KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 平成
  • 令和
  • 発展
  • 技術
  • 農業
  • モデル
  • 教育
  • 地域
  • 従業員

「衡水市」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
200
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
200
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2004年07月02日
    中国、有機作物に熱気

    品質管理のため、大麦若葉の収穫もヘアキャップに白衣姿=中国河北省衡水市郊外(共同)

    商品コード: 2004070200389

  • 2018年02月03日
    苗生産で所得向上 河北省棗強県

    3日、水をまく広鋒栽培合作社の作業員。【新華社棗強】立春を迎えた中国河北省衡水市棗強県馬屯村の村民が共同出資して設立した広鋒栽培合作社のビニールハウスは、春の気配に満ちていた。同県は近年、地域の農業の特色に合わせ、苗生産に特化し「産業化経営」を推し進め、農家の所得向上を図っている。(新華社記者/李暁果) =2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600807

  • 2018年02月03日
    苗生産で所得向上 河北省棗強県

    3日、苗を間引く広鋒栽培合作社の作業員。 【新華社棗強】立春を迎えた中国河北省衡水市棗強県馬屯村の村民が共同出資して設立した広鋒栽培合作社のビニールハウスは、春の気配に満ちていた。同県は近年、地域の農業の特色に合わせ、苗生産に特化し「産業化経営」を推し進め、農家の所得向上を図っている。(新華社記者/李暁果) =2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600830

  • 2018年02月04日
    切り紙細工を学び、新春を迎える

    切り紙細工職人の仕事ぶりを眺める河北省衡水市第一幼稚園の子供たち。 中国河北省衡水市第一幼稚園の子供たちは4日、地元の切り紙細工職人の指導のもと、今年の干支(えと)「戌(いぬ)」をテーマとした切り紙の作り方を教わって、旧暦戌年の春節(旧正月)を迎えようとしている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600889

  • 2018年02月04日
    切り紙細工を学び、新春を迎える

    今年の干支(えと)「戌(いぬ)」の作り方を切り紙細工職人から教わる河北省衡水市第一幼稚園の子供たち。 中国河北省衡水市第一幼稚園の子供たちは4日、地元の切り紙細工職人の指導のもと、今年の干支(えと)「戌(いぬ)」をテーマとした切り紙の作り方を教わって、旧暦戌年の春節(旧正月)を迎えようとしている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600887

  • 2018年02月04日
    切り紙細工を学び、新春を迎える

    今年の干支(えと)「戌(いぬ)」の切り紙細工を見せる河北省衡水市第一幼稚園の子供。中国河北省衡水市第一幼稚園の子供たちは4日、地元の切り紙細工職人の指導のもと、今年の干支(えと)「戌(いぬ)」をテーマとした切り紙の作り方を教わって、旧暦戌年の春節(旧正月)を迎えようとしている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600886

  • 2018年03月21日
    「走るニワトリ」、村人を富に導く

    「走るニワトリ楽園」でのニワトリ。貧困脱却の目標を早期に実現するため、河北省衡水市武邑県政府は2016年3月にEC企業「京東」と貧困扶助協定を締結した。林地の多さ、生態環境や交通の便の良さなど現地が持つ強みを生かし、各世帯がそれぞれ放し飼いにしていた従来のニワトリ飼育モデルを大胆に刷新し「走るニワトリ楽園」を作った。貧困家庭は小口融資によりコストゼロでニワトリを受け取り、放し飼いで育てることができる。それぞれのニワトリには歩数計算の足輪が装着され、100万歩以上走ると京東が買い取ってオンライン販売を行うことで、貧困家庭の貧困脱却と企業の収益というウィンウィン(互恵)を実現する。(石家荘=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042500509

  • 2018年03月21日
    「走るニワトリ」、村人を富に導く

    「走るニワトリ楽園」外観。貧困脱却の目標を早期に実現するため、河北省衡水市武邑県政府は2016年3月にEC企業「京東」と貧困扶助協定を締結した。林地の多さ、生態環境や交通の便の良さなど現地が持つ強みを生かし、各世帯がそれぞれ放し飼いにしていた従来のニワトリ飼育モデルを大胆に刷新し「走るニワトリ楽園」を作った。貧困家庭は小口融資によりコストゼロでニワトリを受け取り、放し飼いで育てることができる。それぞれのニワトリには歩数計算の足輪が装着され、100万歩以上走ると京東が買い取ってオンライン販売を行うことで、貧困家庭の貧困脱却と企業の収益というウィンウィン(互恵)を実現する。(石家荘=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042500515

  • 2018年03月21日
    「走るニワトリ」、村人を富に導く

    「走るニワトリ楽園」でのニワトリ。貧困脱却の目標を早期に実現するため、河北省衡水市武邑県政府は2016年3月にEC企業「京東」と貧困扶助協定を締結した。林地の多さ、生態環境や交通の便の良さなど現地が持つ強みを生かし、各世帯がそれぞれ放し飼いにしていた従来のニワトリ飼育モデルを大胆に刷新し「走るニワトリ楽園」を作った。貧困家庭は小口融資によりコストゼロでニワトリを受け取り、放し飼いで育てることができる。それぞれのニワトリには歩数計算の足輪が装着され、100万歩以上走ると京東が買い取ってオンライン販売を行うことで、貧困家庭の貧困脱却と企業の収益というウィンウィン(互恵)を実現する。(石家荘=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042500520

  • 2018年03月21日
    「走るニワトリ」、村人を富に導く

    「走るニワトリ楽園」外観。貧困脱却の目標を早期に実現するため、河北省衡水市武邑県政府は2016年3月にEC企業「京東」と貧困扶助協定を締結した。林地の多さ、生態環境や交通の便の良さなど現地が持つ強みを生かし、各世帯がそれぞれ放し飼いにしていた従来のニワトリ飼育モデルを大胆に刷新し「走るニワトリ楽園」を作った。貧困家庭は小口融資によりコストゼロでニワトリを受け取り、放し飼いで育てることができる。それぞれのニワトリには歩数計算の足輪が装着され、100万歩以上走ると京東が買い取ってオンライン販売を行うことで、貧困家庭の貧困脱却と企業の収益というウィンウィン(互恵)を実現する。(石家荘=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042500539

  • 2018年03月21日
    「走るニワトリ」、村人を富に導く

    「走るニワトリ楽園」でのニワトリ。貧困脱却の目標を早期に実現するため、河北省衡水市武邑県政府は2016年3月にEC企業「京東」と貧困扶助協定を締結した。林地の多さ、生態環境や交通の便の良さなど現地が持つ強みを生かし、各世帯がそれぞれ放し飼いにしていた従来のニワトリ飼育モデルを大胆に刷新し「走るニワトリ楽園」を作った。貧困家庭は小口融資によりコストゼロでニワトリを受け取り、放し飼いで育てることができる。それぞれのニワトリには歩数計算の足輪が装着され、100万歩以上走ると京東が買い取ってオンライン販売を行うことで、貧困家庭の貧困脱却と企業の収益というウィンウィン(互恵)を実現する。(石家荘=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042500546

  • 2018年03月21日
    「走るニワトリ」、村人を富に導く

    「走るニワトリ楽園」でのニワトリ。貧困脱却の目標を早期に実現するため、河北省衡水市武邑県政府は2016年3月にEC企業「京東」と貧困扶助協定を締結した。林地の多さ、生態環境や交通の便の良さなど現地が持つ強みを生かし、各世帯がそれぞれ放し飼いにしていた従来のニワトリ飼育モデルを大胆に刷新し「走るニワトリ楽園」を作った。貧困家庭は小口融資によりコストゼロでニワトリを受け取り、放し飼いで育てることができる。それぞれのニワトリには歩数計算の足輪が装着され、100万歩以上走ると京東が買い取ってオンライン販売を行うことで、貧困家庭の貧困脱却と企業の収益というウィンウィン(互恵)を実現する。(石家荘=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042500500

  • 2018年04月01日
    貧困県の衛生院に医師を派遣健康面から貧困を支援河北省

    郷鎮衛生院で診察する衡水市哈励遜(ハリソン)国際和平医院の李炳茂医師。貧困支援を健康面から着実に実施し、農村地域の病気やケガによる貧困化と再貧困化を防ぐため、中国河北省は5月15日、3年間で貧困県の郷鎮衛生院(日本の保健所に相当)能力引き上げを目指す「春雨プロジェクト」を開始した。プロジェクトの一環として、衡水市は5月15日から6つの貧困県にある郷鎮衛生院56カ所に医師を派遣、これらの郷鎮衛生院が抱える人材不足の問題を解消した。(石家荘=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060500283

