KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • ムー
  • 栽培
  • 農業
  • 保護
  • 管理
  • 科学
  • 農家
  • 樹木

「虫害」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
137
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
137
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Miniature depicting the hell, 1463. The punishment of the condemned. Conde Museum. Chateau of Chantilly. France.

    Miniature depicting the hell, 1463. The punishment of the condemned. Conde Museum. Chateau of Chantilly. France.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020042305197

  • 1914年07月28日
    Safeguarding the Kentish fruit crop.

    Safeguarding the Kentish fruit crop. Women of the Land Army engaged in spraying fruit trees in the Maidstone district to free them from insect pests.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080503848

  • 1963年07月10日
    水稲病や虫害駆除 農薬散布に活躍するヘリコプター

    水稲病や虫害駆除のためのヘリコプターによる農薬散布が年々増えている=1963(昭和38)年7月10日

    商品コード: 1963071050001

  • 1980年09月06日
    深刻化する東北の冷害

    冷害と病虫害で肌がかさぶたのようになった白桃。玉も小さいまま=出稿1980(昭和55)年9月6日、福島市湯野高見館桃栽培団地(写真グラフ「不安募らす東北の農民」5枚組の⑤)(55年内地8073)

    商品コード: 2019031301473

  • 2008年05月25日
    CANADA-DAILY

    Common green bottle fly (Lucilia sericata) on a leaf in Ontario, Canada. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082708438

  • 2010年07月30日
    CANADA-WILDLIFE

    Sign warning Ontario residents that this is a regulated area in which the Asian Long-Horned Beetle has been causing damage and destruction to trees in Toronto, Ontario, Canada, on July 30, 2010. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122907971

  • 2010年07月30日
    CANADA-DAILY

    Sign warning Ontario residents that this is a regulated area in which the Asian Long-Horned Beetle has been causing damage and destruction to trees in Toronto, Ontario, Canada, on July 30, 2010. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020103989

  • 2010年07月30日
    CANADA-WILDLIFE

    Sign warning Ontario residents that this is a regulated area in which the Asian Long-Horned Beetle has been causing damage and destruction to trees in Toronto, Ontario, Canada, on July 30, 2010. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122907089

  • 2010年08月28日
    10年の地道な取り組み、5千本古木の健康を守る河北省秦皇島市

    枝枯病にかかった秦皇島市北戴河区聯峰山の松。(2010年8月28日撮影)中国河北省秦皇島市北戴河区は国内外に名高い避暑地で、区内の古木・名木は5千本以上を数える。これらの樹木を病虫害から守るために、同区は1本ごとに専用の「カルテ」を作成し、追跡観察・治療を行っている。10年にわたる取り組みにより、区内1万4800ムー(約986ヘクタール)のアブラマツ林は一面の緑が広がっており、古木・名木はいずれも健康を保っている。(石家荘=新華社配信)=2010(平成22)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602246

  • 2010年08月28日
    10年の地道な取り組み、5千本古木の健康を守る河北省秦皇島市

    枝枯病にかかった望海亭の下方のアブラマツ。枝や幹が枯れ、松葉は黄ばんでいた。(2010年8月28日撮影)中国河北省秦皇島市北戴河区は国内外に名高い避暑地で、区内の古木・名木は5千本以上を数える。これらの樹木を病虫害から守るために、同区は1本ごとに専用の「カルテ」を作成し、追跡観察・治療を行っている。10年にわたる取り組みにより、区内1万4800ムー(約986ヘクタール)のアブラマツ林は一面の緑が広がっており、古木・名木はいずれも健康を保っている。(石家荘=新華社配信)=2010(平成22)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602228

  • 2011年05月21日
    CANADA-DAILY

    The Niagara Apothecary is an authentic museum restoration of an 1869 pharmacy as a part of a practice that operated in Niagara-on-the-Lake, Ontario, Canada from 1820-1964. Pictured here are the glazed blue and white jars and the hand blown glass jars that hold the ingredients to make the remedies and mortar and pestles to crush the ingredients. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111901668

  • 2014年05月16日
    10年の地道な取り組み、5千本古木の健康を守る河北省秦皇島市

    秦皇島市北戴河区で防除作業をする職員。(2014年5月16日撮影)中国河北省秦皇島市北戴河区は国内外に名高い避暑地で、区内の古木・名木は5千本以上を数える。これらの樹木を病虫害から守るために、同区は1本ごとに専用の「カルテ」を作成し、追跡観察・治療を行っている。10年にわたる取り組みにより、区内1万4800ムー(約986ヘクタール)のアブラマツ林は一面の緑が広がっており、古木・名木はいずれも健康を保っている。(石家荘=新華社配信)=2014(平成26)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602217

  • 2014年05月31日
    10年の地道な取り組み、5千本古木の健康を守る河北省秦皇島市

    秦皇島市北戴河区で薬剤を散布するヘリコプター。(2014年5月撮影)中国河北省秦皇島市北戴河区は国内外に名高い避暑地で、区内の古木・名木は5千本以上を数える。これらの樹木を病虫害から守るために、同区は1本ごとに専用の「カルテ」を作成し、追跡観察・治療を行っている。10年にわたる取り組みにより、区内1万4800ムー(約986ヘクタール)のアブラマツ林は一面の緑が広がっており、古木・名木はいずれも健康を保っている。(石家荘=新華社配信)=2014(平成26)年5月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602072

  • 2017年03月09日
    両足を失った退役軍人、荒れ山の緑化に励む河北省

    9日、植えた木の成長方向や、病虫害の可能性があるかどうかを確認する馬さん。太行山脈の奥深く、中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県馬峪(ばよく)村に住む退役軍人の馬三小(ば・さんしょう、71歳)さんは、荒れ山の緑化を自分の事業としており、両足を失った後ははって植樹を続け、社会各界の助けも得て18年間で1万7千本以上の木を植えてきた。(石家荘=新華社記者/趙鴻宇)=2017(平成29)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400987

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月18日
    竜門山に贈るバラ中国四川省

    18日、バラ畑で写真を撮る成都から来た大学生。中国四川省の川西平原の西端、竜門山のふもとにある「中国バラの谷」では、穀雨(二十四節気の1つ)の頃、満開のバラが一面に広がる。中国四川省綿竹市は10年前の汶川大地震(四川大地震)で壊滅的な被害を受けた。北京の銀谷控股集団が2009年から同市の復興活動を支援している。同社はブルガリアからダマスクローズの3号品種を取り寄せ、同市の土門鎮麓棠村で栽培試験を行った。ダマスクローズ栽培は現在、土壌改良や育苗、病虫害の予防などで大きな進展が得られ、独自の栽培法を確立した。同社はこれまで、累計約6億2千万元を投資し、土門や広済、遵道などの郷鎮の土地2万4800ムー(約1650ヘクタール)でバラ栽培を普及させ、1万2千ムー(約800ヘクタール)で栽培に成功している。この栽培基地は2015年、中国花卉協会から「中国バラの谷」の称号を贈られた。国家林業局は今年1月「四川綿竹国家バラ公園」の建設を正式に承認した。(成都=新華社記者/張帆)=2018(平成30)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042701134

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月18日
    竜門山に贈るバラ中国四川省

    18日、加工工場で摘み取った「ダマスクローズ」を処理する作業員。中国四川省の川西平原の西端、竜門山のふもとにある「中国バラの谷」では、穀雨(二十四節気の1つ)の頃、満開のバラが一面に広がる。中国四川省綿竹市は10年前の汶川大地震(四川大地震)で壊滅的な被害を受けた。北京の銀谷控股集団が2009年から同市の復興活動を支援している。同社はブルガリアからダマスクローズの3号品種を取り寄せ、同市の土門鎮麓棠村で栽培試験を行った。ダマスクローズ栽培は現在、土壌改良や育苗、病虫害の予防などで大きな進展が得られ、独自の栽培法を確立した。同社はこれまで、累計約6億2千万元を投資し、土門や広済、遵道などの郷鎮の土地2万4800ムー(約1650ヘクタール)でバラ栽培を普及させ、1万2千ムー(約800ヘクタール)で栽培に成功している。この栽培基地は2015年、中国花卉協会から「中国バラの谷」の称号を贈られた。国家林業局は今年1月「四川綿竹国家バラ公園」の建設を正式に承認した。(成都=新華社記者/張帆)=2018(平成30)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042701104

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月18日
    竜門山に贈るバラ中国四川省

    18日、「中国バラの谷」の栽培温室で作業する作業員。中国四川省の川西平原の西端、竜門山のふもとにある「中国バラの谷」では、穀雨(二十四節気の1つ)の頃、満開のバラが一面に広がる。中国四川省綿竹市は10年前の汶川大地震(四川大地震)で壊滅的な被害を受けた。北京の銀谷控股集団が2009年から同市の復興活動を支援している。同社はブルガリアからダマスクローズの3号品種を取り寄せ、同市の土門鎮麓棠村で栽培試験を行った。ダマスクローズ栽培は現在、土壌改良や育苗、病虫害の予防などで大きな進展が得られ、独自の栽培法を確立した。同社はこれまで、累計約6億2千万元を投資し、土門や広済、遵道などの郷鎮の土地2万4800ムー(約1650ヘクタール)でバラ栽培を普及させ、1万2千ムー(約800ヘクタール)で栽培に成功している。この栽培基地は2015年、中国花卉協会から「中国バラの谷」の称号を贈られた。国家林業局は今年1月「四川綿竹国家バラ公園」の建設を正式に承認した。(成都=新華社記者/張帆)=2018(平成30)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042701109

