KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 伝統文化
  • 中国河北省
  • レリーフ
  • 有限公司
  • 東方紫銅
  • 浮彫工芸
  • 琺瑯彩工芸
  • 石家荘市
  • 紫銅浮彫
  • 製作技法

「表現方法」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
19
( 1 19 件を表示)
  • 1
19
( 1 19 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年10月26日
    北朝鮮の手話辞典 障害者編さんの手話辞典

    昨年刊行された北朝鮮の手話辞典。上から「CNC」(コンピューター数値制御)、「価格」などの表現方法が示されている(共同)

  • 2019年12月06日
    掲示されているアイヌ語 アイヌの世界を五感で知る

    アイヌ民族文化財団の事務所には、アイヌ語の表現方法が掲示されている=北海道白老町

    撮影: 北海道白老町

  • 02:48.68
    2019年05月05日
    「新華社」フロートパレードに熱狂中国国際アニメ·マンガフェスティバル

    中国浙江省杭州市で4月30日から5月5日まで行われた第15回中国国際アニメ・マンガフェスティバルで、フロートパレードは最も人気のあるイベントの一つだった。1時間に及ぶパレードに、道路の両側に集まった大勢の見物客から歓声と喝采が送られると、現場は一瞬にしてにぎやかな雰囲気に包まれた。パレードには4台のフロートと省内各地の芸術学院から21チーム600人以上が代わる代わる登場した。訪れた人々は、盛大に繰り広げられるアニメとマンガの祭りを楽しんだ。今回のフロートパレードは、従来の展示を中心とした表現方法ではなく、動的なパフォーマンスを際立たせた。パレードの構成や形式に大きく手を加え、単なるアニメ・マンガ路線を歩むのではなく、流行を取り入れ、強いインパクトのあるパフォーマンスを組み合わせて、両者をより良く融合させた。(記者/夏亮、李涛)<映像内容>第15回中国国際アニメ・マンガフェスティバルのフロートパレードの様子、撮影日:2019(令和元)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:11.04
    2019年03月05日
    「新華社」伝統文化を幼稚園の授業に導入寧夏隆徳

    中国では新学期が始まったが、まだ春節(旧正月)の雰囲気は残っている。寧夏回族自治区の六盤山麓に位置する固原市の隆徳県第二幼稚園では、春節を祝う伝統的な民間娯楽活動「社火」の衣装を着た園児たちが、太鼓の伴奏に合わせて竜舞や棒術、花かご担ぎなどを楽しんでいる。新学期から始まった園児たちの新たな取り組みだ。隆徳県は伝統文化が色濃く残っており、多彩な民間活動が行われている。中でも「社火」は、その規模の大きさや種類の多さ、歴史の長さで全国的に知られている。第二幼稚園の尹雯(いん・ぶん)園長は、伝統文化を幼稚園に取り入れ、園児に早い時期からこれらの文化に触れさせるにはどうしたら良いかをずっと考えてきた。昨年11月から、幼稚園の先生はさまざまな材料で船やロバ、獅子などの「社火」の道具を作り、地元の「社火」の演者を招いて実際に指導してもらっている。園児たちは精巧でかわいらしい道具や陽気な表現方法に魅せられ、喜んで参加している。今年の元旦に県の体育館で行われた大規模な親子イベントは、園児らの「社火」で幕を開けた。生き生きとした演技やかわいらしくて面白いスタイルに、会場からは拍手が沸き起こった。尹氏はこれを見て「社火」を授業に取り入れる決心を固めた。(記者/劉飛)<映像内容>中国の幼稚園で伝統文化の授業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月27日
    琺瑯彩工芸、銅板レリーフに新たな可能性もたらす河北省石家荘市

    11月27日、石家荘市晋州市(石家荘市の管轄下にある県級市)の東方紫銅浮彫工芸品有限公司でショールームに展示された製品を見学する参観者。中国河北省石家荘市で銅板レリーフを製造する東方紫銅浮彫工芸品有限公司は、長年の探求と製作技法の革新を経て、伝統的な琺瑯彩(ほうろうさい)の技法を銅板レリーフ制作に応用することに成功した。新技法はこれまで単色だった作品にさまざまな色彩をもたらし、銅板レリーフの表現方法を豊かにした。製品の販路も拡大し、琺瑯彩工芸は幅広く活用されるようになった。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月27日
    琺瑯彩工芸、銅板レリーフに新たな可能性もたらす河北省石家荘市

