KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 発見
  • 化石
  • 平成
  • 古生物学者
  • 資料
  • 昆虫
  • 記者
  • エリア
  • ミャンマー
  • 世界最古

「被子植物」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
24
( 1 24 件を表示)
  • 1
24
( 1 24 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1999年09月22日
    花化石の電子顕微鏡写真 白亜紀の花の化石が29個

    福島県広野町の白亜紀後期の地層から発見された、被子植物の花化石の電子顕微鏡写真

    商品コード: 1999092200047

  • 2010年07月14日
    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認

    ショウガ科の「距薬姜」の花序。(2010年7月14日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2010(平成22)年7月14日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400630

  • 2012年10月29日
    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認

    乾燥している時の距薬姜の花の内部。写真から、花の柱頭やおしべの葯(やく)の位置、顆粒状の花粉が確認できる。(2012年10月29日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2012(平成24)年10月29日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400573

  • 2012年10月29日
    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認

    雨に濡れた後の距薬姜の花の内部。花粉がおしべの葯で発芽した後の糸状の構造が確認できる。(2012年10月29日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2012(平成24)年10月29日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400572

  • 2013年11月15日
    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認

    無数の花粉管が花柱に入り、最終的に胚珠に到達して受精する様子。(2013年11月15日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2013(平成25)年11月15日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400636

  • 2014年09月10日
    植物受精の瞬間捉える

    被子植物の受精の仕組み

    商品コード: 2014091000066

  • 2014年09月10日
    植物受精の瞬間捉える

    被子植物の受精の仕組み

    商品コード: 2014091000067

  • 2018年12月18日
    世界最古の花の化石、南京で発見

    18日、「南京花」化石を整理する中国科学院南京地質古生物研究所の王鑫(おう・きん)研究員(左)と傅強(ふ・きょう)副研究員。中国南京市の中国科学院南京地質古生物研究所を筆頭とする国際研究チームはこのほど、同市東郊外エリアで200個以上の古代の花の化石を発見した。研究によると、年代は今から少なくとも1億7400万年前で、これまで発見された中で最古の花の化石だという。この発見は被子植物の起源を約5千万年さかのぼらせるもので、研究者はこの花の化石を「南京花」と名付けた。関連の研究成果は18日に、ライフサイエンス分野で有名な学術雑誌「eLIFE」に掲載された。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025458

  • 2018年12月18日
    世界最古の花の化石、南京で発見

    18日、中国科学院南京地質古生物研究所が開催した「南京花」研究成果発表会で「南京花」の復元図について説明する同研究所の傅強(ふ・きょう)副研究員。中国南京市の中国科学院南京地質古生物研究所を筆頭とする国際研究チームはこのほど、同市東郊外エリアで200個以上の古代の花の化石を発見した。研究によると、年代は今から少なくとも1億7400万年前で、これまで発見された中で最古の花の化石だという。この発見は被子植物の起源を約5千万年さかのぼらせるもので、研究者はこの花の化石を「南京花」と名付けた。関連の研究成果は18日に、ライフサイエンス分野で有名な学術雑誌「eLIFE」に掲載された。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025484

  • 2018年12月18日
    世界最古の花の化石、南京で発見

    18日、このほど発見された「南京花」化石の断面。中国南京市の中国科学院南京地質古生物研究所を筆頭とする国際研究チームはこのほど、同市東郊外エリアで200個以上の古代の花の化石を発見した。研究によると、年代は今から少なくとも1億7400万年前で、これまで発見された中で最古の花の化石だという。この発見は被子植物の起源を約5千万年さかのぼらせるもので、研究者はこの花の化石を「南京花」と名付けた。関連の研究成果は18日に、ライフサイエンス分野で有名な学術雑誌「eLIFE」に掲載された。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025457

  • 2018年12月18日
    世界最古の花の化石、南京で発見

    18日、このほど発見された「南京花」化石。中国南京市の中国科学院南京地質古生物研究所を筆頭とする国際研究チームはこのほど、同市東郊外エリアで200個以上の古代の花の化石を発見した。研究によると、年代は今から少なくとも1億7400万年前で、これまで発見された中で最古の花の化石だという。この発見は被子植物の起源を約5千万年さかのぼらせるもので、研究者はこの花の化石を「南京花」と名付けた。関連の研究成果は18日に、ライフサイエンス分野で有名な学術雑誌「eLIFE」に掲載された。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025410

