KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 絹織物
  • 歴史
  • 令和
  • 伝統
  • 千年
  • 古代
  • 春秋戦国時代
  • チワン族
  • 別称
  • 南京

「蜀錦」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
27
( 1 27 件を表示)
  • 1
27
( 1 27 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  唐代の服飾の流行から見るアジアの文明交流
    2016年06月20日
    唐代の服飾の流行から見るアジアの文明交流

    唐代の文化財「団窼対獣紋夾聯珠対鳥紋半臂(だんそうついじゅうもんきょうれんじゅついちょうもんはんぴ)」。(2016年6月20日撮影)春秋戦国時代に四川省成都市で生まれ、唐代に流行した絹織物「蜀錦(しょっきん)」は、千年以上の長い歴史の中で中国からほぼアジア全域に広まり、中華文明と中央アジア文明の交流と融合の様子を今に伝えてきた。また、「蜀錦」は日本にも伝わり、貴重な文化遺産として保存されている。このほど、成都博物館で唐代の文化財「団窼対獣紋夾聯珠対鳥紋半臂(だんそうついじゅうもんきょうれんじゅついちょうもんはんぴ)」を鑑賞する機会に恵まれた。この半臂(はんぴ)は蜀錦と中央アジアのソグド錦の2つの部分からできている。このように、2つの異なる図柄、2つの異なる文化が1枚の衣服の中で引き立て合って輝きを増していることからも、当時の中華文明と中央アジア文明の交流と融合の様子が十分に見て取れる。(成都=新華社配信/成都市博物館提供)=2016(平成28)年6月20日、クレジット:成都市博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042601890

  •  唐代の服飾の流行から見るアジアの文明交流
    2016年06月20日
    唐代の服飾の流行から見るアジアの文明交流

    唐代の文化財「団窼対獣紋夾聯珠対鳥紋半臂(だんそうついじゅうもんきょうれんじゅついちょうもんはんぴ)」。(背面、2016年6月20日撮影)春秋戦国時代に四川省成都市で生まれ、唐代に流行した絹織物「蜀錦(しょっきん)」は、千年以上の長い歴史の中で中国からほぼアジア全域に広まり、中華文明と中央アジア文明の交流と融合の様子を今に伝えてきた。また、「蜀錦」は日本にも伝わり、貴重な文化遺産として保存されている。このほど、成都博物館で唐代の文化財「団窼対獣紋夾聯珠対鳥紋半臂(だんそうついじゅうもんきょうれんじゅついちょうもんはんぴ)」を鑑賞する機会に恵まれた。この半臂(はんぴ)は蜀錦と中央アジアのソグド錦の2つの部分からできている。このように、2つの異なる図柄、2つの異なる文化が1枚の衣服の中で引き立て合って輝きを増していることからも、当時の中華文明と中央アジア文明の交流と融合の様子が十分に見て取れる。(成都=新華社配信/成都市博物館提供)=2016(平成28)年6月20日、クレジット:成都市博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042601962

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月11日
    四川博物院、米グーグルのアートプロジェクトに参加

    東漢時代に作られた秦国の蜀郡太守(しょくぐんたいしゅ)、李冰(り・ひょう)石像の複製。米インターネット検索大手のグーグルは6日、芸術作品を検索し、鑑賞できるサービス「GoogleArts&Culture」で、発明と発見に関する史上最大のオンライン展示プロジェクト「OnceUponaTry(いにしえの試み)」を開始した。プロジェクトは中国四川省成都市の四川博物院を含む23カ国、110カ所の著名博物館の所蔵品やストーリー、専門知識を一堂に集め、数千年来の重大な発見とその背後にある偉大な天才を展示している。四川博物院は水利施設「都江堰(とこうえん)」で千年以上に使われていた文化財のほか、同じく千年以上前に作られた絹製品「蜀錦」を展示する。蜀錦の織機は二進法の原理を用いており、織り出された精巧で美しい模様には、古代の人々の審美眼と高度な技巧が反映されている。今回のプロジェクトを受けて、四川博物院はグーグルが開発した「ArtCamera」で所蔵品61点の10億画素以上の画像を撮影した。これにより、文化財独特の手仕事の細かいところまで映し出され、肉眼では見にくいところまで見られるようになっている。(成都=新華社配信/四川博物院提供)=撮影日不明、クレジット:四川博物院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801051

