KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 僧侶
  • 令和
  • 可能性
  • 場所
  • 委託
  • 情報
  • 画像
  • 研究
  • 記載
  • 説明文

「袈裟」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
89
( 1 89 件を表示)
  • 1
89
( 1 89 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  僧侶
    -
    僧侶

    製作者不詳の横浜アルバムの中の一枚。仏教の僧侶の肖像写真。坊主頭で上衣の上に豪華な袈裟を着け、手には払子を持っている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号85‐49‐0]

    商品コード: 2017081400715

  •  僧侶
    -
    僧侶

    作者未詳の混成横浜アルバムの一枚。英語で「仏教の僧侶」と題されている。後ろ襟口に扇子をさし、首には襟巻き袈裟をつけて手には数珠が掛かっている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号47‐49‐0]

    商品コード: 2017080903137

  •  僧侶たち
    -
    僧侶たち

    横浜写真の一枚物の組み写真の中の一枚。手札大。法衣に袈裟をつけた11人の若い仏教の僧侶の集合写真。全員が白足袋をはき、手は扇子を持つもの印を結ぶもの隠すものがいる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐55‐0]

    商品コード: 2017081002280

  •  僧侶
    -
    僧侶

    袈裟を着け手を合わせる僧正と弟子の僧侶。「14 BUDDHIST PRIEST」=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐48‐0]

    商品コード: 2017080200752

  •  僧侶
    -
    僧侶

    袈裟を着け、払子を手に持つ僧侶。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号12‐29‐0]

    商品コード: 2017080201372

  •  僧侶
    -
    僧侶

    臼井秀三郎アルバムの中の一枚。キャプションには英語の鉛筆書きで「日本の僧侶」と題されている。頭は坊主で袈裟を着け白足袋、手には払子を持っている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:臼井秀三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号94‐22‐0]

    商品コード: 2017081401086

  •  僧侶たち
    -
    僧侶たち

    横浜写真の一枚もの。「大聖院」における何かの法要の記念写真か。多数の仏教の僧侶全員が豪華な袈裟を着けて勢ぞろいし、信徒とおぼしき人たちがこれを取り巻いている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐132‐0]

    商品コード: 2017081002347

  •  僧侶と小僧
    -
    僧侶と小僧

    横浜写真のばらされた一枚。袈裟と法頭巾を被った僧正に伴僧の小僧が仏像にお参りする情景のスタディオにおける演出写真。仏壇は俄か作りで貧弱である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐86‐0]

    商品コード: 2017081401666

  •  Kesa Gozen
    -
    Kesa Gozen

    Utagawa Kuniyoshi print of the tragic heroin Kesa Gozen cutting her hair. Date: circa 1842、クレジット:Ashmolean Museumvans/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021052510119

  •  僧侶
    -
    僧侶

    小型横浜アルバムの中の一枚。仏教の僧侶を女性がスタディオで演じている。法衣の上に袈裟を着け白足袋、頭には法頭巾を被り、手には払子を持っている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号50‐10‐0]

    商品コード: 2017080903240

  •  仏事に集まった僧侶たち
    -
    仏事に集まった僧侶たち

    寺院の本堂前での僧侶約50人の集合写真。前列中央と左側には袈裟の色が鮮やかな身分の高い僧侶が椅子に座っている。本堂には幕が張られている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号7‐46‐0]

    商品コード: 2017080200972

  •  大阪城 青屋口内門
    -
    大阪城 青屋口内門

    キーワード:大阪城、青屋口内門、袈裟懸の松=撮影年月日不明、大阪、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020040902766

  •  僧侶
    -
    僧侶

    ベアト撮影「日本人の僧侶」と記されている。若い僧侶が袈裟姿で寺院の前で撮影されている。同じ写真がヴィルヘルム・ブルガーのステレオ写真 に撮影されているが、この撮影場所は長崎か。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号17‐23‐0]

    商品コード: 2017080201610

  •  僧侶
    -
    僧侶

    袈裟をまとい、払子を傍らに置き、倚子に真直に腰掛けた禅僧の肖像写真である。禅宗高僧の肖像画を「頂相」と言うが、本写真は写真による頂相と言えるかもしれない。僧侶の名は未詳。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:鈴木真一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号41‐34‐0]

