KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 三国時代
  • 記者
  • 諸葛亮
  • 歴史
  • 令和
  • 平成
  • 劉備
  • りょう
  • 位置
  • 景観

「蜀漢」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
216
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
216
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  三国志の舞台となった猇亭古戦場をゆく湖北省宜昌市
    2005年10月29日
    三国志の舞台となった猇亭古戦場をゆく湖北省宜昌市

    断崖絶壁の地に築かれた猇亭古戦場風景区。(2005年10月29日撮影)中国湖北省宜昌(ぎしょう)市猇亭区と伍家崗(ごかこう)区の境界付近に位置する猇亭(こうてい)古戦場は、非常に険しく、攻めにくいことから、歴代の軍略家がどうにかして手に入れようと考えた場所である。この地で起きた夷陵(いりょう)の戦い(猇亭の戦い)は、三国時代の蜀漢の初代皇帝、劉備(りゅうび)が東呉に対して起こした大規模なもので、中国の古代戦争史における積極防御戦略の成功事例であり、三国志「三大戦役」の最後の戦いでもある。猇亭古戦場の周囲に広がる断崖絶壁には、今でも千メートル近い古桟道が残っている。(宜昌=新華社記者/肖芸九)=2005(平成17)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004076

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月08日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の臨漢門。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624977

  •  三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市
    2012年07月08日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    「古隆中」と刻まれた牌坊(はいぼう)をカメラに収める観光客。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社記者/肖芸九)=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401821

  •  三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市
    2012年07月08日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    「古隆中」と刻まれた牌坊(はいぼう)の裏側。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社記者/肖芸九)=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401835

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月08日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624907

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月08日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の城壁。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。襄陽城は全長7322メー=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625002

  •  三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市
    2012年07月08日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    古隆中にある「躬耕隴畝(きゅうこうろうほ、自ら畑を耕す)」と刻まれた石碑。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社記者/肖芸九)=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401773

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月08日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624938

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月08日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の城壁。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。襄陽城は全長7322メート=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625194

  •  三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市
    2012年07月08日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    「古隆中」と刻まれた牌坊(はいぼう)。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社記者/肖芸九)=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401797

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2012年10月13日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    張飛廟の廟会(びょうえ、縁日)で披露された竜舞。(2012年10月13日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2012(平成24)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100493

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2013年08月25日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2013年8月25日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2013(平成25)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100502

  •  三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市
    2015年01月28日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    雪景色の中で咲く古隆中の梅の花。(資料写真)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社配信/塗玉国)=2015(平成27)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401832

  •  三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市
    2015年01月28日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    雪に覆われた古隆中の三顧堂。(資料写真)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社配信/塗玉国)=2015(平成27)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401741

  •  三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地
    2015年11月22日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    白帝城にある白帝廟門で記念撮影する観光客。(2015年11月22日撮影)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/劉潺)=2015(平成27)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004103

  •  三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地
    2015年11月22日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    白帝城内にある托孤堂(たっこどう)を見学する観光客。(2015年11月22日撮影)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/劉潺)=2015(平成27)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003887

  •  諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市
    2016年01月17日
    諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県城にある武侯祠の拝殿前広場。(2016年1月17日撮影)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=2016(平成28)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005810

  •  諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市
    2016年01月17日
    諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県城の武侯祠。(2016年1月17日撮影)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=2016(平成28)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005811

  •  諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市
    2016年01月17日
    諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県城にある武侯祠の戟門(げきもん)。(2016年1月17日撮影)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=2016(平成28)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005841

  • 六魂祭のねぶた 復興願い東北の祭り集結
    2016年06月20日
    六魂祭のねぶた 復興願い東北の祭り集結

    東北六魂祭に出陣するねぶた「蜀漢 報恩鬼神」=18日、青森市

    商品コード: 2016062001008

  •  諸葛孔明が眠る「武侯墓」を訪ねて陝西省漢中市
    2016年09月24日
    諸葛孔明が眠る「武侯墓」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県の武侯墓に立つ墓碑。(資料写真)中国の歴史上で傑出した政治家、軍事戦略家として知られる三国時代の蜀漢(しょくかん)の宰相、諸葛亮(孔明)の墓「武侯(ぶこう)墓」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から南へ4キロの地点にある定軍山の麓に位置する。全国重点文物保護単位と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されており、面積は360ムー(24ヘクタール)余り。山林部分と墓地部分からなる。墓園内には明・清時代の古建築が墓塚を中心軸として多数配置されている。石碑や壁画、塑像、扁額(へんがく)や対聯(ついれん)など貴重な文化財も多く保存されており、特に漢代の柏22本は大変珍しく、墓地に素朴で気品ある静けさを添えている。諸葛亮は生前、劉備を補佐して蜀漢政権を樹立。官職は最高位の丞相(じょうしょう)に至り、武郷侯に封じられた。死後に忠武侯の称号が贈られたため、その墓は長きにわたり人々から「武侯墓」と呼ばれてきた。諸葛亮は234年、曹魏に対する5回目の北伐の最中に病に倒れ、五丈原(陝西省宝鶏市岐山県)で陣没した。臨終の際に「漢中の定軍山に葬るように」と遺言したことからこの地に埋葬された。(漢中=新華社配信/宋楽)=2016(平成28)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005793