  • 2018年04月08日
    クジャク養殖で裕福になる河北省故城県

    8日、顧客にクジャクの説明をする河北省衡水市故城県、藍海孔雀養殖基地の責任者。中国河北省衡水市故城県はここ数年、農民によるイノベーションと起業を奨励し、インドクジャク養殖の発展に大きな力を入れた。「企業+農家+基地」のビジネスモデルを採用し、農民の増収と貧困脱却を促し、裕福になることを後押しする。現在、県内に養殖されているクジャクは5千羽を超え、孵化、飼育、観賞、加工、販売の一体化モデルが既に形成された。(故城=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040901285

  • 2018年04月08日
    梨との百年の縁河北省衡水市劉老人村

    見頃を迎えた劉老人村の梨の花。満開の時期になると多くの観光客が花見に訪れる。(4月8日撮影、小型無人機から)中国河北省衡水市にある劉老人村は昔からチュウゴクナシの郷と称えられ、栽培の歴史は春秋戦国時代(紀元前8世紀から3世紀ごろ)までさかのぼる。同村は現在、梨の栽培面積が2900ムー(約193ヘクタール)に達し、栽培品種は20種類を超えている。村の「百年梨園」には樹齢100年以上の梨の木が5000本以上あり、農・林業の専門家から「梨の博物館」と称えられている。年1回の梨の花フェスティバルは村の立派な代名詞となり、2018年には4万人を超える観光客がその名を慕って村を訪れた。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200457

  • 2018年04月08日
    梨との百年の縁河北省衡水市劉老人村

    劉老人村で開催された「梨の花フェスティバル」の様子。多くの観光客が村を訪れた。(4月8日撮影、小型無人機から)中国河北省衡水市にある劉老人村は昔からチュウゴクナシの郷と称えられ、栽培の歴史は春秋戦国時代(紀元前8世紀から3世紀ごろ)までさかのぼる。同村は現在、梨の栽培面積が2900ムー(約193ヘクタール)に達し、栽培品種は20種類を超えている。村の「百年梨園」には樹齢100年以上の梨の木が5000本以上あり、農・林業の専門家から「梨の博物館」と称えられている。年1回の梨の花フェスティバルは村の立派な代名詞となり、2018年には4万人を超える観光客がその名を慕って村を訪れた。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200444

  • 2018年04月08日
    クジャク養殖で裕福になる河北省故城県

    8日、クジャクの卵を孵卵器に入れる河北省衡水市故城県、藍海孔雀養殖基地の技術員。中国河北省衡水市故城県はここ数年、農民によるイノベーションと起業を奨励し、インドクジャク養殖の発展に大きな力を入れた。「企業+農家+基地」のビジネスモデルを採用し、農民の増収と貧困脱却を促し、裕福になることを後押しする。現在、県内に養殖されているクジャクは5千羽を超え、孵化、飼育、観賞、加工、販売の一体化モデルが既に形成された。(故城=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040901254

  • 2018年04月17日
    春真っ盛り一面の菜の花畑

    17日、河北省衡水市衡湖湾の大地花海に広がる菜の花畑で、写真を撮る観光客。中国河北省衡水市衡湖湾の大地花海に広がる3千ムー(200ヘクタール)余りの菜の花が見頃を迎えた。美しい菜の花が輝く様子はまるで黄金色の海のようで、多くの観光客がピクニックや花見に訪れている。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041900233

  • 2018年04月17日
    春真っ盛り一面の菜の花畑

    17日、河北省衡水市衡湖湾の大地花海に広がる菜の花畑を楽しむ観光客。中国河北省衡水市衡湖湾の大地花海に広がる3千ムー(200ヘクタール)余りの菜の花が見頃を迎えた。美しい菜の花が輝く様子はまるで黄金色の海のようで、多くの観光客がピクニックや花見に訪れている。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041900221

  • 2018年04月17日
    春真っ盛り一面の菜の花畑

    17日、河北省衡水市衡湖湾の大地花海に広がる一面の菜の花畑。(ドローン撮影)。中国河北省衡水市衡湖湾の大地花海に広がる3千ムー(200ヘクタール)余りの菜の花が見頃を迎えた。美しい菜の花が輝く様子はまるで黄金色の海のようで、多くの観光客がピクニックや花見に訪れている。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041900231

  • 2018年04月17日
    春真っ盛り一面の菜の花畑

    17日、河北省衡水市衡湖湾の大地花海に広がる菜の花畑で、乗馬を楽しむ観光客。中国河北省衡水市衡湖湾の大地花海に広がる3千ムー(200ヘクタール)余りの菜の花が見頃を迎えた。美しい菜の花が輝く様子はまるで黄金色の海のようで、多くの観光客がピクニックや花見に訪れている。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041900191

  • 2018年04月17日
    春真っ盛り一面の菜の花畑

    17日、河北省衡水市衡湖湾の大地花海に広がる菜の花畑を楽しむ観光客。中国河北省衡水市衡湖湾の大地花海に広がる3千ムー(200ヘクタール)余りの菜の花が見頃を迎えた。美しい菜の花が輝く様子はまるで黄金色の海のようで、多くの観光客がピクニックや花見に訪れている。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041900213

  • 2018年04月17日
    春真っ盛り一面の菜の花畑

    17日、河北省衡水市衡湖湾の大地花海に広がる菜の花畑で、ウェディングフォトを撮るカップル。中国河北省衡水市衡湖湾の大地花海に広がる3千ムー(200ヘクタール)余りの菜の花が見頃を迎えた。美しい菜の花が輝く様子はまるで黄金色の海のようで、多くの観光客がピクニックや花見に訪れている。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041900241

  • 2018年05月02日
    梨との百年の縁河北省衡水市劉老人村

    劉老人村にある梨韻広場。広場内には116歳まで生きた「劉老人」こと劉彰の銅像もある。(5月2日撮影)中国河北省衡水市にある劉老人村は昔からチュウゴクナシの郷と称えられ、栽培の歴史は春秋戦国時代(紀元前8世紀から3世紀ごろ)までさかのぼる。同村は現在、梨の栽培面積が2900ムー(約193ヘクタール)に達し、梨の栽培品種は20種類を超えている。村の「百年梨園」には樹齢100年以上の梨の木が5000本以上あり、農・林業の専門家から「梨の博物館」と称えられている。年1回の梨の花フェスティバルは村の立派な代名詞となり、2018年には4万人を超える観光客がその名を慕って村を訪れた。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200472

  • 2018年05月09日
    河北省饒陽県特色ある産業で貧困脱却を実現へ

    9日、河北省衡水市饒陽県の琺瑯製造企業で作業する従業員。一般的な銅器に釉薬を焼き付け、非常に華やかで美しい琺瑯に仕上げる。中国河北省衡水市饒陽県は省級貧困県に指定されており、貧困脱却の堅塁攻略戦に勝利するため、同県では地域産業の特徴を十分生かし、野菜の施設栽培と文化産業による独自の貧困脱却の道を歩んでいる。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100662

  • 2018年05月09日
    河北省饒陽県特色ある産業で貧困脱却を実現へ

    9日、ビニールハウスでブドウを収穫する県民。中国河北省衡水市饒陽県は省級貧困県に指定されており、貧困脱却の堅塁攻略戦に勝利するため、同県では地域産業の特徴を十分生かし、野菜の施設栽培と文化産業による独自の貧困脱却の道を歩んでいる。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100676

  • 2018年05月09日
    河北省饒陽県特色ある産業で貧困脱却を実現へ

    9日に撮影した河北省衡水市饒陽県の大規模ビニールハウス地区。中国河北省衡水市饒陽県は省級貧困県に指定されており、貧困脱却の堅塁攻略戦に勝利するため、同県では地域産業の特徴を十分生かし、野菜の施設栽培と文化産業による独自の貧困脱却の道を歩んでいる。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100665

  • 2018年05月09日
    河北省饒陽県特色ある産業で貧困脱却を実現へ

    9日、河北省衡水市饒陽県の楽器製造企業で、楽器を作る従業員。同県内の民族楽器メーカーは現在、40社余りに達し、生産している楽器の種類は弾奏楽器や弦楽器、打楽器合わせて約300種類に及ぶ。中国河北省衡水市饒陽県は省級貧困県に指定されており、貧困脱却の堅塁攻略戦に勝利するため、同県では地域産業の特徴を十分生かし、野菜の施設栽培と文化産業による独自の貧困脱却の道を歩んでいる。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100728

