KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • じゅんいち
  • せき
  • 中国仏教協会
  • 京都市
  • 令和
  • 僧侶
  • 出席
  • 参加
  • 大覚禅師
  • 文化交流

「蘭渓道隆」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  大釣鐘
    -
    大釣鐘

    常楽寺銅鐘(重要文化財)か。常楽寺は北条泰時によって建立され、宋からの来朝僧、蘭渓道隆はここに宋の禅院の規式そのままに、同寺を設計し、わが国禅門の基礎を築いたと言う。銅鐘には宝治2年(1248)の銘があり、執権北条時頼が北条泰時追善のために造ったと伝える。=撮影年月日不明、鎌倉、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号16‐40‐0]

    商品コード: 2017080201621

  •  (7)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加
    2024年03月26日
    (7)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加

    23日、蘭渓道隆禅師来日伝法記念シンポジウムの会場。鎌倉時代の日本に渡り、禅宗を広めた中国南宋の名僧、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう、大覚禅師)を記念するシンポジウムが23日、京都市で開かれ、中国仏教協会の純一(じゅんいち)副会長、建仁寺塔頭(たっちゅう)・西来院の雲林院宗碩(そうせき)住職ら中日両国の仏教関係者が出席した。シンポジウムは中国在大阪総領事館が主催し、中国仏教協会と西来院が共催。両国の僧侶が禅文化を巡り深く交流し、蘭渓道隆が文化交流面で残した大きな功績をしのんだ。(京都=新華社記者/岳晨星)= 配信日: 2024(令和6)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032608693

  •  (4)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加
    2024年03月26日
    (4)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加

    23日、蘭渓道隆禅師来日伝法記念シンポジウムで合掌する中国仏教協会の純一副会長。鎌倉時代の日本に渡り、禅宗を広めた中国南宋の名僧、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう、大覚禅師)を記念するシンポジウムが23日、京都市で開かれ、中国仏教協会の純一(じゅんいち)副会長、建仁寺塔頭(たっちゅう)・西来院の雲林院宗碩(そうせき)住職ら中日両国の仏教関係者が出席した。シンポジウムは中国在大阪総領事館が主催し、中国仏教協会と西来院が共催。両国の僧侶が禅文化を巡り深く交流し、蘭渓道隆が文化交流面で残した大きな功績をしのんだ。(京都=新華社記者/岳晨星)= 配信日: 2024(令和6)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032608687

  •  (6)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加
    2024年03月26日
    (6)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加

    23日、蘭渓道隆禅師来日伝法記念シンポジウムで交流する薛剣(せつけん)駐大阪中国総領事(奥)と西来院の雲林院宗碩住職。鎌倉時代の日本に渡り、禅宗を広めた中国南宋の名僧、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう、大覚禅師)を記念するシンポジウムが23日、京都市で開かれ、中国仏教協会の純一(じゅんいち)副会長、建仁寺塔頭(たっちゅう)・西来院の雲林院宗碩(そうせき)住職ら中日両国の仏教関係者が出席した。シンポジウムは中国在大阪総領事館が主催し、中国仏教協会と西来院が共催。両国の僧侶が禅文化を巡り深く交流し、蘭渓道隆が文化交流面で残した大きな功績をしのんだ。(京都=新華社記者/岳晨星)= 配信日: 2024(令和6)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032608692

  •  (3)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加
    2024年03月26日
    (3)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加

    23日、蘭渓道隆禅師来日伝法記念シンポジウムであいさつする薛剣(せつけん)・駐大阪中国総領事。鎌倉時代の日本に渡り、禅宗を広めた中国南宋の名僧、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう、大覚禅師)を記念するシンポジウムが23日、京都市で開かれ、中国仏教協会の純一(じゅんいち)副会長、建仁寺塔頭(たっちゅう)・西来院の雲林院宗碩(そうせき)住職ら中日両国の仏教関係者が出席した。シンポジウムは中国在大阪総領事館が主催し、中国仏教協会と西来院が共催。両国の僧侶が禅文化を巡り深く交流し、蘭渓道隆が文化交流面で残した大きな功績をしのんだ。(京都=新華社記者/岳晨星)= 配信日: 2024(令和6)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032608690

  •  (2)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加
    2024年03月26日
    (2)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加