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    闇夜に輝く張飛廟の一角。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100492

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    張飛廟にある「桃園の誓い」の彫像。蜀の英雄、劉備、関羽、張飛の3人が、劉備を長兄とする義兄弟の契りを交わした場面を再現している。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100487

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    闇夜の中で美しく輝く張飛廟。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100510

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    闇夜の中で美しく輝く張飛廟。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100495

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    闇夜の中で美しく輝く張飛廟。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100498

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    張飛廟にある書画が飾られた廊下。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100505

  •  三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地
    2016年12月08日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    上空から見た白帝城。(2016年12月8日撮影、小型無人機から)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/劉潺)=2016(平成28)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004155

  •  三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地
    2016年12月08日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    上空から見た白帝城と長江三峡の瞿塘峡の入り口。(2016年12月8日撮影、小型無人機から)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/劉潺)=2016(平成28)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004166

  •  三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地
    2016年12月08日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    上空から見た白帝城と長江三峡の瞿塘峡の入り口。(2016年12月8日撮影、小型無人機から)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/劉潺)=2016(平成28)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003932

  •  三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地
    2016年12月08日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    上空から見た白帝城。(2016年12月8日撮影、小型無人機から)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/劉潺)=2016(平成28)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004018

  •  三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地
    2016年12月08日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    上空から見た白帝城。(2016年12月8日撮影、小型無人機から)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/劉潺)=2016(平成28)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004158

  •  三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地
    2016年12月08日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    上空から見た白帝城。(2016年12月8日撮影、小型無人機から)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/劉潺)=2016(平成28)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004164

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2017年01月27日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    張飛廟で線香を焚き、幸福を祈る参拝者。(2017年1月27日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2017(平成29)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100484

  •  三国志の舞台となった猇亭古戦場をゆく湖北省宜昌市
    2017年02月26日
    三国志の舞台となった猇亭古戦場をゆく湖北省宜昌市

    断崖絶壁の地に築かれた猇亭古戦場風景区。(2017年2月26日撮影)中国湖北省宜昌(ぎしょう)市猇亭区と伍家崗(ごかこう)区の境界付近に位置する猇亭(こうてい)古戦場は、非常に険しく、攻めにくいことから、歴代の軍略家がどうにかして手に入れようと考えた場所である。この地で起きた夷陵(いりょう)の戦い(猇亭の戦い)は、三国時代の蜀漢の初代皇帝、劉備(りゅうび)が東呉に対して起こした大規模なもので、中国の古代戦争史における積極防御戦略の成功事例であり、三国志「三大戦役」の最後の戦いでもある。猇亭古戦場の周囲に広がる断崖絶壁には、今でも千メートル近い古桟道が残っている。(宜昌=新華社記者/肖芸九)=2017(平成29)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003950

  •  三国志の舞台となった猇亭古戦場をゆく湖北省宜昌市
    2017年02月26日
    三国志の舞台となった猇亭古戦場をゆく湖北省宜昌市

    断崖絶壁の地に築かれた猇亭古戦場風景区。(2017年2月26日撮影)中国湖北省宜昌(ぎしょう)市猇亭区と伍家崗(ごかこう)区の境界付近に位置する猇亭(こうてい)古戦場は、非常に険しく、攻めにくいことから、歴代の軍略家がどうにかして手に入れようと考えた場所である。この地で起きた夷陵(いりょう)の戦い(猇亭の戦い)は、三国時代の蜀漢の初代皇帝、劉備(りゅうび)が東呉に対して起こした大規模なもので、中国の古代戦争史における積極防御戦略の成功事例であり、三国志「三大戦役」の最後の戦いでもある。猇亭古戦場の周囲に広がる断崖絶壁には、今でも千メートル近い古桟道が残っている。(宜昌=新華社記者/肖芸九)=2017(平成29)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003871

  •  三国志の舞台となった猇亭古戦場をゆく湖北省宜昌市
    2017年02月26日
    三国志の舞台となった猇亭古戦場をゆく湖北省宜昌市

    猇亭古戦場風景区にある虎牙山から眺めた古桟道。(2017年2月26日撮影)中国湖北省宜昌(ぎしょう)市猇亭区と伍家崗(ごかこう)区の境界付近に位置する猇亭(こうてい)古戦場は、非常に険しく、攻めにくいことから、歴代の軍略家がどうにかして手に入れようと考えた場所である。この地で起きた夷陵(いりょう)の戦い(猇亭の戦い)は、三国時代の蜀漢の初代皇帝、劉備(りゅうび)が東呉に対して起こした大規模なもので、中国の古代戦争史における積極防御戦略の成功事例であり、三国志「三大戦役」の最後の戦いでもある。猇亭古戦場の周囲に広がる断崖絶壁には、今でも千メートル近い古桟道が残っている。(宜昌=新華社記者/肖芸九)=2017(平成29)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003939