  •  四川博物院、米グーグルのアートプロジェクトに参加
    2019年03月11日
    四川博物院、米グーグルのアートプロジェクトに参加

    四川博物院が所蔵している蜀錦(しょっきん、古代中国の「蜀」で織られた錦)の織機。米インターネット検索大手のグーグルは6日、芸術作品を検索し、鑑賞できるサービス「GoogleArts&Culture」で、発明と発見に関する史上最大のオンライン展示プロジェクト「OnceUponaTry(いにしえの試み)」を開始した。プロジェクトは中国四川省成都市の四川博物院を含む23カ国、110カ所の著名博物館の所蔵品やストーリー、専門知識を一堂に集め、数千年来の重大な発見とその背後にある偉大な天才を展示している。四川博物院は水利施設「都江堰(とこうえん)」で千年以上に使われていた文化財のほか、同じく千年以上前に作られた絹製品「蜀錦」を展示する。蜀錦の織機は二進法の原理を用いており、織り出された精巧で美しい模様には、古代の人々の審美眼と高度な技巧が反映されている。今回のプロジェクトを受けて、四川博物院はグーグルが開発した「ArtCamera」で所蔵品61点の10億画素以上の画像を撮影した。これにより、文化財独特の手仕事の細かいところまで映し出され、肉眼では見にくいところまで見られるようになっている。(成都=新華社配信/四川博物院提供)=撮影日不明、クレジット:四川博物院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801098

  •  四川博物院、米グーグルのアートプロジェクトに参加
    2019年03月11日
    四川博物院、米グーグルのアートプロジェクトに参加

    四川博物院が所蔵している近代中国書画の大家である張大千(ちょう・だいせん)の敦煌観音菩薩像の模写。米インターネット検索大手のグーグルは6日、芸術作品を検索し、鑑賞できるサービス「GoogleArts&Culture」で、発明と発見に関する史上最大のオンライン展示プロジェクト「OnceUponaTry(いにしえの試み)」を開始した。プロジェクトは中国四川省成都市の四川博物院を含む23カ国、110カ所の著名博物館の所蔵品やストーリー、専門知識を一堂に集め、数千年来の重大な発見とその背後にある偉大な天才を展示している。四川博物院は水利施設「都江堰(とこうえん)」で千年以上に使われていた文化財のほか、同じく千年以上前に作られた絹製品「蜀錦」を展示する。蜀錦の織機は二進法の原理を用いており、織り出された精巧で美しい模様には、古代の人々の審美眼と高度な技巧が反映されている。今回のプロジェクトを受けて、四川博物院はグーグルが開発した「ArtCamera」で所蔵品61点の10億画素以上の画像を撮影した。これにより、文化財独特の手仕事の細かいところまで映し出され、肉眼では見にくいところまで見られるようになっている。(成都=新華社配信/四川博物院提供)=撮影日不明、クレジット:四川博物院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801044

  •  (4)200以上の無形文化遺産が古城の町に登場陝西省楡林市
    2023年02月21日
    (4)200以上の無形文化遺産が古城の町に登場陝西省楡林市

    18日、無形文化遺産展示館に陳列された蜀錦(しょっきん、絹織物)。中国陝西省楡林市で16~20日、第1回中国無形文化遺産保護年次総会が開催された。期間中、市内の旧市街には200以上の無形文化遺産項目が登場した。(楡林=新華社記者/鄒競一)= 配信日: 2023(令和5)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022106671

  •  (9)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市
    2023年06月03日
    (9)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市

    四川省成都市双流区にある成都古蜀蜀錦研究所に陳列された蜀錦で再現した絵画「南無観世音菩薩」。(4月13日撮影)中国の伝統的な絹織物「蜀錦」は、春秋戦国時代に四川省成都市で誕生し漢代と唐代に盛んに作られた。南京の「雲錦」、チワン族の「壮錦」、蘇州の「宋錦」と並び中国の「四大名錦」と称えられる。成都市は古代に「錦(錦織)」を管理する役所を置いたことから「錦官城」の別称で知られ、「蜀錦」発展の千年の歴史を見守ってきた。(成都=新華社配信/沙勇)= 配信日: 2023(令和5)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060312542

  •  「新華社」伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市
    01:09.52
    2023年06月03日
    「新華社」伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市