  • 2018年06月02日
    ストレスを軽減し「楽しい高考」を迎えよう衡水市第2中学

    2日夜、「高考」を前に、河北省衡水市第2中学で開かれた3年生の決起集会の様子。年に1度の中国の全国統一大学入学試験「高考(ガオカオ)」が7日、始まった。「楽しい高考」の雰囲気を作り出すため、河北省衡水市第2中学では1日から一連のイベントを展開し、受験生たちのストレス軽減に努めていた。中国の中学は初級中学(初中)と高級中学(高中)に分かれ、それぞれ日本の中学校と高校に当たる。一つの中学に初中部と高中部が同時に存在するのが一般的だが、衡水市第2中学は高中部しかなく、「高考」に強いことで全国でも有名だ。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060800729

  • 2018年06月02日
    ストレスを軽減し「楽しい高考」を迎えよう衡水市第2中学

    2日夜、「高考」を前に、河北省衡水市第2中学で開かれた3年生の決起集会で、腕を振り上げながら大声を出す受験生たち。年に1度の中国の全国統一大学入学試験「高考(ガオカオ)」が7日、始まった。「楽しい高考」の雰囲気を作り出すため、河北省衡水市第2中学では1日から一連のイベントを展開し、受験生たちのストレス軽減に努めていた。中国の中学は初級中学(初中)と高級中学(高中)に分かれ、それぞれ日本の中学校と高校に当たる。一つの中学に初中部と高中部が同時に存在するのが一般的だが、衡水市第2中学は高中部しかなく、「高考」に強いことで全国でも有名だ。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060800789

  • 2018年06月02日
    ストレスを軽減し「楽しい高考」を迎えよう衡水市第2中学

    2日、古代中国の試験制度である科挙で1位を取り「状元(じょうげん)」の称号を取得した人に与えられた帽子、「状元帽」をかぶって、中国伝統文化の中の学問の神様である「文曲星」を扮した演出をする教師。年に1度の中国の全国統一大学入学試験「高考(ガオカオ)」が7日、始まった。「楽しい高考」の雰囲気を作り出すため、河北省衡水市第2中学では1日から一連のイベントを展開し、受験生たちのストレス軽減に努めていた。中国の中学は初級中学(初中)と高級中学(高中)に分かれ、それぞれ日本の中学校と高校に当たる。一つの中学に初中部と高中部が同時に存在するのが一般的だが、衡水市第2中学は高中部しかなく、「高考」に強いことで全国でも有名だ。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060800712

  • 2018年06月02日
    ストレスを軽減し「楽しい高考」を迎えよう衡水市第2中学

    2日夜、「高考」を前に、河北省衡水市第2中学で開かれた3年生の決起集会で盛り上がる受験生たち。年に1度の中国の全国統一大学入学試験「高考(ガオカオ)」が7日、始まった。「楽しい高考」の雰囲気を作り出すため、河北省衡水市第2中学では1日から一連のイベントを展開し、受験生たちのストレス軽減に努めていた。中国の中学は初級中学(初中)と高級中学(高中)に分かれ、それぞれ日本の中学校と高校に当たる。一つの中学に初中部と高中部が同時に存在するのが一般的だが、衡水市第2中学は高中部しかなく、「高考」に強いことで全国でも有名だ。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060800799

  • 2018年06月02日
    ストレスを軽減し「楽しい高考」を迎えよう衡水市第2中学

    2日、古代中国の試験制度である科挙で1位を取り「状元(じょうげん)」の称号を取得した人に与えられた帽子、「状元帽」をかぶって、中国伝統文化の中の学問の神様である「文曲星」を扮した演出をする教師たち。年に1度の中国の全国統一大学入学試験「高考(ガオカオ)」が7日、始まった。「楽しい高考」の雰囲気を作り出すため、河北省衡水市第2中学では1日から一連のイベントを展開し、受験生たちのストレス軽減に努めていた。中国の中学は初級中学(初中)と高級中学(高中)に分かれ、それぞれ日本の中学校と高校に当たる。一つの中学に初中部と高中部が同時に存在するのが一般的だが、衡水市第2中学は高中部しかなく、「高考」に強いことで全国でも有名だ。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060800728

  • 2018年06月03日
    ストレスを軽減し「楽しい高考」を迎えよう衡水市第2中学

    3日、「ラッキーお札」をもらって笑顔を見せる受験生たち。年に1度の中国の全国統一大学入学試験「高考(ガオカオ)」が7日、始まった。「楽しい高考」の雰囲気を作り出すため、河北省衡水市第2中学では1日から一連のイベントを展開し、受験生たちのストレス軽減に努めていた。中国の中学は初級中学(初中)と高級中学(高中)に分かれ、それぞれ日本の中学校と高校に当たる。一つの中学に初中部と高中部が同時に存在するのが一般的だが、衡水市第2中学は高中部しかなく、「高考」に強いことで全国でも有名だ。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060800711

  • 2018年06月03日
    貧困県の衛生院に医師を派遣健康面から貧困を支援河北省

    郷鎮衛生院で診察する衡水市哈励遜(ハリソン)国際和平医院の李炳茂医師。貧困支援を健康面から着実に実施し、農村地域の病気やケガによる貧困化と再貧困化を防ぐため、中国河北省は5月15日、3年間で貧困県の郷鎮衛生院(日本の保健所に相当)能力引き上げを目指す「春雨プロジェクト」を開始した。プロジェクトの一環として、衡水市は5月15日から6つの貧困県にある郷鎮衛生院56カ所に医師を派遣、これらの郷鎮衛生院が抱える人材不足の問題を解消した。(石家荘=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060500276

  • 2018年06月03日
    貧困県の衛生院に医師を派遣健康面から貧困を支援河北省

    郷鎮衛生院で診察する衡水市哈励遜(ハリソン)国際和平医院の李炳茂医師。貧困支援を健康面から着実に実施し、農村地域の病気やケガによる貧困化と再貧困化を防ぐため、中国河北省は5月15日、3年間で貧困県の郷鎮衛生院(日本の保健所に相当)能力引き上げを目指す「春雨プロジェクト」を開始した。プロジェクトの一環として、衡水市は5月15日から6つの貧困県にある郷鎮衛生院56カ所に医師を派遣、これらの郷鎮衛生院が抱える人材不足の問題を解消した。(石家荘=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060500274

  • 2018年06月05日
    大学入試控え楽しくストレス解消河北省衡水市

    5日、Vサインをする衡水市第十四中学(高校)3年生の生徒。中国河北省衡水市の第十四中学(高校)はこのところ、間近に迫った大学入学試験のため高校3年生の勉強に力を入れると同時に、集団で行うさまざまなストレス解消活動を企画、生徒の緊張を解き、自信を持ち穏やかで楽観的な気持ちで試験に臨めるよう手助けをしている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600907

  • 2018年06月05日
    大学入試控え楽しくストレス解消河北省衡水市

    5日、室外でゲームを楽しむ衡水市第十四中学(高校)3年生の生徒。中国河北省衡水市の第十四中学(高校)はこのところ、間近に迫った大学入学試験のため高校3年生の勉強に力を入れると同時に、集団で行うさまざまなストレス解消活動を企画、生徒の緊張を解き、自信を持ち穏やかで楽観的な気持ちで試験に臨めるよう手助けをしている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600852

  • 2018年06月05日
    大学入試控え楽しくストレス解消河北省衡水市

    5日、教室で紙飛行機を飛ばし気持ちを和らげる衡水市第十四中学(高校)3年生の生徒。中国河北省衡水市の第十四中学(高校)はこのところ、間近に迫った大学入学試験のため高校3年生の勉強に力を入れると同時に、集団で行うさまざまなストレス解消活動を企画、生徒の緊張を解き、自信を持ち穏やかで楽観的な気持ちで試験に臨めるよう手助けをしている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600850

  • 2018年06月05日
    大学入試控え楽しくストレス解消河北省衡水市

    5日、教室で腕相撲をする衡水市第十四中学(高校)3年生の生徒。中国河北省衡水市の第十四中学(高校)はこのところ、間近に迫った大学入学試験のため高校3年生の勉強に力を入れると同時に、集団で行うさまざまなストレス解消活動を企画、生徒の緊張を解き、自信を持ち穏やかで楽観的な気持ちで試験に臨めるよう手助けをしている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600858

