KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 三蔵法師
  • 令和
  • 境内
  • 歴史
  • インド
  • 寺院
  • げんじょう
  • 記者
  • 玄奘三蔵
  • 翻訳

「蔵法師」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
76
( 1 76 件を表示)
  • 1
76
( 1 76 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1955年11月24日
    三蔵法師の霊骨法要

    埼玉県岩槻市の慈恩寺で行われた三蔵法師の霊骨引き渡し法要=1955(昭和30)年11月24日 (30年内地1715)

    商品コード: 2012081400337

  • 1979年08月24日
    玄奘三蔵 シルクロード見聞録(15)完

    三蔵法師玄奘の旅姿。インドに経典を求めて旅する玄奘三蔵は、火焔山に会って苦労する(共同)

    商品コード: 2015110400252

  • 1992年10月15日
    西安の大雁塔 両陛下の訪問先を公表

    天皇、皇后両陛下が訪問される西遊記で知られる三蔵法師ゆかりの大雁塔=中国・西安市

    商品コード: 2021070809169

  • 1994年09月14日
    トルファンを訪ねて ウイグル族の学校 西域、シルクロードの街

    西遊記でおなじみの三蔵法師がその昔滞在したといわれる高昌故城。ロバタクシーが繁盛していた(共同)

    商品コード: 1994091400051

  • 1998年04月09日
    玄奘とみられる僧の絵 正倉院に最古の三蔵法師像

    奈良・正倉院に伝わる厨子(ずし)の扉に描かれた玄奘(げんじょう=三蔵法師)とみられる僧の絵(正倉院紀要より)

    商品コード: 1998040900139

  • 2000年12月31日
    リハーサルする平山氏 三蔵法師の旅、壁画で完成

    「大唐西域壁画」に最後の一筆を入れるリハーサルを行う平山郁夫氏(左)と薬師寺の松久保秀胤住職=2000年12月31日午後7時5分、奈良市西ノ京町の薬師寺(代表撮影)

    商品コード: 2000123100055

  • 2000年12月31日
    本番姿のリハーサル 三蔵法師の旅、壁画で完成

    本番と同様の服装で「大唐西域壁画」に最後の一筆を入れるリハーサルを行う平山郁夫氏(左)と薬師寺の松久保秀胤住職=2000年12月31日午後8時5分、奈良市西ノ京町の薬師寺(代表撮影)

    商品コード: 2000123100062

  • 2000年12月31日
    最後の一筆入れる平山氏 三蔵法師の旅、壁画で完成

    「西方浄土須弥山」に最後の一筆を入れる平山郁夫氏=2001年1月1日午前0時2分、奈良市西ノ京町の薬師寺(代表撮影)

    商品コード: 2000123100084

  • 2006年04月14日
    発掘された仏塔 三蔵法師の旅、立証に期待

    カブール南部のタペ・ノーレンジ遺跡で発掘された仏塔=05年6月(共同)

    商品コード: 2006041400008

  • 2006年04月14日
    遺跡の発掘現場 三蔵法師の旅、立証に期待

    カブール南部のタペ・ノーレンジ仏教遺跡の発掘現場=05年6月(共同)

    商品コード: 2006041400009

  • 2011年09月22日
    バーミヤンの少年 私はポテト・ボーイ

    小説「西遊記」の三蔵法師として知られる玄奘三蔵も訪れたアフガニスタン中央部のバーミヤン。世界遺産の大仏で有名だが、実はジャガイモの名産地でもある。山と積まれた取れたてのジャガイモを手に、男の子がにっこり。ふくよかなジャガイモと男の子の表情、何となく似てる?(撮影・安井浩美、共同)

    商品コード: 2011092200438

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年12月27日
    蛇を握る深沙大将立像 三蔵法師を助けた善神

    左手に蛇を握った深沙大将立像=福井県小浜市の明通寺

    商品コード: 2012122700322

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年12月27日
    小浜市の明通寺三重塔 三蔵法師を助けた善神