    中国の伝統的な絹織物「蜀錦」は、春秋戦国時代に四川省成都市で誕生し漢代と唐代に盛んに作られた。南京の「雲錦」、チワン族の「壮錦」、蘇州の「宋錦」と並び中国の「四大名錦」と称えられる。成都市は古代に「錦(錦織)」を管理する役所を置いたことから「錦官城」の別称で知られ、「蜀錦」発展の千年の歴史を見守ってきた。市内南西部に位置する双流区は、3千年余り前に四川省一帯で栄えた古蜀国の王「蚕叢(さんそう)」が都を定めた地域だ。蚕叢はこの地で人々に桑の栽培を教え、蜀国百代の繁栄の道を切り開いたと伝えられている。同区にある成都古蜀蜀錦研究所の胡光俊(こ・こうしゅん)所長は50年以上にわたり蜀錦の保護、継承、研究、生産に取り組んできた。胡氏は成都大学中国-東南アジア諸国連合(ASEAN)芸術学院のデザインチームと協力して、今年成都市で開催される第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会の表彰メダルのリボンを製作した。リボンは市内の金沙遺跡で出土した「太陽神鳥」と同市の市花「芙蓉」を組み合わせたデザインで、蜀錦の伝統的な技術を利用して織られた。 =配信日: 2023(令和5)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060312552

  •  (10)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市
    2023年06月03日
    (10)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市

    四川省成都市双流区にある成都古蜀蜀錦研究所に陳列された蜀錦で再現した絵画「桃園の誓い」。(4月13日撮影)中国の伝統的な絹織物「蜀錦」は、春秋戦国時代に四川省成都市で誕生し漢代と唐代に盛んに作られた。南京の「雲錦」、チワン族の「壮錦」、蘇州の「宋錦」と並び中国の「四大名錦」と称えられる。成都市は古代に「錦(錦織)」を管理する役所を置いたことから「錦官城」の別称で知られ、「蜀錦」発展の千年の歴史を見守ってきた。(成都=新華社配信/沙勇)= 配信日: 2023(令和5)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060312546

  •  (8)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市
    2023年06月03日
    (8)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市

    四川省成都市双流区にある成都古蜀蜀錦研究所に陳列された蜀錦の装飾品。(4月13日撮影)中国の伝統的な絹織物「蜀錦」は、春秋戦国時代に四川省成都市で誕生し漢代と唐代に盛んに作られた。南京の「雲錦」、チワン族の「壮錦」、蘇州の「宋錦」と並び中国の「四大名錦」と称えられる。成都市は古代に「錦(錦織)」を管理する役所を置いたことから「錦官城」の別称で知られ、「蜀錦」発展の千年の歴史を見守ってきた。(成都=新華社配信/沙勇)= 配信日: 2023(令和5)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060312549

  •  (12)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市
    2023年06月03日
    (12)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市

    四川省成都市双流区にある成都古蜀蜀錦研究所に陳列された蜀錦で再現した錦絵。(4月13日撮影)中国の伝統的な絹織物「蜀錦」は、春秋戦国時代に四川省成都市で誕生し漢代と唐代に盛んに作られた。南京の「雲錦」、チワン族の「壮錦」、蘇州の「宋錦」と並び中国の「四大名錦」と称えられる。成都市は古代に「錦(錦織)」を管理する役所を置いたことから「錦官城」の別称で知られ、「蜀錦」発展の千年の歴史を見守ってきた。(成都=新華社配信/沙勇)= 配信日: 2023(令和5)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060312544

  •  (7)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市
    2023年06月03日
    (7)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市

    四川省成都市双流区にある成都古蜀蜀錦研究所で蜀錦の生地を織るスタッフ。(4月13日撮影)中国の伝統的な絹織物「蜀錦」は、春秋戦国時代に四川省成都市で誕生し漢代と唐代に盛んに作られた。南京の「雲錦」、チワン族の「壮錦」、蘇州の「宋錦」と並び中国の「四大名錦」と称えられる。成都市は古代に「錦(錦織)」を管理する役所を置いたことから「錦官城」の別称で知られ、「蜀錦」発展の千年の歴史を見守ってきた。(成都=新華社配信/沙勇)= 配信日: 2023(令和5)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060312545

  •  (6)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市
    2023年06月03日
    (6)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市

