647

  • 1991年06月09日
    走行不能になり、放置された車 緑の田園が灰色の荒れ地に

    火山灰で走行不能になり、放置された車=1991(平成3)年6月9日午前9時10分、長崎県島原市上折橋町

    商品コード: 2018112917726

  • 1991年06月09日
    無邪気に遊ぶ避難家族の子ども 緑の田園が灰色の荒れ地に

    無邪気な笑顔を見せて遊ぶ避難家族の子ども=1991(平成3)年6月9日午後1時40分、長崎県島原市

    商品コード: 2018112917841

  • 1991年06月09日
    火山灰除去に大忙しの女性 緑の田園が灰色の荒れ地に

    道路に積もった火山灰の除去作業に大忙しの女性=1991(平成3)年6月9日午後2時40分、長崎県島原市前浜町

    商品コード: 2018112917842

  • 1993年11月16日
    水無川流域 普賢岳噴火から丸3年

    度重なる土石流で一面の荒れ地となり、懸命の復旧作業が進められる水無川流域=15日午前、島原市の水無川河口で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1993111600033

  • 1998年05月24日
    羊の世話をする幼い兄弟 荒れ地をヘリが低空飛行

    23日、パキスタンの核実験場があるバルチスタン州チャガイ郡で羊の世話をする幼い兄弟。彼らの父親は核実験についてほとんど知らなかった(共同)

    商品コード: 1998052400091

  • 1998年06月17日
    荒れ地になった水田跡 「だまされ続けてきた」

    )、社会403S、19日付朝刊用  政府の生産調整で雑草が伸び放題の荒れ地になった水田跡=11日、岩手県東和町

    商品コード: 1998061700118

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年04月22日
    散乱する家畜の死がい 飢餓に苦しむ遊牧民

    ソマリ州ダナンの乾ききった荒れ地に散乱する家畜の死がい(共同)

    商品コード: 2000042200045

  • 2001年10月30日
    荒れ地に残る木立 「神の杉」再生が夢

    )、企画70S、11月7日付朝刊以降使用、解禁厳守  かつて全山を覆ったレバノン杉の森は乱伐で姿を消した。わずかに残る木々は、荒れた大地にのみ込まれまいと必死に抵抗しているように見える。緑のこずえは夏場には人々にさわやかな日陰をもたらし、冬になれば雪に覆われた美しい姿を見せる(撮影・井上武明)

    商品コード: 2001103000047

  • 2003年10月06日
    稲刈りする子どもたち 棚田の荒れ地に実りの秋

    佐賀県相知町の「蕨野(わらびの)の棚田」で稲刈りをする、佐賀大の「手間講隊」隊員と子どもたち=9月23日

    商品コード: 2003100600023

  • 2003年12月09日
    テント監獄と女性収容者 「帝国」の住民のカルテ

    吹きさらしの荒れ地に設置されたテント監獄と女性収容者=米アリゾナ州フェニックス(共同)

    商品コード: 2003120900128

  • 2004年03月12日
    荒れ地を嘆く農民 乱開発で良田も荒地に

    乱開発で4年前に収用された水田が荒れ地に変わり果てたと嘆く農民の葉銀生さん=中国浙江省義烏市(共同)

    商品コード: 2004031200332

  • 2007年09月01日
    Daily Life In Detroit, Michigan

    The shell of the abandoned Michigan Central Station building in downtown, Detroit, Michigan, USA, on September 01, 2007. Due to mass unemployment and poverty caused by the disappearance of the automotive manufacturing sector much of the city of Detroit has become a run-down urban wasteland. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082303231

  • 2007年09月01日
    Daily Life In Detroit, Michigan

    Abandoned buildings in downtown, Detroit, Michigan, USA, on September 01, 2007. Due to mass unemployment and poverty caused by the disappearance of the automotive manufacturing sector much of the city of Detroit has become a run-down urban wasteland. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082303284