  • 2018年06月23日
    「一帯一路」で水たばこの喫煙具を欧米に販売河北省

    完成品を検査する河北鼎碩玻璃(ガラス)製品有限公司の従業員。中国河北省衡水市阜城県にある河北鼎碩玻璃製品有限公司はここ数年、「一帯一路」がもたらした発展の機会を捉え、水たばこの喫煙具の生産に取り組んでいる。その製品はドイツや米国など16の国や地域に輸出されている。(石家荘=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070500410

  • 2018年06月23日
    「一帯一路」で水たばこの喫煙具を欧米に販売河北省

    水たばこの壺を作る河北鼎碩玻璃(ガラス)製品有限公司の従業員。中国河北省衡水市阜城県にある河北鼎碩玻璃製品有限公司はここ数年、「一帯一路」がもたらした発展の機会を捉え、水たばこの喫煙具の生産に取り組んでいる。その製品はドイツや米国など16の国や地域に輸出されている。(石家荘=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070500414

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月23日
    「一帯一路」で水たばこの喫煙具を欧米に販売河北省

    水たばこの壺を作る河北鼎碩玻璃(ガラス)製品有限公司の従業員。中国河北省衡水市阜城県にある河北鼎碩玻璃製品有限公司はここ数年、「一帯一路」がもたらした発展の機会を捉え、水たばこの喫煙具の生産に取り組んでいる。その製品はドイツや米国など16の国や地域に輸出されている。(石家荘=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070500420

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月23日
    「一帯一路」で水たばこの喫煙具を欧米に販売河北省

    水たばこの壺を作る河北鼎碩玻璃(ガラス)製品有限公司の従業員。中国河北省衡水市阜城県にある河北鼎碩玻璃製品有限公司はここ数年、「一帯一路」がもたらした発展の機会を捉え、水たばこの喫煙具の生産に取り組んでいる。その製品はドイツや米国など16の国や地域に輸出されている。(石家荘=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070500445

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月23日
    「一帯一路」で水たばこの喫煙具を欧米に販売河北省

    水たばこの壺を作る河北鼎碩玻璃(ガラス)製品有限公司の従業員。中国河北省衡水市阜城県にある河北鼎碩玻璃製品有限公司はここ数年、「一帯一路」がもたらした発展の機会を捉え、水たばこの喫煙具の生産に取り組んでいる。その製品はドイツや米国など16の国や地域に輸出されている。(石家荘=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070500449

  • 2018年06月27日
    梨との百年の縁河北省衡水市劉老人村

    空から見た劉老人村。村とその周辺では梨の栽培が盛んに行われている。(6月27日撮影、小型無人機から)中国河北省衡水市にある劉老人村は昔からチュウゴクナシの郷と称えられ、栽培の歴史は春秋戦国時代(紀元前8世紀から3世紀ごろ)までさかのぼる。同村は現在、梨の栽培面積が2900ムー(約193ヘクタール)に達し、栽培品種は20種類を超えている。村の「百年梨園」には樹齢100年以上の梨の木が5000本以上あり、農・林業の専門家から「梨の博物館」と称えられている。年1回の梨の花フェスティバルは村の立派な代名詞となり、2018年には4万人を超える観光客がその名を慕って村を訪れた。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200476

  • 2018年06月27日
    梨との百年の縁河北省衡水市劉老人村

    樹齢100年以上の梨の木が集まる「百年梨園」。農・林業の専門家からは「梨の博物館」と称えられている。(6月27日撮影、小型無人機から)中国河北省衡水市にある劉老人村は昔からチュウゴクナシの郷と称えられ、栽培の歴史は春秋戦国時代(紀元前8世紀から3世紀ごろ)までさかのぼる。同村は現在、梨の栽培面積が2900ムー(約193ヘクタール)に達し、栽培品種は20種類を超えている。村の「百年梨園」には樹齢100年以上の梨の木が5000本以上あり、農・林業の専門家から「梨の博物館」と称えられている。年1回の梨の花フェスティバルは村の立派な代名詞となり、2018年には4万人を超える観光客がその名を慕って村を訪れた。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200440

  • 2018年06月28日
    ムスリム向け衣服製造で農民が豊かに河北省阜城県

    阜城県華興服装有限公司でムスリム向け衣服を縫う従業員。中国河北省衡水市阜城県にある華北地域最大のムスリム(イスラム教徒)向けアパレル企業、阜城県華興服装有限公司は近年、県の党委員会や政府と協力し、貧困村に貧困者支援の加工場を設けることで、農民が貧困から脱却して豊かになる道を提供した。(石家庄=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200538

  • 2018年06月28日
    ムスリム向け衣服製造で農民が豊かに河北省阜城県

    阜城県華興服装有限公司でムスリム向け衣服を縫う従業員。中国河北省衡水市阜城県にある華北地域最大のムスリム(イスラム教徒)向けアパレル企業、阜城県華興服装有限公司は近年、県の党委員会や政府と協力し、貧困村に貧困者支援の加工場を設けることで、農民が貧困から脱却して豊かになる道を提供した。(石家庄=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200507

  • 2018年06月28日
    ムスリム向け衣服製造で農民が豊かに河北省阜城県

    阜城県華興服装有限公司でムスリム向け衣服を縫う従業員。中国河北省衡水市阜城県にある華北地域最大のムスリム(イスラム教徒)向けアパレル企業、阜城県華興服装有限公司は近年、県の党委員会や政府と協力し、貧困村に貧困者支援の加工場を設けることで、農民が貧困から脱却して豊かになる道を提供した。(石家庄=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200516

  • 2018年07月04日
    河北省の切り絵職人、改革開放40周年の記念作品

    4日、中国河北省民間芸人、尤金水氏の切り紙作品「改革開放40周年」。作品は非常に繊細に作られている。特に見事の部分では髪の毛ほど細い切り紙を表し、ダイナミックな部分では真に迫るイメージを表現している。改革開放40周年を記念するため、中国河北省衡水市阜城県の民間芸人尤金水氏は半年をかけて、40年におよぶ中国が挙げてきた成果を表す4メートルの切り紙を創作した。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070500466

  • 2018年07月04日
    河北省の切り絵職人、改革開放40周年の記念作品

    4日、尤金水氏が制作した切り絵作品「改革開放40周年」。作品は中国の改革開放の猛烈な勢いを象徴する「赤」を基調にしている。4メートルの全長は改革開放40周年を表すという。幅は65センチ。安徽省鳳陽県小崗村の変化から始まり、中国が40年間で収めた輝かしい成果が描かれている。中国河北省衡水市阜城県の切り絵職人、尤金水氏は、中国の改革開放40周年を記念するため、半年をかけ4メートルの切り紙を完成させた。切り絵には中国がこの40年で収めたさまざまな成果が描かれている。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070500436

  • 2018年07月04日
    河北省の切り絵職人、改革開放40周年の記念作品

    4日、今回制作した切り絵作品の前に立つ尤金水氏。中国河北省衡水市阜城県の切り絵職人、尤金水氏は、中国の改革開放40周年を記念するため、半年をかけ4メートルの切り紙を完成させた。切り絵には中国がこの40年で収めたさまざまな成果が描かれている。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070500457

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月18日
    農業機械の製造で農村振興を後押し河北省景県

    18日、河北省景県の農業機械メーカー、河北双鷹農機で大型油圧リバーシブルプラウを製造する従業員。中国河北省衡水市景県はここ数年、農業機械製造の産業化に向けた発展に力を注ぐ。県は税制優遇措置を通じ、メーカーが技術開発への投資を拡大し、独自の技術革新を進めることを支援してきた。同時に農業機械を購入する際の補助金制度を見直し、企業の研究開発能力向上を奨励することで販売市場をさらに拡大、県内の農業機械製造業の急速な発展を促し、農村の振興を後押した。(河北省景県=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072300712

  • 2018年07月18日
    農業機械の製造で農村振興を後押し河北省景県

    18日、河北省景県の農業機械メーカー、河北宏力重工で出荷を待つ大型トラクターの調整を行う技術者。中国河北省衡水市景県はここ数年、農業機械製造の産業化に向けた発展に力を注ぐ。県は税制優遇措置を通じ、メーカーが技術開発への投資を拡大し、独自の技術革新を進めることを支援してきた。同時に農業機械を購入する際の補助金制度を見直し、企業の研究開発能力向上を奨励することで販売市場をさらに拡大、県内の農業機械製造業の急速な発展を促し、農村の振興を後押した。(河北省景県=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072300739