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月18日
    竜門山に贈るバラ中国四川省

    18日、「中国バラの谷」のコウシンバラ園で写真を撮る成都から来た大学生。中国四川省の川西平原の西端、竜門山のふもとにある「中国バラの谷」では、穀雨(二十四節気の1つ)の頃、満開のバラが一面に広がる。中国四川省綿竹市は10年前の汶川大地震(四川大地震)で壊滅的な被害を受けた。北京の銀谷控股集団が2009年から同市の復興活動を支援している。同社はブルガリアからダマスクローズの3号品種を取り寄せ、同市の土門鎮麓棠村で栽培試験を行った。ダマスクローズ栽培は現在、土壌改良や育苗、病虫害の予防などで大きな進展が得られ、独自の栽培法を確立した。同社はこれまで、累計約6億2千万元を投資し、土門や広済、遵道などの郷鎮の土地2万4800ムー(約1650ヘクタール)でバラ栽培を普及させ、1万2千ムー(約800ヘクタール)で栽培に成功している。この栽培基地は2015年、中国花卉協会から「中国バラの谷」の称号を贈られた。国家林業局は今年1月「四川綿竹国家バラ公園」の建設を正式に承認した。(成都=新華社記者/張帆)=2018(平成30)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042701107

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月18日
    竜門山に贈るバラ中国四川省

    18日、摘み取った「ダマスクローズ」を袋に入れる綿竹市土門鎮天宝村の村民、宋華江さん(右)。中国四川省の川西平原の西端、竜門山のふもとにある「中国バラの谷」では、穀雨(二十四節気の1つ)の頃、満開のバラが一面に広がる。中国四川省綿竹市は10年前の汶川大地震(四川大地震)で壊滅的な被害を受けた。北京の銀谷控股集団が2009年から同市の復興活動を支援している。同社はブルガリアからダマスクローズの3号品種を取り寄せ、同市の土門鎮麓棠村で栽培試験を行った。ダマスクローズ栽培は現在、土壌改良や育苗、病虫害の予防などで大きな進展が得られ、独自の栽培法を確立した。同社はこれまで、累計約6億2千万元を投資し、土門や広済、遵道などの郷鎮の土地2万4800ムー(約1650ヘクタール)でバラ栽培を普及させ、1万2千ムー(約800ヘクタール)で栽培に成功している。この栽培基地は2015年、中国花卉協会から「中国バラの谷」の称号を贈られた。国家林業局は今年1月「四川綿竹国家バラ公園」の建設を正式に承認した。(成都=新華社記者/張帆)=2018(平成30)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042701103

  • 2018年04月29日
    Eriophyes vitis (Colomerus vitis) on infected leaves of a vine

    Eriophyes vitis (Colomerus vitis) on infected leaves of a vine, Baden-Württemberg, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Lilly/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081302059

  • 2018年07月24日
    10年の地道な取り組み、5千本古木の健康を守る河北省秦皇島市

    処置を受けて新梢が出た木。(2018年7月24日撮影)中国河北省秦皇島市北戴河区は国内外に名高い避暑地で、区内の古木・名木は5千本以上を数える。これらの樹木を病虫害から守るために、同区は1本ごとに専用の「カルテ」を作成し、追跡観察・治療を行っている。10年にわたる取り組みにより、区内1万4800ムー(約986ヘクタール)のアブラマツ林は一面の緑が広がっており、古木・名木はいずれも健康を保っている。(石家荘=新華社配信)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602161

  • 2018年11月02日
    黄山のシンボル·迎客松を守る安徽省

    迎客松の幹の生育状況を観察する黄山迎客松の第19代「守松人」胡暁春さん。迎客松(げいきゃくまつ)は中国安徽省にある黄山のシンボルで、樹齢は少なくとも800年。国宝級のこの松の名木を守るため、黄山の人々は1980年代から専門の保護者である「守松人」というポストを設けてきた。2010年、胡暁春(こ・ぎょうしゅん)さんは師匠の徐東明(じょ・とうめい)さんからこの任務を受け継ぎ、迎客松の19代目の「守松人」になった。近年、黄山景勝地は古木・名木の保護を強化しており、毎年定期的に生育状況を検査し、成長の勢いが弱っている樹木があれば、すぐに専門家に現場での診断を依頼している。2011年以降、黄山景勝地は植物の生理、病虫害、土壌学、樹木力学など複数分野の専門家を呼んで調査活動を19回行ってきた。参加した専門家は延べ55人に上る。(黄山=新華社記者/陳尚営)=2018(平成30)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110919111

  • 2018年11月02日
    黄山のシンボル·迎客松を守る安徽省

    迎客松を支える鉄の支柱に問題がないか、岩に上って観察する黄山迎客松の第19代「守松人」胡暁春さん。迎客松(げいきゃくまつ)は中国安徽省にある黄山のシンボルで、樹齢は少なくとも800年。国宝級のこの松の名木を守るため、黄山の人々は1980年代から専門の保護者である「守松人」というポストを設けてきた。2010年、胡暁春(こ・ぎょうしゅん)さんは師匠の徐東明(じょ・とうめい)さんからこの任務を受け継ぎ、迎客松の19代目の「守松人」になった。近年、黄山景勝地は古木・名木の保護を強化しており、毎年定期的に生育状況を検査し、成長の勢いが弱っている樹木があれば、すぐに専門家に現場での診断を依頼している。2011年以降、黄山景勝地は植物の生理、病虫害、土壌学、樹木力学など複数分野の専門家を呼んで調査活動を19回行ってきた。参加した専門家は延べ55人に上る。(黄山=新華社記者/劉方強)=2018(平成30)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110919168

  • 2018年11月02日
    黄山のシンボル·迎客松を守る安徽省

    黄山迎客松の全貌。迎客松(げいきゃくまつ)は中国安徽省にある黄山のシンボルで、樹齢は少なくとも800年。国宝級のこの松の名木を守るため、黄山の人々は1980年代から専門の保護者である「守松人」というポストを設けてきた。2010年、胡暁春(こ・ぎょうしゅん)さんは師匠の徐東明(じょ・とうめい)さんからこの任務を受け継ぎ、迎客松の19代目の「守松人」になった。近年、黄山景勝地は古木・名木の保護を強化しており、毎年定期的に生育状況を検査し、成長の勢いが弱っている樹木があれば、すぐに専門家に現場での診断を依頼している。2011年以降、黄山景勝地は植物の生理、病虫害、土壌学、樹木力学など複数分野の専門家を呼んで調査活動を19回行ってきた。参加した専門家は延べ55人に上る。(黄山=新華社記者/陳尚営)=2018(平成30)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110919069

  • 2018年11月02日
    黄山のシンボル·迎客松を守る安徽省

    ルーペを使って迎客松の樹皮を観察する黄山迎客松の第19代「守松人」胡暁春さん。迎客松(げいきゃくまつ)は中国安徽省にある黄山のシンボルで、樹齢は少なくとも800年。国宝級のこの松の名木を守るため、黄山の人々は1980年代から専門の保護者である「守松人」というポストを設けてきた。2010年、胡暁春(こ・ぎょうしゅん)さんは師匠の徐東明(じょ・とうめい)さんからこの任務を受け継ぎ、迎客松の19代目の「守松人」になった。近年、黄山景勝地は古木・名木の保護を強化しており、毎年定期的に生育状況を検査し、成長の勢いが弱っている樹木があれば、すぐに専門家に現場での診断を依頼している。2011年以降、黄山景勝地は植物の生理、病虫害、土壌学、樹木力学など複数分野の専門家を呼んで調査活動を19回行ってきた。参加した専門家は延べ55人に上る。(黄山=新華社記者/劉方強)=2018(平成30)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110919098

  • 2018年11月02日
    黄山のシンボル·迎客松を守る安徽省

    ルーペを使って迎客松の樹皮を観察する黄山迎客松の第19代「守松人」胡暁春さん。迎客松(げいきゃくまつ)は中国安徽省にある黄山のシンボルで、樹齢は少なくとも800年。国宝級のこの松の名木を守るため、黄山の人々は1980年代から専門の保護者である「守松人」というポストを設けてきた。2010年、胡暁春(こ・ぎょうしゅん)さんは師匠の徐東明(じょ・とうめい)さんからこの任務を受け継ぎ、迎客松の19代目の「守松人」になった。近年、黄山景勝地は古木・名木の保護を強化しており、毎年定期的に生育状況を検査し、成長の勢いが弱っている樹木があれば、すぐに専門家に現場での診断を依頼している。2011年以降、黄山景勝地は植物の生理、病虫害、土壌学、樹木力学など複数分野の専門家を呼んで調査活動を19回行ってきた。参加した専門家は延べ55人に上る。(黄山=新華社記者/劉方強)=2018(平成30)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110918918