  •  三国志の舞台となった猇亭古戦場をゆく湖北省宜昌市
    2017年02月26日
    三国志の舞台となった猇亭古戦場をゆく湖北省宜昌市

    猇亭古戦場風景区にある虎牙山で撮影した古桟道。(2017年2月26日撮影)中国湖北省宜昌(ぎしょう)市猇亭区と伍家崗(ごかこう)区の境界付近に位置する猇亭(こうてい)古戦場は、非常に険しく、攻めにくいことから、歴代の軍略家がどうにかして手に入れようと考えた場所である。この地で起きた夷陵(いりょう)の戦い(猇亭の戦い)は、三国時代の蜀漢の初代皇帝、劉備(りゅうび)が東呉に対して起こした大規模なもので、中国の古代戦争史における積極防御戦略の成功事例であり、三国志「三大戦役」の最後の戦いでもある。猇亭古戦場の周囲に広がる断崖絶壁には、今でも千メートル近い古桟道が残っている。(宜昌=新華社記者/肖芸九)=2017(平成29)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003968

  •  三国志の舞台となった猇亭古戦場をゆく湖北省宜昌市
    2017年02月26日
    三国志の舞台となった猇亭古戦場をゆく湖北省宜昌市

    猇亭古戦場風景区から長江を臨む。(2017年2月26日撮影)中国湖北省宜昌(ぎしょう)市猇亭区と伍家崗(ごかこう)区の境界付近に位置する猇亭(こうてい)古戦場は、非常に険しく、攻めにくいことから、歴代の軍略家がどうにかして手に入れようと考えた場所である。この地で起きた夷陵(いりょう)の戦い(猇亭の戦い)は、三国時代の蜀漢の初代皇帝、劉備(りゅうび)が東呉に対して起こした大規模なもので、中国の古代戦争史における積極防御戦略の成功事例であり、三国志「三大戦役」の最後の戦いでもある。猇亭古戦場の周囲に広がる断崖絶壁には、今でも千メートル近い古桟道が残っている。(宜昌=新華社記者/肖芸九)=2017(平成29)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003944

  •  三国志の舞台となった猇亭古戦場をゆく湖北省宜昌市
    2017年02月26日
    三国志の舞台となった猇亭古戦場をゆく湖北省宜昌市

    断崖絶壁の地に築かれた猇亭古戦場風景区。(2017年2月26日撮影)中国湖北省宜昌(ぎしょう)市猇亭区と伍家崗(ごかこう)区の境界付近に位置する猇亭(こうてい)古戦場は、非常に険しく、攻めにくいことから、歴代の軍略家がどうにかして手に入れようと考えた場所である。この地で起きた夷陵(いりょう)の戦い(猇亭の戦い)は、三国時代の蜀漢の初代皇帝、劉備(りゅうび)が東呉に対して起こした大規模なもので、中国の古代戦争史における積極防御戦略の成功事例であり、三国志「三大戦役」の最後の戦いでもある。猇亭古戦場の周囲に広がる断崖絶壁には、今でも千メートル近い古桟道が残っている。(宜昌=新華社記者/肖芸九)=2017(平成29)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003963

  •  三国志の舞台となった猇亭古戦場をゆく湖北省宜昌市
    2017年03月29日
    三国志の舞台となった猇亭古戦場をゆく湖北省宜昌市

    猇亭古戦場風景区から眺めた景色。(2017年3月29日撮影)中国湖北省宜昌(ぎしょう)市猇亭区と伍家崗(ごかこう)区の境界付近に位置する猇亭(こうてい)古戦場は、非常に険しく、攻めにくいことから、歴代の軍略家がどうにかして手に入れようと考えた場所である。この地で起きた夷陵(いりょう)の戦い(猇亭の戦い)は、三国時代の蜀漢の初代皇帝、劉備(りゅうび)が東呉に対して起こした大規模なもので、中国の古代戦争史における積極防御戦略の成功事例であり、三国志「三大戦役」の最後の戦いでもある。猇亭古戦場の周囲に広がる断崖絶壁には、今でも千メートル近い古桟道が残っている。(宜昌=新華社記者/肖芸九)=2017(平成29)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003974