    23日、蘭渓道隆禅師来日伝法記念シンポジウムで基調講演する建仁寺塔頭・西来院の雲林院宗碩住職。鎌倉時代の日本に渡り、禅宗を広めた中国南宋の名僧、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう、大覚禅師)を記念するシンポジウムが23日、京都市で開かれ、中国仏教協会の純一(じゅんいち)副会長、建仁寺塔頭(たっちゅう)・西来院の雲林院宗碩(そうせき)住職ら中日両国の仏教関係者が出席した。シンポジウムは中国在大阪総領事館が主催し、中国仏教協会と西来院が共催。両国の僧侶が禅文化を巡り深く交流し、蘭渓道隆が文化交流面で残した大きな功績をしのんだ。(京都=新華社記者/岳晨星)= 配信日: 2024(令和6)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032608695

  •  (1)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加
    2024年03月26日
    (1)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加

    23日、蘭渓道隆禅師来日伝法記念シンポジウムで基調講演する中国仏教協会の純一副会長。鎌倉時代の日本に渡り、禅宗を広めた中国南宋の名僧、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう、大覚禅師)を記念するシンポジウムが23日、京都市で開かれ、中国仏教協会の純一(じゅんいち)副会長、建仁寺塔頭(たっちゅう)・西来院の雲林院宗碩(そうせき)住職ら中日両国の仏教関係者が出席した。シンポジウムは中国在大阪総領事館が主催し、中国仏教協会と西来院が共催。両国の僧侶が禅文化を巡り深く交流し、蘭渓道隆が文化交流面で残した大きな功績をしのんだ。(京都=新華社記者/岳晨星)= 配信日: 2024(令和6)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032608688

  •  (8)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加
    2024年03月26日
    (8)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加

    23日、中国仏教協会代表団に蘭渓道隆画像の複写を贈呈する西来院の雲林院宗碩住職(右)。鎌倉時代の日本に渡り、禅宗を広めた中国南宋の名僧、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう、大覚禅師)を記念するシンポジウムが23日、京都市で開かれ、中国仏教協会の純一(じゅんいち)副会長、建仁寺塔頭(たっちゅう)・西来院の雲林院宗碩(そうせき)住職ら中日両国の仏教関係者が出席した。シンポジウムは中国在大阪総領事館が主催し、中国仏教協会と西来院が共催。両国の僧侶が禅文化を巡り深く交流し、蘭渓道隆が文化交流面で残した大きな功績をしのんだ。(京都=新華社記者/岳晨星)= 配信日: 2024(令和6)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032608689

  •  (9)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加
    2024年03月26日
    (9)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加

    23日、中国仏教協会代表団に蘭渓道隆画像の複写を贈呈する西来院の雲林院宗碩住職(右から2人目)と経師の大入百太郎氏(右端)。鎌倉時代の日本に渡り、禅宗を広めた中国南宋の名僧、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう、大覚禅師)を記念するシンポジウムが23日、京都市で開かれ、中国仏教協会の純一(じゅんいち)副会長、建仁寺塔頭(たっちゅう)・西来院の雲林院宗碩(そうせき)住職ら中日両国の仏教関係者が出席した。シンポジウムは中国在大阪総領事館が主催し、中国仏教協会と西来院が共催。両国の僧侶が禅文化を巡り深く交流し、蘭渓道隆が文化交流面で残した大きな功績をしのんだ。(京都=新華社記者/岳晨星)= 配信日: 2024(令和6)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032608691

  •  (5)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加
    2024年03月26日
    (5)京都で蘭渓道隆禅師の記念シンポ中日仏教関係者が参加

    23日、蘭渓道隆禅師来日伝法記念シンポジウムで合掌する臨済宗妙心寺霊雲院の則竹秀南住職。鎌倉時代の日本に渡り、禅宗を広めた中国南宋の名僧、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう、大覚禅師)を記念するシンポジウムが23日、京都市で開かれ、中国仏教協会の純一(じゅんいち)副会長、建仁寺塔頭(たっちゅう)・西来院の雲林院宗碩(そうせき)住職ら中日両国の仏教関係者が出席した。シンポジウムは中国在大阪総領事館が主催し、中国仏教協会と西来院が共催。両国の僧侶が禅文化を巡り深く交流し、蘭渓道隆が文化交流面で残した大きな功績をしのんだ。(京都=新華社記者/岳晨星)= 配信日: 2024(令和6)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032608694

  • 1