KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 千年
  • 指定
  • 乾徳
  • 位置
  • 全国重点文物保護単位
  • 北宋
  • 国務院
  • 大仏様
  • 大殿

「華林寺」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
67
( 1 67 件を表示)
  • 1
67
( 1 67 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年07月10日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    夕刻にライトアップされた大仏寺の弘法大楼。(7月10日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2017(平成29)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204244

  • 2017年07月10日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の弘法大楼の屋根。全て銅瓦を用いている。(7月10日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2017(平成29)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204247

  • 2018年07月27日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    広東省広州市の海幢寺。(2018年7月27日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100571

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の法堂。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100567

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の天王殿。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100673

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の舎利塔。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100472

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の法堂内部。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100561

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の大雄宝殿内部。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100508

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の大雄宝殿。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100559

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の海会塔殿。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100565

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の念仏堂内部。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100595

  • 2019年09月19日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺の念仏堂。(2019年9月19日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100578

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺大殿の内部の様子。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406959

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿の軒部分。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407012

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の大殿。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407014

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿を構成する保存状態の良い木彫りの装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407024

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿の裏門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407035

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿内部の柱の間にある吹き放し部分にかかる梁。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407068

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺大殿の木造の大門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407041

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿内部の柱の間にある吹き放し部分にかかる梁。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407065

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407011

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の山門の裏側。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407017

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿内部に保存されていた主要部分の木製装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407029

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿内部に保存されていた主要部分の木製装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407032

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406996

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿と大殿の前の石畳の道。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406998

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407001

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿の軒を支える保存状態の良い純木製の斗拱。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407002

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿内部に保存されていた主要部分の木製装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407020

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺大殿の木造の門、大殿の抬梁式架構の斗拱。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407025

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿の軒を支える木造の斗拱。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2年(西暦964年)に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて斗拱(ときょう、軒などを支える木の組み物)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、組物と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407038

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿の全景。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407007

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の大殿の窓。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407023

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿を構成する保存状態の良い装飾用部材。人物の彫刻が施されている。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407026

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿周辺の様子。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407062

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の観音殿に安置されている千手千眼観世音菩薩像。クスノキの一木彫像。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204263

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の大雄宝殿。康熙2(1663)年に建立された木造建築。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204395

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の毘盧(びる)殿に安置されている玉製の「華厳三聖」。中央の毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)は大日如来とも呼ばれる。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204500

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の毘盧(びる)殿に安置されている玉製の「華厳三聖」。中央の毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)は大日如来とも呼ばれる。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204363

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の弘法大楼。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204448

  • 2020年05月31日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    ライトアップされた大仏寺の弘法大楼。(5月31日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204233

  • 2020年06月14日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺に咲くハスの花。(6月14日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100593

  • 2020年06月30日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    海幢寺で香道に親しむ僧侶。(6月30日撮影)中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100597

  • 2020年07月10日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の大雄宝殿に安置されている三世仏像。(7月10日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204299

  • 2020年07月10日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の大雄宝殿に安置されている銅製の釈迦如来像。(7月10日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204495

  • 2020年07月17日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の弘法大楼。左のガジュマルは樹齢300年近く。(7月17日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204507

  • 2020年07月25日
    広州五大寺の一つ、海幢寺を訪ねて広東省

    25日、海幢寺の宝厳塔。中国広東省広州市の海幢(かいどう)寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に創建され、当時は千秋寺と呼ばれた。千年以上の歴史を持ち、同市の重点文物保護単位(市重要文化財に相当)に指定されている。荘厳な趣と雄大な伽藍(がらん)、高僧を輩出した文化の淵源(えんげん)の深さで広く知られており、光孝寺、六榕寺、華林寺、大仏寺とともに広州五大寺の一つに数えられる。史料によると、千秋寺は明朝末期に荒廃し、光牟、池月両法師が当時寺院の敷地を所有していた富豪の郭氏から土地の寄進を受け再建した。「華厳経」に登場する海幢比丘にちなみ「海幢寺」と命名したという。境内には大雄宝殿(だいゆうほうでん)や塔殿、天王殿、念仏堂、7階建ての僧寮などがある。現在の同寺は仏法を広める場であるとともに、同市を代表する観光地の一つでもある。中国国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると同寺も一般参拝を中止したが、状況の好転に伴い、6月30日から参拝客の受け入れを再開している。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100678

  • 2020年08月01日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺内にある羅漢像の彩色磁器壁画。(8月1日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204242

  • 2021年02月13日
    (13)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500922

  • 2021年02月13日
    (8)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺大殿の廊下。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500944

  • 2021年02月13日
    (1)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺山門の内側。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500954

  • 2021年02月13日
    (11)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺の境内にある宋高宗趙構篆書残碑。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021501154

  • 2021年02月13日
    (17)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿内部を支える梁。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021501194

  • 2021年02月13日
    (2)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺の山門前にある石獅子。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500728

  • 2021年02月13日
    (3)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の山門。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500712

  • 2021年02月13日
    (15)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿の補修時に残された古材。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500921

  • 2021年02月13日
    (10)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿内に置かれている模型。修復時に残った古材を利用して作られた。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500860

  • 2021年02月13日
    (18)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺大殿の廊下の柱。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500727

  • 2021年02月13日
    (12)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺大殿の裏手。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500862

  • 2021年02月13日
    (5)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500904

  • 2021年02月13日
    (16)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の山門。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500929

  • 2021年02月13日
    (4)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500835

  • 2021年02月13日
    (6)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500924

  • 2021年02月13日
    (19)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿内に置かれている大殿模型。修復時に残った古材を利用して作られた。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500946

  • 2021年02月13日
    (9)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿内部。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500896

  • 2021年02月13日
    (7)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500905

  • 2021年02月13日
    (14)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿の補修時に残された古材。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500906

  • 1