KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 平成
  • 令和
  • 住民
  • 牧草地
  • ひるぜんジャージーランド
  • 下蒜山
  • 中蒜山
  • 盆踊り
  • 五穀豊穣
  • 移動

「蒜山中」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
14
( 1 14 件を表示)
  • 1
14
( 1 14 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  蒜山高原でジャージー牛放牧
    2018年04月27日
    蒜山高原でジャージー牛放牧

    牧草地に放たれたジャージー牛。岡山県真庭市の蒜山高原で27日、ジャージー牛の放牧が始まった。牛舎で冬を過ごした牛たちが上蒜山山麓の牧草地(同市蒜山中福田)に半年ぶりに姿を現し、見渡す限り一面の緑の世界を満喫。芽生えたばかりの新鮮な草を競うように食べていた。=2018(平成30)年4月27日、岡山県真庭市・上蒜山の山麓、クレジット:山陽新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100513

  •  三座くっきり水鏡 「逆さ蒜山」
    2018年05月11日
    三座くっきり水鏡 「逆さ蒜山」

    田んぼに映り込んだ蒜山三座(左から上蒜山、中蒜山、下蒜山)真庭市蒜山下福田。蒜山三座が水を張った田んぼに映り込む「逆さ蒜山」が11日朝、岡山県真庭市蒜山地域で姿を現した。風のない穏やかな快晴の日にしか見られない貴重な高原の風景は、5月下旬まで期待できるという。=2018(平成30)年5月11日、岡山県真庭市蒜山下福田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051600711

  •  ジャージー牛 牧草地へ移動
    2018年05月18日
    ジャージー牛 牧草地へ移動

    牧草地を目指して駆けるジャージー牛。岡山県真庭市蒜山地域にある百合原牧場(同市蒜山中福田)のジャージー牛約70頭が18日、冬から過ごしていた牛舎から、約4キロ離れた上蒜山麓の牧草地(約36ヘクタール)まで〝大移動〞した。心地よいひづめの音を響かせ、新緑に包まれた高原を駆け抜けた。=2018(平成30)年5月18日、岡山県真庭市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052200693

  •  大輪ヒマワリ8万本 蒜山で見頃
    2018年07月25日
    大輪ヒマワリ8万本 蒜山で見頃

    ひるぜんジャージーランドで見頃を迎えたヒマワリ。真庭市蒜山中福田の観光施設「ひるぜんジャージーランド」で、約8万本のヒマワリが見頃を迎えた。黄色い大輪の花々が強い日差しを受けて輝きを増し、高原を夏色に染めている。=2018(平成30)年7月25日、岡山県真庭市蒜山中福田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100477

  • 岡山県真庭市 盆踊り「大宮踊」
    2018年08月15日
    岡山県真庭市 盆踊り「大宮踊」

    子孫繁栄などを願い、踊りの輪が広がった「大宮踊」=15日午後9時20分。真庭市蒜山地域に伝わる国重要無形民俗文化財の盆踊り「大宮踊」が15日夜、「大宮さま」とも呼ばれる福田神社(同市蒜山中福田)で行われ、浴衣姿の住民、帰省客らが子孫繁栄や五穀豊穣  を願って一心に踊った。午後8時半ごろ、紙細工「シリゲ」を飾った灯籠を囲み、踊りの輪がゆっくり動きだした。「どみの堂ではアエウワハン てんこのこが踊るウワハンヨウ」といった独特の節の歌声と、太鼓の音が響く中、舞うように手を動かし、ゆったりと足を運んだ。終盤には、編みがさや手拭いをかぶった6人組の踊り手が登場。きねを天地に突き立てたり、ドジョウすくいのような動きを繰り返したりとユーモラスな所作の「てんこ」を披露し、会場を沸かせた。大宮踊は岡山県三大踊りの一つ。古くからお盆を中心に蒜山地域の寺社などで連日行われ、現在も15カ所ほどで続いている。=2018(平成30)年8月15日、岡山県真庭市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061700723

  •  繁栄願い「大宮踊」 岡山・蒜山
    2018年08月15日
    繁栄願い「大宮踊」 岡山・蒜山

    子孫繁栄などを願い、踊りの輪が広がった「大宮踊」=15日午後9時20分。真庭市蒜山地域に伝わる国重要無形民俗文化財の盆踊り「大宮踊」が15日夜、「大宮さま」とも呼ばれる福田神社(同市蒜山中福田)で行われ、浴衣姿の住民、帰省客らが子孫繁栄や五穀豊穣を願って一心に踊った。=2018(平成30)年8月15日、岡山県真庭市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082122238