    商品コード: 2017080902600

  •  虚無僧たち
    -
    虚無僧たち

    3人の虚無僧が尺八を吹いている。虚無僧はもともと乞食僧という意味で、深編笠を被り、胸に袈裟をかけ、尺八を吹きながら、諸国を巡り、門付けを行った。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号44‐19‐0]

    商品コード: 2017080902707

  •  僧侶
    -
    僧侶

    袈裟を着け、僧帽をつけ、払子を手に持つ僧侶。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号16‐24‐0]

    商品コード: 2017080201551

  •  僧侶たち
    -
    僧侶たち

    作者未詳の横浜アルバムに収載された一枚。目録番号2522と同じ写真である。「大聖院」における何かの法要の記念写真か。多数の仏教の僧侶全員が豪華な袈裟を着けて勢ぞろいし、信徒とおぼしき人たちがこれを取り巻いている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号85‐48‐0]

    商品コード: 2017081501770

  •  虚無僧
    -
    虚無僧

    キーワード:虚無僧、編笠、袈裟、尺八、職業、仕事、ステレオ写真=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018083100425

  •  僧侶
    -
    僧侶

    袈裟を着け経典を手に持った僧正。「1014 BUDDHIST PRIEST」=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐18‐0]

    商品コード: 2017080200690

  •  僧侶
    -
    僧侶

    寺の門前にたつ僧侶。僧服に長い袈裟をかけ、右手に扇子を持つ。これはヴィルヘルム・ブルガーのステレオ写真。長崎での撮影。同じポーズにはベアト撮影の写真もある。明治中期か。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:ヴィルヘルム・ブルガー、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号70‐27‐0]

    商品コード: 2017082301084

  •  Buddhist Priest Robe (Kesa), 1800s. Japan, Edo period (1615-1868) or Meiji period (1868-1912), 19th century.
    -
    Buddhist Priest Robe (Kesa), 1800s. Japan, Edo period (1615-1868) or Meiji period (1868-1912), 19th century.

    Buddhist Priest Robe (Kesa), 1800s. Japan, Edo period (1615-1868) or Meiji period (1868-1912), 19th century. Silk, brocaded; metal thread; overall: 116.8 x 203.2 cm (46 x 80 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101613287

  •  巡礼
    1912年12月31日
    巡礼

    キーワード:巡礼、金剛杖、装束、袈裟、ファッション、信仰=大正期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018083100559

  •  日本電報通信社資料
    1929年11月22日
    日本電報通信社資料

    親任式に参内する新枢密顧問官に就任する水町袈裟六氏=1929(昭和4)年11月22日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011101200120

  •  日本電報通信社資料
    1929年12月14日
    日本電報通信社資料

    土方久徴日銀総裁(後列左から3人目)夫妻の媒酌で結婚式を挙げる浜口雄幸首相(後列左端)の次男巌根氏(前列左)と水町袈裟六枢府(枢密院)顧問官(後列右から2人目)の三女綾子さん(前列右)。後列左から2人目は浜口雄幸首相夫人の夏子さん=1929(昭和4)年12月14日、東京会館(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929121400001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1948年12月11日
    パレスチナ 第1次中東戦争

    イスラエル最大の捕虜収容所(6)。大袈裟な身ぶりで、理髪店の寸劇を演じ、笑いをとる捕虜=1948年12月(ACME)

    商品コード: 2014071700383

  •  海を渡る平和のメッセージ
    1950年04月11日
    海を渡る平和のメッセージ

    曹洞宗の高階官長(左)からパンアメリカン機長にたくされた和合の象徴として米国に贈られる袈裟=1950(昭和25)年4月11日(旧連4365)

