KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 指定
  • けい
  • レンガ
  • 中庭
  • 中心
  • 南北
  • 四合院
  • 建物

「華北平原」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
27
( 1 27 件を表示)
  • 1
27
( 1 27 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 03:27.59
    2018年11月29日
    「新華社」鳥類愛好家、鳥と共に飛び生態保護をアピール河北省衡水

    中国河北省衡水(こうすい)市の鳥類愛好家、張暁元(ちょう・ぎょうげん)さんは、長年にわたり衡水湖でバードウォッチングを楽しんできた。張さんは超軽量動力機(ウルトラライトプレーン)やモーターボートも購入し、鳥と共に衡水湖の美しい景色を満喫している。彼もまた、彼の友人である鳥たちと共にここ数年間の衡水湖の巨大な変化を見届けてきた一人といえる。衡水湖は華北平原で唯一の水域や沼沢、干潟、湿原、森林などの湿地体系を備えた国家級自然保護区。湖の保護は2002年に始まり、2012年までの最初の10年間で湖周辺の人的汚染を排除し「退村還湖(村を湖に戻すこと)」「退耕還湖(耕地を湖に戻すこと)」を実施した。衡水湖の整備はここ数年、外的要因への対処から内的要因、衡水湖自体の汚染対策へと変わった。大量のホソバヒメガマが毎年のように汚染物として湖底に堆積するため、2013年からは同動植の除去作業を始め、累計8万立方メートルで除去を完了した。また、有害な浮草の拡散防止や中央の財政から毎年120万元(1元=約16円)の支援を受けて魚卵や稚魚などの増殖放流を行うことで、湖の良好な生態系を確立した。16年間にわたる整備により、これまで局部劣5類だった衡水湖の水質は全体3類まで改善され、鳥類の数も2003年の283種から現在の323種まで増加した。衡水湖の湿地は今では鳥類の重要な生息地と繁殖地になっている。澄んだ水と美しい景色を誇る衡水湖と整備が進む湖畔の施設は国家体育総局の目に留まることとなり、衡水湖とマラソンを結び付けた全国初の湖周遊マラソンの開催地となった。(記者/張碩)<映像内容>衡水湖でバードウォッチングする様子、撮影日:2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113004562

  • 2019年06月09日
    小麦が収穫期迎える河北省棗強県

    9日、農業機械を使った収穫が進む河北省棗強(そうきょう)県恩察鎮関屯村の麦畑。夏の収穫期を迎えた中国の華北平原では、小麦畑が黄金色に輝き、収穫の最盛期に入った。各地で農家が好天を利用して収穫作業を急ぐ姿が見られる。(棗強=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108208

  • 2019年06月09日
    小麦が収穫期迎える河北省棗強県

    9日、河北省棗強(そうきょう)県恩察鎮関屯村の畑で、収穫期を使って小麦を刈り取る農家。夏の収穫期を迎えた中国の華北平原では、小麦畑が黄金色に輝き、収穫の最盛期に入った。各地で農家が好天を利用して収穫作業を急ぐ姿が見られる。(棗強=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108242

  • 2019年06月09日
    小麦が収穫期迎える河北省棗強県

    9日、小麦を天日干しする河北省棗強(そうきょう)県恩察鎮関屯村の農家。夏の収穫期を迎えた中国の華北平原では、小麦畑が黄金色に輝き、収穫の最盛期に入った。各地で農家が好天を利用して収穫作業を急ぐ姿が見られる。(棗強=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108232

  • 2019年06月09日
    小麦が収穫期迎える河北省棗強県

    9日、河北省棗強(そうきょう)県恩察鎮関屯村の畑で、収穫機を使って小麦を刈り取る農家。夏の収穫期を迎えた中国の華北平原では、小麦畑が黄金色に輝き、収穫の最盛期に入った。各地で農家が好天を利用して収穫作業を急ぐ姿が見られる。(棗強=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108211

  • 2019年06月09日
    小麦が収穫期迎える河北省棗強県

    9日、河北省棗強(そうきょう)県恩察鎮関屯村の畑で、収穫した小麦を車に積み込む農家。夏の収穫期を迎えた中国の華北平原では、小麦畑が黄金色に輝き、収穫の最盛期に入った。各地で農家が好天を利用して収穫作業を急ぐ姿が見られる。(棗強=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108236