  • 2007年10月28日
    地権者の清水康保さん 不安募らす地権者

    荒れ地となった新駅建設予定地周辺の土地と地権者の清水康保さん=8月、滋賀県栗東市

    商品コード: 2007102800116

  • 2008年07月18日
    地表の24%荒れ地に

    土地の劣化で影響を受けた人の数

    商品コード: 2008071800022

  • 2008年07月18日
    地表の24%荒れ地に

    土地の劣化で影響を受けた人の数

    商品コード: 2008071800023

  • 2008年07月18日
    荒廃したブラジルの草地 地表の24%荒れ地に

    過剰な家畜の放牧が原因で荒れ地と化したブラジルの草地(共同)

    商品コード: 2008071800035

  • 2008年12月31日
    DEATH RACE

    DEATH RACE JASON STATHAM stars as Jensen Ames in an action-thriller set in the post-industrial wasteland of tomorrow. DEATH RACE Date: 2008、クレジット:UNIVERSAL PICTURES Copyright: ? 2008 Universal Studios. ALL/Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019071901714

  • 2008年12月31日
    DEATH RACE

    DEATH RACE JASON STATHAM stars as Jensen Ames in an action-thriller set in the post-industrial wasteland of tomorrow. DEATH RACE Date: 2008、クレジット:UNIVERSAL PICTURES Copyright: ? 2007 Universal Studios. ALL/Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019071901859

  • 2009年03月25日
    会場のエクセル・ロンドン 「寒々しい荒れ地」でG20

    金融サミットの会場となるロンドン郊外ドックランド地区の「エクセル・ロンドン」。停泊しているのは警察のボート=23日(共同)

    商品コード: 2009032500027

  • 2009年12月11日
    荒れ地に残った船 ティティカカ湖の水位低下

    5日、ボリビアとペルーにまたがるティティカカ湖で、水位低下による湖面の後退で荒れ地に横たわる小型船(共同)

    商品コード: 2009121100305

  • 2010年06月24日
    “カリブの楽園”は失敗に 初のドミニカ移民

    1956(昭和31)年7月2日、ドミニカ共和国への初の移民185人を乗せた「ぶらじる丸」が横浜港を出港。59年までに“カリブの楽園”に約1300人が移住したが、農耕に適さない荒れ地で所有権も認められない最悪のケース。06年、小泉首相が政策の失敗を認め謝罪、最高200万円の特別一時金を支給した。

    商品コード: 2010062400433

  • 2010年08月16日
    耕作放棄地

    キーワード:屋外、夏、荒れ地、日本、風景、無人、野原、風景メイン写真=2010(平成22)年8月16日、長野県飯田市、クレジット:JUNKO TAKAHASHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020053000456

  • 2010年08月16日
    耕作放棄地

    キーワード:屋外、夏、荒れ地、草原、日本、風景、無人、木立、風景メイン写真=2010(平成22)年8月16日、長野県飯田市、クレジット:JUNKO TAKAHASHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020053000624

  • 2011年02月09日
    登別地獄谷

    キーワード:煙、屋外、温泉、火口、午後、荒れ地、自然、自然現象、臭う、雪、雪景色、登別地獄谷、冬、湯気、日本、風景、噴煙、北海道遺産、無人、噴気孔、日本紅葉の名所100選、爆裂火口跡、湧出口、風景メイン写真=2011(平成23)年2月9日、北海道登別市、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041211619

  • 2011年02月09日
    登別地獄谷

    キーワード:煙、屋外、温泉、火口、午後、荒れ地、自然、自然現象、臭う、雪、雪景色、登別地獄谷、冬、湯気、日本、風景、噴煙、北海道遺産、無人、噴気孔、日本紅葉の名所100選、爆裂火口跡、湧出口、風景メイン写真=2011(平成23)年2月9日、北海道登別市、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041211644

  • 2011年02月09日
    登別地獄谷

    キーワード:煙、屋外、温泉、火口、午後、荒れ地、山、山肌、自然、自然な、臭う、雪、雪景色、登別地獄谷、冬、湯気、日本、風景、北海道遺産、無人、噴気孔、日本紅葉の名所100選、爆裂火口跡、湧出口、風景メイン写真=2011(平成23)年2月9日、北海道登別市、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041211631

  • 2011年02月09日
    登別温泉

    キーワード:1体、クラフト、煙、屋外、温泉、火口、荒れ地、臭う、雪、雪景色、素朴な、昼、彫像、登別温泉、冬、湯気、日本、風景、無人、噴気孔、登別温泉街、爆裂火口跡、湧出口、風景メイン写真=2011(平成23)年2月9日、青森県十和田市、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041211621

  • 2012年03月12日
    The upper part of Blue Canyon on the Hopi Indian Reservation in Arizona.

