KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • りゅう
  • 令和
  • 記者
  • 中国工程院
  • 開発
  • 品種
  • 水田
  • 測定
  • 作業
  • 世界

「袁隆平」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
146
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
146
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1999年09月20日
    ハイブリッド米の手入れ 12億の食確保へ挑戦

    )の(イ)、外信445S、24日付朝刊以降使用、解禁厳守、外信部注意  湖南雑種水稲研究センター(中国湖南省長沙市)の試験田でスーパーハイブリッド米の手入れをする袁隆平所長(共同)

    商品コード: 1999092000152

  • 2006年12月31日
    アフリカの食糧不足問題解決の一助に中国のハイブリッド米

    マダガスカルの首都アンタナナリボで地元の人々と記念撮影をする「ハイブリッドイネの父」袁隆平(えん・りゅうへい)氏の秘書で、中国アフリカ支援ハイブリッドイネモデルプロジェクトの責任者の一人でもある楊耀松(よう・ようしょう)氏(1列目右から3番目、黒いズボンを履いている)。(2006年撮影)マダガスカルのマヒチ(Mahitsy)に今年5月、中国湖南省にある国家交雑水稲(ハイブリッド米)工学技術研究センターの海外における唯一のサブセンター、アフリカサブセンターが開設された。同サブセンターは、アフリカの食糧の安全を強力に確保し推進していく。また、地元の種子専門会社の育成、販売網の構築、種子生産コストの引き下げに力を入れ、より多くのアフリカの一般農家がハイブリッド米の種子を買い、使うことができるようにしていくという。(長沙=新華社配信/楊耀松氏提供)=2006(平成18)年、クレジット:楊耀松氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006039

  • 2010年12月31日
    アフリカの食糧不足問題解決の一助に中国のハイブリッド米

    湖南省長沙市のハイブリッド米試験水田で言葉を交わす袁隆平(えん・りゅうへい)院士(右から2人目)とマダガスカル農業畜産水産省の高官ら。(2010年撮影)マダガスカルのマヒチ(Mahitsy)に今年5月、中国湖南省にある国家交雑水稲(ハイブリッド米)工学技術研究センターの海外における唯一のサブセンター、アフリカサブセンターが開設された。同サブセンターは、アフリカの食糧の安全を強力に確保し推進していく。また、地元の種子専門会社の育成、販売網の構築、種子生産コストの引き下げに力を入れ、より多くのアフリカの一般農家がハイブリッド米の種子を買い、使うことができるようにしていくという。(長沙=新華社配信/方志輝)=2010(平成22)年、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901397

  • 2014年10月16日
    袁隆平さん 「大躍進」教訓に水稲開発

    中国湖南省長沙市でインタビューに答える袁隆平さん=9月(共同)

    商品コード: 2014101600506

  • 2014年10月16日
    袁隆平さん 「大躍進」教訓に水稲開発

    中国湖南省長沙市の試験田で、収穫間近の水稲を観察する袁隆平さん=9月(共同)

    商品コード: 2014101600508

  • 2018年04月12日
    習近平氏、海南三亜で視察

    12日、袁隆平氏ら農業科学技術の専門家と共に、国家南繁科学研究育種基地(海南)でスーパーハイブリッド米「超優千号」の生育状況を視察する習近平氏。習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は12日午後、海南省三亜市で視察活動を行った。(三亜=新華社記者/謝環馳)=2018(平成30)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700438

  • 02:30.42
    2018年09月09日
    「新華社」【字幕あり】中国初の国際稲作発展フォーラム「ハイブリッド水稲の父」袁隆平氏ら、イネを語る

    中国初の国際稲作発展フォーラムが7日午前、湖南省の省都長沙市で開幕した。中国の「ハイブリッド水稲の父」と呼ばれる袁隆平氏を含む内外数百人の稲作専門家が「世界の稲作発展と産業振興」をテーマに交流と議論を深めた。開幕式で行われた専門家による講演では、全国各地の専門家が、世界の稲作発展と産業振興、稲作文化伝承、稲作科学技術革新などのテーマで基調講演を行った。参加した専門家は、人為的要因と自然災害の影響から、世界の飢餓人口はここ2年間で少しも減少しておらず、食料安全保障の現状は依然厳しいと語った。(記者/丁春雨)<映像内容>中国初の国際稲作発展フォーラムの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018101522798

  • 2018年11月22日
    「ハイブリッド米の父」袁隆平氏、長沙で未来科学大賞の「授賞式」

    22日、受賞スピーチをする袁隆平氏。健康上の理由で18日に北京で行われた「未来科学大賞」授賞式を欠席した「中国ハイブリッド米の父」、著名水稲育種家の袁隆平(えん・りゅうへい)氏は22日、勤務地の湖南省長沙市で組織委員会から賞状とトロフィーを授与された。未来科学大賞は2016年に設立された中国民間初の科学賞で、授賞賞金は100万ドル(1ドル=約113円)。ノミネート方式で選出された候補者を著名科学者で構成される科学委員会が審査し決定する。同賞の選考は公正性や公平性、社会的信頼性の原則に基づき独立性が保たれている。(長沙=新華社配信/王精敏)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615749

  • 2018年11月22日
    「ハイブリッド米の父」袁隆平氏、長沙で未来科学大賞の「授賞式」

    22日、賞状とトロフィーを手に夫人と記念撮影する袁隆平氏。健康上の理由で18日に北京で行われた「未来科学大賞」授賞式を欠席した「中国ハイブリッド米の父」、著名水稲育種家の袁隆平(えん・りゅうへい)氏は22日、勤務地の湖南省長沙市で組織委員会から賞状とトロフィーを授与された。未来科学大賞は2016年に設立された中国民間初の科学賞で、授賞賞金は100万ドル(1ドル=約113円)。ノミネート方式で選出された候補者を著名科学者で構成される科学委員会が審査し決定する。同賞の選考は公正性や公平性、社会的信頼性の原則に基づき独立性が保たれている。(長沙=新華社配信/王精敏)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615545

  • 02:34.94
    2018年11月22日
    「新華社」「ハイブリッド米の父」袁隆平氏、未来科学大賞の「授賞式」に出席

    17、18両日に行われた未来科学大賞の授賞式に健康上の理由で出席できなかった袁隆平(えん・りゅうへい)氏は22日午前、中国湖南省長沙市にある湖南雑交水稲研究センターで組織委員会から賞状とトロフィーを授与された。授賞式を終えた袁氏は、今回の授賞が自身への激励であり、さらなる高い目標へまい進することを後押しするものだと喜んだ。未来科学大賞の生命科学賞は袁隆平氏に授与されます。これは雑種強勢の原理を利用し水稲の生産量と抵抗力を著しく向上させた袁氏の画期的な功績を表するものです。(記者/丁春雨)<映像内容>未来科学大賞の「授賞式」の様子、撮影日:2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112616051

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月03日
    タクラマカン砂漠の西縁で「海水稲」の試験栽培始まる

    3日、タクラマカン砂漠西縁の新疆ウイグル自治区ヨプルガ県バヤワト郷に位置する試験田で「海水稲」の苗を植える研究員。中国で「交雑水稲(ハイブリッド米)の父」と呼ばれる中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん·りゅうへい)氏が率いるチームはこのほど、新疆ウイグル自治区で、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の苗を植え、試験栽培を開始した。試験田はタクラマカン砂漠西縁のヨプルガ(岳普湖)県バヤワト(巴依阿瓦提)郷に位置し、栽培面積は300ムー(20ヘクタール)に及ぶ。「海水稲」には土壌を改良する効果があり、塩類アルカリ土壌の同地は3~5年で素晴らしい田んぼになる見込みだという。(ヨプルガ=新華社配信/任麗瑛)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060702285

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月03日
    タクラマカン砂漠の西縁で「海水稲」の試験栽培始まる

    3日、タクラマカン砂漠西縁の新疆ウイグル自治区ヨプルガ県バヤワト郷に位置する試験田で「海水稲」の苗を植える研究員。(小型無人機から)中国で「交雑水稲(ハイブリッド米)の父」と呼ばれる中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん·りゅうへい)氏が率いるチームはこのほど、新疆ウイグル自治区で、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の苗を植え、試験栽培を開始した。試験田はタクラマカン砂漠西縁のヨプルガ(岳普湖)県バヤワト(巴依阿瓦提)郷に位置し、栽培面積は300ムー(20ヘクタール)に及ぶ。「海水稲」には土壌を改良する効果があり、塩類アルカリ土壌の同地は3~5年で素晴らしい田んぼになる見込みだという。(ヨプルガ=新華社配信/エクベル・エルケン)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060702270