    四川省成都市双流区にある成都古蜀蜀錦研究所で蜀錦の生地を織るスタッフ。(4月13日撮影)中国の伝統的な絹織物「蜀錦」は、春秋戦国時代に四川省成都市で誕生し漢代と唐代に盛んに作られた。南京の「雲錦」、チワン族の「壮錦」、蘇州の「宋錦」と並び中国の「四大名錦」と称えられる。成都市は古代に「錦(錦織)」を管理する役所を置いたことから「錦官城」の別称で知られ、「蜀錦」発展の千年の歴史を見守ってきた。(成都=新華社配信/沙勇)= 配信日: 2023(令和5)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060312541

  •  (1)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市
    2023年06月03日
    (1)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市

    唐代以降に用いられた蜀錦の織機「小花楼木織機」の操作方法を披露する四川省成都市双流区にある成都古蜀蜀錦研究所の胡光俊(こ・こうしゅん)所長。(2016年9月23日撮影)中国の伝統的な絹織物「蜀錦」は、春秋戦国時代に四川省成都市で誕生し漢代と唐代に盛んに作られた。南京の「雲錦」、チワン族の「壮錦」、蘇州の「宋錦」と並び中国の「四大名錦」と称えられる。成都市は古代に「錦(錦織)」を管理する役所を置いたことから「錦官城」の別称で知られ、「蜀錦」発展の千年の歴史を見守ってきた。(成都=新華社配信/劉偉)= 配信日: 2023(令和5)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060312506

  •  (5)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市
    2023年06月03日
    (5)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市

    四川省成都市双流区にある成都古蜀蜀錦研究所に陳列された蜀錦で再現した錦絵「清明上河図」の一部。(4月13日撮影)中国の伝統的な絹織物「蜀錦」は、春秋戦国時代に四川省成都市で誕生し漢代と唐代に盛んに作られた。南京の「雲錦」、チワン族の「壮錦」、蘇州の「宋錦」と並び中国の「四大名錦」と称えられる。成都市は古代に「錦(錦織)」を管理する役所を置いたことから「錦官城」の別称で知られ、「蜀錦」発展の千年の歴史を見守ってきた。(成都=新華社配信/沙勇)= 配信日: 2023(令和5)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060312548

  •  (4)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市
    2023年06月03日
    (4)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市

    四川省成都市双流区にある成都古蜀蜀錦研究所に陳列された蜀錦で再現した錦絵「清明上河図」の一部。(4月13日撮影)中国の伝統的な絹織物「蜀錦」は、春秋戦国時代に四川省成都市で誕生し漢代と唐代に盛んに作られた。南京の「雲錦」、チワン族の「壮錦」、蘇州の「宋錦」と並び中国の「四大名錦」と称えられる。成都市は古代に「錦(錦織)」を管理する役所を置いたことから「錦官城」の別称で知られ、「蜀錦」発展の千年の歴史を見守ってきた。(成都=新華社配信/沙勇)= 配信日: 2023(令和5)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060312520

  •  (2)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市
    2023年06月03日
    (2)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市

    四川省成都市双流区にある成都古蜀蜀錦研究所が伝統的な織物技術を利用して製作した第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会の表彰メダルのリボン。(4月13日撮影)中国の伝統的な絹織物「蜀錦」は、春秋戦国時代に四川省成都市で誕生し漢代と唐代に盛んに作られた。南京の「雲錦」、チワン族の「壮錦」、蘇州の「宋錦」と並び中国の「四大名錦」と称えられる。成都市は古代に「錦(錦織)」を管理する役所を置いたことから「錦官城」の別称で知られ、「蜀錦」発展の千年の歴史を見守ってきた。(成都=新華社配信/沙勇)= 配信日: 2023(令和5)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060312505

  •  (3)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市
    2023年06月03日
    (3)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市

    四川省成都市双流区にある成都古蜀蜀錦研究所に陳列された蜀錦で再現した錦絵「清明上河図」の一部。(4月13日撮影)中国の伝統的な絹織物「蜀錦」は、春秋戦国時代に四川省成都市で誕生し漢代と唐代に盛んに作られた。南京の「雲錦」、チワン族の「壮錦」、蘇州の「宋錦」と並び中国の「四大名錦」と称えられる。成都市は古代に「錦(錦織)」を管理する役所を置いたことから「錦官城」の別称で知られ、「蜀錦」発展の千年の歴史を見守ってきた。(成都=新華社配信/沙勇)= 配信日: 2023(令和5)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060312517

  •  (11)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市
    2023年06月03日
    (11)伝統的な絹織物「蜀錦」の魅力を味わう四川省成都市

