KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 指定
  • 山門
  • 全国重点文物保護単位
  • 配置
  • 記者
  • 創建
  • 技法
  • 高さ
  • のり

「華厳寺」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
49
( 1 49 件を表示)
  • 1
49
( 1 49 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2006年10月13日
    南大門に掲げられた額 「大華厳寺」の額復元

    復元され、奈良市の東大寺南大門に掲げられた「大華厳寺」と書かれた額=13日午後

    商品コード: 2006101300171

  • 2009年02月18日
    豊年祈願祭 色鮮やかな踊り手の羽舞う

    岐阜県揖斐川町の谷汲山華厳寺で行われた「豊年祈願祭」=18日午後

    商品コード: 2009021800289

  • 2019年12月24日
    遼・金代の古刹、華厳寺を訪ねて山西省大同市

    山西省大同市の華厳寺にある華厳宝塔の銅で出来た地下室「地宮」に安置された仏像。(2019年12月24日撮影)中国山西省大同市の華厳寺は、中国に現存する遼・金代の寺院建築の中で比較的古く、かつ建造物がほぼ完全に保存されている。主要建築は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの単体建築が緻密に配置されている。華厳寺は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(太原=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300572

  • 2019年12月24日
    遼・金代の古刹、華厳寺を訪ねて山西省大同市

    山西省大同市の華厳寺境内に立つ華厳宝塔。(2019年12月24日撮影)中国山西省大同市の華厳寺は、中国に現存する遼・金代の寺院建築の中で比較的古く、かつ建造物がほぼ完全に保存されている。主要建築は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの単体建築が緻密に配置されている。華厳寺は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(太原=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300609

  • 2019年12月24日
    遼・金代の古刹、華厳寺を訪ねて山西省大同市

    山西省大同市の華厳寺境内に立つ華厳宝塔の銅で出来た地下室「地宮」に安置された仏舎利。(2019年12月24日撮影)中国山西省大同市の華厳寺は、中国に現存する遼・金代の寺院建築の中で比較的古く、かつ建造物がほぼ完全に保存されている。主要建築は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの単体建築が緻密に配置されている。華厳寺は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(太原=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300423

  • 2019年12月24日
    遼・金代の古刹、華厳寺を訪ねて山西省大同市

    山西省大同市の華厳寺。(2019年12月24日撮影)中国山西省大同市の華厳寺は、中国に現存する遼・金代の寺院建築の中で比較的古く、かつ建造物がほぼ完全に保存されている。主要建築は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの単体建築が緻密に配置されている。華厳寺は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(太原=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300417

  • 2019年12月24日
    遼・金代の古刹、華厳寺を訪ねて山西省大同市

    山西省大同市の華厳寺境内に立つ華厳宝塔の銅で出来た地下室「地宮」に安置された仏像。(2019年12月24日撮影)中国山西省大同市の華厳寺は、中国に現存する遼・金代の寺院建築の中で比較的古く、かつ建造物がほぼ完全に保存されている。主要建築は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの単体建築が緻密に配置されている。華厳寺は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(太原=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300565

  • 2019年12月24日
    遼・金代の古刹、華厳寺を訪ねて山西省大同市

    山西省大同市の華厳寺境内に立つ普光明殿。(2019年12月24日撮影)中国山西省大同市の華厳寺は、中国に現存する遼・金代の寺院建築の中で比較的古く、かつ建造物がほぼ完全に保存されている。主要建築は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの単体建築が緻密に配置されている。華厳寺は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(太原=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300605

  • 2020年09月12日
    湖南省で山西省大同市の文化財を展示する特別展

    12日、長沙博物館の「西京煙雲-大同遼金元文物展」で展示された大同市の華厳寺薄伽教蔵殿の模型。中国湖南省長沙市の長沙博物館で、山西省大同市の文化財を展示する「西京煙雲-大同遼金元文物展」が11日から開かれている。遼・金・元代の文化財139点(組)を展示している。会期は11月29日まで。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507637

  • 2020年12月13日
    (26)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    山西省大同市の華厳寺内に立つ華厳寺塔。寺院は遼の清寧8(1062)年の創建だが、仏塔は2011年に「遼史・地理志」の記載に基づき復元された。高さは43・5メートルで、外観は3層に飾り屋根(1層目)を加えた「三層四檐(えん)」となる。くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた?卯(しゅんぼう)構造を持つ完全な木造建築で、同じ構造の塔としては応県木塔に次いで高い。今では大同古城を象徴する建物となっている。(2015年8月31日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506436

  • 2021年04月20日
    支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の山門。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042610491