    March 12, 2012, Hopi Indian Reservation, Arizona, United States: Blue Canyon is named for the blue shale layers of the canyon on the Hopi Reservation, Arizona. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100905279

  • 2012年03月12日
    The upper part of Blue Canyon on the Hopi Indian Reservation in Arizona.

    March 12, 2012, Hopi Indian Reservation, Arizona, United States: Blue Canyon is named for the blue shale layers of the canyon on the Hopi Reservation, Arizona. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100905261

  • 2012年03月12日
    Colorful mudstones, siltstones and sandstones of Blue Canyon, Arizona.

    March 12, 2012, Hopi Indian Reservation, Arizona, United States: Colorful eroded formations in Blue Canyon on the Hope Indian Reservation in Arizona. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100905340

  • 2012年03月12日
    Colorful mudstones, siltstones and sandstones of Blue Canyon, Arizona.

    March 12, 2012, Hopi Indian Reservation, Arizona, United States: Colorful eroded formations in Blue Canyon on the Hope Indian Reservation in Arizona. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100905660

  • 2012年03月12日
    Colorful mudstones, siltstones and sandstones of Blue Canyon, Arizona.

    March 12, 2012, Hopi Indian Reservation, Arizona, United States: Colorful eroded formations in Blue Canyon on the Hope Indian Reservation in Arizona. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100905697

  • 2012年03月12日
    Colorful geologic formations in the Mudheads of Blue Canyon in Arizona.

    March 12, 2012, Hopi Indian Reservation, Arizona, United States: Colorful eroded hoodoos called the Mudheads at the mouth of Blue Canyon on the Hope Indian Reservation in Arizona. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100902393

  • 2012年08月23日
    Aerial view

    Aerial view, industrial wasteland, ThyssenKrupp Logistik, Hoesch-area, Dortmund, Ruhr area, North Rhine-Westphalia, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Hans Blossey/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020606168

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年07月31日
    遅れる土地のかさ上げ工事 事業難航、資金生かせず

    土地のかさ上げ工事が続く宮城県気仙沼市鹿折地区。土地の買収が難航し、基礎部分だけが残る建物跡地や雑草が目につく荒れ地が広がる=31日

    商品コード: 2013073100894

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年03月25日
    浪江町の高村薫さん 裸地に響く民衆の祈り

    手付かずの荒れ地に設けられた慰霊台の前に立つ高村薫さん=3月、福島県浪江町

    商品コード: 2014032500492

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年06月26日
    「カリブの楽園」は失敗に 初のドミニカ移民

    1956(昭和31)年7月2日、ドミニカ共和国への初の移民185人を乗せた「ぶらじる丸」が横浜港を出港。59年まで「カリブの楽園」に約1300人が移住したが、農耕に適さない荒れ地で所有権も認められない最悪のケースに。2006年、小泉首相が政策の失敗を認め謝罪、最高200万円の特別一時金が支給された。

    商品コード: 2014062600597

  • 2014年10月01日
    荒れ地に残された漁船 アラル海、ほぼ消滅か

    アラル海が干上がり荒れ地に残された漁船=2010年4月、カザフスタンのアラル市郊外(共同)

    商品コード: 2014100101138

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年12月18日
    荒れ地に立つサルワルさん 前線の村、残る戦乱の傷痕

    カブール州カラコン地区でタリバンが焼き払い、荒れ地と化したブドウ畑の前に立つホジャ・ゴラム・サルワルさん=8日(共同)