    11月27日、石家荘市晋州市(石家荘市の管轄下にある県級市)の東方紫銅浮彫工芸品有限公司の工房で作業する従業員。中国河北省石家荘市で銅板レリーフを製造する東方紫銅浮彫工芸品有限公司は、長年の探求と製作技法の革新を経て、伝統的な琺瑯彩(ほうろうさい)の技法を銅板レリーフ制作に応用することに成功した。新技法はこれまで単色だった作品にさまざまな色彩をもたらし、銅板レリーフの表現方法を豊かにした。製品の販路も拡大し、琺瑯彩工芸は幅広く活用されるようになった。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月27日
    琺瑯彩工芸、銅板レリーフに新たな可能性もたらす河北省石家荘市

    11月27日、石家荘市晋州市(石家荘市の管轄下にある県級市)の東方紫銅浮彫工芸品有限公司でショールームに展示された製品を見学するを参観者。中国河北省石家荘市で銅板レリーフを製造する東方紫銅浮彫工芸品有限公司は、長年の探求と製作技法の革新を経て、伝統的な琺瑯彩(ほうろうさい)の技法を銅板レリーフ制作に応用することに成功した。新技法はこれまで単色だった作品にさまざまな色彩をもたらし、銅板レリーフの表現方法を豊かにした。製品の販路も拡大し、琺瑯彩工芸は幅広く活用されるようになった。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月27日
    琺瑯彩工芸、銅板レリーフに新たな可能性もたらす河北省石家荘市

    11月27日、石家荘市晋州市(石家荘市の管轄下にある県級市)の東方紫銅浮彫工芸品有限公司の工房で銅板レリーフにフレームを取り付ける作業員。中国河北省石家荘市で銅板レリーフを製造する東方紫銅浮彫工芸品有限公司は、長年の探求と製作技法の革新を経て、伝統的な琺瑯彩(ほうろうさい)の技法を銅板レリーフ制作に応用することに成功した。新技法はこれまで単色だった作品にさまざまな色彩をもたらし、銅板レリーフの表現方法を豊かにした。製品の販路も拡大し、琺瑯彩工芸は幅広く活用されるようになった。(石家荘=新華社記者/趙丹惠)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月27日
    琺瑯彩工芸、銅板レリーフに新たな可能性もたらす河北省石家荘市

    11月27日、石家荘市晋州市(石家荘市の管轄下にある県級市)の東方紫銅浮彫工芸品有限公司の工房で作業する造形デザイナー。中国河北省石家荘市で銅板レリーフを製造する東方紫銅浮彫工芸品有限公司は、長年の探求と製作技法の革新を経て、伝統的な琺瑯彩(ほうろうさい)の技法を銅板レリーフ制作に応用することに成功した。新技法はこれまで単色だった作品にさまざまな色彩をもたらし、銅板レリーフの表現方法を豊かにした。製品の販路も拡大し、琺瑯彩工芸は幅広く活用されるようになった。(石家荘=新華社記者/趙丹惠)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月03日
    越劇学校唯一の男性小生、夢の舞台を目指す浙江省嵊州市

    3日、嵊州越劇芸術学校演技クラスで水袖(舞台衣装の袖口につける長く白い薄絹)の表現方法を学ぶ王洪遠さん。2001年に浙江省台州市で生まれた王洪遠(おう・こうえん)さんは、嵊州越劇芸術学校演技クラス唯一の男性小生(若い男性役)だ。男性小生は、主に女性が演じる越劇の舞台では珍しい。王さんは幼い頃から越劇が好きで、優れた越劇俳優になろうと決意。中学2年生の時に才能と執念で嵊州越劇芸術学校から異例の合格を勝ち取った。王さんは「新編越劇が好きです。今後何か新しいことができたらと思います」と語った。越劇の発祥地、嵊州市ではここ数年、全域で越劇保護プロジェクトを実施し、越劇伝承教育の推進に力を入れている。「越劇芸術家の揺り籠」と呼ばれる嵊州越劇芸術学校は現在、中国で越劇のプロフェッショナル人材を育成する重要拠点となっている。(嵊州=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月03日
    越劇学校唯一の男性小生、夢の舞台を目指す浙江省嵊州市