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月03日
    タクラマカン砂漠の西縁で「海水稲」の試験栽培始まる

    3日、タクラマカン砂漠西縁の新疆ウイグル自治区ヨプルガ県バヤワト郷に位置する試験田で「海水稲」の苗を植える研究員。中国で「交雑水稲(ハイブリッド米)の父」と呼ばれる中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん·りゅうへい)氏が率いるチームはこのほど、新疆ウイグル自治区で、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の苗を植え、試験栽培を開始した。試験田はタクラマカン砂漠西縁のヨプルガ(岳普湖)県バヤワト(巴依阿瓦提)郷に位置し、栽培面積は300ムー(20ヘクタール)に及ぶ。「海水稲」には土壌を改良する効果があり、塩類アルカリ土壌の同地は3~5年で素晴らしい田んぼになる見込みだという。(ヨプルガ=新華社配信/任麗瑛)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060702217

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月03日
    タクラマカン砂漠の西縁で「海水稲」の試験栽培始まる

    3日、タクラマカン砂漠西縁の新疆ウイグル自治区ヨプルガ県バヤワト郷で「海水稲」の苗を運ぶ農家。中国で「交雑水稲(ハイブリッド米)の父」と呼ばれる中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん·りゅうへい)氏が率いるチームはこのほど、新疆ウイグル自治区で、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の苗を植え、試験栽培を開始した。試験田はタクラマカン砂漠西縁のヨプルガ(岳普湖)県バヤワト(巴依阿瓦提)郷に位置し、栽培面積は300ムー(20ヘクタール)に及ぶ。「海水稲」には土壌を改良する効果があり、塩類アルカリ土壌の同地は3~5年で素晴らしい田んぼになる見込みだという。(ヨプルガ=新華社配信/任麗瑛)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060702267

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月05日
    タクラマカン砂漠の西縁で「海水稲」の試験栽培始まる

    5日、タクラマカン砂漠西縁の新疆ウイグル自治区ヨプルガ県バヤワト郷に位置する試験田で「海水稲」の苗を植える研究員。中国で「交雑水稲(ハイブリッド米)の父」と呼ばれる中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん·りゅうへい)氏が率いるチームはこのほど、新疆ウイグル自治区で、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の苗を植え、試験栽培を開始した。試験田はタクラマカン砂漠西縁のヨプルガ(岳普湖)県バヤワト(巴依阿瓦提)郷に位置し、栽培面積は300ムー(20ヘクタール)に及ぶ。「海水稲」には土壌を改良する効果があり、塩類アルカリ土壌の同地は3~5年で素晴らしい田んぼになる見込みだという。(ヨプルガ=新華社配信/任麗瑛)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060702280

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:29.39
    2019年06月06日
    「新華社」タクラマカン砂漠の西縁で「海水稲」の試験栽培始まる

    中国で「交雑水稲(ハイブリッド米)の父」と呼ばれる中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん·りゅうへい)氏が率いるチームはこのほど、新疆ウイグル自治区で、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の苗を植え、試験栽培を開始した。試験田はタクラマカン砂漠西縁のヨプルガ(岳普湖)県バヤワト(巴依阿瓦提)郷に位置し、栽培面積は300ムー(20ヘクタール)に及ぶ。「海水稲」には土壌を改良する効果があり、塩類アルカリ土壌の同地は3~5年で素晴らしい田んぼになる見込みだという。(記者/于濤、李志浩)<映像内容>「海水稲」の田植えの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060601005

  • 2019年09月29日
    【新中国成立70周年】国家勲章と国家栄誉称号の授与式、北京で開催

    29日、習近平氏(右)と記念撮影する「共和国勲章」受章者、袁隆平(えん・りゅうへい)氏。中華人民共和国国家勲章と国家栄誉称号の授与式が29日、北京の人民大会堂で盛大に開かれた。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が「共和国勲章」受章者に勲章を授与した。(北京=新華社記者/王曄)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101836

  • 2019年09月29日
    【新中国成立70周年】国家勲章と国家栄誉称号の授与式、北京で開催

    29日、習近平氏(右)と記念撮影する「共和国勲章」受章者、袁隆平(えん・りゅうへい)氏。中華人民共和国国家勲章と国家栄誉称号の授与式が29日、北京の人民大会堂で盛大に開かれた。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が「共和国勲章」受章者に勲章を授与した。(北京=新華社記者/王曄)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101896

  • 2019年10月14日
    袁隆平氏、「第3世代ハイブリッド米」関連企業の董事長に

    14日、第3代交雑水稲種苗業有限公司の社名プレートの除幕を行う袁隆平氏(左)。中国湖南省長沙市で14日午前、ハイブリッド米技術の実用化と高度化を担う「第3代交雑水稲種苗業有限公司」の開業式典が開かれた。同社の董事長には「ハイブリッド米の父」袁隆平(えん・りゅうへい)氏が就任した。袁氏は、第3世代ハイブリッド米の技術は、現時点の雑種強勢の利用方法として最も理想的であり、世界のコメ栽培に大きな変化をもたらすだろうと語った。第3世代ハイブリッド米技術は袁氏のチームが「三系法」と「二系法」のハイブリッド米育種方法に基づき、長年の研究を経て実現した。(長沙=新華社記者/周勉)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605480

  • 2019年10月14日
    袁隆平氏、「第3世代ハイブリッド米」関連企業の董事長に

    14日、第3世代交雑水稲種苗業有限公司の開業式典であいさつする袁隆平氏。中国湖南省長沙市で14日午前、ハイブリッド米技術の実用化と高度化を担う「第3代交雑水稲種苗業有限公司」の開業式典が開かれた。同社の董事長には「ハイブリッド米の父」袁隆平(えん・りゅうへい)氏が就任した。袁氏は、第3世代ハイブリッド米の技術は、現時点の雑種強勢の利用方法として最も理想的であり、世界のコメ栽培に大きな変化をもたらすだろうと語った。第3世代ハイブリッド米技術は袁氏のチームが「三系法」と「二系法」のハイブリッド米育種方法に基づき、長年の研究を経て実現した。(長沙=新華社記者/周勉)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605547

  • 2019年10月14日
    【新中国成立70周年】農業実績が示す新中国の発展 70周年祝賀大型成果展

    14日、成果展で展示されたハイブリッド米を開発した袁隆平(えん・りゅうへい)氏に関する資料。「偉大な歩み輝かしい成果-中華人民共和国成立70周年祝賀大型成果展」がこのほど、北京展覧館で開幕した。同展では中国初の履帯式トラクター「東方紅」の製造や、人工の天の川と称される「紅旗渠」の幹線水路建設、生産責任制の導入など、新中国成立以降に農業分野において収めた成果を紹介。労働者の知恵と汗が凝縮され、70年の発展の道のりが示された展示に、多くの市民が足を止めて見入っていた。(北京=新華社記者/常博深)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605559

  • 2019年10月22日
    湖南省、第3世代ハイブリッド米新品種の収量調査を実施

    22日、第3世代ハイブリッド米現地視察・収量調査専門家評議会で発言する「中国ハイブリッド米の父」袁隆平(えん・りゅうへい)氏。中国湖南省農学会は21、22両日、各地の農業専門家を招き湖南省衡陽(こうよう)市衡南県雲集鎮で、試験栽培した第3世代ハイブリッド米の新品種「G3-1S/親19」を収穫し、収量調査を実施した。1ムー(15分の1ヘクタール)当たりの平均生産量は1046・3キロだった。調査チームは、新品種が同等の栽培条件下で生産量の大幅な増加を実現したとの見方を示めしている。同チームは、同省湘潭(しょうたん)市と長沙市で試験栽培した第3世代ハイブリッド米の新品種についても現地調査を行った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2019(令和元)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800921

  • 2019年10月22日
    湖南省、第3世代ハイブリッド米新品種の収量調査を実施

    22日、第3世代ハイブリッド米現地視察・収量調査専門家評議会に出席した「中国ハイブリッド米の父」袁隆平(えん・りゅうへい)氏(中央)。中国湖南省農学会は21、22両日、各地の農業専門家を招き湖南省衡陽(こうよう)市衡南県雲集鎮で、試験栽培した第3世代ハイブリッド米の新品種「G3-1S/親19」を収穫し、収量調査を実施した。1ムー(15分の1ヘクタール)当たりの平均生産量は1046・3キロだった。調査チームは、新品種が同等の栽培条件下で生産量の大幅な増加を実現したとの見方を示めしている。同チームは、同省湘潭(しょうたん)市と長沙市で試験栽培した第3世代ハイブリッド米の新品種についても現地調査を行った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2019(令和元)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800861

