KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 保存状態
  • 改善
  • 水質
  • レベル
  • 指定
  • 淡水湖
  • 腎臓
  • 国家

「華北平原」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
53
( 1 53 件を表示)
  • 1
53
( 1 53 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  「新華社」鳥類愛好家、鳥と共に飛び生態保護をアピール河北省衡水
    03:27.59
    2018年11月29日
    「新華社」鳥類愛好家、鳥と共に飛び生態保護をアピール河北省衡水

    中国河北省衡水(こうすい)市の鳥類愛好家、張暁元(ちょう・ぎょうげん)さんは、長年にわたり衡水湖でバードウォッチングを楽しんできた。張さんは超軽量動力機(ウルトラライトプレーン)やモーターボートも購入し、鳥と共に衡水湖の美しい景色を満喫している。彼もまた、彼の友人である鳥たちと共にここ数年間の衡水湖の巨大な変化を見届けてきた一人といえる。衡水湖は華北平原で唯一の水域や沼沢、干潟、湿原、森林などの湿地体系を備えた国家級自然保護区。湖の保護は2002年に始まり、2012年までの最初の10年間で湖周辺の人的汚染を排除し「退村還湖(村を湖に戻すこと)」「退耕還湖(耕地を湖に戻すこと)」を実施した。衡水湖の整備はここ数年、外的要因への対処から内的要因、衡水湖自体の汚染対策へと変わった。大量のホソバヒメガマが毎年のように汚染物として湖底に堆積するため、2013年からは同動植の除去作業を始め、累計8万立方メートルで除去を完了した。また、有害な浮草の拡散防止や中央の財政から毎年120万元(1元=約16円)の支援を受けて魚卵や稚魚などの増殖放流を行うことで、湖の良好な生態系を確立した。16年間にわたる整備により、これまで局部劣5類だった衡水湖の水質は全体3類まで改善され、鳥類の数も2003年の283種から現在の323種まで増加した。衡水湖の湿地は今では鳥類の重要な生息地と繁殖地になっている。澄んだ水と美しい景色を誇る衡水湖と整備が進む湖畔の施設は国家体育総局の目に留まることとなり、衡水湖とマラソンを結び付けた全国初の湖周遊マラソンの開催地となった。(記者/張碩)<映像内容>衡水湖でバードウォッチングする様子、撮影日:2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113004562

  •  小麦が収穫期迎える河北省棗強県
    2019年06月09日
    小麦が収穫期迎える河北省棗強県

    9日、農業機械を使った収穫が進む河北省棗強(そうきょう)県恩察鎮関屯村の麦畑。夏の収穫期を迎えた中国の華北平原では、小麦畑が黄金色に輝き、収穫の最盛期に入った。各地で農家が好天を利用して収穫作業を急ぐ姿が見られる。(棗強=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108208

  •  小麦が収穫期迎える河北省棗強県
    2019年06月09日
    小麦が収穫期迎える河北省棗強県

    9日、河北省棗強(そうきょう)県恩察鎮関屯村の畑で、収穫期を使って小麦を刈り取る農家。夏の収穫期を迎えた中国の華北平原では、小麦畑が黄金色に輝き、収穫の最盛期に入った。各地で農家が好天を利用して収穫作業を急ぐ姿が見られる。(棗強=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108242

  •  小麦が収穫期迎える河北省棗強県
    2019年06月09日
    小麦が収穫期迎える河北省棗強県

    9日、河北省棗強(そうきょう)県恩察鎮関屯村の畑で、収穫した小麦を車に積み込む農家。夏の収穫期を迎えた中国の華北平原では、小麦畑が黄金色に輝き、収穫の最盛期に入った。各地で農家が好天を利用して収穫作業を急ぐ姿が見られる。(棗強=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108236