    13世紀に再建された明通寺の三重塔=福井県小浜市

    商品コード: 2012122700323

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年12月27日
    三蔵法師を助けた善神

    福井・明通寺

    商品コード: 2012122700767

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年12月27日
    三蔵法師を助けた善神

    福井・明通寺

    商品コード: 2012122700768

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年12月27日
    三蔵法師を助けた善神

    福井・明通寺

    商品コード: 2012122700769

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年12月27日
    三蔵法師を助けた善神

    福井・明通寺

    商品コード: 2012122700781

  • 2019年01月25日
    民族楽器劇「玄奘求法の旅」、米ワシントンで公演

    25日、ワシントンのケネディ・センターで行われた大型民族楽器劇「玄奘求法の旅」の一幕。米首都ワシントンのケネディ・センターで25日夜、中国の中央民族楽団による大型民族楽器劇「玄奘(げんじょう)求法の旅」の公演が行われた。同劇はさまざまな民族楽器の演奏と革新的な舞台演出で唐代の高僧玄奘(三蔵法師)の伝説的な旅を再現。観客から大きな反響を得た。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918950

  • 2019年01月25日
    民族楽器劇「玄奘求法の旅」、米ワシントンで公演

    25日、ワシントンのケネディ・センターで行われた大型民族楽器劇「玄奘求法の旅」の一幕。米首都ワシントンのケネディ・センターで25日夜、中国の中央民族楽団による大型民族楽器劇「玄奘(げんじょう)求法の旅」の公演が行われた。同劇はさまざまな民族楽器の演奏と革新的な舞台演出で唐代の高僧玄奘(三蔵法師)の伝説的な旅を再現。観客から大きな反響を得た。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918415

  • 2019年01月25日
    民族楽器劇「玄奘求法の旅」、米ワシントンで公演

    25日、ワシントンのケネディ・センターで行われた大型民族楽器劇「玄奘求法の旅」の一幕。米首都ワシントンのケネディ・センターで25日夜、中国の中央民族楽団による大型民族楽器劇「玄奘(げんじょう)求法の旅」の公演が行われた。同劇はさまざまな民族楽器の演奏と革新的な舞台演出で唐代の高僧玄奘(三蔵法師)の伝説的な旅を再現。観客から大きな反響を得た。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918420

  • 2019年01月25日
    民族楽器劇「玄奘求法の旅」、米ワシントンで公演

    25日、ワシントンのケネディ・センターで行われた大型民族楽器劇「玄奘求法の旅」の一幕。米首都ワシントンのケネディ・センターで25日夜、中国の中央民族楽団による大型民族楽器劇「玄奘(げんじょう)求法の旅」の公演が行われた。同劇はさまざまな民族楽器の演奏と革新的な舞台演出で唐代の高僧玄奘(三蔵法師)の伝説的な旅を再現。観客から大きな反響を得た。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918617

  • 2019年01月25日
    民族楽器劇「玄奘求法の旅」、米ワシントンで公演

    25日、ワシントンのケネディ・センターで行われた大型民族楽器劇「玄奘求法の旅」の一幕。米首都ワシントンのケネディ・センターで25日夜、中国の中央民族楽団による大型民族楽器劇「玄奘(げんじょう)求法の旅」の公演が行われた。同劇はさまざまな民族楽器の演奏と革新的な舞台演出で唐代の高僧玄奘(三蔵法師)の伝説的な旅を再現。観客から大きな反響を得た。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918419

  • 2019年01月25日
    民族楽器劇「玄奘求法の旅」、米ワシントンで公演

    25日、ワシントンのケネディ・センターで行われた大型民族楽器劇「玄奘求法の旅」の一幕。米首都ワシントンのケネディ・センターで25日夜、中国の中央民族楽団による大型民族楽器劇「玄奘(げんじょう)求法の旅」の公演が行われた。同劇はさまざまな民族楽器の演奏と革新的な舞台演出で唐代の高僧玄奘(三蔵法師)の伝説的な旅を再現。観客から大きな反響を得た。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918968

  • 2019年01月25日
    民族楽器劇「玄奘求法の旅」、米ワシントンで公演

    25日、ワシントンのケネディ・センターで行われた大型民族楽器劇「玄奘求法の旅」の一幕。米首都ワシントンのケネディ・センターで25日夜、中国の中央民族楽団による大型民族楽器劇「玄奘(げんじょう)求法の旅」の公演が行われた。同劇はさまざまな民族楽器の演奏と革新的な舞台演出で唐代の高僧玄奘(三蔵法師)の伝説的な旅を再現。観客から大きな反響を得た。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918943

  • 2019年09月08日
    西遊記をテーマにした特別塗装機が就航江蘇省連雲港市

    8日、西遊記の三蔵法師らと記念撮影する観光客。機体に孫悟空を描いた特別塗装機「連雲港」号が8日午前、中国北京市から江蘇省連雲港市に到着した。西遊記をテーマにした特別塗装機が就航するのは世界で初めて。同機は北京や上海、広州、深圳などの重要航空路線や、連雲港と日本の大阪などを結ぶ国際路線に就航する。(連雲港=新華社記者/張暁暉)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091105027