  • 2019年10月22日
    湖南省、第3世代ハイブリッド米新品種の収量調査を実施

    22日、長沙市の湖南ハイブリッド米研究センターで試験水田を視察する袁隆平氏(右から2人目)と収量調査専門家チーム。中国湖南省農学会は21、22両日、各地の農業専門家を招き湖南省衡陽(こうよう)市衡南県雲集鎮で、試験栽培した第3世代ハイブリッド米の新品種「G3-1S/親19」を収穫し、収量調査を実施した。1ムー(15分の1ヘクタール)当たりの平均生産量は1046・3キロだった。調査チームは、新品種が同等の栽培条件下で生産量の大幅な増加を実現したとの見方を示めしている。同チームは、同省湘潭(しょうたん)市と長沙市で試験栽培した第3世代ハイブリッド米の新品種についても現地調査を行った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2019(令和元)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800794

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:50.77
    2019年10月30日
    「新華社」新疆での「海水稲」栽培、1ムー当たり546・74キロの収穫量を予測

    中国で「交雑水稲(ハイブリッド米)の父」と呼ばれる中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏が率いる海水稲科学研究チームはこのほど、新疆ウイグル自治区ヨプルガ(岳普湖)県で行われている「海水稲」試験栽培の収穫量予測を発表した。「海水稲」は同チームが研究開発した塩類・アルカリ土壌に強い品種で、予測専門家チームの評価の結果、最終的な収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり546・74キロになるとの見通し。今回の収穫量予測は、山東泰安新疆支援指揮部、ヨプルガ県人民政府が、山東省農業科学院、青島海水稲研究発展センターなどの機関の専門家を動員して実施した。予測を実施した水田は、ヨプルガ県バヤワト(巴依阿瓦提)郷阿熱蓋買村に位置し、タクラマカン砂漠の西端に接している。試験栽培水田は、土壌塩分濃度は1・7%前後に上り、pH値は8・0を超え、重度アルカリ土壌に属している。タクラマカン砂漠の周辺には塩類・アルカリ土壌が広く分布し、農地として使用することができなかった。この海水稲栽培試験田の面積は300ムー(20ヘクタール)で、これまでは塩類・アルカリ土壌の荒れ地だった。同チームのメンバーである王琦(おう・き)氏によると、この栽培試験田では、エレメンツIoT(モノのインターネット)、指向性土壌改良材、植物成長調整剤、ストレス耐性を有するイネを組み合わせた青島海水稲研究発展センターの「四次元改良法」技術が使われた。(記者/丁磊、李志浩)<映像内容>「海水稲」試験栽培の収穫量予測を発表、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608584

  • 2020年05月28日
    ツァイダム盆地で「海水稲」の試験栽培を初実施青海省

    5月28日、試験田で田植えをする袁隆平氏の海水稲科学研究チーム。中国の「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲科学研究チームは今年初めから、青海省ツァイダム(柴達木)盆地にある塩類アルカリ性の荒れた土壌で、海水稲の試験田を開墾し始めた。チームのメンバーは6月初め、温室で育てた海水稲を新たに開墾したアルカリ土壌に移し、試験栽培を始めた。5日間かけて人力で田植えを行い、これまでに2ムー(約0・13ヘクタール)余りの田植えが完了。同盆地で海水稲の試験栽培が行われるのは今回が初めてとなる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503989

  • 2020年05月28日
    ツァイダム盆地で「海水稲」の試験栽培を初実施青海省

    5月28日、試験田で田植えをする袁隆平氏の海水稲科学研究チーム。中国の「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲科学研究チームは今年初めから、青海省ツァイダム(柴達木)盆地にある塩類アルカリ性の荒れた土壌で、海水稲の試験田を開墾し始めた。チームのメンバーは6月初め、温室で育てた海水稲を新たに開墾したアルカリ土壌に移し、試験栽培を始めた。5日間かけて人力で田植えを行い、これまでに2ムー(約0・13ヘクタール)余りの田植えが完了。同盆地で海水稲の試験栽培が行われるのは今回が初めてとなる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061504011

  • 2020年06月02日
    ツァイダム盆地で「海水稲」の試験栽培を初実施青海省

    2日、青海省ゴルムド市の温室で栽培した海水稲の苗。中国の「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲科学研究チームは今年初めから、青海省ツァイダム(柴達木)盆地にある塩類アルカリ性の荒れた土壌で、海水稲の試験田を開墾し始めた。チームのメンバーは6月初め、温室で育てた海水稲を新たに開墾したアルカリ土壌に移し、試験栽培を始めた。5日間かけて人力で田植えを行い、これまでに2ムー(約0・13ヘクタール)余りの田植えが完了。同盆地で海水稲の試験栽培が行われるのは今回が初めてとなる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

    商品コード: 2020061504021

  • 2020年06月03日
    ツァイダム盆地で「海水稲」の試験栽培を初実施青海省

    3日、試験田の手入れをする袁隆平氏の海水稲科学研究チーム。中国の「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲科学研究チームは今年初めから、青海省ツァイダム(柴達木)盆地にある塩類アルカリ性の荒れた土壌で、海水稲の試験田を開墾し始めた。チームのメンバーは6月初め、温室で育てた海水稲を新たに開墾したアルカリ土壌に移し、試験栽培を始めた。5日間かけて人力で田植えを行い、これまでに2ムー(約0・13ヘクタール)余りの田植えが完了。同盆地で海水稲の試験栽培が行われるのは今回が初めてとなる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

    商品コード: 2020061504051

  • 00:59.40
    2020年06月04日
    「新華社」内モンゴル自治区で海水稲試験栽培プロジェクト始まる

    中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏が率いる青島海水稲研究開発センターは4日、内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗で海水稲試験栽培プロジェクトを開始した。当日は作業員らが独貴塔拉鎮にある千ムー(約67ヘクタール)のアルカリ土壌稲作改良モデル水田で田植えを行った。同センターは今回のプロジェクトで、水稲品種181種類の試植を行い、アルカリ土壌の改良、耐アルカリ水稲品種の選別、高生産技術の研究を実施する。地元の重度アルカリ土壌での栽培に適し、生産量が多く、味の良い水稲品種の選抜育種を行い、大規模栽培に向けた基礎を築く。黄河沿岸部には現在、40万ムー(約2万6667ヘクタール)近くのアルカリ土壌が広がっており、土壌改良の難しさなどが農業収益の向上と農民の増産増収を長年にわたり制約してきた。地元では栽培産業の構造調整や品質・収益力の向上に向け、同センターと共同で10万ムー(約6667ヘクタール)海水稲全産業チェーン運営プロジェクトを計画、実施する。プロジェクトは2025年までの完了を見込む。(記者/恩浩)<映像内容>海水稲試験栽培プロジェクトの様子、撮影日:2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102981

  • 2020年06月04日
    ツァイダム盆地で「海水稲」の試験栽培を初実施青海省

    4日、海水稲の栽培に使われる田植え機。中国の「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲科学研究チームは今年初めから、青海省ツァイダム(柴達木)盆地にある塩類アルカリ性の荒れた土壌で、海水稲の試験田を開墾し始めた。チームのメンバーは6月初め、温室で育てた海水稲を新たに開墾したアルカリ土壌に移し、試験栽培を始めた。5日間かけて人力で田植えを行い、これまでに2ムー(約0・13ヘクタール)余りの田植えが完了。同盆地で海水稲の試験栽培が行われるのは今回が初めてとなる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020061504052

  • 2020年06月05日
    海水稲の全国合同田植えイベント開催

    5日、青島市城陽区上馬街道にある塩類アルカリ土壌の稲作改良モデル拠点の試験田で、田植えをするスタッフ。中国山東省青島市、濰坊(いほう)市、青海省ゴルムド市、浙江省温州市の4市で5日、今年の海水稲全国合同田植えイベントが同時に開かれた。イベントは「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲チームが主催した。同チームでは今年、海水稲の普及面積を全国10万ムー(約6700ヘクタール)に拡大。塩類アルカリ土壌の土地100万ムー(約6万7000ヘクタール)の改造も同時に行い、全国の塩類アルカリ土壌1千万ムー(約67万ヘクタール)で改造プロジェクトを行うことを目指している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908348

  • 2020年06月05日
    海水稲の全国合同田植えイベント開催

    5日、青島市城陽区上馬街道にある塩類アルカリ土壌の稲作改良モデル拠点の試験田で、田植えをするスタッフ。中国山東省青島市、濰坊(いほう)市、青海省ゴルムド市、浙江省温州市の4市で5日、今年の海水稲全国合同田植えイベントが同時に開かれた。イベントは「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲チームが主催した。同チームでは今年、海水稲の普及面積を全国10万ムー(約6700ヘクタール)に拡大。塩類アルカリ土壌の土地100万ムー(約6万7000ヘクタール)の改造も同時に行い、全国の塩類アルカリ土壌1千万ムー(約67万ヘクタール)で改造プロジェクトを行うことを目指している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908319