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年06月10日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の臨漢門。(2017年6月10日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。襄陽城は全長7322メートルで、城壁上部には4千余りの垛堞(城壁の上にある凹凸のある小さな壁)が設置され、城壁の周囲の堀は最も広い場所で250メートルある。保存状態の良い十大古城の一つに数えられている。(襄陽=新華社配信/塗玉国)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625069

  •  三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市
    2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関風景区内に展示されている「諸葛連弩」(諸葛孔明が発明したとされる同時に複数の矢が放てる弩)のレプリカ。(2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601493

  •  三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市
    2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関風景区内に展示されている「諸葛連弩」(諸葛孔明が発明したとされる同時に複数の矢が放てる弩)のレプリカ。(2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601505

  •  三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市
    2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関と古蜀道。(小型無人機から、2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601545

  •  三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市
    2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関。(2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601557

  •  三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市
    2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関と古蜀道。(小型無人機から、2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601542

  •  三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市
    2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関。(2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601566

  •  三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市
    2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関。(小型無人機から、2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601510

  •  三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市
    2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関と古蜀道。(小型無人機から、2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601553

  •  三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市
    2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関。(2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601552

  •  三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市
    2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関。(2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601520

  •  三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県
    2017年09月21日
    三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県

    四川省大邑県の子竜祠。(2017年9月21日撮影)中国四川省成都市大邑(だいゆう)県は、三国志の名将、趙雲(字は子竜)が晩年に守備を任された地と伝えられており、子竜祠などの三国時代の遺跡が残され、独特の子竜文化を今に伝えている。専門家の考証によると、三国時代の大邑は蜀漢の存亡に関わる戦略的要地であり、当時の都、成都の西側を守る障壁の役目を果たした。晩年に成都の「首都警備司令官」を務めた趙雲は、病没するまでの十数年間、この地に駐留した。(成都=新華社配信/大邑県文化管理所提供)=2017(平成29)年9月21日、クレジット:大邑県文化管理所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600144

  •  三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県
    2017年09月21日
    三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県

    四川省大邑県の子竜街小学校にある「子竜文化園」。(2017年9月21日撮影)中国四川省成都市大邑(だいゆう)県は、三国志の名将、趙雲(字は子竜)が晩年に守備を任された地と伝えられており、子竜祠などの三国時代の遺跡が残され、独特の子竜文化を今に伝えている。専門家の考証によると、三国時代の大邑は蜀漢の存亡に関わる戦略的要地であり、当時の都、成都の西側を守る障壁の役目を果たした。晩年に成都の「首都警備司令官」を務めた趙雲は、病没するまでの十数年間、この地に駐留した。(成都=新華社配信/大邑県文化管理所提供)=2017(平成29)年9月21日、クレジット:大邑県文化管理所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600156

  •  三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県
    2017年09月21日
    三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県

    趙雲が駐留したとされる大邑の史跡「望羌台」。(2017年9月21日撮影)中国四川省成都市大邑(だいゆう)県は、三国志の名将、趙雲(字は子竜)が晩年に守備を任された地と伝えられており、子竜祠などの三国時代の遺跡が残され、独特の子竜文化を今に伝えている。専門家の考証によると、三国時代の大邑は蜀漢の存亡に関わる戦略的要地であり、当時の都、成都の西側を守る障壁の役目を果たした。晩年に成都の「首都警備司令官」を務めた趙雲は、病没するまでの十数年間、この地に駐留した。(成都=新華社配信/大邑県文化管理所提供)=2017(平成29)年9月21日、クレジット:大邑県文化管理所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600180

  •  三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県
    2017年09月21日
    三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県

    四川省大邑県にある子竜祠の外観。(2017年9月21日撮影)中国四川省成都市大邑(だいゆう)県は、三国志の名将、趙雲(字は子竜)が晩年に守備を任された地と伝えられており、子竜祠などの三国時代の遺跡が残され、独特の子竜文化を今に伝えている。専門家の考証によると、三国時代の大邑は蜀漢の存亡に関わる戦略的要地であり、当時の都、成都の西側を守る障壁の役目を果たした。晩年に成都の「首都警備司令官」を務めた趙雲は、病没するまでの十数年間、この地に駐留した。(成都=新華社配信/大邑県文化管理所提供)=2017(平成29)年9月21日、クレジット:大邑県文化管理所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600184

  •  三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県
    2017年09月21日
    三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県

    四川省大邑県の子竜街小学校にある「文化の壁」。(2017年9月21日撮影)中国四川省成都市大邑(だいゆう)県は、三国志の名将、趙雲(字は子竜)が晩年に守備を任された地と伝えられており、子竜祠などの三国時代の遺跡が残され、独特の子竜文化を今に伝えている。専門家の考証によると、三国時代の大邑は蜀漢の存亡に関わる戦略的要地であり、当時の都、成都の西側を守る障壁の役目を果たした。晩年に成都の「首都警備司令官」を務めた趙雲は、病没するまでの十数年間、この地に駐留した。(成都=新華社配信/大邑県文化管理所提供)=2017(平成29)年9月21日、クレジット:大邑県文化管理所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600153