  • 00:57.98
    2019年04月08日
    「新華社」中国科学者、植物の免疫メカニズムを解明

    人体の免疫機能は知られているが、植物は外部からの病原菌の侵入をどうやって撃退しているのだろうか。中国の科学者はこのほど、植物の病害虫を防ぐ「見張り役」である「抗病小体」の存在とそのメカニズムを初めて解明した。この発見は植物の病害抵抗性を高め、農作物を病虫害から守るための理論的な柱となる。研究成果は5日、米学術誌「サイエンス」のオンライン版に掲載された。研究論文の共同責任著者で中国科学院遺伝・発育生物学研究所の周倹民(しゅう・けんみん)研究員は、25年前に科学者が植物細胞内で免疫機能を発揮する「抗病タンパク質」の存在に既に気付いていたが、それが病原菌の侵入をどうやって防いでいるのかを長年解明できずにいたと説明。今回の研究はその防御メカニズムを解き明かしたものだと述べた。研究によると、「抗病タンパク質」は一連の中間プロセスを経て「抗病小体」を生成することができる。外部から病原菌が侵入すると、「抗病小体」は細胞質膜に向かって直接指令を発し、植物細胞と病虫害を「一蓮托生」で死滅させる。周氏は「抗病小体」が植物細胞の死と免疫の実行役である可能性が高いと指摘している。農作物の病虫害は農業生産にとって重大な脅威だ。中国の耕地面積は地球全体のわずか8%だが、農薬使用量は全世界の3分の1を占めている。研究論文のもう一人の責任著者である清華大学生命科学学院の柴継傑(さい・けいけつ)教授は、長期にわたる農薬の大量使用が環境汚染を招き、残留農薬が食卓の安全を脅かしていると指摘。農薬使用の抑制や不使用によって安定した収量が上げられるかどうかは、農作物自体の病害抵抗性にかかっていると述べ、それを高めるには、まず植物免疫システムのメカニズムを知る必要があり、そこにこの研究の価値があるとの考えを示した。(記者/劉宇軒、董瑞豊)<映像内容>中国の科学者が植物の病害虫を防ぐ免疫メカニズムを説明する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801418

  • 2019年07月16日
    野菜栽培が導く豊かさへの道甘粛省定西市

    16日、定西市安定区高峰郷で広く栽培されているキャベツ。中国甘粛省定西市安定区高峰郷はここ数年、高地の冷涼な気候や適切な湿度と日照、病虫害の少なさなどの自然条件の優位性を利用し、キャベツなど野菜栽培産業の発展に力を入れてきた。野菜産業は地元農民の貧困脱却を促す「加速器」となり、効果的に人々の収入増につながる道を開いた。高峰郷の野菜栽培面積は現在、1万ムー(1ムー=約667平方メートル)以上に達している。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202421

  • 2019年07月16日
    野菜栽培が導く豊かさへの道甘粛省定西市

    16日、定西市安定区高峰郷で栽培されているキャベツ。中国甘粛省定西市安定区高峰郷はここ数年、高地の冷涼な気候や適切な湿度と日照、病虫害の少なさなどの自然条件の優位性を利用し、キャベツなど野菜栽培産業の発展に力を入れてきた。野菜産業は地元農民の貧困脱却を促す「加速器」となり、効果的に人々の収入増につながる道を開いた。高峰郷の野菜栽培面積は現在、1万ムー(1ムー=約667平方メートル)以上に達している。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202414

  • 2019年07月16日
    野菜栽培が導く豊かさへの道甘粛省定西市

    16日、定西市安定区高峰郷で広く栽培されているキャベツ。中国甘粛省定西市安定区高峰郷はここ数年、高地の冷涼な気候や適切な湿度と日照、病虫害の少なさなどの自然条件の優位性を利用し、キャベツなど野菜栽培産業の発展に力を入れてきた。野菜産業は地元農民の貧困脱却を促す「加速器」となり、効果的に人々の収入増につながる道を開いた。高峰郷の野菜栽培面積は現在、1万ムー(1ムー=約667平方メートル)以上に達している。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202248

  • 2019年07月16日
    野菜栽培が導く豊かさへの道甘粛省定西市

    16日、キャベツ畑の除草を行う定西市安定区高峰郷牌坊村の住民。中国甘粛省定西市安定区高峰郷はここ数年、高地の冷涼な気候や適切な湿度と日照、病虫害の少なさなどの自然条件の優位性を利用し、キャベツなど野菜栽培産業の発展に力を入れてきた。野菜産業は地元農民の貧困脱却を促す「加速器」となり、効果的に人々の収入増につながる道を開いた。高峰郷の野菜栽培面積は現在、1万ムー(1ムー=約667平方メートル)以上に達している。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202409

  • 2019年07月16日
    野菜栽培が導く豊かさへの道甘粛省定西市

    16日、村民が購入した耕運機などの農業機械。中国甘粛省定西市安定区高峰郷はここ数年、高地の冷涼な気候や適切な湿度と日照、病虫害の少なさなどの自然条件の優位性を利用し、キャベツなど野菜栽培産業の発展に力を入れてきた。野菜産業は地元農民の貧困脱却を促す「加速器」となり、効果的に人々の収入増につながる道を開いた。高峰郷の野菜栽培面積は現在、1万ムー(1ムー=約667平方メートル)以上に達している。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202415

  • 2019年08月08日
    Bark beetle (Scolytinae) under the bark on a tree trunk

    Bark beetle (Scolytinae) under the bark on a tree trunk, tree pest, Austria, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Siegra Asmoel/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030206413

  • 2019年08月25日
    食糧備蓄の管理中国儲備糧集団襄陽直属庫を訪ねて

    25日、穀物倉庫の中で穀物の状態を検査する職員。中国儲備糧(中儲糧、ちょびりょう)集団襄陽(じょうよう)直属庫有限公司は、中儲糧集団(シノグレイン)湖北分公司が湖北省北西部に設置したセンター倉庫で、中央備蓄食糧と政策性食糧備蓄量は、湖北分公司が管理する倉庫の中でも上位にある。襄陽直属庫は近年、電子測温、循環薫蒸、機械的換気、穀物冷却を主とする「四位一体」の科学的食糧備蓄技術を応用し、備蓄食糧の虫害や腐敗の問題を効果的に解決し、品質と安全を確保している。(襄陽=新華社記者/杜華挙)=2019(令和元)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901938

  • 2019年08月25日
    食糧備蓄の管理中国儲備糧集団襄陽直属庫を訪ねて

    25日、油脂製品貯蔵区を巡回検査する中国儲備糧集団襄陽直属庫の職員。中国儲備糧(中儲糧、ちょびりょう)集団襄陽(じょうよう)直属庫有限公司は、中儲糧集団(シノグレイン)湖北分公司が湖北省北西部に設置したセンター倉庫で、中央備蓄食糧と政策性食糧備蓄量は、湖北分公司が管理する倉庫の中でも上位にある。襄陽直属庫は近年、電子測温、循環薫蒸、機械的換気、穀物冷却を主とする「四位一体」の科学的食糧備蓄技術を応用し、備蓄食糧の虫害や腐敗の問題を効果的に解決し、品質と安全を確保している。(襄陽=新華社記者/杜華挙)=2019(令和元)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901939

  • 2019年08月25日
    食糧備蓄の管理中国儲備糧集団襄陽直属庫を訪ねて

    25日、穀物倉庫の中を巡回検査する中国儲備糧集団襄陽直属庫の職員。中国儲備糧(中儲糧、ちょびりょう)集団襄陽(じょうよう)直属庫有限公司は、中儲糧集団(シノグレイン)湖北分公司が湖北省北西部に設置したセンター倉庫で、中央備蓄食糧と政策性食糧備蓄量は、湖北分公司が管理する倉庫の中でも上位にある。襄陽直属庫は近年、電子測温、循環薫蒸、機械的換気、穀物冷却を主とする「四位一体」の科学的食糧備蓄技術を応用し、備蓄食糧の虫害や腐敗の問題を効果的に解決し、品質と安全を確保している。(襄陽=新華社記者/杜華挙)=2019(令和元)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901987

  • 2019年08月25日
    食糧備蓄の管理中国儲備糧集団襄陽直属庫を訪ねて

    25日、穀物倉庫の中で穀物の状態を検査する職員。中国儲備糧(中儲糧、ちょびりょう)集団襄陽(じょうよう)直属庫有限公司は、中儲糧集団(シノグレイン)湖北分公司が湖北省北西部に設置したセンター倉庫で、中央備蓄食糧と政策性食糧備蓄量は、湖北分公司が管理する倉庫の中でも上位にある。襄陽直属庫は近年、電子測温、循環薫蒸、機械的換気、穀物冷却を主とする「四位一体」の科学的食糧備蓄技術を応用し、備蓄食糧の虫害や腐敗の問題を効果的に解決し、品質と安全を確保している。(襄陽=新華社記者/杜華挙)=2019(令和元)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901983

  • 2019年08月26日
    食糧備蓄の管理中国儲備糧集団襄陽直属庫を訪ねて

    26日、倉庫の外壁を検査する中国儲備糧集団襄陽直属庫の職員。中国儲備糧(中儲糧、ちょびりょう)集団襄陽(じょうよう)直属庫有限公司は、中儲糧集団(シノグレイン)湖北分公司が湖北省北西部に設置したセンター倉庫で、中央備蓄食糧と政策性食糧備蓄量は、湖北分公司が管理する倉庫の中でも上位にある。襄陽直属庫は近年、電子測温、循環薫蒸、機械的換気、穀物冷却を主とする「四位一体」の科学的食糧備蓄技術を応用し、備蓄食糧の虫害や腐敗の問題を効果的に解決し、品質と安全を確保している。(襄陽=新華社記者/杜華挙)=2019(令和元)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901962