  • 2020年06月05日
    ツァイダム盆地で「海水稲」の試験栽培を初実施青海省

    5日、試験田で田植え機で田植え作業を行う青島海水稲研究発展センターの張国東(ちょう・こくとう)育成エンジニア。中国の「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲科学研究チームは今年初めから、青海省ツァイダム(柴達木)盆地にある塩類アルカリ性の荒れた土壌で、海水稲の試験田を開墾し始めた。チームのメンバーは6月初め、温室で育てた海水稲を新たに開墾したアルカリ土壌に移し、試験栽培を始めた。5日間かけて人力で田植えを行い、これまでに2ムー(約0・13ヘクタール)余りの田植えが完了。同盆地で海水稲の試験栽培が行われるのは今回が初めてとなる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

    商品コード: 2020061503963

  • 2020年06月05日
    海水稲の全国合同田植えイベント開催

    5日、青島市城陽区上馬街道にある塩類アルカリ土壌の稲作改良モデル拠点の試験田で、田植えをするスタッフ。中国山東省青島市、濰坊(いほう)市、青海省ゴルムド市、浙江省温州市の4市で5日、今年の海水稲全国合同田植えイベントが同時に開かれた。イベントは「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲チームが主催した。同チームでは今年、海水稲の普及面積を全国10万ムー(約6700ヘクタール)に拡大。塩類アルカリ土壌の土地100万ムー(約6万7000ヘクタール)の改造も同時に行い、全国の塩類アルカリ土壌1千万ムー(約67万ヘクタール)で改造プロジェクトを行うことを目指している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060907910

  • 2020年06月05日
    海水稲の全国合同田植えイベント開催

    5日、青島市城陽区上馬街道にある塩類アルカリ土壌の稲作改良モデル拠点の試験田で、田植えをするスタッフ。中国山東省青島市、濰坊(いほう)市、青海省ゴルムド市、浙江省温州市の4市で5日、今年の海水稲全国合同田植えイベントが同時に開かれた。イベントは「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲チームが主催した。同チームでは今年、海水稲の普及面積を全国10万ムー(約6700ヘクタール)に拡大。塩類アルカリ土壌の土地100万ムー(約6万7000ヘクタール)の改造も同時に行い、全国の塩類アルカリ土壌1千万ムー(約67万ヘクタール)で改造プロジェクトを行うことを目指している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908280

  • 2020年06月05日
    海水稲の全国合同田植えイベント開催

    5日、青島市城陽区上馬街道にある塩類アルカリ土壌の稲作改良モデル拠点の試験田で、田植えをするスタッフ。中国山東省青島市、濰坊(いほう)市、青海省ゴルムド市、浙江省温州市の4市で5日、今年の海水稲全国合同田植えイベントが同時に開かれた。イベントは「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲チームが主催した。同チームでは今年、海水稲の普及面積を全国10万ムー(約6700ヘクタール)に拡大。塩類アルカリ土壌の土地100万ムー(約6万7000ヘクタール)の改造も同時に行い、全国の塩類アルカリ土壌1千万ムー(約67万ヘクタール)で改造プロジェクトを行うことを目指している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908528

  • 00:40.40
    2020年06月11日
    「新華社」ツァイダム盆地で「海水稲」の試験栽培を初実施青海省

    中国の「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲科学研究チームは今年初めから、青海省ツァイダム(柴達木)盆地にある塩類アルカリ性の荒れた土壌で、海水稲の試験田を開墾し始めた。チームのメンバーは6月初め、温室で育てた海水稲を新たに開墾したアルカリ土壌に移し、試験栽培を始めた。5日間かけて人力で田植えを行い、これまでに2ムー(約0・13ヘクタール)余りの田植えが完了。同盆地で海水稲の試験栽培が行われるのは今回が初めてとなる。(記者/王艶)<映像内容>海水稲の試験田を開墾する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061504064

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆の「海水稲」、予測収穫量は1ムー当たり548キロ

    25日、ヨプルガ県の海水稲栽培拠点で、収穫量予測を行う区域を決める生産隊長の張立山(ちょう・りつざん)氏。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県で25日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる研究チームが開発した塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。専門家チームが評価した結果、理論上の予測収穫量は最終的に1ムー(約667平方メートル)当たり548・53キロとなった。生産量予測を行った水田は同県バヤワト(巴依阿瓦提)郷にあり、タクラマカン砂漠の西端に隣接。水田は重度の塩類アルカリ土壌となっている。(ヨプルガ=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806754

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆の「海水稲」、予測収穫量は1ムー当たり548キロ

    25日、ヨプルガ県の海水稲栽培拠点で、収穫量予測専門家チームの張玉燭(ちょう・ぎょくしょく)氏(右)に水稲の栽培状況を説明する生産隊長の張立山(ちょう・りつざん)氏。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県で25日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる研究チームが開発した塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。専門家チームが評価した結果、理論上の予測収穫量は最終的に1ムー(約667平方メートル)当たり548・53キロとなった。生産量予測を行った水田は同県バヤワト(巴依阿瓦提)郷にあり、タクラマカン砂漠の西端に隣接。水田は重度の塩類アルカリ土壌となっている。(ヨプルガ=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807035

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆の「海水稲」、予測収穫量は1ムー当たり548キロ

    25日、ヨプルガ県の海水稲栽培拠点で、測定用のイネを脱穀するスタッフ。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県で25日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる研究チームが開発した塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。専門家チームが評価した結果、理論上の予測収穫量は最終的に1ムー(約667平方メートル)当たり548・53キロとなった。生産量予測を行った水田は同県バヤワト(巴依阿瓦提)郷にあり、タクラマカン砂漠の西端に隣接。水田は重度の塩類アルカリ土壌となっている。(ヨプルガ=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807059

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆の「海水稲」、予測収穫量は1ムー当たり548キロ

    25日、海水稲栽培拠点のあぜ道の表面に見える塩類アルカリ成分。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県で25日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる研究チームが開発した塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。専門家チームが評価した結果、理論上の予測収穫量は最終的に1ムー(約667平方メートル)当たり548・53キロとなった。生産量予測を行った水田は同県バヤワト(巴依阿瓦提)郷にあり、タクラマカン砂漠の西端に隣接。水田は重度の塩類アルカリ土壌となっている。(ヨプルガ=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807094

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆の「海水稲」、予測収穫量は1ムー当たり548キロ

    25日、ヨプルガ県の海水稲栽培拠点で、測定用のイネを脱穀する生産隊長の張立山(ちょう・りつざん)氏。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県で25日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる研究チームが開発した塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。専門家チームが評価した結果、理論上の予測収穫量は最終的に1ムー(約667平方メートル)当たり548・53キロとなった。生産量予測を行った水田は同県バヤワト(巴依阿瓦提)郷にあり、タクラマカン砂漠の西端に隣接。水田は重度の塩類アルカリ土壌となっている。(ヨプルガ=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807096

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:29.21
    2020年09月25日
    「新華社」新疆の「海水稲」、予測収穫量は1ムー当たり548キロ

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県で25日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる研究チームが開発した塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。専門家チームが評価した結果、理論上の予測収穫量は最終的に1ムー(約667平方メートル)当たり548・53キロとなった。生産量予測を行った水田は同県バヤワト(巴依阿瓦提)郷にあり、タクラマカン砂漠の西端に隣接。水田は重度の塩類アルカリ土壌となっている。(記者/高晗)<映像内容>海水稲の収穫の様子、撮影日:2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020093008750

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆の「海水稲」、予測収穫量は1ムー当たり548キロ

    25日、ヨプルガ県の海水稲栽培拠点で、測定用のイネを収穫する栽培農家。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県で25日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる研究チームが開発した塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。専門家チームが評価した結果、理論上の予測収穫量は最終的に1ムー(約667平方メートル)当たり548・53キロとなった。生産量予測を行った水田は同県バヤワト(巴依阿瓦提)郷にあり、タクラマカン砂漠の西端に隣接。水田は重度の塩類アルカリ土壌となっている。(ヨプルガ=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806923