    商品コード: 2013073100128

  • 「袈裟襷文銅鐸」銅鐸 集落堀の外から銅鐸出土
    1989年05月11日
    「袈裟襷文銅鐸」銅鐸 集落堀の外から銅鐸出土

    愛知県清洲町の朝日遺跡から出土した「袈裟襷文銅鐸(けさだすきもん)」銅鐸=愛知県庁

    商品コード: 2019120900424

  • (うちだ・けさひこ) 内田袈裟彦
    1989年05月25日
    (うちだ・けさひこ) 内田袈裟彦

    プロゴルファー=1989(平成元)年3月26日撮影

    商品コード: 2003090100045

  •  岸田袈裟さん
    1998年05月07日
    岸田袈裟さん

    ケニアの伝統食・白羽アリの高栄養価を学会報告した岸田袈裟(きしだ・けさ)さん

    商品コード: 1998050700089

  • 復元された御袈裟箱 聖武天皇の御袈裟箱を復元
    1998年09月21日
    復元された御袈裟箱 聖武天皇の御袈裟箱を復元

    約1年がかりで復元された御袈裟箱(おんけさのはこ)=21日午前、奈良市の宮内庁正倉院事務所

    商品コード: 1998092100138

  • 読経する子供ら 高野山で子供の得度式
    1999年07月26日
    読経する子供ら 高野山で子供の得度式

    管長から授かった袈裟を着て読経する子供ら=26日午前、和歌山県高野町の金剛峯寺大師教会

    商品コード: 1999072600099

  •  高野山で子供の得度式
    2003年07月28日
    高野山で子供の得度式

    授かった袈裟(けさ)の着方を教えてもらう子供たち=28日、和歌山県高野町

    商品コード: 2003072800205

  • 高僧たちによる「大行道」 伝統にのっとり法華大会
    2003年10月04日
    高僧たちによる「大行道」 伝統にのっとり法華大会

    正装の法衣と袈裟(けさ)に身を包み、高僧が大講堂の周囲を巡る「大行道」=4日午前、大津市の比叡山延暦寺

    商品コード: 2003100400082

  • 見回りする所長 富士山測候所を無人化
    2004年10月01日
    見回りする所長 富士山測候所を無人化

    下山前に最後の見回りをする富士山測候所の滝沢袈裟夫所長=1日午前、富士山頂

    商品コード: 2004100100099

  • 観測装置と滝沢所長 富士山測候所を無人化
    2004年10月01日
    観測装置と滝沢所長 富士山測候所を無人化

    自動観測装置に囲まれポーズをとる富士山測候所の滝沢袈裟夫所長=1日、富士山頂

    商品コード: 2004100100222

  • 国宝の海賦蒔絵袈裟箱 空海の袈裟箱を公開
    2006年09月20日
    国宝の海賦蒔絵袈裟箱 空海の袈裟箱を公開

    空海の袈裟を納めたという平安時代の国宝「海賦蒔絵袈裟箱」=20日午前、京都市南区の東寺

    商品コード: 2006092000104

  • 聖武天皇が着用した袈裟 あすから正倉院展
    2006年10月23日
    聖武天皇が着用した袈裟 あすから正倉院展

    24日から始まる正倉院展で展示される聖武天皇が出家後に着用した「七条刺納樹皮色袈裟」=23日午前、奈良国立博物館

    商品コード: 2006102300050

  • 実物と新調された袈裟 一休さんの袈裟を複製
    2007年08月29日
    実物と新調された袈裟 一休さんの袈裟を複製

    禅僧、一休宗純(中央の掛け軸)が着用していた「五條袈裟」(右)と完成した複製品=29日午後、京都府京田辺市の一休寺

    商品コード: 2007082900187

  • 内田袈裟彦氏 内田袈裟彦氏死去
    2010年01月05日
    内田袈裟彦氏 内田袈裟彦氏死去

    死去した内田袈裟彦氏(プロゴルファー)

    商品コード: 2010010500364

  • 公開された袈裟 聖武天皇遺愛の袈裟復元
    2010年07月22日
    公開された袈裟 聖武天皇遺愛の袈裟復元

    完成した正倉院の宝物「七条織成樹皮色袈裟」の複製=22日、奈良市

    商品コード: 2010072200308

  • 公開された袈裟 聖武天皇遺愛の袈裟復元
    2010年07月22日
    公開された袈裟 聖武天皇遺愛の袈裟復元

    完成した正倉院の宝物「七条織成樹皮色袈裟」の複製=22日、奈良市

    商品コード: 2010072200514

  • 「御袈裟〓(☆幅のツクリが僕のツクリ)袷」 聖武天皇のけさ包む布復元
    2011年07月29日
    「御袈裟〓(☆幅のツクリが僕のツクリ)袷」 聖武天皇のけさ包む布復元