    商品コード: 2014121800638

  • 2015年06月05日
    アムール州の耕作放棄地 定住すれば土地贈呈

    ロシア・アムール州に広がる耕作放棄地。ソ連時代は野菜畑が広がっていたが、現在は木が生いしげる荒れ地となった=5月(共同)

    商品コード: 2015060500603

  • 2015年12月12日
    Border sign Argentina at Paso Roberto Roballos

    Border sign Argentina at Paso Roberto Roballos, Ruta 41, Province of Santa Cruz, Argentina, South America、クレジット:imageBROKER.com/Peter Giovannini/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110703187

  • 2016年01月25日
    植林するボランティア 植林で緑の回廊を

    野生生物のための緑の回廊をつくろうと荒れ地に木を植えるボランティアの人々=2015年11月、マレーシア・サバ州(共同)

    商品コード: 2016012500487

  • 2017年03月26日
    Rock arch

    Rock arch, in the back Spitzkoppe and Pontok Mountains, Erongo region, Namibia, Africa、クレジット:imageBROKER.com/Markus Oblaender/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110702831

  • 2017年06月27日
    Old Woman sifting through roadside rubbish - Manchester 1973

    An old woman wearing a headscarf sifts through the rubbish and detritus in the scrub wasteland left by the clearing of a row of slum terraced houses in Manchester. The row of houses on the other side of the road seem destined for the same fate with windows and doorways bricked-up and abandoned. Photograph by Shirley Baker、クレジット:© Estate of Shirley Baker/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020033001412

  • 2017年08月18日
    疾走

    アフガニスタンで荷馬車に乗る男性。荒れ地を勢いよく進みます。(ロイター=共同)

    商品コード: 2017081800419

  • 2018年01月11日
    中国とシンガポールが協力、不毛の地がエコシティーに天津市

    中新天津生態城のスタートエリア。(2018年1月11日撮影)渤海湾のほとりに位置する中国天津市の中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティー)は12年前、3分の1がアルカリ性土壌の荒れ地、3分の1が廃塩田、3分の1が汚染された水面という構成の「不毛の地」だった。しかし、今では国家間協力で建設された世界初のエコシティーに生まれ変わっている。2008年9月28日の定礎式以来、ここには38の都市公園が造営された。(天津=新華社配信)=2018(平成30)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100300719

  • 2018年05月30日
    ダイナミックな安塞腰鼓が観光客を魅了陝西省延安]

    ダイナミックな安塞腰鼓が観光客を魅了陝西省延安5月30日、延安市安塞区馮家営村の「文化大舞台」で、観光客に「安塞腰鼓」のパフォーマンスを披露する村民。(ドローンで撮影)中国の陝北地域(陝西省北部)の人々に好まれる「安塞腰鼓」は、非常に独特な民間大型舞踊芸術で、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。土煙が立ち上る中、太鼓をたたきながらダイナミックに踊るパフォーマーの姿は躍動感に溢れ、人々の心を揺さぶるほどである。退耕還林(耕地を森林に戻し、荒れ地を森林に造成する事業)の積極的な推進により、延安市は「黄から緑」への転換を実現させ、市全体の植生被覆率は現在67・7%に達するという。一方、伝統的な「安塞腰鼓」を披露する場の確保が難しいという問題を解決するため、延安市安塞区は同地に近い馮家営村に、黄土地(黄色い大地、黄土高原一帯を指す)を文化の大舞台とする専用の場を設け、腰鼓のパフォーマンスと民俗観光で観光客を魅了している。また、貧困家庭の腰鼓パフォーマーを優先的に受け入れることで、文化の伝承を実現するとともに貧困扶助活動にも力を入れている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101283

