KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 旧正月
  • 春節
  • 饅頭
  • 人々
  • 伝承
  • 無形文化遺産
  • 装飾
  • 作り方

「蒸しパン」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
272
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
272
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  校内料理コンクール
    1954年10月02日
    校内料理コンクール

    岡山市の真備学園で「秋の校内料理コンクール」が開かれた。味、カロリー、見栄えの三拍子に加え、材料費が25円以内、調理時間は1時間という厳しい条件の予選を通過したのは31点。特選には「蒸しパンとピーマンの魚づめ」など2点が選ばれた。=1954(昭和29)年10月2日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082320980

  •  「新華社」【字幕あり】氷のケーキでお祝い!「帰国組」パンダ2頭、貴州での最初の誕生日
    04:49.62
    2018年08月26日
    「新華社」【字幕あり】氷のケーキでお祝い!「帰国組」パンダ2頭、貴州での最初の誕生日

    中国貴州省貴陽市黔霊山公園のパンダ館では今年4月の開館以来、2頭の帰国組パンダ「海浜」と「星宝」が、地元市民や観光客から大人気だ。同館はこのほど、共に8月生まれの2頭のために誕生日パーティーを開いた。飼育員は窩窩頭(トウモロコシの粉でつくる蒸しパン)やリンゴ、タケノコ、タケの葉を凍らせて、心を込めて氷のケーキを準備した。これは「海浜」と「星宝」が貴陽に来てから初めて迎える誕生日でもある。【解説】「海浜」と「星宝」の誕生日を祝って、貴陽市黔霊山公園のパンダ館では、同市の小学生20人を特別に誕生日パーティーに招待し、パンダの誕生日祝いという楽しい体験を子どもたちや観光客と共に分かち合った。(記者/劉勤兵、盧志佳)<映像内容>氷のケーキと歌でお祝いされるパンダ。黔霊山公園パンダ館の責任者や子どもたちへのインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715887

  •  今も愛される老舗レストラン「更新飯店」黒竜江省ハルビン
    2018年12月18日
    今も愛される老舗レストラン「更新飯店」黒竜江省ハルビン

    18日、厨房から蒸し上がったマントウ(小麦粉で作る蒸しパン)とあんまんを運ぶ従業員。中国黒竜江省ハルビン市にある更新飯店は60年以上続く老舗国営レストラン。同店は1989年、国に頼らず損益の責任を自ら負うこととし、従業員が力を合わせて店を人気店へと押し上げた。レストランの内装から経営方式まで、多くはかつてのスタイルを留めている。看板メニューの「超濃厚豆腐脳」(半固体豆腐に熱いタレをかけたもの)「悶香酥皮焼餅」(パリッと焼き上げた小麦粉でできた主食)「醤牛肉」(牛肉を醤油やさまざまな調味料で煮込んだもの)も昔と変わっておらず、今でも懐かしい味を求める人々に支持されている。店は伝統を残すと共に、新しいメニューも次々と開発しており、インターネットによる宣伝で、顧客の裾野を広げている。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521259

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月07日
    山火事と戦う森の守護者山東省莱西市

    7日、巡回中の山道で、おかずもなく、漬物と冷えたマントウ(蒸しパン)だけを食べて休憩する隊員。中国山東省青島市が管轄する県級市、莱西(らいせい)市の大青山省級森林公園の山中には、平均年齢が40歳を上回る森林防火管理保護隊が四季を通じて駐在している。彼らはバイクで山々を駆け抜け、山林での消防活動に当たっている。大青山の森林地域は村や田畑と複雑に交錯しており、森での消防業務は責任が重く、プレッシャーも大きい。防火管理保護隊の隊員はほとんどの時間を山で過ごす。国慶節(中華人民共和国成立記念日、10月1日)、清明節(故人を悼み墓参りする日、4月5日ごろ)、春節(旧正月)などの祝日の際は特に持ち場を離れることができない。彼らは山の中で単調で退屈な、隔離された生活を送りながら、大青山の安全のために人知れず黙々と貢献している。隊員たちの管理や保護のおかげで、大きな山火事や事故は15年連続で発生しておらず、大青山の自然環境は日に日に改善されている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011812579

  •  「新華社」老人たちの「1元食堂」山東省広饒県黄東村
    01:57.07
    2019年01月29日
    「新華社」老人たちの「1元食堂」山東省広饒県黄東村

    中国山東省東営市広饒(こうじょう)県黄東村には「1元食堂」という特別な食堂がある。村の70歳以上の老人はここで、わずか1元(1元=約16円)で、おいしい昼ごはんが食べられる。豚肉煮込みやスペアリブが用意されているほか、饅頭(小麦粉で作る蒸しパン)、花巻(蒸しパンの一種)などは食べ放題だ。食堂は開店から1年余りが経ち、村人たちから認められ、慕われている。記者が昼前に同村に到着すると「1元食堂」はすでに着席した老人でいっぱいだった。ボランティアらは厨房で忙しそうに料理を盛り付け、熱々の饅頭を準備していた。黄東村の村収入は1年間で20万元余り。村は2015年、15万元を投資し「幸福院」を建設した。老人たちはここで本や新聞を読んだり、カードゲームや将棋をしたり、運動や娯楽を楽しむことができる。村はその2年後、さらに5万元を投資して、調理器具や食器、家具を購入し「1元食堂」を建設した。<映像内容>老人たちの「1元食堂」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919206