  • 01:28.64
    2020年02月22日
    「新華社」衡水湖に数万羽の渡り鳥河北省

    中国河北省の衡水湖(こうすいこ)ではここ数日、気温の上昇に伴い、南から北へ移動する数万羽の渡り鳥が飛来している。同湖は沼地や水辺、浅瀬、草地、森林といった完全な湿地生態系が保持された華北平原唯一の自然保護区で、多くの鳥たちに良好な生息環境や豊富な食料をもたらしている。(記者/張碩)<映像内容>衡水湖に飛来した渡り鳥の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022603075

  • 2020年03月04日
    大興安嶺で春の森林防火週間スタート黒竜江省

    4日、消火設備を点検する黒竜江省大興安嶺地区呼中林業局の森林防火隊員。中国最北の森林地区、黒竜江省大興安嶺で15日、春の森林防火週間がスタートした。新型コロナウイルスの影響を受け、同地区では事前に準備を整え、感染対策と防火活動を同時に行っている。同省は、中国最大の国有林を有し、管轄下の大興安嶺森林区は683万6600ヘクタール、東北の穀倉地帯と華北平原の天然の環境保全の要塞となっている。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031923923

  • 2020年03月04日
    大興安嶺で春の森林防火週間スタート黒竜江省

    4日、消火設備を点検する黒竜江省大興安嶺地区呼中林業局の森林防火隊員。中国最北の森林地区、黒竜江省大興安嶺で15日、春の森林防火週間がスタートした。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動の影響を受け、同地区では事前に準備を整え、感染対策と防火活動を同時に行っている。同省は、中国最大の国有林を有し、管轄下の大興安嶺森林区は683万6600ヘクタール、東北の穀倉地帯と華北平原の天然の環境保全の要塞となっている。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031923941

  • 01:03.04
    2020年06月29日
    「新華社」スイカズラ栽培で収入増河北省巨鹿県

    中国の太行山脈東麓、華北平原の辺縁に位置する河北省邢台市巨鹿県は、地理的・気候的条件がスイカズラの栽培に適している。同県のスイカズラ生産量は中国全体の60%以上を占める。県内3カ所の大型中医薬材交易市場では年間2万トン余りを取り扱い、30億元(1元=約15円)を売り上げる。同県はここ数年、スイカズラ産業の発展に力を入れており、作付面積が13万ムー(約8667ヘクタール)に達した。農民らは栽培を通じて貧困を抜け出し、収入増を実現している。(記者/白明山)<映像内容>スイカズラの栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063001980

  • 2021年02月21日
    太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022400749

  • 2021年02月21日
    太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、太行山脈の奥地にある大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022400758

  • 2021年02月21日
    太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022400753

  • 2021年02月23日
    (6)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、道端で休憩する大梁江村の村民。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300301

  • 2021年02月23日
    (3)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、太行山脈の奥地にある大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300302

  • 2021年02月23日
    (12)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300306

  • 2021年02月23日
    (14)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300311

  • 2021年02月23日
    (4)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300299

  • 2021年02月23日
    (10)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村の四合院。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300307

  • 2021年02月23日
    (5)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村に残る古戯楼。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300300

  • 2021年02月23日
    (15)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村の入り口。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300309

  • 2021年02月23日
    (16)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村の一角。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300310

  • 2021年02月23日
    (11)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300308

  • 2021年02月23日
    (1)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、太行山脈の奥地にある大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300303

  • 2021年02月23日
    (2)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、太行山脈の奥地にある大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300304

  • 2021年02月23日
    (7)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、空から見た大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300305

  • 00:47.16
    2021年02月24日
    「新華社」衡水湖にハクチョウ137羽、湖面で一休み河北省

    中国河北省の衡水湖(こうすいこ)でこのほど、衡水湖自然保護区の職員が鳥類の調査を行い、中国の国家2級保護鳥類に指定されているオオハクチョウとコハクチョウ計137羽を確認した。両種は毎年2月中旬頃から同湖へ飛来し、2、3日休息した後、北方への移動を再開する。コハクチョウは同湖で越冬するヒシクイと共に羽を休める。衡水湖は渡り鳥の重要な中継地となっており、気温の上昇とともに多くの鳥たちを迎えている。また、華北平原の自然保護区で唯一、湖沼、水域、干潟、草地、森林など完全な湿地生態系を備え、多くの渡り鳥の移動ルートが交差する場所でもある。(記者/張碩) =配信日: 2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022406655

  • 1