  •  ジャージー牛 冬前に牛舎へ〝引っ越し〞
    2018年11月19日
    ジャージー牛 冬前に牛舎へ〝引っ越し〞

    上蒜山の麓の放牧地から牛舎へ移動するジャージー牛。真庭市蒜山中福田の百合原牧場のジャージー牛62頭が19日、上蒜山の麓にある放牧地から約4キロ先の牛舎へ〝引っ越し〞した。紅葉した山をバックに、牛たちが一般道を走る牧歌的な光景が広がり、高原に冬の訪れ間近を告げていた。同牧場では、春から牛を放牧し、雪で牧草が食べられなくなる冬前に牛舎へ戻している。=2018(平成30)年11月19日、岡山県真庭市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112700275

  • 岡山県真庭市の蒜山高原 蒜山高原のジャージー牛
    2019年04月23日
    岡山県真庭市の蒜山高原 蒜山高原のジャージー牛

    牧草地に放たれたジャージー牛=真庭市・上蒜山の麓。真庭市の蒜山高原で23日、ジャージー牛の放牧が始まった。上蒜山の麓にある「ひるぜんジャージーランド」の牧草地(同市蒜山中福田)で、牛たちは草を食べながらのんびりと過ごしている。=2019(平成31)年4月23日、岡山県真庭市の蒜山高原、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061700703

  •  水田に映り込んだ「逆さ蒜山」
    2022年05月24日
    水田に映り込んだ「逆さ蒜山」

    蒜山三座(左から上蒜山、中蒜山、下蒜山)が上下反転して水田に映り込んだ「逆さ蒜山」=5月24日午前7時58分、岡山県真庭市蒜山東茅部。真庭市蒜山地域で、鳥取県との境に位置する蒜山三座が水田に映り込む「逆さ蒜山」が出現している。田植え前後のこの時季ならではの風物詩。=2022(令和4)年5月24日、岡山県真庭市蒜山東茅部、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060109338

  •  国重要無形民俗文化財の盆踊り「大宮踊」
    2022年08月15日
    国重要無形民俗文化財の盆踊り「大宮踊」

    子孫繁栄や豊作を願って踊りの輪を広げる浴衣姿の住民ら=8月15日午後9時3分。岡山県真庭市蒜山地域に伝わる国重要無形民俗文化財の盆踊り「大宮踊」が15日夜、「大宮様」とも呼ばれる福田神社(同市蒜山中福田)で行われた。新型コロナウイルス禍で3年ぶりの開催とあって、住民らが子孫繁栄や豊作の願いを込めて熱の入った踊りを披露した。=2022(令和4)年8月15日、岡山県真庭市蒜山中福田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082308044

  •  牧草地に放たれたジャージー牛
    2023年04月28日
    牧草地に放たれたジャージー牛

    牧草地に放たれ、伸び伸びと過ごすジャージー牛。岡山県真庭市蒜山中福田の観光施設「ひるぜんジャージーランド」で4月28日、ジャージー牛の放牧が始まった。=2023(令和5)年4月28日、ひるぜんジャージーランド=岡山県真庭市蒜山中福田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050909709

  •  水田に映り込む「逆さ蒜山」
    2023年05月09日
    水田に映り込む「逆さ蒜山」

    蒜山三座(左から上蒜山、中蒜山、下蒜山)が上下反転して水田に映り込んだ「逆さ蒜山」。岡山県真庭市蒜山地域で、蒜山三座の山容が水田に鏡のように映り込む「逆さ蒜山」が姿を現している。=2023(令和5)年5月9日、岡山県真庭市蒜山東茅部、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023051608773

  •  大宮踊で優美な所作を繰り広げる住民ら
    2023年08月17日
    大宮踊で優美な所作を繰り広げる住民ら

    大宮踊で優美な所作を繰り広げる住民ら。岡山県真庭市蒜山地域に伝わり、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に昨年登録された「大宮踊」(国重要無形民俗文化財)が8月17日夜、「大宮様」とも呼ばれる福田神社(真庭市蒜山中福田)で行われた。晩夏の高原に子孫繁栄や豊作を願う音頭が響き、住民らが優雅な踊りに興じた。=2023(令和5)年8月17日、岡山県真庭市蒜山中福田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023082507509

  •  A2の遺伝子を持つジャージー牛たち
    2024年04月08日
    A2の遺伝子を持つジャージー牛たち

    指定牧場のジャージー牛たち。全頭がA2の遺伝子を持つ。ジャージー牛の乳製品を生産する蒜山酪農協(岡山県真庭市蒜山中福田)は、おなかに優しいとされる「A2ミルク」の製造販売を始めた。消化不良を引き起こすといわれるタイプのタンパク質を含まないことから注目を集めており、3年がかりで商品化。ジャージー牛乳の付加価値をさらに高める戦略的商品と位置付ける。将来は加工品も開発し、地域の主力産業である酪農の持続的な発展につなげる考えだ。=2024(令和6)年4月8日、岡山県真庭市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024042307976

  • 1