  • 2019年08月26日
    食糧備蓄の管理中国儲備糧集団襄陽直属庫を訪ねて

    26日、倉庫の屋根の状況を検査する中国儲備糧集団襄陽直属庫の職員。(小型無人機から)中国儲備糧(中儲糧、ちょびりょう)集団襄陽(じょうよう)直属庫有限公司は、中儲糧集団(シノグレイン)湖北分公司が湖北省北西部に設置したセンター倉庫で、中央備蓄食糧と政策性食糧備蓄量は、湖北分公司が管理する倉庫の中でも上位にある。襄陽直属庫は近年、電子測温、循環薫蒸、機械的換気、穀物冷却を主とする「四位一体」の科学的食糧備蓄技術を応用し、備蓄食糧の虫害や腐敗の問題を効果的に解決し、品質と安全を確保している。(襄陽=新華社記者/杜華挙)=2019(令和元)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901963

  • 2019年08月26日
    食糧備蓄の管理中国儲備糧集団襄陽直属庫を訪ねて

    26日、始業前のミーティングを行う中国儲備糧集団襄陽直属庫の職員。(小型無人機から)中国儲備糧(中儲糧、ちょびりょう)集団襄陽(じょうよう)直属庫有限公司は、中儲糧集団(シノグレイン)湖北分公司が湖北省北西部に設置したセンター倉庫で、中央備蓄食糧と政策性食糧備蓄量は、湖北分公司が管理する倉庫の中でも上位にある。襄陽直属庫は近年、電子測温、循環薫蒸、機械的換気、穀物冷却を主とする「四位一体」の科学的食糧備蓄技術を応用し、備蓄食糧の虫害や腐敗の問題を効果的に解決し、品質と安全を確保している。(襄陽=新華社記者/杜華挙)=2019(令和元)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082901988

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:39.14
    2019年09月06日
    「新華社」無人機合作社がハイテク貧困対策に力を発揮江西省貴溪市

    中国江西省鷹潭(ようたん)市が管轄する県級市の貴溪(きけい)市ではここ数年、貧困対策特別資金400万元(1元=約15円)を集中的に活用し、無人機105台を導入してきた。13の郷と鎮で37の植物保護無人機(農業用ドローン)貧困対策専業合作社(協同組合)を設立、組合の経済力を強化し、貧困家庭の安定的増収を実現した。同市泗瀝(しれき)鎮鄭坊(ていぼう)村は昨年7月、植物保護無人機貧困対策専業合作社を設立した。合作社は労働能力のある貧困対策対象者の就職を手配するほか、働き手のいない貧困家庭については、無人機による農地の病虫害対策を無償で実施し、さらに合作社の全体収入から毎年分配金を支給している。同村での成功経験を踏まえ、同市は市内全域で、植物保護無人機貧困対策専業合作社の全面的な普及に取り組んでいる。市内37の合作社では現在、面積4万8112ムー(約3207ヘクタール)に対する病虫害対策を実施しており、村集団経済で24万元あまりの収入を実現した一方、村民43人を無人機オペレーターとして育成し、この仕事によって2万元以上の年収を見込めるようにした。また、働き手のいない貧困家庭200戸以上については、年間収入が1千元を下回らないことを保証している。(記者/彭菁、龔婉)<映像内容>農業用ドローン運転の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090613296

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月08日
    台風13号で河川敷にヘリが取り残される黒竜江省

    8日、冠水したヘリポートに取り残されたヘリコプター。中国黒竜江省牡丹江市で8日午前3時頃、台風13号「レンレン」の影響で海浪河の水位が上昇し、河川敷にある臨時ヘリポートが冠水。止まっていたヘリと臨時に派遣された警備員1人が取り残された。同ヘリは地元企業が所有し、同地区で森林の病虫害対策任務にあたっていた。(牡丹江=新華社配信/賀連国)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019091105064

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月08日
    台風13号で河川敷にヘリが取り残される黒竜江省

    8日、冠水したヘリポートに取り残されたヘリコプター。中国黒竜江省牡丹江市で8日午前3時頃、台風13号「レンレン」の影響で海浪河の水位が上昇し、河川敷にある臨時ヘリポートが冠水。止まっていたヘリと臨時に派遣された警備員1人が取り残された。同ヘリは地元企業が所有し、同地区で森林の病虫害対策任務にあたっていた。(牡丹江=新華社配信/賀連国)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019091105049

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月08日
    台風13号で河川敷にヘリが取り残される黒竜江省

    8日、冠水したヘリポートに取り残されたヘリコプター。中国黒竜江省牡丹江市で8日午前3時頃、台風13号「レンレン」の影響で海浪河の水位が上昇し、河川敷にある臨時ヘリポートが冠水。止まっていたヘリと臨時に派遣された警備員1人が取り残された。同ヘリは地元企業が所有し、同地区で森林の病虫害対策任務にあたっていた。(牡丹江=新華社配信/賀連国)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019091105066

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月11日
    エンジュの古木、「治療」を受けて枯死を免れる湖南省

    枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした古木。(資料写真)中国湖南省北東部の平江県虹橋鎮で、このほど樹齢千年以上の古木が政府と民間の共同「治療」によって枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした。同鎮仁義村の寺院の前に並んで立つ樹齢約1300年のイチョウとエンジュは風雨にさらされ続け、落雷や火災、虫害を受けており、エンジュは幹の半分が失われていた。巡回していた森林保護員がエンジュの立ち枯れが始まっていることに気づき、平江県緑化委員会が専門家を招いて保護処置を行った。(長沙=新華社配信/饒麗莎)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092014494

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    エンジュの古木、「治療」を受けて枯死を免れる湖南省

    立ち枯れの現象が見られる古木のエンジュに足場を設置した作業チーム。(資料写真)中国湖南省北東部の平江県虹橋鎮で、このほど樹齢千年以上の古木が政府と民間の共同「治療」によって枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした。同鎮仁義村の寺院の前に並んで立つ樹齢約1300年のイチョウとエンジュは風雨にさらされ続け、落雷や火災、虫害を受けており、エンジュは幹の半分が失われていた。巡回していた森林保護員がエンジュの立ち枯れが始まっていることに気づき、平江県緑化委員会が専門家を招いて保護処置を行った。(長沙=新華社配信/余福海)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092014485

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    エンジュの古木、「治療」を受けて枯死を免れる湖南省

    エンジュの古木を「往診」する作業チーム。(資料写真)中国湖南省北東部の平江県虹橋鎮で、このほど樹齢千年以上の古木が政府と民間の共同「治療」によって枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした。同鎮仁義村の寺院の前に並んで立つ樹齢約1300年のイチョウとエンジュは風雨にさらされ続け、落雷や火災、虫害を受けており、エンジュは幹の半分が失われていた。巡回していた森林保護員がエンジュの立ち枯れが始まっていることに気づき、平江県緑化委員会が専門家を招いて保護処置を行った。(長沙=新華社配信/余福海)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092014484

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    エンジュの古木、「治療」を受けて枯死を免れる湖南省

    エンジュの周囲の水はけを良くするため、溝を掘る作業員。(資料写真)中国湖南省北東部の平江県虹橋鎮で、このほど樹齢千年以上の古木が政府と民間の共同「治療」によって枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした。同鎮仁義村の寺院の前に並んで立つ樹齢約1300年のイチョウとエンジュは風雨にさらされ続け、落雷や火災、虫害を受けており、エンジュは幹の半分が失われていた。巡回していた森林保護員がエンジュの立ち枯れが始まっていることに気づき、平江県緑化委員会が専門家を招いて保護処置を行った。(長沙=新華社配信/余福海)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092014543

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    エンジュの古木、「治療」を受けて枯死を免れる湖南省

    古木の「治療」現場で記念撮影する作業チーム。(資料写真)中国湖南省北東部の平江県虹橋鎮で、このほど樹齢千年以上の古木が政府と民間の共同「治療」によって枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした。同鎮仁義村の寺院の前に並んで立つ樹齢約1300年のイチョウとエンジュは風雨にさらされ続け、落雷や火災、虫害を受けており、エンジュは幹の半分が失われていた。巡回していた森林保護員がエンジュの立ち枯れが始まっていることに気づき、平江県緑化委員会が専門家を招いて保護処置を行った。(長沙=新華社配信/余福海)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092014486

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    エンジュの古木、「治療」を受けて枯死を免れる湖南省

    エンジュを「治療」する作業チーム。(資料写真)中国湖南省北東部の平江県虹橋鎮で、このほど樹齢千年以上の古木が政府と民間の共同「治療」によって枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした。同鎮仁義村の寺院の前に並んで立つ樹齢約1300年のイチョウとエンジュは風雨にさらされ続け、落雷や火災、虫害を受けており、エンジュは幹の半分が失われていた。巡回していた森林保護員がエンジュの立ち枯れが始まっていることに気づき、平江県緑化委員会が専門家を招いて保護処置を行った。(長沙=新華社配信/余福海)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092014487