  • 2018年07月18日
    農業機械の製造で農村振興を後押し河北省景県

    18日、河北省景県の農業機械メーカー、河北宏力重工で大型トラクターの操縦席の組み立てを行う従業員。中国河北省衡水市景県はここ数年、農業機械製造の産業化に向けた発展に力を注ぐ。県は税制優遇措置を通じ、メーカーが技術開発への投資を拡大し、独自の技術革新を進めることを支援してきた。同時に農業機械を購入する際の補助金制度を見直し、企業の研究開発能力向上を奨励することで販売市場をさらに拡大、県内の農業機械製造業の急速な発展を促し、農村の振興を後押した。(河北省景県=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072300752

  • 2018年07月24日
    医療と介護の一体化で高齢者介護の難題解決河北省安平県

    24日、安平県の春暉養老リハビリ医療センターで、高齢者にゲームのやり方を教えるスタッフ。中国河北省衡水市安平県はここ数年、「医療と介護の一体化、病院と高齢者介護施設の融合」を掲げ、新しい形の高齢者介護サービスを積極的に模索してきた。医療と高齢者介護を結びつけることで、高齢者が介護施設でより良い健康上の保障を受けられるようにし、介護現場での複雑なニーズに応えている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072602219

  • 2018年07月24日
    医療と介護の一体化で高齢者介護の難題解決河北省安平県

    24日、安平県の春暉養老リハビリ医療センターで、高齢者のトレーニングを手伝う療法士。中国河北省衡水市安平県はここ数年、「医療と介護の一体化、病院と高齢者介護施設の融合」を掲げ、新しい形の高齢者介護サービスを積極的に模索してきた。医療と高齢者介護を結びつけることで、高齢者が介護施設でより良い健康上の保障を受けられるようにし、介護現場での複雑なニーズに応えている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072602224

  • 2018年07月24日
    医療と介護の一体化で高齢者介護の難題解決河北省安平県

    24日、安平県の春暉養老リハビリ医療センターで、高齢者の知能リハビリを手伝う療法士。中国河北省衡水市安平県はここ数年、「医療と介護の一体化、病院と高齢者介護施設の融合」を掲げ、新しい形の高齢者介護サービスを積極的に模索してきた。医療と高齢者介護を結びつけることで、高齢者が介護施設でより良い健康上の保障を受けられるようにし、介護現場での複雑なニーズに応えている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072602210

  • 2018年07月30日
    夏休みに年画体験河北省武強県

    30日、河北省衡水市の武強年画博物館で門神の年画を紹介する「子ども学芸員」。中国河北省衡水市武強年画博物館は今夏、20人余りの小中学生を募集し、子どもたちが旧正月の伝統的な飾り「年画」の職人から制作技術を学び、無形文化遺産を継承する機会を提供している。(武強=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100395

  • 2018年07月30日
    夏休みに年画体験河北省武強県

    30日、河北省衡水市の武強年画博物館で年画の印刷を体験する子どもたち。中国河北省衡水市武強年画博物館は今夏、20人余りの小中学生を募集し、子どもたちが旧正月の伝統的な飾り「年画」の職人から制作技術を学び、無形文化遺産を継承する機会を提供している。(武強=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100379

  • 2018年08月27日
    コーリャンの実りで貧困脱却河北省棗強県

    27日、河北省衡水市棗強県肖張鎮西趙荘村で、収穫したコーリャンを見せる村民。中国河北省衡水市棗強県は2018年以降、貧困脱出の新しいルートを積極的に模索してきた。農業産業構造の見直しに力を入れ、「生態栽培プロジェクト」を実施して貧困家庭による雑穀栽培を推奨した。同プロジェクトは現在、同県の257村1360戸に広がり、栽培面積は4365・34ムー(約291ヘクタール)に達した。(棗強=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082823113

  • 2018年08月27日
    コーリャンの実りで貧困脱却河北省棗強県

    27日、河北省衡水市棗強県肖張鎮西趙荘村で刈り取り機を使いコーリャンを収穫する村民。中国河北省衡水市棗強県は2018年以降、貧困脱出の新しいルートを積極的に模索してきた。農業産業構造の見直しに力を入れ、「生態栽培プロジェクト」を実施して貧困家庭による雑穀栽培を推奨した。同プロジェクトは現在、同県の257村1360戸に広がり、栽培面積は4365・34ムー(約291ヘクタール)に達した。(棗強=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082823140

  • 2018年08月27日
    コーリャンの実りで貧困脱却河北省棗強県

    27日、河北省衡水市棗強県肖張鎮西趙荘村で刈り取り機を使いコーリャンを収穫する村民。(小型無人機から)中国河北省衡水市棗強県は2018年以降、貧困脱出の新しいルートを積極的に模索してきた。農業産業構造の見直しに力を入れ、「生態栽培プロジェクト」を実施して貧困家庭による雑穀栽培を推奨した。同プロジェクトは現在、同県の250村1360戸に広がり、栽培面積は4365・34ムー(約291ヘクタール)に達した。(棗強=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082823136

  • 2018年08月27日
    コーリャンの実りで貧困脱却河北省棗強県

    27日、河北省衡水市棗強県肖張鎮西趙荘村で刈り取り機を使いコーリャンを収穫する村民。(小型無人機から)中国河北省衡水市棗強県は2018年以降、貧困脱出の新しいルートを積極的に模索してきた。農業産業構造の見直しに力を入れ、「生態栽培プロジェクト」を実施して貧困家庭による雑穀栽培を推奨した。同プロジェクトは現在、同県の257村1360戸に広がり、栽培面積は4365・34ムー(約291ヘクタール)に達した。(棗強=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082823138

  • 2018年08月27日
    コーリャンの実りで貧困脱却河北省棗強県

    27日、河北省衡水市棗強県肖張鎮西趙荘村でコーリャンから異物を取り除く村民。中国河北省衡水市棗強県は2018年以降、貧困脱出の新しいルートを積極的に模索してきた。農業産業構造の見直しに力を入れ、「生態栽培プロジェクト」を実施して貧困家庭による雑穀栽培を推奨した。同プロジェクトは現在、同県の257村1360戸に広がり、栽培面積は4365・34ムー(約291ヘクタール)に達した。(棗強=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082823139

  • 2018年08月27日
    コーリャンの実りで貧困脱却河北省棗強県

    27日、河北省衡水市棗強県肖張鎮西趙荘村で、収穫したコーリャンを見せる村民。中国河北省衡水市棗強県は2018年以降、貧困脱出の新しいルートを積極的に模索してきた。農業産業構造の見直しに力を入れ、「生態栽培プロジェクト」を実施して貧困家庭による雑穀栽培を推奨した。同プロジェクトは現在、同県の250村1360戸に広がり、栽培面積は4365・34ムー(約291ヘクタール)に達した。(棗強=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082823106

  • 2018年08月27日
    コーリャンの実りで貧困脱却河北省棗強県

    27日、河北省衡水市棗強県肖張鎮西趙荘村でコーリャンから異物を取り除く村民。中国河北省衡水市棗強県は2018年以降、貧困脱出の新しいルートを積極的に模索してきた。農業産業構造の見直しに力を入れ、「生態栽培プロジェクト」を実施して貧困家庭による雑穀栽培を推奨した。同プロジェクトは現在、同県の250村1360戸に広がり、栽培面積は4365・34ムー(約291ヘクタール)に達した。(棗強=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082823135

  • 2018年08月27日
    コーリャンの実りで貧困脱却河北省棗強県

    27日、河北省衡水市棗強県肖張鎮西趙荘村で刈り取り機を使いコーリャンを収穫する村民。中国河北省衡水市棗強県は2018年以降、貧困脱出の新しいルートを積極的に模索してきた。農業産業構造の見直しに力を入れ、「生態栽培プロジェクト」を実施して貧困家庭による雑穀栽培を推奨した。同プロジェクトは現在、同県の250村1360戸に広がり、栽培面積は4365・34ムー(約291ヘクタール)に達した。(棗強=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082823093