  •  「新華社」赤ちゃんパンダの年越し日記「甘い誘惑に体重が心配」
    02:59.00
    2019年02月01日
    「新華社」赤ちゃんパンダの年越し日記「甘い誘惑に体重が心配」

    中国の伝統習慣では旧暦12月に糖瓜(とうか)と呼ばれる瓜の形をした飴を作り、かまど神に供えて、新しい年の生活がより甘い(幸せ)ものになるよう祈る習慣がある。四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地では、蜂蜜を塗ったリンゴが糖瓜の代わり。赤ちゃんパンダが甘い幸せな新年を過ごせるよう、窩窩頭(ウォウォトウ)といわれる甘い蒸しパンも添えられた。(記者/蕭永航、張超群)<映像内容>パンダの食事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124962

  •  「新華社」赤ちゃんパンダの年越し日記「旧暦12月28日は小麦粉こねる」
    01:15.92
    2019年02月02日
    「新華社」赤ちゃんパンダの年越し日記「旧暦12月28日は小麦粉こねる」

    2日は旧暦12月28日に当たる。中国では古くから「二十八は小麦粉発酵」と言われ、この日に正月の主食の準備を始め、窓に正月飾りをつける習慣がある。四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地では、飼育員がとうもろこしやコーリャン、大豆の粉で「窩窩頭(ウォウォトウ)」と呼ばれる蒸しパンを作った。竿の先に吊るされた食べ物を上手にキャッチする様子を見ると、ついつい笑顔になった。(記者/蕭永航、張超群)<映像内容>パンダのために中国の蒸しパン「窩窩頭」を作る様子、撮影日:2019(平成31)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518445

  •  幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県
    2019年03月07日
    幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県

    7日、陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村で開かれた花饃イベントで、花饃を品評会の会場に運ぶ村の人々。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203471

  •  幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県
    2019年03月07日
    幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県

    7日に撮影した陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村の村民が作ったさまざまな花饃。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203512

  •  幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県
    2019年03月07日
    幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県

    7日、陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村で開かれた花饃イベントで、同省の伝統的な踊り「花苫鼓」を披露する村の人々。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203562

  •  幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県
    2019年03月07日
    幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県

    7日、陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村で開かれた花饃イベントで、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を披露する村の人々。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203457

  •  幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県
    2019年03月07日
    幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県

    7日、陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村で開かれた花饃イベントで、花饃を品評会の会場に運ぶ村の人々。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203508

  •  幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県
    2019年03月07日
    幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県

    7日、陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村で開かれた花饃イベントで、花饃を品評会の会場に運ぶ村の人々。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203548

  •  幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県
    2019年03月07日
    幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県

    7日、陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村で開かれた花饃イベントで、花饃を品評会の会場に運ぶ村の人々。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203455

  •  美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省
    2019年04月13日
    美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省

    13日、洞橋鎮賢徳村の「マントウ(中国の蒸しパン)工房」で、現地の名物、酒醸(チューニャン、米から作った中国の発酵食品)を入れて発酵させた「状元マントウ」の製造工程を体験する子どもたち。中国浙江省杭州市富陽区の洞橋(どうきょう)鎮で13日、春の「農村グルメ大会」が開かれた。このイベントは、美しい農村の自然環境や特色あるグルメ、悠久の歴史を持つ「状元文化」で有名な同地を訪れた観光客に、さまざまな伝統文化のパフォーマンスや独特なグルメを体験してもらうことで、特色ある農村観光ブランドを打ち立て、同地の農村観光の発展を後押しするというもの。洞橋鎮賢徳村は唐代(618年-907年)の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で1番の成績を修めた者に与えられる称号)、施肩吾(し・けんご)の故郷だ。彼は優れた作詩の才能を持ち、「科挙」の試験に合格しただけでなく、道教思想家および養生実践者としても有名。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701230

  •  美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省
    2019年04月13日
    美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省

    13日、洞橋鎮賢徳村の「マントウ(中国の蒸しパン)工房」で、現地の名物、酒醸(チューニャン、米から作った中国の発酵食品)を入れて発酵させた「状元マントウ」の製造工程を体験する子どもたち。中国浙江省杭州市富陽区の洞橋(どうきょう)鎮で13日、春の「農村グルメ大会」が開かれた。このイベントは、美しい農村の自然環境や特色あるグルメ、悠久の歴史を持つ「状元文化」で有名な同地を訪れた観光客に、さまざまな伝統文化のパフォーマンスや独特なグルメを体験してもらうことで、特色ある農村観光ブランドを打ち立て、同地の農村観光の発展を後押しするというもの。洞橋鎮賢徳村は唐代(618年-907年)の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で1番の成績を修めた者に与えられる称号)、施肩吾(し・けんご)の故郷だ。彼は優れた作詩の才能を持ち、「科挙」の試験に合格しただけでなく、道教思想家および養生実践者としても有名。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701235

  •  美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省
    2019年04月13日
    美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省