  • 2021年04月23日
    (7)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の華宝殿。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311512

  • 2021年04月23日
    (17)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺で展示されている明代に朝廷から下賜された「五爪金竜紫衣」の複製品。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042308786

  • 2021年04月23日
    (4)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の華宝殿の廊下に安置されている菩薩座像。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042308707

  • 2021年04月23日
    (16)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、修繕中の支提山華厳寺。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311516

  • 2021年04月23日
    (18)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の観光案内図。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311519

  • 2021年04月23日
    (12)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺に残る明万暦年間の聖旨の木刻。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042308753

  • 2021年04月23日
    (8)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の華蔵玄門(山門)。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311511

  • 2021年04月23日
    (15)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の天冠殿。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311517

  • 2021年04月23日
    (5)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の華宝殿の廊下に安置されている菩薩立像。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311509

  • 2021年04月23日
    (6)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の華宝殿の廊下に安置されている菩薩立像。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311510

  • 2021年04月23日
    (11)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の客堂。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311514

  • 2021年04月23日
    (1)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の大毘盧千仏托(明代)。左右の木製収納棚には明の朝廷から下賜された大蔵経(永楽北蔵)が保管されている。左上と右上には千聖天冠菩薩(明代)が見える。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311505

  • 2021年04月23日
    (14)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺山門殿の外に立つ「天冠菩薩住処」石碑。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311518

  • 2021年04月23日
    (19)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山の麓に立つ石碑。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042308826

  • 2021年04月23日
    (3)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の放生池と祖師塔。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311507

  • 2021年04月23日
    (2)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の大雄宝殿。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311503

  • 2021年04月23日
    (10)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山の麓から華厳寺に向かう途中にある石碑。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311513

  • 2021年04月23日
    (9)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山の麓から華厳寺に向かう途中にある了悟関。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311515

  • 2021年08月26日
    (20)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺の清代壁画(部分)。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽教蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703316

  • 2021年08月26日
    (18)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺の清代壁画(部分)。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽教蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703305

  • 2021年08月26日
    (17)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺の清代壁画(部分)。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽教蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703278

  • 2021年08月26日
    (14)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺の清代壁画(部分)。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽教蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703284

  • 2021年08月26日
    (7)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺の清代壁画(部分)。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703267

  • 2021年08月26日
    (6)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺大雄宝殿の清代壁画。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703234

  • 2021年08月26日
    (1)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺の清代壁画(部分)。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082707716

  • 2021年08月26日
    (11)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺大雄宝殿の清代壁画。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽教蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703266

  • 2021年08月26日
    (15)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺の清代壁画(部分)。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽教蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703274

  • 2021年08月26日
    (16)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺の清代壁画(部分)。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽教蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703276

  • 2021年08月26日
    (2)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺の清代壁画(部分)。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703277

  • 2021年08月26日
    (8)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺大雄宝殿の清代壁画。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703279

  • 2021年08月26日
    (13)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺の清代壁画(部分)。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽教蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703286

  • 2021年08月26日
    (10)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺の清代壁画(部分)。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽教蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703259

  • 2021年08月26日
    (19)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺の清代壁画(部分)。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽教蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703260

  • 2021年08月26日
    (4)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺大雄宝殿の清代壁画。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703256

  • 2021年08月26日
    (5)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺の清代壁画(部分)。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703262

  • 2021年08月26日
    (9)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺の大雄宝殿で壁画を鑑賞する観光客。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703280

  • 2021年08月26日
    (12)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺大雄宝殿の清代壁画。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽教蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703258

  • 2021年08月26日
    (3)華厳寺の清代壁画山西省大同市

    華厳寺の清代壁画(部分)。(8月1日撮影)中国山西省大同市にある華厳寺の創建は遼の重熙7(1038)年。寺名は仏教経典の華厳経に基づく。寺院は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの建築が緻密に配置されている。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。大雄宝殿内の四方の壁には、清光緒年間の大型壁画が21枚ある。高さ6・4メートル、全体の長さ136・8メートルで、総面積は876平方メートル。釈迦本生譚(しゃかほんしょうたん)や達磨伝法記、準提(じゅんてい)観音、千手千眼観音、華厳三聖(毘盧遮那仏、普賢菩薩、文殊菩薩)、水月観音、羅漢などが描かれている。彩色は主に石青と石緑が用いられ、「瀝粉貼金(れきふんちょうきん)」と呼ばれる糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す技法が部分的に施されている。壁画の人物は5千余りに上り、これほど多くの人物が描かれるのは中国の寺観壁画でも非常に珍しい。(大同=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082703273

  • 1