  •  小麦が収穫期迎える河北省棗強県
    2019年06月09日
    小麦が収穫期迎える河北省棗強県

    9日、小麦を天日干しする河北省棗強(そうきょう)県恩察鎮関屯村の農家。夏の収穫期を迎えた中国の華北平原では、小麦畑が黄金色に輝き、収穫の最盛期に入った。各地で農家が好天を利用して収穫作業を急ぐ姿が見られる。(棗強=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108232

  •  小麦が収穫期迎える河北省棗強県
    2019年06月09日
    小麦が収穫期迎える河北省棗強県

    9日、河北省棗強(そうきょう)県恩察鎮関屯村の畑で、収穫機を使って小麦を刈り取る農家。夏の収穫期を迎えた中国の華北平原では、小麦畑が黄金色に輝き、収穫の最盛期に入った。各地で農家が好天を利用して収穫作業を急ぐ姿が見られる。(棗強=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108211

  •  「新華社」衡水湖に数万羽の渡り鳥河北省
    01:28.64
    2020年02月22日
    「新華社」衡水湖に数万羽の渡り鳥河北省

    中国河北省の衡水湖(こうすいこ)ではここ数日、気温の上昇に伴い、南から北へ移動する数万羽の渡り鳥が飛来している。同湖は沼地や水辺、浅瀬、草地、森林といった完全な湿地生態系が保持された華北平原唯一の自然保護区で、多くの鳥たちに良好な生息環境や豊富な食料をもたらしている。(記者/張碩)<映像内容>衡水湖に飛来した渡り鳥の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022603075

  •  大興安嶺で春の森林防火週間スタート黒竜江省
    2020年03月04日
    大興安嶺で春の森林防火週間スタート黒竜江省

    4日、消火設備を点検する黒竜江省大興安嶺地区呼中林業局の森林防火隊員。中国最北の森林地区、黒竜江省大興安嶺で15日、春の森林防火週間がスタートした。新型コロナウイルスの影響を受け、同地区では事前に準備を整え、感染対策と防火活動を同時に行っている。同省は、中国最大の国有林を有し、管轄下の大興安嶺森林区は683万6600ヘクタール、東北の穀倉地帯と華北平原の天然の環境保全の要塞となっている。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031923923

  •  大興安嶺で春の森林防火週間スタート黒竜江省
    2020年03月04日
    大興安嶺で春の森林防火週間スタート黒竜江省

    4日、消火設備を点検する黒竜江省大興安嶺地区呼中林業局の森林防火隊員。中国最北の森林地区、黒竜江省大興安嶺で15日、春の森林防火週間がスタートした。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動の影響を受け、同地区では事前に準備を整え、感染対策と防火活動を同時に行っている。同省は、中国最大の国有林を有し、管轄下の大興安嶺森林区は683万6600ヘクタール、東北の穀倉地帯と華北平原の天然の環境保全の要塞となっている。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031923941

  •  「新華社」スイカズラ栽培で収入増河北省巨鹿県
    01:03.04
    2020年06月29日
    「新華社」スイカズラ栽培で収入増河北省巨鹿県

    中国の太行山脈東麓、華北平原の辺縁に位置する河北省邢台市巨鹿県は、地理的・気候的条件がスイカズラの栽培に適している。同県のスイカズラ生産量は中国全体の60%以上を占める。県内3カ所の大型中医薬材交易市場では年間2万トン余りを取り扱い、30億元(1元=約15円)を売り上げる。同県はここ数年、スイカズラ産業の発展に力を入れており、作付面積が13万ムー(約8667ヘクタール)に達した。農民らは栽培を通じて貧困を抜け出し、収入増を実現している。(記者/白明山)<映像内容>スイカズラの栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063001980

  •  太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村
    2021年02月21日
    太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022400749

  •  太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村
    2021年02月21日
    太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、太行山脈の奥地にある大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022400758

  •  太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村
    2021年02月21日
    太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022400753

  •  (6)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村
    2021年02月23日
    (6)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、道端で休憩する大梁江村の村民。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300301

  •  (3)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村
    2021年02月23日
    (3)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、太行山脈の奥地にある大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300302