  •  三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県
    2017年09月21日
    三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県

    四川省大邑県の子竜祠に安置されている趙雲の像。(2017年9月21日撮影)中国四川省成都市大邑(だいゆう)県は、三国志の名将、趙雲(字は子竜)が晩年に守備を任された地と伝えられており、子竜祠などの三国時代の遺跡が残され、独特の子竜文化を今に伝えている。専門家の考証によると、三国時代の大邑は蜀漢の存亡に関わる戦略的要地であり、当時の都、成都の西側を守る障壁の役目を果たした。晩年に成都の「首都警備司令官」を務めた趙雲は、病没するまでの十数年間、この地に駐留した。(成都=新華社配信/大邑県文化管理所提供)=2017(平成29)年9月21日、クレジット:大邑県文化管理所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600178

  •  三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県
    2017年09月21日
    三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県

    四川省大邑県子竜街小学校に立つ趙雲の像。(2017年9月21日撮影)中国四川省成都市大邑(だいゆう)県は、三国志の名将、趙雲(字は子竜)が晩年に守備を任された地と伝えられており、子竜祠などの三国時代の遺跡が残され、独特の子竜文化を今に伝えている。専門家の考証によると、三国時代の大邑は蜀漢の存亡に関わる戦略的要地であり、当時の都、成都の西側を守る障壁の役目を果たした。晩年に成都の「首都警備司令官」を務めた趙雲は、病没するまでの十数年間、この地に駐留した。(成都=新華社配信/大邑県文化管理所提供)=2017(平成29)年9月21日、クレジット:大邑県文化管理所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600175

  •  三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県
    2017年09月21日
    三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県

    四川省大邑県の子竜街小学校。(2017年9月21日撮影)中国四川省成都市大邑(だいゆう)県は、三国志の名将、趙雲(字は子竜)が晩年に守備を任された地と伝えられており、子竜祠などの三国時代の遺跡が残され、独特の子竜文化を今に伝えている。専門家の考証によると、三国時代の大邑は蜀漢の存亡に関わる戦略的要地であり、当時の都、成都の西側を守る障壁の役目を果たした。晩年に成都の「首都警備司令官」を務めた趙雲は、病没するまでの十数年間、この地に駐留した。(成都=新華社配信/大邑県文化管理所提供)=2017(平成29)年9月21日、クレジット:大邑県文化管理所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600148

  •  三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県
    2017年09月21日
    三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県

    四川省大邑県にある子竜祠の正殿に安置されている趙雲の像。(2017年9月21日撮影)中国四川省成都市大邑(だいゆう)県は、三国志の名将、趙雲(字は子竜)が晩年に守備を任された地と伝えられており、子竜祠などの三国時代の遺跡が残され、独特の子竜文化を今に伝えている。専門家の考証によると、三国時代の大邑は蜀漢の存亡に関わる戦略的要地であり、当時の都、成都の西側を守る障壁の役目を果たした。晩年に成都の「首都警備司令官」を務めた趙雲は、病没するまでの十数年間、この地に駐留した。(成都=新華社配信/大邑県文化管理所提供)=2017(平成29)年9月21日、クレジット:大邑県文化管理所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600138

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100494

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100501

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100482

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100474

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100508

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100509

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内に建つ張飛像。(2017年11月7日撮影、小型無人機機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100488

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100479

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100500

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100504

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100489

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100477

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100491

  •  三国志蜀漢の猛将、馬超の墓「馬超墓祠」を訪ねて陝西省漢中市
    2018年04月28日
    三国志蜀漢の猛将、馬超の墓「馬超墓祠」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県城にある馬超墓祠の前院に立つ正殿。(2018年4月28日撮影)中国三国時代の蜀漢(しょくかん)五虎大将軍の一人、馬超(ば・ちょう)の墓「馬超墓祠」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から西へ2キロの国道108号線沿いある。省の重点文物保護単位に指定されており、西は同じく蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る武侯祠(ぶこうし)に接している。馬超の字(あざな)は孟起(もうき)といい、蜀漢を興した劉備に投じる前は「征西将軍」を称し、涼州(現在の甘粛省、寧夏回族自治区一帯)を拠点に曹操に敵対した。曹操配下の武将の中では許褚(きょ・ちょ)以外に匹敵する者がいなかったため「三国の英雄に馬超あり」と言われた。蜀漢の章武元年(221年)に陽平関(現在の陝西省漢中市勉県)の守備を任されたが、翌年47歳で病没し、同地に埋葬された。贈り名は「威侯」。墓前には年代不詳の祠(ほこら)が建てられている。清代までは広大な規模を誇った馬超墓祠だが、清代の嘉慶年間(1796~1820年)と太平天国(1851~1864年)期に破壊を受けた。現在の墓祠の面積は40ムー(約2・7ヘクタール)。山門、大殿、東西廂房、配殿などの建物が、幾度の修復を経て今日に至っている。(西安=新華社配信/宋楽)=2018(平成30)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005826