    複製された「御袈裟〓(☆幅のツクリが僕のツクリ)袷」=29日、奈良市

    商品コード: 2011072900540

  • 「御袈裟〓(☆幅のツクリが僕のツクリ)袷」 聖武天皇のけさ包む布復元
    2011年07月29日
    「御袈裟〓(☆幅のツクリが僕のツクリ)袷」 聖武天皇のけさ包む布復元

    複製された「御袈裟〓(☆幅のツクリが僕のツクリ)袷」=29日、奈良市

    商品コード: 2011072900627

  •  蓮如上人袈裟懸の松
    2012年05月16日
    蓮如上人袈裟懸の松

    キーワード:屋外、初夏、城、大阪城、中央区、二の丸、日本、風景、無人、木、蓮如上人袈裟がけの松、風景メイン写真=2012(平成24)年5月16日、大阪府大阪市、クレジット:maple/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070402688

  •  蓮如上人袈裟懸の松
    2012年05月16日
    蓮如上人袈裟懸の松

    キーワード:マツ、屋外、初夏、城、植物、大阪城、中央区、日本、無人、蓮如上人袈裟がけの松、動植物メイン写真=2012(平成24)年5月16日、大阪府大阪市、クレジット:maple/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070402797

  • 奥之院の万燈会 死期察し、隆盛へ心砕く
    2014年10月11日
    奥之院の万燈会 死期察し、隆盛へ心砕く

    高野山奥之院で行われる万燈会。僧侶のきらびやかな袈裟と、ともしびが幽玄な世界を醸し出す=和歌山県高野町

    商品コード: 2014101100491

  • 七条褐色紬袈裟 正倉院展の宝物公開
    2015年10月23日
    七条褐色紬袈裟 正倉院展の宝物公開

    報道陣に公開された、第67回正倉院展で展示される「七条褐色紬袈裟」=23日午前、奈良市の奈良国立博物館

    商品コード: 2015102300160

  • 得度式終えた子どもたち 小学生が僧侶の仲間入り
    2017年08月04日
    得度式終えた子どもたち 小学生が僧侶の仲間入り

    東本願寺で、僧侶になる儀式「得度式」を終えた「墨袈裟」姿の子どもたち=4日午前、京都市

    商品コード: 2017080400149

  • 「墨袈裟」姿の子どもたち 小学生が僧侶の仲間入り
    2017年08月04日
    「墨袈裟」姿の子どもたち 小学生が僧侶の仲間入り

    東本願寺で、僧侶になる儀式「得度式」を終えた「墨袈裟」姿の子どもたち=4日午前、京都市

    商品コード: 2017080400150

  • 住職3 かけがえない存在がそこに
    2017年11月21日
    住職3 かけがえない存在がそこに

    袈裟(けさ)も似合っている「マル」=山口市

    商品コード: 2017112100698

  •  「山川異域風月同天」日本の地方自治体から江蘇省への支援相次ぐ
    2020年01月31日
    「山川異域風月同天」日本の地方自治体から江蘇省への支援相次ぐ

    鹿児島県薩摩川内市が友好都市の江蘇省常熟市に送る医療物資をトラックに積み込む様子。箱には「中国がんばれ!常熟がんばれ!」という素朴で飾り気のないメッセージが貼られている。(1月31日撮影)中国のソーシャルメディア上でこのところ、日本から中国湖北省に送られた支援物資の箱に記された「山川異域風月同天」(別の場所に暮らしていても、自然の風物はつながっている)の8文字が大きな話題になっている。この語句の出典は中国・唐代の高僧、鑑真和上の伝記「唐大和上東征伝」。当時、鑑真大師は日本から寄贈された袈裟(けさ)に刺しゅうされたこの詩句に感動し、日本への東渡を決意したという。新型コロナウイルスによる肺炎の猛威が続く中、この偈語(げご、仏の教えを讃える詩句)は日本の温かい支援物資と共に海を越え、一衣帯水の隣国である中国に再び伝えられた。こうした胸を打つ物語が、江蘇省でも相次いでいる。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021000968

