KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 都市
  • 中庭
  • 仲介
  • 位置
  • 保存
  • 商人
  • 商取引
  • 城壁

「衛所」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2012年04月24日
    海栗島分屯基地の庁舎 「北」に最も近いレーダー

    航空自衛隊の海栗島分屯基地。手前は警衛所、奥は基地の庁舎=20日、長崎県対馬市上対馬町

    商品コード: 2012042400568

  • 2016年09月10日
    加計呂麻島の金子手崎防備衛所の遺構

    キーワード:遺跡、屋外、軍事施設、建物、午後、錆、初秋、戦争、大島郡、日本、廃墟、風景、無人、アイレベル、加計呂麻島、安脚場戦跡公園、金子手崎防備衛所、風景メイン写真、奄美群島国立公園=2016(平成28)年9月10日、鹿児島県瀬戸内町、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020901721

  • 2018年04月21日
    和田倉門守衛所跡と丸の内の高層ビル

    キーワード:イチョウ、ビル、ビル群、屋外、丸の内、建物、午後、高層ビル、自然、春、植物、新緑、青空、跡、大木、都心、日本、馬場先濠、風景、並木、堀、無人、門、緑、守衛所、和田倉門、風景メイン写真、和田倉門守衛所跡=2018(平成30)年4月21日、東京都千代田区、クレジット:SHOHO IMAI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060904893

  • 2019年03月20日
    和田倉門守衛所跡の夜景

    キーワード:ビル、ライトアップ、屋外、町並み、丸の内、光、高層ビル、春、城、跡、都会、道路、日比谷通り、日本、反射、無人、門、夜、夜景、江戸城、守衛所、和田倉濠、和田倉門、都市風景、お濠、風景メイン写真、東京ミッドタウン日比谷、和田倉門守衛所跡=2019(平成31)年3月20日、東京都千代田区、クレジット:Koutaro_Makioka/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122101513

  • 2019年07月01日
    新宿御苑大木戸門 玉川上水の面影宿す

    新宿御苑大木戸門の門衛所=東京都新宿区

    商品コード: 2019070100792

  • 2019年07月01日
    新宿御苑旧新宿門門衛所 玉川上水の面影宿す

    新宿御苑旧新宿門の門衛所=東京都新宿区

    商品コード: 2019070100820

  • 2020年04月22日
    都市の記憶を求めて天津老城博物館

    22日、天津老城博物館内の一角。中国天津市の老城博物館は、伝統家屋「徐家大院」の中に位置している。もともとは英国・麦加利銀行(チャータード銀行)の商取引を仲介した同市の商人、徐朴庵(じょ・ぼくあん)の邸宅だった。清朝末期から民国初期に建てられ、現在の敷地面積は1600平方メートル。天津市街で唯一、完全な状態で保存された典型的な伝統家屋で、三つの中庭を持つ「三進四合院」となっている。同博物館は2000年に正式に建設計画が立てられ、明代に天津に衛所が設けられ城壁が築かれてから600周年の記念日となった2004年12月23日に完成、一般開放された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104784

  • 2020年04月22日
    都市の記憶を求めて天津老城博物館

    22日、天津老城博物館内の伝統民家体験館の一角。中国天津市の老城博物館は、伝統家屋「徐家大院」の中に位置している。もともとは英国・麦加利銀行(チャータード銀行)の商取引を仲介した同市の商人、徐朴庵(じょ・ぼくあん)の邸宅だった。清朝末期から民国初期に建てられ、現在の敷地面積は1600平方メートル。天津市街で唯一、完全な状態で保存された典型的な伝統家屋で、三つの中庭を持つ「三進四合院」となっている。同博物館は2000年に正式に建設計画が立てられ、明代に天津に衛所が設けられ城壁が築かれてから600周年の記念日となった2004年12月23日に完成、一般開放された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709504

  • 2020年04月22日
    都市の記憶を求めて天津老城博物館

    22日、天津老城博物館の外観。中国天津市の老城博物館は、伝統家屋「徐家大院」の中に位置している。もともとは英国・麦加利銀行(チャータード銀行)の商取引を仲介した同市の商人、徐朴庵(じょ・ぼくあん)の邸宅だった。清朝末期から民国初期に建てられ、現在の敷地面積は1600平方メートル。天津市街で唯一、完全な状態で保存された典型的な伝統家屋で、三つの中庭を持つ「三進四合院」となっている。同博物館は2000年に正式に建設計画が立てられ、明代に天津に衛所が設けられ城壁が築かれてから600周年の記念日となった2004年12月23日に完成、一般開放された。。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709584