  • 2020年01月20日
    輸入果物が中国の春節市場で争奪戦

    20日、チリ産のサクランボの検疫・検査を行う上海税関の職員。中国の上海税関が20日発表した統計によると、1月1日から20日までに上海税関管轄区域で、前月比46%増の8万1900トン、金額で約3・3倍の2億1千万ドル(1ドル=約110円)相当の果物を輸入した。1日当たり平均で4千トン以上の果物を輸入したことになる。大量に輸入される果物には、チリやオーストラリア、ニュージーランド産のサクランボや、タイ産のレンブ、ベトナム産のドラゴンフルーツなどがある。船便や航空便で次々と果物が運ばれ、中国の春節(旧正月)市場の争奪戦は大変な熱気にあふれている。上海税関によると、ここ数年、検疫許可のリストの拡大に伴い、各大陸から良質の果物が次々と中国市場に参入。以前の「贅沢な高級品」というイメージも変化し、徐々に一般庶民に手の届くものとなっている。旧正月前の輸入果物は数量が多く、素早く通関させる必要があることから、同税関は輸入企業に事前に検疫許可証を取得するよう指導し、輸入果物の迅速な通関を全力で保障するとともに、果物の病気や虫害、残留農薬・重金属の検出に力を入れ、春節期間の国境における生物や食用農産品の安全を確保する。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322762

  • 2020年01月20日
    輸入果物が中国の春節市場で争奪戦

    20日、ベトナム産ドラゴンフルーツの検疫・検査を行う上海税関の職員。中国の上海税関が20日発表した統計によると、1月1日から20日までに上海税関管轄区域で、前月比46%増の8万1900トン、金額で約3・3倍の2億1千万ドル(1ドル=約110円)相当の果物を輸入した。1日当たり平均で4千トン以上の果物を輸入したことになる。大量に輸入される果物には、チリやオーストラリア、ニュージーランド産のサクランボや、タイ産のレンブ、ベトナム産のドラゴンフルーツなどがある。船便や航空便で次々と果物が運ばれ、中国の春節(旧正月)市場の争奪戦は大変な熱気にあふれている。上海税関によると、ここ数年、検疫許可のリストの拡大に伴い、各大陸から良質の果物が次々と中国市場に参入。以前の「贅沢な高級品」というイメージも変化し、徐々に一般庶民に手の届くものとなっている。旧正月前の輸入果物は数量が多く、素早く通関させる必要があることから、同税関は輸入企業に事前に検疫許可証を取得するよう指導し、輸入果物の迅速な通関を全力で保障するとともに、果物の病気や虫害、残留農薬・重金属の検出に力を入れ、春節期間の国境における生物や食用農産品の安全を確保する。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322839

  • 01:36.40
    2020年03月26日
    「新華社」有機栽培で新茶の品質守る福建省武夷山市

    中国福建省武夷山市では、毎年4月に春の茶摘みシーズンを迎える。収穫直前の今は、施肥と減農薬、病虫害防除の大切な時期で、各茶農家が化学肥料の代わりに有機肥料を使ってより高品質な新茶を栽培するよう、同市茶業局の科学技術特派員が茶畑で奮闘している。同市茶業局茶葉科学研究所の農芸師、徐茂興(じょ・ぼうきょう)氏はこのほど、同市星村鎮燕子窠の面積千ムー(約67ヘクタール)の「全国茶葉脱化学肥料・有機肥料栽培モデル基地」を訪れ、有機栽培にとって重要な、物理的手段を利用した発芽期の茶畑における病虫害防除について指導した。咲き並ぶ黄色の菜の花は天然の有機肥料で、窒素やリン、カリウムなどの重要な栄養素を茶の木に与えてくれる。化学肥料を使用した場合、長期に及ぶと土壌が持つ調整機能が低下して土壌の微生物の活動を抑え込み、茶葉に農薬が残留する可能性がある。同市では今年、市内茶畑の総面積の1割近くを占める1万2600ムー(約840ヘクタール)で、有機肥料による栽培を進めているという。(記者/郭圻)<映像内容>有機栽培している茶畑の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032900417

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    蝶の羽がアートにひらめきが生んだ商品が好評新疆

    14日、ジムサル県の七彩チョウ園で、観光客にチョウの羽アート作品について説明する関富雲さん。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県北地社区(コミュニティー)に暮らす関富雲(かん・ふうん)さんは2011年、海南省で3カ月間チョウの養殖技術を学んでから、幼虫100匹余りを自宅に持ち帰り、チョウの養殖を試みた。チョウの寿命は短いため、同地で養殖するには温度や湿度、病虫害などの問題を克服しなければならない。幾度もの試行錯誤の末、2014年、関さんが羽化に成功したチョウの数がついに1万匹を超えた。鮮やかな羽をもつ生きたチョウは、結婚式や開業祝いなどのイベントの際に飛ばすことができるため、高い収益が期待できるが、寿命は短い。どうすればその美しさを維持しながら最大限の利益を上げることができるかを考えた関さんはある日、チョウの標本や羽アートを作ることを思いついた。現在、関さんの生きたチョウとチョウの羽アートはオンラインとオフラインのほか、北京やアモイなどでも販売されている。関さんのチョウの関連商品は市場で認められ、政府からの支持も得ている。2019年には同県の泉子街鎮にチョウ観賞園が設立され、大勢の観光客が訪れている。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602067

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    蝶の羽がアートにひらめきが生んだ商品が好評新疆

    14日、ジムサル県の七彩チョウ園で、関富雲さんがチョウの標本作りに取り組んでいる。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県北地社区(コミュニティー)に暮らす関富雲(かん・ふうん)さんは2011年、海南省で3カ月間チョウの養殖技術を学んでから、幼虫100匹余りを自宅に持ち帰り、チョウの養殖を試みた。チョウの寿命は短いため、同地で養殖するには温度や湿度、病虫害などの問題を克服しなければならない。幾度もの試行錯誤の末、2014年、関さんが羽化に成功したチョウの数がついに1万匹を超えた。鮮やかな羽をもつ生きたチョウは、結婚式や開業祝いなどのイベントの際に飛ばすことができるため、高い収益が期待できるが、寿命は短い。どうすればその美しさを維持しながら最大限の利益を上げることができるかを考えた関さんはある日、チョウの標本や羽アートを作ることを思いついた。現在、関さんの生きたチョウとチョウの羽アートはオンラインとオフラインのほか、北京やアモイなどでも販売されている。関さんのチョウの関連商品は市場で認められ、政府からの支持も得ている。2019年には同県の泉子街鎮にチョウ観賞園が設立され、大勢の観光客が訪れている。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602064

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    蝶の羽がアートにひらめきが生んだ商品が好評新疆

    15日、ジムサル県の七彩チョウ園で、展示ホールの壁面に飾られたチョウの標本の表面を拭く関富雲さん。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県北地社区(コミュニティー)に暮らす関富雲(かん・ふうん)さんは2011年、海南省で3カ月間チョウの養殖技術を学んでから、幼虫100匹余りを自宅に持ち帰り、チョウの養殖を試みた。チョウの寿命は短いため、同地で養殖するには温度や湿度、病虫害などの問題を克服しなければならない。幾度もの試行錯誤の末、2014年、関さんが羽化に成功したチョウの数がついに1万匹を超えた。鮮やかな羽をもつ生きたチョウは、結婚式や開業祝いなどのイベントの際に飛ばすことができるため、高い収益が期待できるが、寿命は短い。どうすればその美しさを維持しながら最大限の利益を上げることができるかを考えた関さんはある日、チョウの標本や羽アートを作ることを思いついた。現在、関さんの生きたチョウとチョウの羽アートはオンラインとオフラインのほか、北京やアモイなどでも販売されている。関さんのチョウの関連商品は市場で認められ、政府からの支持も得ている。2019年には同県の泉子街鎮にチョウ観賞園が設立され、大勢の観光客が訪れている。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602026

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    蝶の羽がアートにひらめきが生んだ商品が好評新疆

    15日、ジムサル県の七彩チョウ園で、チョウの標本を撮影する観光客。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県北地社区(コミュニティー)に暮らす関富雲(かん・ふうん)さんは2011年、海南省で3カ月間チョウの養殖技術を学んでから、幼虫100匹余りを自宅に持ち帰り、チョウの養殖を試みた。チョウの寿命は短いため、同地で養殖するには温度や湿度、病虫害などの問題を克服しなければならない。幾度もの試行錯誤の末、2014年、関さんが羽化に成功したチョウの数がついに1万匹を超えた。鮮やかな羽をもつ生きたチョウは、結婚式や開業祝いなどのイベントの際に飛ばすことができるため、高い収益が期待できるが、寿命は短い。どうすればその美しさを維持しながら最大限の利益を上げることができるかを考えた関さんはある日、チョウの標本や羽アートを作ることを思いついた。現在、関さんの生きたチョウとチョウの羽アートはオンラインとオフラインのほか、北京やアモイなどでも販売されている。関さんのチョウの関連商品は市場で認められ、政府からの支持も得ている。2019年には同県の泉子街鎮にチョウ観賞園が設立され、大勢の観光客が訪れている。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601873