    四川省成都市双流区にある成都古蜀蜀錦研究所に陳列された蜀錦で再現した錦絵。(4月13日撮影)中国の伝統的な絹織物「蜀錦」は、春秋戦国時代に四川省成都市で誕生し漢代と唐代に盛んに作られた。南京の「雲錦」、チワン族の「壮錦」、蘇州の「宋錦」と並び中国の「四大名錦」と称えられる。成都市は古代に「錦(錦織)」を管理する役所を置いたことから「錦官城」の別称で知られ、「蜀錦」発展の千年の歴史を見守ってきた。(成都=新華社配信/沙勇)= 配信日: 2023(令和5)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060312550

  •  (1)成都ユニバメダルリボンに中国無形文化遺産「蜀錦」の技術
    2023年07月23日
    (1)成都ユニバメダルリボンに中国無形文化遺産「蜀錦」の技術

    芙蓉や太陽神鳥などの模様が織り込まれた成都ユニバのメダルリボン。(7月7日撮影)中国四川省成都市で28日に第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会(成都ユニバ)が開幕する。入賞者に授与されるメダルのリボンは、同市発祥の伝統的な絹織物「蜀錦」の技術で制作され、公開されるとたちまち多くの注目を集めた。表と裏に青と赤を配した生地に、市花「芙蓉」や市内の金沙遺跡で出土した「太陽神鳥」、碁盤の目などの要素が織り込まれ、自然光の下でさまざまな色彩を生み出している。蜀錦は中国の「四大名錦」の一つで、2千年以上の歴史がある。成都市は蜀錦の生産が盛んなことから「錦城」と呼ばれている。蜀錦織造技芸は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2023(令和5)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023072308093

  •  (3)成都ユニバメダルリボンに中国無形文化遺産「蜀錦」の技術
    2023年07月23日
    (3)成都ユニバメダルリボンに中国無形文化遺産「蜀錦」の技術

    蜀錦織機の原理を紹介する成都古蜀蜀錦研究所の胡光俊(こ・こうしゅん)所長。(6月7日撮影)中国四川省成都市で28日に第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会(成都ユニバ)が開幕する。入賞者に授与されるメダルのリボンは、同市発祥の伝統的な絹織物「蜀錦」の技術で制作され、公開されるとたちまち多くの注目を集めた。表と裏に青と赤を配した生地に、市花「芙蓉」や市内の金沙遺跡で出土した「太陽神鳥」、碁盤の目などの要素が織り込まれ、自然光の下でさまざまな色彩を生み出している。蜀錦は中国の「四大名錦」の一つで、2千年以上の歴史がある。成都市は蜀錦の生産が盛んなことから「錦城」と呼ばれている。蜀錦織造技芸は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2023(令和5)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023072308094

  •  (5)成都ユニバメダルリボンに中国無形文化遺産「蜀錦」の技術
    2023年07月23日
    (5)成都ユニバメダルリボンに中国無形文化遺産「蜀錦」の技術

    成都古蜀蜀錦研究所で、絹糸を調整するスタッフ。(6月7日撮影)中国四川省成都市で28日に第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会(成都ユニバ)が開幕する。入賞者に授与されるメダルのリボンは、同市発祥の伝統的な絹織物「蜀錦」の技術で制作され、公開されるとたちまち多くの注目を集めた。表と裏に青と赤を配した生地に、市花「芙蓉」や市内の金沙遺跡で出土した「太陽神鳥」、碁盤の目などの要素が織り込まれ、自然光の下でさまざまな色彩を生み出している。蜀錦は中国の「四大名錦」の一つで、2千年以上の歴史がある。成都市は蜀錦の生産が盛んなことから「錦城」と呼ばれている。蜀錦織造技芸は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2023(令和5)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023072308097

  •  (8)成都ユニバメダルリボンに中国無形文化遺産「蜀錦」の技術
    2023年07月23日
    (8)成都ユニバメダルリボンに中国無形文化遺産「蜀錦」の技術

    成都古蜀蜀錦研究所で撮影した、蜀錦の要素の入った成都ユニバの文化クリエーティブ製品。(6月7日撮影)中国四川省成都市で28日に第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会(成都ユニバ)が開幕する。入賞者に授与されるメダルのリボンは、同市発祥の伝統的な絹織物「蜀錦」の技術で制作され、公開されるとたちまち多くの注目を集めた。表と裏に青と赤を配した生地に、市花「芙蓉」や市内の金沙遺跡で出土した「太陽神鳥」、碁盤の目などの要素が織り込まれ、自然光の下でさまざまな色彩を生み出している。蜀錦は中国の「四大名錦」の一つで、2千年以上の歴史がある。成都市は蜀錦の生産が盛んなことから「錦城」と呼ばれている。蜀錦織造技芸は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2023(令和5)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023072308095