  •  (12)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村
    2021年02月23日
    (12)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300306

  •  (14)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村
    2021年02月23日
    (14)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300311

  •  (4)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村
    2021年02月23日
    (4)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300299

  •  (10)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村
    2021年02月23日
    (10)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村の四合院。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300307

  •  (5)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村
    2021年02月23日
    (5)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村に残る古戯楼。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300300

  •  (15)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村
    2021年02月23日
    (15)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村の入り口。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300309

  •  (16)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村
    2021年02月23日
    (16)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村の一角。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300310

  •  (11)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村
    2021年02月23日
    (11)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300308

  •  (1)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村
    2021年02月23日
    (1)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、太行山脈の奥地にある大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300303

  •  (2)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村
    2021年02月23日
    (2)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、太行山脈の奥地にある大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300304

  •  (7)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村
    2021年02月23日
    (7)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、空から見た大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022300305

  •  「新華社」衡水湖にハクチョウ137羽、湖面で一休み河北省
    00:47.16
    2021年02月24日
    「新華社」衡水湖にハクチョウ137羽、湖面で一休み河北省

    中国河北省の衡水湖(こうすいこ)でこのほど、衡水湖自然保護区の職員が鳥類の調査を行い、中国の国家2級保護鳥類に指定されているオオハクチョウとコハクチョウ計137羽を確認した。両種は毎年2月中旬頃から同湖へ飛来し、2、3日休息した後、北方への移動を再開する。コハクチョウは同湖で越冬するヒシクイと共に羽を休める。衡水湖は渡り鳥の重要な中継地となっており、気温の上昇とともに多くの鳥たちを迎えている。また、華北平原の自然保護区で唯一、湖沼、水域、干潟、草地、森林など完全な湿地生態系を備え、多くの渡り鳥の移動ルートが交差する場所でもある。(記者/張碩) =配信日: 2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022406655

  •  「新華社」【足跡】第8回「半都市郊外型」経済はどのように実施したのか?
    04:16.19
    2022年08月16日
    「新華社」【足跡】第8回「半都市郊外型」経済はどのように実施したのか?

    足跡をたどり、初心を守り抜く。習近平(しゅう・きんぺい)主席の歩んできた道のりを皆さんと一緒にたどります。華北平原の中部、太行山脈の東麓に、千年の歴史を持つ古い都市があります。そこは1970年代初頭、中国北部随一の食糧高産出県として名を馳せましたが、思いもよらぬことに、その後の十数年は「高産出貧困県」のレッテルを貼られることになります。都市が華麗な「転身」を遂げて国民の前に姿を現したのは1984年6月。その都市とは河北省石家荘市正定県のことです。【画面】資料:「人民日報」第2面の長編記事「正定翻身記」。【司会者】1984年6月17日、「人民日報」の第2面に新華社の長編記事「正定翻身記(正定県転生記)」が掲載されました。記事は県の試みを評価し、正定の経済発展に向けた新たな道を称賛しました。正定県は全国から注目を集めました。正定県と共に注目を集めたのは、「人民日報」に初めて登場した県共産党委員会の書記、習近平氏でした。【司会者】1970年代、正定県の年間食糧買い上げ任務は、県の食糧総生産量の3分の1に当たる3万8千トンに上り、国や村に納めた後に各家庭に残る食糧はわずかでした。【司会者】食糧買い上げ任務を達成するため、正定県はその他の商品作物の栽培面積を削減せざるを得ませんでした。農業や林業、牧畜業、副業などの発展は極めて不均衡で、人々の生活が衣食に事欠かない状態にない現実に、習近平氏は深い心の痛みを感じていました。如何にして人々を早く豊かにさせるか。彼は考え続けました。習近平氏は自転車で村々を回って調査研究を重ね、実情を把握しました。そして、上級部門に問題を報告し、買い上げ任務の軽減を申請したのです。習近平氏の積極的な働きかけにより、正定県の買い上げ任務は1万4千トン縮小しました。買い上げが減り、食糧を十分に消費できるようになると、今度は農民の財布を如何に膨らませるかが習近平氏の思考の重点になりました。正定県が「高産出貧困県」になったのは、商品生産の未発達が根底にありました。巨大な省都は目の前にあり、「大都市に頼って暮らしを立てる」ことこそ豊かになるための近道だったのです。【司会者】習近平氏は1984年、大量の調査研究に基づき、省都に隣接するという正定県の地の利を生かした「半都市郊外型」経済発展の道を確立しました。習近平氏は =配信日: 2022(令和4)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081611896