  • 02:34.34
    2018年09月28日
    「新華社」第1回衡水湖国際馬術フェスティバル開催河北省

    中国河北省衡水(こうすい)市にある衡水園博園で28日、第1回衡水湖国際馬術フェスティバルが開かれ、中国内外から集まった約100人の馬術選手が華麗な馬術を披露し、集まった市民を魅了した。今回のフェスティバルは中国馬業協会、河北省馬術協会、衡水市人民政府が主催し、衡水浜湖新区管理委員会、衡水市体育局が運営した。馬術の競技性、伝統、文化の探求を通してスポーツの力を宣揚し、民族スポーツ産業と観光業の融合発展を推し進め、「スポーツ+観光」の革新的発展モデルを作り出し、スポーツを衡水市の新たな経済成長の特色とすることを目的としている。同日午後に行われた中国馬術国際ウェスタン馬術ツアー選手権のバレルレーシング部門では、中国やオーストラリア、パナマなどから参加した選手が激しい勝負を繰り広げた。フェスティバルの期間中、馬術競技の他に、騎馬隊のパレードやハンガリー馬術ショー、芸術公演など、一連の多彩で特色のあるイベントが行われる。(記者/張碩)<映像内容>第1回衡水湖国際馬術フェスティバルの様子、撮影日:2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100119448

  • 2018年10月01日
    スカイスポーツカーニバル開幕河北省衡水市

    1日、パフォーマンスを披露するアクロバット飛行隊。中国河北省衡水(こうすい)市の航空飛行キャンプで1日、2018河北・衡水(秋季)スカイスポーツカーニバル兼パラグライダー・クラシックレースが開幕した。(衡水=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321333

  • 2018年10月01日
    スカイスポーツカーニバル開幕河北省衡水市

    1日、パフォーマンスを披露するアクロバット飛行隊。中国河北省衡水(こうすい)市の航空飛行キャンプで1日、2018河北・衡水(秋季)スカイスポーツカーニバル兼パラグライダー・クラシックレースが開幕した。(衡水=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321375

  • 2018年10月01日
    スカイスポーツカーニバル開幕河北省衡水市

    1日、開幕式で披露されたパラグライダーによるパフォーマンス。中国河北省衡水(こうすい)市の航空飛行キャンプで1日、2018河北・衡水(秋季)スカイスポーツカーニバル兼パラグライダー・クラシックレースが開幕した。(衡水=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321414

  • 2018年10月06日
    ピアノ666台の同時演奏でギネス新記録河北省武強県

    6日、衡水市武強県のイベント会場でピアノを演奏する音楽愛好家。中国河北省衡水(こうすい)市武強(ぶきょう)県は6日、「音楽の光を灯し芸術の夢をかなえる」をテーマにした一連の視覚障害児支援のための大型公益イベントを開催した。多くの有名ピアニストが視覚障害を持つ子どもたちや各地からやってきたピアノ講師、学生、音楽愛好家と共に666台のピアノを演奏した。ギネス世界記録認定員の羅瓊(ら・けい)氏は同日夜、最終的な有効参加人数が639人であり、2007年に韓国の仁川(インチョン)で作られた555人の記録を更新したと認定した。(武強=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100920075

  • 2018年10月06日
    ピアノ666台の同時演奏でギネス新記録河北省武強県

    6日、衡水市武強県のイベント会場でピアノを演奏する音楽愛好家。中国河北省衡水(こうすい)市武強(ぶきょう)県は6日、「音楽の光を灯し芸術の夢をかなえる」をテーマにした一連の視覚障害児支援のための大型公益イベントを開催した。多くの有名ピアニストが視覚障害を持つ子どもたちや各地からやってきたピアノ講師、学生、音楽愛好家と共に666台のピアノを演奏した。ギネス世界記録認定員の羅瓊(ら・けい)氏は同日夜、最終的な有効参加人数が639人であり、2007年に韓国の仁川(インチョン)で作られた555人の記録を更新したと認定した。(武強=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100919899

  • 2018年10月06日
    ピアノ666台の同時演奏でギネス新記録河北省武強県

    6日、衡水市武強県のピアノ演奏会場。(小型無人機から)中国河北省衡水(こうすい)市武強(ぶきょう)県は6日、「音楽の光を灯し芸術の夢をかなえる」をテーマにした一連の視覚障害児支援のための大型公益イベントを開催した。多くの有名ピアニストが視覚障害を持つ子どもたちや各地からやってきたピアノ講師、学生、音楽愛好家と共に666台のピアノを演奏した。ギネス世界記録認定員の羅瓊(ら・けい)氏は同日夜、最終的な有効参加人数が639人であり、2007年に韓国の仁川(インチョン)で作られた555人の記録を更新したと認定した。(武強=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100919494

  • 2018年10月06日
    ピアノ666台の同時演奏でギネス新記録河北省武強県

    6日、衡水市武強県のイベント会場でピアノを演奏する子どもたち。中国河北省衡水(こうすい)市武強(ぶきょう)県は6日、「音楽の光を灯し芸術の夢をかなえる」をテーマにした一連の視覚障害児支援のための大型公益イベントを開催した。多くの有名ピアニストが視覚障害を持つ子どもたちや各地からやってきたピアノ講師、学生、音楽愛好家と共に666台のピアノを演奏した。ギネス世界記録認定員の羅瓊(ら・けい)氏は同日夜、最終的な有効参加人数が639人であり、2007年に韓国の仁川(インチョン)で作られた555人の記録を更新したと認定した。(武強=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100920016

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:06.56
    2018年10月06日
    「新華社」ピアノ666台の同時演奏でギネス新記録河北省武強県

    河北省衡水(こうすい)市武強(ぶきょう)県は6日、世界最大規模のピアノ合奏イベントを開催し、ギネス認定員と数千人の観衆が見守る中、666台のピアノが同時に演奏され、ギネス世界記録達成に成功した。同日行われた「音楽の光を灯し芸術の夢をかなえる」をテーマにした一連の視覚障害児支援のための大型公益イベントでは、8つの国と地域から集まった33人の世界的なピアニストが、視覚障害を持つ子どもたちや全国各地からやって来たピアノ講師、学生、ピアノ学習中の児童、音楽愛好家と共に666台のピアノでシューベルトの「軍隊行進曲」を一斉に演奏した。イベント会場のメインステージに設置された40台のピアノは改革開放40周年を象徴しており、その他のピアノは広場を取り囲んだり、数字の「666」の形に並べられたりしている。今回のギネス記録挑戦に使用された666台のピアノの総価値は5千万元(1元=約17円)を超えるという。(記者/張碩)<映像内容>ピアノ666台の同時演奏でギネス新記録、撮影日:2018(平成30)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100920304

  • 03:35.10
    2018年10月16日
    「新華社」高齢者のために重陽節をギョーザで祝う河北省王劉郷村

    重陽節(旧暦9月9日)の前日となる16日、中国河北省衡水(こうすい)市安平(あんへい)県の王劉郷(おうりゅうきょう)村の王小栄(おう・しょうえい)さんの家の庭には、楽しそうな笑い声が響いていた。近隣の地区から600人余りの高齢者が一堂に会し、皆でにぎやかに重陽節を祝っているのだ。この村のギョーザパーティーは2015年から始まった。旧暦の毎月8日に行われ、すでに37回続いている。この村の村民で世話好きな企業経営者の王さんが発起し、「中華の『孝』の文化を継承し、高齢者の心身の健康を見守ろう」を趣旨としており、60歳以上の人なら皆参加できる。ギョーザパーティー発起人王小栄さん当初は200人余りだったのですが、開催するたびに人数が増えていき、今では近隣の地区にまで広がって、ボランティアや支援者たちもますます増えてきました。最初は私の親族や友人、私の会社の従業員、この村の人たちなどが手伝ってくれていましたが、今ではわざわざ上海や北京からもボランティアがギョーザパーティーに駆け付けてくれるようになりました。【解説】この日のイベントでは、ボランティアや支援者計300人余りが高齢者のために一斉にギョーザを作った。それぞれ担当がはっきりしており、ギョーザの餡(あん)を作る、面をこねる、皮を伸ばすなどが整然と行われている。しばらくたつと、きれいに並べられたギョーザが棚いっぱいに並べられ、なかなか壮観だ。昼になると、二つの大鍋から湯気が出始め、間もなく熱々のギョーザが鍋から取り出された。ボランティアたちは高齢者に対する「孝」の心や思いやりのこもったギョーザを一皿、また一皿と高齢者たちの前に運んでいく。このパーティーでは、旧暦9月生まれの高齢者27人の誕生日会も行われた。参加した高齢者王大兆(おう・だいちょう)さん皆がギョーザを食べるのを見守りながら出し物も見られてとても楽しいです。今日は自分の祝日を満喫させてもらいました。(記者/張碩)<映像内容>重陽節をギョーザで祝う様子、撮影日:2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102214478