  • 2020年02月07日
    中国の大学生、「新型肺炎との闘い」をテーマにポスター制作

    7日、江南大学設計学院の学生が制作した「原地保護(この地を守る)」と題するポスター。中国の古典「西遊記」の主人公、孫悟空が唐僧(三蔵法師)を妖怪から守る様子が描かれており、中国の一般市民にできるだけ外出を避け、接触による感染機会を減らすよう呼びかけている。中国各地の医療スタッフが、新型コロナウイルスによる肺炎対策の第一線で奮闘している。江蘇省無錫(むしゃく)市にある江南大学設計学院の学生がこのほど、その独創性を発揮して「新型肺炎との闘い」をテーマにしたポスターを制作した。彼らは絵画や撮影、彫刻などの方法で制作したポスターで、科学的根拠に基づいた感染の予防や抑制をアピールし、新型肺炎と闘う中国にエールを送っている。(無錫=新華社配信/何磊静)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021409913

  • 2020年07月31日
    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開

    7月31日、大悲禅院の境内に立つ天王殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507713

  • 2020年07月31日
    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開

    7月31日、大悲禅院の境内に立つ地蔵殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507743

  • 2020年07月31日
    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開

    7月31日、大悲禅院の境内に立つ山門殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507767

  • 2020年07月31日
    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開

    7月31日、大悲禅院の境内に立つ祖師殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507813

  • 2020年07月31日
    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開

    7月31日、大悲禅院の境内に立つ倓虚法師紀念堂。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507711

  • 2020年07月31日
    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開

    7月31日、大悲禅院の境内に立つ鼓楼。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507789

  • 2020年07月31日
    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開

    7月31日、大悲禅院の境内に立つ釈迦宝殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507841

  • 2020年07月31日
    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開

    7月31日、大悲禅院の境内に立つ念仏堂。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507783

  • 2020年07月31日
    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開

    7月31日、大悲禅院の一角。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507812

  • 2020年07月31日
    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開

    7月31日、大悲禅院の境内に立つ鐘楼。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507720

  • 2020年07月31日
    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開

    7月31日、大悲禅院の入り口。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507741

  • 2020年07月31日
    天津市の名刹、大悲禅院が一般公開再開

    7月31日、大悲禅院の境内に立つ大雄宝殿。新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた中国天津市河北区の大悲禅院が7月31日、一般公開を再開した。大慈大悲観世音菩薩を祭ることからその名がついた。同市に現存する最も規模が大きく、最も古い歴史をもつ寺院で、明末清初に創建され、清の康熙8(1669)年に隆盛を極めた。かつて唐代の高僧、玄奘(三蔵法師)の霊骨が祭られていた寺院として国内外で広く知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507815

  • 2020年12月13日
    (1)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    陝西省西安市の南郊外にある大慈恩寺境内に立つ大雁塔(だいがんとう)。唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられた。インドの雁塔様式を模したことからその名が付いた。塔身は7層で、高さは64メートル。中国に現存する唐代の「四方楼閣式」の磚塔(せんとう、レンガ塔)の中で最も古く、最大の規模を誇る。古都西安を代表する歴史的建造物であり、2014年に「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の一部として世界遺産に登録された。(2015年6月18日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506456

  • 2021年01月14日
    (1)真面目で勇敢な猪八戒を描いた大仏寺の西遊記壁画甘粛省張掖市

    大仏寺の壁画に描かれた荷を担ぎ一行を先導する猪八戒。(資料写真)中国の伝奇小説「西遊記」に登場する猪八戒に対して人々が持つ印象は、一般的に食いしん坊で怠け者で、滑稽な様子が笑いを誘う。ところが甘粛省張掖市にある大仏寺の壁画では様子が一変、真面目で勇敢な姿で三蔵法師の道中の大きな助けとなっている。壁画は高さ4メートル余り、幅3メートル近くで、三蔵法師一行や妖怪、草木などが繊細な筆づかいで描かれている。そこには勇敢に妖怪と戦い、師のために深い谷に入り水を汲み、倒れそうな大木を懸命に支える猪八戒の姿がある。(張掖=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407268

