KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • きん
  • ちょう
  • 世界
  • 中国四大
  • 中心
  • 中華
  • 先駆者
  • 出身
  • 南北

「華佗」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  (1)ボアオ・アジアフォーラム第2回グローバル健康博覧会開幕
    2021年06月02日
    (1)ボアオ・アジアフォーラム第2回グローバル健康博覧会開幕

    1日、スマート診察システム「華佗(かだ)智慧中医」を体験する来場者。ボアオ・アジアフォーラムの第2回グローバル健康博覧会が1日、中国山東省青島市で開幕した。今回の出展企業は150社余りで、中国伝統医学に最新技術を用いたスマート診察やスマートロボットを体験できるエリアなどが設けられた。このほか国連調達・国際協力プロジェクト説明会などの産業交流や展示イベントも行われる。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2021(令和3)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060300168

  •  (5)神医華佗を祭る華祖庵安徽省亳州市
    2023年09月15日
    (5)神医華佗を祭る華祖庵安徽省亳州市

    華佗が薬材を洗ったとされる華祖庵の洗薬池。(資料写真)中国三国時代の研究には「三国史の半分は安徽史」という言葉があり、三国時代の歴史・文化と安徽省との深い関係が見てとれる。曹操の故郷亳州(はくしゅう)から張遼が活躍した逍遥津(しょうようしん)古戦場、さらには呉の名将周瑜や朱然の墓に至るまで、三国文化は同省の南北を貫いている。亳州出身の華佗(か・だ)は後漢末期の名医で、超絶的な医術により「神医」と呼ばれた。麻酔薬における世界の先駆者であり、現在も多くに人に親しまれる体操健康法「五禽戯(ごきんぎ)」を編み出した。華佗を祭る華祖庵は亳州市街にある。伝統的な「三廂二庁正堂屋(三つの脇棟、二つの客間、正面の母屋)」構造で、挑檐(ちょうえん、壁面より外側の屋根部分)式建築を中心とする。廟宇(びょうう)・祠堂(しどう)、華佗旧居、古薬園、中医薬(中国伝統医薬)文化博物館などからなり、山門、耳房、大殿、東西殿、禅房、自怡亭(じいてい)、五禽戯台、薬園、洗芝池、碑廊などがある。亳州市は古くから「中華の薬都」の美称を持ち、中医薬が多く集散する中国四大薬都の一つとされる。(亳州=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023091506530

  •  (6)神医華佗を祭る華祖庵安徽省亳州市
    2023年09月15日
    (6)神医華佗を祭る華祖庵安徽省亳州市

    華祖庵の華佗像。(資料写真)中国三国時代の研究には「三国史の半分は安徽史」という言葉があり、三国時代の歴史・文化と安徽省との深い関係が見てとれる。曹操の故郷亳州(はくしゅう)から張遼が活躍した逍遥津(しょうようしん)古戦場、さらには呉の名将周瑜や朱然の墓に至るまで、三国文化は同省の南北を貫いている。亳州出身の華佗(か・だ)は後漢末期の名医で、超絶的な医術により「神医」と呼ばれた。麻酔薬における世界の先駆者であり、現在も多くに人に親しまれる体操健康法「五禽戯(ごきんぎ)」を編み出した。華佗を祭る華祖庵は亳州市街にある。伝統的な「三廂二庁正堂屋(三つの脇棟、二つの客間、正面の母屋)」構造で、挑檐(ちょうえん、壁面より外側の屋根部分)式建築を中心とする。廟宇(びょうう)・祠堂(しどう)、華佗旧居、古薬園、中医薬(中国伝統医薬)文化博物館などからなり、山門、耳房、大殿、東西殿、禅房、自怡亭(じいてい)、五禽戯台、薬園、洗芝池、碑廊などがある。亳州市は古くから「中華の薬都」の美称を持ち、中医薬が多く集散する中国四大薬都の一つとされる。(亳州=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023091506528