  • 2018年12月18日
    世界最古の花の化石、南京で発見

    18日、中国科学院南京地質古生物研究所が開催した「南京花」研究成果発表会で「南京花」と現代で生息している花の写真を比較しながら説明する同研究所の王鑫(おう・きん)研究員。中国南京市の中国科学院南京地質古生物研究所を筆頭とする国際研究チームはこのほど、同市東郊外エリアで200個以上の古代の花の化石を発見した。研究によると、年代は今から少なくとも1億7400万年前で、これまで発見された中で最古の花の化石だという。この発見は被子植物の起源を約5千万年さかのぼらせるもので、研究者はこの花の化石を「南京花」と名付けた。関連の研究成果は18日に、ライフサイエンス分野で有名な学術雑誌「eLIFE」に掲載された。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025428

  • 2018年12月18日
    世界最古の花の化石、南京で発見

    18日、このほど発見された「南京花」化石。中国南京市の中国科学院南京地質古生物研究所を筆頭とする国際研究チームはこのほど、同市東郊外エリアで200個以上の古代の花の化石を発見した。研究によると、年代は今から少なくとも1億7400万年前で、これまで発見された中で最古の花の化石だという。この発見は被子植物の起源を約5千万年さかのぼらせるもので、研究者はこの花の化石を「南京花」と名付けた。関連の研究成果は18日に、ライフサイエンス分野で有名な学術雑誌「eLIFE」に掲載された。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025481

  • 01:32.54
    2018年12月19日
    「新華社」【字幕あり】世界最古の花の化石、南京で発見

    中国南京市の中国科学院南京地質古生物研究所を筆頭とする国際研究チームはこのほど、同市東郊外エリアで200個以上の古代の花の化石を発見した。研究によると、年代は今から少なくとも1億7400万年前で、これまで発見された中で最古の花の化石だという。この発見は被子植物の起源を約5千万年さかのぼらせるもので、研究者はこの花の化石を「南京花」と名付けた。南京花の化石の形状は現代の花と似ており、顕微鏡で見ると、がく、花びら、雄しべなど主要な構造がはっきりとわかる。へこんだ花托で形成された子房の上には棒状の花柱があり、典型的な子房下位の花である。関連の研究成果は18日に、ライフサイエンス分野で有名な学術雑誌「eLIFE」に掲載された。(記者/林凱、夏鵬)<映像内容>世界最古の花の化石が発見された様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122025794

  • 01:45.06
    2019年05月22日
    「新華社」遼寧省朝陽古生物化石博物館、570点超える中生代の化石を公開

    中国遼寧省の朝陽古生物化石博物館でこのほど、新たに見つかった570点以上の古生物化石が4カ月余りの準備期間を経て公開された。その多くは国家1級重点保護化石に指定されており、初めて一般公開される。遼寧省の西部ではここ数年、大量の古生物化石が出土している。その多くが高い研究価値を持ち、中生代の鳥類や魚類、両生類、爬虫類、昆虫、植物など45類、343属、628種と多岐にわたる。このため朝陽市は「世界の古生物化石の宝庫」と呼ばれている。中でも地球最古の被子植物「中華古果」や羽毛恐竜「中華竜鳥(シノサウロプテリクス)」など、世界の古生物学界を揺るがした化石標本の多くが同博物館に収蔵されている。新たな展示品の中には、朝陽市で発見された国家1級保護化石の「中華麗羽竜(シノカリオプテリクス)」や、これまで見つかった中でも最大で、保存状態が最も良い国家2級重点保護化石「伊克昭竜(イケコサウルス)」や「甲竜(アンキロサウルス)」などが含まれている。これらの化石の発見は、白亜紀後期の生物の進化、特に恐竜の分布や生存環境などを研究する上で重要な意義を持ち、学術界からも注目されている。(記者/姜兆臣)<映像内容>古生物化石の展示の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400657

  • 2020年11月11日
    中国の古生物学者、1億2500万年前の変化に富む植物を発見

    凌源変果の化石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は10日、同研究所と福建農林大学の古生物学者がこのほど、遼寧省凌源市で約1億2500万年前の風変わりな被子植物(花を咲かせ実をつける植物)の化石を発見したと明らかにした。「凌源変果(Varifructuslingyuanensis)」と名付けられた太古の植物は、一つの個体上に異なる形態の葉や果実をつけており、初期の被子植物の形態を探る糸口になるという。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111300936