  •  「山川異域風月同天」日本の地方自治体から江蘇省への支援相次ぐ
    2020年02月04日
    「山川異域風月同天」日本の地方自治体から江蘇省への支援相次ぐ

    4日、京都府亀岡市が友好交流都市の蘇州市に寄付した医療物資。中国のソーシャルメディア上でこのところ、日本から中国湖北省に送られた支援物資の箱に記された「山川異域風月同天」(別の場所に暮らしていても、自然の風物はつながっている)の8文字が大きな話題になっている。この語句の出典は中国・唐代の高僧、鑑真和上の伝記「唐大和上東征伝」。当時、鑑真大師は日本から寄贈された袈裟(けさ)に刺しゅうされたこの詩句に感動し、日本への東渡を決意したという。新型コロナウイルスによる肺炎の猛威が続く中、この偈語(げご、仏の教えを讃える詩句)は日本の温かい支援物資と共に海を越え、一衣帯水の隣国である中国に再び伝えられた。こうした胸を打つ物語が、江蘇省でも相次いでいる。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021000932

  • 若い僧侶、ラオス 寺院までの長い道のり
    2020年06月18日
    若い僧侶、ラオス 寺院までの長い道のり

    鮮やかなオレンジ色の袈裟(けさ)をまとい、メコン川のほとりを歩く若い僧侶たち。寺院までの長い道のりを毎朝徒歩で向かいます。「トゥクトゥク(三輪タクシー)に乗れば、すぐ着くのに…」なんて考えは煩悩の塊。彼らに笑われちゃいますね。信心深い仏教徒が多いラオスでは、お坊さんは国民みなに温かく見守られています。(撮影・泊宗之、共同)

    商品コード: 2020061804950

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月19日
    夫の輪袈裟 10年目の忘れ形見

    宮城県気仙沼市の三浦祝子さん(75)は、被災した自宅跡で輪袈裟(わげさ)を見つけた。津波にのみ込まれた最愛の夫、正三さんが地元の寺の法要などで必ず首にかけていたものだ。紺地に金の模様がよく似合った。普段は大切にしまっているが、たまに手に取ると世話好きで忙しく動き回っていた姿が目に浮かぶ。「みんな元気で生ぎでっからね」。こちらを優しい瞳で見つめる夫の遺影に祝子さんは日々、そう声を掛ける。寂しさは募るが、いつもそばで見守ってくれている。

    商品コード: 2021021900838

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月07日
    記者会見する原告の男性 「産経記事で中傷」と提訴

    産経新聞のネット記事を巡る訴訟の地裁第1回口頭弁論後、記者会見する大袈裟太郎の名で活動する原告の男性=7日、東京・霞が関の司法記者クラブ

    商品コード: 2021120714336

  •  (2)明代に建造された八仙山大仏を訪ねて四川省宜賓市
    2022年08月26日
    (2)明代に建造された八仙山大仏を訪ねて四川省宜賓市

    四川省宜賓市にある八仙山大仏。(資料写真)中国四川省宜賓(ぎひん)市屏山(へいさん)県竜華鎮小竜村に位置する八仙山大仏は、産業革命以前に建立され現存する立仏としては世界一となる高さ30メートル超の仏像で、省級文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。衆生を浄土に導く仏の引接(いんじょう)の姿を断崖にくっきりと浮き彫りにしたこの立像は、頭部は螺髪(らほつ)で、袈裟(けさ)をまとっている。像の下部が未完成のため、八仙山大仏が彫られた年代は不明のままだが、専門家は約400年前の明代に彫造されたと推測している。(宜賓=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082612342