  •  三国志蜀漢の猛将、馬超の墓「馬超墓祠」を訪ねて陝西省漢中市
    2018年04月28日
    三国志蜀漢の猛将、馬超の墓「馬超墓祠」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県城の馬超墓祠。(2018年4月28日撮影)中国三国時代の蜀漢(しょくかん)五虎大将軍の一人、馬超(ば・ちょう)の墓「馬超墓祠」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から西へ2キロの国道108号線沿いある。省の重点文物保護単位に指定されており、西は同じく蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る武侯祠(ぶこうし)に接している。馬超の字(あざな)は孟起(もうき)といい、蜀漢を興した劉備に投じる前は「征西将軍」を称し、涼州(現在の甘粛省、寧夏回族自治区一帯)を拠点に曹操に敵対した。曹操配下の武将の中では許褚(きょ・ちょ)以外に匹敵する者がいなかったため「三国の英雄に馬超あり」と言われた。蜀漢の章武元年(221年)に陽平関(現在の陝西省漢中市勉県)の守備を任されたが、翌年47歳で病没し、同地に埋葬された。贈り名は「威侯」。墓前には年代不詳の祠(ほこら)が建てられている。清代までは広大な規模を誇った馬超墓祠だが、清代の嘉慶年間(1796~1820年)と太平天国(1851~1864年)期に破壊を受けた。現在の墓祠の面積は40ムー(約2・7ヘクタール)。山門、大殿、東西廂房、配殿などの建物が、幾度の修復を経て今日に至っている。(西安=新華社配信/宋楽)。=2018(平成30)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005828

  •  三国志蜀漢の猛将、馬超の墓「馬超墓祠」を訪ねて陝西省漢中市
    2018年04月28日
    三国志蜀漢の猛将、馬超の墓「馬超墓祠」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県城にある馬超墓祠の墓塚の前に立つ碑亭。(2018年4月28日撮影)中国三国時代の蜀漢(しょくかん)五虎大将軍の一人、馬超(ば・ちょう)の墓「馬超墓祠」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から西へ2キロの国道108号線沿いある。省の重点文物保護単位に指定されており、西は同じく蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る武侯祠(ぶこうし)に接している。馬超の字(あざな)は孟起(もうき)といい、蜀漢を興した劉備に投じる前は「征西将軍」を称し、涼州(現在の甘粛省、寧夏回族自治区一帯)を拠点に曹操に敵対した。曹操配下の武将の中では許褚(きょ・ちょ)以外に匹敵する者がいなかったため「三国の英雄に馬超あり」と言われた。蜀漢の章武元年(221年)に陽平関(現在の陝西省漢中市勉県)の守備を任されたが、翌年47歳で病没し、同地に埋葬された。贈り名は「威侯」。墓前には年代不詳の祠(ほこら)が建てられている。清代までは広大な規模を誇った馬超墓祠だが、清代の嘉慶年間(1796~1820年)と太平天国(1851~1864年)期に破壊を受けた。現在の墓祠の面積は40ムー(約2・7ヘクタール)。山門、大殿、東西廂房、配殿などの建物が、幾度の修復を経て今日に至っている。(西安=新華社配信/宋楽)=2018(平成30)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005879

  •  劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進
    2018年06月05日
    劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進

    5日、成都の武侯祠にある張飛の塑像。中国各地に点在する劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡の中でも、成都の武侯祠は最も人気の高いスポットの一つだ。成都市諸葛孔明研究会の譚良嘯副会長は「成都市は三国時代、蜀漢の政治の中心だった。三国時代の文化遺跡は46カ所あり、全国でも群を抜いている」と語る。武侯祠は今でも多くの日本人観光客が訪れており、三国時代は中日文化交流の共通の関心事として注目されている。(成都=新華社記者/陳健)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060701013

  •  劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進
    2018年06月05日
    劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進

    5日、四川省成都市にある武侯祠の境内の様子。中国各地に点在する劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡の中でも、成都の武侯祠は最も人気の高いスポットの一つだ。成都市諸葛孔明研究会の譚良嘯副会長は「成都市は三国時代、蜀漢の政治の中心だった。三国時代の文化遺跡は46カ所あり、全国でも群を抜いている」と語る。武侯祠は今でも多くの日本人観光客が訪れており、三国時代は中日文化交流の共通の関心事として注目されている。(成都=新華社記者/陳健)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060701020

  •  劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進
    2018年06月05日
    劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進

