KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • せき
  • はか
  • 令和
  • 囲い堰
  • 堤防
  • 建設
  • 方法
  • 歴史
  • 永済
  • 決定

「蚣蝮」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年07月08日
    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県

    8日、永済橋の下で見つかった「鎮水石獣」。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706975

  • 2019年07月08日
    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県

    8日、永済橋の下で見つかった「鎮水石獣」。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706963

  • 2019年07月08日
    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県

    8日、「鎮水石獣」が見つかった永済橋。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707020

  • 2019年07月08日
    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県

    8日、永済橋の下で見つかった「鎮水石獣」。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706971

  • 2019年07月08日
    400年の石橋から水害防ぐ「石獣」見つかる山東省平陰県

    8日、「鎮水石獣」が見つかった永済橋。中国山東省済南市平陰県にある明代に建設された永済橋の補修・補強工事で、橋の南西部分に設けられた囲い堰内の「燕翅墻(えんししょう、橋の四隅に作られた堤防)」から「鎮水石獣(ちんすいせきじゅう)」と呼ばれる石像が見つかった。同県東阿鎮文化ステーションが明らかにした。文化財部門の調査によると、石像は「蚣蝮(はか)」と呼ばれ、中国の古代神話で竜が生んだ九匹の子の一つとされる。「避水獣(ひすいじゅう)」とも呼ばれる。文化財保護部門では石像を保護する最善の方法を検討した結果、現地でそのまま保護することを決定した。(済南=新華社配信/趙軍)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706983

  • 1