  •  (1)明代に建造された八仙山大仏を訪ねて四川省宜賓市
    2022年08月26日
    (1)明代に建造された八仙山大仏を訪ねて四川省宜賓市

    四川省宜賓市にある八仙山大仏。(資料写真)中国四川省宜賓(ぎひん)市屏山(へいさん)県竜華鎮小竜村に位置する八仙山大仏は、産業革命以前に建立され現存する立仏としては世界一となる高さ30メートル超の仏像で、省級文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。衆生を浄土に導く仏の引接(いんじょう)の姿を断崖にくっきりと浮き彫りにしたこの立像は、頭部は螺髪(らほつ)で、袈裟(けさ)をまとっている。像の下部が未完成のため、八仙山大仏が彫られた年代は不明のままだが、専門家は約400年前の明代に彫造されたと推測している。(宜賓=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082612269

  •  (5)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (5)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の袈裟泉。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806844

  •  (1)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (1)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の八節鉄芯竜虎玉帯鉤(はっせつてつしんりゅうこぎょくたいこう、主被葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303094

  •  (8)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (8)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王墓博物院に展示されている帯鉤装着風景の図。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303136

  •  (11)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (11)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の竜文銀帯鉤(りゅうもんぎんたいこう、殉葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303181

  •  (13)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (13)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の蛇首銅帯鉤(じゃしゅどうたいこう、殉葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303140

  •  (7)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (7)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の雁首金帯鉤(がんしゅきんたいこう、主被葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303134

  •  (15)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (15)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の雁首獣身鎏金銅帯鉤(がんしゅじゅうしんりゅうきんどうたいこう、殉葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303141

  •  (4)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (4)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の虎頭金鉤扣竜形玉佩(ことうきんこうこうりゅうがたぎょくはい、主被葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303095

  •  (10)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (10)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の亀首回字文鎏銀帯鉤(きしゅかいじもんりゅうぎんたいこう、殉葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303138

  •  (5)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (5)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の竜虎併体玉帯鉤(りゅうこへいたいぎょくたいこう、主被葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303106

  •  (2)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (2)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の八節鉄芯竜虎玉帯鉤(はっせつてつしんりゅうこぎょくたいこう、主被葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303092

  •  (16)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (16)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の雁首鴞形銀帯鉤(がんしゅきょうがたぎんたいこう、殉葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303143

  •  (14)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (14)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の鴨首銅帯鉤(おうしゅどうたいこう、殉葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303144

  •  (9)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (9)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院の南越王墓跡。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303135

  •  (6)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (6)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の竜形玉帯鉤(りゅうがたぎょくたいこう、主被葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303137

  •  (12)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (12)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の七星文竜形銀帯鉤(しちせんもんりゅうがたぎんたいこう、殉葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303142

  •  (3)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (3)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の錯金嵌緑松石竜形銅帯鉤(さくきんかんりょくしょうせきりゅうがたどうたいこう、主被葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303093

  •  (6)公主寺の彩色塑像山西省忻州市
    2023年03月17日
    (6)公主寺の彩色塑像山西省忻州市

    公主寺の明代彩色塑像。(2月21日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、公主寺の大雄宝殿には、釈迦(しゃか)と薬師如来、阿弥陀如来の塑像が安置されている。釈迦像の左右には、それぞれ大迦葉像と阿難尊者像が控える。袈裟(けさ)は糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉堆金(れきふんたいきん)」の技法が用いられており、図案の精巧さと文様の滑らかさが際立っている。色彩はコントラストが強く、明代彩色塑像の鮮やかさを持っている。(忻州=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031705941

  •  (3)公主寺の彩色塑像山西省忻州市
    2023年03月17日
    (3)公主寺の彩色塑像山西省忻州市

    公主寺の明代彩色塑像。(2月21日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、公主寺の大雄宝殿には、釈迦(しゃか)と薬師如来、阿弥陀如来の塑像が安置されている。釈迦像の左右には、それぞれ大迦葉像と阿難尊者像が控える。袈裟(けさ)は糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉堆金(れきふんたいきん)」の技法が用いられており、図案の精巧さと文様の滑らかさが際立っている。色彩はコントラストが強く、明代彩色塑像の鮮やかさを持っている。(忻州=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031705919