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    中国の研究チーム、新疆の試験田で海水稲を収穫

    新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県の海水稲試験田。(9月25日撮影)実りの秋を迎えた中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県のバヤワト(巴依阿瓦提)郷で、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の刈り取りが始まった。300ムー(20ヘクタール)の試験田では、大型コンバインが整然と作業をしていた。収穫に先立ち実施された専門家による収量調査では、1ムー(約667平方メートル)当たりの収穫量を548・53キロとしていた。同県は塩分が多いアルカリ性土壌で、乾燥した気候で雨も少ないことから、耕地の9割が塩害の被害を受けている。中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏が率いる青島海水稲研究開発センターは2018年、同郷を中国で最初に実施する塩類アルカリ土壌向け稲作改良試験の拠点の一つとして選び、3年連続で試験栽培を実施した。(岳普湖=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101705044

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆の「海水稲」、予測収穫量は1ムー当たり548キロ

    25日、ヨプルガ県の海水稲栽培拠点で収穫量予測に使われた稲穂。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県で25日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる研究チームが開発した塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。専門家チームが評価した結果、理論上の予測収穫量は最終的に1ムー(約667平方メートル)当たり548・53キロとなった。生産量予測を行った水田は同県バヤワト(巴依阿瓦提)郷にあり、タクラマカン砂漠の西端に隣接。水田は重度の塩類アルカリ土壌となっている。(ヨプルガ=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807117

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆の「海水稲」、予測収穫量は1ムー当たり548キロ

    25日、ヨプルガ県の海水稲栽培拠点から見た砂漠。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県で25日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる研究チームが開発した塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。専門家チームが評価した結果、理論上の予測収穫量は最終的に1ムー(約667平方メートル)当たり548・53キロとなった。生産量予測を行った水田は同県バヤワト(巴依阿瓦提)郷にあり、タクラマカン砂漠の西端に隣接。水田は重度の塩類アルカリ土壌となっている。(ヨプルガ=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806760

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆の「海水稲」、予測収穫量は1ムー当たり548キロ

    25日、ヨプルガ県の海水稲栽培拠点で、生育状況を確認する収穫量予測専門家チームの周清明(しゅう・せいめい)教授(右)と張玉燭(ちょう・ぎょくしょく)氏。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県で25日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる研究チームが開発した塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。専門家チームが評価した結果、理論上の予測収穫量は最終的に1ムー(約667平方メートル)当たり548・53キロとなった。生産量予測を行った水田は同県バヤワト(巴依阿瓦提)郷にあり、タクラマカン砂漠の西端に隣接。水田は重度の塩類アルカリ土壌となっている。(ヨプルガ=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807088

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月25日
    新疆の「海水稲」、予測収穫量は1ムー当たり548キロ

    25日、ヨプルガ県の海水稲栽培拠点で、収穫量の予測結果を確認する専門家チーム。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県で25日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる研究チームが開発した塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。専門家チームが評価した結果、理論上の予測収穫量は最終的に1ムー(約667平方メートル)当たり548・53キロとなった。生産量予測を行った水田は同県バヤワト(巴依阿瓦提)郷にあり、タクラマカン砂漠の西端に隣接。水田は重度の塩類アルカリ土壌となっている。(ヨプルガ=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807138

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月26日
    中国の研究チーム、新疆の試験田で海水稲を収穫

    新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県の海水稲試験田で、刈り取った種籾(たねもみ)を袋に入れる管理員。(9月26日撮影)実りの秋を迎えた中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県のバヤワト(巴依阿瓦提)郷で、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の刈り取りが始まった。300ムー(20ヘクタール)の試験田では、大型コンバインが整然と作業をしていた。収穫に先立ち実施された専門家による収量調査では、1ムー(約667平方メートル)当たりの収穫量を548・53キロとしていた。同県は塩分が多いアルカリ性土壌で、乾燥した気候で雨も少ないことから、耕地の9割が塩害の被害を受けている。中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏が率いる青島海水稲研究開発センターは2018年、同郷を中国で最初に実施する塩類アルカリ土壌向け稲作改良試験の拠点の一つとして選び、3年連続で試験栽培を実施した。(岳普湖=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704966

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月26日
    中国の研究チーム、新疆の試験田で海水稲を収穫

    新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県の海水稲試験田で、種籾(たねもみ)刈り取る管理員。(9月26日撮影)実りの秋を迎えた中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県のバヤワト(巴依阿瓦提)郷で、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の刈り取りが始まった。300ムー(20ヘクタール)の試験田では、大型コンバインが整然と作業をしていた。収穫に先立ち実施された専門家による収量調査では、1ムー(約667平方メートル)当たりの収穫量を548・53キロとしていた。同県は塩分が多いアルカリ性土壌で、乾燥した気候で雨も少ないことから、耕地の9割が塩害の被害を受けている。中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏が率いる青島海水稲研究開発センターは2018年、同郷を中国で最初に実施する塩類アルカリ土壌向け稲作改良試験の拠点の一つとして選び、3年連続で試験栽培を実施した。(岳普湖=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704935

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月26日
    中国の研究チーム、新疆の試験田で海水稲を収穫

    新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県の海水稲試験田で選別された種籾(たねもみ)。(9月26日撮影)実りの秋を迎えた中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県のバヤワト(巴依阿瓦提)郷で、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の刈り取りが始まった。300ムー(20ヘクタール)の試験田では、大型コンバインが整然と作業をしていた。収穫に先立ち実施された専門家による収量調査では、1ムー(約667平方メートル)当たりの収穫量を548・53キロとしていた。同県は塩分が多いアルカリ性土壌で、乾燥した気候で雨も少ないことから、耕地の9割が塩害の被害を受けている。中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏が率いる青島海水稲研究開発センターは2018年、同郷を中国で最初に実施する塩類アルカリ土壌向け稲作改良試験の拠点の一つとして選び、3年連続で試験栽培を実施した。(岳普湖=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101705032

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月26日
    中国の研究チーム、新疆の試験田で海水稲を収穫

    新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県の海水稲試験田で、子どもに水稲の品種について説明する管理人(左)。(9月26日撮影)実りの秋を迎えた中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県のバヤワト(巴依阿瓦提)郷で、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の刈り取りが始まった。300ムー(20ヘクタール)の試験田では、大型コンバインが整然と作業をしていた。収穫に先立ち実施された専門家による収量調査では、1ムー(約667平方メートル)当たりの収穫量を548・53キロとしていた。同県は塩分が多いアルカリ性土壌で、乾燥した気候で雨も少ないことから、耕地の9割が塩害の被害を受けている。中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏が率いる青島海水稲研究開発センターは2018年、同郷を中国で最初に実施する塩類アルカリ土壌向け稲作改良試験の拠点の一つとして選び、3年連続で試験栽培を実施した。(岳普湖=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704979

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月26日
    中国の研究チーム、新疆の試験田で海水稲を収穫

    新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県の海水稲試験田で、管理員が選別した種籾(たねもみ)。(9月26日撮影)実りの秋を迎えた中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県のバヤワト(巴依阿瓦提)郷で、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の刈り取りが始まった。300ムー(20ヘクタール)の試験田では、大型コンバインが整然と作業をしていた。収穫に先立ち実施された専門家による収量調査では、1ムー(約667平方メートル)当たりの収穫量を548・53キロとしていた。同県は塩分が多いアルカリ性土壌で、乾燥した気候で雨も少ないことから、耕地の9割が塩害の被害を受けている。中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏が率いる青島海水稲研究開発センターは2018年、同郷を中国で最初に実施する塩類アルカリ土壌向け稲作改良試験の拠点の一つとして選び、3年連続で試験栽培を実施した。(岳普湖=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704985

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月26日
    中国の研究チーム、新疆の試験田で海水稲を収穫

    新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県の海水稲試験田で、生産隊長(左)に種籾(たねもみ)を渡す管理員。(9月26日撮影)実りの秋を迎えた中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県のバヤワト(巴依阿瓦提)郷で、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の刈り取りが始まった。300ムー(20ヘクタール)の試験田では、大型コンバインが整然と作業をしていた。収穫に先立ち実施された専門家による収量調査では、1ムー(約667平方メートル)当たりの収穫量を548・53キロとしていた。同県は塩分が多いアルカリ性土壌で、乾燥した気候で雨も少ないことから、耕地の9割が塩害の被害を受けている。中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏が率いる青島海水稲研究開発センターは2018年、同郷を中国で最初に実施する塩類アルカリ土壌向け稲作改良試験の拠点の一つとして選び、3年連続で試験栽培を実施した。(岳普湖=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101705031