  • 2018年05月30日
    ダイナミックな安塞腰鼓が観光客を魅了陝西省延安

    5月30日、延安市安塞区馮家営村の「文化大舞台」で、観光客に「安塞腰鼓」のパフォーマンスを披露する村民。中国の陝北地域(陝西省北部)の人々に好まれる「安塞腰鼓」は、非常に独特な民間大型舞踊芸術で、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。土煙が立ち上る中、太鼓をたたきながらダイナミックに踊るパフォーマーの姿は躍動感に溢れ、人々の心を揺さぶるほどである。退耕還林(耕地を森林に戻し、荒れ地を森林に造成する事業)の積極的な推進により、延安市は「黄から緑」への転換を実現させ、市全体の植生被覆率は現在67・7%に達するという。一方、伝統的な「安塞腰鼓」を披露する場の確保が難しいという問題を解決するため、延安市安塞区は同地に近い馮家営村に、黄土地(黄色い大地、黄土高原一帯を指す)を文化の大舞台とする専用の場を設け、腰鼓のパフォーマンスと民俗観光で観光客を魅了している。また、貧困家庭の腰鼓パフォーマーを優先的に受け入れることで、文化の伝承を実現するとともに貧困扶助活動にも力を入れている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101279

  • 2018年05月30日
    ダイナミックな安塞腰鼓が観光客を魅了陝西省延安

    5月30日、延安市安塞区馮家営村の「文化大舞台」で、観光客に「安塞腰鼓」のパフォーマンスを披露する村民。中国の陝北地域(陝西省北部)の人々に好まれる「安塞腰鼓」は、非常に独特な民間大型舞踊芸術で、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。土煙が立ち上る中、太鼓をたたきながらダイナミックに踊るパフォーマーの姿は躍動感に溢れ、人々の心を揺さぶるほどである。退耕還林(耕地を森林に戻し、荒れ地を森林に造成する事業)の積極的な推進により、延安市は「黄から緑」への転換を実現させ、市全体の植生被覆率は現在67・7%に達するという。一方、伝統的な「安塞腰鼓」を披露する場の確保が難しいという問題を解決するため、延安市安塞区は同地に近い馮家営村に、黄土地(黄色い大地、黄土高原一帯を指す)を文化の大舞台とする専用の場を設け、腰鼓のパフォーマンスと民俗観光で観光客を魅了している。また、貧困家庭の腰鼓パフォーマーを優先的に受け入れることで、文化の伝承を実現するとともに貧困扶助活動にも力を入れている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101269

  • 2018年05月30日
    ダイナミックな安塞腰鼓が観光客を魅了陝西省延安

    5月30日、延安市安塞区馮家営村の「文化大舞台」で、観光客に「安塞腰鼓」のパフォーマンスを披露する村民。中国の陝北地域(陝西省北部)の人々に好まれる「安塞腰鼓」は、非常に独特な民間大型舞踊芸術で、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。土煙が立ち上る中、太鼓をたたきながらダイナミックに踊るパフォーマーの姿は躍動感に溢れ、人々の心を揺さぶるほどである。退耕還林(耕地を森林に戻し、荒れ地を森林に造成する事業)の積極的な推進により、延安市は「黄から緑」への転換を実現させ、市全体の植生被覆率は現在67・7%に達するという。一方、伝統的な「安塞腰鼓」を披露する場の確保が難しいという問題を解決するため、延安市安塞区は同地に近い馮家営村に、黄土地(黄色い大地、黄土高原一帯を指す)を文化の大舞台とする専用の場を設け、腰鼓のパフォーマンスと民俗観光で観光客を魅了している。また、貧困家庭の腰鼓パフォーマーを優先的に受け入れることで、文化の伝承を実現するとともに貧困扶助活動にも力を入れている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101249

  • 2018年05月30日
    ダイナミックな安塞腰鼓が観光客を魅了陝西省延安

    ダイナミックな安塞腰鼓が観光客を魅了陝西省延安5月30日、延安市安塞区馮家営村の「文化大舞台」で、観光客に「安塞腰鼓」のパフォーマンスを披露する村民。中国の陝北地域(陝西省北部)の人々に好まれる「安塞腰鼓」は、非常に独特な民間大型舞踊芸術で、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。土煙が立ち上る中、太鼓をたたきながらダイナミックに踊るパフォーマーの姿は躍動感に溢れ、人々の心を揺さぶるほどである。退耕還林(耕地を森林に戻し、荒れ地を森林に造成する事業)の積極的な推進により、延安市は「黄から緑」への転換を実現させ、市全体の植生被覆率は現在67・7%に達するという。一方、伝統的な「安塞腰鼓」を披露する場の確保が難しいという問題を解決するため、延安市安塞区は同地に近い馮家営村に、黄土地(黄色い大地、黄土高原一帯を指す)を文化の大舞台とする専用の場を設け、腰鼓のパフォーマンスと民俗観光で観光客を魅了している。また、貧困家庭の腰鼓パフォーマーを優先的に受け入れることで、文化の伝承を実現するとともに貧困扶助活動にも力を入れている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101290