    13日、洞橋鎮賢徳村の「マントウ(中国の蒸しパン)工房」で、現地の名物、酒醸(チューニャン、米から作った中国の発酵食品)を入れて発酵させた「状元マントウ」の製造工程を体験する子どもたち。中国浙江省杭州市富陽区の洞橋(どうきょう)鎮で13日、春の「農村グルメ大会」が開かれた。このイベントは、美しい農村の自然環境や特色あるグルメ、悠久の歴史を持つ「状元文化」で有名な同地を訪れた観光客に、さまざまな伝統文化のパフォーマンスや独特なグルメを体験してもらうことで、特色ある農村観光ブランドを打ち立て、同地の農村観光の発展を後押しするというもの。洞橋鎮賢徳村は唐代(618年-907年)の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で1番の成績を修めた者に与えられる称号)、施肩吾(し・けんご)の故郷だ。彼は優れた作詩の才能を持ち、「科挙」の試験に合格しただけでなく、道教思想家および養生実践者としても有名。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701183

  •  美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省
    2019年04月13日
    美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省

    13日、洞橋鎮賢徳村の「マントウ(中国の蒸しパン)工房」で、現地の名物、酒醸(チューニャン、米から作った中国の発酵食品)を入れて発酵させた「状元マントウ」を作る村の人たち。中国浙江省杭州市富陽区の洞橋(どうきょう)鎮で13日、春の「農村グルメ大会」が開かれた。このイベントは、美しい農村の自然環境や特色あるグルメ、悠久の歴史を持つ「状元文化」で有名な同地を訪れた観光客に、さまざまな伝統文化のパフォーマンスや独特なグルメを体験してもらうことで、特色ある農村観光ブランドを打ち立て、同地の農村観光の発展を後押しするというもの。洞橋鎮賢徳村は唐代(618年-907年)の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で1番の成績を修めた者に与えられる称号)、施肩吾(し・けんご)の故郷だ。彼は優れた作詩の才能を持ち、「科挙」の試験に合格しただけでなく、道教思想家および養生実践者としても有名。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701241

  •  美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省
    2019年04月13日
    美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省

    13日、「農村グルメ大会」の会場で、特色ある「状元マントウ(中国の蒸しパン)」を味わう観光客。中国浙江省杭州市富陽区の洞橋(どうきょう)鎮で13日、春の「農村グルメ大会」が開かれた。このイベントは、美しい農村の自然環境や特色あるグルメ、悠久の歴史を持つ「状元文化」で有名な同地を訪れた観光客に、さまざまな伝統文化のパフォーマンスや独特なグルメを体験してもらうことで、特色ある農村観光ブランドを打ち立て、同地の農村観光の発展を後押しするというもの。洞橋鎮賢徳村は唐代(618年-907年)の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で1番の成績を修めた者に与えられる称号)、施肩吾(し・けんご)の故郷だ。彼は優れた作詩の才能を持ち、「科挙」の試験に合格しただけでなく、道教思想家および養生実践者としても有名。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701155

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、2週間前に植えた花棒(ファーバン、Hedysarumscoparium)の苗を見る呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901293

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端のヤナギバグミ林で、夕日を眺める呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901329

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、灌木を植える呉向栄さんとボランティアの人々。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901283

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、砂漠化対策で植えた灌木の苗の成長状況を見る呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901290

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端の育苗地で、苗の成長状況を見る呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901270

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗のトングリ砂漠東端で今年3月に呉尚栄さんと作業員が設置した流砂防止用の「草方格」。ワラなどを格子状に砂中に埋めることで砂の流動を抑えることができる。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901291

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、トングリ砂漠東端の生態回復区。奥に賀蘭山が見える。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901282

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アラシャン左旗に位置するトングリ砂漠東端の育苗地で、発芽状況を観察する呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901322

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、作業員に点滴かんがい設備の設置方法を指導する呉向栄さん(右)。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901328

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、灌木を植える呉向栄さん(右)とボランティアの人々。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901332

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、奥に見える砂丘の拡大を抑止する灌木。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901271

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、種を収穫するための檸条(CaraganakorshinskiiKom.)の開花状況を見る呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901320

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    1日、アルシャー左旗トングリ砂漠東端で、灌木を植える呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901292

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月02日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    2日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端の事務所で、砂漠化対策のボランティアに講義する呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901326

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月02日
    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区

    2日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、植樹ボランティアに砂丘植物の植え方を指導する呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901296

  •  民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭
    2019年05月10日
    民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭

    10日、中国花饃芸術祭で自身の作品を見せる花饃職人、王文娟(おう・ぶんけん)さん。中国陝西省渭南(いなん)市の臨渭(りんい)区でこのほど、「大美民間」中国花饃芸術祭が開催された。花饃は装飾を施した中国式蒸しパンを指す。全国11省から集まった民間の花饃職人50人以上が、自慢の作品を出展。さまざまな特徴を持つ花饃600点以上が民間芸術の魅力をアピールした。(渭南=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600195

  •  民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭
    2019年05月10日
    民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭

    10日、中国花饃芸術祭で展示された色彩豊かな花饃。吉祥の願いが込められている。中国陝西省渭南(いなん)市の臨渭(りんい)区でこのほど、「大美民間」中国花饃芸術祭が開催された。花饃は装飾を施した中国式蒸しパンを指す。全国11省から集まった民間の花饃職人50人以上が、自慢の作品を出展。さまざまな特徴を持つ花饃600点以上が民間芸術の魅力をアピールした。(渭南=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600183

  •  民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭
    2019年05月10日
    民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭

    10日、中国花饃芸術祭で花饃作りを実演する職人。中国陝西省渭南(いなん)市の臨渭(りんい)区でこのほど、「大美民間」中国花饃芸術祭が開催された。花饃は装飾を施した中国式蒸しパンを指す。全国11省から集まった民間の花饃職人50人以上が、自慢の作品を出展。さまざまな特徴を持つ花饃600点以上が民間芸術の魅力をアピールした。(渭南=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600213

  •  民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭
    2019年05月10日
    民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭

    10日、中国花饃芸術祭で展示された花饃。中国陝西省渭南(いなん)市の臨渭(りんい)区でこのほど、「大美民間」中国花饃芸術祭が開催された。花饃は装飾を施した中国式蒸しパンを指す。全国11省から集まった民間の花饃職人50人以上が、自慢の作品を出展。さまざまな特徴を持つ花饃600点以上が民間芸術の魅力をアピールした。(渭南=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600227

  •  民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭
    2019年05月10日
    民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭

    10日、中国花饃芸術祭で展示された花饃を撮影する来場者。中国陝西省渭南(いなん)市の臨渭(りんい)区でこのほど、「大美民間」中国花饃芸術祭が開催された。花饃は装飾を施した中国式蒸しパンを指す。全国11省から集まった民間の花饃職人50人以上が、自慢の作品を出展。さまざまな特徴を持つ花饃600点以上が民間芸術の魅力をアピールした。(渭南=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600208

  •  民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭
    2019年05月10日
    民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭

    10日、中国花饃芸術祭で来場者に自身の作品を紹介する花饃職人、王利貞(おう・りてい)さん。中国陝西省渭南(いなん)市の臨渭(りんい)区でこのほど、「大美民間」中国花饃芸術祭が開催された。花饃は装飾を施した中国式蒸しパンを指す。全国11省から集まった民間の花饃職人50人以上が、自慢の作品を出展。さまざまな特徴を持つ花饃600点以上が民間芸術の魅力をアピールした。(渭南=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600194

  •  民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭
    2019年05月10日
    民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭

    10日、中国花饃芸術祭で展示された花饃。中国陝西省渭南(いなん)市の臨渭(りんい)区でこのほど、「大美民間」中国花饃芸術祭が開催された。花饃は装飾を施した中国式蒸しパンを指す。全国11省から集まった民間の花饃職人50人以上が、自慢の作品を出展。さまざまな特徴を持つ花饃600点以上が民間芸術の魅力をアピールした。(渭南=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600162

  •  「新華社」民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭
    00:51.90
    2019年05月15日
    「新華社」民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭

    中国陝西省渭南(いなん)市の臨渭(りんい)区でこのほど、「大美民間」中国花饃芸術祭が開催された。花饃は装飾を施した中国式蒸しパンを指す。全国11省から集まった民間の花饃職人50人以上が、自慢の作品を出展。さまざまな特徴を持つ花饃600点以上が民間芸術の魅力を伝えた。(記者/陳昌奇)<映像内容>中国式蒸しパンのアート「大美民間」中国花饃芸術祭の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600521

  •  Hong Kong News - June 14, 2019
    2019年06月14日
    Hong Kong News - June 14, 2019

    June 14, 2019, Hong Kong, China: Steamed buns, tripe and rice at Duen Kee. (Credit Image: © Charmaine Mok/South China Morning Post via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Charmaine Mok/South China Morning Post via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092507383

  •  【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場
    2019年11月06日
    【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場

    6日、山東省膠東(こうとう)地域の農家が作った食べられる芸術品「饃饃」(モモ、蒸しパンの一種)。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104381

  •  春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市
    2020年01月10日
    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市

    10日、陝西省西安市碑林区文化館で子どもたちに花饃の作り方を紹介する「関中花饃」伝承者の党亜賢(とう・あけん)さん(中央)。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322172

  •  「新華社」春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市
    01:25.16
    2020年01月10日
    「新華社」春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市

    中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(記者/劉瀟)<映像内容>花饃を作る様子、撮影日:2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322947

  •  春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市
    2020年01月10日
    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市

    10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322407

  •  春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市
    2020年01月10日
    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市

    10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、旧正月を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節(旧正月)のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322323

  •  春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市
    2020年01月10日
    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市

    10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322468

  •  春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市
    2020年01月10日
    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市

    10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」を鑑賞する子どもたち。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322416

  •  春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市
    2020年01月10日
    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市

    10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320625

  •  春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市
    2020年01月10日
    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市

    10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322438

  •  春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市
    2020年01月10日
    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市

    10日、陝西省西安市碑林区文化館でネズミの形をした「関中花饃」を手にする子どもたち。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322451

  •  春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市
    2020年01月10日
    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市

    10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」を鑑賞する子どもたち。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322200

  •  春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市
    2020年01月10日
    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市

    10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322462

  •  春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市
    2020年01月10日
    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市

    10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322431

  •  春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市
    2020年01月10日
    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市

    10日、陝西省西安市碑林区文化館で自作の花饃を手に持つ「関中花饃」伝承者の党亜賢(とう・あけん)さん。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322177

  •  春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市
    2020年01月10日
    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市

    10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322437

  •  地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市
    2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、年越し市で、スマホで蒸しパンで作った飾り物の写真を撮る買い物客。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322717

  •  村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県
    2020年01月21日
    村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県