  • 2020年09月27日
    「海水稲」収穫量、1ムー当たり500キロ以上に内モンゴル自治区

    9月27日、内モンゴル自治区の「ヒンガン盟袁隆平院士作業ステーション・塩類アルカリ土壌水稲栽培拠点」で、収穫量予測を行う専門家とスタッフ。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼中旗にある「ヒンガン盟袁隆平(えん・りゅうへい)院士作業ステーション・塩類アルカリ土壌水稲栽培拠点」でこのほど、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。pH水素イオン指数8・8~9・2、塩分濃度0・5~0・6%の土壌で栽培した「海水稲」1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量は533・95キロで、昨年に引き続き500キロを上回った。同拠点の海水稲収穫量が2年連続500キロ以上になったことで、ヒンガン盟にある中~低収穫量水田の収穫量を引き上げる可能性が生じたとともに、中国国内の同等条件下における水稲栽培に科学的根拠をもたらした。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500482

  • 2020年09月27日
    「海水稲」収穫量、1ムー当たり500キロ以上に内モンゴル自治区

    9月27日、内モンゴル自治区の「ヒンガン盟袁隆平院士作業ステーション・塩類アルカリ土壌水稲栽培拠点」で、イネを収穫する農家。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼中旗にある「ヒンガン盟袁隆平(えん・りゅうへい)院士作業ステーション・塩類アルカリ土壌水稲栽培拠点」でこのほど、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。pH水素イオン指数8・8~9・2、塩分濃度0・5~0・6%の土壌で栽培した「海水稲」1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量は533・95キロで、昨年に引き続き500キロを上回った。同拠点の海水稲収穫量が2年連続500キロ以上になったことで、ヒンガン盟にある中~低収穫量水田の収穫量を引き上げる可能性が生じたとともに、中国国内の同等条件下における水稲栽培に科学的根拠をもたらした。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500670

  • 2020年09月27日
    「海水稲」収穫量、1ムー当たり500キロ以上に内モンゴル自治区

    9月27日、内モンゴル自治区の「ヒンガン盟袁隆平院士作業ステーション・塩類アルカリ土壌水稲栽培拠点」で、イネを確認する国家ハイブリッド水稲工程技術研究センターの専門家、張玉燭(ちょう・ぎょくしょく)氏。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼中旗にある「ヒンガン盟袁隆平(えん・りゅうへい)院士作業ステーション・塩類アルカリ土壌水稲栽培拠点」でこのほど、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。pH水素イオン指数8・8~9・2、塩分濃度0・5~0・6%の土壌で栽培した「海水稲」1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量は533・95キロで、昨年に引き続き500キロを上回った。同拠点の海水稲収穫量が2年連続500キロ以上になったことで、ヒンガン盟にある中~低収穫量水田の収穫量を引き上げる可能性が生じたとともに、中国国内の同等条件下における水稲栽培に科学的根拠をもたらした。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500594

  • 2020年09月27日
    「海水稲」収穫量、1ムー当たり500キロ以上に内モンゴル自治区

    9月27日、内モンゴル自治区の「ヒンガン盟袁隆平院士作業ステーション・塩類アルカリ土壌水稲栽培拠点」で、イネを袋詰めするスタッフ。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼中旗にある「ヒンガン盟袁隆平(えん・りゅうへい)院士作業ステーション・塩類アルカリ土壌水稲栽培拠点」でこのほど、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。pH水素イオン指数8・8~9・2、塩分濃度0・5~0・6%の土壌で栽培した「海水稲」1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量は533・95キロで、昨年に引き続き500キロを上回った。同拠点の海水稲収穫量が2年連続500キロ以上になったことで、ヒンガン盟にある中~低収穫量水田の収穫量を引き上げる可能性が生じたとともに、中国国内の同等条件下における水稲栽培に科学的根拠をもたらした。(ヒンガン盟=新華社記者/恩浩)=2020(令和2)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500530

  • 2020年09月27日
    「海水稲」収穫量、1ムー当たり500キロ以上に内モンゴル自治区

    9月27日、内モンゴル自治区の「ヒンガン盟袁隆平院士作業ステーション・塩類アルカリ土壌水稲栽培拠点」で、イネを収穫する農家。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼中旗にある「ヒンガン盟袁隆平(えん・りゅうへい)院士作業ステーション・塩類アルカリ土壌水稲栽培拠点」でこのほど、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。pH水素イオン指数8・8~9・2、塩分濃度0・5~0・6%の土壌で栽培した「海水稲」1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量は533・95キロで、昨年に引き続き500キロを上回った。同拠点の海水稲収穫量が2年連続500キロ以上になったことで、ヒンガン盟にある中~低収穫量水田の収穫量を引き上げる可能性が生じたとともに、中国国内の同等条件下における水稲栽培に科学的根拠をもたらした。(ヒンガン盟=新華社記者/恩浩)=2020(令和2)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500468

  • 2020年09月27日
    「海水稲」収穫量、1ムー当たり500キロ以上に内モンゴル自治区

    9月27日、内モンゴル自治区の「ヒンガン盟袁隆平院士作業ステーション・塩類アルカリ土壌水稲栽培拠点」で、海水稲のコメを炊いて試食する人々。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼中旗にある「ヒンガン盟袁隆平(えん・りゅうへい)院士作業ステーション・塩類アルカリ土壌水稲栽培拠点」でこのほど、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。pH水素イオン指数8・8~9・2、塩分濃度0・5~0・6%の土壌で栽培した「海水稲」1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量は533・95キロで、昨年に引き続き500キロを上回った。同拠点の海水稲収穫量が2年連続500キロ以上になったことで、ヒンガン盟にある中~低収穫量水田の収穫量を引き上げる可能性が生じたとともに、中国国内の同等条件下における水稲栽培に科学的根拠をもたらした。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500470

  • 2020年09月27日
    「海水稲」収穫量、1ムー当たり500キロ以上に内モンゴル自治区

    9月27日、水稲田と塩類アルカリ土壌が鮮やかなコントラストを見せる内モンゴル自治区の「ヒンガン盟袁隆平院士作業ステーション・塩類アルカリ土壌水稲栽培拠点」。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼中旗にある「ヒンガン盟袁隆平(えん・りゅうへい)院士作業ステーション・塩類アルカリ土壌水稲栽培拠点」でこのほど、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の予測収穫量が発表された。pH水素イオン指数8・8~9・2、塩分濃度0・5~0・6%の土壌で栽培した「海水稲」1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量は533・95キロで、昨年に引き続き500キロを上回った。同拠点の海水稲収穫量が2年連続500キロ以上になったことで、ヒンガン盟にある中~低収穫量水田の収穫量を引き上げる可能性が生じたとともに、中国国内の同等条件下における水稲栽培に科学的根拠をもたらした。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500532

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:53.08
    2020年10月14日
    「新華社」中国の研究チーム、新疆の試験田で海水稲を収穫

    実りの秋を迎えた中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県のバヤワト(巴依阿瓦提)郷で、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の刈り取りが始まった。300ムー(20ヘクタール)の試験田では、大型コンバインが整然と作業をしていた。収穫に先立ち実施された専門家による収量調査では、1ムー(約667平方メートル)当たりの収穫量を548・53キロとしていた。同県は塩分が多いアルカリ性土壌で、乾燥した気候で雨も少ないことから、耕地の9割が塩害の被害を受けている。中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏が率いる青島海水稲研究開発センターは2018年、同郷を中国で最初に実施する塩類アルカリ土壌向け稲作改良試験の拠点の一つとして選び、3年連続で試験栽培を実施した。栽培規模は当初の80ムー(約5・3ヘクタール)から300ムー(約20ヘクタール)まで拡大。品種改良も継続したことで、今年も豊作を迎えた。(記者/高晗)<映像内容>海水稲の収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101501583

  • 2020年10月16日
    山東省濰坊市、海水稲1ムー当たりの収穫量が500キロ以上に

    16日、濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で測定用の稲を収穫する農家。中国山東省濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で16日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる青島海水稲科学研究チームが開発した耐塩アルカリ水稲(海水稲)の収穫量測定が行われた。同基地の5万ムー(約33平方キロ)の海水稲は1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量が625・3キロに達した。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900636

  • 2020年10月16日
    山東省濰坊市、海水稲1ムー当たりの収穫量が500キロ以上に

    16日、濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で収穫量を測定する専門家。中国山東省濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で16日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる青島海水稲科学研究チームが開発した耐塩アルカリ水稲(海水稲)の収穫量測定が行われた。同基地の5万ムー(約33平方キロ)の海水稲は1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量が625・3キロに達した。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900833

  • 2020年10月16日
    山東省濰坊市、海水稲1ムー当たりの収穫量が500キロ以上に

    16日、濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で収穫量を測定する専門家。中国山東省濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で16日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる青島海水稲科学研究チームが開発した耐塩アルカリ水稲(海水稲)の収穫量測定が行われた。同基地の5万ムー(約33平方キロ)の海水稲は1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量が625・3キロに達した。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101901030