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    蝶の羽がアートにひらめきが生んだ商品が好評新疆

    15日、ジムサル県の七彩チョウ園で、観光客に養殖したカレハチョウについて説明する関富雲さん。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県北地社区(コミュニティー)に暮らす関富雲(かん・ふうん)さんは2011年、海南省で3カ月間チョウの養殖技術を学んでから、幼虫100匹余りを自宅に持ち帰り、チョウの養殖を試みた。チョウの寿命は短いため、同地で養殖するには温度や湿度、病虫害などの問題を克服しなければならない。幾度もの試行錯誤の末、2014年、関さんが羽化に成功したチョウの数がついに1万匹を超えた。鮮やかな羽をもつ生きたチョウは、結婚式や開業祝いなどのイベントの際に飛ばすことができるため、高い収益が期待できるが、寿命は短い。どうすればその美しさを維持しながら最大限の利益を上げることができるかを考えた関さんはある日、チョウの標本や羽アートを作ることを思いついた。現在、関さんの生きたチョウとチョウの羽アートはオンラインとオフラインのほか、北京やアモイなどでも販売されている。関さんのチョウの関連商品は市場で認められ、政府からの支持も得ている。2019年には同県の泉子街鎮にチョウ観賞園が設立され、大勢の観光客が訪れている。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602059

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    蝶の羽がアートにひらめきが生んだ商品が好評新疆

    15日、ジムサル県の七彩チョウ園で、チョウの羽アートに使う羽を選ぶ関富雲さん。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県北地社区(コミュニティー)に暮らす関富雲(かん・ふうん)さんは2011年、海南省で3カ月間チョウの養殖技術を学んでから、幼虫100匹余りを自宅に持ち帰り、チョウの養殖を試みた。チョウの寿命は短いため、同地で養殖するには温度や湿度、病虫害などの問題を克服しなければならない。幾度もの試行錯誤の末、2014年、関さんが羽化に成功したチョウの数がついに1万匹を超えた。鮮やかな羽をもつ生きたチョウは、結婚式や開業祝いなどのイベントの際に飛ばすことができるため、高い収益が期待できるが、寿命は短い。どうすればその美しさを維持しながら最大限の利益を上げることができるかを考えた関さんはある日、チョウの標本や羽アートを作ることを思いついた。現在、関さんの生きたチョウとチョウの羽アートはオンラインとオフラインのほか、北京やアモイなどでも販売されている。関さんのチョウの関連商品は市場で認められ、政府からの支持も得ている。2019年には同県の泉子街鎮にチョウ観賞園が設立され、大勢の観光客が訪れている。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602075

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    蝶の羽がアートにひらめきが生んだ商品が好評新疆

    15日、ジムサル県の七彩チョウ園で、チョウの幼虫が利用する植物(寄主植物)の成長状況をチェックする関富雲さん。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県北地社区(コミュニティー)に暮らす関富雲(かん・ふうん)さんは2011年、海南省で3カ月間チョウの養殖技術を学んでから、幼虫100匹余りを自宅に持ち帰り、チョウの養殖を試みた。チョウの寿命は短いため、同地で養殖するには温度や湿度、病虫害などの問題を克服しなければならない。幾度もの試行錯誤の末、2014年、関さんが羽化に成功したチョウの数がついに1万匹を超えた。鮮やかな羽をもつ生きたチョウは、結婚式や開業祝いなどのイベントの際に飛ばすことができるため、高い収益が期待できるが、寿命は短い。どうすればその美しさを維持しながら最大限の利益を上げることができるかを考えた関さんはある日、チョウの標本や羽アートを作ることを思いついた。現在、関さんの生きたチョウとチョウの羽アートはオンラインとオフラインのほか、北京やアモイなどでも販売されている。関さんのチョウの関連商品は市場で認められ、政府からの支持も得ている。2019年には同県の泉子街鎮にチョウ観賞園が設立され、大勢の観光客が訪れている。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602053

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    蝶の羽がアートにひらめきが生んだ商品が好評新疆

    15日、ジムサル県の七彩チョウ園で、チョウの餌を作る関富雲さん。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県北地社区(コミュニティー)に暮らす関富雲(かん・ふうん)さんは2011年、海南省で3カ月間チョウの養殖技術を学んでから、幼虫100匹余りを自宅に持ち帰り、チョウの養殖を試みた。チョウの寿命は短いため、同地で養殖するには温度や湿度、病虫害などの問題を克服しなければならない。幾度もの試行錯誤の末、2014年、関さんが羽化に成功したチョウの数がついに1万匹を超えた。鮮やかな羽をもつ生きたチョウは、結婚式や開業祝いなどのイベントの際に飛ばすことができるため、高い収益が期待できるが、寿命は短い。どうすればその美しさを維持しながら最大限の利益を上げることができるかを考えた関さんはある日、チョウの標本や羽アートを作ることを思いついた。現在、関さんの生きたチョウとチョウの羽アートはオンラインとオフラインのほか、北京やアモイなどでも販売されている。関さんのチョウの関連商品は市場で認められ、政府からの支持も得ている。2019年には同県の泉子街鎮にチョウ観賞園が設立され、大勢の観光客が訪れている。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602069

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    蝶の羽がアートにひらめきが生んだ商品が好評新疆

    15日、ジムサル県の七彩チョウ園で、チョウの標本作りに取り組む関富雲さん。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県北地社区(コミュニティー)に暮らす関富雲(かん・ふうん)さんは2011年、海南省で3カ月間チョウの養殖技術を学んでから、幼虫100匹余りを自宅に持ち帰り、チョウの養殖を試みた。チョウの寿命は短いため、同地で養殖するには温度や湿度、病虫害などの問題を克服しなければならない。幾度もの試行錯誤の末、2014年、関さんが羽化に成功したチョウの数がついに1万匹を超えた。鮮やかな羽をもつ生きたチョウは、結婚式や開業祝いなどのイベントの際に飛ばすことができるため、高い収益が期待できるが、寿命は短い。どうすればその美しさを維持しながら最大限の利益を上げることができるかを考えた関さんはある日、チョウの標本や羽アートを作ることを思いついた。現在、関さんの生きたチョウとチョウの羽アートはオンラインとオフラインのほか、北京やアモイなどでも販売されている。関さんのチョウの関連商品は市場で認められ、政府からの支持も得ている。2019年には同県の泉子街鎮にチョウ観賞園が設立され、大勢の観光客が訪れている。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602051

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    蝶の羽がアートにひらめきが生んだ商品が好評新疆

    15日、ジムサル県の七彩チョウ園で、関富雲さんがチョウの幼虫の成長状況をチェックしている。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県北地社区(コミュニティー)に暮らす関富雲(かん・ふうん)さんは2011年、海南省で3カ月間チョウの養殖技術を学んでから、幼虫100匹余りを自宅に持ち帰り、チョウの養殖を試みた。チョウの寿命は短いため、同地で養殖するには温度や湿度、病虫害などの問題を克服しなければならない。幾度もの試行錯誤の末、2014年、関さんが羽化に成功したチョウの数がついに1万匹を超えた。鮮やかな羽をもつ生きたチョウは、結婚式や開業祝いなどのイベントの際に飛ばすことができるため、高い収益が期待できるが、寿命は短い。どうすればその美しさを維持しながら最大限の利益を上げることができるかを考えた関さんはある日、チョウの標本や羽アートを作ることを思いついた。現在、関さんの生きたチョウとチョウの羽アートはオンラインとオフラインのほか、北京やアモイなどでも販売されている。関さんのチョウの関連商品は市場で認められ、政府からの支持も得ている。2019年には同県の泉子街鎮にチョウ観賞園が設立され、大勢の観光客が訪れている。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602077

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:18.37
    2020年05月25日
    「新華社」蝶の羽がアートにひらめきが生んだ商品が好評新疆

    中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県北地社区(コミュニティー)に暮らす関富雲(かん・ふうん)さんは2011年、海南省で3カ月間チョウの養殖技術を学んでから、幼虫100匹余りを自宅に持ち帰り、チョウの養殖を試みた。チョウの寿命は短いため、同地で養殖するには温度や湿度、病虫害などの問題を克服しなければならない。幾度もの試行錯誤の末、2014年、関さんが羽化に成功したチョウの数がついに1万匹を超えた。鮮やかな羽をもつ生きたチョウは、結婚式や開業祝いなどのイベントの際に飛ばすことができるため、高い収益が期待できるが、寿命は短い。どうすればその美しさを維持しながら最大限の利益を上げることができるかを考えた関さんはある日、チョウの標本や羽アートを作ることを思いついた。現在、関さんの生きたチョウとチョウの羽アートはオンラインとオフラインのほか、北京やアモイなどでも販売されている。関さんのチョウの関連商品は市場で認められ、政府からの支持も得ている。2019年には同県の泉子街鎮にチョウ観賞園が設立され、大勢の観光客が訪れている。(記者/丁磊、阿依努爾、郝玉)<映像内容>チョウの養殖、チョウを使ったアート作品、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401854

  • 2020年05月27日
    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市

    5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を植える作業員。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508686

  • 2020年05月27日
    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市

    5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を運ぶ管理員の鄧兵(とう・へい)さん。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508759

  • 2020年05月27日
    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市

    5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を植える作業員。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508692

  • 2020年05月27日
    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市

    5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を植える作業員。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508758

  • 2020年05月27日
    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市

    5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を運ぶ作業員。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508674