    21日、竜をかたどった中国民間伝統芸術の一つ「面塑」(しん粉細工、もち米と小麦粉を練って作った人形)の作品。「花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)の里」と称される中国山西省運城市聞喜県の国家級無形文化遺産「聞喜花饃」は、千年以上の歴史を持つ。主に現地産の良質な小麦粉を練って作った生地をさまざまな手法で花や果物、人物、動物などの形に整え、それを蒸して乾燥させ、色付けして作られた作品は、生き生きとした魅力にあふれている。近年、「聞喜花饃」は一つの産業として確立しており、同県には18の企業と「専業合作社」(日本の協同組合にあたる組織)がある。現在、「聞喜花饃」作りに携わる職人は千人以上、関連業界の従業員は1万人以上に達し、年間売上高は2億元(1元=約16円)を上回る。「聞喜花饃」はすでに現地の人々に豊かさをもたらす「道」となっている。(運城=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300452

  •  村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県
    2020年01月21日
    村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県

    21日、生き生きとした魅力にあふれる「面塑」(しん粉細工、もち米と小麦粉を練って作った人形)作品の数々。「花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)の里」と称される中国山西省運城市聞喜県の国家級無形文化遺産「聞喜花饃」は、千年以上の歴史を持つ。主に現地産の良質な小麦粉を練って作った生地をさまざまな手法で花や果物、人物、動物などの形に整え、それを蒸して乾燥させ、色付けして作られた作品は、生き生きとした魅力にあふれている。近年、「聞喜花饃」は一つの産業として確立しており、同県には18の企業と「専業合作社」(日本の協同組合にあたる組織)がある。現在、「聞喜花饃」作りに携わる職人は千人以上、関連業界の従業員は1万人以上に達し、年間売上高は2億元(1元=約16円)を上回る。「聞喜花饃」はすでに現地の人々に豊かさをもたらす「道」となっている。(運城=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300445

  •  村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県
    2020年01月21日
    村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県

    21日、「花饃」に飾る果物をかたどった細工物。「花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)の里」と称される中国山西省運城市聞喜県の国家級無形文化遺産「聞喜花饃」は、千年以上の歴史を持つ。主に現地産の良質な小麦粉を練って作った生地をさまざまな手法で花や果物、人物、動物などの形に整え、それを蒸して乾燥させ、色付けして作られた作品は、生き生きとした魅力にあふれている。近年、「聞喜花饃」は一つの産業として確立しており、同県には18の企業と「専業合作社」(日本の協同組合にあたる組織)がある。現在、「聞喜花饃」作りに携わる職人は千人以上、関連業界の従業員は1万人以上に達し、年間売上高は2億元(1元=約16円)を上回る。「聞喜花饃」はすでに現地の人々に豊かさをもたらす「道」となっている。(運城=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300521

  •  「新華社」鮮やかな中国式蒸しパンで新年を祝う山西省
    00:53.08
    2020年01月27日
    「新華社」鮮やかな中国式蒸しパンで新年を祝う山西省

    中国山西省の南部地域では、年越しや祭日、結婚式、誕生日のお祝いの際に、さまざまなデザインがあしらわれた中国式蒸しパン「花饃」を作るという伝統的な風習がある。調理師は新鮮な野菜や果物のしぼり汁を小麦粉に加え、鮮やかな色の生地を作る。そして熟練の技で生地をもんだり、つねったりして人物や花、動物、果物などの形に整え、蒸した後で冷やし「花饃」は完成する。(記者/魏飈、許雄)<映像内容>中国式蒸しパン「花饃」の調理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012800734

  •  「新華社」村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県
    01:16.79
    2020年02月03日
    「新華社」村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県

    「花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)の里」と称される中国山西省運城市聞喜県の国家級無形文化遺産「聞喜花饃」は、千年以上の歴史を持つ。主に現地産の良質な小麦粉を練って作った生地をさまざまな手法で花や果物、人物、動物などの形に整え、それを蒸して乾燥させ、色付けして作られた作品は、生き生きとした魅力にあふれている。近年、「聞喜花饃」は一つの産業として確立しており、同県には18の企業と「専業合作社」(日本の協同組合にあたる組織)がある。現在、「聞喜花饃」作りに携わる職人は千人以上、関連業界の従業員は1万人以上に達し、年間売上高は2億元(1元=約16円)を上回る。「聞喜花饃」はすでに現地の人々に豊かさをもたらす「道」となっている。(記者/魏飈、許雄)<映像内容>聞喜花饃作りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020505534

  •  CHINA HANGZHOU PRECAUTIONS AGAINST COVID-19
    2020年02月16日
    CHINA HANGZHOU PRECAUTIONS AGAINST COVID-19

    People line up to buy braised food and steamed buns in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Monday, Feb. 17, 2020. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021800745

  •  CHINA HANGZHOU PRECAUTIONS AGAINST COVID-19
    2020年02月16日
    CHINA HANGZHOU PRECAUTIONS AGAINST COVID-19

    A worker looks at the queue of buyers for braised food and steamed buns in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Monday, Feb. 17, 2020. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021800788

  •  CHINA HANGZHOU PRECAUTIONS AGAINST COVID-19
    2020年02月16日
    CHINA HANGZHOU PRECAUTIONS AGAINST COVID-19

    A worker checks the temperature of a buyer of braised food and steamed buns in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Monday, Feb. 17, 2020. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021800773