  •  (7)神医華佗を祭る華祖庵安徽省亳州市
    2023年09月15日
    (7)神医華佗を祭る華祖庵安徽省亳州市

    華祖庵の古薬園の壁に埋め込まれた華佗をたたえる文章を刻んだ石刻版。(資料写真)中国三国時代の研究には「三国史の半分は安徽史」という言葉があり、三国時代の歴史・文化と安徽省との深い関係が見てとれる。曹操の故郷亳州(はくしゅう)から張遼が活躍した逍遥津(しょうようしん)古戦場、さらには呉の名将周瑜や朱然の墓に至るまで、三国文化は同省の南北を貫いている。亳州出身の華佗(か・だ)は後漢末期の名医で、超絶的な医術により「神医」と呼ばれた。麻酔薬における世界の先駆者であり、現在も多くに人に親しまれる体操健康法「五禽戯(ごきんぎ)」を編み出した。華佗を祭る華祖庵は亳州市街にある。伝統的な「三廂二庁正堂屋(三つの脇棟、二つの客間、正面の母屋)」構造で、挑檐(ちょうえん、壁面より外側の屋根部分)式建築を中心とする。廟宇(びょうう)・祠堂(しどう)、華陀旧居、古薬園、中医薬(中国伝統医薬)文化博物館などからなり、山門、耳房、大殿、東西殿、禅房、自怡亭(じいてい)、五禽戯台、薬園、洗芝池、碑廊などがある。亳州市は古くから「中華の薬都」の美称を持ち、中医薬が多く集散する中国四大薬都の一つとされる。(亳州=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023091506618

  •  (2)神医華佗を祭る華祖庵安徽省亳州市
    2023年09月15日
    (2)神医華佗を祭る華祖庵安徽省亳州市

    「蒼生大医」の扁額が掲げられた華祖庵の西配殿。(資料写真)中国三国時代の研究には「三国史の半分は安徽史」という言葉があり、三国時代の歴史・文化と安徽省との深い関係が見てとれる。曹操の故郷亳州(はくしゅう)から張遼が活躍した逍遥津(しょうようしん)古戦場、さらには呉の名将周瑜や朱然の墓に至るまで、三国文化は同省の南北を貫いている。亳州出身の華佗(か・だ)は後漢末期の名医で、超絶的な医術により「神医」と呼ばれた。麻酔薬における世界の先駆者であり、現在も多くに人に親しまれる体操健康法「五禽戯(ごきんぎ)」を編み出した。華佗を祭る華祖庵は亳州市街にある。伝統的な「三廂二庁正堂屋(三つの脇棟、二つの客間、正面の母屋)」構造で、挑檐(ちょうえん、壁面より外側の屋根部分)式建築を中心とする。廟宇(びょうう)・祠堂(しどう)、華佗旧居、古薬園、中医薬(中国伝統医薬)文化博物館などからなり、山門、耳房、大殿、東西殿、禅房、自怡亭(じいてい)、五禽戯台、薬園、洗芝池、碑廊などがある。亳州市は古くから「中華の薬都」の美称を持ち、中医薬が多く集散する中国四大薬都の一つとされる。(亳州=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023091506444