  •  (7)成都ユニバメダルリボンに中国無形文化遺産「蜀錦」の技術
    2023年07月23日
    (7)成都ユニバメダルリボンに中国無形文化遺産「蜀錦」の技術

    蜀錦で再現した錦絵「熊猫春嬉図」。(6月7日撮影)中国四川省成都市で28日に第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会(成都ユニバ)が開幕する。入賞者に授与されるメダルのリボンは、同市発祥の伝統的な絹織物「蜀錦」の技術で制作され、公開されるとたちまち多くの注目を集めた。表と裏に青と赤を配した生地に、市花「芙蓉」や市内の金沙遺跡で出土した「太陽神鳥」、碁盤の目などの要素が織り込まれ、自然光の下でさまざまな色彩を生み出している。蜀錦は中国の「四大名錦」の一つで、2千年以上の歴史がある。成都市は蜀錦の生産が盛んなことから「錦城」と呼ばれている。蜀錦織造技芸は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2023(令和5)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023072308089

  •  (4)成都ユニバメダルリボンに中国無形文化遺産「蜀錦」の技術
    2023年07月23日
    (4)成都ユニバメダルリボンに中国無形文化遺産「蜀錦」の技術

    成都古蜀蜀錦研究所で撮影した蜀錦。(6月7日撮影)中国四川省成都市で28日に第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会(成都ユニバ)が開幕する。入賞者に授与されるメダルのリボンは、同市発祥の伝統的な絹織物「蜀錦」の技術で制作され、公開されるとたちまち多くの注目を集めた。表と裏に青と赤を配した生地に、市花「芙蓉」や市内の金沙遺跡で出土した「太陽神鳥」、碁盤の目などの要素が織り込まれ、自然光の下でさまざまな色彩を生み出している。蜀錦は中国の「四大名錦」の一つで、2千年以上の歴史がある。成都市は蜀錦の生産が盛んなことから「錦城」と呼ばれている。蜀錦織造技芸は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2023(令和5)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023072308098

  •  (6)成都ユニバメダルリボンに中国無形文化遺産「蜀錦」の技術
    2023年07月23日
    (6)成都ユニバメダルリボンに中国無形文化遺産「蜀錦」の技術

    成都古蜀蜀錦研究所で製作した蜀錦。(6月7日撮影)中国四川省成都市で28日に第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会(成都ユニバ)が開幕する。入賞者に授与されるメダルのリボンは、同市発祥の伝統的な絹織物「蜀錦」の技術で制作され、公開されるとたちまち多くの注目を集めた。表と裏に青と赤を配した生地に、市花「芙蓉」や市内の金沙遺跡で出土した「太陽神鳥」、碁盤の目などの要素が織り込まれ、自然光の下でさまざまな色彩を生み出している。蜀錦は中国の「四大名錦」の一つで、2千年以上の歴史がある。成都市は蜀錦の生産が盛んなことから「錦城」と呼ばれている。蜀錦織造技芸は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2023(令和5)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023072308096

  •  (2)成都ユニバメダルリボンに中国無形文化遺産「蜀錦」の技術
    2023年07月23日
    (2)成都ユニバメダルリボンに中国無形文化遺産「蜀錦」の技術

    成都ユニバのメダルリボンを見せる成都古蜀蜀錦研究所の胡光俊(こ・こうしゅん)所長。(7月7日撮影)中国四川省成都市で28日に第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会(成都ユニバ)が開幕する。入賞者に授与されるメダルのリボンは、同市発祥の伝統的な絹織物「蜀錦」の技術で制作され、公開されるとたちまち多くの注目を集めた。表と裏に青と赤を配した生地に、市花「芙蓉」や市内の金沙遺跡で出土した「太陽神鳥」、碁盤の目などの要素が織り込まれ、自然光の下でさまざまな色彩を生み出している。蜀錦は中国の「四大名錦」の一つで、2千年以上の歴史がある。成都市は蜀錦の生産が盛んなことから「錦城」と呼ばれている。蜀錦織造技芸は2006年、中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2023(令和5)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023072308091

  • 1