  •  CHINA HANGZHOU PRECAUTIONS AGAINST COVID-19
    2020年02月16日
    CHINA HANGZHOU PRECAUTIONS AGAINST COVID-19

    A worker checks the temperature of a buyer of braised food and steamed buns in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Monday, Feb. 17, 2020. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021800777

  •  CHINA HANGZHOU LIFE
    2020年02月20日
    CHINA HANGZHOU LIFE

    Masked people line up to buy steamed buns in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Thursday, Feb. 20, 2020. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022124781

  •  CHINA HANGZHOU LIFE
    2020年02月20日
    CHINA HANGZHOU LIFE

    Masked people line up to buy steamed buns in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Thursday, Feb. 20, 2020. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022124782

  •  中国でドライイーストの販売量が急増新型肺炎の影響を受け
    2020年02月20日
    中国でドライイーストの販売量が急増新型肺炎の影響を受け

    20日、山東省済南市の馮(ふう)さんが自宅で焼いたパン。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、ほとんどの中国人はこの1カ月間、外出を控えてきた。家で過ごす時間が長くなったことから、多くの人々は料理に凝り始め、通常はあまり使われない食材やドライイーストなどの販売量が急増している。中国ネット出前サービス大手の美団点評が19日「2020年春節(旧正月)在宅経済ビッグデータ」を発表した。それによると自宅で料理の腕前を磨くことが国民の楽しみになっており、普段からよく作っている総菜以外に、例えば饅頭(マントウ、中国風蒸しパン)やパン作りにもチャレンジしていることが見て取れる。ビッグデータによると、ベーカリー関連商品の検索数が前年同期の100倍、ドライイーストの販売量は約40倍、餃子の皮の販売量は7倍以上にそれぞれ増加した。(合肥=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022603042

  •  CHINA HANGZHOU LIFE
    2020年02月20日
    CHINA HANGZHOU LIFE

    Two masked women check phones beside a line for steamed buns in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Thursday, Feb. 20, 2020. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022124777

  •  CHINA HANGZHOU LIFE
    2020年02月20日
    CHINA HANGZHOU LIFE

    Masked people line up to buy steamed buns in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Thursday, Feb. 20, 2020. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022124814

  •  記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々
    2020年02月22日
    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々

    22日、山東省済南市の自宅でパン作りを楽しむ趙小羽記者。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203369

  •  記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々
    2020年02月23日
    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々

    23日、山東省済南市で自宅待機中の趙小羽記者が焼いたメロンパン。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203549

  •  記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々
    2020年02月23日
    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々

    23日、山東省済南市で自宅待機中の趙小羽記者が焼いたメロンパン。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203470

  •  中国でドライイーストの販売量が急増新型肺炎の影響を受け
    2020年02月23日
    中国でドライイーストの販売量が急増新型肺炎の影響を受け

    23日、ネットショッピングプラットフォーム「美団外売」に出店しているコンビニのネットショップで、今月すでに409袋のイーストが販売された。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、ほとんどの中国人はこの1カ月間、外出を控えてきた。家で過ごす時間が長くなったことから、多くの人々は料理に凝り始め、通常はあまり使われない食材やドライイーストなどの販売量が急増している。中国ネット出前サービス大手の美団点評が19日「2020年春節(旧正月)在宅経済ビッグデータ」を発表した。それによると自宅で料理の腕前を磨くことが国民の楽しみになっており、普段からよく作っている総菜以外に、例えば饅頭(マントウ、中国風蒸しパン)やパン作りにもチャレンジしていることが見て取れる。ビッグデータによると、ベーカリー関連商品の検索数が前年同期の100倍、ドライイーストの販売量は約40倍、餃子の皮の販売量は7倍以上にそれぞれ増加した。(合肥=新華社記者/陳尚営)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022602971

  •  中国でドライイーストの販売量が急増新型肺炎の影響を受け
    2020年02月23日
    中国でドライイーストの販売量が急増新型肺炎の影響を受け

    23日、安微省合肥市のスーパーですでに品切れ状態となったドライイーストの棚。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、ほとんどの中国人はこの1カ月間、外出を控えてきた。家で過ごす時間が長くなったことから、多くの人々は料理に凝り始め、通常はあまり使われない食材やドライイーストなどの販売量が急増している。中国ネット出前サービス大手の美団点評が19日「2020年春節(旧正月)在宅経済ビッグデータ」を発表した。それによると自宅で料理の腕前を磨くことが国民の楽しみになっており、普段からよく作っている総菜以外に、例えば饅頭(マントウ、中国風蒸しパン)やパン作りにもチャレンジしていることが見て取れる。ビッグデータによると、ベーカリー関連商品の検索数が前年同期の100倍、ドライイーストの販売量は約40倍、餃子の皮の販売量は7倍以上にそれぞれ増加した。(合肥=新華社記者/陳尚営)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022603026

  •  「新華社」記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々
    00:46.32
    2020年02月29日
    「新華社」記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々

    新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、中国ではドライイーストの販売量が急増している。出前サービス大手の美団外売がこのほど発表したリポート「2020春節在宅経済ビッグデータ」によると、自宅で料理の腕前を磨くことが国民の楽しみとなっている。ベーカリー関連商品の検索数は前年同期の100倍、ドライイーストの販売量は約40倍、餃子の皮の販売量は7倍以上に増えたという。(済南=新華社記者/趙小羽)<映像内容>自宅待機する人が料理する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203349