  • 2018年07月25日
    中国とシンガポールが協力、不毛の地がエコシティーに天津市

    中新天津生態城のスマートシティ運営センター。(2018年7月25日撮影)渤海湾のほとりに位置する中国天津市の中新天津生態城(中国・シンガポール天津エコシティー)は12年前、3分の1がアルカリ性土壌の荒れ地、3分の1が廃塩田、3分の1が汚染された水面という構成の「不毛の地」だった。しかし、今では国家間協力で建設された世界初のエコシティーに生まれ変わっている。2008年9月28日の定礎式以来、ここには38の都市公園が造営された。(天津=新華社配信)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100300700

  • 2018年08月02日
    Wacken Open Air Festival 2018

    Wasteland Warriors at the 29th Wacken Open Air Festival - W: O: A 2018. Wacken, 02.08.2018 | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301046

  • 2018年08月25日
    Right-wing rock concert in Mattstedt cancelled

    25 August 2018, Germany, Mattstedt: Barricade at the entrance to the village. In the small village a neo-Nazi concert with several thousand participants was planned, which will not take place on an industrial wasteland after an administrative court decision of 24 August 2018. Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082723466

  • 2018年08月25日
    Right-wing rock concert in Mattstedt cancelled

    25 August 2018, Germany, Mattstedt: Bodo Ramelow (The Left Party, C), Prime Minister of Thuringia, sitting at a church service next to Georg Maier (SPD, 4-L), Minister of the Interior of Thuringia. A neo-Nazi concert with several thousand participants was planned in the small village. It will not take place on an industrial wasteland after an administrative court decision of 24 August 2018. Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082723539

  • 2018年08月25日
    Right-wing rock concert in Mattstedt cancelled

    25 August 2018, Germany, Mattstedt: Barricade at the entrance to the village. A neo-Nazi concert with several thousand participants was planned in the small village. It will not take place on an industrial wasteland after an administrative court decision of 24 August 2018. Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082723614

  • 2018年08月25日
    Right-wing rock concert in Mattstedt cancelled

    25 August 2018, Germany, Mattstedt: Police officers are standing at the venue of a planned concert. A neo-Nazi concert with several thousand participants was planned in the small village. It will not take place on an industrial wasteland after an administrative court decision of 24 August 2018. Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082723536

  • 2018年08月25日
    Right-wing rock concert in Mattstedt cancelled

    25 August 2018, Germany, Mattstedt: An industrial wasteland is closed off with building fences. A neo-Nazi concert with several thousand participants was planned in the small village. It will not take place on an industrial wasteland after an administrative court decision of 24 August 2018. Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082723467

  • 2018年08月25日
    Right-wing rock concert in Mattstedt cancelled

    25 August 2018, Germany, Mattstedt: An industrial wasteland is closed off with building fences. A neo-Nazi concert with several thousand participants was planned in the small village. It will not take place on an industrial wasteland after an administrative court decision of 24 August 2018. Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082723617

  • 03:50.46
    2018年09月04日
    「新華社」空撮:ゴビ砂漠に出現した現代的生態移民モデルタウン

    中国寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市永寧(えいねい)県閩寧(びんねい)鎮はかつて、荒涼としたゴビ砂漠の一部だった。1996年から福建省と同自治区が対口(ペアリング)方式による貧困者支援協力を実施し、自治区南部の西海固貧困地区で暮らしていた6万人余りの住民が、相次いでこの地に移住した。以来21年、さまざまなレベルや形式による、幅広く、全方位にわたる東西貧困者支援協力の恩恵を受け、閩寧鎮では現在、栽培や畜産、労働サービス、太陽光発電、観光の五大産業が形成され、人々の収入も建設初期の500元(1元=約16円)未満から、2017年には約1万2千元にまで急激に増加した。かつてのゴビの荒れ地は、今では現代的生態移民モデルタウンに生まれ変わった。(記者/劉海、唐亜蒙)<映像内容>閩寧の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801297