  •  (4)柏人城遺跡で第3次発掘調査始まる河北省邢台市
    2022年08月29日
    (4)柏人城遺跡で第3次発掘調査始まる河北省邢台市

    19日、柏人城遺跡の発掘現場。中国の華北平原で2600年以上の歴史を持つ柏人城遺跡でこのほど、新たな発掘調査が始まった。同遺跡は中国で比較的保存状態がよい城郭都市遺跡の一つで、戦国時代には王城邯鄲に次ぐ趙国第2の都市だった。遺跡は河北省邢台(けいだい)市隆尭(りゅうぎょう)県にある。四方に城壁遺構が残り、面積は約4平方キロ。2016年と18年に発掘調査が実施されている。今回の発掘の年度目標は、遺跡内の遺構の分布と類型に対する理解を深め、各段階の遺構の文化的意味合いを明確にし、各遺構の正確な年代序列を確立することで、遺跡の発展と変遷の過程を分析し、判断することにある。(邢台=新華社配信/陳雷)= 配信日: 2022(令和4)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022083000434

  •  (2)柏人城遺跡で第3次発掘調査始まる河北省邢台市
    2022年08月29日
    (2)柏人城遺跡で第3次発掘調査始まる河北省邢台市

    19日、柏人城遺跡で発掘を行う発掘チームのメンバー。中国の華北平原で2600年以上の歴史を持つ柏人城遺跡でこのほど、新たな発掘調査が始まった。同遺跡は中国で比較的保存状態がよい城郭都市遺跡の一つで、戦国時代には王城邯鄲に次ぐ趙国第2の都市だった。遺跡は河北省邢台(けいだい)市隆尭(りゅうぎょう)県にある。四方に城壁遺構が残り、面積は約4平方キロ。2016年と18年に発掘調査が実施されている。今回の発掘の年度目標は、遺跡内の遺構の分布と類型に対する理解を深め、各段階の遺構の文化的意味合いを明確にし、各遺構の正確な年代序列を確立することで、遺跡の発展と変遷の過程を分析し、判断することにある。(邢台=新華社配信/陳雷)= 配信日: 2022(令和4)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022083000406

  •  (5)柏人城遺跡で第3次発掘調査始まる河北省邢台市
    2022年08月29日
    (5)柏人城遺跡で第3次発掘調査始まる河北省邢台市

    19日、柏人城遺跡で出土した瓦片を調べる発掘チームのメンバー。中国の華北平原で2600年以上の歴史を持つ柏人城遺跡でこのほど、新たな発掘調査が始まった。同遺跡は中国で比較的保存状態がよい城郭都市遺跡の一つで、戦国時代には王城邯鄲に次ぐ趙国第2の都市だった。遺跡は河北省邢台(けいだい)市隆堯(りゅうぎょう)県にある。四方に城壁遺構が残り、面積は約4平方キロ。2016年と18年に発掘調査が実施されている。今回の発掘の年度目標は、遺跡内の遺構の分布と類型に対する理解を深め、各段階の遺構の文化的意味合いを明確にし、各遺構の正確な年代序列を確立することで、遺跡の発展と変遷の過程を分析し、判断することにある。(邢台=新華社配信/陳雷)= 配信日: 2022(令和4)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022083000461

  •  「新華社」柏人城遺跡で第3次発掘調査始まる河北省邢台市
    01:04.12
    2022年08月29日
    「新華社」柏人城遺跡で第3次発掘調査始まる河北省邢台市