  •  自宅待機生活でパン作りがブームに
    2020年03月05日
    自宅待機生活でパン作りがブームに

    5日、蒸しパンを作る彭懿菲さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900783

  •  自宅待機生活でパン作りがブームに
    2020年03月05日
    自宅待機生活でパン作りがブームに

    5日、蒸しパンを作る彭懿菲さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900794

  •  自宅待機生活でパン作りがブームに
    2020年03月05日
    自宅待機生活でパン作りがブームに

    5日、彭懿菲さんが家族と作った蒸しパン。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900785

  •  自宅待機生活でパン作りがブームに
    2020年03月05日
    自宅待機生活でパン作りがブームに

    5日、手作りの蒸しパンを見せる彭懿菲さんの息子。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901007

  •  自宅待機生活でパン作りがブームに
    2020年03月05日
    自宅待機生活でパン作りがブームに

    5日、彭懿菲さんが家族で作った蒸しパン。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900766

  •  自宅待機生活でパン作りがブームに
    2020年03月05日
    自宅待機生活でパン作りがブームに

    5日、彭懿菲さんが家族と一緒に作った蒸しパン。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900786

  •  自宅待機生活でパン作りがブームに
    2020年03月05日
    自宅待機生活でパン作りがブームに

    5日、彭懿菲さんが家族と一緒に作った蒸しパン。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900788

  •  自宅待機生活でパン作りがブームに
    2020年03月05日
    自宅待機生活でパン作りがブームに

    5日、子どもと一緒に蒸しパンを作る彭懿菲さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900767

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月12日
    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省

    12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、できたての饅頭(中国風蒸しパン)を台所に運ぶ宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801580

  •  北京動物園、ジャイアントパンダたちに特製ちまきを用意
    2020年06月25日
    北京動物園、ジャイアントパンダたちに特製ちまきを用意

    25日、ナツメ餡の窩頭(トウモロコシ粉の蒸しパン)をアレンジしたちまきを堪能するジャイアントパンダ。旧暦5月5日の端午節(今年は6月25日)は中国の伝統的な節句で、ちまきを食べる習慣が現在まで続いている。北京動物園では飼育員らが、オランウータンやジャイアントパンダ、シロサイなどに、それぞれの好みに合わせた「特製ちまき」を制作して振る舞った。同園は25~27日の端午節連休期間中、新型コロナウイルス感染症対策として来園者の入場制限を行ったが、SNS(交流サイト)の微信(ウィーチャット)や微博(ウェイボー)、短編動画共有アプリ抖音(ドウイン)の公式アカウントにスペシャルコンテンツ「端午節オンライン旅行」を開設した。これにより視聴者は、飼育員らが特製ちまきを作って動物たちに与えるまでの全過程を、写真や動画で楽しめる。(北京=新華社配信/王漢琦)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002255

  •  元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市
    2020年07月08日
    元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    パンダをかたどったマントウ。(2020年7月8日撮影)中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社配信/欧陽勤芸)=配信日:2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042208160

  •  Shenyang a steamed bun shop 40 storeys steam drawer nearly 2 storeys high business is hot
    2020年09月14日
    Shenyang a steamed bun shop 40 storeys steam drawer nearly 2 storeys high business is hot

    September 13, 2020, Shenyang, Shenyang, China: LiaoningCHINA-On September 6, 2020, in Shenyang, Liaoning Province, a steamed bun shop in Shenhe District piled up 40-storey steamed buns, which were nearly two storeys high and attracted the attention of past citizens who rushed to buy them. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

    商品コード: 2020091510898

  •  黄河流域の無形文化遺産、中国農民豊収節に勢ぞろい
    2020年09月22日
    黄河流域の無形文化遺産、中国農民豊収節に勢ぞろい

    22日、山西省運城市の「花饃」(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)。中国山西省運城市万栄県の黄河農耕文明博覧園でこのほど、豊作を祝う「2020年中国農民豊収節」が開幕し、黄河流域の9の省・自治区区が農村に伝わる無形文化遺産を展示した。展示館には、山西、内モンゴル、山東、河南、四川、陝西、甘粛、青海、寧夏の各省・自治区の伝統的な芸術作品が展示され、剪紙(せんし、切り絵細工)、面塑(しんこ細工)、文房四宝(筆、硯、紙、墨)、編み物、泥人形、刺しゅうなどが、来場者の興味を引き付けた。(運城=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901094

  •  「新華社」日本生まれのパンダ「愛浜」、秦嶺でも元気陝西省
    01:22.08
    2020年11月06日
    「新華社」日本生まれのパンダ「愛浜」、秦嶺でも元気陝西省

    中国陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターで、雌のパンダ「愛浜(アイヒン)」が大きな口を開けて食事をしていた。愛浜は2006年生まれ。両親の「永明(エイメイ)」と「梅梅(メイメイ)」は、四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地から和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」へ渡り、現在も同施設で飼育されている。愛浜は2017年、四川省と陝西省のパンダ繁殖交流に伴って成都から秦嶺に移り、雄の双子「善仔(シャンザイ)」と「恒恒(ホンホン)」を産んだ。現在の体重は約120キロで、食欲など健康状態も良好。タケやタケノコを好み、果物や穀物の蒸しパンも毎日食べるが、牛乳は苦手な様子だという。(記者/孫正好)<映像内容>陝西省で飼育されている日本生まれのパンダ「愛浜」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904654