  • 2020年04月22日
    都市の記憶を求めて天津老城博物館

    22日、天津老城博物館内にある年越しの習慣を紹介する展示室。中国天津市の老城博物館は、伝統家屋「徐家大院」の中に位置している。もともとは英国・麦加利銀行(チャータード銀行)の商取引を仲介した同市の商人、徐朴庵(じょ・ぼくあん)の邸宅だった。清朝末期から民国初期に建てられ、現在の敷地面積は1600平方メートル。天津市街で唯一、完全な状態で保存された典型的な伝統家屋で、三つの中庭を持つ「三進四合院」となっている。同博物館は2000年に正式に建設計画が立てられ、明代に天津に衛所が設けられ城壁が築かれてから600周年の記念日となった2004年12月23日に完成、一般開放された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709488

  • 2020年04月22日
    都市の記憶を求めて天津老城博物館

    22日、天津老城博物館の所蔵品の一部。中国天津市の老城博物館は、伝統家屋「徐家大院」の中に位置している。もともとは英国・麦加利銀行(チャータード銀行)の商取引を仲介した同市の商人、徐朴庵(じょ・ぼくあん)の邸宅だった。清朝末期から民国初期に建てられ、現在の敷地面積は1600平方メートル。天津市街で唯一、完全な状態で保存された典型的な伝統家屋で、三つの中庭を持つ「三進四合院」となっている。同博物館は2000年に正式に建設計画が立てられ、明代に天津に衛所が設けられ城壁が築かれてから600周年の記念日となった2004年12月23日に完成、一般開放された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709498

  • 2020年04月22日
    都市の記憶を求めて天津老城博物館

    22日、天津老城博物館に展示されたれんが彫刻。中国天津市の老城博物館は、伝統家屋「徐家大院」の中に位置している。もともとは英国・麦加利銀行(チャータード銀行)の商取引を仲介した同市の商人、徐朴庵(じょ・ぼくあん)の邸宅だった。清朝末期から民国初期に建てられ、現在の敷地面積は1600平方メートル。天津市街で唯一、完全な状態で保存された典型的な伝統家屋で、三つの中庭を持つ「三進四合院」となっている。同博物館は2000年に正式に建設計画が立てられ、明代に天津に衛所が設けられ城壁が築かれてから600周年の記念日となった2004年12月23日に完成、一般開放された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709572

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:39.80
    2020年12月30日
    「新華社」武当山で明代大改修の背景示す新たな石刻見つかる湖北省

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市の武当山で20日、自然景観調査隊が、明代に行われた道教寺院群の大規模修復の背景を示す新たな摩崖(まがい)石刻を発見した。同山は道教の聖地と知られ、世界遺産にも登録されている。調査隊は、五竜宮の周辺で「三十六岩」と呼ばれる奇岩を捜索していた際、山奥にある採石場跡で偶然、摩崖石刻を見つけた。岩には「武昌左」「武」「山」の文字が刻まれており、明の朝廷が地域の兵士や民間人を集めて武当山の大規模修復を実施したとする古い地理誌の記載、中でも明代軍事制度の根幹をなす「衛所」の軍隊が「皇室工兵部隊」として派遣されていたことを裏付ける証拠となった。採石場跡は五竜宮周辺の岩の上にある。これまでに確認された面積は約千平方メートルで、採石の跡がはっきりと残っている。「武昌左」の3文字は、いずれもこぶし大の大きさで、湖北省文物考古研究所武当山考古研究センターの康予虎(こう・よこ)考古隊隊長は、状況から見て文字を刻んだのは当時の採石職人だろうとの見方を示す。文献には、明の永楽帝が武当山の大改修を行った際、兵士や民間人を30万人集めたとの記載があることから、「武昌左」は当時の衛所の一つ「武昌左衛」を指すと考えられる。同調査隊は2017年11月にも、「武当山七星樹」の向かい側の密林にある採石場跡の巨岩の上で、「永楽十年軍夫二十七万」「武昌右」「武昌前」「常」「岳」など、修復工事に兵士が参加したことを示す文字を見つけている。(記者/李偉) =配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123106965

  • 1