  • 2018年09月18日
    Underground peat fire

    18 September 2018, Lower Saxony, Meppen: A fire engine of the fire brigade stands at a barrier to the area of the Technical Service 91 (WTD 91). Since 4 September 2018, five hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site. (on dpa “Lower Saxony prepared for evacuations due to bog fire“ of 19.09.2018) Photo: Stephan Konjer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092019557

  • 2018年09月18日
    Underground peat fire

    18 September 2018, Lower Saxony, Meppen: Clouds of smoke rise during the bog fire on the grounds of the military service station 91 (WTD 91) in Meppen. Since 4 September 2018, five hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site. (on dpa “Lower Saxony prepared for evacuations due to bog fire“ of 19.09.2018) Photo: Stephan Konjer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092019735

  • 2018年09月19日
    Underground peat fire

    19 September 2018, Lower Saxony, Meppen: Firefighters are laying hoses to bring fire water to a test site of the German Armed Forces, where five hectares of moorland have been burning for days. (on dpa “Lower Saxony prepared for evacuations due to bog fire“ of 19.09.2018) Photo: Stephan Konjer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092019520

  • 2018年09月19日
    Underground peat fire

    19 September 2018, Lower Saxony, Meppen: Clouds of smoke are rising from a test site of the German Armed Forces, where five hectares of moorland have been burning for days. Photo: Stephan Konjer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092019855

  • 2018年09月19日
    Underground peat fire

    19 September 2018, Lower Saxony, Meppen: Warning signs and a stop light are located at the border to a test area of the German Armed Forces, where five hectares of moorland have been burning for days. Photo: Stephan Konjer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092019652

  • 2018年09月19日
    Underground peat fire

    19 September 2018, Lower Saxony, Meppen: Fire-fighting vehicles of the fire brigade are located on a country road near the site of the Technical Service 91 (WTD 91). Firefighters are laying hoses to bring fire water to a test site of the German Armed Forces, where five hectares of moorland have been burning for days. (on dpa “Lower Saxony prepared for evacuations due to bog fire“ of 19.09.2018) Photo: Stephan Konjer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092019834

  • 2018年09月20日
    Underground peat fire

    20 September 2018, Lower Saxony, Meppen: A sign of the German Armed Forces prohibits the entry of a practice area. Since 4 September 2018, five hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092121373

  • 2018年09月20日
    Underground peat fire

    20 September 2018, Lower Saxony, Meppen: The smoke from the bog fire runs across a field. Since 4 September 2018, five hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092121370

  • 2018年09月20日
    Underground peat fire

    20 September 2018, Lower Saxony, Meppen: The smoke from the bog fire runs across a field. Since 4 September 2018, five hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092121406

  • 2018年09月20日
    Moorland fire

    20 September 2018, Lower Saxony, Meppen: Fire on moorland near German town of Meppen. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092827016

  • 2018年09月20日
    Underground peat fire

    20 September 2018, Lower Saxony, Meppen: The smoke from the bog fire runs across a field. Since 4 September 2018, five hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092121458

  • 2018年09月20日
    Underground peat fire

    20 September 2018, Lower Saxony, Meppen: A sign of the German Armed Forces prohibits the entry of a practice area. Since 4 September 2018, five hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092121618

  • 2018年09月21日
    Underground peat fire

    21 September 2018, Lower Saxony, Meppen: Thomas Groeters (l-r), Colonel Commander, and Andreas Sagurna, Head of the Fire Protection Centre of the German Armed Forces, speaking at a press conference on the premises of the Bundeswehr Technical Center (WTD) 91. 5 hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site since 4 September 2018. After rocket tests on a Bundeswehr site, a bog fire smoldered and the smoke was carried into the surrounding area for miles by the wind. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092826887

