KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 華頂山
  • 華頂博信
  • しゅく
  • せん
  • サンスクリット語
  • 中心市街地
  • 五代十国
  • 令和
  • 位置
  • 北西

「華頂」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
31
( 1 31 件を表示)
  • 1
31
( 1 31 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    知恩院三門

    知恩院三門を西側から東に望む。門前の南方には「説教」と記された大高札が立てられ、その前に人力車に乗った人の姿が見える。知恩院三門は5間3戸、重層、入母屋造、本瓦葺で、元和5年(1619)に徳川家忠によって建立された日本最大の楼門である。楼上には霊元天皇筆の「華頂山」の額が掲げられる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐89‐0]

    商品コード: 2017080902883

  • -
    知恩院

    知恩院境内を霊塔南東側より北東に望む。石畳の参道が前方より一直線に延び、左方の本堂の御影(ごえい)堂、右方の経蔵へと続く。背後に華頂山をいただく。御影堂前には洋服にステッキを持った男性の姿、経蔵前には2対の石灯籠が見える。御影堂は寛永16年(1639)の創建で、入母屋、本瓦葺の大堂である。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐92‐0]

    商品コード: 2017080902897

  • -
    知恩院

    知恩院経蔵を御影(ごえい)堂南側より石燈籠をはさみ東に望む。経蔵は元和5年(1615)の創建で、本瓦葺で二層の宝形造である。裳階部分には壁・扉・窓がなく吹放しで、柱が立ち並んで周りを取り巻く「周柱式」が用いられている。背後には華頂山が迫る。左方から御影(ごえい)堂の屋根が姿を見せる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:スチルフリード(?)、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号63‐16‐0]

    商品コード: 2017082800546

  • -
    知恩院唐門と大方丈

    知恩院唐門と大方丈を南西側から北東に望む。唐門前には松などの庭木が生い茂る。唐門は檜皮葺、前後唐破風、左右入母屋造の四脚門、大方丈は玄関・歩廊が附属し、桁行9間、梁間6間、一重入母屋造、檜皮葺で、双方とも寛永18年(1641)の創建である。右背後には華頂山が見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐94‐0]

    商品コード: 2017080902951

  • -
    知恩院御影堂

    知恩院御影堂を南西側より北東に望む。御影堂は知恩院の本堂で、法然上人の御影を安置する。桁行11間、梁間9間、単層、入母屋造、本瓦葺で、寛永16年(1639)に再建された。右背後に華頂山が姿をのぞかせる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐2‐0]

    商品コード: 2017081002519

  • -
    知恩院三門

    京都市東山区新橋通。知恩院は、法然上人の吉水禅房にはじまる、浄土宗総本山。三門は、徳川秀忠による日本最大の楼門である。元和5年(1619)着工、2年後完成している。写真は、正面から松の木々ごしに、三門の全容を仰ぎ見る。楼上の「華頂山」の額は霊元天皇宸筆という。軒先に三手先の垂木の木口が白く整然と並んでいる。石段の下、及び中程に人影が見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号18‐9‐0]

    商品コード: 2017080201689

  • -
    知恩院三門

    知恩院三門を西側から東に望む。門前には3台の人力車が停車し、物売りの商人や幼児の姿がうかがえる。知恩院三門は5間3戸、重層、入母屋造、本瓦葺で、元和5年(1619)に徳川家忠によって建立された日本最大の楼門である。楼上には霊元天皇筆の「華頂山」の額が掲げられる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号42‐22‐0]

    商品コード: 2017080902677

  • -
    華頂宮博経親王

    華頂宮博経親王=明治初期、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号124‐9‐0]

    商品コード: 2017081601305

  • -
    知恩院御影堂

    知恩院御影堂を南西側より北東に望む。御影堂は知恩院の本堂で、法然上人の御影を安置する。桁行11間、梁間9間、単層、入母屋造、本瓦葺で、寛永16年(1639)に再建された。右背後に華頂山が姿をのぞかせる。F・ベアト撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号62‐2‐0]

    商品コード: 2017082300914

  • 1953年11月18日
    華頂博信

    華頂博信(元皇族)=1953(昭和28)年11月18日(28年内地番号なし)(元皇族・伏見宮博信王 臣籍降下して華族・華頂博信)

    商品コード: 2013021300105

  • 1953年11月18日
    華頂博信

    華頂博信(中央)と家族=1953(昭和28)年11月18日(28年内地番号なし)(元皇族・伏見宮博信王 臣籍降下して華族・華頂博信)

    商品コード: 2013021300106

  • 2021年03月29日
    「華頂」の半露天風呂 都ホテル京都にスパ施設

    ウェスティン都ホテル京都のスパ施設、SPA「華頂」の半露天風呂=29日、京都市

    商品コード: 2021032912420

  • 2021年04月20日
    支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の山門。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042610491

  • 2021年04月23日
    (7)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の華宝殿。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311512

  • 2021年04月23日
    (17)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺で展示されている明代に朝廷から下賜された「五爪金竜紫衣」の複製品。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042308786

  • 2021年04月23日
    (4)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の華宝殿の廊下に安置されている菩薩座像。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042308707

  • 2021年04月23日
    (16)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、修繕中の支提山華厳寺。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311516

  • 2021年04月23日
    (18)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の観光案内図。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311519

  • 2021年04月23日
    (12)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺に残る明万暦年間の聖旨の木刻。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042308753

  • 2021年04月23日
    (8)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の華蔵玄門(山門)。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311511

  • 2021年04月23日
    (15)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の天冠殿。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311517

  • 2021年04月23日
    (5)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の華宝殿の廊下に安置されている菩薩立像。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311509

  • 2021年04月23日
    (6)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の華宝殿の廊下に安置されている菩薩立像。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311510

  • 2021年04月23日
    (11)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の客堂。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311514

  • 2021年04月23日
    (1)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の大毘盧千仏托(明代)。左右の木製収納棚には明の朝廷から下賜された大蔵経(永楽北蔵)が保管されている。左上と右上には千聖天冠菩薩(明代)が見える。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311505

  • 2021年04月23日
    (14)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺山門殿の外に立つ「天冠菩薩住処」石碑。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311518

  • 2021年04月23日
    (19)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山の麓に立つ石碑。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042308826

  • 2021年04月23日
    (3)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の放生池と祖師塔。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311507

  • 2021年04月23日
    (2)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山華厳寺の大雄宝殿。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311503

  • 2021年04月23日
    (10)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山の麓から華厳寺に向かう途中にある石碑。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311513

  • 2021年04月23日
    (9)支提山の華厳寺を訪ねて福建省寧徳市

    20日、支提山の麓から華厳寺に向かう途中にある了悟関。中国福建省寧徳市の中心市街地から北西50キロに位置する支提(しだい)山は、最高峰の華頂峰の標高が1299・9メートルで、同省東部の観光名所として知られる。「支提」はサンスクリット語で「福徳(幸福と利徳)を集める」を意味する。明代には永楽帝が「天下第一山」の名を下賜している。同山の華厳寺は、五代十国の呉越の王・銭淑(せん・しゅく)が971年に造営した。以後千年余りにわたり多くの高僧を輩出したことから、全国でも名が知られている。1983年には全国仏教重点寺院に指定された。(寧徳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311515

  • 1