  •  (1)神医華佗を祭る華祖庵安徽省亳州市
    2023年09月15日
    (1)神医華佗を祭る華祖庵安徽省亳州市

    華祖庵の華佗像。(資料写真)中国三国時代の研究には「三国史の半分は安徽史」という言葉があり、三国時代の歴史・文化と安徽省との深い関係が見てとれる。曹操の故郷亳州(はくしゅう)から張遼が活躍した逍遥津(しょうようしん)古戦場、さらには呉の名将周瑜や朱然の墓に至るまで、三国文化は同省の南北を貫いている。亳州出身の華佗(か・だ)は後漢末期の名医で、超絶的な医術により「神医」と呼ばれた。麻酔薬における世界の先駆者であり、現在も多くに人に親しまれる体操健康法「五禽戯(ごきんぎ)」を編み出した。華佗を祭る華祖庵は亳州市街にある。伝統的な「三廂二庁正堂屋(三つの脇棟、二つの客間、正面の母屋)」構造で、挑檐(ちょうえん、壁面より外側の屋根部分)式建築を中心とする。廟宇(びょうう)・祠堂(しどう)、華佗旧居、古薬園、中医薬(中国伝統医薬)文化博物館などからなり、山門、耳房、大殿、東西殿、禅房、自怡亭(じいてい)、五禽戯台、薬園、洗芝池、碑廊などがある。亳州市は古くから「中華の薬都」の美称を持ち、中医薬が多く集散する中国四大薬都の一つとされる。(亳州=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023091506445

  •  (4)神医華佗を祭る華祖庵安徽省亳州市
    2023年09月15日
    (4)神医華佗を祭る華祖庵安徽省亳州市

    華佗が薬材を洗ったとされる華祖庵の洗薬池。(資料写真)中国三国時代の研究には「三国史の半分は安徽史」という言葉があり、三国時代の歴史・文化と安徽省との深い関係が見てとれる。曹操の故郷亳州(はくしゅう)から張遼が活躍した逍遥津(しょうようしん)古戦場、さらには呉の名将周瑜や朱然の墓に至るまで、三国文化は同省の南北を貫いている。亳州出身の華佗(か・だ)は後漢末期の名医で、超絶的な医術により「神医」と呼ばれた。麻酔薬における世界の先駆者であり、現在も多くに人に親しまれる体操健康法「五禽戯(ごきんぎ)」を編み出した。華佗を祭る華祖庵は亳州市街にある。伝統的な「三廂二庁正堂屋(三つの脇棟、二つの客間、正面の母屋)」構造で、挑檐(ちょうえん、壁面より外側の屋根部分)式建築を中心とする。廟宇(びょうう)・祠堂(しどう)、華佗旧居、古薬園、中医薬(中国伝統医薬)文化博物館などからなり、山門、耳房、大殿、東西殿、禅房、自怡亭(じいてい)、五禽戯台、薬園、洗芝池、碑廊などがある。亳州市は古くから「中華の薬都」の美称を持ち、中医薬が多く集散する中国四大薬都の一つとされる。(亳州=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023091506471

  •  (3)神医華佗を祭る華祖庵安徽省亳州市
    2023年09月15日
    (3)神医華佗を祭る華祖庵安徽省亳州市

    華祖庵の入り口。(資料写真)中国三国時代の研究には「三国史の半分は安徽史」という言葉があり、三国時代の歴史・文化と安徽省との深い関係が見てとれる。曹操の故郷亳州(はくしゅう)から張遼が活躍した逍遥津(しょうようしん)古戦場、さらには呉の名将周瑜や朱然の墓に至るまで、三国文化は同省の南北を貫いている。亳州出身の華佗(か・だ)は後漢末期の名医で、超絶的な医術により「神医」と呼ばれた。麻酔薬における世界の先駆者であり、現在も多くに人に親しまれる体操健康法「五禽戯(ごきんぎ)」を編み出した。華佗を祭る華祖庵は亳州市街にある。伝統的な「三廂二庁正堂屋(三つの脇棟、二つの客間、正面の母屋)」構造で、挑檐(ちょうえん、壁面より外側の屋根部分)式建築を中心とする。廟宇(びょうう)・祠堂(しどう)、華佗旧居、古薬園、中医薬(中国伝統医薬)文化博物館などからなり、山門、耳房、大殿、東西殿、禅房、自怡亭(じいてい)、五禽戯台、薬園、洗芝池、碑廊などがある。亳州市は古くから「中華の薬都」の美称を持ち、中医薬が多く集散する中国四大薬都の一つとされる。(亳州=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023091506464

  • 1