  •  (5)公主寺の彩色塑像山西省忻州市
    2023年03月17日
    (5)公主寺の彩色塑像山西省忻州市

    公主寺の明代彩色塑像。(2月21日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、公主寺の大雄宝殿には、釈迦(しゃか)と薬師如来、阿弥陀如来の塑像が安置されている。釈迦像の左右には、それぞれ大迦葉像と阿難尊者像が控える。袈裟(けさ)は糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉堆金(れきふんたいきん)」の技法が用いられており、図案の精巧さと文様の滑らかさが際立っている。色彩はコントラストが強く、明代彩色塑像の鮮やかさを持っている。(忻州=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031705934

  •  (7)公主寺の彩色塑像山西省忻州市
    2023年03月17日
    (7)公主寺の彩色塑像山西省忻州市

    公主寺の明代彩色塑像。(2月21日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、公主寺の大雄宝殿には、釈迦(しゃか)と薬師如来、阿弥陀如来の塑像が安置されている。釈迦像の左右には、それぞれ大迦葉像と阿難尊者像が控える。袈裟(けさ)は糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉堆金(れきふんたいきん)」の技法が用いられており、図案の精巧さと文様の滑らかさが際立っている。色彩はコントラストが強く、明代彩色塑像の鮮やかさを持っている。(忻州=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031705940

  •  (11)公主寺の彩色塑像山西省忻州市
    2023年03月17日
    (11)公主寺の彩色塑像山西省忻州市

    公主寺の明代彩色塑像。(2月21日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、公主寺の大雄宝殿には、釈迦(しゃか)と薬師如来、阿弥陀如来の塑像が安置されている。釈迦像の左右には、それぞれ大迦葉像と阿難尊者像が控える。袈裟(けさ)は糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉堆金(れきふんたいきん)」の技法が用いられており、図案の精巧さと文様の滑らかさが際立っている。色彩はコントラストが強く、明代彩色塑像の鮮やかさを持っている。(忻州=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031705954

  •  (4)公主寺の彩色塑像山西省忻州市
    2023年03月17日
    (4)公主寺の彩色塑像山西省忻州市

    公主寺の明代彩色塑像。(2月21日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、公主寺の大雄宝殿には、釈迦(しゃか)と薬師如来、阿弥陀如来の塑像が安置されている。釈迦像の左右には、それぞれ大迦葉像と阿難尊者像が控える。袈裟(けさ)は糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉堆金(れきふんたいきん)」の技法が用いられており、図案の精巧さと文様の滑らかさが際立っている。色彩はコントラストが強く、明代彩色塑像の鮮やかさを持っている。(忻州=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031705931

  •  (8)公主寺の彩色塑像山西省忻州市
    2023年03月17日
    (8)公主寺の彩色塑像山西省忻州市

    公主寺の明代彩色塑像。(2月21日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、公主寺の大雄宝殿には、釈迦(しゃか)と薬師如来、阿弥陀如来の塑像が安置されている。釈迦像の左右には、それぞれ大迦葉像と阿難尊者像が控える。袈裟(けさ)は糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉堆金(れきふんたいきん)」の技法が用いられており、図案の精巧さと文様の滑らかさが際立っている。色彩はコントラストが強く、明代彩色塑像の鮮やかさを持っている。(忻州=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031705939

  •  (13)公主寺の彩色塑像山西省忻州市
    2023年03月17日
    (13)公主寺の彩色塑像山西省忻州市

    公主寺の明代彩色塑像。(2月21日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、公主寺の大雄宝殿には、釈迦(しゃか)と薬師如来、阿弥陀如来の塑像が安置されている。釈迦像の左右には、それぞれ大迦葉像と阿難尊者像が控える。袈裟(けさ)は糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉堆金(れきふんたいきん)」の技法が用いられており、図案の精巧さと文様の滑らかさが際立っている。色彩はコントラストが強く、明代彩色塑像の鮮やかさを持っている。(忻州=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031705952