    3日、嵊州越劇芸術学校演技クラスの終了後、教師から水袖(舞台衣装の袖口につける長く白い薄絹)の表現方法について指導を受ける王洪遠さん(右)。2001年に浙江省台州市で生まれた王洪遠(おう・こうえん)さんは、嵊州越劇芸術学校演技クラス唯一の男性小生(若い男性役)だ。男性小生は、主に女性が演じる越劇の舞台では珍しい。王さんは幼い頃から越劇が好きで、優れた越劇俳優になろうと決意。中学2年生の時に才能と執念で嵊州越劇芸術学校から異例の合格を勝ち取った。王さんは「新編越劇が好きです。今後何か新しいことができたらと思います」と語った。越劇の発祥地、嵊州市ではここ数年、全域で越劇保護プロジェクトを実施し、越劇伝承教育の推進に力を入れている。「越劇芸術家の揺り籠」と呼ばれる嵊州越劇芸術学校は現在、中国で越劇のプロフェッショナル人材を育成する重要拠点となっている。(嵊州=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:41.28
    2018年08月11日
    「新華社」北京国際コミック·アニメフェスティバルが開幕

    北京国際コミック・アニメーションフェスティバル(動漫北京)が9日午前、北京市の国家会議センターで開幕し、中国各地のアニメ・漫画ファンや百社以上の企業が会場に集まった。今回のフェスティバルでは、前衛的で最先端の二次元文化だけでなく、中国の漫画や古風なスタイル、漢民族の衣装など、伝統的で趣のある中国文化も目立っている。また、いくつかの企業はアニメやコスプレなどを使った革新的な表現方法で伝統文化をアピールしている。多くの出展作品は北京風文化や民俗文化などの伝統文化の趣が強く、会場の背景画には北京の街路や路地、人々の生活を描いているものがあり、北京市民の生活風景を生き生きと伝えている。(記者/梅元龍)<映像内容>北京国際コミック・アニメーションフェスティバルの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月18日
    夏休みに影絵芝居体験河北省沙河市

    18日、河北省沙河市下解村で子どもたちに「皮影戯」(影絵芝居)を披露する地元の継承者。中国河北省沙河市下解村は夏休み期間中、伝統的な影絵芝居「皮影戯」無料教室を開設した。村の留守児童(両親の出稼ぎで農村部に残された子どもたち)に豊かな思い出が残る夏休みを過ごしてもらおうと、地元の「皮影戯」継承者が「皮影戯」の知識を紹介し、影絵人形の製作方法、芝居の表現方法を教えた。(邢台=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月18日
    夏休みに影絵芝居体験河北省沙河市

    18日、河北省沙河市下解村で子どもたちに「皮影戯」(影絵芝居)の知識を解説する地元の継承者。中国河北省沙河市下解村は夏休み期間中、伝統的な影絵芝居「皮影戯」無料教室を開設した。村の留守児童(両親の出稼ぎで農村部に残された子どもたち)に豊かな思い出が残る夏休みを過ごしてもらおうと、地元の「皮影戯」継承者が「皮影戯」の知識を紹介し、影絵人形の製作方法、芝居の表現方法を教えた。(邢台=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月18日
    夏休みに影絵芝居体験河北省沙河市

    18日、河北省沙河市下解村で子どもたちに「皮影戯」(影絵芝居)の表現方法を指導する地元の継承者。中国河北省沙河市下解村は夏休み期間中、伝統的な影絵芝居「皮影戯」無料教室を開設した。村の留守児童(両親の出稼ぎで農村部に残された子どもたち)に豊かな思い出が残る夏休みを過ごしてもらおうと、地元の「皮影戯」継承者が「皮影戯」の知識を紹介し、影絵人形の製作方法、芝居の表現方法を教えた。(邢台=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年10月19日
    多彩な表現方法で楽しむ

    永井友子さん

  • 2014年06月09日
    コロンビア・メデジン

    コロンビア第2の都市、メデジンのボテロ広場。太っちょな表現方法で知られるコロンビアの芸術家、ボテロの彫刻が並ぶ。奥はラファエル・ウリベ宮殿=2014年5月21日(共同)

    撮影: 2014年5月21日

  • 2004年09月29日
    幻想世界で若者の内面を

    「日本の演劇界は今、表現方法がオーソドックスになっている。ぼくはいろんなやり方で舞台の時空間をつくっていきたい」と語る白井晃=東京・三軒茶屋

    撮影: 東京・三軒茶屋

  • 1996年02月20日
    練習中の劇団員 「劇を通じて表現方法を」

    巡回公演に向けて練習中の「チャンチャン劇団」=北九州市小倉南区の北九州市障害者スポーツセンター

    撮影: 北九州市小倉南区の北九州市障害者スポーツセンター

  • 1