  • 2020年05月27日
    「四つの抑制」で環境配慮型農業推進内モンゴル自治区バヤンノール市

    5月27日、内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗のグリーン高品質1万ムー(約667ヘクタール)規模トウガラシ栽培拠点で、トウガラシの苗を植える作業員。中国内モンゴル自治区の河套(かとう)平原は、「塞外の穀倉、天下の厨房」と呼ばれる農業地域。バヤンノール市では、高品質で効率的な農業を発展させるため、2018年から肥料の抑制と効果向上、農薬の抑制と有毒性の低減、用水量の抑制とエネルギー消費削減、農業用マルチシートの使用抑制と効果向上の「四つの抑制」行動を全面的に展開し、化学肥料や農薬の増加率ゼロを推進してきた。今年、市全体で有機肥料を施肥する耕地の面積は350万ムー(約23万3000ヘクタール)以上を安定的に維持、土壌診断に基づいて科学的に配合された複合肥料を施肥する耕地の面積は500万ムー(約33万3000ヘクタール)、病虫害の統一対策面積は450万ムー(30万ヘクタール)、環境配慮型病害虫予防面積は560万ムー(約37万3000ヘクタール)に達した。マルチ栽培での国家標準マルチシート全面使用を実現、グリーン食品原料の標準化生産拠点も200万ムー(約13万3000ヘクタール)に達し、約20%の増産増収を実現できる見通しとなった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508745

  • 2020年06月08日
    India: Locusts attack in Beawar

    June 8, 2020, Beawar, Rajasthan, India: Children play amid swarm of locusts fly over a field in Beawar. Locusts arriving from neighbouring Pakistan are threatening livelihoods of local farmers and cattle herders in Rajasthan. (Credit Image: © Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062404052

  • 2020年06月08日
    India: Locusts attack in Beawar

    June 8, 2020, Beawar, Rajasthan, India: A man rides a bicycle as a swarm of locusts fly over a field in Beawar. Locusts arriving from neighbouring Pakistan are threatening livelihoods of local farmers and cattle herders in Rajasthan. (Credit Image: © Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062404078

  • 2020年06月08日
    India: Locusts attack in Beawar

    June 8, 2020, Beawar, Rajasthan, India: A man rides a bicycle as a swarm of locusts fly over a field in Beawar. Locusts arriving from neighbouring Pakistan are threatening livelihoods of local farmers and cattle herders in Rajasthan. (Credit Image: © Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062404198

  • 2020年06月08日
    India: Locusts attack in Beawar

    June 8, 2020, Beawar, Rajasthan, India: A swarm of locusts fly over a field in Beawar. Locusts arriving from neighbouring Pakistan are threatening livelihoods of local farmers and cattle herders in Rajasthan. (Credit Image: © Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062404103

  • 2020年06月08日
    India: Locusts attack in Beawar

    June 8, 2020, Beawar, Rajasthan, India: Swarm of locusts fly over a field in Beawar. Locusts arriving from neighbouring Pakistan are threatening livelihoods of local farmers and cattle herders in Rajasthan. (Credit Image: © Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062404051

  • 2020年06月08日
    India: Locusts attack in Beawar

    June 8, 2020, Beawar, Rajasthan, India: An elderly woman plays utensils to away a swarm of locusts in Beawar. Locusts arriving from neighbouring Pakistan are threatening livelihoods of local farmers and cattle herders in Rajasthan. (Credit Image: © Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062404079

  • 2020年06月08日
    India: Locusts attack in Beawar

    June 8, 2020, Beawar, Rajasthan, India: An elderly woman plays utensils to away a swarm of locusts in Beawar. Locusts arriving from neighbouring Pakistan are threatening livelihoods of local farmers and cattle herders in Rajasthan. (Credit Image: © Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062404110

  • 2020年06月08日
    India: Locusts attack in Beawar

    June 8, 2020, Beawar, Rajasthan, India: A child plays utensils to away a swarm of locusts in Beawar. Locusts arriving from neighbouring Pakistan are threatening livelihoods of local farmers and cattle herders in Rajasthan. (Credit Image: © Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Saraswat/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062404106

  • 2020年06月09日
    貴州省で「茶産業発展大会」開催

    9日、貴州省湄潭県の茶園病虫害エコ対策統合技術モデル拠点。中国貴州省遵義市湄潭(びたん)県でこのほど、貴州省茶産業発展大会が開催された。同省の5月末までの茶葉生産量は前年同期比7・5%増の16万8800トン、生産額は前年同期比11・8%増の319億400万元(1元=約15円)で、茶葉販売量は13万6400トン、売上高は262億7600万元だった。4月末までの茶葉輸出額は前年同期比90・7%増の8523万1千元だった。(遵義=新華社配信)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061504025

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.20
    2020年06月10日
    「新華社」農作物の病を治す科学者甘粛省

    中国科学院西北生態環境資源研究院には、農作物の病害防除に取り組む「農民科学者」がいる。王若愚(おう・じゃくぐ)さん(44)は長年、植物病害の生物的防除に関する研究に注力しており、これまで日本や米国などに留学して生物的防除の技術を学んできた。2012年に帰国してからは、実験室での研究だけでなく、畑で農家の人々と交流している。甘粛省は中国で重要な中医薬材料の産地だが、干ばつや病虫害による影響を受けてきた。王さんと研究チームは、植物から抽出した有益な微生物を利用して有害菌や病原菌を抑える方法を見いだした。環境にやさしくて安全性と信頼性が高いこの方法は、栽培農家が貧困を脱却し収入を増やすことを後押しする。王さんらの研究チームはここ数年、省内各地を訪れ、田畑に入り、栽培に関する科学的知識を農家に普及させている。王さんらの積極的な取り組みにより、同省の多くの地域では微生物防除剤を導入するようになった。(記者/張文静、任延昕)<映像内容>農作物の病害防除の研究の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503802

  • 2020年06月13日
    NEZARA VIRIDULA (insect)

    June 13, 2020, Valencia, Carabobo, Venezuela: June 14, . A Nezara viridula, carried out by a tomato planting in the city of Vlencia, Veneuela, tropical area of South America.Photo: Juan Carlos Hernandez (Credit Image: © Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire)、クレジット:©Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062100461

  • 2020年06月14日
    NEZARA VIRIDULA (insect)

    June 13, 2020, Valencia, Carabobo, Venezuela: June 14, . A Nezara viridula, carried out by a tomato planting in the city of Vlencia, Veneuela, tropical area of South America.Photo: Juan Carlos Hernandez (Credit Image: © Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire)、クレジット:©Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062100506

  • 2020年06月19日
    自然保護区で「虫で虫を制する」虫害対策黒竜江省

    6月19日、黒竜江省の自然保護区でタマゴコバチを使った害虫駆除を行う研究スタッフ。中国竜江森林工業集団が管理する黒竜江豊林国家級自然保護区でこのほど、タマゴコバチを使って森林の害虫を駆除する「生物的防除」が試験的に実施された。(ハルビン=新華社配信/陳海竜)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070600293

  • 2020年06月19日
    自然保護区で「虫で虫を制する」虫害対策黒竜江省

    6月19日、黒竜江省の自然保護区でタマゴコバチを使った害虫駆除を行う研究スタッフ。中国竜江森林工業集団が管理する黒竜江豊林国家級自然保護区でこのほど、タマゴコバチを使って森林の害虫を駆除する「生物的防除」が試験的に実施された。(ハルビン=新華社配信/陳海竜)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070600284

  • 02:22.19
    2020年06月21日
    「新華社」バッタの大群駆除にドローン活用湖南省寧遠県

    中国湖南省寧遠県柏加坪鎮茄子園村では11日以降、川沿いの山林や河原、農地など合わせて約800ムー(約53・3ヘクタール)にバッタが大量発生し、樹木や農作物の一部に深刻な被害を与えていた。同県は同日午前、被害発見後直ちに病虫害への緊急対策を開始。農林部門の技術職員を集めて被害状況を調査し、防除計画を策定した。また、殺虫剤散布車、農業用ドローン、粉剤専用散布機、電動噴霧器計20台以上と地元住民を動員した一斉駆除、防除活動を展開、害虫のまん延防止に効果を上げた。4日間の駆除作業の結果、バッタによる重大な災害には至らなかったという。(記者/柳王敏)<映像内容>大量発生したバッタの駆除の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062200989

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月22日
    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省

    22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、新疆から来た男性2人に病虫害防除について説明する米爾扎提・吾馬爾さん。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070600235

  • 00:37.93
    2020年07月09日
    「新華社」穀類とイモの新たな栽培モデルで経済と環境を両立河北省

    中国河北省秦皇島市盧竜県陳官屯鎮でこのほど、穀類とイモの間作によるエコロジー栽培モデルの試験運用が始まった。村民らは苗の間引きを行うとともに、ソーラー殺虫灯を設置して病虫害の発生を防いでいる。同県の中強孤竹小金米栽培専業合作社(協同組合)は今年に入り、エコロジー栽培モデル用の畑350ムー(約23ヘクタール)で、高さの異なる作物を組み合わせた植え付けを初めて実施。日光を効率的に取り込めるようにしたことで生産量と品質が向上し、農薬の使用量は減少した。同県では一連の取り組みを通じ、経済と環境の双方に利益をもたらす「ダブル豊作」が実現した。(記者/杜一方、楊知潤)<映像内容>穀類とイモの間作によるエコロジー栽培モデルの試験運用、ソーラー殺虫灯設置の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300425