    中国の華北平原で2600年以上の歴史を持つ柏人城遺跡でこのほど、新たな発掘調査が始まった。同遺跡は中国で比較的保存状態がよい城郭都市遺跡の一つで、戦国時代には王城邯鄲に次ぐ趙国第2の都市だった。遺跡は河北省邢台(けいだい)市隆尭(りゅうぎょう)県にある。四方に城壁遺構が残り、面積は約4平方キロ。史書の記載によると、都市が築かれたのは周の襄王28(紀元前624)年で、漢から唐代にかけて柏人(柏仁)県の県城とされたが、唐の天宝元(742)年に水害のため破棄された。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。発掘は、中国人民大学と河北省文物考古研究院、邢台市文物保護・研究センターの合同チームが担う。発掘プロジェクトの責任者を務める人民大の呂学明(りょ・がくめい)教授は「発掘作業は8月14日に始まった。発掘面積は800平方メートルで、10月末には発掘を終え、11月と12月に出土品の整理を行う」と説明した。柏人城遺跡ではこれまで、2016年と18年に発掘調査が実施されている。2回の調査に参加した邢台市文物保護・研究センターの周海峰(しゅう・かいほう)副研究員は16年の調査について「灰坑や道路、陶窯、墓などの遺構が見つかった。年代区分は戦国、秦漢、宋金の三つで、出土遺物から春秋時代には人の活動があったと暫定的に判断した」と説明。18年の調査については「灰坑147個と灰溝4本、墓6基、住居跡2カ所、井戸3本を発見し、土器・陶器や銅器、鉄器、骨器、貝器などの標本2800点余りが出土した。古代の歴史と社会生活を知る上で重要な資料が得られた」と述べた。今回の発掘の年度目標は、遺跡内の遺構の分布と類型に対する理解を深め、各段階の遺構の文化的意味合いを明確にし、各遺構の正確な年代序列を確立することで、遺跡の発展と変遷の過程を分析し、判断することにある。(記者/范世輝、鞏志宏、張瑋華) =配信日: 2022(令和4)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022083000689

  •  (3)柏人城遺跡で第3次発掘調査始まる河北省邢台市
    2022年08月29日
    (3)柏人城遺跡で第3次発掘調査始まる河北省邢台市

    19日、柏人城遺跡の発掘現場。中国の華北平原で2600年以上の歴史を持つ柏人城遺跡でこのほど、新たな発掘調査が始まった。同遺跡は中国で比較的保存状態がよい城郭都市遺跡の一つで、戦国時代には王城邯鄲に次ぐ趙国第2の都市だった。遺跡は河北省邢台(けいだい)市隆尭(りゅうぎょう)県にある。四方に城壁遺構が残り、面積は約4平方キロ。2016年と18年に発掘調査が実施されている。今回の発掘の年度目標は、遺跡内の遺構の分布と類型に対する理解を深め、各段階の遺構の文化的意味合いを明確にし、各遺構の正確な年代序列を確立することで、遺跡の発展と変遷の過程を分析し、判断することにある。(邢台=新華社配信/陳雷)= 配信日: 2022(令和4)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022083000409

  •  (1)柏人城遺跡で第3次発掘調査始まる河北省邢台市
    2022年08月29日
    (1)柏人城遺跡で第3次発掘調査始まる河北省邢台市

    19日、柏人城遺跡の発掘現場。中国の華北平原で2600年以上の歴史を持つ柏人城遺跡でこのほど、新たな発掘調査が始まった。同遺跡は中国で比較的保存状態がよい城郭都市遺跡の一つで、戦国時代には王城邯鄲に次ぐ趙国第2の都市だった。遺跡は河北省邢台(けいだい)市隆尭(りゅうぎょう)県にある。四方に城壁遺構が残り、面積は約4平方キロ。2016年と18年に発掘調査が実施されている。今回の発掘の年度目標は、遺跡内の遺構の分布と類型に対する理解を深め、各段階の遺構の文化的意味合いを明確にし、各遺構の正確な年代序列を確立することで、遺跡の発展と変遷の過程を分析し、判断することにある。(邢台=新華社配信/陳雷)= 配信日: 2022(令和4)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022083000554