  •  (9)公主寺の彩色塑像山西省忻州市
    2023年03月17日
    (9)公主寺の彩色塑像山西省忻州市

    公主寺の明代彩色塑像。(2月21日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、公主寺の大雄宝殿には、釈迦(しゃか)と薬師如来、阿弥陀如来の塑像が安置されている。釈迦像の左右には、それぞれ大迦葉像と阿難尊者像が控える。袈裟(けさ)は糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉堆金(れきふんたいきん)」の技法が用いられており、図案の精巧さと文様の滑らかさが際立っている。色彩はコントラストが強く、明代彩色塑像の鮮やかさを持っている。(忻州=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031705947

  •  (2)公主寺の彩色塑像山西省忻州市
    2023年03月17日
    (2)公主寺の彩色塑像山西省忻州市

    公主寺の明代彩色塑像。(2月21日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、公主寺の大雄宝殿には、釈迦(しゃか)と薬師如来、阿弥陀如来の塑像が安置されている。釈迦像の左右には、それぞれ大迦葉像と阿難尊者像が控える。袈裟(けさ)は糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉堆金(れきふんたいきん)」の技法が用いられており、図案の精巧さと文様の滑らかさが際立っている。色彩はコントラストが強く、明代彩色塑像の鮮やかさを持っている。(忻州=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031705920

  •  (12)公主寺の彩色塑像山西省忻州市
    2023年03月17日
    (12)公主寺の彩色塑像山西省忻州市

    公主寺の明代彩色塑像。(2月21日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、公主寺の大雄宝殿には、釈迦(しゃか)と薬師如来、阿弥陀如来の塑像が安置されている。釈迦像の左右には、それぞれ大迦葉像と阿難尊者像が控える。袈裟(けさ)は糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉堆金(れきふんたいきん)」の技法が用いられており、図案の精巧さと文様の滑らかさが際立っている。色彩はコントラストが強く、明代彩色塑像の鮮やかさを持っている。(忻州=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031705953

  •  (1)公主寺の彩色塑像山西省忻州市
    2023年03月17日
    (1)公主寺の彩色塑像山西省忻州市

    公主寺の明代彩色塑像。(2月21日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、公主寺の大雄宝殿には、釈迦(しゃか)と薬師如来、阿弥陀如来の塑像が安置されている。釈迦像の左右には、それぞれ大迦葉像と阿難尊者像が控える。袈裟(けさ)は糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉堆金(れきふんたいきん)」の技法が用いられており、図案の精巧さと文様の滑らかさが際立っている。色彩はコントラストが強く、明代彩色塑像の鮮やかさを持っている。(忻州=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031705946

  •  (10)公主寺の彩色塑像山西省忻州市
    2023年03月17日
    (10)公主寺の彩色塑像山西省忻州市

    公主寺の明代彩色塑像。(2月21日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、公主寺の大雄宝殿には、釈迦(しゃか)と薬師如来、阿弥陀如来の塑像が安置されている。釈迦像の左右には、それぞれ大迦葉像と阿難尊者像が控える。袈裟(けさ)は糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉堆金(れきふんたいきん)」の技法が用いられており、図案の精巧さと文様の滑らかさが際立っている。色彩はコントラストが強く、明代彩色塑像の鮮やかさを持っている。(忻州=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031705958

  •  (14)公主寺の彩色塑像山西省忻州市
    2023年03月17日
    (14)公主寺の彩色塑像山西省忻州市

    空から見た公主寺。(2月21日、小型無人機から)中国山西省忻州(きんしゅう)市にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)、公主寺の大雄宝殿には、釈迦(しゃか)と薬師如来、阿弥陀如来の塑像が安置されている。釈迦像の左右には、それぞれ大迦葉像と阿難尊者像が控える。袈裟(けさ)は糊(のり)と金箔(きんぱく)で立体感を出す「瀝粉堆金(れきふんたいきん)」の技法が用いられており、図案の精巧さと文様の滑らかさが際立っている。色彩はコントラストが強く、明代彩色塑像の鮮やかさを持っている。(忻州=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031705957

  • 九条刺納樹皮色袈裟 あすから正倉院展
    2023年10月27日
    九条刺納樹皮色袈裟 あすから正倉院展

    第75回正倉院展で展示される「九条刺納樹皮色袈裟」=27日午前、奈良市の奈良国立博物館

    商品コード: 2023102706279

  • 1