  • 2020年07月31日
    10年の地道な取り組み、5千本古木の健康を守る河北省秦皇島市

    北戴河区にある望海亭の下方で元気に青々と葉を茂らせている樹齢308年のアブラマツ。(2020年7月撮影)中国河北省秦皇島市北戴河区は国内外に名高い避暑地で、区内の古木・名木は5千本以上を数える。これらの樹木を病虫害から守るために、同区は1本ごとに専用の「カルテ」を作成し、追跡観察・治療を行っている。10年にわたる取り組みにより、区内1万4800ムー(約986ヘクタール)のアブラマツ林は一面の緑が広がっており、古木・名木はいずれも健康を保っている。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年7月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602207

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.96
    2020年10月04日
    「新華社」点滴かんがいの水田、収穫量が1ムー当たり710キロに新疆

    中国新疆生産建設兵団第8師団は4日、フィルムによる点滴かんがい法を用いた水稲試験田の予測収穫量を発表した。専門家チームメンバーの測定によると、水稲試験田1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量は710キロとなった。今回測定を実施した水田は、新疆ウイグル自治区石河子市の現代農業モデル区にあり、土壌塩分濃度3・2%、土壌水素イオン指数(pH)8・7、測定生産面積は140ムー(約9・3ヘクタール)となっている。同自治区の企業、新疆天業集団節水灌漑は4月下旬、現代農業モデル区の塩類アルカリ土壌で、アルカリ性土壌に強いイネの品種を選び、フィルムを使った点滴かんがい技術と総合的な病虫害対策措置を講じた水稲栽培を試験的に実施。その結果、現在では1ムー当たり2047・5元(1元=約16円)の収益を生んだ。この栽培技術は高い節水効果があり、大規模栽培に適している。(記者/高晗)<映像内容>点滴かんがいの水田、収穫の様子、撮影日:2020(令和2)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101301737

  • 2020年10月10日
    「ドローン操縦士」になる中国の農家が増加

    ドローンを使って野菜の病虫害防除作業を行う農家。浙江省金華市の農作物保護テクノロジー企業は周辺地域にドローンを使った関連サービスを提供している。(資料写真)中国浙江省の農村では、農薬散布器を背負った農家が減り、田畑の上を穏やかに飛ぶ農業用ドローン(小型無人機)が次第に増えている。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200660

  • 2020年10月10日
    「ドローン操縦士」になる中国の農家が増加

    ドローンを使って野菜の病虫害防除作業を行う農家。浙江省金華市の農作物保護テクノロジー企業は周辺地域にドローンを使った関連サービスを提供している。(資料写真)中国浙江省の農村では、農薬散布器を背負った農家が減り、田畑の上を穏やかに飛ぶ農業用ドローン(小型無人機)が次第に増えている。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200914

  • 2020年10月10日
    「ドローン操縦士」になる中国の農家が増加

    ドローンを使って野菜の病虫害防除作業を行う農家。浙江省金華市の農作物保護テクノロジー企業は周辺地域にドローンを使った関連サービスを提供している。(資料写真)中国浙江省の農村では、農薬散布器を背負った農家が減り、田畑の上を穏やかに飛ぶ農業用ドローン(小型無人機)が次第に増えている。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200510

  • 00:47.36
    2020年11月03日
    「新華社」秋を彩るコトカケヤナギ林内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗で、300ムー(20ヘクタール)にわるコトカケヤナギが濃緑から黄金色に色づき、観賞のベストシーズンを迎えている。ウラド前旗を含む同自治区河套地区はかつて、コトカケヤナギ林が密集していたが、黄河の流れが変わったことで地下水位が下がり、コトカケヤナギ林の面積は大幅に減少した。河套地区はここ数年、かんがいや病虫害対策などに取り組みコトカケヤナギ林の保護を強化、以前のように活力と風情に富んだ黄河沿岸のコトカケヤナギ林をよみがえらせている。(記者/李雲平)<映像内容>黄葉したコトカケヤナギ林の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500410

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.00
    2021年03月13日
    「新華社」樹齢400年超、道路の中央で守られる古木広西チワン族自治区

    中国広西チワン族自治区南寧市の幹線道路、長虹東路の中央には、樹齢406年のアーモンドの木が立っている。同市の園林部門が2016年、道路改修の際に行った調査で発見した。発見当時は樹勢が衰えており、幹の3分の1は枯れて乾燥、葉は少なく、虫害も深刻だった。現在地での保護が決まったため、道路の改修計画を変更し、路面より5メートルほど高い台を作ることになった。保護された古木は2018年5月にたくさんの実をつけたが、昨年は2度の暴風雨により大きな枝2本が折れ、幹だけになった。植物保護部門は10月までに11本の接ぎ木を済ませた。苗は現在も順調に成長している。古木の治療、保護はこれからも続く。(記者/梁舜、黄凱瑩、朱麗莉) =配信日: 2021(令和3)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031503655

  • 00:55.89
    2021年03月20日
    「新華社」洞庭湖平原で農作業準備進む湖南省

    中国湖南省北東部に広がる洞庭湖平原は現在、春の農作業の準備期間を迎えている。同省汨羅(べきら)市羅江鎮では15日、農民が石灰の精密散布機を運転し、農地に生石灰をまいた。生石灰は病虫害の防除や酸性土壌の中和に役立つという。(記者/程済安) =配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003034

  • 2021年03月25日
    (1)甘粛省、種子輸出を加速

    16日、間もなく輸出される種子を検査する蘭州税関の職員。中国甘粛省の種苗会社、酒泉東方種子が生産した総額61万ユーロ(1ユーロ=約129円)のダイコン種子がこのほど、酒泉税関の検疫を通過し、オランダへ輸出された。同省蘭州税関が明らかにした。蘭州税関によると、同省内の河西回廊地域は気候が相対的に乾燥しているものの、かんがい用水源が十分あり、加えて、オアシスとゴビ砂漠が交錯して分布する地形的特徴は病虫害の拡大を最大限に抑えているという。ここ数年、同地域は中国の重要な野菜・生花の輸入種子生産拠点へと発展し、毎年、大量の輸入種子が酒泉地域や張掖地域で成熟期を過ごし、輸出されている。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032509802

  • 2021年03月25日
    (2)甘粛省、種子輸出を加速

    16日、間もなく輸出される種子を検査する蘭州税関の職員。中国甘粛省の種苗会社、酒泉東方種子が生産した総額61万ユーロ(1ユーロ=約129円)のダイコン種子がこのほど、酒泉税関の検疫を通過し、オランダへ輸出された。同省蘭州税関が明らかにした。蘭州税関によると、同省内の河西回廊地域は気候が相対的に乾燥しているものの、かんがい用水源が十分あり、加えて、オアシスとゴビ砂漠が交錯して分布する地形的特徴は病虫害の拡大を最大限に抑えているという。ここ数年、同地域は中国の重要な野菜・生花の輸入種子生産拠点へと発展し、毎年、大量の輸入種子が酒泉地域や張掖地域で成熟期を過ごし、輸出されている。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032509804

  • 2021年03月25日
    (3)甘粛省、種子輸出を加速

    16日、間もなく輸出される種子を検査する蘭州税関の職員。中国甘粛省の種苗会社、酒泉東方種子が生産した総額61万ユーロ(1ユーロ=約129円)のダイコン種子がこのほど、酒泉税関の検疫を通過し、オランダへ輸出された。同省蘭州税関が明らかにした。蘭州税関によると、同省内の河西回廊地域は気候が相対的に乾燥しているものの、かんがい用水源が十分あり、加えて、オアシスとゴビ砂漠が交錯して分布する地形的特徴は病虫害の拡大を最大限に抑えているという。ここ数年、同地域は中国の重要な野菜・生花の輸入種子生産拠点へと発展し、毎年、大量の輸入種子が酒泉地域や張掖地域で成熟期を過ごし、輸出されている。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032509803

  • 2021年05月09日
    Pink-spotted Hawkmoth Caterpillar with Parasitoid Larvae

    May 9, 2021, Asuncion, Paraguay: A pink-spotted hawkmoth caterpillar (Agrius cingulata), a.k.a. sweetpotato hornworm, is seen glued with parasitoid larvae encased in individual cocoons, in Asuncion, Paraguay. The life cycle of a parasitoid is unusual, most of the time, it begins when the adult female lays her eggs on or in the host. When the eggs hatch, the larvae consume the host gradually, ensuring that their unsuspecting prey stays alive until the larval parasitoid pupates and is able to survive without the host. (Credit Image: © Andre M. Chang/ZUMA Wire)、クレジット:©Andre M. Chang/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051108060

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:06.60
    2021年05月14日
    「新華社」新疆のトマト栽培、完全機械化を実現

    中国新疆ウイグル自治区の北部地域では今月に入り、機械によるトマトの苗の植え付け作業が本格化している。同自治区の各地では「赤い農産物」の重要な生産拠点として、植え付けや収穫の機械化、小型無人機(ドローン)による病虫害防除といった技術を普及させることで、種まきから収穫までトマト栽培の完全機械化を実現している。同自治区の2020年国民経済・社会発展統計公報によると、同年末時点で新疆が保有する農業用機械の総動力は2921万4100キロワット、農作物栽培・収穫の総合機械化率は85・12%に達した。今年、同自治区はさらに、全域での農業の機械化と農業機械設備産業の構造転換・高度化を加速させ、同産業の発展を促進し、農村振興と農業の現代化の実現に向け強力なサポートを提供する。(記者/白志強) =配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051411203

  • 1
  • 2