  •  (3)水質改善で白洋淀に希少な鳥類や魚類が再び姿を現す河北省
    2022年09月21日
    (3)水質改善で白洋淀に希少な鳥類や魚類が再び姿を現す河北省

    白洋淀でごみを除去するスタッフ。(資料写真)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀」(はくようてん)は、華北地区の生態環境に非常に重要な意義を持つことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀は同省雄安新区設立以来5年間で史上最大規模の整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善した。国内でも有数の良質な湖に格上げされ、水質の良いところでしか生息しないコイ科のタナゴやカモ科のアカハジロなど、希少な鳥類や魚類が再び姿を現すようになった。現在、野鳥は新区設立前より31種類多い237種、魚類は19種多い46種まで回復した。(保定=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2022(令和4)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092106359

  •  (2)水質改善で白洋淀に希少な鳥類や魚類が再び姿を現す河北省
    2022年09月21日
    (2)水質改善で白洋淀に希少な鳥類や魚類が再び姿を現す河北省

    空から見た白洋淀の風景。(資料写真)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀」(はくようてん)は、華北地区の生態環境に非常に重要な意義を持つことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀は同省雄安新区設立以来5年間で史上最大規模の整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善した。国内でも有数の良質な湖に格上げされ、水質の良いところでしか生息しないコイ科のタナゴやカモ科のアカハジロなど、希少な鳥類や魚類が再び姿を現すようになった。現在、野鳥は新区設立前より31種類多い237種、魚類は19種多い46種まで回復した。(保定=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2022(令和4)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092106411

  •  (1)水質改善で白洋淀に希少な鳥類や魚類が再び姿を現す河北省
    2022年09月21日
    (1)水質改善で白洋淀に希少な鳥類や魚類が再び姿を現す河北省

    河北省雄安新区に生息するタナゴ。(資料写真)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀」(はくようてん)は、華北地区の生態環境に非常に重要な意義を持つことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀は同省雄安新区設立以来5年間で史上最大規模の整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善した。国内でも有数の良質な湖に格上げされ、水質の良いところでしか生息しないコイ科のタナゴやカモ科のアカハジロなど、希少な鳥類や魚類が再び姿を現すようになった。現在、野鳥は新区設立前より31種類多い237種、魚類は19種多い46種まで回復した。(雄安=新華社配信/趙克琪)= 配信日: 2022(令和4)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092106349

  •  Ecosystem of largest freshwater lake on North China Plain improves
    00:42.60
    2022年11月02日
    Ecosystem of largest freshwater lake on North China Plain improves

    STORY: Ecosystem of largest freshwater lake on North China Plain improvesDATELINE: Nov. 2, 2022LENGTH: 00:00:43LOCATION: XIONG‘AN, ChinaCATEGORY: ENVIRONMENTSHOTLIST:1. various of Baiyangdian Lake2. various of migratory birds3. SOUNDBITE (Chinese): CHENG GANG, Deputy Director, Ecology and Environment Bureau, Xiong‘an New AreaSTORYLINE:The water conservation efforts of Xiong‘an New Area in north China‘s Hebei Province have paid off as the water quality and ecosystem of its Baiyangdian Lake have greatly improved.Thanks to the efforts, the lake area sees 238 species of birds, 32 more than the amount before the establishment of the new area.SOUNDBITE (Chinese): CHENG GANG, Deputy Director, Ecology and Environment Bureau, Xiong‘an New Area“Birds are an important part of the ecosystem...= 配信日: 2022(令和4)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110412550

  •  (8)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区
    2022年11月03日
    (8)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区