  •  (3)年越し文化体験イベントで伝統を知る山東省浜州市
    2021年02月08日
    (3)年越し文化体験イベントで伝統を知る山東省浜州市

    5日、山東省浜州市沾化区富国街道富中社区の住民が作った花饃。春節(旧正月)を間近に控え、中国山東省浜州市沾化(せんか)区富国街道の富中社区(コミュニティー)でこのほど、年越し文化体験イベントが開かれた。社区の住民は、寿桃(祝い事がある時に食べる桃の形をしたまんじゅう)や福袋、ヒョウタンなどをかたどった手作りの花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)を使って、沾化区第一実験小学校の子どもたちにその歴史や伝承、制作技法を紹介した。子どもたちは伝統文化への理解を深めながら、年越しムードあふれるひとときを楽しんだ。(浜州=新華社記者/范長国)= 配信日: 2021(令和3)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020807222

  •  (1)年越し文化体験イベントで伝統を知る山東省浜州市
    2021年02月08日
    (1)年越し文化体験イベントで伝統を知る山東省浜州市

    5日、子どもたちに花饃にまつわる伝統文化を紹介する山東省浜州市沾化区富国街道の住民、王金満(おう・きんまん)さん(右から3人目)。春節(旧正月)を間近に控え、中国山東省浜州市沾化(せんか)区富国街道の富中社区(コミュニティー)でこのほど、年越し文化体験イベントが開かれた。社区の住民は、寿桃(祝い事がある時に食べる桃の形をしたまんじゅう)や福袋、ヒョウタンなどをかたどった手作りの花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)を使って、沾化区第一実験小学校の子どもたちにその歴史や伝承、制作技法を紹介した。子どもたちは伝統文化への理解を深めながら、年越しムードあふれるひとときを楽しんだ。(浜州=新華社記者/范長国)= 配信日: 2021(令和3)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020807185

  •  (2)年越し文化体験イベントで伝統を知る山東省浜州市
    2021年02月08日
    (2)年越し文化体験イベントで伝統を知る山東省浜州市

    5日、山東省浜州市沾化区富国街道富中社区で、子どもたちにさまざまな形をした花饃を紹介する住民。春節(旧正月)を間近に控え、中国山東省浜州市沾化(せんか)区富国街道の富中社区(コミュニティー)でこのほど、年越し文化体験イベントが開かれた。社区の住民は、寿桃(祝い事がある時に食べる桃の形をしたまんじゅう)や福袋、ヒョウタンなどをかたどった手作りの花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)を使って、沾化区第一実験小学校の子どもたちにその歴史や伝承、制作技法を紹介した。子どもたちは伝統文化への理解を深めながら、年越しムードあふれるひとときを楽しんだ。(浜州=新華社記者/范長国)= 配信日: 2021(令和3)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020807203

  •  (2)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省
    2021年02月11日
    (2)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省

    5日、キッチンで、蒸し上がった花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)を見せる辺慶紅さん。中国山東省済南市長清区孝里街道の孝興家園社区(コミュニティー)に住む辺慶紅(へん・けいこう)さんは今年、黄河灘区(河川敷地)から同社区に移転してから初めての春節(旧正月)を迎えた。同省は2017年、黄河灘区の住民を対象とした移転計画を制定。住民60万人が長年待ち望んでいた安定した生活を送るという夢の実現を後押しした。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021101107

  •  (7)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省
    2021年02月11日
    (7)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省

    5日、近所の人たちと一緒に花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)を作る辺慶紅さん。中国山東省済南市長清区孝里街道の孝興家園社区(コミュニティー)に住む辺慶紅(へん・けいこう)さんは今年、黄河灘区(河川敷地)から同社区に移転してから初めての春節(旧正月)を迎えた。同省は2017年、黄河灘区の住民を対象とした移転計画を制定。住民60万人が長年待ち望んでいた安定した生活を送るという夢の実現を後押しした。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021101110

  •  (19)「牛年」にウシについて語る
    2021年02月14日
    (19)「牛年」にウシについて語る

    5日、ウシをかたどった蒸しパン「金牛花饃」を見せる山東省臨沂市郯城(たんじょう)県の「面食」(小麦粉で作った食品の総称)店の店員。中国の旧暦の辛丑(かのとうし)年は「牛年」とも呼ばれる。中国人の伝統的な概念では、ウシは苦労をいとわずに懸命に努力する精神の象徴であり、人々がより良い生活を送るためのよりどころの一つでもあった。(済南=新華社配信/張春雷)= 配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500999

  •  (22)安らぎの「家庭」を子どもたちに山西省太原市の養護施設が取り組み
    2021年03月03日
    (22)安らぎの「家庭」を子どもたちに山西省太原市の養護施設が取り組み

    太原市社会(児童)福利院で、花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)の生地作りを文卓(ぶんたく)ちゃんに見せる王さん。(2月4日撮影)中国山西省の太原市社会(児童)福利院(児童養護施設)は2014年から、社会奉仕・福祉活動に関心を持つ夫婦を募り、孤児や障害のある子どもたちと共に10の「模擬家庭」を作ってもらっている。王貴忠(おう・きちゅう)さんと邢梅英(けい・ばいえい)さんの夫婦もその1組で、子ども5人と「家庭」を築き、子どもたちが健やかに成長できるよう世話している。(太原=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030307899

  • 1
  • 2
  • 3