  • 2020年10月16日
    山東省濰坊市、海水稲1ムー当たりの収穫量が500キロ以上に

    16日、濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で収穫量を測定する専門家(左)。中国山東省濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で16日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる青島海水稲科学研究チームが開発した耐塩アルカリ水稲(海水稲)の収穫量測定が行われた。同基地の5万ムー(約33平方キロ)の海水稲は1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量が625・3キロに達した。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900654

  • 2020年10月16日
    山東省濰坊市、海水稲1ムー当たりの収穫量が500キロ以上に

    16日、ビデオ会議で海水稲三産融合モデル基地の収穫量測定結果を聞く袁隆平氏(画面中央)。中国山東省濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で16日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる青島海水稲科学研究チームが開発した耐塩アルカリ水稲(海水稲)の収穫量測定が行われた。同基地の5万ムー(約33平方キロ)の海水稲は1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量が625・3キロに達した。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900663

  • 2020年10月16日
    山東省濰坊市、海水稲1ムー当たりの収穫量が500キロ以上に

    16日、濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で収穫した稲を手にする農家。中国山東省濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で16日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる青島海水稲科学研究チームが開発した耐塩アルカリ水稲(海水稲)の収穫量測定が行われた。同基地の5万ムー(約33平方キロ)の海水稲は1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量が625・3キロに達した。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900946

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で、収穫量調査用試験水田の面積を測るスタッフ。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110604866

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地の収穫量調査用試験水田で、機械による刈り取りと収穫量の測定を行うスタッフ。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110604964

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で、イネの生育状況を確認する専門家。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605064

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、長沙市の湖南ハイブリッド水稲研究センターと衡陽市の測定現場をつなぎ、ビデオ会議を行う袁隆平氏。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110604990

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で、もみの重さを測るスタッフ。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605000

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地の収穫量調査用試験水田で、機械による刈り取りと収穫量の測定を行うスタッフ。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110604908

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地の収穫量調査用試験水田で、機械による刈り取りと収穫量の測定を行うスタッフ。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110604959

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地の収穫量測定現場で栽培された刈り取り前のイネ。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605108

  • 2020年11月02日
    ハイブリッドもみ米、1ムー当たりの収穫量が1500キロ超に湖南省衡陽市

    2日、第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で、刈り取ったイネを袋詰めするスタッフ。中国湖南省衡陽(こうよう)市衡南県清竹村の第3世代ハイブリッド水稲「叁優1号」衡南試験栽培モデル基地で2日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが開発したハイブリッドもみ米の収穫量測定が完了した。専門家による評価の結果、晩稲(おくて)品種「叁優1号」の収穫量は1ムー(約667平方メートル)当たり911・7キロだった。すでに測定が完了している同基地の早稲(わせ)品種は619・06キロで、両品種合わせて1530・76キロに上った。(衡陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605143

  • 00:51.98
    2020年11月11日
    「新華社」有機水稲「超優千号」、高収量を実現広東省

    中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが、広東省陽春市に開設したハイブリッド米の試験田で11日、収量調査が行われた。チームのメンバーによると、同試験田はチームが広東省に開設した最初の試験田で、面積は31・8ムー(約2・1ヘクタール)。主に「湘両優900」と「超優千号」の2品種を栽培している。エコ有機栽培を採用し、研究チームが土壌や水温、施肥など精密化管理を行っていた。3カ月余りの栽培で育ったイネは、生育バランスも良く、大ぶりの穂に多くのもみを付けており、結実率も高かった。収穫量も多く、試験栽培は成功を収めた。<映像内容>ハイブリッド米の試験田の収穫の様子、撮影日:2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806607

  • 2020年11月16日
    「ハイブリッド稲の父」袁隆平氏に「マゼラン海峡賞」チリ

    16日、袁隆平氏(中央)に「中国・チリ国交樹立50周年記念メダル」を授与するチリのルイス・シュミット・モンテス駐中国大使(右)。「ハイブリッド稲の父」と呼ばれる中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏は湖南省長沙市で16日、チリのルイス・シュミット・モンテス駐中国大使より同国政府を代表して、「マゼラン海峡賞」を授与された。モンテス氏はあいさつで、「マゼラン海峡は発見から今年で500年となり、多くの国の人々の航行を支えてきた。袁氏が農業分野で収めた成果も世界の多くの人々の生活を改善させている」と評価した。また今年は両国の国交樹立50周年に当たり、モンテス氏は袁氏に「中国・チリ国交樹立50周年記念メダル」も授与した。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112600730

  • 00:41.46
    2020年11月16日
    「新華社」「ハイブリッド稲の父」袁隆平氏に「マゼラン海峡賞」チリ

    「ハイブリッド稲の父」と呼ばれる中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏は湖南省長沙市で16日、チリのルイス・シュミット・モンテス駐中国大使より同国政府を代表して、「マゼラン海峡賞」を授与された。モンテス氏はあいさつで、「マゼラン海峡は発見から今年で500年となり、多くの国の人々の航行を支えてきた。袁氏が農業分野で収めた成果も世界の多くの人々の生活を改善させている」と評価した。また今年は両国の国交樹立50周年に当たり、モンテス氏は袁氏に「中国・チリ国交樹立50周年記念メダル」も授与した。(記者/丁春雨)<映像内容>袁隆平氏に「マゼラン海峡賞」授与、撮影日:2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112602291

  • 2020年11月16日
    「ハイブリッド稲の父」袁隆平氏に「マゼラン海峡賞」チリ

    16日、袁隆平氏(左)に「マゼラン海峡賞」を授与するチリのルイス・シュミット・モンテス駐中国大使。「ハイブリッド稲の父」と呼ばれる中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏は湖南省長沙市で16日、チリのルイス・シュミット・モンテス駐中国大使より同国政府を代表して、「マゼラン海峡賞」を授与された。モンテス氏はあいさつで、「マゼラン海峡は発見から今年で500年となり、多くの国の人々の航行を支えてきた。袁氏が農業分野で収めた成果も世界の多くの人々の生活を改善させている」と評価した。また今年は両国の国交樹立50周年に当たり、モンテス氏は袁氏に「中国・チリ国交樹立50周年記念メダル」も授与した。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601094

  • 2021年02月08日
    (4)小さな町のろう人形工房広東省中山市

    新华社照片,中山(广东),2021年2月10日小镇里的蜡像梦工厂在大象东方蜡像艺术公司展厅,创始人周雪蓉在整理袁隆平蜡像的稻穗道具(2月8日摄)。走进位于广东省中山市港口镇的大象东方蜡像艺术公司展厅,各界名人的蜡像会集中映入眼帘。该蜡像艺术公司的创始人周雪蓉是中山市工艺美术师,探索蜡像艺术创作近20年。她的团队现有50多人,创作蜡像作品超过600尊。据介绍,一尊蜡像要经历数据资料采集、造型设计、雕塑、翻制、上色、植发等十几道工序才能完成。经过长期探索,周雪蓉的团队将铂金硅胶、环氧树脂、精雕油土等新材料应用到制作工艺中。与传统蜡像相比,具有高仿真质感、易维护、物理化学性稳定、不易老化、耐存放等特点。作为国内较早从事蜡像创作的机构之一,大象东方目前已在国内的广州、长沙、厦门、拉萨、丽江、大连等城市及马来西亚设立了蜡像馆。周雪蓉表示,她的梦想是推广中国民族品牌蜡像馆,通过蜡像艺术讲好新时代中国故事。新华社记者邓华摄= 配信日: 2021(令和3)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500204

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:09.26
    2021年03月31日
    「新華社」タクラマカン砂漠の傍らで海水稲の育苗がスタート新疆ウイグル自治区

    二十四節気の一つ清明節(今年は4月4日)を前に、中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県にあるアルカリ土壌稲作改良モデル基地では、技術者と地元の稲作農家が播種(はしゅ)や覆土(ふくど、種まき後に土をかぶせる作業)に追われている。5月初めには、塩類アルカリ土壌に強い「海水稲」の田植えが始まる。基地では、独自の苗床を作り苗を育てることで、海水稲の土壌への適応性を効果的に高めている。同県はタクラマカン砂漠の端に位置し、雨が少ない乾燥した気候で、耕地の90%が塩害にさらされた重度のアルカリ性土壌に属している。中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いるチームが2018年、同県を中国初の塩類アルカリ土壌稲作改良試験基地の一つに選び、3年連続で海水稲の試験栽培を成功させている。(記者/高晗) =配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033105115

  • 2021年05月22日
    袁隆平さん 袁隆平氏死去

    水稲を観察する袁隆平さん=2014年9月、中国湖南省長沙市(共同)