  • 2020年11月11日
    中国の古生物学者、1億2500万年前の変化に富む植物を発見

    凌源変果の復元図。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は10日、同研究所と福建農林大学の古生物学者がこのほど、遼寧省凌源市で約1億2500万年前の風変わりな被子植物(花を咲かせ実をつける植物)の化石を発見したと明らかにした。「凌源変果(Varifructuslingyuanensis)」と名付けられた太古の植物は、一つの個体上に異なる形態の葉や果実をつけており、初期の被子植物の形態を探る糸口になるという。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111300949

  • 2021年04月15日
    (4)中英両国の古生物学者、1億年前の昆虫の糞石を発見

    今回発見されたヒゲボソケシキスイ科の甲虫。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と英国の古生物学者がミャンマーで見つかった約1億年前の琥珀からこのほど、大量の花粉で構成された二つの昆虫の糞石(糞の化石)を発見したと明らかにした。糞石の近くからは花粉がついた昆虫の化石も見つかり、昆虫による被子植物の受粉が約1億年前に始まっていたことを示す証拠となった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041509224

  • 2021年04月15日
    (2)中英両国の古生物学者、1億年前の昆虫の糞石を発見

    共焦点レーザー顕微鏡で見た昆虫の糞石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と英国の古生物学者がミャンマーで見つかった約1億年前の琥珀からこのほど、大量の花粉で構成された二つの昆虫の糞石(糞の化石)を発見したと明らかにした。糞石の近くからは花粉がついた昆虫の化石も見つかり、昆虫による被子植物の受粉が約1億年前に始まっていたことを示す証拠となった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041509226

  • 2021年04月15日
    (3)中英両国の古生物学者、1億年前の昆虫の糞石を発見

    共焦点レーザー顕微鏡で見た昆虫の糞石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と英国の古生物学者がミャンマーで見つかった約1億年前の琥珀からこのほど、大量の花粉で構成された二つの昆虫の糞石(糞の化石)を発見したと明らかにした。糞石の近くからは花粉がついた昆虫の化石も見つかり、昆虫による被子植物の受粉が約1億年前に始まっていたことを示す証拠となった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041509227

  • 2021年04月15日
    (5)中英両国の古生物学者、1億年前の昆虫の糞石を発見

    共焦点レーザー顕微鏡で見たヒゲボソケシキスイ科の甲虫。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と英国の古生物学者がミャンマーで見つかった約1億年前の琥珀からこのほど、大量の花粉で構成された二つの昆虫の糞石(糞の化石)を発見したと明らかにした。糞石の近くからは花粉がついた昆虫の化石も見つかり、昆虫による被子植物の受粉が約1億年前に始まっていたことを示す証拠となった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041509233

  • 2021年04月15日
    (7)中英両国の古生物学者、1億年前の昆虫の糞石を発見

    昆虫により受粉する初期の高等被子植物の想像図。(資料写真、中国科学院南京地質古生物研究所製図者孫捷より)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と英国の古生物学者がミャンマーで見つかった約1億年前の琥珀からこのほど、大量の花粉で構成された二つの昆虫の糞石(糞の化石)を発見したと明らかにした。糞石の近くからは花粉がついた昆虫の化石も見つかり、昆虫による被子植物の受粉が約1億年前に始まっていたことを示す証拠となった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041509243

  • 2021年04月15日
    (6)中英両国の古生物学者、1億年前の昆虫の糞石を発見

    共焦点レーザー顕微鏡で見た花粉粒。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と英国の古生物学者がミャンマーで見つかった約1億年前の琥珀からこのほど、大量の花粉で構成された二つの昆虫の糞石(糞の化石)を発見したと明らかにした。糞石の近くからは花粉がついた昆虫の化石も見つかり、昆虫による被子植物の受粉が約1億年前に始まっていたことを示す証拠となった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041509219

  • 2021年04月15日
    (1)中英両国の古生物学者、1億年前の昆虫の糞石を発見

    今回発見された昆虫の糞石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と英国の古生物学者がミャンマーで見つかった約1億年前の琥珀からこのほど、大量の花粉で構成された二つの昆虫の糞石(糞の化石)を発見したと明らかにした。糞石の近くからは花粉がついた昆虫の化石も見つかり、昆虫による被子植物の受粉が約1億年前に始まっていたことを示す証拠となった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041509225

  • 1