    5日、成都の武侯祠にある三義廟の正殿。中国各地に点在する劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡の中でも、成都の武侯祠は最も人気の高いスポットの一つだ。成都市諸葛孔明研究会の譚良嘯副会長は「成都市は三国時代、蜀漢の政治の中心だった。三国時代の文化遺跡は46カ所あり、全国でも群を抜いている」と語る。武侯祠は今でも多くの日本人観光客が訪れており、三国時代は中日文化交流の共通の関心事として注目されている。(成都=新華社記者/陳健)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060701018

  •  劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進
    2018年06月05日
    劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進

    5日、成都の武侯祠にある諸葛孔明の塑像。中国各地に点在する劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡の中でも、成都の武侯祠は最も人気の高いスポットの一つだ。成都市諸葛孔明研究会の譚良嘯副会長は「成都市は三国時代、蜀漢の政治の中心だった。三国時代の文化遺跡は46カ所あり、全国でも群を抜いている」と語る。武侯祠は今でも多くの日本人観光客が訪れており、三国時代は中日文化交流の共通の関心事として注目されている。(成都=新華社記者/陳健)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060701021

  •  劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進
    2018年06月05日
    劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進

    5日、成都の武侯祠にある漢昭烈廟(劉備の墓所)。中国各地に点在する劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡の中でも、成都の武侯祠は最も人気の高いスポットの一つだ。成都市諸葛孔明研究会の譚良嘯副会長は「成都市は三国時代、蜀漢の政治の中心だった。三国時代の文化遺跡は46カ所あり、全国でも群を抜いている」と語る。武侯祠は今でも多くの日本人観光客が訪れており、三国時代は中日文化交流の共通の関心事として注目されている。(成都=新華社記者/陳健)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060701052

  •  劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進
    2018年06月05日
    劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進

    5日、成都の武侯祠にある関羽の塑像。中国各地に点在する劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡の中でも、成都の武侯祠は最も人気の高いスポットの一つだ。成都市諸葛孔明研究会の譚良嘯副会長は「成都市は三国時代、蜀漢の政治の中心だった。三国時代の文化遺跡は46カ所あり、全国でも群を抜いている」と語る。武侯祠は今でも多くの日本人観光客が訪れており、三国時代は中日文化交流の共通の関心事として注目されている。(成都=新華社記者/陳健)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060701042

  •  劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進
    2018年06月05日
    劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進

    5日、四川省成都市の武侯祠。中国各地に点在する劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡の中でも、成都の武侯祠は最も人気の高いスポットの一つだ。成都市諸葛孔明研究会の譚良嘯副会長は「成都市は三国時代、蜀漢の政治の中心だった。三国時代の文化遺跡は46カ所あり、全国でも群を抜いている」と語る。武侯祠は今でも多くの日本人観光客が訪れており、三国時代は中日文化交流の共通の関心事として注目されている。(成都=新華社記者/陳健)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060700984

  •  劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進
    2018年06月05日
    劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進

    5日、成都の武侯祠にある劉備の塑像。中国各地に点在する劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡の中でも、成都の武侯祠は最も人気の高いスポットの一つだ。成都市諸葛孔明研究会の譚良嘯副会長は「成都市は三国時代、蜀漢の政治の中心だった。三国時代の文化遺跡は46カ所あり、全国でも群を抜いている」と語る。武侯祠は今でも多くの日本人観光客が訪れており、三国時代は中日文化交流の共通の関心事として注目されている。(成都=新華社記者/陳健)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060701034

  •  「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶
    2018年10月01日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    大勢の人出で賑わう年に一度の張飛廟の廟会(びょうえ、縁日)。(2018年10月1日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100497

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月02日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の堀。(2018年11月2日撮影、小型無人機から)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。襄陽城は全長7322メートルで、城壁上部には4千余りの垛堞(城壁の上にある凹凸のある小さな壁)が設置され、城壁の周囲の堀は最も広い場所で250メートルある。保存状態の良い十大古城の一つに数えられている。(襄陽=新華社配信/楊東)=2018(平成30)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625201

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の臨漢門。(5月1日撮影、小型無人機から)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624933

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月02日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の堀。(5月2日撮影、小型無人機から)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。襄陽城は全長7322メートルで、城壁上部には4千余りの垛堞(城壁の上にある凹凸のある小さな壁)が設置され、城壁の周囲の堀は最も広い場所で250メートルある。保存状態の良い十大古城の一つに数えられている。(襄陽=新華社配信/楊東)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625024

  •  四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現
    2019年05月16日
    四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現

    16日、四川博物院に展示された明代の七弦琴(しちげんきん、古琴の別称)「引鳳」。諸葛亮(しょかつ・りょう、中国三国時代の蜀漢の政治家・軍師)が戦術「空城の計」(くうじょうのけい、あえて自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略)で奏でた曲とされる「流水」が16日、中国四川省成都市の四川博物院で披露された。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002186

  •  四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現
    2019年05月16日
    四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現