  • 2018年09月21日
    Underground peat fire

    21 September 2018, Lower Saxony, Meppen: Thomas Groeters (l-r), Colonel Commander, and Andreas Sagurna, Head of the Fire Protection Centre of the German Armed Forces, speaking at a press conference on the premises of the Bundeswehr Technical Center (WTD) 91. 5 hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site since 4 September 2018. After rocket tests on a Bundeswehr site, a bog fire smoldered and the smoke was carried into the surrounding area for miles by the wind. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092827277

  • 2018年09月21日
    Underground peat fire

    dpatop - 21 September 2018, Lower Saxony, Gro゚ Stavern: “Accident“ is written on a warning sign next to fire water hoses on a road. Since 4 September 2018, five hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site. After rocket tests on a Bundeswehr site, a bog fire smoldered and the smoke was carried into the surrounding area for miles by the wind. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092827176

  • 2018年09月21日
    Underground peat fire

    21 September 2018, Lower Saxony, Gro゚ Stavern: Traffic signs and a water basin for fire water can be seen in the centre of the village. Since 4 September 2018, five hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site. After rocket tests on a Bundeswehr site, a bog fire smoldered and the smoke was carried into the surrounding area for miles by the wind. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092827012

  • 2018年09月21日
    Underground peat fire

    21 September 2018, Lower Saxony, Meppen: View of the access road to the Wehrtechnische Dienststelle (WTD) 91. 5 hectares of moorland have been on fire on a Bundeswehr test site since 4 September 2018. After rocket tests on a Bundeswehr site, a bog fire smoldered and the smoke was carried into the surrounding area for miles by the wind. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092827161

  • 2018年09月21日
    Underground peat fire

    dpatop - 21 September 2018, Lower Saxony, Gro゚ Stavern: Five to twelve the church clock of the village shows. Since 4 September 2018, five hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site. After rocket tests on a Bundeswehr site, a bog fire smoldered and the smoke was carried into the surrounding area for miles by the wind. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092827042

  • 2018年09月21日
    Underground peat fire

    21 September 2018, Lower Saxony, Gro゚ Stavern: Vehicles of the German Federal Agency for Technical Relief (THW) are at the centre of the village. Since 4 September 2018, five hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site. After rocket tests on a Bundeswehr site, a bog fire smoldered and the smoke was carried into the surrounding area for miles by the wind. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092826854

  • 2018年09月21日
    Underground peat fire

    21 September 2018, Lower Saxony, Gro゚ Stavern: The town sign of Gro゚ Stavern in the district of Emsland stands on a road. In the background THW vehicles. Since 4 September 2018, five hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site. After rocket tests on a Bundeswehr site, a bog fire smoldered and the smoke was carried into the surrounding area for miles by the wind. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092827017

  • 2018年09月21日
    Underground peat fire

    21 September 2018, Lower Saxony, Gro゚ Stavern: “Accident“ is written on a warning sign next to fire water hoses on a road. Since 4 September 2018, five hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site. After rocket tests on a Bundeswehr site, a bog fire smoldered and the smoke was carried into the surrounding area for miles by the wind. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092827151

  • 2018年09月21日
    Underground peat fire

    21 September 2018, Lower Saxony, Meppen: Press representatives are standing on the grounds of the WTD 91 of the German Armed Forces. Since 4 September 2018, five hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site. After rocket tests on a Bundeswehr site, a bog fire smoldered and the smoke was carried into the surrounding area for miles by the wind. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092827063

  • 2018年09月21日
    Underground peat fire

    21 September 2018, Lower Saxony, Meppen: A sign “Leitung - WTD 91“ can be seen on the grounds of the Bundeswehr. Since 4 September 2018, five hectares of moorland have been on fire at a Bundeswehr test site. After rocket tests on a Bundeswehr site, a bog fire smoldered and the smoke was carried into the surrounding area for miles by the wind. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092827064

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6