  • 2021年01月14日
    (2)真面目で勇敢な猪八戒を描いた大仏寺の西遊記壁画甘粛省張掖市

    大仏寺の壁画に描かれた谷に入り水をくむ猪八戒。(資料写真)中国の伝奇小説「西遊記」に登場する猪八戒に対して人々が持つ印象は、一般的に食いしん坊で怠け者で、滑稽な様子が笑いを誘う。ところが甘粛省張掖市にある大仏寺の壁画では様子が一変、真面目で勇敢な姿で三蔵法師の道中の大きな助けとなっている。壁画は高さ4メートル余り、幅3メートル近くで、三蔵法師一行や妖怪、草木などが繊細な筆づかいで描かれている。そこには勇敢に妖怪と戦い、師のために深い谷に入り水を汲み、倒れそうな大木を懸命に支える猪八戒の姿がある。(張掖=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407270

  • 2021年06月07日
    (3)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺の山門殿。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705974

  • 2021年06月07日
    (11)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    境内に植えられた古い菩提樹の葉。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705976

  • 2021年06月07日
    (4)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    「大鑑禅寺」と書かれた扁額。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705947

  • 2021年06月07日
    (9)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    六祖・慧能大師が説法を行ったとされる場所に植えられている2本の古い菩提樹。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705948

  • 2021年06月07日
    (5)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺付近の様子。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705961

  • 2021年06月07日
    (12)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    陽の光に照らされて輝く古い菩提樹。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705963

  • 2021年06月07日
    (7)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大雄宝殿の後ろにある拝庭と古い菩提樹。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705808

  • 2021年06月07日
    (6)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺の大雄宝殿。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705984

  • 2021年06月07日
    (1)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    「菜根香」と書かれた扁額。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705987

  • 2021年06月07日
    (10)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    古い菩提樹と大雄宝殿。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060706023

  • 2021年06月07日
    (8)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大雄宝殿の内部に置かれている香案(こうあん、香炉をのせる机)。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705962

  • 2021年06月07日
    (2)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺付近を流れる湞江(ていこう)。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705970

  • 2021年06月07日
    (13)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺天王殿の内部の様子。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705986

  • 2021年10月14日
    (12)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    唐大慈恩寺遺跡公園の大仏と大雁塔。(1月19日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経院の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407781

  • 2021年10月14日
    (2)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大雁塔広場。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407648

  • 2021年10月14日
    (10)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大慈恩寺の観音堂。(1月19日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407789

  • 2021年10月14日
    (8)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    玄奘が植樹した沙羅双樹。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407795

  • 2021年10月14日
    (7)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    玄奘三蔵院の前庭と大雁塔。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407715

  • 2021年10月14日
    (6)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    陝西省西安市と千葉県船橋市の友好都市締結を祝して建立された桜の記念碑。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407667

  • 2021年10月14日
    (11)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    唐大慈恩寺遺跡公園の大門。(1月19日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407780

  • 2021年10月14日
    (9)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大慈恩寺の雲水堂。(1月19日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407706

  • 2021年10月14日
    (4)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    兜率天宮と大雁塔。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407664

  • 2021年10月14日
    (5)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大慈恩寺にある鑑真東渡像と空海像。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407665

  • 2021年10月14日
    (1)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大雁塔の入り口。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407649

  • 2021年10月14日
    (3)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大雁塔と大雄宝殿。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407662

  • 2021年10月14日
    (13)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    玄奘三蔵院に陳列された展示品。(1月19日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経院の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407748

  • 2022年02月01日
    (1)春節を成都で過ごす日本人翻訳家「温かい第二のふるさと」

    1月27日、パソコンで翻訳作業をする色川真一さん。日本人翻訳家の色川真一さん(48)は、中国四川省成都市に住んで11年になる。中国の春節(旧正月)の雰囲気が年を追うごとに好きになっているという。色川さんは日本から北京に留学し、清華大学で修士号を取得した後、妻のふるさとの成都に生活の拠点を移したという経歴を持つ。成都移住後は妻と共に翻訳会社を設立。中日翻訳と英日翻訳に10年以上従事してきた。「港囧(邦画:ロスト・イン香港)」や「大唐玄奘(邦題:三蔵法師・玄奘の旅路)」などの映画作品にも携わったことがある。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020115825