    白洋淀に集まる鳥の群れ。(3月20日撮影)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀(はくようてん)」は、華北地区の生態環境に非常に重要な役割を果たすことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀では同省雄安新区設立以来、最大規模の体系的な整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善、多くの鳥類が生息するようになった。現在、新区設立前より32種類多い238種類の鳥類が確認されている。うち国家1級保護鳥類が10種類、2級は44種類となっている。(保定=新華社配信/周竜山)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110408205

  •  (7)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区
    2022年11月03日
    (7)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区

    白洋淀に集まる鳥の群れ。(3月26日撮影)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀(はくようてん)」は、華北地区の生態環境に非常に重要な役割を果たすことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀では同省雄安新区設立以来、最大規模の体系的な整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善、多くの鳥類が生息するようになった。現在、新区設立前より32種類多い238種類の鳥類が確認されている。うち国家1級保護鳥類が10種類、2級は44種類となっている。(保定=新華社配信/周竜山)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110408199

  •  (9)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区
    2022年11月03日
    (9)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区

    白洋淀に集まる鳥の群れ。(2021年1月1日撮影)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀(はくようてん)」は、華北地区の生態環境に非常に重要な役割を果たすことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀では同省雄安新区設立以来、最大規模の体系的な整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善、多くの鳥類が生息するようになった。現在、新区設立前より32種類多い238種類の鳥類が確認されている。うち国家1級保護鳥類が10種類、2級は44種類となっている。(保定=新華社配信/張学農)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110408262

  •  (4)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区
    2022年11月03日
    (4)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区

    白洋淀に集まる鳥の群れ。(2021年1月1日撮影)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀(はくようてん)」は、華北地区の生態環境に非常に重要な役割を果たすことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀では同省雄安新区設立以来、最大規模の体系的な整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善、多くの鳥類が生息するようになった。現在、新区設立前より32種類多い238種類の鳥類が確認されている。うち国家1級保護鳥類が10種類、2級は44種類となっている。(保定=新華社配信/張学農)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110408274

  •  (15)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区
    2022年11月03日
    (15)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区

    白洋淀に集まる鳥の群れ。(2021年1月1日撮影)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀(はくようてん)」は、華北地区の生態環境に非常に重要な役割を果たすことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀では同省雄安新区設立以来、最大規模の体系的な整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善、多くの鳥類が生息するようになった。現在、新区設立前より32種類多い238種類の鳥類が確認されている。うち国家1級保護鳥類が10種類、2級は44種類となっている。(保定=新華社配信/張学農)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110408227

  •  (13)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区
    2022年11月03日
    (13)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区

    白洋淀に集まる鳥の群れ。(3月26日撮影)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀(はくようてん)」は、華北地区の生態環境に非常に重要な役割を果たすことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀では同省雄安新区設立以来、最大規模の体系的な整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善、多くの鳥類が生息するようになった。現在、新区設立前より32種類多い238種類の鳥類が確認されている。うち国家1級保護鳥類が10種類、2級は44種類となっている。(保定=新華社配信/周竜山)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110408200

  •  (10)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区
    2022年11月03日
    (10)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区

    白洋淀に集まる鳥の群れ。(4月15日撮影)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀(はくようてん)」は、華北地区の生態環境に非常に重要な役割を果たすことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀では同省雄安新区設立以来、最大規模の体系的な整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善、多くの鳥類が生息するようになった。現在、新区設立前より32種類多い238種類の鳥類が確認されている。うち国家1級保護鳥類が10種類、2級は44種類となっている。(保定=新華社配信/周竜山)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110408207

  •  (14)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区
    2022年11月03日
    (14)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区

    白洋淀に集まる鳥の群れ。(4月15日撮影)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀(はくようてん)」は、華北地区の生態環境に非常に重要な役割を果たすことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀では同省雄安新区設立以来、最大規模の体系的な整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善、多くの鳥類が生息するようになった。現在、新区設立前より32種類多い238種類の鳥類が確認されている。うち国家1級保護鳥類が10種類、2級は44種類となっている。(保定=新華社配信/周竜山)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110408214