    商品コード: 2021052208566

  • 01:30.12
    2021年05月24日
    「新華社」湖南省長沙市で「ハイブリッド米の父」袁隆平氏の告別式

    世界でも著名な中国の農学者で、22日に死去した袁隆平(えん・りゅうへい)氏の告別式が24日、湖南省長沙市で営まれた。袁氏は1930年生まれで享年91歳。半世紀余りにわたりハイブリッド米の研究に携わった。中国での研究と発展の先駆者であり「ハイブリッド米の父」と呼ばれた。(記者/程済安)=配信日:2021(令和3)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052708545

  • 2021年05月24日
    (11)湖南省長沙市で「ハイブリッド米の父」袁隆平氏の告別式

    24日、長沙市の明陽山葬儀場で営まれた袁隆平氏の告別式。世界でも著名な中国の農学者で、22日に死去した袁隆平(えん・りゅうへい)氏の告別式が24日、湖南省長沙市で営まれた。袁氏は1930年生まれで享年91歳。半世紀余りにわたりハイブリッド米の研究に携わった。中国での研究と発展の先駆者であり「ハイブリッド米の父」と呼ばれた。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052501553

  • 2021年05月24日
    (12)湖南省長沙市で「ハイブリッド米の父」袁隆平氏の告別式

    24日、長沙市の明陽山葬儀場で、袁隆平氏に花を手向ける市民ら。世界でも著名な中国の農学者で、22日に死去した袁隆平(えん・りゅうへい)氏の告別式が24日、湖南省長沙市で営まれた。袁氏は1930年生まれで享年91歳。半世紀余りにわたりハイブリッド米の研究に携わった。中国での研究と発展の先駆者であり「ハイブリッド米の父」と呼ばれた。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(令和3)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052501091

  • 2021年05月24日
    (4)湖南省長沙市で「ハイブリッド米の父」袁隆平氏の告別式

    24日、袁隆平氏に別れを告げるため、長沙市の明陽山葬儀場に集まった市民ら。世界でも著名な中国の農学者で、22日に死去した袁隆平(えん・りゅうへい)氏の告別式が24日、湖南省長沙市で営まれた。袁氏は1930年生まれで享年91歳。半世紀余りにわたりハイブリッド米の研究に携わった。中国での研究と発展の先駆者であり「ハイブリッド米の父」と呼ばれた。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052501595

  • 2021年05月24日
    (1)湖南省長沙市で「ハイブリッド米の父」袁隆平氏の告別式

    24日、長沙市の明陽山葬儀場で営まれた袁隆平氏の告別式。世界でも著名な中国の農学者で、22日に死去した袁隆平(えん・りゅうへい)氏の告別式が24日、湖南省長沙市で営まれた。袁氏は1930年生まれで享年91歳。半世紀余りにわたりハイブリッド米の研究に携わった。中国での研究と発展の先駆者であり「ハイブリッド米の父」と呼ばれた。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052501505

  • 2021年05月24日
    (9)湖南省長沙市で「ハイブリッド米の父」袁隆平氏の告別式

    24日、袁隆平氏に別れを告げるため、長沙市の明陽山葬儀場に集まった市民ら。世界でも著名な中国の農学者で、22日に死去した袁隆平(えん・りゅうへい)氏の告別式が24日、湖南省長沙市で営まれた。袁氏は1930年生まれで享年91歳。半世紀余りにわたりハイブリッド米の研究に携わった。中国での研究と発展の先駆者であり「ハイブリッド米の父」と呼ばれた。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052501646

  • 2021年05月24日
    (8)湖南省長沙市で「ハイブリッド米の父」袁隆平氏の告別式

    24日、長沙市の明陽山葬儀場で営まれた袁隆平氏の告別式で市民が手向けた花々。世界でも著名な中国の農学者で、22日に死去した袁隆平(えん・りゅうへい)氏の告別式が24日、湖南省長沙市で営まれた。袁氏は1930年生まれで享年91歳。半世紀余りにわたりハイブリッド米の研究に携わった。中国での研究と発展の先駆者であり「ハイブリッド米の父」と呼ばれた。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052501628

  • 2021年05月24日
    (5)湖南省長沙市で「ハイブリッド米の父」袁隆平氏の告別式

    24日、袁隆平氏に別れを告げるため、長沙市の明陽山葬儀場に集まった市民ら。世界でも著名な中国の農学者で、22日に死去した袁隆平(えん・りゅうへい)氏の告別式が24日、湖南省長沙市で営まれた。袁氏は1930年生まれで享年91歳。半世紀余りにわたりハイブリッド米の研究に携わった。中国での研究と発展の先駆者であり「ハイブリッド米の父」と呼ばれた。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052501093

  • 2021年05月24日
    (10)湖南省長沙市で「ハイブリッド米の父」袁隆平氏の告別式

    24日、袁隆平氏に別れを告げるため、長沙市の明陽山葬儀場に集まった市民ら。世界でも著名な中国の農学者で、22日に死去した袁隆平(えん・りゅうへい)氏の告別式が24日、湖南省長沙市で営まれた。袁氏は1930年生まれで享年91歳。半世紀余りにわたりハイブリッド米の研究に携わった。中国での研究と発展の先駆者であり「ハイブリッド米の父」と呼ばれた。(長沙=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052501149

  • 2021年05月24日
    (7)湖南省長沙市で「ハイブリッド米の父」袁隆平氏の告別式

    24日、長沙市の明陽山葬儀場で、袁隆平氏に花を手向ける市民ら。世界でも著名な中国の農学者で、22日に死去した袁隆平(えん・りゅうへい)氏の告別式が24日、湖南省長沙市で営まれた。袁氏は1930年生まれで享年91歳。半世紀余りにわたりハイブリッド米の研究に携わった。中国での研究と発展の先駆者であり「ハイブリッド米の父」と呼ばれた。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052501587

  • 2021年05月24日
    (6)湖南省長沙市で「ハイブリッド米の父」袁隆平氏の告別式

    24日、袁隆平氏に別れを告げるため、長沙市の明陽山葬儀場に集まった市民ら。世界でも著名な中国の農学者で、22日に死去した袁隆平(えん・りゅうへい)氏の告別式が24日、湖南省長沙市で営まれた。袁氏は1930年生まれで享年91歳。半世紀余りにわたりハイブリッド米の研究に携わった。中国での研究と発展の先駆者であり「ハイブリッド米の父」と呼ばれた。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052501639

  • 2021年05月24日
    (2)湖南省長沙市で「ハイブリッド米の父」袁隆平氏の告別式

    24日、袁隆平氏の告別式で、夫に別れを告げる鄧則(とう・そく)夫人(中央)。世界でも著名な中国の農学者で、22日に死去した袁隆平(えん・りゅうへい)氏の告別式が24日、湖南省長沙市で営まれた。袁氏は1930年生まれで享年91歳。半世紀余りにわたりハイブリッド米の研究に携わった。中国での研究と発展の先駆者であり「ハイブリッド米の父」と呼ばれた。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052501539

  • 2021年05月24日
    (3)湖南省長沙市で「ハイブリッド米の父」袁隆平氏の告別式

    24日、袁隆平氏に別れを告げるため、長沙市の明陽山葬儀場に集まった市民ら。世界でも著名な中国の農学者で、22日に死去した袁隆平(えん・りゅうへい)氏の告別式が24日、湖南省長沙市で営まれた。袁氏は1930年生まれで享年91歳。半世紀余りにわたりハイブリッド米の研究に携わった。中国での研究と発展の先駆者であり「ハイブリッド米の父」と呼ばれた。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052501548

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.00
    2021年05月29日
    「新華社」新疆カシュガル地区で「海水稲」の田植え始まる

    中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠西端に位置するカシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県のアルカリ土壌稲作改良モデル基地ではこのところ、「海水稲」の田植えが行われている。水田は塩分濃度が17‰で、重度のアルカリ性。同基地では5月と6月に植えた海水稲を10月に刈り取った後、小麦を育てる二毛作を行っている。22日に死去した中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平氏率いる研究チームが2018年、同県バヤワト(巴依阿瓦提)郷を中国初の塩類アルカリ土壌向け稲作改良試験基地の一つに選び、80ムー(約5・3ヘクタール)の試験田に海水稲を植えた。チームは3年連続で同地での試験栽培に成功し、20年には1ムー(約667平方メートル)当たりの収穫量が548・53キロに達した。同県では今年、過去3年間の試験栽培と土壌改良の成功を受けて、合わせて300ムー(約20ヘクタール)の水田に海水稲を植えることになっている。(記者/高晗)=配信日:2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053108307

  • 1
  • 2