  • 2018年10月24日
    ロボット課程で科学技術の魅力を体験河北省武強県

    24日、組み立てたロボットカーを走らせる河北省衡水市武強県第一実験小学校の児童ら。中国河北省衡水(こうすい)市武強県は、児童・生徒の科学技術に対する関心を高めるため、今年から小中学校にロボット課程を開設した。同課程は組み立て、プログラミングのプロセスの中で実践能力と思考能力を鍛え、科学的探求心を育む内容となっている。(武強=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000107

  • 2018年10月24日
    ロボット課程で科学技術の魅力を体験河北省武強県

    24日、生徒にロボットの走行について教える河北省衡水市武強県第二実験中学の教師。中国河北省衡水(こうすい)市武強県は、児童・生徒の科学技術に対する関心を高めるため、今年から小中学校にロボット課程を開設した。同課程は組み立て、プログラミングのプロセスの中で実践能力と思考能力を鍛え、科学的探求心を育む内容となっている。(武強=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000164

  • 2018年10月24日
    ロボット課程で科学技術の魅力を体験河北省武強県

    24日、教師の指導の下、ロボットのプログラミングを学ぶ河北省衡水市武強県第二実験中学の生徒。中国河北省衡水(こうすい)市武強県は、児童・生徒の科学技術に対する関心を高めるため、今年から小中学校にロボット課程を開設した。同課程は組み立て、プログラミングのプロセスの中で実践能力と思考能力を鍛え、科学的探求心を育む内容となっている。(武強=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000136

  • 03:11.36
    2018年11月10日
    「新華社」千枚近い土地売買契約書が伝える300年の歴史の変遷河北省故城県

    中国河北省衡水(こうすい)市故城(こじょう)県の劉石営(りゅう・せきえい)さんがこのほど、30年余り収集してきた千枚近い土地売買契約書を展示する「中国土地売買契約書文化展」を改革開放40周年記念として開催し、無料で公開した。劉さんが所蔵する千枚近い土地売買契約書は、役所の印が押された契約書「官契」が中心で、最も古いものは清代の雍正7年(1729年)作成。その後は乾隆、嘉慶、道光、咸豊、同治、光緒、宣統各年間から中華民国まであり、最も新しいものは新中国成立後の1954年の契約書で、土地契約の歴史の終わりでもある。地域は山西、河北、山東、河南4省の契約書となっている。土地売買契約書は土地所有権の帰属の変更を証明する重要な史料であり、中国の各時代における土地所有権制度や土地帰属変更、土地管理制度をそのまま反映し、さらには歴史上のある時期における社会や経済、政治、文化の発展状況まで伝えるものでもある。その意味では、土地売買契約書は封建集権制度下の中国の最も深く厚みのある歴史を載せたものとも言える。(記者/張碩)<映像内容>中国土地売買契約書文化展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111209063

  • 2018年11月21日
    学校で京劇体験受け継がれる伝統文化河北省衡水市

    21日、衡水市の滏陽小学校で児童に模範演技を見せる京劇俳優の賈蘭欣(か・らんきん)さん。中国河北省衡水(こうすい)市の滏陽(ふよう)小学校はここ数年、京劇文化を学校の課外活動に取り入れている。この取り組みで、京劇公演、有名俳優の講演、サークル交流活動などを通じ、児童らに伝統文化の魅力を身近に感じてもらうことを目指す。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615355

  • 2018年11月21日
    学校で京劇体験受け継がれる伝統文化河北省衡水市

    21日、衡水市の滏陽小学校で児童に演技指導を行う京劇俳優の肖世明(しょう・せいめい)さん(右)。中国河北省衡水(こうすい)市の滏陽(ふよう)小学校はここ数年、京劇文化を学校の課外活動に取り入れている。この取り組みで、京劇公演、有名俳優の講演、サークル交流活動などを通じ、児童らに伝統文化の魅力を身近に感じてもらうことを目指す。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615079

  • 2018年11月21日
    学校で京劇体験受け継がれる伝統文化河北省衡水市

    21日、衡水市の滏陽小学校で児童らに京劇の節まわしを教える京劇俳優の趙書随(ちょう・しょずい)さん。中国河北省衡水(こうすい)市の滏陽(ふよう)小学校はここ数年、京劇文化を学校の課外活動に取り入れている。この取り組みで、京劇公演、有名俳優の講演、サークル交流活動などを通じ、児童らに伝統文化の魅力を身近に感じてもらうことを目指す。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615279

  • 2018年11月21日
    学校で京劇体験受け継がれる伝統文化河北省衡水市

    21日、衡水市の滏陽小学校で児童らに京劇のポーズを教える京劇俳優の陳栄段(ちん・えいだん)さん(右)。中国河北省衡水(こうすい)市の滏陽(ふよう)小学校はここ数年、京劇文化を学校の課外活動に取り入れている。この取り組みで、京劇公演、有名俳優の講演、サークル交流活動などを通じ、児童らに伝統文化の魅力を身近に感じてもらうことを目指す。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615277

  • 03:27.59
    2018年11月29日
    「新華社」鳥類愛好家、鳥と共に飛び生態保護をアピール河北省衡水

    中国河北省衡水(こうすい)市の鳥類愛好家、張暁元(ちょう・ぎょうげん)さんは、長年にわたり衡水湖でバードウォッチングを楽しんできた。張さんは超軽量動力機(ウルトラライトプレーン)やモーターボートも購入し、鳥と共に衡水湖の美しい景色を満喫している。彼もまた、彼の友人である鳥たちと共にここ数年間の衡水湖の巨大な変化を見届けてきた一人といえる。衡水湖は華北平原で唯一の水域や沼沢、干潟、湿原、森林などの湿地体系を備えた国家級自然保護区。湖の保護は2002年に始まり、2012年までの最初の10年間で湖周辺の人的汚染を排除し「退村還湖(村を湖に戻すこと)」「退耕還湖(耕地を湖に戻すこと)」を実施した。衡水湖の整備はここ数年、外的要因への対処から内的要因、衡水湖自体の汚染対策へと変わった。大量のホソバヒメガマが毎年のように汚染物として湖底に堆積するため、2013年からは同動植の除去作業を始め、累計8万立方メートルで除去を完了した。また、有害な浮草の拡散防止や中央の財政から毎年120万元(1元=約16円)の支援を受けて魚卵や稚魚などの増殖放流を行うことで、湖の良好な生態系を確立した。16年間にわたる整備により、これまで局部劣5類だった衡水湖の水質は全体3類まで改善され、鳥類の数も2003年の283種から現在の323種まで増加した。衡水湖の湿地は今では鳥類の重要な生息地と繁殖地になっている。澄んだ水と美しい景色を誇る衡水湖と整備が進む湖畔の施設は国家体育総局の目に留まることとなり、衡水湖とマラソンを結び付けた全国初の湖周遊マラソンの開催地となった。(記者/張碩)<映像内容>衡水湖でバードウォッチングする様子、撮影日:2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113004562

  • 2018年11月30日
    キャンパスに広がるレッドリボン河北省安平県

    11月30日、安平中学の生徒にエイズへの理解を象徴するレッドリボンをつける安平県疾病予防抑制センターの職員。中国河北省衡水市安平県の安平中学と疾病予防抑制センターは11月30日、「自主的に検査を受け、エイズを理解・予防し、健康を分かち合う」をテーマにしたエイズ予防のPR教育イベントを共同で開催した。生徒らはレッドリボンの制作、PRボードへの貼り付けといったイベントを通じて、エイズの危険性や予防・治療の知識および関連の法規・政策についての理解を深めていた。(安平=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310528

  • 2018年11月30日
    キャンパスに広がるレッドリボン河北省安平県

    11月30日、エイズへの理解を象徴するレッドリボンをPRボードに貼り付ける安平中学の生徒。中国河北省衡水市安平県の安平中学と疾病予防抑制センターは11月30日、「自主的に検査を受け、エイズを理解・予防し、健康を分かち合う」をテーマにしたエイズ予防のPR教育イベントを共同で開催した。生徒らはレッドリボンの制作、PRボードへの貼り付けといったイベントを通じて、エイズの危険性や予防・治療の知識および関連の法規・政策についての理解を深めていた。(安平=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310836

  • 2018年12月25日
    無形文化遺産の粗布で貧困脱却河北省衡水市

    25日、衡水市冀州区にある紡績会社で、村民に粗布の織り方を指導する「田園綿手織粗布」の伝承者(左)。中国河北省衡水(こうすい)市冀州(きしゅう)区は今年から、地元で伝わる省指定無形文化遺産の手織り綿布「田園綿手織粗布」技術を生かし、「無形文化遺産+貧困脱却支援」モデルを取り入れた。無形文化遺産の伝承者による職業技能研修を開講して技術を伝え、無形文化遺産を伝承すると同時に、その技術で貧困を脱却し増収を図るのを後押ししている。(衡水=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112669