    16日に撮影した四川博物院に展示されている唐代の古琴「石澗敲氷」。この古琴は元代の「中書令」(ちゅうしょれい、漢代から明代にかけて存在した官職名)の耶律楚材(やりつ・そざい)が所蔵していたもの。耶律楚材は「広陵散」の演奏に長けていただけでなく、名琴の収集を趣味とし、「古琴マニア」であったという。諸葛亮(しょかつ・りょう、中国三国時代の蜀漢の政治家・軍師)が戦術「空城の計」(くうじょうのけい、あえて自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略)で奏でた曲とされる「流水」が16日、中国四川省成都市の四川博物院で披露された。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002313

  •  四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現
    2019年05月16日
    四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現

    16日、四川博物院に展示された漢代の画像塼(複製品)から拓本を取る同博物院のスタッフ。諸葛亮(しょかつ・りょう、中国三国時代の蜀漢の政治家・軍師)が戦術「空城の計」(くうじょうのけい、あえて自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略)で奏でた曲とされる「流水」が16日、中国四川省成都市の四川博物院で披露された。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002298

  •  四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現
    2019年05月16日
    四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現

    16日、四川博物院に展示された「剣胆琴心」と刻まれた寿山石印章(近代)。諸葛亮(しょかつ・りょう、中国三国時代の蜀漢の政治家・軍師)が戦術「空城の計」(くうじょうのけい、あえて自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略)で奏でた曲とされる「流水」が16日、中国四川省成都市の四川博物院で披露された。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002330

  •  四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現
    2019年05月16日
    四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現

    16日に撮影した「琴・心-四川博物院所蔵古琴展」の会場の入口。諸葛亮(しょかつ・りょう、中国三国時代の蜀漢の政治家・軍師)が戦術「空城の計」(くうじょうのけい、あえて自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略)で奏でた曲とされる「流水」が16日、中国四川省成都市の四川博物院で披露された。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002352

  •  四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現
    2019年05月16日
    四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現

    16日、四川博物院に展示された後漢時代の「陶撫琴傭」(琴を弾く人をかたどった陶製の人物像)。諸葛亮(しょかつ・りょう、中国三国時代の蜀漢の政治家・軍師)が戦術「空城の計」(くうじょうのけい、あえて自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略)で奏でた曲とされる「流水」が16日、中国四川省成都市の四川博物院で披露された。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002358

  •  四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現
    2019年05月16日
    四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現

    16日、四川博物院に展示された古琴作りの道具(一部)。諸葛亮(しょかつ・りょう、中国三国時代の蜀漢の政治家・軍師)が戦術「空城の計」(くうじょうのけい、あえて自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略)で奏でた曲とされる「流水」が16日、中国四川省成都市の四川博物院で披露された。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002333

  •  四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現
    2019年05月16日
    四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現

    16日、会場で観客に「流水」の演奏を披露する古琴演奏家、中国琴会の曾成偉(そう・せいい)副会長。諸葛亮(しょかつ・りょう、中国三国時代の蜀漢の政治家・軍師)が戦術「空城の計」(くうじょうのけい、あえて自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略)で奏でた曲とされる「流水」が16日、中国四川省成都市の四川博物院で披露された。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002227

  •  四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現
    2019年05月16日
    四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現

    16日、中国の伝統的な衣装をまとって同展を訪れた若い女性。諸葛亮(しょかつ・りょう、中国三国時代の蜀漢の政治家・軍師)が戦術「空城の計」(くうじょうのけい、あえて自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略)で奏でた曲とされる「流水」が16日、中国四川省成都市の四川博物院で披露された。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002230

  •  四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現
    2019年05月16日
    四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現

    16日、古琴、排鼓(はいこ、音程の異なる数個の太鼓を円形に並べたもの)、碰鈴(ペンリンベル)、笙、木魚などの楽器で名曲「神人暢」を合奏し、中国古代の祭祀音楽を再現する古琴演奏家、張婷婷(ちょう・ていてい)さんと彼女の率いる古楽器バンドのメンバー。諸葛亮(しょかつ・りょう、中国三国時代の蜀漢の政治家・軍師)が戦術「空城の計」(くうじょうのけい、あえて自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略)で奏でた曲とされる「流水」が16日、中国四川省成都市の四川博物院で披露された。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002315

  •  四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現
    2019年05月16日
    四川博物院、諸葛亮が「空城の計」で奏でた曲を再現

    16日、四川博物院に展示された後漢時代の「雑技舞楽画像塼(れんが)」。諸葛亮(しょかつ・りょう、中国三国時代の蜀漢の政治家・軍師)が戦術「空城の計」(くうじょうのけい、あえて自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略)で奏でた曲とされる「流水」が16日、中国四川省成都市の四川博物院で披露された。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002205

  • 1
  • 2
  • 3