  •  (2)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区
    2022年11月03日
    (2)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区

    白洋淀に集まるの群れ。(9月23日撮影)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀(はくようてん)」は、華北地区の生態環境に非常に重要な役割を果たすことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀では同省雄安新区設立以来、最大規模の体系的な整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善、多くの鳥類が生息するようになった。現在、新区設立前より32種類多い238種類の鳥類が確認されている。うち国家1級保護鳥類が10種類、2級は44種類となっている。(保定=新華社配信/張学農)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110313049

  •  (3)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区
    2022年11月03日
    (3)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区

    白洋淀に集まる鳥の群れ。(2021年1月1日撮影)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀(はくようてん)」は、華北地区の生態環境に非常に重要な役割を果たすことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀では同省雄安新区設立以来、最大規模の体系的な整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善、多くの鳥類が生息するようになった。現在、新区設立前より32種類多い238種類の鳥類が確認されている。うち国家1級保護鳥類が10種類、2級は44種類となっている。(保定=新華社配信/張学農)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110313041

  •  (11)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区
    2022年11月03日
    (11)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区

    白洋淀に集まる鳥の群れ。(3月23日撮影)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀(はくようてん)」は、華北地区の生態環境に非常に重要な役割を果たすことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀では同省雄安新区設立以来、最大規模の体系的な整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善、多くの鳥類が生息するようになった。現在、新区設立前より32種類多い238種類の鳥類が確認されている。うち国家1級保護鳥類が10種類、2級は44種類となっている。(保定=新華社配信/周竜山)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110408395

  •  (1)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区
    2022年11月03日
    (1)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区

    白洋淀に集まる鳥の群れ。(2021年1月1日撮影)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀(はくようてん)」は、華北地区の生態環境に非常に重要な役割を果たすことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀では同省雄安新区設立以来、最大規模の体系的な整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善、多くの鳥類が生息するようになった。現在、新区設立前より32種類多い238種類の鳥類が確認されている。うち国家1級保護鳥類が10種類、2級は44種類となっている。(保定=新華社配信/張学農)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110313058

  •  (12)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区
    2022年11月03日
    (12)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区

    白洋淀に集まる鳥の群れ。(9月18日撮影)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀(はくようてん)」は、華北地区の生態環境に非常に重要な役割を果たすことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀では同省雄安新区設立以来、最大規模の体系的な整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善、多くの鳥類が生息するようになった。現在、新区設立前より32種類多い238種類の鳥類が確認されている。うち国家1級保護鳥類が10種類、2級は44種類となっている。(保定=新華社配信/周竜山)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110408202

  •  (6)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区
    2022年11月03日
    (6)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区

    白洋淀に集まる鳥の群れ。(4月30日撮影)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀(はくようてん)」は、華北地区の生態環境に非常に重要な役割を果たすことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀では同省雄安新区設立以来、最大規模の体系的な整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善、多くの鳥類が生息するようになった。現在、新区設立前より32種類多い238種類の鳥類が確認されている。うち国家1級保護鳥類が10種類、2級は44種類となっている。(保定=新華社配信/周竜山)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110408213

  •  (5)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区
    2022年11月03日
    (5)白洋淀が再び「鳥たちの楽園」に河北省雄安新区

    白洋淀に集まる鳥の群れ。(9月23日撮影)中国河北省保定市にある華北平原最大の淡水湖「白洋淀(はくようてん)」は、華北地区の生態環境に非常に重要な役割を果たすことから「華北の腎臓」と呼ばれている。白洋淀では同省雄安新区設立以来、最大規模の体系的な整備を行い、水質が重度汚染の「劣5類」から生活飲用水レベルの「3類」にまで改善、多くの鳥類が生息するようになった。現在、新区設立前より32種類多い238種類の鳥類が確認されている。うち国家1級保護鳥類が10種類、2級は44種類となっている。(保定=新華社配信/張学農)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110408197

  • 1