  • 2018年12月25日
    無形文化遺産の粗布で貧困脱却河北省衡水市

    25日、衡水市冀州区にある紡績会社で粗布を織る作業員。中国河北省衡水(こうすい)市冀州(きしゅう)区は今年から、地元で伝わる省指定無形文化遺産の手織り綿布「田園綿手織粗布」技術を生かし、「無形文化遺産+貧困脱却支援」モデルを取り入れた。無形文化遺産の伝承者による職業技能研修を開講して技術を伝え、無形文化遺産を伝承すると同時に、その技術で貧困を脱却し増収を図るのを後押ししている。(衡水=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112353

  • 2018年12月25日
    無形文化遺産の粗布で貧困脱却河北省衡水市

    25日、衡水市冀州区にある紡績会社で、粗布の湿度をチェックする作業員。中国河北省衡水(こうすい)市冀州(きしゅう)区は今年から、地元で伝わる省指定無形文化遺産の手織り綿布「田園綿手織粗布」技術を生かし、「無形文化遺産+貧困脱却支援」モデルを取り入れた。無形文化遺産の伝承者による職業技能研修を開講して技術を伝え、無形文化遺産を伝承すると同時に、その技術で貧困を脱却し増収を図るのを後押ししている。(衡水=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112268

  • 2018年12月25日
    無形文化遺産の粗布で貧困脱却河北省衡水市

    25日、衡水市冀州区にある紡績会社で、村民に粗布の織り方を指導する「田園綿手織粗布」の伝承者(右端)。中国河北省衡水(こうすい)市冀州(きしゅう)区は今年から、地元で伝わる省指定無形文化遺産の手織り綿布「田園綿手織粗布」技術を生かし、「無形文化遺産+貧困脱却支援」モデルを取り入れた。無形文化遺産の伝承者による職業技能研修を開講して技術を伝え、無形文化遺産を伝承すると同時に、その技術で貧困を脱却し増収を図るのを後押ししている。(衡水=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112282

  • 2019年01月10日
    多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水

    10日、ビニールハウスで多肉植物の成育状況を観察する劉振健さん。中国河北省衡水(こうすい)市出身で今年28歳になる「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の劉振健(りゅう・しんけん)さんは2014年、同省省都・石家荘市から故郷へ戻った。劉さんは多肉植物の栽培の将来性を確信してから農村に根を下ろし、起業の計画を練り始め、2016年に衡水市の鄧庄(とうそう)現代農業総合モデルパークでビニールハウスを借りて多肉植物の栽培を開始し、起業の道を歩み始めた。多肉植物の栽培から手入れ、市場開拓まで0から学んだ劉さんが手掛けた「二月紅多肉ガーデン」は、わずか数年の経営を経て3つのビニールハウスを有するまで成長し、総面積は6千平方メートルを超えた。現在、劉さんはインターネットや微信(ウィーチャット)、実店舗などを利用して多肉植物を全国各地に販売しており、年間売上高は20万元(1元=約16円)近くに達しているという。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517749

  • 2019年01月10日
    多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水

    10日、ビニールハウスで多肉植物の成育状況を観察する劉振健さん。中国河北省衡水(こうすい)市出身で今年28歳になる「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の劉振健(りゅう・しんけん)さんは2014年、同省省都・石家荘市から故郷へ戻った。劉さんは多肉植物の栽培の将来性を確信してから農村に根を下ろし、起業の計画を練り始め、2016年に衡水市の鄧庄(とうそう)現代農業総合モデルパークでビニールハウスを借りて多肉植物の栽培を開始し、起業の道を歩み始めた。多肉植物の栽培から手入れ、市場開拓まで0から学んだ劉さんが手掛けた「二月紅多肉ガーデン」は、わずか数年の経営を経て3つのビニールハウスを有するまで成長し、総面積は6千平方メートルを超えた。現在、劉さんはインターネットや微信(ウィーチャット)、実店舗などを利用して多肉植物を全国各地に販売しており、年間売上高は20万元(1元=約16円)近くに達しているという。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517619

  • 2019年01月10日
    多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水

    10日、ビニールハウスで自ら育てた多肉植物の世話をする劉振健さん。中国河北省衡水(こうすい)市出身で今年28歳になる「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の劉振健(りゅう・しんけん)さんは2014年、同省省都・石家荘市から故郷へ戻った。劉さんは多肉植物の栽培の将来性を確信してから農村に根を下ろし、起業の計画を練り始め、2016年に衡水市の鄧庄(とうそう)現代農業総合モデルパークでビニールハウスを借りて多肉植物の栽培を開始し、起業の道を歩み始めた。多肉植物の栽培から手入れ、市場開拓まで0から学んだ劉さんが手掛けた「二月紅多肉ガーデン」は、わずか数年の経営を経て3つのビニールハウスを有するまで成長し、総面積は6千平方メートルを超えた。現在、劉さんはインターネットや微信(ウィーチャット)、実店舗などを利用して多肉植物を全国各地に販売しており、年間売上高は20万元(1元=約16円)近くに達しているという。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517066

  • 2019年01月10日
    多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水

    10日、バイヤーに自ら育てた多肉植物を紹介する劉振健さん。中国河北省衡水(こうすい)市出身で今年28歳になる「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の劉振健(りゅう・しんけん)さんは2014年、同省省都・石家荘市から故郷へ戻った。劉さんは多肉植物の栽培の将来性を確信してから農村に根を下ろし、起業の計画を練り始め、2016年に衡水市の鄧庄(とうそう)現代農業総合モデルパークでビニールハウスを借りて多肉植物の栽培を開始し、起業の道を歩み始めた。多肉植物の栽培から手入れ、市場開拓まで0から学んだ劉さんが手掛けた「二月紅多肉ガーデン」は、わずか数年の経営を経て3つのビニールハウスを有するまで成長し、総面積は6千平方メートルを超えた。現在、劉さんはインターネットや微信(ウィーチャット)、実店舗などを利用して多肉植物を全国各地に販売しており、年間売上高は20万元(1元=約16円)近くに達しているという。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517589

  • 2019年01月10日
    多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水

    10日、ビニールハウスでスマホのライブ配信機能を使い、多肉植物の盆栽をPRする劉振健さん。中国河北省衡水(こうすい)市出身で今年28歳になる「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の劉振健(りゅう・しんけん)さんは2014年、同省省都・石家荘市から故郷へ戻った。劉さんは多肉植物の栽培の将来性を確信してから農村に根を下ろし、起業の計画を練り始め、2016年に衡水市の鄧庄(とうそう)現代農業総合モデルパークでビニールハウスを借りて多肉植物の栽培を開始し、起業の道を歩み始めた。多肉植物の栽培から手入れ、市場開拓まで0から学んだ劉さんが手掛けた「二月紅多肉ガーデン」は、わずか数年の経営を経て3つのビニールハウスを有するまで成長し、総面積は6千平方メートルを超えた。現在、劉さんはインターネットや微信(ウィーチャット)、実店舗などを利用して多肉植物を全国各地に販売しており、年間売上高は20万元(1元=約16円)近くに達しているという。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517121

  • 2019年01月10日
    多肉ガーデン経営で起業の夢を叶えた「90後」河北省衡水

    10日、劉振健さんがビニールハウスで多肉植物のミニ盆栽の手入れをしている。中国河北省衡水(こうすい)市出身で今年28歳になる「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の劉振健(りゅう・しんけん)さんは2014年、同省省都・石家荘市から故郷へ戻った。劉さんは多肉植物の栽培の将来性を確信してから農村に根を下ろし、起業の計画を練り始め、2016年に衡水市の鄧庄(とうそう)現代農業総合モデルパークでビニールハウスを借りて多肉植物の栽培を開始し、起業の道を歩み始めた。多肉植物の栽培から手入れ、市場開拓まで0から学んだ劉さんが手掛けた「二月紅多肉ガーデン」は、わずか数年の経営を経て3つのビニールハウスを有するまで成長し、総面積は6千平方メートルを超えた。現在、劉さんはインターネットや微信(ウィーチャット)、実店舗などを利用して多肉植物を全国各地に販売しており、年間売上高は20万元(1元=約16円)近くに達しているという。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517127

  • 1
  • 2