  • 2022年02月01日
    (3)春節を成都で過ごす日本人翻訳家「温かい第二のふるさと」

    色川真一さんが翻訳した詩集「鮫」の宣伝ポスター。(資料写真)日本人翻訳家の色川真一さん(48)は、中国四川省成都市に住んで11年になる。中国の春節(旧正月)の雰囲気が年を追うごとに好きになっているという。色川さんは日本から北京に留学し、清華大学で修士号を取得した後、妻のふるさとの成都に生活の拠点を移したという経歴を持つ。成都移住後は妻と共に翻訳会社を設立。中日翻訳と英日翻訳に10年以上従事してきた。「港囧(邦画:ロスト・イン香港)」や「大唐玄奘(邦題:三蔵法師・玄奘の旅路)」などの映画作品にも携わったことがある。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020116059

  • 2022年02月01日
    (2)春節を成都で過ごす日本人翻訳家「温かい第二のふるさと」

    1月27日、家族と一緒に食事をする色川真一さん(右から2人目)。日本人翻訳家の色川真一さん(48)は、中国四川省成都市に住んで11年になる。中国の春節(旧正月)の雰囲気が年を追うごとに好きになっているという。色川さんは日本から北京に留学し、清華大学で修士号を取得した後、妻のふるさとの成都に生活の拠点を移したという経歴を持つ。成都移住後は妻と共に翻訳会社を設立。中日翻訳と英日翻訳に10年以上従事してきた。「港囧(邦画:ロスト・イン香港)」や「大唐玄奘(邦題:三蔵法師・玄奘の旅路)」などの映画作品にも携わったことがある。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020116026

  • 2022年04月16日
    三蔵法師の企画展

    鳥取県立博物館で開かれている、三蔵法師にゆかりのある品の企画展=13日、鳥取市

    商品コード: 2022041607653

  • 2022年05月09日
    (1)中国の古銭、ウィーン美術史美術館で展示

    5日、ウィーン美術史美術館「80枚のコインで巡る世界」展の会場。オーストリアのウィーン美術史美術館でこのほど、「80枚のコインで巡る世界」展が始まり、中国の古銭が紹介された。同展は、玄奘三蔵(げんじょうさんぞう、三蔵法師)やマルコ・ポーロ、モーツァルトなどの歴史人物の旅を題材に、彼らが訪れた場所の古銭を展示。各地の歴史と文化を紹介する。会期は2023年4月23日まで。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050906331

  • 2022年05月09日
    (2)中国の古銭、ウィーン美術史美術館で展示

    5日、ウィーン美術史美術館「80枚のコインで巡る世界」展で展示された唐代の古銭。オーストリアのウィーン美術史美術館でこのほど、「80枚のコインで巡る世界」展が始まり、中国の古銭が紹介された。同展は、玄奘三蔵(げんじょうさんぞう、三蔵法師)やマルコ・ポーロ、モーツァルトなどの歴史人物の旅を題材に、彼らが訪れた場所の古銭を展示。各地の歴史と文化を紹介する。会期は2023年4月23日まで。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050906269

  • 2022年05月09日
    (3)中国の古銭、ウィーン美術史美術館で展示

    5日、ウィーン美術史美術館「80枚のコインで巡る世界」展の会場。オーストリアのウィーン美術史美術館でこのほど、「80枚のコインで巡る世界」展が始まり、中国の古銭が紹介された。同展は、玄奘三蔵(げんじょうさんぞう、三蔵法師)やマルコ・ポーロ、モーツァルトなどの歴史人物の旅を題材に、彼らが訪れた場所の古銭を展示。各地の歴史と文化を紹介する。会期は2023年4月23日まで。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050906285

  • 00:30.80
    2022年05月09日
    「新華社」中国の古銭、ウィーン美術史美術館で展示

    オーストリアのウィーン美術史美術館でこのほど、「80枚のコインで巡る世界」展が始まり、中国の古銭が紹介された。同展は、玄奘三蔵(げんじょうさんぞう、三蔵法師)やマルコ・ポーロ、モーツァルトなどの歴史人物の旅を題材に、彼らが訪れた場所の古銭を展示。各地の歴史と文化を紹介する。会期は2023年4月23日まで。(記者/郭晨) =配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050906323

  • 2022年05月09日
    (4)中国の古銭、ウィーン美術史美術館で展示

    5日、ウィーン美術史美術館「80枚のコインで巡る世界」展で展示された元代の古銭。オーストリアのウィーン美術史美術館でこのほど、「80枚のコインで巡る世界」展が始まり、中国の古銭が紹介された。同展は、玄奘三蔵(げんじょうさんぞう、三蔵法師)やマルコ・ポーロ、モーツァルトなどの歴史人物の旅を題材に、彼らが訪れた場所の古銭を展示。各地の歴史と文化を紹介する。会期は2023年4月23日まで。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050906298

  • 1